あれ 俺 また なんか やっ ちゃい まし た。 またオレ何かやっちゃいました?の元ネタ

主人公「俺またなんかやっちゃいました?」周り「すげぇ!お前最高だぜ!」周り「あんた何者よ!好き!抱いて!」←この周りの奴ら: みじかめっ!なんJ

あれ 俺 また なんか やっ ちゃい まし た

【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww 関連記事.

次の

またオレ何かやっちゃいました?とは (マタオレナニカヤッチャイマシタとは) [単語記事]

あれ 俺 また なんか やっ ちゃい まし た

避難所に向かうと其処にはネズミの頭骨を模した鉄製の仮面を付けた少女達が居た。 鉄鼠の群の医療班の団員達だ。 この世界では奇跡と称されてもおかしくないレベルの医療を行える彼女たちは面倒ごとを避けるためにフーから与えられた仮面で素顔を隠す。 もし奇跡を起こして、その上見目麗しいなんてなればものすっごく面倒なことになるのだ。 例えば、宗教国が存在するのに教会所属でなくとも聖女扱いされたり…… 「聖女様、私の子供をお救いください!」 「私の夫を!聖女様!」 そう、丁度あんな感じに。 この世界に宗教は一つ。 故にシシリーも信仰する神は創神ではあるのだろうが、教会で修行を積んだ信徒でもない少女を聖女呼ばわり。 世が世なら魔女として処刑されそうな光景だ。 でも、この世界のトップはなぁ、と無能皇帝とタメ口を許す王族達を思い出すフー。 なんやかんやで大丈夫な気がする。 むしろ、聖女など不敬甚だしいと当然の反応をする者が酷い目に遭いそうだ。 「……やってることは同じ、むしろこっちの方が数もいて、治す速度も速いのに何でシシリーだけ?」 「そりゃ、動物の骨をもした仮面なんて不気味な集団より見目麗しい少女の方が同じ奇跡を使った場合安心感があるからね」 取り合えず、後は彼女にでも任せるか。 なんか大怪我を負った夫を救ってくれと頼まれ自分には無理だからと服を脱いで治癒魔法が付与された服を着せようとするシシリー。 それを止めるシン。 シンが代わりに治癒を開始した。 「お、お願い!お母さんを助けて!」 と、今度は少女が叫ぶ。 見れば先程の男より大きな怪我をした女性が運ばれてきた。 慌てて近づいたシンは、顔を歪める。 これは、助けられない。 シンの治癒は傷、欠損を認識し、身体の別の所から細胞を集めて来て一旦万能細胞化させ、その万能細胞が修復が必要な部分を復元し元の状態に戻すというものだ。 傷が大きすぎると、細胞が足りなくなる。 所々炭化した女性の生命活動を失わせない程度に傷を復元するというのは……いや、腕や足を完全に無くせばいけるか? 「………私が治してあげようか?」 「………え?」 と、意外なところから声がかかる。 フーだ。 母親に縋る少女に赤い瞳をじっと向ける。 「私なら治せるよ。 その人が、後遺症を残さないレベルでね」 「フー、あまり出来ないことを期待させるのは……」 取り合えずシンは虫……無視だ。 少女はなら、助けて!と叫ぶ。 「だけど代わりに、あなたの寿命をちょうだい?」 「じ、寿命?」 「そう。 まるで悪魔との契約のようだ。 しかし、少女は目を見開くもすぐにフーを真っ直ぐ見つめ返す。 「それでもいい、お母さんを治して!」 「わかった……」 寿命を移すなんて、何言ってんだ此奴、と言うような瞳を向けるシン。 寿命というのはそれこそ病気や事故なんかで変動するものだ。 それを移して治すなんて非科学的な、やはり自分が、と動こうとするがフーが少女と手を重ね女性に触れ治癒を始めてしまった。 ここで敢えて説明すると、フーとシンには治癒方法に違いがある。 シンは足りない細胞を万能化して移すのに対し、フーは 増 ・ や ・ さ ・ せ ・ て ・ 傷を塞ぐ。 万能細胞というのは確かに存在する。 未分化細胞と呼ばれるまだなんの細胞になるか決まっていない細胞だ。 既に何処の細胞か決まった細胞をこれに戻し、克つ移動させるというのは無駄が多い、とフーは判断。 もともとそういう細胞があるのだから作れないことはないがそれよりも治癒の速度を優先したフーが考案した治癒魔法は細胞分裂。 人間、実は一日に数千の癌細胞を作っている。 癌細胞とは無限に増殖できる細胞だ。 細かいことを省くがテロメアというものが関係している。 だから正常細胞が分裂させればテロメアが減り細胞老化も速まる。 