水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と。 ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ?

ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ?

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

お役立ち 2018. 17 Tsuyopon ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ? 飲み物を買う時、ペットボトルの容器はとても便利ですよね。 すぐに飲めるし、キャップをしめられるので保存も簡単、丈夫で落としたくらいでは割れません。 便利だからこそペットボトルを買う機会は多いのですが、問題は使い終わったペットボトルを処分する時です。 台所に溜まった空きペットボトルを捨てる際、かさばって袋詰めも運ぶのも大変だった経験、ありませんか? でも、その悩みは結構簡単に解決するんですよ。 ずばり、 ペットボトルを潰したり、圧縮したりすれば良いのです。 そこで本記事では、 ペットボトルを潰したり圧縮する様々な方法を、ご紹介します。 どの方法も、ご家庭でできるものとなっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ペットボトルは捨てる時に潰す必要はある? 引用元: さて、さっそくペットボトルを潰す方法をご紹介したいのですが、その前に皆さんに確認してもらいたいことがあります。 それは 「ペットボトルを潰してよいのか?」という事です。 本記事を読んでくださっている方は、ペットボトルを潰す方法を探していると思いますが、 ペットボトルを捨てるにあたり、場合によっては潰してはいけない時があるので注意が必要です。 ペットボトルを潰してはいけない場合 ペットボトルを潰してもよいのか。 その判断は、 皆さんがペットボトルを処分しようとしている方法(回収業者)により、変わってきます。 ペットボトルを処分する方法で、最もメジャーなのは以下の2通りになるでしょう。 例えば、「ラベルをはがす」「キャップを分別する」などは、よくあるルールになりますね。 ここに、「潰してはいけない」というルールがあった場合、注意が必要です。 「潰した方がまとめられるし、出しやすいから…」と個人の都合で潰してしまうと、 最悪の場合、回収してくれない可能性があります。 逆に「ペットボトルは潰しましょう」というルールの場合もありますので、自治体や業者の都合により様々の様ですね。 スーパーなどの資源回収ボックスも同様に、捨てる際のルールがある場合があります。 どちらの場合でも、 回収のルールとしてペットボトルを潰してはいけない場合、潰すのは諦めましょう。 ペットボトルを潰す前に、「自分の処分方法では、ペットボトルを潰してもよいのか」を確認しておく必要がありますね。 それでは、ペットボトルを潰す様々な方法をご紹介していきましょう。 ペットボトルの潰し方1:手・足で潰す まず、ご紹介する方法は、自分の手や足を使って潰す方法です。 いきなり原始的な方法ですみません。 でも、 手や足で潰す方法は、何の道具もいらない最も手軽な方法であることは事実です! これ以降にも様々な方法をご紹介しますが、何かしらの「道具」を使う方法が多いです。 「道具を用意するのが面倒だ」という人にとっては、 結局、自分の手足で潰すのが、最も簡単だったりするのです。 手足でつぶす方法でも、ちょっとしたコツで、簡単に小さく潰すことができます。 それは、 全体を潰した後に、底と上部を横に折りたたむようにすること。 こうすることで、元の形に戻りにくく、コンパクトにもなるんですね。 また、 力に自信のない人でも、足でなら簡単につぶせることが多いですよ。 その場合でも、まずは横から全体を平らに踏み潰し、その後、底を折りたたむようにして踏みつぶしましょう。 では、この方法のメリット・デメリット・おススメの人をまとめます。 メリット:簡単で手軽。 道具が必要ない。 デメリット:ある程度の力が必要。 大きくて固いペットボトルは、さらに力が必要。 たくさんの数を潰すのには時間がかかり疲れる。 おススメの人:力に自信のある人。 