サウサンプトン。 電車 サウサンプトン

イギリス南部の港町サウサンプトンのおすすめ観光スポット5選!

サウサンプトン

概要 [ ] 主な獲得タイトルは1976年の優勝のみで、リーグ戦の最高順位は1983-84シーズンの2位である。 ホームグラウンドは(収容人数32,505人)。 2001年に旧ホームグラウンドのから移転した。 アカデミー(ユース組織)には定評があり、これまで、、、(いずれも)、()、()をはじめ、(元)、アンドリュー・サーマン(元U-21)、ネイサン・ダイアーなどといった有望な選手を輩出していることで知られる。 また、の英雄で元のもサウサンプトンのユース出身である。 歴史 [ ] 創成期 [ ] 1885年にセントメリーズ教会が設けた "St. Mary's Young Men's Association F. (St. Mary's Y. )" として創設された。 その後2回の改名を経て、1896-97シーズンにを制したのちに現在の名称となった。 1898年、ホームスタジアムを街の中心の北西に新たに建設したに移転した。 フットボールリーグへの参加 [ ] 1921年から現在までの順位の変遷 1920年、新たに創設された3部に参加。 翌1921-22シーズン、フットボールリーグ3部は南北に分かれるが、サウス・ディビジョンで優勝してリーグ2部に昇格した。 その後、31年間2部に在籍したが、1952-53シーズンを22チーム中21位で終了し、再びリーグ3部に降格した。 1959-60シーズンに3部で優勝し、フットボールリーグ2部に復帰すると、1965-66シーズン、シーズン30ゴールを挙げたマーティン・チヴァーズの活躍もあって、2部を2位で終了し、クラブ創設以来初のリーグ1部昇格を果たした。 しかし、1973-74シーズン、22チーム中20位となって再びフットボールリーグ2部に降格した。 FAカップ優勝の栄光 [ ] 1976年5月1日、大方の予想を覆して、ボビー・ストークスのゴールによりを1-0で下してに優勝した。 これがクラブが唯一獲得した主要タイトルである。 翌1976-77シーズンにはに出場し、準々決勝に進出した。 トップフライトの時代 [ ] 1977-78シーズン、主将を中心としたチームは2位で2部を終え、1部に再び昇格した。 以来、1978-79シーズンから2004-05シーズンまでトップディビジョンに所属し、1983-84シーズンにはチーム史上最高順位である2位となった。 1990年代には成績がやや低迷したが、その中で活躍したのがクラブのレジェンド、であった。 ル・ティシエは、1986年のデビュー以来、2002年の引退までサウサンプトン一筋で活躍して209ゴールを挙げ、"Le God"と呼ばれた。 2000年代に入り、2001年8月にホームスタジアムを103年間使用したからに移転した。 2002-03シーズンにはで準優勝し、翌2003-04シーズンのに出場した。 しかし、2004-05シーズンは成績が振るわず、2004年12月には前月にライバルチームのの監督を辞任したばかりのが監督に就任してチームのてこ入れを図った が、その甲斐もなく、2005年5月15日、セント・メリーズ・スタジアムで行われた最終節でに1-2で敗れ、20位(最下位)でシーズンを終了し、27年間所属したトップディビジョンから(2部)に降格することとなった。 クラブ低迷期 -運営会社の倒産、リーグ1への降格- [ ] 1年目となった2005-06シーズンは、2005年8月29日の戦から2006年3月28日の戦まで35試合でわずか5勝しかできず、1部昇格どころか2部残留も危ぶまれたが、最後の6試合で5勝してシーズンを12位で終了し、降格を免れた。 なお、シーズン中の2005年12月、は辞任して再びの監督に復帰した。 2006年1月、期待の若手の(当時16歳)が報酬500万ポンドから1200万ポンドという条件でに移籍した。 2007年5月、ダービー・カウンティ戦のキックオフ前に円陣を組むサウサンプトンの選手達 2006-07シーズンはボーランド人ストライカーのグレゴーシュ・ラジアック、、当時17歳のの活躍もあって、6位で終了して昇格プレーオフに出場するも、準決勝でPK戦の末にに敗れて昇格を逃した。 翌2007-08シーズンは、クラブの財政状況の悪化を防ぐために、などの主力選手を売却せざるを得なくなったこともあり、一転して残留争いに巻き込まれ、最終節でに3-2で勝利してようやく残留を決めた。 ところが、翌2008-09シーズンには運営会社が会社再建手続に入ったため勝ち点10を剥奪された結果、23位で終了して(3部)に降格し、2009-10シーズンも勝ち点-10からスタートすることとなった。 プレミアリーグへの復帰 [ ] 2009年7月8日、ドイツ生まれのスイス人ビジネスマンのマルクス・リーブヘルがクラブを買収したことからクラブは転機を迎える。 9日、当時の監督マルク・ヴォッテは解任され、17日にが監督に就任し、2009-10シーズン開幕直後の8月10日にはからストライカーのを約100万ポンドで獲得した。 2009-10シーズンは、シーズン後半に追い上げを見せたものの、勝ち点-10の影響は大きく、プレーオフ圏内である6位と勝ち点差7の7位で終了した。 ただ、カップ戦では、2010年3月28日にでを4-1で下して、で優勝し、1976年の優勝以来のタイトルを獲得した。 クラブ創設125周年となる2010-11シーズンは、2010年8月にオーナーのマルクス・リーブヘルが死去するという悲運に見舞われたが 、9月にが3年契約で監督に就任してから調子を上げ、を2位で終了してに昇格した。 翌2011-12シーズンは、U-21で前シーズン41試合に出場して10ゴールを挙げ、昇格に貢献したが1500万ポンドでに移籍したが 、開幕当初から快進撃を続けた。 12月から1月にかけて一時調子を落とすが、その後再び勢いを取り戻し、シーズンを通じて一度も自動昇格圏の2位より下位に落ちることなく、2012年4月28日、最終節でに4-0で勝利したことで2位を確定させ、8年ぶりに復帰を決めた。 なお、この試合、にはクラブ最多観客動員となる32,363人が詰めかけた。 このシーズン、は27ゴールを挙げて最近4シーズンで3度目の得点王となり、昇格の原動力となったほか、11ゴールを挙げ、最終節の戦でも得点した、ユース出身の新加入選手でチーム唯一のリーグ戦全試合出場を果たした らも昇格に大きく貢献した。 2013年1月18日、は解任され、の前監督であるが監督に就任した。 移籍市場では、、を獲得。 2014年5月27日、ポチェッティーノが辞任しの監督に就任。 2014年6月16日、オランダ人のが監督に就任。 契約期間は3年。 2014年夏の移籍市場では、、、、といった主力が退団した。 一方で、、、、、、ら実力者を多く獲得し、冬の移籍市場では、を獲得。 2015-16シーズンはアルデルヴァイレルト、、らが退団した。 代わりに、、、、、らを獲得し、冬の移籍市場ではからを獲得した。 2016-17シーズンよりが監督に就任。 夏の移籍市場では、や、、らを獲得し、冬の移籍市場ではFWのを獲得した。 