生理前 痩せる。 【生理中こそダイエットチャンス?!】生理中の2つのポイントとは?

生理後1週間で一気に痩せる!成功率を上げる食事・運動方法を徹底解説

生理前 痩せる

1年半で24kgのダイエットに成功した、ダイエットカウンセラー大西ひとみです。 生理前になると、身体がだるくなったり、お腹が張ったり、お腹が痛くなったり・・・身体の不調に追い打ちをかけるように体重が増えたり、食欲が抑えられなかったりで、気持ちがめげてしまって、ダイエットを止めてしまうきっかけになりがちですよね。 今回はそんな時期を上手に乗り越える方法についてお話したいと思います。 生理直前はどうして体重が増えるの? 女性ホルモン:プロゲステロンって知ってる? 生理前の症状の事をPMS(月経前症候群)と呼ばれています。 この時期になると、女性ホルモンの1つプロゲステロンと呼ばれるホルモンの分泌が急激に増え始めるのです。 生理前に体重が増えてしまうのは、このプロゲステロンの分泌量が増える事で起ります。 プロゲステロンは身体を太りモードにさせるホルモン プロゲステロンの分泌量が増えると、代謝が悪くなり、身体が溜め込みモードになります。 体内の水分、塩分を蓄えて脂肪の代謝を遅らせようとするのです。 それによって体重が増えたり、身体が重く感じたり、むくみ、便秘などが起きてしまい、1〜3kg程度体重が増えてしまったりします。 生理中だからと諦めて、好き放題食べてしまったら生理がくるたびに体重がどんどん増えていってしまいます。 パンや、ご飯、お菓子に注意! この時期は代謝が悪くなっている事もあるので、すぐに脂肪蓄積されやすいパンやご飯、甘いものなどの炭水化物の過剰摂取は、むくみ、脂肪蓄積の両面から見てマイナス効果を生んでしまいます。 とはいっても、身体が炭水化物系の食べ物や甘い物などを欲しがち。 そんなときは、おすすめの食べ物で上手く乗り越えて。 食欲をコントロールするのにおすすめの食べ物とは? 食物繊維を多く含む食事を意識して、長時間お腹が満たされている状態をつくることが大切です。 食物繊維にはこの時期になりがちな便秘などの症状を改善してくる効果も。 どうしても甘いものが食べたくなったら、ココアを使ったチョコレートなどのスイーツがおすすめです。 ココアにはカカオ豆に含まれるテオプロミン(テオブロミン)という成分が含まれていて、気持ちをリラックスさせたり、食欲を抑制してくれる作用があるのです。 だからと言ってPMSを理由に全く何も身体を動かさないのはNG。 また逆に、代謝が悪くなっているからといつも以上に頑張って体重を維持しようとするのもやめましょう。 身体と気持ちが続かなくなり、結果的にダイエット失敗につながってしまいますよ! 無理をせず、体調を見ながら この時期は、体調が優れない時は無理をしないことが大切。 ストレッチなどの気持ちよさを重視した運動で身体を動かしてみるだけでも、気持ち的にも体調的にも随分違ってくると思います。 毎月おつきあいしなければいけない事。 気長に、どうやって上手くつきあって行けばいいのかを見つけながらこの時期を乗り切りましょう。 アメリカでパーソナルトレーナーとして9年間活動し。 帰国後、ダイエットに関する様々な著書を執筆。 その他、雑誌、ラジオ、テレビ、インターネット講演会などの様々なメディアでダイエット指導者として活動を行う。 傍ら、ダイエット食品をはじめとする商品開発にも携わり、近年はパティシエの専門学校を卒業し、ダイエットをしながら太らない美味しいスイーツを提案している。 オススメ著書:「28日周期でやせる 女性ホルモンダイエット」 昔ほど簡単にやせられなくなっていませんか? 無理なダイエットに疲れきっていませんか?そんな悩みをもっている女性に効果的な女性ホルモンダイエット。 女性は生理がありダイエットのリズムが崩れがちですが、その生理周期をうまく活用すればストレスなくやせられます! ダイエット中におすすめのダイエットスイーツ掲載されています。 クックパッドのダイエットレシピアプリ クックパッドダイエットラボの管理栄養士が厳選した、1品500kcal以下のひとり分レシピが簡単に見つかるダイエットレシピアプリです。 忙しい朝に簡単に食べられるレシピや夜遅くに食べても安心なレシピなどをたくさん紹介しています。 ダイエット 体重管理: 体重を記録するだけのダイエット。 ダイエット診断無料公開中! あなたはこの先太る?痩せる? 55問の質問でチェック!.