少ない数を手軽に潰してしまいたい人。 ペットボトルの潰し方2:水と大気圧を使って潰す 続いても、道具を使わずに、手で潰す方法となります。 ただし、手だけではありません。 この方法では、 「水」を使ってペットボトルを素早く簡単に潰すことができます。 水と大気圧の力を利用することで少ない力で素早く潰せるほか、 洗うことと潰すことが一緒にできるので時短にもなりますね。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 よって、 飲み口から空気が入ってきてしまうとダメです。 空気が入るより早く、水が勢いよく出ていく間で一気に潰すのがポイントです。 500mlの場合、最初は胴体を一気に潰していきながら、底も早めに潰すとよいでしょう。 また、大きなペットボトルを潰す際は、底から潰していくと成功しやすくなります。 便利な方法ですが、 水が勢いよく出て飛び散りやすいので、狭い洗面所などで行うと悲惨な事になるかもしれません。 最初は、風呂場など広く濡れてもよい場所で試すのをおススメします。 注意点としては、 掃除機はあくまでペットボトルを潰す補助をしている点です。 掃除機が空気を吸いだす力のみでペットボトルを潰す訳ではありませんので、やり方を間違えないようにしましょう。 例えば 掃除機とペットボトルのつなぎ目をテープなどで完全に密着してしまうと、掃除機に大きな負担がかかってしまいます。 万が一、掃除機が壊れなどしてしまったら、大変なことですからね。 しかし、やり方さえ間違えなければ、簡単にペットボトルを潰せることに間違いはありません。 掃除機が既にあって、余計な出費をしたくない場合、おススメの方法ですよ。 メリット:力を必要とせず潰しやすい。 掃除機があれば、新しく道具を買う必要がない。 デメリット:潰したい時に、掃除機を準備しなければならない(特にコードレス掃除機でない場合は面倒)。 やり方を間違えると掃除機に負担がかかる。 おススメの人:ペットボトルを楽に潰したいが、専用の道具は買いたくない人。 コードレスタイプや、ハンディタイプなど、手軽に使える掃除機がある人。 ペットボトルの潰し方4:熱湯を使って潰す 続いての方法は、少し特殊な方法です。 なんと、 「熱湯」を使ってペットボトルを潰す方法なんです。 「熱湯を使う」と聞くと、熱湯で溶かすとか柔らかくするのかな、と思うかもしれません。 しかし、そうではなく、熱湯を利用した「大気圧の力」でペットボトルを潰すのです。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 実際には一瞬とはいきませんが、自分で力を加えることなく潰せるのはすごいですね。 お湯を捨ててフタを締めた後、すぐに水につけるなどして冷やすと、もっと速く潰すこともできます。 ただ、その場合、火傷や水の飛び散りに十分注意してくださいね。 また、 あまり熱すぎる熱湯を使うと、ペットボトルの種類によっては変形などが起きる可能性があります。 この方法は、お湯さえ準備できれば特別な道具は必要ないですし、仕組みとしては面白いやり方ではあります。 とは言っても この方法、実際に家庭で使えるかというと、かなり機会は限られますよね。 たくさん潰さないといけない場合、時間が限られている場合などに、わざわざお湯を沸かすところから始めていられません。 他で使用したお湯が余っていたりなどすれば、行ってみてもよいかもしれませんね。 しかも、 1000円以下という安さは、この後にご紹介する専用道具の中でも、群を抜いて安いです。 これなら、たとえ壊れてしまっても気軽に買い替えが可能ですね。 ただ、レビューの中には「使いにくい」という意見も見られます。 特に、 「空気を抜いて圧縮しても『吸いまっせ』を外すと元の形に戻ってしまう事がある」という点は、気になる部分です。 実際、パッケージ裏の商品説明にも、潰した後は元の形に戻らないようフタをしめて保管するように書かれています。 しかし家庭で分別する場合、そのまま資源ゴミとして出せるよう、ペットボトルのフタは外して保管している方が多いと思います。 ゴミを出す際に、わざわざ潰したペットボトルを全部出して一つずつフタを取るのは、かなり面倒でしょう。 吸いまっせを使う場合、潰すだけでなく、その後の処理もイメージしておいた方が良さそうですね。