ではファイナルまで進んだものの、に2-3で敗れた。 クラブ名の変遷 [ ]• 1885年 - 1887年:セント・メリーズ・ヤングメンズAFC• 1887年 - 1894年:セント・メリーズFC• 1894年 - 1897年:サウサンプトン・セント・メリーズFC• 1897年 -:サウサンプトンFC タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• : 1回 1975-76• : 1回 2009-10 国際タイトル [ ] なし セント・メリーズ・スタジアム内にあるクラブのトロフィーキャビネット 成績 [ ] シーズン リーグ 監督 ディビジョン 試 勝 引 負 得 失 点 順位 1992-93 42 13 11 18 54 61 50 18位 3回戦敗退 3回戦敗退 1993-94 プレミアリーグ 42 12 7 23 49 66 43 18位 3回戦敗退 2回戦敗退 1994-95 プレミアリーグ 42 12 18 12 61 63 54 10位 5回戦敗退 3回戦敗退 1995-96 プレミアリーグ 38 9 11 18 34 52 38 17位 準々決勝敗退 4回戦敗退 1996-97 プレミアリーグ 38 10 11 17 50 56 41 16位 3回戦敗退 準々決勝敗退 1997-98 プレミアリーグ 38 14 6 18 50 55 48 12位 3回戦敗退 4回戦敗退 1998-99 プレミアリーグ 38 11 8 19 37 64 41 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 1999-00 プレミアリーグ 38 12 8 18 45 62 44 15位 4回戦敗退 4回戦敗退 2000-01 プレミアリーグ 38 14 10 14 40 48 52 10位 5回戦敗退 3回戦敗退 2001-02 プレミアリーグ 38 12 9 17 46 54 45 11位 3回戦敗退 3回戦敗退 2002-03 プレミアリーグ 38 13 13 12 43 46 52 8位 準優勝 3回戦敗退 2003-04 プレミアリーグ 38 12 11 15 44 45 47 12位 3回戦敗退 準々決勝敗退 1回戦敗退 2004-05 プレミアリーグ 38 6 14 18 45 66 32 20位 準々決勝敗退 4回戦敗退 2005-06 46 13 19 14 49 50 58 12位 5回戦敗退 4回戦敗退 2006-07 チャンピオンシップ 46 21 12 13 77 53 75 6位 4回戦敗退 3回戦敗退 2007-08 チャンピオンシップ 46 13 15 18 56 72 54 20位 5回戦敗退 1回戦敗退 2008-09 チャンピオンシップ 46 10 15 21 46 69 45 23位 3回戦敗退 3回戦敗退 2009-10 46 23 14 9 85 47 73 7位 5回戦敗退 2回戦敗退 2010-11 リーグ1 46 28 8 10 86 38 92 2位 4回戦敗退 2回戦敗退 2011-12 チャンピオンシップ 46 26 10 10 85 46 88 2位 4回戦敗退 4回戦敗退 2012-13 プレミアリーグ 38 9 14 15 49 60 41 14位 3回戦敗退 4回戦敗退 2013-14 プレミアリーグ 38 15 11 12 54 46 56 8位 5回戦敗退 4回戦敗退 2014-15 プレミアリーグ 38 18 6 14 54 33 60 7位 4回戦敗退 準々決勝敗退 2015-16 プレミアリーグ 38 18 9 11 59 41 63 6位 3回戦敗退 5回戦敗退 2016-17 プレミアリーグ 38 12 10 16 41 48 46 8位 4回戦敗退 準優勝 GL敗退 2017-18 プレミアリーグ 38 7 15 16 37 56 36 17位 準決勝敗退 2回戦敗退 2018-19 プレミアリーグ 38 9 12 17 45 65 39 16位 3回戦敗退 4回戦敗退 2019-20 プレミアリーグ 38 位 4回戦敗退 4回戦敗退 優勝 準優勝 昇格 降格 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 基本フォーメーション 現在 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 24 No. Pos. 選手名 38 out No. Pos. 選手名 2 3 6 11 18 19 No. Pos. 選手名 25 32 39 44 スタジアムとトレーニング施設 [ ] セント・メリーズ・スタジアム クラブは1898年から103年間、をホームスタジアムにしていたが、2001年8月に(収容人数32,505人)に移転した。 最多観客動員数は、2012年4月28日の、戦の32,363人である。 セント・メリーズ・スタジアムでは過去に国際試合も行われており、2002年には、 vs. の試合が行われた。 イングランド代表は、のゴールにより2-2で引き分けた。 「ステープルウッド」として知られるクラブのトレーニング施設はサウサンプトン近郊のマーチウッドにある。 トレーニング施設は、ここ10年で多大な設備投資がされ、現在、国内でも有数の施設となっていたが、2009年12月8日、2階建ての最新鋭の建物に建て替えることが発表された。 アンセム [ ] クラブのは、スポーツのとしてもポピュラーな「」(When the Saints Go Marching In)である。 「聖者の行進」はプレミアリーグでは他にやなどもに用いているが、サウサンプトンはニックネームが "The Saints" であるため、オリジナルの歌詞を変えずに使用している数少ないチームの一つである。 エンブレム [ ] チームカラーの赤・白は市の色である。 当初エンブレムは町の紋章を使っていたが、1974-75シーズンの際にサポーターの投票でオリジナルのエンブレムが決まり、若干の変更以外基本デザインは変わっていない。 サッカーボール上の金の輪はチームの愛称 "The Saints" から。 ボール下のリボンはチームカラーそして選手とサポーターを示す。 木はサウサンプトン近郊の公園を示し、二本の波線は川と海が繋がるサウサンプトンの地を象徴する。 白バラは町の紋章から受け継がれた。 ダービーマッチ [ ] サウサンプトンからわずか17マイル(約27km)の位置に本拠地を構えるとは、その距離の近さといずれも港町であるということからライバル関係にある。 ポーツマスとの一戦は「サウスコースト・ダービー(South Coast derby、もしくはハンプシャー・ダービー)」と呼ばれ、過去71回の対戦でサウサンプトンの35勝21敗15引き分け(2019年現在)となっている。 直近の対戦は、2019年9月にで行われたアウェイゲーム で4-0の勝利を収めた。 