山菜 おこわ レシピ。 山菜おこわを炊飯器でおいしく炊く!簡単5ステップを紹介!

春に食べたい!「炊き込みご飯・おこわ」レシピまとめ

山菜 おこわ レシピ

お好きなところからどうぞ• 山菜おこわの簡単レシピ・美味い調理のコツは? 本来、おこわは蒸して作る料理なのですが、蒸し器を持っていなくても、炊飯器や圧力鍋で簡単に炊くことができるのです! 下にレシピをご紹介していますが、 炊飯器や圧力鍋で炊く場合にはレシピには書かれていない、ちょっとした調理にコツがあるので、しっかりと注意してください。 水の分量 まず、水加減についてですが、もち米だけを使う場合は、普通にご飯を炊く場合よりも 水の分量は少なめになります。 炊飯器に 『おこわモード』がある場合は、内釜に『おこわ』の目盛りがあると思いますので、そこに合わせれば問題ありません。 『おこわモード』がない炊飯器の場合は、通常のご飯を炊く場合の目盛りより、心持ち少な目の水加減で炊くと良いようです 材料を入れる順番 そして、 炊飯器に材料を入れる順番にも注意が必要です。 逆に、調味料を最後にしてしまうと、今度は調味料の分だけ水分が増え、べちゃべちゃな仕上がりに…。 おすすめの食材 また、具材を少し変えるだけで、いつもと違った山菜おこわが楽しめます。 小さく切った鶏肉を加えるとボリュームも出ますし、濃厚な味になりますよ。 干ししいたけを戻したものと、 その戻し汁を加えると、香り高いおこわに。 干し貝柱の戻したものと、その戻し汁であれば、中華風に変えることができるのです。 いろいろなアレンジを加えた場合でも、上記のコツさえ守れば、美味しい山菜おこわが炊けますよ! 炊飯器での美味しい炊き方! 炊飯器で手軽に炊く、美味しい山菜おこわのレシピです。 もち米:3合• 山菜ミックス:1袋 (市販の物をお好みで)• 油揚げ:2枚• 調味料A しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん:大さじ2 だし汁又は水(調味料Aを入れたあと):3合(おこわ)の目盛りまでです。 作り方• もち米はといで 3時間以上おきます。 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、 水気を切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 ボウルに山菜ミックスと油揚げ、にんじんを入れて、 調味料Aと混ぜ合わせ30分ほどおきます。 調味料は捨てないでください!• もち米をザルにあけ水気を切り、炊飯器に入れます。 炊きあがったら、ざっくり混ぜて出来上がり。 炊飯器で炊く場合には、もち米をつけ置く時間が必要ですが、それさえ済ませてしまえば、後は簡単 我が家では、昼食に仕込みを済ませてしまって、夕食で美味しい『山菜おこわ』を食べるのを楽しみにしています。 圧力鍋での美味しい炊き方! [ad adsense2] 圧力鍋なら、お米を洗ってすぐに炊いても美味しい山菜おこわに! 我が家では普段のご飯も圧力鍋を使用しているのですが、山菜おこわの炊飯にも便利です。 特に時短したい方には、おすすめですよ! 材料• もち米:3合• 山菜ミックス:1袋• 油揚げ:2枚• 昆布(あれば):10cm• 調味料B 昆布の戻し汁または水:400cc しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん :大さじ2 作り方• もち米はといで、ザルにあげておきます。 昆布を水につけて戻しておきます。 (戻し汁は炊飯に使います)• 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、水気を切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 圧力鍋にもち米、昆布、山菜、人参、油揚げ、調味料Bの材料を入れ、軽く混ぜ平らにならします。 3分加圧し、 自然放置します。 圧が下がったのを確認したら蓋を開けて、昆布をのぞいて、ざっくり混ぜて出来上がり。 *もち米は、といで すぐ炊いても大丈夫です。 *昆布がない場合は、水でも大丈夫です。 *圧力鍋によって仕様が違います。 加圧時間などは、お使いの圧力鍋の説明書でご確認ください。 我が家では最近、圧力鍋を購入してお米を炊くのは、白米も圧力鍋になりました。 お米のつけ置き時間が必要なく、炊飯時間も短いので、美味しい炊きたてのご飯を食べることができます。 山菜おこわを炊飯する際には、調味料が入る分少し焦げやすくなります。 途中で蓋をあけることができないので、 くれぐれも火加減には注意してください! ポイントは吹きこぼれの匂いで焦げの様子を判断できますので、火加減に慣れるまでは、圧力鍋の近くで様子を見守りましょう。 普通の米:3合• 切り餅:2個• 山菜ミックス:1袋 (市販の物をお好みで)• 油揚げ:2枚• 調味料C しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん:大さじ2 だし汁 作り方• 米はといでおきます。 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、水気を切っておきます。 切り餅は、8等分くらいに切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 米を炊飯器に入れ、調味料を加えだし汁で水加減をし、ざっと混ぜます。 (普通のご飯を炊くときの水加減)• (普通の炊飯モード)• 炊きあがったら、 溶けた切り餅とご飯をよく混ぜて出来上がり。 おこわ風に炊けましたか? 試してみてくださいね! さいごに 自宅で簡単手軽に炊飯器や圧力鍋で炊ける美味しい山菜おこわのレシピをご紹介しました。 水加減や、材料の入れ方といった、 ちょっとした調理のコツを守るだけで簡単に美味しい山菜おこわを作ることができます。 ぜひ、参考にしていただけたらと思います。 今回は、手軽に使える市販の『山菜ミックス』を使用したレシピをご紹介していますが、もちろん全ての炊き方で 新鮮な山菜でもOKです。