次の

ペットボトルが凹む現象

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

お役立ち 2018. 17 Tsuyopon ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ? 飲み物を買う時、ペットボトルの容器はとても便利ですよね。 すぐに飲めるし、キャップをしめられるので保存も簡単、丈夫で落としたくらいでは割れません。 便利だからこそペットボトルを買う機会は多いのですが、問題は使い終わったペットボトルを処分する時です。 台所に溜まった空きペットボトルを捨てる際、かさばって袋詰めも運ぶのも大変だった経験、ありませんか? でも、その悩みは結構簡単に解決するんですよ。 ずばり、 ペットボトルを潰したり、圧縮したりすれば良いのです。 そこで本記事では、 ペットボトルを潰したり圧縮する様々な方法を、ご紹介します。 どの方法も、ご家庭でできるものとなっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ペットボトルは捨てる時に潰す必要はある? 引用元: さて、さっそくペットボトルを潰す方法をご紹介したいのですが、その前に皆さんに確認してもらいたいことがあります。 それは 「ペットボトルを潰してよいのか?」という事です。 本記事を読んでくださっている方は、ペットボトルを潰す方法を探していると思いますが、 ペットボトルを捨てるにあたり、場合によっては潰してはいけない時があるので注意が必要です。 ペットボトルを潰してはいけない場合 ペットボトルを潰してもよいのか。 その判断は、 皆さんがペットボトルを処分しようとしている方法(回収業者)により、変わってきます。 ペットボトルを処分する方法で、最もメジャーなのは以下の2通りになるでしょう。 例えば、「ラベルをはがす」「キャップを分別する」などは、よくあるルールになりますね。 ここに、「潰してはいけない」というルールがあった場合、注意が必要です。 「潰した方がまとめられるし、出しやすいから…」と個人の都合で潰してしまうと、 最悪の場合、回収してくれない可能性があります。 逆に「ペットボトルは潰しましょう」というルールの場合もありますので、自治体や業者の都合により様々の様ですね。 スーパーなどの資源回収ボックスも同様に、捨てる際のルールがある場合があります。 どちらの場合でも、 回収のルールとしてペットボトルを潰してはいけない場合、潰すのは諦めましょう。 ペットボトルを潰す前に、「自分の処分方法では、ペットボトルを潰してもよいのか」を確認しておく必要がありますね。 それでは、ペットボトルを潰す様々な方法をご紹介していきましょう。 ペットボトルの潰し方1:手・足で潰す まず、ご紹介する方法は、自分の手や足を使って潰す方法です。 いきなり原始的な方法ですみません。 でも、 手や足で潰す方法は、何の道具もいらない最も手軽な方法であることは事実です! これ以降にも様々な方法をご紹介しますが、何かしらの「道具」を使う方法が多いです。 「道具を用意するのが面倒だ」という人にとっては、 結局、自分の手足で潰すのが、最も簡単だったりするのです。 手足でつぶす方法でも、ちょっとしたコツで、簡単に小さく潰すことができます。 それは、 全体を潰した後に、底と上部を横に折りたたむようにすること。 こうすることで、元の形に戻りにくく、コンパクトにもなるんですね。 また、 力に自信のない人でも、足でなら簡単につぶせることが多いですよ。 その場合でも、まずは横から全体を平らに踏み潰し、その後、底を折りたたむようにして踏みつぶしましょう。 では、この方法のメリット・デメリット・おススメの人をまとめます。 メリット:簡単で手軽。 道具が必要ない。 デメリット:ある程度の力が必要。 大きくて固いペットボトルは、さらに力が必要。 たくさんの数を潰すのには時間がかかり疲れる。 おススメの人:力に自信のある人。 少ない数を手軽に潰してしまいたい人。 ペットボトルの潰し方2:水と大気圧を使って潰す 続いても、道具を使わずに、手で潰す方法となります。 