テセウスの船 動画 1話。 テセウスの船1話あらすじネタバレ感想動画・31年前の真犯人は父親ではない?|みやびカフェ

ドラマ【テセウスの船】1話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

テセウスの船 動画 1話

14日間の無料体験で人気のドラマが見放題。 無料期間中に解約しても料金は一切なし。 継続利用でも、月額はたったの1,017円 税込。 一日あたり、たったの34円安心&ノーリスク。 話題のドラマが見放題で楽しめる レンタル作品も有り• TBS系、テレ東、WOWOWなど、国内外の人気ドラマ、映画・アニメ・音楽など豊富なコンテンツ。 オリジナルコンテンツ、お笑い・バラエティーも多数。 つまり、見逃してしまった過去の放送回を視聴するには、 Paravi パラビ の利用が必須という事になります。 現在「Paravi」では、 を実施中。 この無料お試しの期間なら、第1話から最終回まで完全無料で楽しむことができます。 もちろん、期間内に解約すれば料金はかかりませんし、解約金なども一切かかりません。 1日あたり たったの34円ほどの低価格で利用できるということになります。 これだけの低価格で安心して動画を視聴できるなら、利用しないのはもったいないかもしれません。 違法サイト利用時のフィッシング詐欺やウィルス感染に怯えながら視聴するくらいなら、こちらのほうが何倍もマシですね。 気になる方は、まずお試しトライアルから利用してみてはいかがでしょうか? 登録方法や、気になる解約方法については【】のページで紹介していますので、そちらを参照してください。 日曜ドラマ「テセウスの船」詳細・キャスト 平成元年に起こった連続毒殺事件 犯人として逮捕された父と、その家族として辛い人生を送った母。 tbs. 竹内涼真 田村 心• 榮倉奈々 佐野和子• 上野樹里 田村 由紀• 鈴木亮平 佐野文吾• 安藤政信 車椅子の男• 貫地谷しほり 田村鈴• 芦名星 佐々木紀子• 竜星涼 長谷川翼• 逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。 28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。 事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。 時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。 日曜劇場ドラマ『テセウスの船』は週間「モーニング」で連載されていた東元俊哉による同名漫画が原作。 いわいるタイムリープものの物語で、思わず一気に読んでしまうようなストーリーに引き込む作品となっています。 日曜ドラマ「テセウスの船」各話 あらすじ 第1話:あらすじ「過去を変え、家族の未来を守れるか.. 」 生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。 しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか? 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。 tbs. そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。 由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。 田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。 これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。 想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。 tbs. 逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。 父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。 しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。 誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!? 不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!? 追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。 心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。 tbs. 事件はまだ終わっていなかった。 」 再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。 父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。 生き残った姉は行方知れず。 自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。 心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。 心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。 音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。 心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。 しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。 tbs. それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。 その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。 文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。 果たして、さつきの魂胆とは何なのか? そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。 父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。 tbs. 姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。 そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が! それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。 木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。 しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。 そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。 tbs. 音臼小事件まであと二日。 心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。 最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。 事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。 tbs. 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。 tbs. 連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。 音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。 心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。 そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。 tbs. しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。 「俺が犯人だ」。 心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。 すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。 大きく揺れる心と家族。 バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……? そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。 やがて迎える黒幕との対峙。 そこで事件のすべての真相が明らかにされる。 tbs.

