帯状 疱疹。 50代以上は要注意!「帯状疱疹」治療は発症後2日が勝負

帯状疱疹の治療に使われる薬の種類と服用期間

帯状 疱疹

帯状疱疹とは痛みを伴う皮膚湿疹で、水疱瘡を引き起こすウイルスと同じ水痘(すいとう)と呼ばれるウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因です。 初めて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した時は水疱瘡として発症し、1週間程度で治ります。 ですが その後でもウイルスは、体の神経細胞が沢山集まっている神経節と呼ばれる部分に潜んでいます。 健康体の時は免疫力が強いのでウイルスの活動を抑えてくれるのですが、加齢・過度のストレス・過労・病気などが原因で、体力やウイルスに対する免疫力が弱くなってしまった時は注意が必要です。 ウイルスが再び活動を始めてしまうからです。 活動を再開したウイルスが、神経節から出て神経を伝わって皮膚に到達すると、皮膚に帯状の水疱が出来てしまいます。 それが帯状疱疹です。 帯状疱疹は皮膚の痛みや水疱瘡が主な症状なので、それらの症状が出たら先ずは皮膚科を受診してみてください。 症状が出ていなくて病状がはっきりしない場合は、一般内科や神経内科でも大丈夫です。 あまり深く考え込まず先ずは受診をしてみて、判断は専門家である医師に任せましょう。 帯状疱疹の主な症状は皮膚に現れるので皮膚科で治療するのがおすすめですが、治療は内科でも出来ます。 かかりつけ医がいる場合は、内科を先に受診しても良いでしょう。 治療法としては、 原因となるウイルスに対しては抗ヘルペスウイルス薬を、痛みに対しては消炎鎮痛薬を用います。 抗ヘルペスウイルス薬は、ウイルスが増えるのを抑える薬です。 発症してから出来るだけ早く抗ウイルス薬を使用する事で、症状の悪化を防ぎ、皮膚や神経のダメージを軽くする効果が期待出来ます。 塩酸バラシクロビル・アシクロビル・ファムシクロビルなどが主な種類です。 消炎鎮痛薬とは、簡単に言うと痛み止めの事です。 痛みを我慢してしまうと、普通は感じない刺激に対しても過敏に反応する様になる可能性があり、そうなると治りにくい痛みになってしまいます。 医師にどんな痛みなのかを詳しく説明して、適した薬を処方してもらいましょう。 また、水疱が潰れてしまったり細菌感染をした場合などに、抗菌薬を用いるケースもあります。 帯状疱疹が原因で神経に傷が残ると、帯状疱疹後神経痛を発症する可能性があります。 帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の皮膚の症状が治った後にその下にある神経に残ってしまう慢性的な痛みの事です。 実際にひどくなくても帯状疱疹後神経痛になる方はみえます。 湿疹や水疱などの皮膚症状が悪化した場合や痛みが強い場合などに、発症しやすいと言われています。 長期間に亘って痛みが消えない事も考えられる、帯状疱疹の代表的な後遺症です。 帯状疱疹後神経痛は万人に当てはまる絶対的な治療法というものはないと言われていますので、生活背景や治療に対する反応性などによって治療法を決める必要があります。 主な治療法な次の3つです。 保険適応外ですが、鎮痛補助薬として三環系抗うつ薬・抗てんかん薬などが用いられる場合もあります。 局所麻酔薬やステロイド薬などを用いて、痛みの伝達をブロックします。 何科を受診するべきか、何の治療法を選択するべきかは、医師としっかり相談して決めてくださいね。

次の

帯状疱疹の初期症状はヒリヒリチクチクした痛み?熱や頭痛などが出ることもある?

