重曹 レンジ。 重曹掃除でレンジフードの油汚れもピカピカに!重曹の使い方

電子レンジ掃除の重曹での方法!汚れが落ちない時は?【体験談】

重曹 レンジ

電子レンジに臭いが残りやすいものはなに? 基本的に、臭いの強いものをレンジでチンした場合、臭いは移ってしまうので、臭いのもとになりますよね。 他に電子レンジに臭いがつく原因は、食品の飛び散りであったり、魚によるものが多いようです。 食品用ラップを使わずに電子レンジを使用すると、食品の水分が内部に飛び散ってしまいます。 また、食品の中で行き場を失った水分が破裂してしまい、破片も飛び散って付着しますよね。 その飛び散った破片がこびりつき、中で腐敗して臭いの原因になります。 また、魚などを温めると、独特の生臭いにおいが残ってしまい、こちらも臭いの原因になります。 電子レンジの消臭は、日々のこまめなお手入れによって臭いを消していくことが大事になってきます。 電子レンジに臭いが残っていることによる弊害は? レンジの中に異臭が残っていると、次に温めたものに臭いが移ってしまったり、味が変わってしまったりします。 臭いのせいでせっかく頑張った料理がまずくなるなんて、とっても悲しいですよね。 電子レンジの消臭はおいしい食事を守るためにも必要なこととなります。 また、使おうと思っていたレンジを開けたら異臭……キッチンに異臭が移ってしまう場合もありますよね。 生臭いにおいなどは吐き気や気分を悪くさせたりする場合もありますので、気分のいい生活や食卓を守るためにも消臭は必要でしょう。 電子レンジの消臭方法 「手軽にできる、電子レンジの消臭方法って何だろう?」ということで、毎日の積み重ねでできる消臭方法を集めてみました。 おうちでコツコツ消臭をはじめてみませんか? 毎日の掃除 臭いの原因はやはり飛び散った食べ物の場合が多いので、使用した後はきちんと手入れをして掃除することが大切です。 特に、食べ物のかすは焦げ付いてしまうこともあり、さらに臭いを発生させてしまうことも考えられるので、隅々まできれいにすることを心がけてみましょう。 また、掃除を怠ると、食品が温まりにくくなり無駄な電力の消費、汚れによる発火もありえますので、こまめな掃除が大事です。 お皿の密閉 先述しましたが、臭いの原因は食べ物の飛び散りです。 なので、電子レンジで温める際には、ラップで密閉したり、食べ物が飛び散らないようなタッパーなどの容器に入れて温めましょう。 原因から断つことも大事ですね。 また、水分も逃げずにしっとり仕上がると思います。 ふたを開ける 電子レンジ、しめっぱなしにしていませんか?使用した後に開けておくだけでも、臭いがこもることなく使用ができます。 気づいたらふたをあけてみましょう。 電子レンジの臭いは取れないときは… 身近なものを使って徹底的に電子レンジを消臭してみましょう。 レモンの皮 レモンの皮を電子レンジの中に入れ、一分ほど過熱するだけで、簡単に臭いを軽減することができます。 皮に含まれる「リモネン」という精油成分によってさわやかな香りになります。 使い終わったレモンでも問題ないので、料理にレモンを使った際に試してみてはいかがでしょうか?温めると皮が高温になってしまうので、注意して過熱をしてください。 すぐに臭いが改善されない場合もあるので、そんな時にはそのままレモンを放置すると改善される場合もあります。 重曹 臭いをとったり掃除に活躍する重曹。 もちろん電子レンジの臭いにも効果があります。 重曹大さじ一杯をカップ一杯の水に溶かし、2~3分加熱して、中に発生した水蒸気を10分以上放置します。 そのあと、キッチンペーパーなどできれいにふき取ると、臭いとともに汚れも落ちて一石二鳥です。 さらに防臭効果も含まれているため、臭いも付きにくくなります。 コーヒーのかすやお茶がら 飲み終わったコーヒーやお茶のかす、小皿や平皿に乗せて、レンジで加熱するだけで消臭になるんです。 コーヒーかすには、表面に穴がたくさん開いているため、炭と同じ原理で消臭効果が期待できます。 また、お茶がらにはカテキンと呼ばれる有名な成分が含まれていて、この成分にも消臭効果があるので、においをとることができます。 お酢・クエン酸 お酢も、重曹と同じ方法で消臭ができます。 お酢は酸性なので、カルシウムやミネラル成分など、食品汚れのアルカリ成分を浮かし上げてくれます。 こちらも大さじ3杯をカップ一杯の水に溶かして2~3分加熱して、ふき取るだけです。 この方法はお酢自体の臭いがかなり充満するので、換気扇をつけながら行うのがよいでしょう。 臭いが苦手な方はクエン酸でも可能です。 こちらも、電子レンジをピカピカにしながら、消臭もできてすっきりします。 また、電子レンジ専用の掃除用具も販売されているので、そちらを利用するのもおすすめします。 まとめ いかがでしたでしょうか?使用頻度の高い電子レンジ、気持ちよく使いたいですよね。 様々な方法を紹介しましたが、原因は電子レンジ内の汚れ。 やはりこまめなお掃除等、日々のケアを忘れずに行いたいです。 また「電子レンジの消臭がどうしてもできない!」という方は一度業者に頼んでみるとよいでしょう。 消臭・脱臭を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