クラブ各種記録 [ ] 一試合最多得点勝利試合• 14-0 vs 1894年10月13日(予選ラウンド) 一試合最多失点敗戦試合• 0-9 vs 2019年10月25日 最多出場試合数• — 809試合 1956-74 最多得点• — 227ゴール 1966-77、1979-82 1シーズン最多得点• — 44ゴール 1959-60 最も若い出場選手• — 16歳143日 vs , 2005年8月6日 最高額移籍選手(他チームへの移籍)• 32,363人 vs 2012年4月28日 連勝記録(リーグ戦)• 10試合 2011年4月16日 — 2011年8月20日 連続無敗記録• 19試合 1921年9月5日 — 1921年12月31日 歴代監督 [ ]• Cecil Knight 1894-1895• Charles Robson 1895-1897• Ernest Arnfield 1897-1911• George Swift 1911-1912• Ernest Arnfield 1912-1919• Jimmy McIntyre 1919-1925• Arthur Chadwick 1925-1931• George Kay 1931-1936• George Goss 1936-1937• Tom Parker 1937-1943• Arthur Dominy 1943-1946• Bill Dodgin Senior 1946-1949• Sid Cann 1949-1951• George Roughton 1952-1955• Ted Bates 1955-1973• Lawrie McMenemy 1973-1985• Chris Nicholl 1985-1991• Ian Branfoot 1991-1994• 1994-1995• David Merrington 1995-1996• 1996-1997• Dave Jones 1997-2000• 2000-2001• 2001• 2001-2004• 2004• 2004• 2004-2005• 2005-2008• 2008• 2008-2009• 2009• 2009-2010• 2010-2011• 2011-2013• 2013-2014• 2014-2016• 2016-2017• 2017-2018• 2018• 2018- 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照• 1982-1987• 1993-1997• 1994-1996• 1997-2004• 2002-2006• 2012-• 1997-2003• 2005-2007• 2001-2005• 2011-• 2011-2014• 2012-2014• 2012-• 2012-• 2013-2014• 2013-2014• 2014-• 2014-2018• 2015-2017• 2017-• 1988-2002• 1994-2006• 2001-2005• 2005• 2006-2014• 2008-2014• 2011-• 2012-• 2014. 1965-1977, 1979-1982• 1974-1977• 1980-1982• 1988-1992• 1998-2000• 1998-2004• 1998-2006• 2001-2004• 2004-2005• 2004-2006• 2009-2014• 2010-2011• 2012-2014• 2012-2016• 2013-2015• 2014-2016 脚注 [ ] []• SOUTHAMPTON FC OFFICIAL WEBSITE(閲覧)• "" ESPNFC(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" thisisbristol. uk(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" Sky Sports(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• Soccer Base(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• 日本語. Goal. com. 日本語. Goal. com. "" Daily Echo(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• SOUTHAMPTON FC OFFICIAL WEBSITE(閲覧) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• SouthamptonFC -• SouthamptonFCJP -• southamptonfc -• (英語)• (英語)• (日本語) ニュース• その他• (英語).

次の

タイタニックの世界へタイムスリップ!イギリス/サウサンプトンにある「SeaCity博物館」

サウサンプトン

概要 [ ] 主な獲得タイトルは1976年の優勝のみで、リーグ戦の最高順位は1983-84シーズンの2位である。 ホームグラウンドは(収容人数32,505人)。 2001年に旧ホームグラウンドのから移転した。 アカデミー(ユース組織)には定評があり、これまで、、、(いずれも)、()、()をはじめ、(元)、アンドリュー・サーマン(元U-21)、ネイサン・ダイアーなどといった有望な選手を輩出していることで知られる。 また、の英雄で元のもサウサンプトンのユース出身である。 歴史 [ ] 創成期 [ ] 1885年にセントメリーズ教会が設けた "St. Mary's Young Men's Association F. (St. Mary's Y. )" として創設された。 その後2回の改名を経て、1896-97シーズンにを制したのちに現在の名称となった。 1898年、ホームスタジアムを街の中心の北西に新たに建設したに移転した。 フットボールリーグへの参加 [ ] 1921年から現在までの順位の変遷 1920年、新たに創設された3部に参加。 翌1921-22シーズン、フットボールリーグ3部は南北に分かれるが、サウス・ディビジョンで優勝してリーグ2部に昇格した。 その後、31年間2部に在籍したが、1952-53シーズンを22チーム中21位で終了し、再びリーグ3部に降格した。 1959-60シーズンに3部で優勝し、フットボールリーグ2部に復帰すると、1965-66シーズン、シーズン30ゴールを挙げたマーティン・チヴァーズの活躍もあって、2部を2位で終了し、クラブ創設以来初のリーグ1部昇格を果たした。 しかし、1973-74シーズン、22チーム中20位となって再びフットボールリーグ2部に降格した。 FAカップ優勝の栄光 [ ] 1976年5月1日、大方の予想を覆して、ボビー・ストークスのゴールによりを1-0で下してに優勝した。 これがクラブが唯一獲得した主要タイトルである。 翌1976-77シーズンにはに出場し、準々決勝に進出した。 トップフライトの時代 [ ] 1977-78シーズン、主将を中心としたチームは2位で2部を終え、1部に再び昇格した。 