れ いわ 何 月 から。 支払い調書は何月から何月まで?

紅葉は何月から おすすめなのは?

れ いわ 何 月 から

6月分の給与明細を受け取ったら、住民税の欄をよく見てみよう なぜ「入社2年目の6月」という中途半端な時期から住民税が差し引かれるようになるのでしょうか? そのわけを理解するにあたって、まずはの提出先について整理しておきましょう。 <目次>• 源泉徴収票は3つの提出先へ送られる 源泉徴収票はマイナンバーが導入された際に従来のA6サイズからA5サイズに変更となりました。 源泉徴収票のうち1通は、 給与所得者本人の手元にあります。 では残りの2ヵ所の提出先とはどこなのでしょうか? まず、 税務署に1枚提出されています(所得制限の条件もあり、提出義務のない人もいます)。 法定調書の合計表という書類に添付して事業主が取りまとめ、税務署に提出します。 要は「会社としてこういった人にこれだけの給与を支払っていますよ。 源泉徴収義務ももきちんと処理していますよ」ということを証明する書類なのです。 そしてもうひとつの提出先は、 給与所得者本人が給与支払いの翌年の1月1日現在に住んでいる各市区役所もしくは町村役場に提出されます。 名称は「源泉徴収票」ではなく「給与支払報告書」となりますが、まったく同じ内容のものが送付されています。 そしてこの市区町村に送られた源泉徴収票が、される資料になっています。 住民税は市区町村に届いた源泉徴収票をもとに計算される 例えば東京都渋谷区在住の人を10人雇っている会社があったとします。 その会社はその10人の給与支払報告書を総括表という書類に添付して、渋谷区役所に勤務した年の翌年1月末日までに送付しなければいけない決まりになっています。 これにもとづいて、給与所得者の場合、 支給年の翌年6月から1年間均等にして(端数調整はありますが)支給年の翌々年の5月まで給与から天引きされ、住民税の徴収が行われるというのが原則です。 前年の所得の状況に応じて翌年課税が住民税の基本<筆者作成イメージ図> 退職して給与天引きできなくなった住民税はどうなる? 例外もあります。 例えば、去年は働いていたが、今年3月に退職してしまった人などの場合です。 会社を辞めたからといって、住民税を納める必要がなくなるわけではないのです。 【参考】 住民税の原則は前年課税 ここまでの説明で一貫しているのは、「所得のあった翌年に、所得があった年を基準として住民税が課せられている」ということです。 昨年は何とか収入があったからやりくりできていたものの、現在は無収入。 通知された住民税をどうしようと困っている方も多いとは思いますが、仕組みとして「住民税は前年課税」ということを覚えておいてください。 【参考】 前年の所得がベースになるのは、住民税だけではない ちなみに、退職者でお勤め時代に社会保険へ加入していた方については、 国民健康保険も前年の所得の状況や納めるべき住民税をベースに算定されます(所得の状況や納めるべき住民税のどちらを基準にするかは市区町村によって異なります)。 このような場合、住民税と国民健康保険料のダブルパンチになる方も多いのではないでしょうか。 転職活動期間・再就職活動期間が長引きそうなら、こういった負担が発生することも頭に入れておくことをおすすめします。 【関連記事】•

次の

春夏秋冬。それぞれ季節は何月から何月までか教えて下さい。

れ いわ 何 月 から

旧暦を使用していた時代には1月から12月は別の名前で呼ばれていました。 名前を聞いただけでどんな季節なのか想像できるものもあれば、意味や由来を知らなければ想像ができないものもありますし、漢字が難しくて読めない・書けないものもあります。 ちょっと難しい漢字の 「皐月」とは、何月のことなのかご存知ですか? 今回は「皐月」について調べてみましょう! 皐月って何月?読み方は? 皐月は「5月」のことです。 読み方は「さつき」です。 もともと皐月は旧暦の5月を指す言葉でした。 現在は旧暦5月=新暦5月と考え、皐月を新暦の5月の別名(異名・異称)として使用しています。 しかし、旧暦は太陰太陽暦という暦を使用していたため、単純に新暦(太陽暦)に当てはまるわけではありません。 旧暦の5月を新暦に換算しますと5月下旬から7月上旬ごろに当たり、一ヶ月ほどズレが生じてしまいます。 皐月の意味と由来、語源とは? 旧暦5月は田植えの時期で、「早苗月(さなえづき)」が略されて「早月」になったという説があります。 「早月」も「さつき」と読み、5月の異名のひとつなのですが、 「皐」という字には「神に捧げる稲」という意味があるため「皐月」となったそうです。 苗床 稲の苗は、田植えができる大きさになるまで苗床で育ててから田んぼに植えかえるのですが、この、田んぼに植えかえるころの苗のことを「早苗(さなえ)」といいます。 「早」には若々しい、早いなどの意味があります。 また、「さ」というひらがな一文字で、田植えや農作の意味があり、「早苗」の「早(さ)」の語源ともいわれています。 旧暦の季節の分け方は、1月・2月・3月が「春」、4月・5月・6月が「夏」、7月・8月・9月が「秋」、10月・11月・12月が「冬」ですので、5月は夏の真ん中の月にあたります。 旧暦5月は、梅雨の時期に当たり雨が多いです。 5月の異名、異称は田植えを意味するものがいくつもありますね。 私たちの食生活に欠かせないお米の苗を植えるというのは、今も昔も日本人にとって重要な農作業です。 神に捧げる稲という意味の「皐」という漢字をあてたのも、それだけ稲が重要なものだということなのかもしれません。 秋には収穫を迎える稲が、すくすく成長するように願いたくなる季節ですね。

次の

熱中症は何度(℃)以上から危険?毎年何月から何日間くらい続くの?暑さ指数WBGTを活用しよう

れ いわ 何 月 から

いえいえ、おそらく私がよくわかっていないのです。 ところで、今日会社にあらためて問い合わせると、やはり、すべての外注さんの分も支払ベースで調書を書いて、もう調書のほうは税務署に提出してしまったので、 やり直しは出来ないといわれました。 だから、11月20日締め分 支払は1月にずれこんだ)と、12月20日締め分 支払は1月31日)は、自分が送った請求書の控えと、振込みのあった銀行の通帳 のコピーを持って、源泉徴収されている事を税務署に自分で説明して、といわれました・・ とりあえず、明日税務署に行ってみて、頑張って説明してみます。 何度もお手数かけてすみませんでした。 支払調書が間に合わないとは、どういう意味でしょうか? あなたの確定申告に、支払調書を添付するのが、間に合わないということでしょうか。 あなたの確定申告は、3月15日までです。 やはり、先方から訂正したものを送って来るのを待ったほうがよろしいと思います。 投稿日時 - 2002-01-29 23:19:58 支払調書は、以前、あなたが税務署に相談したときの回答のように、1月から12月までに取引が発生したものについて、記載することになっています。 その会社では、勘違いしていると思われます。 従って、あなた自身の決算や確定申告は、支払調書に関係なく、正規の方法で計算して行うことになります。 なお、その支払調書は、当然税務署にも提出されて、あなたの申告内容と照合される場合も有ります。 その時に不一致が出てしまい、あらぬ疑惑を招いたり、不一致の原因を調べられたりすると面倒ですから、相手先に連絡して、訂正した貰ったほうがよろしいと思います。 1月末が提出期限ですから、早めに連絡しましょう。 投稿日時 - 2002-01-29 09:03:47.

次の