ダニ取りシート おすすめ。 おすすめのダニ捕りシート・マット8選!効果はあるの?100均で買えることもある

ダニ捕りマット「これが元祖だ」|通販生活®【公式】カタログハウスの通販サイト

ダニ取りシート おすすめ

手軽にできるダニ対策として ダニ取りシートをご存知でしょうか?ベッドやソファ、ラグマッドなどの下に置いておくと、ダニを引き寄せて捕獲することができるダニケア用品です。 置くだけの簡単・手軽さと、殺虫剤不使用で薬剤を吹きかける必要もないので安全性の高さが人気の理由。 今回は、ダニ取りシートやダニよけシートのおすすめの商品を、実際に利用した人の口コミと併せて併せてご紹介します。 ダニはこまめな駆除が大切 ベッドやソファ、ラグマットにいると、ふと腕や脚の赤い虫刺されに気が付いたり、「かゆい」と感じたりする経験はありませんか? それはもしかすると、ダニのせいかもしれません。 特に小さな子供やペットがいるような家庭ではとりわけ心配ですよね。 動物の髪や垢、食べカスなどをエサにして繁殖するダニは、どんな家庭でもある程度は生息しているものですが、湿度や温度、ホコリの多さなどの条件次第で大量繁殖してしまうこともあります。 ダニは放置せずに、こまめな対策・駆除をすることが大切です。 ダニ取りシートとは? ダニ取りシートは、室内に生息しているダニを誘引して捕獲する虫ケア用品です。 「ゴキブリホイホイ」などのゴキブリ捕獲器のダニ版と考えるとイメージしやすいでしょう。 シートに配合された誘引剤でダニを引き寄せ、粘着シートで捕獲する、乾燥剤で殺虫するなどの方法で駆除します。 捕獲したダニを実際に確認できるため、部屋に本当にダニがいるのかを把握することができます。 ダニ取りシートの効果の持続期間は1カ月~3カ月程度、持続範囲は1畳~3畳程度が一般的です。 スプレーや粉剤、くん煙など他のダニ対策用品よりも、即効性はありませんが、ソファやマットの下、ベッドなどダニが気になる場所に置くだけの手軽さがメリット。 さらに、ダニ取りシートは「置くだけ」で効果があるので、赤ちゃんや小さな子供、ペットが薬剤を吸い込む心配がなく、安全性が高いのも特長です。 また、「ダニ取りシート」と名前が似ているグッズに、ダニを寄せ付けない「ダニよけシート」があります(以下で違いを詳しくご紹介します)。 ダニ取りシートにはどんな効果がある? ダニ取りシートでできること ダニ取りシートは、室内に生息するダニをおびき寄せて捕獲します。 室内のダニの8~9割を占める「コナヒョウヒダニ」と「ヤケヒョウヒダニ」(いわゆる「チリダニ」)を対象とするものが一般的です。 体の大きい「ツメダニ」も捕獲できるタイプのダニ取りシートもあります。 ダニ取りシートでできないこと ダニ取りシートは、あくまでも生きているダニを捕獲するためのものです。 ダニの死骸やフン、ハウスダストを除去する効果はありません。 ただし、生きているダニの数を減らすことは、ダニのフンや将来的なダニの死骸の数を減らすことに繋がり、長期的なハウスダスト対策になります。 また、南京虫など、ダニ以外の虫の捕獲には使えません。 ダニ取りシートとダニよけシートの違い シートタイプのダニ対策用品には、ダニ取りシートとのダニよけシートの2種類があります。 さらに、ダニ取りシートには「粘着タイプ」「乾燥タイプ」2種類があります。 それぞれの仕組みや特徴をみていきましょう。 殺虫成分は含まないので、シート自体に捕獲したダニを殺す機能はありません。 また、ダニは体重が軽いため、ダニ取りシートの粘着力が弱いとうまく捕獲できず、逃げ出してしまう可能性があります。 粘着タイプのダニ取りシートを選ぶ時は、粘着力が十分であることを確認しましょう。 薬局などで市販されているダニ取りシートは粘着タイプが多く、価格は1枚あたり500円程度です。 引き寄せたダニが逃げ出したり、ダニ取りシートの中で繁殖することもないため、確実にダニを駆除することができます。 ダニ駆除を徹底したい人におすすめです。 価格面では1枚2,000円程度と割高なものが多いので、定期購入や複数購入による割引率をチェックするとよいでしょう。 ダニを捕獲したり、殺したりといった機能はありません。 子供の布団や枕の下に敷いてダニ刺されを予防したり、衣替えの際など押し入れの中で保存する布団や衣類にダニが寄ってこないよう予防対策として使うのがおすすめです。 ダニ取りシートの選び方 ダニ取りシートはオンラインショップや薬局などで購入することができますが、1枚あたり500円以上のものが多く、安いものではありません。 とはいっても、価格の安さだけで選ぶと、肝心のダニ取り効果が十分ではないことも。 ここでは、しっかりと効果を実感できるダニ取りシートを選ぶ際のポイントをご紹介します。 安全性 ダニ取りシートを選ぶ際に、まず気にしたいのは人体への安全性です。 