以来、1978-79シーズンから2004-05シーズンまでトップディビジョンに所属し、1983-84シーズンにはチーム史上最高順位である2位となった。 1990年代には成績がやや低迷したが、その中で活躍したのがクラブのレジェンド、であった。 ル・ティシエは、1986年のデビュー以来、2002年の引退までサウサンプトン一筋で活躍して209ゴールを挙げ、"Le God"と呼ばれた。 2000年代に入り、2001年8月にホームスタジアムを103年間使用したからに移転した。 2002-03シーズンにはで準優勝し、翌2003-04シーズンのに出場した。 しかし、2004-05シーズンは成績が振るわず、2004年12月には前月にライバルチームのの監督を辞任したばかりのが監督に就任してチームのてこ入れを図った が、その甲斐もなく、2005年5月15日、セント・メリーズ・スタジアムで行われた最終節でに1-2で敗れ、20位(最下位)でシーズンを終了し、27年間所属したトップディビジョンから(2部)に降格することとなった。 クラブ低迷期 -運営会社の倒産、リーグ1への降格- [ ] 1年目となった2005-06シーズンは、2005年8月29日の戦から2006年3月28日の戦まで35試合でわずか5勝しかできず、1部昇格どころか2部残留も危ぶまれたが、最後の6試合で5勝してシーズンを12位で終了し、降格を免れた。 なお、シーズン中の2005年12月、は辞任して再びの監督に復帰した。 2006年1月、期待の若手の(当時16歳)が報酬500万ポンドから1200万ポンドという条件でに移籍した。 2007年5月、ダービー・カウンティ戦のキックオフ前に円陣を組むサウサンプトンの選手達 2006-07シーズンはボーランド人ストライカーのグレゴーシュ・ラジアック、、当時17歳のの活躍もあって、6位で終了して昇格プレーオフに出場するも、準決勝でPK戦の末にに敗れて昇格を逃した。 翌2007-08シーズンは、クラブの財政状況の悪化を防ぐために、などの主力選手を売却せざるを得なくなったこともあり、一転して残留争いに巻き込まれ、最終節でに3-2で勝利してようやく残留を決めた。 ところが、翌2008-09シーズンには運営会社が会社再建手続に入ったため勝ち点10を剥奪された結果、23位で終了して(3部)に降格し、2009-10シーズンも勝ち点-10からスタートすることとなった。 プレミアリーグへの復帰 [ ] 2009年7月8日、ドイツ生まれのスイス人ビジネスマンのマルクス・リーブヘルがクラブを買収したことからクラブは転機を迎える。 9日、当時の監督マルク・ヴォッテは解任され、17日にが監督に就任し、2009-10シーズン開幕直後の8月10日にはからストライカーのを約100万ポンドで獲得した。 2009-10シーズンは、シーズン後半に追い上げを見せたものの、勝ち点-10の影響は大きく、プレーオフ圏内である6位と勝ち点差7の7位で終了した。 ただ、カップ戦では、2010年3月28日にでを4-1で下して、で優勝し、1976年の優勝以来のタイトルを獲得した。 クラブ創設125周年となる2010-11シーズンは、2010年8月にオーナーのマルクス・リーブヘルが死去するという悲運に見舞われたが 、9月にが3年契約で監督に就任してから調子を上げ、を2位で終了してに昇格した。 翌2011-12シーズンは、U-21で前シーズン41試合に出場して10ゴールを挙げ、昇格に貢献したが1500万ポンドでに移籍したが 、開幕当初から快進撃を続けた。 12月から1月にかけて一時調子を落とすが、その後再び勢いを取り戻し、シーズンを通じて一度も自動昇格圏の2位より下位に落ちることなく、2012年4月28日、最終節でに4-0で勝利したことで2位を確定させ、8年ぶりに復帰を決めた。 なお、この試合、にはクラブ最多観客動員となる32,363人が詰めかけた。 このシーズン、は27ゴールを挙げて最近4シーズンで3度目の得点王となり、昇格の原動力となったほか、11ゴールを挙げ、最終節の戦でも得点した、ユース出身の新加入選手でチーム唯一のリーグ戦全試合出場を果たした らも昇格に大きく貢献した。 2013年1月18日、は解任され、の前監督であるが監督に就任した。 移籍市場では、、を獲得。 2014年5月27日、ポチェッティーノが辞任しの監督に就任。 2014年6月16日、オランダ人のが監督に就任。 契約期間は3年。 2014年夏の移籍市場では、、、、といった主力が退団した。 一方で、、、、、、ら実力者を多く獲得し、冬の移籍市場では、を獲得。 2015-16シーズンはアルデルヴァイレルト、、らが退団した。 代わりに、、、、、らを獲得し、冬の移籍市場ではからを獲得した。 2016-17シーズンよりが監督に就任。 夏の移籍市場では、や、、らを獲得し、冬の移籍市場ではFWのを獲得した。 ではファイナルまで進んだものの、に2-3で敗れた。 クラブ名の変遷 [ ]• 1885年 - 1887年:セント・メリーズ・ヤングメンズAFC• 1887年 - 1894年:セント・メリーズFC• 1894年 - 1897年:サウサンプトン・セント・メリーズFC• 1897年 -:サウサンプトンFC タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• : 1回 1975-76• : 1回 2009-10 国際タイトル [ ] なし セント・メリーズ・スタジアム内にあるクラブのトロフィーキャビネット 成績 [ ] シーズン リーグ 監督 ディビジョン 試 勝 引 負 得 失 点 順位 1992-93 42 13 11 18 54 61 50 18位 3回戦敗退 3回戦敗退 1993-94 プレミアリーグ 42 12 7 23 49 66 43 18位 3回戦敗退 2回戦敗退 1994-95 プレミアリーグ 42 12 18 12 61 63 54 10位 5回戦敗退 3回戦敗退 1995-96 プレミアリーグ 38 9 11 18 34 52 38 17位 準々決勝敗退 4回戦敗退 1996-97 プレミアリーグ 38 10 11 17 50 56 41 16位 3回戦敗退 準々決勝敗退 1997-98 プレミアリーグ 38 14 6 18 50 55 48 12位 3回戦敗退 4回戦敗退 1998-99 プレミアリーグ 38 11 8 19 37 64 41 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 1999-00 プレミアリーグ 38 12 8 18 45 62 44 15位 4回戦敗退 4回戦敗退 2000-01 プレミアリーグ 38 14 10 14 40 48 52 10位 5回戦敗退 3回戦敗退 2001-02 プレミアリーグ 38 12 9 17 46 54 45 11位 3回戦敗退 3回戦敗退 2002-03 プレミアリーグ 38 13 13 12 43 46 52 8位 準優勝 3回戦敗退 2003-04 プレミアリーグ 38 12 11 15 44 45 47 12位 3回戦敗退 準々決勝敗退 1回戦敗退 2004-05 プレミアリーグ 38 6 14 18 