電子レンジの掃除は重曹スプレーが良い?洗剤や酢の効果は?ガラス汚れも落ちる?│坂名田君のドラマ・動画生活

重曹 レンジ

電子レンジ汚れの正体 電子レンジ汚れは、食品のタンパク質や糖分・油分などが、温めた食べ物から小さなしずくとなって飛び出したことによってできます。 その飛び出したしずくが、電子レンジを使うたびに温められて、電子レンジの壁や、お皿、扉などにどんどんこびりついていくのです。 放置する場合の悪影響とは 衛生的に良くない・臭いが出る 電子レンジを使うと、食品から出た水蒸気が電子レンジ内に多く残ります。 ただ純粋な水ばかりではなく、食べ物の栄養分を含んた汁の場合もあります。 こういったものを放置していると、当然カビなどの雑菌が発生します。 電子レンジの機能が下がる 十分に汚れをふき取らないで放置すると、電子レンジの加熱効率が下がってしまうこともあります。 電子レンジは、電磁波で食べ物を温めていますが、汚れが付いているとその汚れを温めてしまい、本当に温めたい食材に電磁波が十分にあたらなくなってしまうのです。 無駄に電気を使ってしまう 汚れを温めるのに電気を使ってしまい食材が十分に温まらず、温め直すことによって無駄に電気を使ってしまうことにもつながります。 掃除に必要なもの 頑固汚れを落とすためのグッズは身近なものが多いので、お手軽にできます。 耐熱容器• ふきんもしくはキッチンペーパー• 水道水 電子レンジのにおいや水垢汚れには、クエン酸かお酢を使って落とします。 クエン酸・お酢は酸性のため、アルカリ性の汚れである水垢やアンモニアの汚れに効き、除菌・消臭効果があるため臭いに効きます。 頑固な焦げ付き汚れには重曹が良いです。 重曹はアルカリ性のため、酸性の汚れである油汚れや焦げ付きの汚れを中和して落とすことができます。 お酢・クエン酸を使った掃除方法• 用意した「耐熱容器」の中に、「酢」をいれたら、水で4〜5倍に薄めます。 全体で200CC前後あればOK。 レンジで2〜3分温めます。 たっぷり十分に蒸気が出てきたら電子レンジでの温め完了。 「そのまま扉をあけずに30〜60分ほど放置」すると、酢を含んだ蒸気が電子レンジ全体に広がり、温かさもあり汚れのこびりつきがはがれやすくなります。 やや酸性に傾くので、カルシウムやミネラルなどの電子レンジにこびりついた汚れの中でも、特にかっちりと固まりがちなアルカリ汚れをはがれやすくしてくれます。 「クエン酸」も同じタイプの汚れに効果大。 使い方は全く同じですが、クエン酸を水に溶く分量は、水200CCあたりクエン酸粉末小さじ2〜4杯程度です。 放置した後、冷えた液体に「ふきんやキッチンペーパー」を浸して、庫内を隅々まで拭きあげます。 酢でお掃除をすると、独特のにおいが気になるという方もありますが、一日庫内をあけたままにして風通しを良くして置けば臭いは徐々に消えます。 掃除後の臭いはクエン酸の方が弱いので、お酢の臭いが苦手な方はクエン酸で掃除するのがオススメです。 重曹を使った掃除方法• 用意した耐熱容器に水200CCを入れ、重曹を小さじ1〜2杯入れます。 先ほどと同じようにレンジで2〜3分過熱した後、ふたを閉めたまま60分ほど放置します。 この間に、汚れに重曹水がしっかりといきわたります。 冷えた重曹水を「ふきんやキッチンペーパー」を浸して、庫内を隅々まで拭きあげます。 今すぐレンジをキレイにしたいときの簡単掃除方法 電子レンジの掃除にはお酢やクエン酸が効果的ですが、もっと簡単で、さらに短時間でできる方法があります。 使うのは レモンと水のみです。 レモンは賞味期限が切れてしまったり、傷んでしまったりしたもので構いません。 まずレモンを輪切りにして、耐熱容器に半分くらい入れた水に汁を絞ります。 絞った後の皮も水に入れます。 残り半分のレモンも一緒に入れるとより効果的です。 次に、それをお酢など同じく電子レンジで温めます。 終わったらまた同じく放置するのですが、レモンを使った場合には10分くらいでOKです。 最後に容器を取り出して、ふきんやキッチンペーパーで庫内を拭いたら掃除は完了です。 汚れがひどい時には、取り出したレモンの皮でこするとさらに効果的です。 