足 に 赤い ポツポツ。 【医師監修】足のぶつぶつをキレイに治したい!タイプ別に原因・治し方を紹介!

足の毛穴が赤い斑点のように!かゆいのは何故?治し方は?

足 に 赤い ポツポツ

ふくらはぎやすねに無数の赤い小さな斑点が・・・身に覚えがない赤い点の正体は鬱血性皮膚炎(うっけつせいひふえん)と呼ばれるもので、足のむくみから始まるといわれています。 かかりやすいのは女性で、妊娠中に発症するケースもあります。 また、立ち仕事が多い方や、高齢の方も下半身への血流が悪くなりやすいため、注意が必要です。 ふくらはぎやすねの血管が大きく浮き出たり、コブのような膨らみがある場合は要注意! 脚の血液がうまく循環せず溜まってしまう、下肢静脈流(かしじょうみゃくりゅう)という疾患にかかっている可能性があります。 この疾患は鬱血性皮膚炎を同時に起こしやすく、また重症化しやすいため、早めの処置が必要です。 むくみの症状自体は、健康な人でも普通に出てくるもの。 ですが、はじめは翌日には取れていたはずのむくみが、二日、三日と長く続くようになり、ひざ下のテカリとともに、赤茶色の斑点が出てきたら鬱血性皮膚炎と見て間違いありません。 すぐに皮膚科で診断を受けましょう。 そのまま放置してしまうと、斑点部分が湿疹になり、ちょっとしたことでジュクジュクと膿んだような状態になります。 さらに症状が進むと肌全体が赤黒くなり、湿疹部分が潰瘍化。 最悪骨が見えてしまう、というケースもあります。 湿疹や、潰瘍ができた場合にはすぐ皮膚科へ 症状にあわせ、塗り薬や投薬での治療や、特殊な包帯を用いてデリケートな湿疹部分を保護します。 消毒薬や、ちょっとした保湿剤などの使用は湿疹を悪化させることが多いので、厳禁です。 糖尿病や腎臓病が原因で血行不良やむくみが続き、鬱血性皮膚炎を引き起こしていたというケースもあります。 気になる症状が出てきたら、できる限り早く皮膚科か、総合病院を受診しましょう。 血行不良から皮膚症状が進行して行くうっ血性皮膚炎 下肢の血液循環悪化に伴って見られる皮膚炎に、うっ血性皮膚炎という疾患があります。 このうっ血性皮膚炎は、頻繁に耳にするような皮膚炎ではありませんが、むくみなど足の血行不良を起こしやすい人は、発症する可能性が高い疾患です。 皮膚炎が起こる場所 うっ血性皮膚炎は血行障害によって生じるものですから、うっ血性皮膚炎に先行、あるいは並行して、足、特に膝から下の部分のむくみがひどくなります。 通常、一時的なむくみであれば、姿勢を変えたりマッサージをすることによって解消されますが、慢性的なむくみになると、皮膚が通常の状態よりも膨らんだ状態、つまりうっ血した状態になります。 皮膚症状が出てくるのは、最も典型的な場所では足首の近くにあらわれます。 最初に まず見られる症状としては、皮膚の赤みです。 これはうっ血していることによってそう見えるもので、この状態では軽微なかゆみを感じることもありますし、かゆみ症状を感じない場合もあります。 このとき足の血流は障害されていますから、肌の健康にもトラブルが生じます。 肌がカサカサしたり、うろこのようにかたくなったり、つやつやした皮膚になったりします。 次第に 最初の症状から数週間から数か月すると、症状が出ていた部分の皮膚が暗い茶色や赤黒い色に色素沈着します。 この状態になると皮膚が炎症を起こしていますので、強いかゆみを伴う湿疹ができたり、ただれたりします。 また、うっ血している皮膚は、トラブルを起こしやすく傷つきやすい状態になっていますので、湿疹が生じている部分がちょっとした刺激で出血したり、体液が漏れ出すことによって、ジュクジュクした状態になることがあります。 