45 66 32 20位 準々決勝敗退 4回戦敗退 2005-06 46 13 19 14 49 50 58 12位 5回戦敗退 4回戦敗退 2006-07 チャンピオンシップ 46 21 12 13 77 53 75 6位 4回戦敗退 3回戦敗退 2007-08 チャンピオンシップ 46 13 15 18 56 72 54 20位 5回戦敗退 1回戦敗退 2008-09 チャンピオンシップ 46 10 15 21 46 69 45 23位 3回戦敗退 3回戦敗退 2009-10 46 23 14 9 85 47 73 7位 5回戦敗退 2回戦敗退 2010-11 リーグ1 46 28 8 10 86 38 92 2位 4回戦敗退 2回戦敗退 2011-12 チャンピオンシップ 46 26 10 10 85 46 88 2位 4回戦敗退 4回戦敗退 2012-13 プレミアリーグ 38 9 14 15 49 60 41 14位 3回戦敗退 4回戦敗退 2013-14 プレミアリーグ 38 15 11 12 54 46 56 8位 5回戦敗退 4回戦敗退 2014-15 プレミアリーグ 38 18 6 14 54 33 60 7位 4回戦敗退 準々決勝敗退 2015-16 プレミアリーグ 38 18 9 11 59 41 63 6位 3回戦敗退 5回戦敗退 2016-17 プレミアリーグ 38 12 10 16 41 48 46 8位 4回戦敗退 準優勝 GL敗退 2017-18 プレミアリーグ 38 7 15 16 37 56 36 17位 準決勝敗退 2回戦敗退 2018-19 プレミアリーグ 38 9 12 17 45 65 39 16位 3回戦敗退 4回戦敗退 2019-20 プレミアリーグ 38 位 4回戦敗退 4回戦敗退 優勝 準優勝 昇格 降格 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 基本フォーメーション 現在 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 24 No. Pos. 選手名 38 out No. Pos. 選手名 2 3 6 11 18 19 No. Pos. 選手名 25 32 39 44 スタジアムとトレーニング施設 [ ] セント・メリーズ・スタジアム クラブは1898年から103年間、をホームスタジアムにしていたが、2001年8月に(収容人数32,505人)に移転した。 最多観客動員数は、2012年4月28日の、戦の32,363人である。 セント・メリーズ・スタジアムでは過去に国際試合も行われており、2002年には、 vs. の試合が行われた。 イングランド代表は、のゴールにより2-2で引き分けた。 「ステープルウッド」として知られるクラブのトレーニング施設はサウサンプトン近郊のマーチウッドにある。 トレーニング施設は、ここ10年で多大な設備投資がされ、現在、国内でも有数の施設となっていたが、2009年12月8日、2階建ての最新鋭の建物に建て替えることが発表された。 アンセム [ ] クラブのは、スポーツのとしてもポピュラーな「」(When the Saints Go Marching In)である。 「聖者の行進」はプレミアリーグでは他にやなどもに用いているが、サウサンプトンはニックネームが "The Saints" であるため、オリジナルの歌詞を変えずに使用している数少ないチームの一つである。 エンブレム [ ] チームカラーの赤・白は市の色である。 当初エンブレムは町の紋章を使っていたが、1974-75シーズンの際にサポーターの投票でオリジナルのエンブレムが決まり、若干の変更以外基本デザインは変わっていない。 サッカーボール上の金の輪はチームの愛称 "The Saints" から。 ボール下のリボンはチームカラーそして選手とサポーターを示す。 木はサウサンプトン近郊の公園を示し、二本の波線は川と海が繋がるサウサンプトンの地を象徴する。 白バラは町の紋章から受け継がれた。 ダービーマッチ [ ] サウサンプトンからわずか17マイル(約27km)の位置に本拠地を構えるとは、その距離の近さといずれも港町であるということからライバル関係にある。 ポーツマスとの一戦は「サウスコースト・ダービー(South Coast derby、もしくはハンプシャー・ダービー)」と呼ばれ、過去71回の対戦でサウサンプトンの35勝21敗15引き分け(2019年現在)となっている。 直近の対戦は、2019年9月にで行われたアウェイゲーム で4-0の勝利を収めた。 クラブ各種記録 [ ] 一試合最多得点勝利試合• 14-0 vs 1894年10月13日(予選ラウンド) 一試合最多失点敗戦試合• 0-9 vs 2019年10月25日 最多出場試合数• — 809試合 1956-74 最多得点• — 227ゴール 1966-77、1979-82 1シーズン最多得点• — 44ゴール 1959-60 最も若い出場選手• — 16歳143日 vs , 2005年8月6日 最高額移籍選手(他チームへの移籍)• 32,363人 vs 2012年4月28日 連勝記録(リーグ戦)• 10試合 2011年4月16日 — 2011年8月20日 連続無敗記録• 19試合 1921年9月5日 — 1921年12月31日 歴代監督 [ ]• Cecil Knight 1894-1895• Charles Robson 1895-1897• Ernest Arnfield 1897-1911• George Swift 1911-1912• Ernest Arnfield 1912-1919• Jimmy McIntyre 1919-1925• Arthur Chadwick 1925-1931• George Kay 1931-1936• George Goss 1936-1937• Tom Parker 1937-1943• Arthur Dominy 1943-1946• Bill Dodgin Senior 1946-1949• Sid Cann 1949-1951• George Roughton 1952-1955• Ted Bates 1955-1973• Lawrie McMenemy 1973-1985• Chris Nicholl 1985-1991• Ian Branfoot 1991-1994• 1994-1995• David Merrington 1995-1996• 1996-1997• Dave Jones 1997-2000• 2000-2001• 2001• 2001-2004• 2004• 2004• 2004-2005• 2005-2008• 2008• 2008-2009• 2009• 2009-2010• 2010-2011• 2011-2013• 2013-2014• 2014-2016• 2016-2017• 2017-2018• 2018• 2018- 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照• 1982-1987• 1993-1997• 1994-1996• 1997-2004• 2002-2006• 2012-• 1997-2003• 2005-2007• 2001-2005• 2011-• 2011-2014• 2012-2014• 2012-• 2012-• 2013-2014• 2013-2014• 2014-• 2014-2018• 2015-2017• 2017-• 1988-2002• 1994-2006• 2001-2005• 2005• 2006-2014• 2008-2014• 2011-• 2012-• 2014. 