次の

生理前はダイエットするな!女性が痩せやすい期間と食事は?

生理前 痩せる

炭水化物や甘いものを急激に欲してしまい、体重も増加。 自己嫌悪に陥る女性は多いはず。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、ホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 「体脂肪」が増えて太るわけではありません。 ちなみに、この 時期に増える体内の水分量は 2000mlにもなるといわれているので、2kg前後=1~3kg増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後に体重を計ったら 3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、 生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 「ダイエットを体重だけで考えるのは良くない!」というのがダイエットガイドとしての意見ですので、 ふだんから体重だけではなく、体脂肪を計る習慣もつけるのがオススメです。 大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で体脂肪を計る習慣をつけること。 夜の入浴から2時間後ぐらいの寝る前は、体内の水分量が一番安定しているといわれていますので、この時間帯に測る習慣を持つのも良いでしょう。 そうすれば 生理前に体重が増えても、「水分が増えただけ」と落ち着いて対処できるはずです。 生理前は女性ホルモンや月経前症候群(PMS)の影響で体重が増える 心と体に起こるトラブルは、女性ホルモン「黄体ホルモン」によるもの。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 PMSは病気ではなく、心と体に起こるトラブルの総称のこと。 生理が始まる約2週間前頃から現れます。 このような不快なトラブルは、月経前に卵巣から多く分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンによって起こります。 黄体ホルモンの分泌が増えると、出血などによる栄養不足を補うために体は栄養を補充しようと働きます。 黄体ホルモンには、細胞に水分・塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせ蓄えようとする性質があるからです。 そのため、生理前は体重が増えたり、体が重く感じたり、むくみ、便秘、肌アレの症状が出る人が多いようです。 以上のことから、 生理前は、太りやすく、心身ともに疲れやすい時期といえます。 この時期に無理なダイエットをして「痩せない!」「体重が増えた!」などと、余計なストレスや疲労を感じるのはナンセンス。 「そういう時期なんだな」と思って、体をいたわりましょう。 PMSによって気分が落ち込みやすくなりますが、深く悩んだり、無理をしたりしないようにやり過ごすのがベスト。 生理後~排卵日までの「痩せやすい時期」が来たら、ダイエットも再開すれば良いのです。 それにより、生理前の体重増加を防ぐとともに、体のだるさや異常な食欲を抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前の体重増加を食事で防ぐダイエット方法 お菓子をドカ食いするくらいなら、玄米のおにぎりを 「生理前豆乳ダイエット」以外にも日常的な食事や運動で、生理前の体重変動を抑えてくれる方法があります。 その際、 血糖値の維持に役立つ食材(玄米、さつまいも、かぼちゃ等)をコマメに食べると、満腹感が続くので、ドカ食いを防ぐことができて効果的です。 さらに、次の食材を使ったダイエットもオススメです。 食物繊維たっぷりの薄皮ごとよく噛んで食べると満足感が得られるだけでなく、脂肪燃焼を促進する香り成分ヌートカトンとリモネンのダイエット効果を得ることもできます。 