さらに皮膚が悪くなると、潰瘍を起こして痛みを伴う状態に進行することもあります。 うっ血性皮膚炎は進行していく疾患ですから、早い段階で治療を開始しましょう。 妊婦さんもかかりやすい!血流障害によって足がうっ血して起こる「うっ血性皮膚炎」 仕事で長時間立っていたりすると、朝に比べて足がむくんでいることが多くないでしょうか。 朝はすんなり足が入ったブーツが、夜脱いだらもう一度履くことができなかった、ということもあるかもしれません。 手足の末端が常に冷えているということも、女性に多いですよね。 むくみや、冷えはうっ血が原因ともされています。 そのうっ血によって起こる皮膚炎が「うっ血性皮膚炎」です。 うっ血して湿疹がでてくる「うっ血性皮膚炎」 うっ血性皮膚炎は、静脈や毛細血管の血流は滞り、悪くなってしまうことから、その一片がうっ血し、湿疹が出やすくなることが原因とされています。 主に足関節に症状があらわれることが多く、まれに足関節より上の部分にもできることがあります。 初期症状としては皮膚が赤みを帯びて、皮膚が少し膨らんだ状況になります。 これをうっ血といいます。 うっ血に伴い、かゆみを伴うことも多いようです。 だんだんと患部が褐色になり、強いかゆみを伴うようになっていきます。 立ち仕事の人は要注意! 立ち仕事をしている人は、重力の関係もあり、どうしても足がむくみやすくなってしまいます。 足から心臓までの遠い距離、血液を静脈で送る役割をふくらはぎが担っています。 その足のむくみで血流が悪くなり、うっ血する可能性が高いのです。 妊婦さんもかかりやすい! 妊娠がきっかけで、うっ血性皮膚炎になることもあります。 一般的には全体の10~15%とされています。 原因としては、 ・子宮が大きくなり、骨盤内の静脈を圧迫するため下肢の静脈の流れが悪くなる ・女性ホルモンの影響により血管が拡張しやすくなる これらのことがあげられます。 第2子、第3子と出産回数が増えるにつれて発生する率も上がるようです。 うっ血性皮膚炎は長期化すると色素沈着してしまったりすることがありますので、早めに受診し、医師の指示のもと、治療を行うようにしてください。 気付きにくいうっ血性皮膚炎!放っておくと深刻に… うっ血性皮膚炎の皮膚症状は、足に症状が出る皮膚疾患です。 しかし皮膚疾患だからと言って、皮膚の症状だけに注目していては、この疾患の根本的な原因は解消できません。 足首に出やすい疾患ということで、最初の症状を見逃しやすいということが言えます。 実際、自分の生活を振り返ってみて、足の皮膚に目を向けることがどれくらいあるでしょうか。 じっくりと足の皮膚表面を観察する機会というのは、自分から作らないとなかなかないのではないでしょうか。 うっ血性皮膚炎では、最初はむくみ症状や皮膚の赤みなどの症状が見られます。 しかし、その症状が足首の周辺に出るということで見逃しやすいのです。 こうなると皮膚の機能が低下していますので、様々なトラブルが起きやすい状態になっています。 そのため、赤みやかゆみの他にも湿疹や湿潤、びらん、潰瘍といった分かりやすい症状が見られるようになってきます。 この状態になっても疾患を放っておくと、症状を繰り返すことによって色素沈着が進み、肌自体が黒っぽく変色していってしまいます。 また、傷から潰瘍などに発展してしまうと、それが重症化して骨が見えるまで深刻なものに進展してしまう可能性があります。 気づきにくいものだからこそ、発症の可能性がある人は普段から初期症状に気をつけましょう。 そしてちょっとした異変を感じ取ることができたら、早めに処置をしなければ重篤な症状になってしまう可能性があるのです。 