1965-1977, 1979-1982• 1974-1977• 1980-1982• 1988-1992• 1998-2000• 1998-2004• 1998-2006• 2001-2004• 2004-2005• 2004-2006• 2009-2014• 2010-2011• 2012-2014• 2012-2016• 2013-2015• 2014-2016 脚注 [ ] []• SOUTHAMPTON FC OFFICIAL WEBSITE(閲覧)• "" ESPNFC(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" thisisbristol. uk(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" Sky Sports(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• Soccer Base(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• 日本語. Goal. com. 日本語. Goal. com. "" Daily Echo(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• SOUTHAMPTON FC OFFICIAL WEBSITE(閲覧) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• SouthamptonFC -• SouthamptonFCJP -• southamptonfc -• (英語)• (英語)• (日本語) ニュース• その他• (英語).

次の

イギリス・サウサンプトンはどんなとこ? 4年留学してたので紹介してみます

サウサンプトン

概要 [ ] 主な獲得タイトルは1976年の優勝のみで、リーグ戦の最高順位は1983-84シーズンの2位である。 ホームグラウンドは(収容人数32,505人)。 2001年に旧ホームグラウンドのから移転した。 アカデミー(ユース組織)には定評があり、これまで、、、(いずれも)、()、()をはじめ、(元)、アンドリュー・サーマン(元U-21)、ネイサン・ダイアーなどといった有望な選手を輩出していることで知られる。 また、の英雄で元のもサウサンプトンのユース出身である。 歴史 [ ] 創成期 [ ] 1885年にセントメリーズ教会が設けた "St. Mary's Young Men's Association F. (St. Mary's Y. )" として創設された。 その後2回の改名を経て、1896-97シーズンにを制したのちに現在の名称となった。 1898年、ホームスタジアムを街の中心の北西に新たに建設したに移転した。 フットボールリーグへの参加 [ ] 1921年から現在までの順位の変遷 1920年、新たに創設された3部に参加。 翌1921-22シーズン、フットボールリーグ3部は南北に分かれるが、サウス・ディビジョンで優勝してリーグ2部に昇格した。 その後、31年間2部に在籍したが、1952-53シーズンを22チーム中21位で終了し、再びリーグ3部に降格した。 1959-60シーズンに3部で優勝し、フットボールリーグ2部に復帰すると、1965-66シーズン、シーズン30ゴールを挙げたマーティン・チヴァーズの活躍もあって、2部を2位で終了し、クラブ創設以来初のリーグ1部昇格を果たした。 しかし、1973-74シーズン、22チーム中20位となって再びフットボールリーグ2部に降格した。 FAカップ優勝の栄光 [ ] 1976年5月1日、大方の予想を覆して、ボビー・ストークスのゴールによりを1-0で下してに優勝した。 これがクラブが唯一獲得した主要タイトルである。 翌1976-77シーズンにはに出場し、準々決勝に進出した。 トップフライトの時代 [ ] 1977-78シーズン、主将を中心としたチームは2位で2部を終え、1部に再び昇格した。 以来、1978-79シーズンから2004-05シーズンまでトップディビジョンに所属し、1983-84シーズンにはチーム史上最高順位である2位となった。 1990年代には成績がやや低迷したが、その中で活躍したのがクラブのレジェンド、であった。 ル・ティシエは、1986年のデビュー以来、2002年の引退までサウサンプトン一筋で活躍して209ゴールを挙げ、"Le God"と呼ばれた。 2000年代に入り、2001年8月にホームスタジアムを103年間使用したからに移転した。 2002-03シーズンにはで準優勝し、翌2003-04シーズンのに出場した。 しかし、2004-05シーズンは成績が振るわず、2004年12月には前月にライバルチームのの監督を辞任したばかりのが監督に就任してチームのてこ入れを図った が、その甲斐もなく、2005年5月15日、セント・メリーズ・スタジアムで行われた最終節でに1-2で敗れ、20位(最下位)でシーズンを終了し、27年間所属したトップディビジョンから(2部)に降格することとなった。 クラブ低迷期 -運営会社の倒産、リーグ1への降格- [ ] 1年目となった2005-06シーズンは、2005年8月29日の戦から2006年3月28日の戦まで35試合でわずか5勝しかできず、1部昇格どころか2部残留も危ぶまれたが、最後の6試合で5勝してシーズンを12位で終了し、降格を免れた。 なお、シーズン中の2005年12月、は辞任して再びの監督に復帰した。 2006年1月、期待の若手の(当時16歳)が報酬500万ポンドから1200万ポンドという条件でに移籍した。 2007年5月、ダービー・カウンティ戦のキックオフ前に円陣を組むサウサンプトンの選手達 2006-07シーズンはボーランド人ストライカーのグレゴーシュ・ラジアック、、当時17歳のの活躍もあって、6位で終了して昇格プレーオフに出場するも、準決勝でPK戦の末にに敗れて昇格を逃した。 翌2007-08シーズンは、クラブの財政状況の悪化を防ぐために、などの主力選手を売却せざるを得なくなったこともあり、一転して残留争いに巻き込まれ、最終節でに3-2で勝利してようやく残留を決めた。 ところが、翌2008-09シーズンには運営会社が会社再建手続に入ったため勝ち点10を剥奪された結果、23位で終了して(3部)に降格し、2009-10シーズンも勝ち点-10からスタートすることとなった。 