帯状 疱疹

帯状疱疹はうつるのか? 帯状疱疹はうつる可能性があります。 しかしこれは 帯状疱疹としてではなく、水疱瘡としてうつることがあるようです。 帯状疱疹の原因は水疱瘡のウイルスなので、大人が発症した場合に家族に 子供がいると、この帯状疱疹から水疱瘡になってしまうことがあります。 帯状疱疹が他の人に帯状疱疹としてうつることはないので、その部分は安心してください。 過去に水疱瘡にかかったことのある人はすでに体内にウイルスを抱えている状態になっているので心配いりません。 また妊婦さんの場合は胎児に悪影響をもたらす可能性があるので、接触は間違いなく良くありません。 つまり、 水疱瘡になっていない子供や妊婦には極力接触するのは避けたほうが良いということです。 お風呂でうつる? まず 水疱瘡になったことがある大人同士なら帯状疱疹はうつらないですが、 赤ちゃんや幼児がいる場合や妊婦が家族にいる場合は一緒に入浴するのは避けねばなりません。 水疱瘡の場合は感染力が非常に強いですが同じウイルスである帯状疱疹の場合はそこまで強力ではないので、空気感染のリスクは水疱瘡よりも低いとは言われています。 しかしながらそれでも0ではないので、 帯状疱疹の人は最後にお風呂に入るようにしましょう。 そうすればお風呂による感染もある程度は防ぐことができます。 タオルやコップなどの 共用なものがあった場合も別の物を用意するようにしましょう。 洗濯物でうつる? この洗濯物をどうするのかというのも結構微妙なラインとなっていて、帯状疱疹になってしまった夫を持っている主婦の方においてどうしたらいいのかという疑問を持つことも多いようです。 これもなかなか難しい問題で 水疱があまりにもひどい場合は分けて洗うのが良いでしょうが、そこまで 症状がひどくないなら神経質にならないほうが良いのではないでしょうか。 症状は軽いけども何となく気になるという方は別に洗うようにしてください。 むしろ神経質になりすぎてストレスを抱えてしまうほうが問題になるので、簡単にえり分けるようにしてあげるといいでしょう。 空気感染では? 基本的に水疱瘡の場合は空気感染することが多いのですが、 帯状疱疹の場合は同じウイルスであったとしてもそこまで感染力が高くないと言われているので空気感染する可能性は低いと考えることができます。 しかし、帯状疱疹が原因で水疱瘡になってしまった人がいた場合、そこから水疱瘡が他の人に拡散する危険性はあるので注意してくださいね。 また、特殊な例で免疫力が低下しすぎた人がなってしまう帯状疱疹の 「播種性帯状疱疹」になってしまうと空気感染する危険性があるので注意したほうがいいでしょう。 帯状疱疹になったら仕事を休んだ方がいい? 帯状疱疹の症状は人によって異なりますが、痛みを伴うことも多く動くのも困難になってしまう人もいるでしょう。 その場合はまず休むことを先決してください。 治す方法として一番良いのは早期に医者にかかって薬をもらって安静にすることなので、できる限り休むようにしましょう。 人によってはどうしても忙しくて仕事に出なくてはいけない場合もあるでしょうが、動くのも困難な状態になっているのでしたら難しいかもしれませんが休んだ方が良いかと思います。 また、営業などの外回りが中心であったり受付などの顔を良く見せる仕事をしている人で 顔に帯状疱疹ができているなら間違いなく仕事への影響が出てしまうので痛みが少なかったとしても休むようにした方が良いかと思います。 後の評価にまで影響が出る可能性があるので、気を付けましょう。 また、小さなお子さんに関わる仕事をやっている人も、うつす可能性があるので仕事は休むべきかと思います。 帯状疱疹がうつる期間は? Sponsored Link 帯状疱疹がうつる期間は 皮膚の症状が赤くなっている、もしくは水疱になっている時にうつる可能性が高くなります。 