次の

春に食べたい!「炊き込みご飯・おこわ」レシピまとめ

山菜 おこわ レシピ

スポンサーリンク 山菜おこわ材料レシピ材料 下準備 1. お米、もち米を合わせて水洗いしてザルに上げる 2. 山菜はザルに上げて流水で軽く洗い、水気が残らないようしっかりきる 3. 油揚げは網上に乗せて、沸騰した熱湯をかけて油抜きをして、縦半分に切り薄く細切りにする 4. ニンジンは皮をむき、2~3cmの長さに千切りにする 5. クルミは粗く刻む 作り方 1. 炊飯器にお米いれる 水加減は調味料の材料を入れて通常炊く時までの分量でだし汁を加え、山菜、 油揚げ、ニンジン、クルミを加えて炊飯器のスイッチを入れる 2. 炊飯器が炊き上がったら10~15分ほど蒸らし、内釜からご飯を持ち上げ、しゃもじで余分な水気を飛ばしながら混ぜ合わせる 刻んでおいたミツバをサッと混ぜお茶碗によそう スポンサーリンク 山菜おこわをおいしくするワンポイント ・炊飯器でつくったおこわや炊き込みご飯が炊きあがったら、10分位はそのままで炊飯器の蓋を閉めたままにしておきます ・蒸らすことでさらにツヤよくなり、もちもちっとしたおいしい仕上がりになります ・山菜おこわ炊き込みご飯のお米の研ぎ方 お米を計量しボウルにたっぷりの水を入れ、サッと水を流します。 ひたひたまに水を入れて両手でお米をすくい取り、やわらかくお米とお米をすりあわせるように何回か擦ります にごった水を捨て流し水を蛇口から勢い強く加え、白く濁らなくなるまで何度も繰り返してザルに米を上げます。 最初に研ぐときに使う水が最もお米に吸収しやすいので、水道水ではなく良質なお水を使うことをおすすめします 山菜おこわを海外でつくってもおいしかった! 海外に長く滞在しているとき無性に山菜おこわを食べたくなりました。 山菜おこわは日本料理屋に行ってもほとんどメニューになかったので自分で作ることに。 食材は日本の食材をそろえてるスーパーで山菜の具と素を調達することができましたが、餅米はなかなか見つけることができなかったです。 それでも知人を辿ってなんとか手に入れることができました。 こうして苦労して手に入れた食材を使って海外で作った山菜おこわは本当においしかったです。 たくさん作りましたので協力してくれた知人にも食べさせてあげたのですが、思いのほかおいしいと食べてくれたので、うれしかったです。 苦労した分だけ、大好物はよりおいしく食べられるのだと知りました。 山菜おこわについて綴りましたが、ご家庭でも山菜おこわのおいしさを味わってください。