プレミアリーグへの復帰 [ ] 2009年7月8日、ドイツ生まれのスイス人ビジネスマンのマルクス・リーブヘルがクラブを買収したことからクラブは転機を迎える。 9日、当時の監督マルク・ヴォッテは解任され、17日にが監督に就任し、2009-10シーズン開幕直後の8月10日にはからストライカーのを約100万ポンドで獲得した。 2009-10シーズンは、シーズン後半に追い上げを見せたものの、勝ち点-10の影響は大きく、プレーオフ圏内である6位と勝ち点差7の7位で終了した。 ただ、カップ戦では、2010年3月28日にでを4-1で下して、で優勝し、1976年の優勝以来のタイトルを獲得した。 クラブ創設125周年となる2010-11シーズンは、2010年8月にオーナーのマルクス・リーブヘルが死去するという悲運に見舞われたが 、9月にが3年契約で監督に就任してから調子を上げ、を2位で終了してに昇格した。 翌2011-12シーズンは、U-21で前シーズン41試合に出場して10ゴールを挙げ、昇格に貢献したが1500万ポンドでに移籍したが 、開幕当初から快進撃を続けた。 12月から1月にかけて一時調子を落とすが、その後再び勢いを取り戻し、シーズンを通じて一度も自動昇格圏の2位より下位に落ちることなく、2012年4月28日、最終節でに4-0で勝利したことで2位を確定させ、8年ぶりに復帰を決めた。 なお、この試合、にはクラブ最多観客動員となる32,363人が詰めかけた。 このシーズン、は27ゴールを挙げて最近4シーズンで3度目の得点王となり、昇格の原動力となったほか、11ゴールを挙げ、最終節の戦でも得点した、ユース出身の新加入選手でチーム唯一のリーグ戦全試合出場を果たした らも昇格に大きく貢献した。 2013年1月18日、は解任され、の前監督であるが監督に就任した。 移籍市場では、、を獲得。 2014年5月27日、ポチェッティーノが辞任しの監督に就任。 2014年6月16日、オランダ人のが監督に就任。 契約期間は3年。 2014年夏の移籍市場では、、、、といった主力が退団した。 一方で、、、、、、ら実力者を多く獲得し、冬の移籍市場では、を獲得。 2015-16シーズンはアルデルヴァイレルト、、らが退団した。 代わりに、、、、、らを獲得し、冬の移籍市場ではからを獲得した。 2016-17シーズンよりが監督に就任。 夏の移籍市場では、や、、らを獲得し、冬の移籍市場ではFWのを獲得した。 ではファイナルまで進んだものの、に2-3で敗れた。 クラブ名の変遷 [ ]• 1885年 - 1887年:セント・メリーズ・ヤングメンズAFC• 1887年 - 1894年:セント・メリーズFC• 1894年 - 1897年:サウサンプトン・セント・メリーズFC• 1897年 -:サウサンプトンFC タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• : 1回 1975-76• : 1回 2009-10 国際タイトル [ ] なし セント・メリーズ・スタジアム内にあるクラブのトロフィーキャビネット 成績 [ ] シーズン リーグ 監督 ディビジョン 試 勝 引 負 得 失 点 順位 1992-93 42 13 11 18 54 61 50 18位 3回戦敗退 3回戦敗退 1993-94 プレミアリーグ 42 12 7 23 49 66 43 18位 3回戦敗退 2回戦敗退 1994-95 プレミアリーグ 42 12 18 12 61 63 54 10位 5回戦敗退 3回戦敗退 1995-96 プレミアリーグ 38 9 11 18 34 52 38 17位 準々決勝敗退 4回戦敗退 1996-97 プレミアリーグ 38 10 11 17 50 56 41 16位 3回戦敗退 準々決勝敗退 1997-98 プレミアリーグ 38 14 6 18 50 55 48 12位 3回戦敗退 4回戦敗退 1998-99 プレミアリーグ 38 11 8 19 37 64 41 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 1999-00 プレミアリーグ 38 12 8 18 45 62 44 15位 4回戦敗退 4回戦敗退 2000-01 プレミアリーグ 38 14 10 14 40 48 52 10位 5回戦敗退 3回戦敗退 2001-02 プレミアリーグ 38 12 9 17 46 54 45 11位 3回戦敗退 3回戦敗退 2002-03 プレミアリーグ 38 13 13 12 43 46 52 8位 準優勝 3回戦敗退 2003-04 プレミアリーグ 38 12 11 15 44 45 47 12位 3回戦敗退 準々決勝敗退 1回戦敗退 2004-05 プレミアリーグ 38 6 14 18 45 66 32 20位 準々決勝敗退 4回戦敗退 2005-06 46 13 19 14 49 50 58 12位 5回戦敗退 4回戦敗退 2006-07 チャンピオンシップ 46 21 12 13 77 53 75 6位 4回戦敗退 3回戦敗退 2007-08 チャンピオンシップ 46 13 15 18 56 72 54 20位 5回戦敗退 1回戦敗退 2008-09 チャンピオンシップ 46 10 15 21 46 69 45 23位 3回戦敗退 3回戦敗退 2009-10 46 23 14 9 85 47 73 7位 5回戦敗退 2回戦敗退 2010-11 リーグ1 46 28 8 10 86 38 92 2位 4回戦敗退 2回戦敗退 2011-12 チャンピオンシップ 46 26 10 10 85 46 88 2位 4回戦敗退 4回戦敗退 2012-13 プレミアリーグ 38 9 14 15 49 60 41 14位 3回戦敗退 4回戦敗退 2013-14 プレミアリーグ 38 15 11 12 54 46 56 8位 5回戦敗退 4回戦敗退 2014-15 プレミアリーグ 38 18 6 14 54 33 60 7位 4回戦敗退 準々決勝敗退 2015-16 プレミアリーグ 38 18 9 11 59 41 63 6位 3回戦敗退 5回戦敗退 2016-17 プレミアリーグ 38 12 10 16 41 48 46 8位 4回戦敗退 準優勝 GL敗退 2017-18 プレミアリーグ 38 7 15 16 37 56 36 17位 準決勝敗退 2回戦敗退 2018-19 プレミアリーグ 38 9 12 17 45 65 39 16位 3回戦敗退 4回戦敗退 2019-20 プレミアリーグ 38 位 4回戦敗退 4回戦敗退 優勝 準優勝 昇格 降格 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 基本フォーメーション 現在 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 24 No. Pos. 選手名 38 out No. Pos. 選手名 2 3 6 11 18 19 No. Pos. 