サイレン ヘッド scp。 【ホラー】サイレンヘッドの恐怖をアニメにしてみた【海外の都市伝説】【漫画動画】

Sirenhead

サイレン ヘッド scp

また、SCP-664-JPへの接触を試みる人物には、クラスA記憶処理を実行し身辺調査実行後、SCP-664-JPから5km以上離れた地点で解放してください。 仮設防音収容設備には最低3名の作業員に扮した財団職員による警備を行ってください。 SCP-664-JPを用いた実験はサイト管理者の許可を取り、セキュリティクリアランスレベル3以上の職員2名以上による監視のもとで行ってください。 その他、室内にはセキュリティ関係の書物の置かれた本棚、PC 、テーブル、寝具などが確認されました。 SCP-664-JP-2は10桁の数字キー、実行キーと複数の操作ボタンで構成されています。 SCP-664-JP-2への操作は8桁のパスワードと指紋による認証で保護されており、所有者以外の人間による操作は受け付けないようになっています。 当該パスワードは現在解析作業中です。 当初、SCP-664-JP-1及びSCP-664-JP-2は、SCP-664-JPへと供給されている家庭用電源を介して稼働していると推定されていましたが、SCP-664-JPの発見時には電力会社からの電源供給が停止されていたにも関わらず稼働が確認されたため、現在の技術では解明できない未知のエネルギーで稼働していると推測されています。 SCP-664-JPに設置されたSCP-664-JP-1、SCP-664-JP-2及び室内の家具などの物品は、いかなる方法を用いても室外へ持ち出す事ができず、持ち出そうとした物品はドア及び窓に存在していると推測される不可視の壁により阻まれます。 SCP-664-JPの異常性は大きく3段階に分けられ、一定時間以内にSCP-664-JPから退室することでSCP-664-JPの異常性による重大な死亡事故を防ぐことができます。 SCP-664-JPの大まかな異常性の変化は次のとおりです。 第1段階: SCP-664-JPへ入室した者 被験者と指定 に対し、3~5分以上室内に留まっていた場合に異常性が発現されます。 異常性が発現されるとSCP-664-JP-1の青色のランプが0. また、SCP-664-JP-2のコンソール画面に「侵入者確認、すぐに退室してください」という旨のメッセージが表示され、被験者はこの段階よりSCP-664-JP-1に対し軽度の恐怖感を訴えるようになります。 この警報アラームのdb数値は第1段階時の警報アラームとほぼ同じ数値を計測していますが、被験者は「第1段階の時よりも音が大きい」と説明しています。 SCP-664-JP-2の表示にも変化が見られ「5分以内に退室をしてください」という文章が画面に表示され、被験者はSCP-664-JP-1に対しての恐怖感が強くなります。 それと同時にSCP-664-JP-2のコンソール画面には「排除機構作動」という表示が点滅し、室内の壁と天井の接合部に出現する8cm程度の隙間から、一般的に赤黒い血液と表現される色をした特殊な液体 SCP-664-JP-3と指定 が注入されます。 この液体の特筆すべき特性として、SCP-664-JP内に存在するすべての物品に対しての形質の変化をもたらすことはなく、SCP-664-JPに発見当時から室内に置かれている物品以外のすべてを破壊する能力があるということが確認されています。 SCP-664-JP内に第3段階発現を超えても被験者が在室していた場合、不可視の壁により被験者の退室が阻まれます。 また、被験者はSCP-664-JP-3に触れることを強く拒絶するようになります。 被験者は注入される液体による水圧が原因での圧死、あるいは水没による窒息死などに至ります。 完全な圧縮が確認された場合、異常性は非活性化し、SCP-664-JP-3は注水に掛かった時間とほぼ同じ時間をかけて消失し、通常状態へと戻ります。 SCP-664-JP-3がどこからSCP-664-JPへと運ばれているか、SCP-664-JP-3がどこへ排出されているかなどは不明です。 また、第3段階移行のタイミングまでに被験者がSCP-664-JPから退室した場合、その時点でSCP-664-JPの異常性は非活性化します。 当初、SCP-664-JP-1から発せられる警報アラームとランプの点滅による心理的効果によるものと考えられていましたが、Dクラス職員への複数回のインタビューによる調査の結果、SCP-664-JP-1には被験者に対し認知的な異常を発露させる効果が存在していると思われます。 補遺664-JP-02: 2016年現在までSCP-664-JPの異常性発現下におけるSCP-664-JP-3を取り出す試みは全て失敗しています。 