ただし、手だけではありません。 この方法では、 「水」を使ってペットボトルを素早く簡単に潰すことができます。 水と大気圧の力を利用することで少ない力で素早く潰せるほか、 洗うことと潰すことが一緒にできるので時短にもなりますね。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 よって、 飲み口から空気が入ってきてしまうとダメです。 空気が入るより早く、水が勢いよく出ていく間で一気に潰すのがポイントです。 500mlの場合、最初は胴体を一気に潰していきながら、底も早めに潰すとよいでしょう。 また、大きなペットボトルを潰す際は、底から潰していくと成功しやすくなります。 便利な方法ですが、 水が勢いよく出て飛び散りやすいので、狭い洗面所などで行うと悲惨な事になるかもしれません。 最初は、風呂場など広く濡れてもよい場所で試すのをおススメします。 注意点としては、 掃除機はあくまでペットボトルを潰す補助をしている点です。 掃除機が空気を吸いだす力のみでペットボトルを潰す訳ではありませんので、やり方を間違えないようにしましょう。 例えば 掃除機とペットボトルのつなぎ目をテープなどで完全に密着してしまうと、掃除機に大きな負担がかかってしまいます。 万が一、掃除機が壊れなどしてしまったら、大変なことですからね。 しかし、やり方さえ間違えなければ、簡単にペットボトルを潰せることに間違いはありません。 掃除機が既にあって、余計な出費をしたくない場合、おススメの方法ですよ。 メリット:力を必要とせず潰しやすい。 掃除機があれば、新しく道具を買う必要がない。 デメリット:潰したい時に、掃除機を準備しなければならない(特にコードレス掃除機でない場合は面倒)。 やり方を間違えると掃除機に負担がかかる。 おススメの人:ペットボトルを楽に潰したいが、専用の道具は買いたくない人。 コードレスタイプや、ハンディタイプなど、手軽に使える掃除機がある人。 ペットボトルの潰し方4:熱湯を使って潰す 続いての方法は、少し特殊な方法です。 なんと、 「熱湯」を使ってペットボトルを潰す方法なんです。 「熱湯を使う」と聞くと、熱湯で溶かすとか柔らかくするのかな、と思うかもしれません。 しかし、そうではなく、熱湯を利用した「大気圧の力」でペットボトルを潰すのです。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 実際には一瞬とはいきませんが、自分で力を加えることなく潰せるのはすごいですね。 お湯を捨ててフタを締めた後、すぐに水につけるなどして冷やすと、もっと速く潰すこともできます。 ただ、その場合、火傷や水の飛び散りに十分注意してくださいね。 また、 あまり熱すぎる熱湯を使うと、ペットボトルの種類によっては変形などが起きる可能性があります。 この方法は、お湯さえ準備できれば特別な道具は必要ないですし、仕組みとしては面白いやり方ではあります。 とは言っても この方法、実際に家庭で使えるかというと、かなり機会は限られますよね。 たくさん潰さないといけない場合、時間が限られている場合などに、わざわざお湯を沸かすところから始めていられません。 他で使用したお湯が余っていたりなどすれば、行ってみてもよいかもしれませんね。 しかも、 1000円以下という安さは、この後にご紹介する専用道具の中でも、群を抜いて安いです。 これなら、たとえ壊れてしまっても気軽に買い替えが可能ですね。 ただ、レビューの中には「使いにくい」という意見も見られます。 特に、 「空気を抜いて圧縮しても『吸いまっせ』を外すと元の形に戻ってしまう事がある」という点は、気になる部分です。 実際、パッケージ裏の商品説明にも、潰した後は元の形に戻らないようフタをしめて保管するように書かれています。 しかし家庭で分別する場合、そのまま資源ゴミとして出せるよう、ペットボトルのフタは外して保管している方が多いと思います。 ゴミを出す際に、わざわざ潰したペットボトルを全部出して一つずつフタを取るのは、かなり面倒でしょう。 吸いまっせを使う場合、潰すだけでなく、その後の処理もイメージしておいた方が良さそうですね。

