目 塗り方。 メイキングで分かる! イラストレーターAnmiの目の塗り方講座

実例で学ぶ!目の塗り方講座。キラキラ透明感のコツ|お絵かき講座パルミー

目 塗り方

目はキャラクターの印象を決める重要なパーツ。 皆さんもキャラクターを描くときに、試行錯誤している要素だと思います。 その中でもお気に入りのクリエイターの塗り方を参考にしている人は多いのではないでしょうか。 今回はその中で、『放課後のプレアデス』や『ファンタジスタドール』などに参加し、今、大きな注目を集めているイラストレーターの Anmiさんの目の塗り方テクニックについて迫りました。 CGイラストの手法に正解はありませんが、 一流のプロイラストレーターがどのような塗り方をしているのか是非参考にしてみてください。 上図は瞳を描く際に分かりやすく塗り分けをしたものです。 アウトラインの下と赤い点線より上に描画したグレーの部分は、まぶたの影として描いています。 使用ツールはSAI。 描画するツールは、「筆」とカスタム「ペン」ツールで、広い面積は「筆」ツール、狭くて鋭い部分は「ペン」ツールで描いています。 ここでは今回のイラストに合わせてブラウン系の色を使いました。 描き順は、その時々で前後することもあります。 「筆」ツールを使い、基本色で瞳の中を塗りつぶしました。 「筆」ツールを使い、基本色より濃い色で明暗を表現し、瞳孔も描き入れました。 まぶたの上はカスタム「ペン」ツールを使います。 「筆」ツールを使い、明暗の境界線をより暗くし、暗い部分(まぶたの影)は彩度を落とした色で塗ります。 瞳孔もはっきりとした色で描画しました。 「筆」ツールを使い、まぶたの影の中に、 ブラウン系とはあまり関係ない色味を少し加えても面白いです。 「筆」ツールを使い、ハイライトを強調しました。 カスタム「ペン」ツールを使い、白目の中にもまぶたの影を描き入れ、肌にも影を描画しました。 以上が基本編です。 次の章では、この手順を元にメインとなるイラストの瞳を塗っていきます。 まぶたの上のアイライン部分の色は、1色だけでなく髪の毛や瞳から色を取ったりして色を重ねて描画しました。 アイラインの端はカスタム「ぼかし」ツールで少しぼかし、左右1つずつ瞳の暗いほうの色で、上へ跳ね上げるようにラインを加えています。 さらに、瞳の明暗と境界線、アイラインを塗ります。 瞳に明暗の境界線を暗めの色で描画しました。 瞳に赤い差し色と、白いハイライトを描画します。 ここで、眉毛も描いておきます。 眉毛は髪の毛から色を取り、シンプルに描きました。 白目を描画し、 不透明度下げます。 少し濃いグレーを使って白目の中に、 まぶたから落ちる影を描きます。 まぶたと白目が接する部分は、少し明るめのグレーで描画し、反射光のような表現を加えました。 合成モードを「乗算」にすると、 下のレイヤーに表示されている色と掛け合わさるため、肌と白目の色が馴染みます。 ほほにチークを入れます。 描画にはピンクの「エアブラシ」ツールを使用します。 チークがないとキャラクターの顔に生気が生まれないため、元気がよかったり、動きのあるイメージのキャラクターを描くときは必ず描き込んでいます。 さらに、チークの線画をピンクに塗りました。 線画レイヤーに「不透明度保護」のチェックを入れているので、線画以外の部分には色が塗られません。 チーク以外の線画の色まで塗らないようにするのが目的です。 以上で、目の着彩が完成です。 9』をご覧ください! 今回はAnmiさんの目の塗り方を特集しました。 完成までの手順を知りたい方は株式会社ビー・エヌ・エヌ新社より発行されている『』 で読むことができます。 ラフ画の作り方や線画の描き方、そして肌や髪、服の塗り方など学びたいところが盛り沢山です。 他にも 人物と背景描写にフォーカスしたメイキングもありますよ。