次の

テセウスの船1話あらすじネタバレ感想動画・31年前の真犯人は父親ではない?|みやびカフェ

テセウスの船 動画 1話

Paraviのメリット• 2週間の無料お試し実施中!• CM無し!ドラマを快適に思う存分楽しめる。 スマホやタブレット、パソコンなどテレビ以外で楽しめる。 自分のタイミング・日常生活に合わせて『テセウスの船』を楽しめるのは、Paraviだけ! TVerは無料だが快適さにかける 民放テレビ局により作られた公式テレビポータルサイト「」でも、『テセウスの船』を無料で視聴することができます。 TVerの特徴はドラマ放送の終了後、約7日間はTVerにて『テセウスの船』を視聴可能ということ。 Paraviでは『テセウスの船』が全話見放題に対して、Tverは各話の放送後そのエピソードが7日間の期限となっているため、全話を見返すことができません。 またTVerではドラマの途中にCMが挟み込まれており、CMを飛ばすことができません。 CMの時間が長いこともあり、快適な視聴ができるとは言えません。 ドラマ『テセウスの船』1話~最終回までのあらすじ 『テセウスの船』1話あらすじ 生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。 しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか? 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。 『テセウスの船』2話あらすじ 平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。 そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。 由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。 田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。 これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。 想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。 『テセウスの船』3話あらすじ 田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。 逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。 父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。 しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。 誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!? 不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!? 追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。 心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。 『テセウスの船』4話あらすじ 再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。 父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。 生き残った姉は行方知れず。 自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。 心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。 心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。 音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。 心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。 しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。 『テセウスの船』5話あらすじ タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。 それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。 その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。 文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。 果たして、さつきの魂胆とは何なのか? そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。 父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。 『テセウスの船』6話あらすじ 田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。 姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。 そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が! それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。 木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。 しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。 そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。 『テセウスの船』7話あらすじ 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。 音臼小事件まであと二日。 心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。 最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。 事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!? 『テセウスの船』8話あらすじ 大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。 連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。 音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。 心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。 そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!? そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!! 『テセウスの船』10話あらすじ 駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。 大きく揺れる心と家族。 バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……? そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。 やがて迎える黒幕との対峙。 そこで事件のすべての真相が明らかにされる。 心と家族の未来はどう変わるのか……? ドラマ『テセウスの船』の再放送予定 地域各放送局を調べてみたところ、ドラマ『テセウスの船』の再放送予定は無いようです。 ドラマ『テセウスの船』の再放送の予定に関しましては、地域各放送局の情報を待って更新いたします。 ドラマ『テセウスの船』を9tsuやPandoraで観ることはおすすめできない ドラマ『テセウスの船』が違法にアップロードされている動画サイトとして、『9tsu』や『Pandora』があります。 9tsuやPandoraにアップロードされているドラマ『テセウスの船』は著作権を侵害したものであり、視聴は決しておすすめできません。 また、違法にドラマ『テセウスの船』がアップロード動画サイトは、ウィルス感染のリスクがあります。 過去においては、Pandoraがウィルス感染の攻撃を受けたウェブサイトとして名前が挙がっており、ユーザーの銀行情報が狙わえたということがありました。 Pandoraにおいてはウィルス感染における発表はなく、依然として安全利用できるサイトとは言えません。 ドラマ『テセウスの船』の動画を早く観たい!みんなの期待の声.

次の

テセウスの船1話ネタバレあらすじ感想!鈴木亮平演じる佐野文吾が怖すぎ!

テセウスの船 動画 1話

『テセウスの船』のあらすじ・主題歌・キャスト 『テセウスの船』のあらすじ 生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。 しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか? 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。 私は原作はまだ観ていない状態でこのドラマを観始めました。 現代から昔にタイムスリップする話はドラマでは珍しくて楽しみに観てました。 最初の頃はお父さんが悪者と思って観ていましたが、実はすごく家族思いでいいお父さんだと言うことを回を重ねるごとにすごく思いながら見てました。 だんだん犯人の犯行がエスカレートしたり、最終回に近づくにつれ毎週ハラハラドキドキしながら観ていて、結構卑劣な犯行などもあったり辛いシーンもあって、毎週日曜日は憂鬱な気分になりながらも次週の続きがすごく気になるとソワソワする気分でとてもハマっていました!竹内涼真さんの役はちょっと頼りない部分もあって観ていて悔しい気分になったりもしてしまったりとありましたが、上野樹里さんは薬の使い分けがうまかったりととても引き込まれるドラマでした。 最終回はとてもどんでん返しみたいな感じで最後まで楽しめました。

次の