次の

湿度を下げる一番簡単な方法!ペットボトルと扇風機でエアコンいらず

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

昔の缶ジュースは、プルタブも何もない缶ジュースはもちろん、そういうもがない缶詰と同じでした。 そういう缶ジュース専用に、穴あけの器具がありました。 小さな穴を空ける器具です。 それで、缶の蓋といったいいんでしょうか、今のプルタブがある面に穴を空けていました。 一つだけ穴を空けても缶ジュースは飲めません。 ジュースが落ちてこないし、一生懸命吸っても駄目です。 普通は、缶の二つ、それも缶の上面の正反対の方向に穴を空けていました。 なぜ、一つ穴では駄目なのか。 それは圧力です。 一つ穴から吸い出そうとして、少しは吸い出せるでしょう。 しかし、その体積の部分の空気が入ってこない以上、その体積の部分の圧力がマイナスとなるのです。 吸い出そうとする力に抵抗する力です。 これが吸い出そうとする力と拮抗して、吸い出せなくなるのです。 だから、一つ穴では駄目だったんですね。 二つ穴なら、穴を空けた一方に口を付けて飲もうとすると、ちゃんと飲めました。 もう一方の穴から空気が入ってくるからです。 大気と同じ圧力の空気、それは吸い出す力を邪魔しません。 もし、一つしか穴を空けず、そこから真空ポンプみたいな強い力で吸い出せば、缶からジュースは出てくるものの、缶はぺっちゃんこに潰れれていたでしょう。 そして、プルすると大きな穴が開くような缶ジュースが考えられ、発売されました。 当時は、プルしたものを缶から外すタイプでした。 これは今の外さずにするものと変わりません。 一つの穴しかありません。 しかし、穴が大きくなったのです。 先ほどの昔の缶ジュースで言えば、吸い出す口と空気を入れる口の両方の役目を果たすような、大きな口です。 口を半ばに穴に押し付け吸い出そうとする、口が覆わなかった残りから空気が入ります。 ペットボトルも同じです。 試してみて頂ければ分かりますが、ペットボトルの口にぴったり自分の口で覆って、吸い出そうとすると、ペットボトルがへしゃげ、ある程度以上は吸い出せなくなります。 ペットボトルの口は、吸い出しと、それに伴って吸い出し続ける飲料に変わって入ってくる空気取り入れ口の両方の役目を果たしています。 だから、同じ口から、飲料は落ちてきて、それを助けるように空気が入ってくるのです。 そうして、ペットボトルの中は圧力が下がらず、飲料を吐き出し続けます。 そういうことに充分な大きさがあるのが、ペットボトルの口ということです。 Q ペットボトルの水が落ちたり落ちなかったりする理由 子どもとお風呂で遊んでいてわからなかったことがあるので教えてください。 添付の図で説明します。 図の 1 の状態 ペットボトルに空気と水を入れて、口を下にして水面につけると、ペットボトルの中の水は図の状態のまま落ちません。 図の 2 の状態 1 の状態からペットボトルを少しずつ持ち上げていくと、口と水面の間に隙間ができた瞬間に、空気がボコボコとペットボトルの中に入っていき、水は抜けていきます。 質問: ペットボトルの中にあった水に注目した場合、 1 ではどういう力が釣り合って落ちないのでしょうか。 2 では何が変わって落ちてくるのでしょうか。 について教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願い致します。 ですから口の大きさがたとえばストロー程の細さなら表面張力で水が粒状になる為すれ違う事が出来ずにそのままの状態を保つでしょう。 Q はじめまして。 1、ペットボトル入りの水を購入する。 2、ペットボトルを傾けた状態でフタを開け(すぐに流れるように)、水をコップに注ぐ(ペットボトルの傾きは一定の状態を保つようにする)。 上記において、ペットボトルからコップに水を注いでいる間は、常にペットボトルの口から水が流れ出ているので、ペットボトルの口は常に水でふさがれており、ペットボトル内に空気が入る余地は無いと考えます。 よって、ペットボトルからコップに注いだ水の量だけ、ペットボトル内に真空の空間ができるのではないかと考えます。 なお、上記はペットボトルの傾きを一定に保った状態で水を注いでいる間だけの話とします。 (フタを閉めたりといった注ぎ終わった後の動作は含まない)。 理論上、ペットボトルの水をコップに注ぐ際、ペットボトル内に空気を入れずに注ぐことが可能かどうか教えてください。 不可能な場合は、その理由を教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー こんばんわ。 理論的には「実現できれば」とは思いますが、いろいろと関門(難点)がありそうです。 >、ペットボトル入りの水を購入する。 この時点で、頭の方には気体の部分があると思います。 よくあるのは窒素充填による気体が詰まっているかと。 >ペットボトルからコップに水を注いでいる間は、常にペットボトルの口から水が流れ出ているので、 >ペットボトルの口は常に水でふさがれており、ペットボトル内に空気が入る余地は無いと考えます。 これは、そのままでは不可能だと思います。 水が減る体積分だけ、どこからか補わないと水が出ていきません。 部屋に風を取りこもうとしても、窓を 1つ開けただけではだめなのと同じです。 (入り口だけ開けても、出口になるところがないと流れができない) 体積を補う代わりに、 2さんのようにつぶすのであればまだ可能性はありますね。 最後に、仮に真空ができたとしても、 ペットボトルの強度だと外の大気圧によりつぶれてしまうかも知れません。 Q 水をいっぱいに入れた容器(例えばペットボトルを)を逆さにすると、水は下に落ちます。 次に下に水を受ける容器を置いておきます。 すると下の容器に落ちた水の水面がペットボトルの口と接すると、それ以上ペットボトルからは水が落ちなくなり、下の容器の水面の高さは一定となります。 