SCP-664-JP-3による被験者の圧縮は圧力のバランスを緻密に計算していると思われ、圧縮された遺体は臓器の破裂や内容物の噴出等の大きな損壊は確認されませんでした。 より詳細な実験結果は実験記録664-JPを参照してください。 結果: 観測用カメラとマイクからの通信は異常性が第3段階に移行した時点で途切れ、水圧によりD-20232は死亡、圧縮され、機器はSCP-664-JP-3により破壊される。 分析: どうやらもともと部屋にあるものじゃない物品は圧縮されてしまうみたいですね。 結果: SCP-664-JPの異常性の発現は確認されず。 SCP-664-JP-2のコンソール画面にも変化は認められなかった。 分析: 機械などの無機物は認識されないのでしょうか…。 結果: SCP-664-JPの異常性の発現を確認。 探査ロボットは問題なく破壊された。 分析: 無機物でも記録状態だと圧縮されるようです。 結果: 室内に満たされた液体は窓やドアから溢れ出すことなくD-20233は溺死し、圧縮される。 分析: 内部の物品を持ち出せないように、液体も外部には溢れないわけですか…。 結果: SCP-664-JP-1を認識できないにもかかわらず、SCP-664-JP-1を強く拒絶。 実験後、D-20234は「あそこ SCP-664-JP-1が設置されている場所 に目を向けちゃいけないような気がする」と説明をする。 分析: 見える見えないに関わらず、SCP-664-JP-1がそこに設置されてあるというだけで認知的な異常を起こすようですね。 第3段階まで発現した瞬間にD-20234を退室させる。 結果: ドアに存在している不可視の壁の影響によりD-20234は脱出できず、満たされた液体により溺死、圧縮される。 分析: ギリギリでの退室はダメみたいですね。 侵入者の証拠を残すためでしょうか。 結果: SCP-664-JPの異常性の発現は確認されず。 SCP-664-JP-2のコンソール画面にも変化は認められなかった。 分析: 人間以外の動物は認識しないようですね。 外部から吸引ホースを使いSCP-664-JP-3の回収を行う。 結果: SCP-664-JPの異常性は発現し問題なく探査ロボットは破壊されたが、SCP-664-JP-3はドアに存在する不可視の壁により吸引できなかった。 分析: 内部の物は不可視の壁をどうやっても通り抜けられない、と。 当該映像を参照する場合は必ずセキュリティクリアランスレベル3以上の職員2名からの許可を取ってください。 [00:00:00から00:00:11まで、D-20232の移動する映像] 00:00:12 D-20232: ああ、言われたとおり部屋の真ん中まで入ったよ。 なんか変な警報機みたいなのがぶら下がってんな。 では、その地点で何かあるまで待機していてください。 それは正常な動作です。 00:03:29 D-20232: な…なんだ、そうか…[溜息音]っつーか、この警報機なんか怖いんだけど。 そして現状報告も忘れずに。 00:03:41 D-20232: そうだな…[映像が室内全体を映し出す]警報機がブーブーうるさかったことと青のランプがチカチカしてること以外には特に何かあるわけじゃ[映像がSCP-664-JP-2に向けられる]ん?…あー、「侵入者確認、すぐに退室してください」って何か画面に写ってるわ。 ではD-20232はその場で待機してください。 00:04:05 D-20232: …はいはい、わかったよ。 …でもこれ警報機の真下にいるとゾワゾワするくらい怖いんだけど。 元の位置に戻ってください。 では元の位置へ戻らなくていいので、そこで待機していてください。 00:09:18 D-20232: もうちょっと人使いを良くしてくれ…。 記録を終了します。 建物内には人影は確認されず、発見時にはすでに放棄されたものと思われます。 それに誤認識バグもまだ改善されない。 特に管理者権限のある者を侵入者と誤認するバグや、侵入者を全く認識しないバグなど、致命的な欠陥が多数見受けられた。 セキュリティ製品であるにもかかわらず、侵入者を認識しないというのはクライアントを失望させかねないだろう。 システム構築チームは至急修正をするように。 また、サイレン音、稼働音共に音があまりにも大きく、クライアントの希望する設置場所によっては近隣の人間からの苦情も免れないのではないか、と思う。 もう少し音量を絞っておいたほうが良いかもしれない。 注意: この建物自体を財団が捕捉している可能性あり、製品の在庫だけ予備施設へ移動させテスト品は放棄する。 男性の身元及び戸籍情報等も調査中ですが、2016年5月現在に至るまで有力な情報は得られていません。