食物繊維が腸内の老廃物排出や便秘解消を促し、まいたけだけに含まれる「MXフラクション」という特殊な成分が脂肪を燃焼し、ダイエット効果を高めてくれると言われています。 また、代謝を助けるビタミン類を補給するために、豆腐と一緒に野菜をたっぷり食べるのも痩せポイントで、脂肪分の多い肉や揚げ物は控えたほうがベターです。 その他、以下の点を意識するのも対策としてオススメです。 ・ ストレスから体を守ってくれる ビタミンB1、ビタミンC、カルシウムをたっぷり摂る ・ 利尿作用(水分貯留対策)のある食品の摂取でむくみ予防 ・ 食物繊維の摂取で便秘解消 逆に避けたほうがいいのが以下です。 ふだんはもちろんですが、生理前~生理中は避けましょう。 ・コーヒーや紅茶など、 カフェインの多い飲み物の過剰摂取はPMS症状の悪化につながる ので避けましょう。 ストレッチ 体が重くなり始める「生理前2週間」に行う運動は、以下に注意しましょう。 ・生理前であっても 運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない方などは、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、 軽いウォーキングから最適な運動量を探りましょう。 ・血行が悪くなりがちで、むくみやすい時期。 解消に効果的なのでストレッチ&マッサージ積極的に行いましょう。 運動とあわせて行いたいのが以下です。 ・体内の水分量が増えつつある時期なので、体が冷えやすくなっています。 ぬるめのお湯にゆっくり浸かって体を温めると、生理痛の緩和やリラックス効果も。 次は、生理前2週間にやると効果的な運動を紹介します。 ただし、体調がすぐれない日は無理して走らず休養しましょう。 無理ならば週2~3日を目指しましょう(10km走る場合、時速15kmだと40分、時速20kmだと30分) ダイエットのために有酸素運動を効果的に行うには、運動強度を60%~70%程度にしながら長時間続けるのが一番良いので、鼻歌を歌える強度よりはつらく、息切れよりはゆるめ……を目安に実践してみてください。 また、水圧が体全体にかかることで血流が良くなるといったマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にオススメです。 泳ぐのに疲れたら、水中ウォーキングを行うだけでも良いでしょう。 生理周期でわかる、太りやすい時期、痩せやすい時期 「痩せ期」を効率的に使おう!周期に合わせて賢くダイエット! さらに、生理とダイエットをうまく乗り切るために、女性の体の1カ月のサイクル=生理周期を把握してみましょう。 生理周期による「痩せやすい時期」にダイエットを行って効率良く体重を落とすことができれば、「太りやすい時期」にストレスを溜めながらダイエットに苦しむこともありませんよね。 まず、1カ月を3つのサイクルに分けて考えてみましょう。 生理周期が28日の人の場合、目安として生理初日を1日目としたときの14日目あたりを、「排卵日」とします。 生理前(サイクル3)に蓄えていたむくみが排出されます。 この「卵胞ホルモン」が女性らしい丸みのある体を作り、自律神経の調子を整え、皮膚の血流を良くしてお肌の調子を良くし、血管を若々しく保ってくれます。 の時期は、最も代謝が促進されやすく、脂肪燃焼にも効率が良いので、「積極的な運動」「適切な食事制限」によるダイエットの成果が現れやすい時期です。 特に生理の10 日前ぐらい~生理までが最も痩せにくく太りやすい時期といえるでしょう。 いかがでしたか? 女性の体はホルモンによって「太りやすい時期」もありますが、逆に「痩せやすい時期」もあります。 一時的な体重の増減だけに動揺したり、ストレスを感じるのではなく、自分の体脂肪率と生理周期を逆に利用することで、計画的で健康的なダイエットを実践することができるでしょう。 【関連記事】•