選手名 25 32 39 44 スタジアムとトレーニング施設 [ ] セント・メリーズ・スタジアム クラブは1898年から103年間、をホームスタジアムにしていたが、2001年8月に(収容人数32,505人)に移転した。 最多観客動員数は、2012年4月28日の、戦の32,363人である。 セント・メリーズ・スタジアムでは過去に国際試合も行われており、2002年には、 vs. の試合が行われた。 イングランド代表は、のゴールにより2-2で引き分けた。 「ステープルウッド」として知られるクラブのトレーニング施設はサウサンプトン近郊のマーチウッドにある。 トレーニング施設は、ここ10年で多大な設備投資がされ、現在、国内でも有数の施設となっていたが、2009年12月8日、2階建ての最新鋭の建物に建て替えることが発表された。 アンセム [ ] クラブのは、スポーツのとしてもポピュラーな「」(When the Saints Go Marching In)である。 「聖者の行進」はプレミアリーグでは他にやなどもに用いているが、サウサンプトンはニックネームが "The Saints" であるため、オリジナルの歌詞を変えずに使用している数少ないチームの一つである。 エンブレム [ ] チームカラーの赤・白は市の色である。 当初エンブレムは町の紋章を使っていたが、1974-75シーズンの際にサポーターの投票でオリジナルのエンブレムが決まり、若干の変更以外基本デザインは変わっていない。 サッカーボール上の金の輪はチームの愛称 "The Saints" から。 ボール下のリボンはチームカラーそして選手とサポーターを示す。 木はサウサンプトン近郊の公園を示し、二本の波線は川と海が繋がるサウサンプトンの地を象徴する。 白バラは町の紋章から受け継がれた。 ダービーマッチ [ ] サウサンプトンからわずか17マイル(約27km)の位置に本拠地を構えるとは、その距離の近さといずれも港町であるということからライバル関係にある。 ポーツマスとの一戦は「サウスコースト・ダービー(South Coast derby、もしくはハンプシャー・ダービー)」と呼ばれ、過去71回の対戦でサウサンプトンの35勝21敗15引き分け(2019年現在)となっている。 直近の対戦は、2019年9月にで行われたアウェイゲーム で4-0の勝利を収めた。 クラブ各種記録 [ ] 一試合最多得点勝利試合• 14-0 vs 1894年10月13日(予選ラウンド) 一試合最多失点敗戦試合• 0-9 vs 2019年10月25日 最多出場試合数• — 809試合 1956-74 最多得点• — 227ゴール 1966-77、1979-82 1シーズン最多得点• — 44ゴール 1959-60 最も若い出場選手• — 16歳143日 vs , 2005年8月6日 最高額移籍選手(他チームへの移籍)• 32,363人 vs 2012年4月28日 連勝記録(リーグ戦)• 10試合 2011年4月16日 — 2011年8月20日 連続無敗記録• 19試合 1921年9月5日 — 1921年12月31日 歴代監督 [ ]• Cecil Knight 1894-1895• Charles Robson 1895-1897• Ernest Arnfield 1897-1911• George Swift 1911-1912• Ernest Arnfield 1912-1919• Jimmy McIntyre 1919-1925• Arthur Chadwick 1925-1931• George Kay 1931-1936• George Goss 1936-1937• Tom Parker 1937-1943• Arthur Dominy 1943-1946• Bill Dodgin Senior 1946-1949• Sid Cann 1949-1951• George Roughton 1952-1955• Ted Bates 1955-1973• Lawrie McMenemy 1973-1985• Chris Nicholl 1985-1991• Ian Branfoot 1991-1994• 1994-1995• David Merrington 1995-1996• 1996-1997• Dave Jones 1997-2000• 2000-2001• 2001• 2001-2004• 2004• 2004• 2004-2005• 2005-2008• 2008• 2008-2009• 2009• 2009-2010• 2010-2011• 2011-2013• 2013-2014• 2014-2016• 2016-2017• 2017-2018• 2018• 2018- 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照• 1982-1987• 1993-1997• 1994-1996• 1997-2004• 2002-2006• 2012-• 1997-2003• 2005-2007• 2001-2005• 2011-• 2011-2014• 2012-2014• 2012-• 2012-• 2013-2014• 2013-2014• 2014-• 2014-2018• 2015-2017• 2017-• 1988-2002• 1994-2006• 2001-2005• 2005• 2006-2014• 2008-2014• 2011-• 2012-• 2014. 1965-1977, 1979-1982• 1974-1977• 1980-1982• 1988-1992• 1998-2000• 1998-2004• 1998-2006• 2001-2004• 2004-2005• 2004-2006• 2009-2014• 2010-2011• 2012-2014• 2012-2016• 2013-2015• 2014-2016 脚注 [ ] []• SOUTHAMPTON FC OFFICIAL WEBSITE(閲覧)• "" ESPNFC(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" thisisbristol. uk(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• "" Sky Sports(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• Soccer Base(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• 日本語. Goal. com. 日本語. Goal. com. "" Daily Echo(閲覧)• "" BBC Sport(閲覧)• SOUTHAMPTON FC OFFICIAL WEBSITE(閲覧) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• SouthamptonFC -• SouthamptonFCJP -• southamptonfc -• (英語)• (英語)• (日本語) ニュース• その他• (英語).

次の