ダニが集まりやすいベッドやソファ、カーペットなどは、人の肌が触れる場所でもあります。 ダニ対策はできても、家族に健康被害が出ては意味がありません。 ダニ取りシートの安全性を確認するためには、ダニ取りシートの誘引剤や吸着部分に使用されている成分をチェックしましょう。 天然由来成分を使用しているダニ取りシートなら、肌に触れても安心。 子供やペットへの影響も少なくおすすめです。 安全性を担保する方法として、外部機関から安全性に関するチェックを受けている商品もあります。 安全性は、成分と第三者機関による評価、ふたつの軸で安全性を確認することをおすすめします。 また、商品の口コミに健康被害に関するコメントが多い場合は、注意した方がよいでしょう。 ダニ捕獲数 ダニ取りシートの効果を測るのは、捕獲できるダニの数です。 ダニ対策のために購入をしたのに、肝心の捕獲力が弱くては困ってしまいますよね。 ダニ取りシートの中には、実験に基づいた捕獲数を記載しているものがあります。 商品のパッケージや公式ウェブサイトをチェックして、捕獲数データを公表しているダニ取りシートを選ぶのがおすすめです。 価格 ダニは、気温20~30度の適度な湿度を保った環境を好みます。 つまり、日本国内の家庭であれば、真冬以外のほぼ通年でダニが生息していると考えてよいでしょう。 長期間のダニ対策を行うとなれば、家計の負担にならず、続けやすい価格帯のダニ取りシートを選ぶ必要があります。 ただし、効果と価格のバランスに納得感のある、コスパのよいダニ取りシートを選びたいですよね。 ダニ取りシートは、何枚かセットで売られていることが多く、効果の及ぶ広さや持続期間も様々です。 価格面での比較をする際は、定価だけに注目するのではなく、1日あたりいくら、1枚あたりいくら、といった視点でもチェックすることをおすすめします。 粘着タイプのダニ取りシートおすすめと口コミ 粘着タイプ・乾燥タイプのダニ取りシートに加え、少し変わった捕獲方式の特殊タイプダニ取りシートもご紹介します。 実際に使った人の口コミを参考にしながら、用途や家庭環境に合ったダニ取りシートを見つけてくださいね。 1.赤玉 置くだけ簡単!集めてポイ!ダニホテル ふとん用 出典:www. amazon. jp マイクロカプセル化したフルーツエキスの香りでダニをおびき寄せ、捕獲する粘着タイプのダニ取りシート。 粘着力が高く捕獲したダニを逃がしません。 殺虫剤不使用、国産。 口コミ ・布団を干しても、掃除機で吸っても効果がありませんでしたが、これを置いてからはかゆくなりませんでした。 ・介護職の知り合いが、疥癬(ヒゼンダニ)に感染した際、家族への拡大防止策に役立ったそうです。 ・ウサギ小屋のトイレの下に設置しました。 効果があったようで、熟睡している時間が長くなりました。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 2.あしたるんるん ママのための置くだけ簡単ダニシート 出典:www. amazon. jp 5枚入りでコスパのよさが魅力のダニ取りシート。 使用開始日を書くシールが入っているので、交換のタイミングがわかりやすいのも助かります。 誘引剤には安全性の認められた食品添加物を使用。 畳1枚、ベッドならシングルサイズの範囲をカバーします。 殺虫剤不使用、国産。 商品名のとおり小さな子供を持つママに多く愛用されています。 口コミ ・今のところ子供もまだダニに刺されていません。 ・布団乾燥機やバルサン等、手間のかかるダニ対策をいろいろやりました。 どれもそれなりに効果はあったように思いますが、やはりこのダニ取りシートが一番です。 ・使用後1週間くらいで、ダニ刺されのかゆみがピタリとなくなりました。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 3.アール ダニ取りマット・エース 出典:www. amazon. jp 日本アトピー協会推薦のダニ取りシート。 マイクロカプセル化したフルーツエキス配合です。 微香性なので匂いに敏感な人でも気になりません。 1枚入りなのでまずは試しに使ってみたいという人におすすめです。 殺虫剤不使用、国産。 口コミ ・シートの繊維部分と粘着部分に黒や茶色の粒々がたくさん……。 効果は大いに実感できました。 ・携帯カイロ程度の大きさですが、しっかり効いて快適です。 費用対効果大です。 ・ダニアレルギーの子供の咳が出なくなりました。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 4.グリボー ダニピタ君 出典:www. rakuten. jp 強力な接着剤で、捕獲したダニを逃さない粘着タイプのダニ取りシート。 第三者機関による捕獲数調査の結果を公表、無料のサンプル1枚付き、返金保証付きなど、安心して試せるのが嬉しいポイントです。 