レモンには「リモネン」という成分が含まれていて、これがレンジの油汚れを浮かせて取りやすくしてくれます。 さらにリモネンには消臭効果もあるので、においがなかなか取れないレンジには特におすすめです。 頑固な汚れをすっきりさせる方法 長年放置したような頑固な汚れは、これまで紹介した方法でも取れないことがあります。 そのためよくありがちなのが、粗いタワシなどで強くこすることです。 しかし、力技で汚れを取ろうとすると、電子レンジに傷を付けてしまいます。 故障の原因にもなりますし、傷に汚れが入り込んでもっと取れなくなることもあるためオススメできません。 頑固な汚れを落とすには、まずは電子レンジの中を温めることがポイントです。 冷えている状態よりも汚れが浮いて取れやすくなります。 濡らしたタオルか重曹水を温めて蒸気を充満させ、なるべく庫内が温かいうちに拭き掃除をすると良いです。 それでも落ちない汚れには、 ペースト状の重曹を温めて使うのがおすすめです。 温めたらアクリルなど柔らかめのたわしに付けてこすり、汚れを取っていきます。 汚れが浮いてきたらふきんやキッチンペーパーで拭いて完了です。 焦げ、油汚れ、においに対処するそれぞれの方法 焦げ• 電子レンジの焦げには、重曹を使うのが効果的です。 重曹水を温めて放置しておくと、焦げがふやけて取れやすくなります。 この方法で取れなければ、直接重曹を汚れの上に振りかけて、上からふきんなどでこすります。 油汚れ• 油汚れにも重曹を使うのがオススメ。 やはり重曹水を温めるか、重曹水で直接庫内を拭きます。 油汚れは冷えると固まって取りづらいので、こちらも庫内が温かい状態で掃除をするのがいいでしょう。 また、レモンのリモネンにも油を分解する作用があるので、レモンを使っても良いです。 におい• 脱臭作用のあるものを温めるのが効果的です。 例えばお茶がらやコーヒーかす、レモンやミカンの皮などです。 特に コーヒー豆は、表面に細かい穴が空いています。 そのおかげで、特に高い脱臭効果を発揮することが期待できます。 お酢のにおいが苦手な人は、これらを使うと楽ににおい取りができるはずです。 ただし、魚のにおいには お酢を混ぜた水をスプレーするのがオススメの対処方法です。 焦げが原因のにおいを取るには、焦げ自体を取り除く必要があります。 焦げには 重曹水を温めるのが、汚れとにおいを同時に取るのに効果的です。 掃除を簡単にする一番の方法• しょっちゅう面倒な掃除をしないためには、電子レンジをなるべく汚さないことが一番。 汚れたらこまめに拭くことはもちろんですが、まずは汚れを付着させないことを心がけます。 食品の油分などを飛び散らせないためには、まず温めの際にラップなどを使います。 特に飲み物を温める際には、容器の口を塞がないでレンジを使いがちです。 短時間であっても、ラップかキッチンペーパーなどをかけるようにしましょう。 ただし、ラップをしっかり密着させると吹きこぼれることがあります。 蒸気が逃げるように一部を開けておくか、ラップ表面に小さく穴を開けると良いです。 汚れを防止するための習慣 酷い焦げ付き、汚れが出来てしまう前に、こまめに拭き取るのがコツ。 ちょっと汚れてるな、と感じたらこまめにキッチンペーパーや布巾で拭き取りましょう。 もしもターンテーブルが外れるタイプなら、取り外して食器洗いの中性洗剤で、丁寧に洗うと良いです。 プロにお任せする 今回はご自宅で実践できる掃除方法をご紹介しましたが、お仕事や子育てで忙しく、隅々まで掃除する時間が確保できないこともあると思います。 そんな時は、プロにお任せするハウスクリーニングサービスをおすすめします。 カジタクのキッチンクリーニングでは、専門のサービス技術・マナー研修を修了したプロのハウスクリーニング技術者が訪問し、シンク、コンロ、調理台をはじめ、排水口など日常のお掃除ではきれいになりにくい箇所まで徹底クリーニングします。 全国どこでも利用可能で、24時間ネット上で予約でき、仕上がりに満足できなければもう一度やり直しができる安心の品質保証付きです。 電子レンジや魚焼きグリルの掃除もセットで委託可能です。

次の

【電子レンジ掃除マニュアル】頑固な汚れを落とすための手順・必要なものを解説!