次の

【ホラー】サイレンヘッドの恐怖をアニメにしてみた【海外の都市伝説】【漫画動画】

サイレン ヘッド scp

SCP-6789は非公式であり、財団には存在しません。 元ネタはフリーホラーゲームの「Siren Head」というゲームから来ていて、それをプレイした本部の財団職員が下書き置き場 サンドボックス に投下したものです。 wikidot. wikidot. 取得日時 再生数 コメント数 マイリスト数 登録タグ 2020年6月19日 3:37 59972 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月19日 2:36 59971 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月18日 22:37 59956 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月18日 21:35 59950 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月18日 13:38 59915 439 200• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月18日 12:39 59913 439 200• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月18日 10:38 59905 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月18日 9:35 59903 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月18日 8:37 59899 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月17日 21:35 59859 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月17日 20:37 59848 439 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月15日 10:39 59577 434 200• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月15日 9:39 59575 434 200• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月15日 7:42 59572 434 200• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月15日 6:43 59570 434 200• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月13日 23:36 59345 433 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月13日 22:36 59337 433 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月13日 8:40 59206 431 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月13日 7:41 59201 431 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月13日 4:41 59192 431 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月13日 3:41 59190 431 201• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月12日 13:40 59086 430 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月12日 12:40 59084 430 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月12日 11:42 59082 430 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月12日 10:40 59074 430 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月12日 5:42 59063 430 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月12日 4:41 59061 430 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 22:39 58882 426 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 21:38 58867 426 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 17:42 58822 426 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 16:42 58807 425 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 15:41 58801 425 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 7:42 58755 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 6:41 58752 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 5:42 58746 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 4:39 58743 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 3:39 58740 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 2:38 58733 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 1:35 58723 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月10日 0:36 58711 424 203• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 22:37 58677 418 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 21:36 58668 418 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 20:35 58657 418 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 19:37 58638 418 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 11:39 58575 407 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 10:39 58569 407 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 9:37 58566 407 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 4:43 58547 407 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 3:40 58545 407 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 2020年6月9日 2:37 58541 407 202• SCP解説• ゆっくり解説• SCP• SCP財団• SCP-6789• エンターテイメント• サイレンヘッド• エイプリルフール 取得日時 動画説明 2020年5月4日 13:38 最新 エイプリルフールに作りました。 SCP-6789は非公式であり、財団には存在しません。 元ネタはフリーホラーゲームの「Siren Head」というゲームから来ていて、それをプレイした本部の財団職員が下書き置き場 サンドボックス に投下したものです。 wikidot. wikidot. 0 2020年4月1日 4:05 ま、嘘なんですけどねなんかYoutubeで話題になってたので作ってみました。 どうやら元ネタはフリーホラーゲームの「Siren Head」というゲームから来ていて、それをプレイした本部の財団職員が「これSCPにしようぜ!」とか言って書かれたものらしいです。 wikidot. …にしてもなぜ6789の番号を使ったんですかね?5000コンテストやったばかりなのに…。 wikidot. 0 差分表示 調整中.

