あっチャンネルたぬき。 話題の女性の構造設計系ユーチューバーたぬきさんにインタビューしました。

へんないきものチャンネルのたぬきさんの性別は?中の人や年収・書籍化についても調査|ユーペディア

あっチャンネルたぬき

哺乳綱ネコ目イヌ科タヌキ属、たぬき タヌキは家畜や養殖魚などが被害を受けるとして害獣指定とされている動物です。 イヌ科ではありますが、 種としては非常に臆病ゆえに凶暴で人に懐きにくく、ペットとして飼うのは不向きとされています。 性質は夜行性であり、食性は雑食。 冬に備えて秋口から脂肪を蓄えるためそれは旺盛に食べます。 なんでも好き嫌いせず食べるのは良いことですが、 人の農作物、養殖種までお構いなしに食べ荒らすので人にとっては迷惑な動物といえます。 近年では 豊富なゴミをえさとして認識し都心でも生活しているものもいます。 複数のタヌキが同じ場所をトイレとして利用する溜フンという習性があり、衛生上もよろしくなく、この二点が害獣指定を受ける最たる理由となります。 たぬきと鳥獣保護法 タヌキは害獣指定をうけている、と記述しましたが、 正しくは鳥獣保護法によって狩猟が認められている動物であることが定められています。 このため野生の成獣をそのまま飼育するというのは認可なくしてはできません。 実はタヌキを飼育するために国や自治体から発行される正式な「許可証」は存在しませんが、この鳥獣保護法のもと 狩猟解禁期間中に保護したタヌキに対し「生涯飼養許可」を申請し保護することは可能です。 狩猟解禁期間は本州であれば11月15日~2月15日、可猟地域は自治体に問い合わせれば教えてくれます。 ですが、 タヌキ自身が病気や要保護でなければ殆どが「放獣」もしくは「殺処分」のいずれかを選択するように言われ、「生涯飼養許可」が降りることは稀です。 野生でなければブリーダーやペットショップでの購入ならば可能かといえば、 国内に養狸場やブリーダーはほぼ存在しない、と言う記録しか探し出すことができません。 同じくペットショップでの販売に関しても販売実績が現存する記録は見当たりません。 本当に運よくめぐり合った要保護対象のタヌキでなければペットとして迎えるのは難しいということです。 人には懐くことがない理由 野生の成獣は人になれることがありません。 それこそ とても小さな幼獣から人に慣れさせ、親や目上として認識させ懐くか懐かないか、という動物です。 イヌ科だから、と安易に上下関係を覚えさせることが可能な動物として認識すると手を噛まれて大変なことになるので野生の成獣に軽はずみに手を出すのはやめたほうが懸命でしょう。 タヌキは臆病な性格ゆえ、躾の過程でしかったりなどして一度でも敵と認定されればそれを覆すことがありません。 犬猫であれば覚えることもその性格ゆえに相手を敵視し性格が攻撃的に転じるのです。 最初から攻撃的な性格だから、と言うわけではなく 臆病ゆえに自分を護るため攻撃性が強まってしまうのです。 運よくタヌキを飼育できたなら 幼獣から育て、こまめにお風呂に入れれば、高確率で人になれ、懐くこともあるでしょう。 ですが慣れるのは世話をしていた1名であったり、家人のみであるため他人との接触には十二分に注意が必要です。 もちろん固体固体の個性や性格も反映されますが、 生き物を育てきる以上の覚悟が必要となってくるのは明白です。 環境やご自分の生き物を育てるスキルなどとよくご相談の上、入手方法を検討してみてくださいね。

次の

世界一のたぬき

あっチャンネルたぬき

ぽんぽこチャンネル、というチャンネルがあって、それがとても好きでよく見ている。 ぽんぽこという名前のたぬきと、ピーナッツくんという名前のピーナッツがふたりで出演していて、リアルワールドではふたりはのに住んでいる兄と妹らしい。 はじめのころはたぬきバーガーを食べたり、猪を狩りに行ったりと、のなかでもかなり攻めた活動をしていたが、パーソナリティとしての人気が上がっていくにつれて、ゲーム実況だったり、友達のとコラボをしたりと、標準的な動画をあげるようにもなっていった。 キャリアが進むにつれて活動の中心が生放送に寄っていく配信者はとても多いが、ぽんぽこさんとピーナッツくんはずっと軸足を動画に置いていて、編集が入っていない状態の人間のを聞くのがあまり得意ではない人間にとっては非常にありがたいチャンネルである。 基本的にクリエイター気質で、なにをやる回でもそれなりの結果を出してくる兄のピーナッツくんと、基本的にはなんだけど愛敬と人格的な能力にあふれる妹のぽんぽこさんの絡みがとてもスムーズでほほえましい。 全人格的にキャターを、動画というメディアを通じて売り物にする、というコンテンツのありかたに、個人的になんとなく疑問を持っているところもあるのだけれど、ぽこピーの動画を楽しむべくその疑問をいったん保留してしまうくらいには良さを感じている。 とくに、まれに出てくるオフモードのお兄さんの破壊力はすごい。 こんな兄を持ちつつインターネットでタレント活動をしている妹というありかた、ありかたとして美しすぎる。 ひとつの金字塔となっているのがこの動画である。 を撮影モードでやっている最中に、ぽんぽこさんがいきなり、視聴者からの寄付金を使いこんでしまったというけっこうえぐめの嘘暴露をするという回で、コンセプトの時点ですでに面白いけれど、結果できあがったものもすごい。 すごいっていうか僕がオフモードのピーナッツくんさんを好きすぎるだけなのかもしれないが……。 今後もこのフォークなクリエイター兄妹の活動を応援しています。