重曹 レンジ

みなさんは普段レンジフードの掃除をどこまでやっていますか? レンジフードフィルターを交換するだけだったり、たまに外側を洗剤で拭いてみたり。 見える部分はふき掃除をしている方でもレンジフードの中の汚れとなるとしばらくほったらかしにしている方も珍しくないと思います。 レンジフードの掃除というとなんとなく年末の大掃除というイメージがありますが、油汚れの掃除は実は暑い時期の方が向いていると言われているのでまさにこれからの時期にやってあげるのがオススメなんです。 専門的な道具がなくてもキレイにできる本格的な大掃除と、普段から簡単に出来る掃除の方法をご紹介しますので参考にしていただけると嬉しいです。 汚れたままだとどうなる? ところでこのまま溜まった汚れを放置してしまうと一体どんな影響があるんでしょう?いくつか挙げてみたいと思います。 吸引力が落ちて他の部屋にも臭いがただよう 調理が終わったあともレンジフードを回したままなのに全然臭いが消えない。 これはレンジフード内に汚れが溜まって吸引力が落ちている事が原因だと考えられます。 しかも、吸引力が落ちていると他の部屋にまで臭いがただよってしまうので、部屋干ししている洗濯物に臭いがうつってしまう事もあります。 これからの梅雨のシーズンは部屋干しの機会も増えるので気になりますよね。 もしも「洗濯物に料理の匂いがうつって困っている」という方がいたら、レンジフードの掃除をしてあげる事で解決するかもしれません。 また、 きちんと排煙がされていないと一酸化炭素中毒になってしまう可能性もあるそうですから、レンジフードに溜まった汚れを放置しておくのはとても危険といえます。 異音が発生 レンジフード内に油汚れが溜まったままだと、プロペラやファンの回転バランスが崩れてしまい振動が起きます。 これが異音につながります。 「レンジフードを使用中の音が以前よりも大きくなった気がする」という時には、内部が汚れていると考えられます。 放っておくと故障にもつながりますので、以前より動作音が大きくなったと感じている場合は早めのお掃除をおすすめします。 レンジフードの塗装がはがれる 長期間放置した油汚れは、相当頑固です。 汚れがとれないからと力まかせにゴシゴシこすってしまうと、最悪の場合レンジフードの塗装をはがしてしまう事になります。 また、強い洗剤を使った場合も塗装がはがれることがあるので注意が必要です。 レンジフードの仕組み レンジフードにはいくつか種類があります。 みなさんのお宅ではどのタイプでしょうか?タイプによっては掃除の際に手間が違ってきます。 プロペラファンタイプ 扇風機の羽のような形をしているプロペラファンは屋外に直接排気できる戸建住宅向きです。 値段も手ごろで騒音も小さいので直接排気できる戸建住宅に適していますが、風の強い高層階や排気に長いダクトが必要な場合は不向きです。 コンロの真上に設置されていることが多く、プロペラファンとモーターの軸の隙間に油が入り込んで粘度が高くなり、いざ掃除をしようとしてもプロペラが外せないことも。 ですが、一度外してしまえば、プロペラをお掃除するだけなので比較的素人でも簡単に掃除できます。 レンジフードのフィルターを外し、中にあるドラム式のファンを外して掃除する必要があります。 フィルターの掃除だけでしたら簡単ですが、中のドラム式ファンの掃除は分解して掃除するのは結構大変。 日頃はフィルター掃除だけをして、定期的にプロに掃除を依頼している方も多いのでは。 排煙効率も良く、音も静かで掃除しやすいファンです。 外し方は、シロッコファンタイプと似ています。 汚れが溜まったレンジフードの簡単掃除術! <用意する道具>• ゴム手袋• タオル• 重曹水スプレー(水100mlに重曹小さじ一杯を混ぜスプレーボトルにいれたもの)• スポンジ• 古歯ブラシ• 雑巾 <手順>• シンクに傷がつかないようにタオルを敷き、その上に2枚重ねたゴミ袋を開いておく• 換気扇のフィルターを外し、可能であればファンも外します。 外した部品を先ほど用意したゴミ袋の中に入れて全体的に浸かる程度のお湯と重曹を入れます。 重曹はお湯の量にもよりますが、かなり多めに半カップが目安です。 20分程放置したら取り出しスポンジでこすり洗いをします。 