次の

平和な街 [ニコニコあっぷる]

サイレン ヘッド scp

また、SCP-664-JPへの接触を試みる人物には、クラスA記憶処理を実行し身辺調査実行後、SCP-664-JPから5km以上離れた地点で解放してください。 仮設防音収容設備には最低3名の作業員に扮した財団職員による警備を行ってください。 SCP-664-JPを用いた実験はサイト管理者の許可を取り、セキュリティクリアランスレベル3以上の職員2名以上による監視のもとで行ってください。 その他、室内にはセキュリティ関係の書物の置かれた本棚、PC 、テーブル、寝具などが確認されました。 SCP-664-JP-2は10桁の数字キー、実行キーと複数の操作ボタンで構成されています。 SCP-664-JP-2への操作は8桁のパスワードと指紋による認証で保護されており、所有者以外の人間による操作は受け付けないようになっています。 当該パスワードは現在解析作業中です。 当初、SCP-664-JP-1及びSCP-664-JP-2は、SCP-664-JPへと供給されている家庭用電源を介して稼働していると推定されていましたが、SCP-664-JPの発見時には電力会社からの電源供給が停止されていたにも関わらず稼働が確認されたため、現在の技術では解明できない未知のエネルギーで稼働していると推測されています。 SCP-664-JPに設置されたSCP-664-JP-1、SCP-664-JP-2及び室内の家具などの物品は、いかなる方法を用いても室外へ持ち出す事ができず、持ち出そうとした物品はドア及び窓に存在していると推測される不可視の壁により阻まれます。 SCP-664-JPの異常性は大きく3段階に分けられ、一定時間以内にSCP-664-JPから退室することでSCP-664-JPの異常性による重大な死亡事故を防ぐことができます。 SCP-664-JPの大まかな異常性の変化は次のとおりです。 第1段階: SCP-664-JPへ入室した者 被験者と指定 に対し、3~5分以上室内に留まっていた場合に異常性が発現されます。 異常性が発現されるとSCP-664-JP-1の青色のランプが0. また、SCP-664-JP-2のコンソール画面に「侵入者確認、すぐに退室してください」という旨のメッセージが表示され、被験者はこの段階よりSCP-664-JP-1に対し軽度の恐怖感を訴えるようになります。 この警報アラームのdb数値は第1段階時の警報アラームとほぼ同じ数値を計測していますが、被験者は「第1段階の時よりも音が大きい」と説明しています。 SCP-664-JP-2の表示にも変化が見られ「5分以内に退室をしてください」という文章が画面に表示され、被験者はSCP-664-JP-1に対しての恐怖感が強くなります。 それと同時にSCP-664-JP-2のコンソール画面には「排除機構作動」という表示が点滅し、室内の壁と天井の接合部に出現する8cm程度の隙間から、一般的に赤黒い血液と表現される色をした特殊な液体 SCP-664-JP-3と指定 が注入されます。 この液体の特筆すべき特性として、SCP-664-JP内に存在するすべての物品に対しての形質の変化をもたらすことはなく、SCP-664-JPに発見当時から室内に置かれている物品以外のすべてを破壊する能力があるということが確認されています。 SCP-664-JP内に第3段階発現を超えても被験者が在室していた場合、不可視の壁により被験者の退室が阻まれます。 また、被験者はSCP-664-JP-3に触れることを強く拒絶するようになります。 被験者は注入される液体による水圧が原因での圧死、あるいは水没による窒息死などに至ります。 完全な圧縮が確認された場合、異常性は非活性化し、SCP-664-JP-3は注水に掛かった時間とほぼ同じ時間をかけて消失し、通常状態へと戻ります。 SCP-664-JP-3がどこからSCP-664-JPへと運ばれているか、SCP-664-JP-3がどこへ排出されているかなどは不明です。 また、第3段階移行のタイミングまでに被験者がSCP-664-JPから退室した場合、その時点でSCP-664-JPの異常性は非活性化します。 当初、SCP-664-JP-1から発せられる警報アラームとランプの点滅による心理的効果によるものと考えられていましたが、Dクラス職員への複数回のインタビューによる調査の結果、SCP-664-JP-1には被験者に対し認知的な異常を発露させる効果が存在していると思われます。 補遺664-JP-02: 2016年現在までSCP-664-JPの異常性発現下におけるSCP-664-JP-3を取り出す試みは全て失敗しています。 