ペットショップで猫や犬の水やりに(猫や犬が水を飲んだ分だけ、上の容器から水が落ち、下の飲み口の容器に補充される)、この現象を利用した商品を見かけます。 この現象の「原理」の名称と、上の容器(ペットボトル)の中の水が落ちて少なくなっていく過程で、空気が入ってきますが、この容器の空気の気圧は変化しているのでしょうか? 例えば、外の大気圧は1気圧とし、水の入っている上の容器の高さが10m(トリチェリの真空で、水は10mまで上昇すると仮定すると)とします。 そして水がこぼれ落ちて5mの高さになったときに下の容器の水面と上の容器の口が接して、水が落ちなくなりました。 はじめは、上の容器の中には空気がないのが、水が落ちるにしたがって入り、5mの段階では上の容器の中の空気は0.5気圧入っていると考えたらよいのでしょうか? 初めての質問で慣れていませんが、質問の意図を察して回答をお願い致します。 水をいっぱいに入れた容器(例えばペットボトルを)を逆さにすると、水は下に落ちます。 次に下に水を受ける容器を置いておきます。 すると下の容器に落ちた水の水面がペットボトルの口と接すると、それ以上ペットボトルからは水が落ちなくなり、下の容器の水面の高さは一定となります。 ペットショップで猫や犬の水やりに(猫や犬が水を飲んだ分だけ、上の容器から水が落ち、下の飲み口の容器に補充される)、この現象を利用した商品を見かけます。 この現象の「原理」の名称と、上の容器(ペットボトル)... A ベストアンサー 「外」の空気が水受け容器の水を押す圧力は常に1気圧ですので、 バランスするためにはペットボトルの中にある「水と空気」全体で 一気圧の圧力で水受け容器の水を押していなければなりません。 ペットボトルには5メートルしか水がありません。 この水だけをみれば、0. 5気圧分しかありません。 (水柱の高さがそのまま圧力に比例すると考えます) すると、残りの何かが0. 5気圧で下に押してもらわなければ なりません。 それがペットボトルの中の空気です。 仮にペットボトルの空気の気圧を無理矢理1気圧にしたとします。 水が5メートルですから、合わせて1. 5気圧ですので 外から押される力より、ペットボトルから出て行く力の方が 大きいですね。 すると水は流れ出ます。 空気の圧力はそれに従って 減って行きます。 結局ookataさんの考えで間違いないと思いますよ。 A ベストアンサー こんばんは。 空気の流入で波打ってしまう現象はやはり角度を緩やかにするしかありません。 しかし満タンの状態ではコップと注ぎ口の位置が遠くてうまく行かない。 ひとつの方法はコップの方を持ち上げてやる。 もしくはテーブルなどを利用してペットボトルを下げる。 後は伝ってこぼすのを防ぐ方法ですが、普通は角の部分をコップに付けて注ぐので問題ないんですよね。 口を付けるわけでもないのにそれほど気にする人がいるとは思いませんでした.... どうしても必要ならよくワインに使用する着脱式の注ぎ口でペットボトルに対応するモノがあるんじゃないかと思います。 要するに注射針の先端みたいに斜めにカットしてあるアタッチメントです。 wineac. 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろう。 」と思ったこともありました。 そこで、税金の使われ方について調べてみました。 すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、 私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。 また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。 と考えてみると、 私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、 私たちはこれから安心して暮らしていけません。 税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、 私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。 他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、 ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、 医療費は今よりも高くなります。 これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。 そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。 今まで、「税について知りたい! 」とか「税金は必要だ。 」と思ったことは 一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、 税金は必要だと思いました。 私たちは、いつも「勉強したくないなあ。 」と思いながら学校に通っていますが、 こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、 税金があるからできるのだと分かりました。 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。 税金によって、私たちは色々な面で支えられています。 日本全国の人々が、税金を払い、 その税金によって、私たちは支えられています。 だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、 他の人たちを支えたいと思います。 夏休みの社会の宿題で、 「税についての作文」というものがでました。 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろ...

次の