次の

春に食べたい!「炊き込みご飯・おこわ」レシピまとめ

山菜 おこわ レシピ

お好きなところからどうぞ• 山菜おこわの簡単レシピ・美味い調理のコツは? 本来、おこわは蒸して作る料理なのですが、蒸し器を持っていなくても、炊飯器や圧力鍋で簡単に炊くことができるのです! 下にレシピをご紹介していますが、 炊飯器や圧力鍋で炊く場合にはレシピには書かれていない、ちょっとした調理にコツがあるので、しっかりと注意してください。 水の分量 まず、水加減についてですが、もち米だけを使う場合は、普通にご飯を炊く場合よりも 水の分量は少なめになります。 炊飯器に 『おこわモード』がある場合は、内釜に『おこわ』の目盛りがあると思いますので、そこに合わせれば問題ありません。 『おこわモード』がない炊飯器の場合は、通常のご飯を炊く場合の目盛りより、心持ち少な目の水加減で炊くと良いようです 材料を入れる順番 そして、 炊飯器に材料を入れる順番にも注意が必要です。 逆に、調味料を最後にしてしまうと、今度は調味料の分だけ水分が増え、べちゃべちゃな仕上がりに…。 おすすめの食材 また、具材を少し変えるだけで、いつもと違った山菜おこわが楽しめます。 小さく切った鶏肉を加えるとボリュームも出ますし、濃厚な味になりますよ。 干ししいたけを戻したものと、 その戻し汁を加えると、香り高いおこわに。 干し貝柱の戻したものと、その戻し汁であれば、中華風に変えることができるのです。 いろいろなアレンジを加えた場合でも、上記のコツさえ守れば、美味しい山菜おこわが炊けますよ! 炊飯器での美味しい炊き方! 炊飯器で手軽に炊く、美味しい山菜おこわのレシピです。 もち米:3合• 山菜ミックス:1袋 (市販の物をお好みで)• 油揚げ:2枚• 調味料A しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん:大さじ2 だし汁又は水(調味料Aを入れたあと):3合(おこわ)の目盛りまでです。 作り方• もち米はといで 3時間以上おきます。 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、 水気を切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 ボウルに山菜ミックスと油揚げ、にんじんを入れて、 調味料Aと混ぜ合わせ30分ほどおきます。 調味料は捨てないでください!• もち米をザルにあけ水気を切り、炊飯器に入れます。 炊きあがったら、ざっくり混ぜて出来上がり。 炊飯器で炊く場合には、もち米をつけ置く時間が必要ですが、それさえ済ませてしまえば、後は簡単 我が家では、昼食に仕込みを済ませてしまって、夕食で美味しい『山菜おこわ』を食べるのを楽しみにしています。 圧力鍋での美味しい炊き方! [ad adsense2] 圧力鍋なら、お米を洗ってすぐに炊いても美味しい山菜おこわに! 我が家では普段のご飯も圧力鍋を使用しているのですが、山菜おこわの炊飯にも便利です。 特に時短したい方には、おすすめですよ! 材料• もち米:3合• 山菜ミックス:1袋• 油揚げ:2枚• 昆布(あれば):10cm• 調味料B 昆布の戻し汁または水:400cc しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん :大さじ2 作り方• もち米はといで、ザルにあげておきます。 昆布を水につけて戻しておきます。 (戻し汁は炊飯に使います)• 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、水気を切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 圧力鍋にもち米、昆布、山菜、人参、油揚げ、調味料Bの材料を入れ、軽く混ぜ平らにならします。 3分加圧し、 自然放置します。 圧が下がったのを確認したら蓋を開けて、昆布をのぞいて、ざっくり混ぜて出来上がり。 *もち米は、といで すぐ炊いても大丈夫です。 *昆布がない場合は、水でも大丈夫です。 *圧力鍋によって仕様が違います。 加圧時間などは、お使いの圧力鍋の説明書でご確認ください。 我が家では最近、圧力鍋を購入してお米を炊くのは、白米も圧力鍋になりました。 お米のつけ置き時間が必要なく、炊飯時間も短いので、美味しい炊きたてのご飯を食べることができます。 山菜おこわを炊飯する際には、調味料が入る分少し焦げやすくなります。 途中で蓋をあけることができないので、 くれぐれも火加減には注意してください! ポイントは吹きこぼれの匂いで焦げの様子を判断できますので、火加減に慣れるまでは、圧力鍋の近くで様子を見守りましょう。 普通の米:3合• 切り餅:2個• 山菜ミックス:1袋 (市販の物をお好みで)• 油揚げ:2枚• 調味料C しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん:大さじ2 だし汁 作り方• 米はといでおきます。 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、水気を切っておきます。 切り餅は、8等分くらいに切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 米を炊飯器に入れ、調味料を加えだし汁で水加減をし、ざっと混ぜます。 (普通のご飯を炊くときの水加減)• (普通の炊飯モード)• 炊きあがったら、 溶けた切り餅とご飯をよく混ぜて出来上がり。 おこわ風に炊けましたか? 試してみてくださいね! さいごに 自宅で簡単手軽に炊飯器や圧力鍋で炊ける美味しい山菜おこわのレシピをご紹介しました。 水加減や、材料の入れ方といった、 ちょっとした調理のコツを守るだけで簡単に美味しい山菜おこわを作ることができます。 ぜひ、参考にしていただけたらと思います。 今回は、手軽に使える市販の『山菜ミックス』を使用したレシピをご紹介していますが、もちろん全ての炊き方で 新鮮な山菜でもOKです。

次の