SCP-664-JP-3による被験者の圧縮は圧力のバランスを緻密に計算していると思われ、圧縮された遺体は臓器の破裂や内容物の噴出等の大きな損壊は確認されませんでした。 より詳細な実験結果は実験記録664-JPを参照してください。 結果: 観測用カメラとマイクからの通信は異常性が第3段階に移行した時点で途切れ、水圧によりD-20232は死亡、圧縮され、機器はSCP-664-JP-3により破壊される。 分析: どうやらもともと部屋にあるものじゃない物品は圧縮されてしまうみたいですね。 結果: SCP-664-JPの異常性の発現は確認されず。 SCP-664-JP-2のコンソール画面にも変化は認められなかった。 分析: 機械などの無機物は認識されないのでしょうか…。 結果: SCP-664-JPの異常性の発現を確認。 探査ロボットは問題なく破壊された。 分析: 無機物でも記録状態だと圧縮されるようです。 結果: 室内に満たされた液体は窓やドアから溢れ出すことなくD-20233は溺死し、圧縮される。 分析: 内部の物品を持ち出せないように、液体も外部には溢れないわけですか…。 結果: SCP-664-JP-1を認識できないにもかかわらず、SCP-664-JP-1を強く拒絶。 実験後、D-20234は「あそこ SCP-664-JP-1が設置されている場所 に目を向けちゃいけないような気がする」と説明をする。 分析: 見える見えないに関わらず、SCP-664-JP-1がそこに設置されてあるというだけで認知的な異常を起こすようですね。 第3段階まで発現した瞬間にD-20234を退室させる。 結果: ドアに存在している不可視の壁の影響によりD-20234は脱出できず、満たされた液体により溺死、圧縮される。 分析: ギリギリでの退室はダメみたいですね。 侵入者の証拠を残すためでしょうか。 結果: SCP-664-JPの異常性の発現は確認されず。 SCP-664-JP-2のコンソール画面にも変化は認められなかった。 分析: 人間以外の動物は認識しないようですね。 外部から吸引ホースを使いSCP-664-JP-3の回収を行う。 結果: SCP-664-JPの異常性は発現し問題なく探査ロボットは破壊されたが、SCP-664-JP-3はドアに存在する不可視の壁により吸引できなかった。 分析: 内部の物は不可視の壁をどうやっても通り抜けられない、と。 当該映像を参照する場合は必ずセキュリティクリアランスレベル3以上の職員2名からの許可を取ってください。 [00:00:00から00:00:11まで、D-20232の移動する映像] 00:00:12 D-20232: ああ、言われたとおり部屋の真ん中まで入ったよ。 なんか変な警報機みたいなのがぶら下がってんな。 では、その地点で何かあるまで待機していてください。 それは正常な動作です。 00:03:29 D-20232: な…なんだ、そうか…[溜息音]っつーか、この警報機なんか怖いんだけど。 そして現状報告も忘れずに。 00:03:41 D-20232: そうだな…[映像が室内全体を映し出す]警報機がブーブーうるさかったことと青のランプがチカチカしてること以外には特に何かあるわけじゃ[映像がSCP-664-JP-2に向けられる]ん?…あー、「侵入者確認、すぐに退室してください」って何か画面に写ってるわ。 ではD-20232はその場で待機してください。 00:04:05 D-20232: …はいはい、わかったよ。 …でもこれ警報機の真下にいるとゾワゾワするくらい怖いんだけど。 元の位置に戻ってください。 では元の位置へ戻らなくていいので、そこで待機していてください。 00:09:18 D-20232: もうちょっと人使いを良くしてくれ…。 記録を終了します。 建物内には人影は確認されず、発見時にはすでに放棄されたものと思われます。 それに誤認識バグもまだ改善されない。 特に管理者権限のある者を侵入者と誤認するバグや、侵入者を全く認識しないバグなど、致命的な欠陥が多数見受けられた。 セキュリティ製品であるにもかかわらず、侵入者を認識しないというのはクライアントを失望させかねないだろう。 システム構築チームは至急修正をするように。 また、サイレン音、稼働音共に音があまりにも大きく、クライアントの希望する設置場所によっては近隣の人間からの苦情も免れないのではないか、と思う。 もう少し音量を絞っておいたほうが良いかもしれない。 注意: この建物自体を財団が捕捉している可能性あり、製品の在庫だけ予備施設へ移動させテスト品は放棄する。 男性の身元及び戸籍情報等も調査中ですが、2016年5月現在に至るまで有力な情報は得られていません。

次の