そして、細胞を増やすには栄養だって必要だ。 だから、少女から移植する。 少女の細胞がこの先使用したであろうテロメアを母親に移し、少女の取り込んだ栄養をその細胞に与え傷口を修復していく。 すぐに後遺症が残らないレベルに回復させた。 人間というのは細胞の入れ替わりが結構の頻度で起きている。 だから、分裂回数だって相当多い。 それでも、数年分は消費しただろう。 おまけに栄養も使い切ったはずだ。 そんな少女に白く濁ったドロリとした液体の詰まった瓶を渡す。 「今は胃とかも正常に機能しないだろうから、これで栄養を戻しなね」 「あ、はい……あの、ありがとうございます」 「対価をきっちり払ったからね。 私は傭兵だよ?対価さえもらえるなら、死にたてでも蘇らせるさ」 それに、母親のために己の寿命を即座に差し出すその姿には好感を覚える。 少女の頭を撫で立ち上がるフー。 鉄鼠の群はすぐに続く。 「対価、か。 そんなものを求めなければお前は人を救えんのか?少しはシンを見習ったらどうだ」 「無償の助けは人を堕落させるって言うのが私の考えですからねぇ。 ほら、お金をもらってないからなんの責任もなく日常を謳歌して遅れてやってくる英雄より税金で働く在住した兵達の方が、国民を救えるはずでしょ?」 「魔人相手に普通の兵が役に立つものか」 「そんなことありませんよ。 少なくとも、ルキアをやる気にさせましたし、被害がここまでで済んだのは兵士達が戦うことを選んだからだ。 では、私はこれからスイード王と話があるので」 「奇遇だな、私もだ」 「おお、フー殿。 此度の件、本当に世話になった。 事前に借り受けていた緊急依頼の連絡装置が無ければ今頃この国は灰燼に帰していた。 アウグスト殿下も駆けつけてくれて感謝する」 「魔人は世界の驚異です。 この世界に住む者として当然のことをしたまでのこと」 「お気になさらず。 我々は武力を売り物とする無頼漢なれば、報酬分の働きをするのは当然のこと」 スイード王の言葉に返答するアウグストとフー。 フーの言葉に、アウグストはフーを睨む。 「スイード王よ、あなたの依頼内容は魔人の殲滅でしょう?ならば、このような火事場に水を持って金を払えと申す者に払う金など必要ない。 我々がきた時に魔人が残っていた時点で彼等は任務を遂行していないのだから」 「なるほど。 公明な頭脳を持つと各国で名高きアウグスト殿下に言われれば、私も引き下がるしかありませんね。 私は陛下の判断に従いましょう」 アウグストの言葉にフーは目を細め、しかし恭しく切り出す。 そうなればその噂を各国にばらまいてこの国の信用を地に落としてやるが、返答やいかに? 「いや、そのようなことは……もとより私は国民を救ってくれと頼んだ。 そして、貴殿等は誰よりも速く駆けつけてくれた。 国民や、兵士達からも剣を噛み砕くネズミのエンブレムを背負った者達に救われたと報告を受けている。 私の元に一度使者も来た。 その後、アルティメット・マジシャンズがやってくるまでの間、かなりの時間があった。 その間にどれだけの命が救われたか………報酬は、きっちりと払おう。 ただ、その………」 「復興に回さねばならぬ費用、ですね?」 満足げな笑みを浮かべるフーにうむ、と頷くスイード王。 魔人達に壊された建物を修繕しなくてはならないし、そのためには材料、人件費、住居が破壊された者達の為の居住区、配膳と金がかかるのだ。 特にある一角がとんでもないらしい。 路面も建物も高位の魔法使いが爆発魔法を何度も使ったかのような有り様になっているのだとか。 シンがあ、と反応するのが見えた。 「魔人というのは、改めて恐ろしいと感じたな」 「まあ倒せば歴史に名を残せるような化け物ですかね。 なにより、人間の居住区で加減をする、なんて価値観を持たず力を振るい続けるのですからね」 ああ、何とも恐ろしい、とスイード王とともに肩を震わせるフー。 金を払えず申し訳無さそうなスイード王にフーは提案する。 「では分割で如何でしょう?」 「分割?」 「数回に分けて払う、ということですよ。 月この程度に………」 「む、これなら……いや、しかしそれだと復興に回す金が」 「実を言いますと我々、そろそろ建築技術なども売り出そうとしておりまして。 派遣する団員に住居、食材を提供してくださりその手腕を各国に宣伝してくださるのであれば建築費用をこのぐらいに」 「おお、これなら余裕もできる」 「国民の血税を、傭兵に払うつもりか?」 