次の

生理中のダイエットでやってはいけないこと!時間で差をつける効果的な食事や運動

生理前 痩せる

生理後のダイエットで何キロ痩せる? 生理後は痩せやすいといわれていますが、実際のところ、生理後のダイエットは何キロ痩せるのでしょうか? 私も生理後にダイエットを試した事がありますが、そのときの 体重はマイナス2キロという結果でした。 ダイエットするとき「早く痩せたい!」という気持ちが強くなりますよね。 そのため、1ヵ月で2キロ痩せたという結果は、人によっては「少ない」と感じると思います。 05=2. 05=3kg までとなります。 当時の私は体重54キロだったので、1ヵ月に痩せられる体重は2. 7キロまで。 もう少し頑張れば痩せられたと思いますが、生理後のダイエットだけで2キロも痩せられたのはスゴイな・・・と感じましたね。 実際、私の周りの体験談とも合わせると、 生理後のダイエットでは1. 5キロ〜3キロの減量に成功している人が多いです。 ネットの体験談の中には、プチ断食なども行って5キロの減量に成功した人も見かけますが、無理なダイエットはストレスが溜まるためリバンウンドが心配です。 そのため、生理後のダイエットに成功する秘訣は、1度で体重を落とそうとせず、毎月の努力を積み重ねる事が必要となってきます。 仮に1カ月に2キロしか減らなかったとしても、うまくいけば3か月後には6キロ・・・痩せることができますよね。 生理後のダイエットの方法は? 生理後のダイエットでいわゆる「痩せ期」といわれているのは、だいたい生理後1週間~10日です。 人によって個人差があるものの、この時期には女性ホルモンのエストロゲンが増える時期になり、体の新陳代謝が活発になります。 身体の代謝が上がると脂肪が燃焼しやすくなるため、ダイエットするには絶好の期間なんです。 では、実際に生理後のダイエットは何をしたらいいのでしょうか? ここでは、私が試して効果があったやり方を紹介します。 たとえば、 ウォーキングやジョギング、サイクリングや水泳などの比較的長い時間行うことができる運動が有酸素運動です。 脂肪燃焼をするには、少なくとも20分以上の有酸素運動をする必要があります。 ただ、生理後にいきなり無理して長時間の有酸素運動をすると、体力がついていかずに体調を崩してしまうことも考えられます。 そのため、 生理後のダイエットは毎日30分程度を目安に取り組みましょう。 また、できれば有酸素運動の前に無酸素運動を取り入れると、さらに効果的です。 なぜなら、有酸素運動だけでダイエットすると脂肪の燃焼は良くなりますが、運動をやめるとリバウンドしやすくなるからです。 リバウンドのリスクを減らすためには、筋肉の量を増やして身体の基礎代謝を高める必要があります。 そのためには、 無酸素運動である筋トレなどを取り入れ、筋肉量を増やす運動も合わせて行った方がリバウンド予防にもなりダイエットに効果的なのです。 スクワットをするだけでもいいので、有酸素運動にプラスして無酸素運動も取り入れてみてくださいね。 とくに 朝食はしっかり食べましょう。 朝食には睡眠中に下がった体温を上げたり、体を活動モードにするために大切な役割があります。 また、 身体の代謝が落ちないようにするために、筋肉の材料となるタンパク質を積極的に取りましょう。 お肉や魚、豆腐など、バランスよく食べるようにしてください。 コンビニなどにも売っているサラダチキンは、高たんぱくで低カロリーなのでオススメですよ。 さらに 腸内環境を整えるためにも食物繊維の多い食材(野菜・キノコ・海藻類など)や発酵食品(納豆・味噌・キムチなど)を積極的に摂るようにしてみてください。 身体に余計な老廃物が溜まると代謝が悪くなってしまいます。 食物繊維の多い食材や発酵食品は、便秘改善にも効果がありますし、食物繊維の多い食材は食べ応えがあるものが多いので満腹感も得やすいですよ。 関連記事 おわりに 女性の場合、生理後の7〜10日間はダイエットしやすい「痩せ期」です。 この時期にダイエットを集中的に行うことで、痩せやすい体づくりにつながります。 ただ、痩せやすい時期があるように生理前や生理中は太りやすい時期です。 生理は毎月やってくるものですので、少しくらい体重が増えても神経質にならず、うまく付き合っていきましょう。 ただし、暴飲暴食はNGですよ。 また、ダイエットでは目標をもって行う方が成功しやすいので、一気に体重を落とそうとせず、毎月少しずつ時間をかけて健康的に痩せるようにしてみてくださいね。

次の