この状態が治ってかさぶたまで進行すればうつる可能性は一気に低下するようです。 人によって症状が異なるので細かい指定はできませんが、 帯状疱疹は症状が出てからだいたい10日から発疹が出始めて3週間ほどで治まると言われているのでその期間が一番うつる可能性が高いと考えるのが妥当でしょう。 人によっては発疹の状態がわかり難いこともあるようなので、そのような人は状況確認も含めて皮膚科にて医師に相談してみましょう。 また、うつさないように 患部に触らないようにしたり、水ぶくれを潰さないようにすることも大切ですよ。 赤ちゃんや子供にうつりやすい? 赤ちゃんや子供で水疱瘡になっていないなら、感染する可能性は非常に高くなります。 そのため帯状疱疹になった人の周りに、赤ちゃんや子供ならびに妊婦さんがいる場合は感染予防が必須となるでしょう。 共同の物を使わないようにしたり、お風呂は最後に入るようにしたり、一時的にも離れて暮らしたりなどの感染しないようにするための工夫をしてください。 帯状疱疹は空気感染することはほぼないと言われているので、接触感染しないように気を付けるようにしてください。 犬からもうつる? 帯状疱疹は、犬からは感染することはありません。 帯状疱疹の原因はヘルペスウイルスなのですが、このウイルスは犬への人獣共通感染症としての報告はされていないので犬が原因となることは考えにくいです。 一説では犬からうつるという話もあるのですが、その根拠となる資料やデータは一切発見されていないので、あくまでも噂程度であると捉えるようにしてください。 しかし鳥インフルエンザウイルスのように鳥から人に感染するものもあるので、発表されていないだけで実は発症する可能性が非常に稀だけど存在するかもしれません。 ここまでくると推測の域になってしまいますので、中断いたしますが、過去の発症例などは発見されなかったので犬からの感染は気にする必要はないでしょう。 むしろ抵抗力が弱っているならそれ以外の病原体をもらうことを考慮したほうがいいと思います。 帯状疱疹につきましては次のページも参考にしてください。 予防方法について 帯状疱疹は免疫力が低下することで発症するケースが多いので、とにかく 免疫力を低下させないことでしょう。 非常に難しいことではありますが、 自己管理を徹底するしかありません。 食事のバランスを常日頃気をつけて、タバコやアルコールは減らしましょう。 現代日本は健康志向が相当強いので、健康器具や食品はたくさんあります。 それらを活用するなどして少しでも体の中から綺麗にするしかないでしょう。 ただし、ストレスや過労から免疫力が低下して発症するケースや、インフルエンザや風邪に感染して体力や免疫力が低下している時に発症するケースもありますので、 ストレスを受けないようにする工夫や風邪やインフルエンザの予防も大切になるでしょう。 うつるのかなど、帯状疱疹につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 医療法人 王子総合病院 最後に 以上、いかがだったでしょうか? 今回は、帯状疱疹はうつるのかどうか、またお風呂・洗濯物・空気感染でうつるのかをお伝えしました。 帯状疱疹は一度水疱瘡にかかっている人なら気にする必要はないですが、発症したことが無い子供や妊婦さんの胎児は発症する危険性があるので、感染予防は必須であるということでした。 特に注意が必要なのが妊婦さんの胎児への感染なので、発症してしまった場合は必ずお風呂は最後に入るようにしたり、治るまでは洗濯物には直接触れないようにするなどの工夫をしてくださいね。 今回のこの記事が帯状疱疹における参考として皆さんのお役に立てるものになれば幸いに思います。 カテゴリー•