細かい部分は古ハブラシを使うと作業しやすいです。 レンジフードの外側は重曹水スプレーを吹きかけて雑巾でふきとります。 <注意点>• ゴム手袋は口の部分を折り返して使うと作業中に水がゴム手袋の中に入ってくることがありません。 重曹水スプレーを作る時はしっかり振らないと重曹が溶けきれずにスプレー部分が目詰まりを起こしてしまう事があります。 もし目詰まりを起こした場合はスプレーの穴の部分に酢をかけると中和して目詰まりが解消されます。 また、重曹水スプレーは使う都度作る事をオススメします。 重曹水はふきとりが甘いと白く残ってしまう事があるのでその場合はもう一度拭き取ってください。 それでも落ちない頑固な油汚れには シロッコファンタイプなら付け置き洗いがおすすめなのですが、戸建ての家によくあるタイプのプロペラファンの場合、重曹2に対し水1程度の、少し水分を少な目にして溶かした重曹ペーストを塗りつけて放置してから落とした方がよく取れる場合もあります。 もっと頑固な汚れには、直接ふりかけてクレンザーのように使う方法もあります。 また、それらの方法をとってもなお落ちないような頑固な汚れには、次の動画のように、重曹+セスキ炭酸ソーダを使う方法もあります。 セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ性が強いため、より強力な中和力を発揮します。 ただし、この方法だと傷が気になる場合もあるかと思います。 そういった場合には、付け置きのお湯の温度を高くします。 あるいは、ペースト状の重曹を塗りつけてしばらく放置したあと、こちらもお掃除には便利な酸性の「クエン酸水」を作っておき、塗りつけた重曹の上からスプレーでクエン酸水を振りかけると、化学反応を起こしてシュワシュワ泡立ちますので、その泡で強力に汚れを取ります。 擦る手間も減りますのでおすすめです。 (クエン酸も重曹もセスキソーダも、100均などでお手軽に手に入る、便利な洗剤替わりのグッズです!) レンジフードフィルターの掃除にも直接重曹がすごい! 今、ツイッターでものすごく話題になっているのがこちらのツイートです。 レンジフードフィルターが金属製のタイプで、洗わなければならない方にはぜひ一度試してほしい方法です。 直接重曹を付け、水いらずなので目から鱗の驚くべき方法と言ってもいいかもしれませんが、重曹のアルカリ成分が油やホコリを直接中和して吸い取り、塊となってぽろぽろ汚れを落としてくれるようですね。 ただし、重曹を直付けすると黒ずんでしまう、アルミ製のフィルターや、傷ついてしまう可能性があるプラスチックの場合はこの方法はおすすめできませんので、材質については注意が必要です。 使い捨てのレンジフードフィルター• 重曹水スプレー• タオル <手順>• レンジフードのフィルターを外し、重曹水スプレーを吹きかけタオルで拭き取ります。 レンジフードの周りも同じようにお手入れができます。 拭き取りが終わったら使い捨てのフィルターを取り付けると次回のお手入れがラクになります。 プロに頼むとどうなるか? レンジフードの掃除は、一言でいうと 「部品を外してつけおき洗いをして拭き取る。 」 と言うだけです。 手順を見ると特別な道具も必要ないしそこまで複雑な作業ではありません。 ただ、本格的にキレイにしよう!と思うとやはりプロにお願いするのが確実かもしれません。 特に今までほとんどレンジフードの掃除をした事がない方だと一度プロの手で汚れをリセットしてもらってから日々のお手入れを習慣にしていく方が負担も少ないかと思います。 こびりついた汚れをキレイにするのはもちろんですが、汚れがつきにくいようにコーティングをしてくれる場合もあるようなので、普段からお手入れをしている方でも、プロにお願いをする事でもっと普段のお手入れがラクになると言えます。 もう少し後回しでもいいだろうと思っていても、しっかりと換気ができずに臭いが残ったり、以前よりも動作音が大きくなっていたら、それはお掃除のサインです。 レンジフードの汚れを放置したままだと調理中に固まった油汚れが垂れ落ちてくるなんて事もあるようなのでしばらくお掃除していない方はぜひ挑戦してみてください。 一度しっかりと汚れを落としたらキレイな状態をキープできるように日々のお手入れを習慣にしたいですね。

次の