次の

「厚塗り目イキング」目、厚塗り、メイキング描き方講座ストック

目 塗り方

目を塗るために知っておきたいレイヤー構成 今回ご紹介する瞳の塗りのレイヤー構成は、下から 1. ベースカラー 2. グラデ 3. 光 4. 1影 5. 虹彩 6. 瞳孔 7. 2光 8. 照り返し 9. オーバーレイ 10. ハイライト を基本構成として塗っていきます。 複雑そうに見えますが、 塗る範囲は少しなので順々に追っていけばすぐにできます。 目の塗りは 目の潤みや 透明感などを 表現する為、 レイヤー効果を適切に使い分けてキラキラとした魅力的な仕上がりになるように 意識していきましょう。 「1影」はベースカラーより暗めの色で まずはベースカラーと瞳孔を塗ります。 そして目全体を形作る1影を塗っていきます。 目の1影の色を選ぶ際は髪や肌、服などの影を塗るときとは違いベースカラーよりもかなり暗い色を選びましょう。 瞳孔に近い色のイメージです。 その方が瞳に灯る光を寄り際立たせ、瞳の奥に深みを出せるからです。 瞳の輪郭を太くなぞり瞳孔に色を置きます。 その後、 エアブラシや輪郭の柔らかいペンで瞳の上側を、弧を描くような感覚で塗っていきます。 1影の形取りができたら、1影レイヤーの不透明度保護にチェックを入れて、さらに濃い色を入れることで宝石のようなリッチ感を引き出します。 「グラデーション」で瞳全体の色を馴染ませる 先ほど塗った1影レイヤーの下に新規レイヤー(グラデーションレイヤー)を作り、1影の色よりもやや明るくコントラストの高い色を選択し、上から下にかけてエアブラシでグラデーションをかけます。 また、グラデーションの色を選択する際は 色相も若干変更するとより鮮やかに仕上がります。 「光」で瞳の発光感を出す 1影レイヤーの下でグラデーションレイヤーの上に新規レイヤーを挟み、比較的輪郭の柔らかいブラシで楕円を描きます。 光レイヤーは一色でも構いませんが、縁に選択した色よりも濃くコントラストの高い色を挟むことで発光感を出します。 「虹彩+瞳孔」で可愛らしい印象を作る 1影よりも上にレイヤー(彩虹レイヤーと瞳孔レイヤー)を作り、虹彩と瞳孔を描いていきます。 虹彩の色は1影と馴染むように1影からスポイトで色を取ります。 虹彩とは瞳孔の周りにある円盤状の膜で、今回はソレをデフォルメ化した物を軽く描き込んでいきます。 瞳孔に明るい色を置くことで、 ファンタジーで可愛らしい印象を作っていきます。 「2光」で瞳の輝くを演出する 先ほど作った光レイヤーの色をスポイトで取り、虹彩の流れに沿うような形で光を追加していきます。 2光レイヤーにより瞳の輝きを演出するため瞳の色味や色彩のバランスを伺いながら2光の配置や量を調整しましょう。 その際 オーバーレイでこれまでの陰影や光のメリハリを潰してしまわないように不透明度を調整するなどして注意しましょう。 最期に 瞳線画の上にハイライトを 白色で描き込み、瞳の塗りは完了です。 「目の色トレスと白目の影」で印象をガラッと変える 瞳が塗り終わったら目の線画を馴染ませるために色トレスし、白目に影を置いていきます。 白目の影は瞳を際立たせる為にも瞳ほどしっかり塗らずエアブラシでぼんやりと色を付けましょう。

次の

透明感のある瞳の塗り方についてまとめてみました

目 塗り方

目を塗るために知っておきたいレイヤー構成 今回ご紹介する瞳の塗りのレイヤー構成は、下から 1. ベースカラー 2. グラデ 3. 光 4. 1影 5. 虹彩 6. 瞳孔 7. 2光 8. 照り返し 9. オーバーレイ 10. ハイライト を基本構成として塗っていきます。 複雑そうに見えますが、 塗る範囲は少しなので順々に追っていけばすぐにできます。 目の塗りは 目の潤みや 透明感などを 表現する為、 レイヤー効果を適切に使い分けてキラキラとした魅力的な仕上がりになるように 意識していきましょう。 「1影」はベースカラーより暗めの色で まずはベースカラーと瞳孔を塗ります。 そして目全体を形作る1影を塗っていきます。 目の1影の色を選ぶ際は髪や肌、服などの影を塗るときとは違いベースカラーよりもかなり暗い色を選びましょう。 瞳孔に近い色のイメージです。 その方が瞳に灯る光を寄り際立たせ、瞳の奥に深みを出せるからです。 瞳の輪郭を太くなぞり瞳孔に色を置きます。 その後、 エアブラシや輪郭の柔らかいペンで瞳の上側を、弧を描くような感覚で塗っていきます。 1影の形取りができたら、1影レイヤーの不透明度保護にチェックを入れて、さらに濃い色を入れることで宝石のようなリッチ感を引き出します。 「グラデーション」で瞳全体の色を馴染ませる 先ほど塗った1影レイヤーの下に新規レイヤー(グラデーションレイヤー)を作り、1影の色よりもやや明るくコントラストの高い色を選択し、上から下にかけてエアブラシでグラデーションをかけます。 また、グラデーションの色を選択する際は 色相も若干変更するとより鮮やかに仕上がります。 「光」で瞳の発光感を出す 1影レイヤーの下でグラデーションレイヤーの上に新規レイヤーを挟み、比較的輪郭の柔らかいブラシで楕円を描きます。 光レイヤーは一色でも構いませんが、縁に選択した色よりも濃くコントラストの高い色を挟むことで発光感を出します。 「虹彩+瞳孔」で可愛らしい印象を作る 1影よりも上にレイヤー(彩虹レイヤーと瞳孔レイヤー)を作り、虹彩と瞳孔を描いていきます。 虹彩の色は1影と馴染むように1影からスポイトで色を取ります。 虹彩とは瞳孔の周りにある円盤状の膜で、今回はソレをデフォルメ化した物を軽く描き込んでいきます。 瞳孔に明るい色を置くことで、 ファンタジーで可愛らしい印象を作っていきます。 「2光」で瞳の輝くを演出する 先ほど作った光レイヤーの色をスポイトで取り、虹彩の流れに沿うような形で光を追加していきます。 2光レイヤーにより瞳の輝きを演出するため瞳の色味や色彩のバランスを伺いながら2光の配置や量を調整しましょう。 その際 オーバーレイでこれまでの陰影や光のメリハリを潰してしまわないように不透明度を調整するなどして注意しましょう。 最期に 瞳線画の上にハイライトを 白色で描き込み、瞳の塗りは完了です。 「目の色トレスと白目の影」で印象をガラッと変える 瞳が塗り終わったら目の線画を馴染ませるために色トレスし、白目に影を置いていきます。 白目の影は瞳を際立たせる為にも瞳ほどしっかり塗らずエアブラシでぼんやりと色を付けましょう。

次の