次の

帯状疱疹について

帯状 疱疹

帯状疱疹とはどんな病気? 帯状疱疹の初期症状について説明するまえに、 帯状疱疹がどんな病気なのかを説明しておきましょう。 帯状疱疹とは、身体の中の神経に沿って、帯のように水ぶくれを伴う湿疹ができて、できた部位に痛みが出る病気です。 帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス」であり、子どもの頃にかかる水疱瘡 みずぼうそう のウイルスと同じです。 子どもの頃に水疱瘡に感染してしまうと、そのウイルスは、身体の中の神経の根本の部分に長く潜んでいます。 そのウイルスが何かをきっかけにして、再度活性化してしまい神経を伝わって皮膚に水ぶくれのような湿疹を作ります。 こうして、現れる病気のことを帯状疱疹と言います。 例えば、次のような環境下にいるときに発症しやすいです。 ストレスや過労のあるとき• 睡眠不足が重なったとき• インフルエンザや風邪などで体力が弱ったとき• ガンなどで体力が低下した状態にあるとき これらの状態はすべて免疫力が低下している状態であり、帯状疱疹が発症しやすくなると言われています。 小さな頃に水疱瘡にかかったことがなければ発症の可能性も低いですが、水疱瘡に感染したことがある人は健康な人でも皆、発症する可能性はあります。 では、次に帯状疱疹の初期症状について説明していきましょう。 帯状疱疹の初期症状:ヒリヒリチクチクした痛みがある? 帯状疱疹の初期症状というのは、主には身体に湿疹が出始める前に出る症状のことを言います。 湿疹が出始める1週間くらいまえから次に挙げるような初期症状が現れます。 身体の右か左のどちらか片側のみにヒリヒリ・チクチクした皮膚の痛みが出てくる。 痛みのある部分にかゆみが出ることがある この時に出る皮膚の痛みは身体の左右どちらか片側に現れます。 これは帯状疱疹のウイルスが、皮膚の表面の間隔を伝える神経が支配している領域に一致して現れるからです。 このポイントが帯状疱疹の特徴なのです。 では、熱や頭痛のような症状が現れることもあるのでしょうか? 帯状疱疹の初期症状:熱や頭痛などが出ることもある? 帯状疱疹の初期症状として、上記に挙げたような痛みやかゆみ以外にも、熱、頭痛、倦怠感 けんたいかん・身体のだるさ などといった風邪に似た症状が出ることもあります。 風邪と間違いやすいですが、風邪では皮膚の一部の痛みなどは伴わないのでわかりやすいと思います。 では、これら初期症状が現れたあとの湿疹が出始めるころの後期症状についても説明していきましょう。 帯状疱疹の後期の症状は? 初期にヒリヒリ・チクチクした痛みやかゆみなどの症状が出たあと、後期の症状として主に痛みのある部位に赤い湿疹が出てきます。 この湿疹は、最初は下記の画像のように赤いだけのできものです。 ですが、徐々に病状が進むにつれ、下記のような水ぶくれのような湿疹に変わっていきます。 湿疹の大きさは同じではなくバラバラの大きさです。 そして、この水ぶくれの湿疹は適切な治療が行われていれば、約1週間くらいで自然に潰れてしまい、かさぶたになっていきます。 このような赤く水ぶくれを伴った湿疹もまた帯状疱疹の特徴的な症状です。 湿疹ができやすい部位は、胸、腹部、背中、顔、頭部などです。 また、帯状疱疹による湿疹の痛みは、ウイルスによって神経細胞が壊されたり、障害を受けたりしたことで引き起こされます。 身体の中の神経細胞というのは、一度壊されたり障害を受けるとなかなか修復されにくいため、痛みが長期に渡る可能性があります。 帯状疱疹の初期症状についてのまとめ 今回は、帯状疱疹の初期症状について説明してきました。 では、まとめてみましょう。 帯状疱疹の後期症状は? 初期症状で痛みやかゆみなどの症状が出た部分に赤い湿疹が出てきます。 そして、やがて水ぶくれを伴った湿疹に変わっていきます。 湿疹の大きさはバラバラです。 水ぶくれは徐々に自然に潰れていき、かさぶたになっていきます。 帯状疱疹は最初から、上記で挙げたような赤く目立つ湿疹が出るわけではないので分かりにくいかもしれません。 ですが、皮膚の痛みが出てきて、とても苦痛な症状が続くのでなるべく早くに病院を受診することをおすすめします。 治療が遅れると痛みも長引く可能性があるので、早急に受診したほうがいいでしょう。 最後までお読み頂いてありがとうございました。

次の