静脈瘤・むくみ…うっ血性皮膚炎の原因 皮膚のトラブルが生じたときにそれを解消しようとすると、塗り薬などの対処法を想像すると思います。 しかし、皮膚症状の原因はもしかしたら血流が原因になっているかもしれません。 うっ血性皮膚炎とは? うっ血性皮膚炎というのは、うっ血という部分が原因となって皮膚炎と言った症状が見られるようになる疾患です。 自分が直接見ることができるのは皮膚炎という症状だけで、原因の部分は目に見えませんが、原因の部分を考えることがとても大切です。 原因となる静脈瘤 静脈瘤とは足の表面にある静脈 表在静脈 が拡張し、蛇行するなどして浮き出て見えるような状態になる疾患です。 あるいは、静脈の血管内に備わっている血流の逆流を防ぐための弁が壊れてしまうなどの原因でも起こります。 拡張や蛇行、弁が壊れてしまうといったことは先天的に起こる場合もありますが、最も多く見られるのは、弁の機能不全による一次性の静脈瘤です。 これによって足の血流が滞り、うっ血性皮膚炎の原因になります。 原因となる浮腫 うっ血性皮膚炎は浮腫つまり、むくみを生じる人にも起こりやすい疾患です。 むくみは、筋肉量や身体活動によって足から心臓に戻ってくる血液の流れが滞ることによっておこるものです。 静脈瘤のように、血管自体に何か問題があるわけではありませんが、結果としては静脈瘤と同じく血流が滞ります。 誰でもむくみを引き起こす可能性はありますし、体の動かし方によってむくみを生じることもあります。 そうした軽いむくみであればあまり問題にはなりません。 うっ血性皮膚炎につながるむくみになるには、長期間の慢性的なむくみであることが必要になるようです。 血流障害は、思っている以上に深刻な症状を引き起こすことがあります。 原因となる静脈瘤や浮腫を、早い段階で解消することが大切です。 「うっ血性皮膚炎」を予防するにはふくらはぎがキーワード 足の血流が悪くなることは、日常生活の中でもよくあることです。 足の血流が悪くなると様々なトラブルが生じますが、その症状が皮膚に出てくるのがうっ血性皮膚炎です。 うっ血性皮膚炎が生じると、足の皮膚に様々なトラブルが生じるようになってきます。 これは足の血流障害が原因になって起きるものですから、足の血流障害を予防することが、うっ血性皮膚炎の予防になります。 ふくらはぎの筋肉を鍛える 足先から心臓に帰ってくる血液は、ふくらはぎの筋肉が動くことによって血流が促進されます。 そのためふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)という筋肉の量が少なかったり、筋力が足りなかったりすると、十分に血流を促す効果が得られません。 筋肉量の少ない女性や、年配の方は注意が必要です。 ふくらはぎの筋肉を使う 鍛えるということ以外に、日常的にふくらはぎの筋肉を使っていあげることも重要です。 積極的にふくらはぎをトレーニングするのでもよいですが、生活の中の身体活動で極力ふくらはぎの筋肉を使うようにするのがよいでしょう。 特に歩くときに意識してふくらはぎを使うようにしましょう。 ハイヒールなどの靴は避け、スニーカーなどの靴をはき、かかとから着地して親指を使って地面をけり出すようにします。 長時間ふくらはぎを動かさないことを避ける 立ちっぱなし、座りっぱなしの状態では筋肉が動かないままになってしまい、緊張して固くなってしまいます。 仕事柄ふくらはぎの筋肉を動かすことがあまりないという場合でも、足首をまわしたりすることでふくらはぎの筋肉を動かすことができますので、意識して動かすようにしましょう。 特に筋肉量の少ない方や、高齢の方はふくらはぎに意識を向けてあげるだけで、うっ血性皮膚炎の予防につながります。 (Photo by:).