次の

kemio

あっチャンネルたぬき

Contents• へんないきものチャンネルのたぬきさんときつねさんの性別や性格などについて さてさて、 へんないきものチャンネルとは、 ゆっくり解説系のYoutubeチャンネルで、その内容はというと、 主に不思議な生き物の解説と動物のトリビアです。 解説を聞く役。 ボケ担当キャラ。 きつねさんに弄られる。 尻尾の模様から「タヌキではなくアライグマではないか」という疑惑が浮上している。 食いしん坊でアホの娘。 ドット絵とは思えないぐらい雰囲気がとても好き。。。 解説役。 ツッコミ担当キャラ。 生物とそれに関連する事についてとても博識。 よくたぬきさんを弄る。 見た目で性別を判断してしまい大変失礼いたしました。 笑 へんないきものチャンネルの中の人はどんな人?声優? へんないきものチャンネルの 中の人気になりますよね!! そしてもっと気になるのはその 声!! 声優さんにしては 棒読み!?というか 機械音だしなぁ・・・。 さっそく見ていきましょうね!! 結論から言いますと、 へんないきものチャンネルを運営するのは 「ろう」さんで、 文系のマーケッターです。 声は 声優さんではありません。 少し説明が複雑になりますので、順を追って解説していきますね!! へんないきものチャンネルは先にも触れたように、 「ゆっくり実況」「ゆっくり茶番劇」などと言われる動画群です。 ここでもう少し詳しく解説してみましょう!! 「ゆっくり実況」「ゆっくり茶番劇」とは 同人ゲーム『東方Project』の霊夢と魔理沙を掛け合い用のキャラクターに立て、「棒読みちゃん」「SofTalk」などのAquesTalkを利用した音声合成ソフトを使ってしゃべらせた動画で、ニコニコ動画やYouTube上で無数に制作されています。 へんないきものチャンネルも、もともと 霊夢と 魔理沙を用いて変な生きものを紹介する 棒読み動画をつくっていた チャンネルでした。 しかし、 Googleがニュース記事を 合成音声ソフトを使って読み上げるだけの動画をYouTubeから一掃するために入れた AIが、 ゆっくり系YouTuberの動画を記事も読み上げ動画と区別できずに起きた 収益化剥奪騒動(登録者数を伸ばしていたチャンネルが突然 「収益化不可」と判定されて 広告が付けられなくなる)により、 へんないきものチャンネルもこれに巻き込まれました。 その結果、 霊夢と 魔理沙ではなく現在のように、 「きつねさん」と 「たぬきさん」という オリジナルキャラクターに語らせ、 VOICELOIDの• 結月ゆかり• 弦巻マキ の 声を使用した動画に切り替えて運営されているのです。 ちなみに VOICEROID(ボイスロイド)とは、 AH-Softwareが発売している、 読み上げ用音声合成ソフトのことですね。 結月ゆかり(ゆづき ゆかり)• 2011年12月22日、VOCALOID版と同時発売。 声優・石黒千尋の声を元にしており、大人の女性の情感あふれる声が特徴。 弦巻マキ つるまき まき• 2007年から販売されている音楽制作ソフトウェア『MusicMaker』シリーズのイメージキャラクターグループのメンバー。 これに 印税を加えると結構な額を稼ぎ出していらっしゃいますよね!! 趣味が高じて 動画を出し、そこから 本まで出されるなんて、本当に尊敬します!! 楽天で購入 『キモイけど実はイイやつなんです。 怖いのに何だかかわいく思えてきちゃう生きもの図鑑』 (著者ろう、監修實吉達郎、イラスト川崎悟司、バニえもん)もそのひとつです。 漢字にはすべてルビが振られているので 小学生でも読めるよう工夫されています。 ギャップのおもしろさがウリのこの本は、 「キモイけど実はイイ生き物」 が コンセプトです。 この本に登場する いきものをちょっと紹介してみましょう!!• ハダカデバネズミ• クマムシ• デンドロリンクス• エメラルドゴキブリバチ• スパイダーテイルドクサリヘビ• シワヒモムシ など、有名どころから名前すら聞いたことのないいきものまで多岐にわたります! 楽天で購入 この本では、 紹介する生きものの 絵を 川崎悟司さん が描き下ろされています。 また、 ひとつの生きものにつき1見開きで説明が完結していて見やすいです。 気になった生きものについて より詳しく知りたい人が さらに知識をふかめるべく 動画を観ようとし、結果 YouTubeの方に流れるという仕組みにもなっていますね! 動物研究者、實吉達郎さんの 監修が入っているとはいえ、 ネットのノリのツッコミ目線で書かれているという点も特徴なのではないでしょうか。 アクセスがより伸びるように 「おもしろく」表現することに特化されていますが、そこが 小学生の興味とバッチリあったのでしょうね! こういうノリで作られた生物図鑑は、 『キモイけど実はイイやつなんです。 』が初ではないでしょうか!? ちなみに 著者のろうさんですが、この本を執筆するにあたり、 「自分の他者に与える影響力について思い知らされた。 」 からだとおっしゃっています。 いきもの好きがから YouTubeの動画投稿に至った ろうさんですが、その投稿をみたかたから、• 動画を見て、久しぶりに水族館・動物園に行ってきました• 色んな生き物がでてくるので、親子で一緒に動画を楽しんでいます• 今まで生き物が苦手でしたが、今では図鑑を買うぐらい好きになりました 自分の発信を通して、 「下手をすると他の人の人生まで変えることができる」 のだということに気付いた ろうさん。 私を通じて生き物への関心・興味がある人を一人でも多く増やしたい という思いから、 YouTubeだけでなく、 子供から大人まで、より多くの人に見てもらえるよう、 本を書こうと思ったのだそうです。 気になった方は一度 書店へ足を運ばれてみてはいかがでしょう??.

次の