と、不機嫌そうなアウグスト。 彼はいずれ王になる。 国の上に立つ。 国民から税を貰い、その金で国を豊かにする。 自分たちの分の金はその事業で使った残りを何かが起きた時のために貯めておく分と軍の分を引いて、その残りの金で良いと考えている。 故に、傭兵などという国の部外者に国を豊かにして欲しい、軍に守って欲しいと払った税金を使うのが許せないようだ。 「その国民を守ってくれたのだからな。 当然であろう?」 「スイード王、余裕ができると言っていましたが、ならば此方も買いませんか?」 押し黙るアウグストを無視してフーはステッキを取り出す。 「これは?」 「団員の報告によると一部の魔人がこの魔道具を使い、倒し難くなったと聞きまして」 そういってフーは元々スイード王国にあった防御用魔道具を取り出す。 シンとアウグストが反応した。 「此方を買いませんか?これはブレスレットとセットになっていて。 私、また何かやっちゃいましたぁ?」 「取り合えずこれで数ヶ月は定期的な収入が入るね」 拠点に戻りコキッと首をならすフー。 スイードとは分割払い及び復興の建築費を貰えることとなった。 「数ヶ月どころか今回の件を聞けば各国から魔人討伐の要請が来るかも……」 「いやぁ、それは無いでしょ」 リンの言葉をあっさり否定するフー。 各国からの依頼。 それはあるだろう。 しかし魔人討伐は無いはずだ。 世界の危機に金で動く傭兵を頼るなど心証がよろしくない。 その点で言えばスイード王だって、本来ならフー達に頼るのは悪手の筈だ。 それでも国民の命を優先した。 が、緊急時でもないのにそんなことは何度も起きたりはしないだろう。 せいぜい護衛に雇われる程度の筈だ。 「まあスイード王に魔王シュトロームの恐ろしさを各国に伝えるように言ったし、私の義理はその程度で良いでしょ」 「魔王?」 「だってシュトロームって魔人や魔物の王でしょ?だから魔王」 シュトロームの現在世界に対する認識は帝国を滅ぼした魔人の首魁。 それだけで恐ろしそうだが、下級魔人達が弱すぎる。 それが問題だ。 聞けば彼等の所謂残される者は同じような連中だけらしいので安心して死後を貶められる。 その上で言うと下級魔人は雑魚だ。 それこそ平団員で互角、平団員より強いアルティメット・マジシャンズでも倒せるほどに。 しかしアルティメット・マジシャンズは成人したばかりの子供で、しかも血反吐吐くような努力とは無縁の坊ちゃん嬢ちゃんの集まり。 そんな奴等が何度も魔人を倒したから、世界はこう思う。 「魔人は実は大したこと無い」と。 そうして叙勲目当てに先走る者が出るかもしれない。 そうならないようにオリバー・シュトロームはシン・ウォルフォードでも勝てないという事実を世界に認知して貰おうと思ったのだ。 「………まあ、あんま意味ない気がするけど」 アールスハイド王家がなにやらシン・ウォルフォードの書籍化を企んでいるという情報が入っている。 世界を安心させるため、と嘘がこれでもかと書かれることだろう。 「鉄鼠とウォルフォードはどうだった、ローレンス」 ゼストの言葉にローレンスは肩をすくめる。 「鉄鼠は相手したくありませんね。 団長を含めた3人はまず勝ち目が見えません。 ウォルフォードは、まあ俺達なら相手できると思います。 けど、取り巻きというか仲間というか………ある、あるてぃ………アルマジとかいう連中と組まれると厄介ですね。 彼奴等は平民魔人よりは強いし、俺等の足元には及ぶかもしれません。 そいつ等がウォルフォードとの戦いを邪魔したなら………」 「ふむ、ウォルフォード自身は驚異にならないと?」 「魔人にでもなったら別ですがね。 元々倫理観が薄そうな奴でしたし、魔人になってそれが完全に取り払われて元々魔人に匹敵する力が強化されたとなれば俺達でもきついかと」 「ウォルフォードが魔人、か………一応は英雄ともてはやされる者。 そんな存在が魔人となれば、人類を揺するには十分か………」 ならばウォルフォードの心を揺するネタを探せ、ゼストは部下達にそう命じた。

次の

主人公「俺またなんかやっちゃいました?」周り「すげぇ!お前最高だぜ!」周り「あんた何者よ!好き!抱いて!」←この周りの奴ら: みじかめっ!なんJ

あれ 俺 また なんか やっ ちゃい まし た

【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww 関連記事.

次の