次の

赤い湿疹とかゆみ

足 に 赤い ポツポツ

私自身もそういえば出た時があったなと思うくらいで、いつも知らない間に消えていたので特に深く考えたことはなかったのですが、どうやら皮膚病だと断定するのは危険なようです。 痒みがある場合は、湿疹や虫刺されなどが考えられますが、痒みのない赤い斑点は血液や内臓などの内科的疾患が原因であることが多いようです。 症状が出る世代も様々で、子供から大人まで幅広く発症します。 赤い斑点がでる症状から考えられる病気もいくつかあり、病気によっては赤い斑点の他に、足の痛みや腹痛などの症状が伴うこともあるようです。 では、どのような病気があるのか、またその原因など詳しく探っていくとします。 スポンサードリンク 足に赤い斑点で内出血してるみたいな感じ 赤い斑点の正体は血液中の赤血球によるもので、血管が何らかの原因で破れたことにより内出血をしたと考えられます。 例えば考えられる病気の一つに、うっ血性皮膚炎というものがあります。 赤い斑点、内出血の症状に加えてむくみがでる事も特徴です。 血行不良が原因で発症する病気ですので、立ち仕事の多い方や下半身の血の巡りが悪くなる妊婦や高齢者によくみられます。 症状を改善するには、第一に血の巡りを良くすることです。 足を高くして寝たり、むくみをとる靴下を履いたり、マッサージをしたりと色々工夫してみてください。 そして、2. 3日経っても症状がよくならない場合は必ず病院へ行ってください。 放置して悪化してしまうと他の合併症を起こしかねません。 足の赤い斑点があっても痒くない場合 先ほど挙げた病気以外に、紫斑病の可能性があり、様々な種類があります。 一つ目に、単純性紫斑症というものがあります。 紫斑症は赤い斑点が足だけではなく手などの他の場所にも出てくることがありますが、この病気は特に足に発症することが特徴です。 痒みや痛みなどの症状がなく、また20代から30代と比較的多忙な年齢層の女性によく見られるので、症状が出ても放置しがちになってしまいます。 赤い斑点以外の症状はありませんが、内出血を起こしていたり、あまりに症状が治らない場合は受診しましょう。 血管を強くする為に、ビタミンCを含む飲み薬を処方されることもあるようですが、食生活においても積極的にビタミンCを多く含む野菜や果物を摂りましょう。 スポンサードリンク 食事改善とともにサプリメントを並行して摂ることもお勧めです。 二つ目は、アレルギー性紫斑症です。 先ほどの単純性のものとは違い、赤い斑点以外にも腹痛や足の痛みなどの症状があります。 また、その他に違う点として、この病気になるのは比較的子供が多いようです。 原因は現在解明されておりませんが、感染症により免疫機能がコントロール出来ない状態になっているのではという説があります。 いずれにしても、赤い斑点の他にも症状がある場合はすぐに小児科へ受診してください。 足の赤い斑点は病気なの? 冒頭でも書きましたが、思い当たる節がない赤い斑点については何らかの病気になっていると考えていいでしょう。 2週間ほどで自然治癒している時や、度々繰り返して症状が出てしまう時など、その程度は様々ですがやはり不安であればまずは皮膚科へかかってください。 医者の判断で必要であれば、内科受診を勧められると思います。 紫斑症の話をいくつか挙げましたが、この病気には難病指定にされているものもあります。 特発性血小板減少性紫斑病、といって、出血を止める働きをする血小板が減少することにより、出血しやすくなる病気です。 はっきりとした原因は今のところ不明のようです。 急性型は子供にみられることが多いようですが、慢性型でも子供から大人まで発症することがあります。 急性はほとんどが自然治癒するようですが、慢性の場合は治療が長期的なものになり、常に身体管理の必要な病気です。 いずれにしても、直接的に命に関わるような病気ではありませんが、きちんとした診察や治療が必要な病気なので、疑わしい時は必ず受診してください。 まとめ 痒みのない赤い斑点、という症状だけでも色々な病気があることがわかりましたがいかがでしたでしょうか? 正直この赤い斑点のことで深刻になったことがありませんでしたので驚きました。 病気の可能性は誰にでもあるのだと痛感し、日頃の健康に感謝しなければなりませんね。 特に紫斑症に関しては、難病という言葉まで出てきたので少し脅かすような形になってしまいましたが、病名がわかると、病気の戦い方、克服の仕方、付き合い方がわかると思うので、やはり心配事がある場合は病院へ行くのが一番です。 何度も重ねて言いますが、安易に自己判断はせずに何日経っても症状がある場合や、身体の痛みが出るなどの違う症状が表れた時にはすぐに病院へ行きましょう。

次の

足に赤い湿疹、赤血球漏れる慢性色素性紫斑 再発が不安:朝日新聞デジタル

足 に 赤い ポツポツ

足の毛穴が赤い斑点のように! 夏になるとさぼれないムダ毛の処理! 暑くなってくると、 短い丈のスカートやズボンをはくと気になるのが 足のムダ毛ですよね・・・ 気にしすぎて毎日剃っていたら 気が付いたら足の毛穴が赤くなって斑点のように! なんとかしたいです・・・ せっかく、足をきれいにしたくて ムダ毛のお手入れを頑張っていても、 赤い斑点が目立つようでは 元も子もなくなってしまいますよね・・・ では、夏に向けてムダ毛もなく、 赤い斑点もなくキレイな足にするには どうしたらいいのでしょうか? それに、赤くなった毛穴が かゆくなって困ることもあります。 どうして、かゆくなるのでしょうか? スポンサーリンク 足の毛穴が赤いし、かゆい! どうして? 足の毛穴の赤くなって、かゆくなる、 主な原因は2つあります。 1つはカミソリでの自己処理です。 自己処理をする場合、 カミソリを使うことが多いのではないでしょうか? カミソリを使用することで、 皮膚の表面に細かい傷がつき、、 そこから細菌が侵入して炎症を起こすと、 赤い斑点のようになり、かゆくなります。 また、カミソリを使用するときは、 1回だけでなく何度も往復させて 深剃りや逆剃りをしがちです。 でも、これをあまりやってしまうと ムダ毛だけでなく、皮膚の角質層まで 傷つけてしまいます。 その結果、皮膚の保湿を保つことが難しくなり、 肌が乾燥しやすくなります。 乾燥は、皮膚には大敵なんです。 2つ目の原因は、この乾燥です。 足は、乾燥しやすく、 乾燥は皮膚の炎症に繋がるため、 赤い斑点が発生する原因になります。 これを防ぐためには 処理の後に保湿クリームを塗ることが大切です。 乾燥していると思ったときは、 保湿クリームの前に化粧水で潤いを与えてください。 ヒリヒリするなどのトラブルが特になければ、 化粧水は手持ちのもので大丈夫です。 敏感肌の人は、低刺激なベビーローションがおすすめです。 足の毛穴専用の保湿ローションもありますよ。 カミソリ負けしてしまって、ヒリヒリしたり、 赤くなってしまっているようなときは、 白色ワセリンを塗ってみてください。 カミソリを使うときに、 意外と気を付けないといけないのが 「カミソリを清潔にする」ということです。 雑菌だらけのカミソリで処理をすると 赤い斑点の原因になります。 カミソリを毎回きちんと洗っておくのはもちろんですが、 こまめにカミソリの刃を変えることも大切です。 2週間をめどに変えると カミソリを清潔に保てます。 ただ、せっかくキレイなカミソリにしても、 お風呂場に濡らしたまま放置してしまうと、 湿度が高いので雑菌が繁殖しやすく、 カミソリがダメになってしまいます。 乾燥した場所で、しっかりとキャップをして、 保管するようにしましょう! 足の毛穴の赤い斑点対策は、 ・カミソリを清潔に保つ! 品質の良いものを選んで、 切れ味が悪くなったら交換して下さい。 ・足の乾燥を防ぐ! お風呂など、肌が潤う環境で ムダ毛を処理することがポイントです。 または、シュービングクリームやジェルを 塗るのがおすすめです。 処理後は保湿を心がけましょう。 ・体調管理に気をつける! 生理の時や体調が優れないようなときは、 肌が敏感になるので、 ムダ毛の処理は控えた方が良いでしょう。 このようなことに気を付けて、 キレイな足を目指しましょう! 足の毛穴が赤い 治し方は? では、すでに毛穴が赤くなってしまっている場合、 どうしたら良いのでしょうか? また、赤くならないように気をつけていても、 なってしまうこともありますよね。 そんなときは、皮膚科や美容外科に行くと お薬をもらえたり、処置をしてもらえますが、 忙しくて病院に行く時間がない! という方も多いと思います。 できれば、手軽に治したいですよね。 そこで、病院に行かずに対処する場合は、 次のことを試してみてください。 まず、予防のときと同じように、 足の乾燥を防ぎます。 かゆみも出て、赤い斑点が目立つ場合には、 お風呂上りには必ず、ベビーローションなどの 低刺激な化粧水や保湿クリーム、 またはオイルを塗って入念にケアをします。 オイルは、刺激の少ないホホバオイルや 馬油がおすすめです。 これらでも、しみてヒリヒリするようなときは、 白色ワセリンを使ってみてください。 そして、お風呂上り以外でも、 日中少し足がかゆいと感じたら 保湿できるクリームを塗りましょう。 また、赤い斑点ができている場合は ぜったいにかいてはいけません! かゆいからといって、かいてしまうと 肌を傷つけて炎症がひどくなり 治りが遅くなったり、 斑点が増えてしまう危険があります! 保湿をしても、かくのをやめても いつまでたっても治らない、 とても痛いという場合は、 時間を作って、早めに病院に行きましょう。 おわりに これから、足を出す機会が増える季節になってきます。 できればキレイな足で、夏を楽しみたいですね。 今から、予防をしておけば、 夏になって足がブツブツ・・・ なんてことは避けられると思います。 現在、毛穴の斑点に悩んでいる方も しっかり、保湿をしてカミソリは清潔に保って 夏本番を迎えましょう!.

次の