殺虫剤不使用、国産。 口コミ ・これを置いてから、チクチクすることが減りました。 ・安全性が高く3カ月間ずっと使えるのがうれしいです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 乾燥タイプのダニ取りシートおすすめと口コミ 5.日革研究所 ダニ取りロボ レギュラーサイズ 出典:www. amazon. jp 「ダニアレルギーをもつ孫の悩みを解決したい」という思いから開発されたダニ取りシート。 ダニを乾燥させて駆除する方式を初めて開発し、日米両国で特許を取得しています。 殺虫剤不使用、国産。 ラージサイズもあります。 口コミ ・届いた日の夜から使いました。 あれだけ毎日ダニに噛まれていたのに、ピタッと噛まれなくなりました。 ・ベットと普段よく座る座椅子型のソファに設置しています。 嘘のようにダニに噛まれることがなくなりました。 ・ダニでかゆいという友人のため購入。 肌着の棚に入れておき、少し時間を置いてから着たところかゆくなかったそうです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 特殊タイプのダニ取りシートおすすめと口コミ 6.石崎資材 ダニ捕りパック ブラックホール 出典:www. amazon. jp 明るさを嫌うダニの習性を利用した、特許取得技術によるダニ取りシート。 表面に開いた穴から暗いシートの内部に入り込んだダニは、光を嫌うため外に出なくなる仕組みです。 ダニの繁殖抑制効果を持つ不織布を利用しているので、ダニがシート内部で増える心配もありません。 殺虫剤不使用、国産。 口コミ ・効果てきめんです。 中を見なくてよいのがうれしい。 ・薬品を使っていない点、メンテナンスフリーな点がよいです。 ・出張で安いホテルに泊まる時にも使っています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 [番外編]ダニよけシートのおすすめと口コミ ここからは、番外編として忌避タイプのダニよけシートのおすすめ商品と口コミをご紹介します。 ダニよけシートは自宅で使うだけでなく、旅行に持っていく人が多いようです。 アース製薬 ダニバリア ダニよけシート 出典:www. rakuten. jp 殺虫剤で有名なアース製薬のダニよけシート。 天然ハーブ成分でダニを寄せ付けません。 押し入れやカーペット、ベッドや布団に使えるタイプ。 臭いやカビ対策もできるので、梅雨の時期や衣替えなどにも便利です。 無香かつ殺虫剤不使用なので、ペットがいる家にも使えます。 口コミ ・敷布団とベッドパッドの間に挟んた翌日からダニに刺されなくなりました。 ・蕁麻疹がよく出る母のベッド用に買いました。 症状が少しましになったようです。 ・海外旅行時に持って行き、シーツの間に入れたり枕のカバーの間に入れたり、クローゼットの服に巻いたりして使用しています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 KINCHO ふとん・まくらにダニコナーズ ダニよけシート リラックスリーフの香り 出典:www. amazon. jp 蚊取り線香でおなじみのキンチョーが販売するダニよけシート。 布団や枕の下に敷くタイプです。 有効成分はユーカリ由来なので安全。 さらに緑茶エキスを配合し、消臭・殺菌効果も発揮します。 汗っかきな人や子供におすすめです。 口コミ ・いつもダニに噛まれたと騒いでいた家族が何も言わなくなったので、効いていると思います。 ・爽やかな香りがほのかに漂います。 猫も気にせず寝ています。 ・使ってすぐに効果が出ました。 退散したダニは他の場所にダニ取りシートを置いて捕獲しています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 ダニ取りシート以外に取り入れたいダニ対策 布団乾燥機 ダニは60度以上の高温でないと死滅しないため、天日干しでダニを駆除することはできません。 ダニ取りシートを使わず自宅でできるダニ駆除の方法としては、布団乾燥機の使用がおすすめです。 特に、布団をまるごとくるんで乾燥するタイプであれば、ダニが熱の届かない部分に逃げてしまうこともないので、しっかりと駆除することができます。 コインランドリーの高温乾燥機 布団乾燥機を持っていない場合は、コインランドリーの高温乾燥機を使用するのもおすすめです。 自宅では難しい70度以上の高温で布団を乾燥させることができ、ダニを一気に駆除することができます。 乾燥機に入るサイズの布団でなければいけませんが、比較的低コストで確実にダニ対策ができる方法です。 専門業者に委託 コストをかけてでも徹底的にダニ対策をしたいという人におすすめなのが、布団クリーニングの専門業者。 布団を宅配便で送ると、洗浄と乾燥をした状態で送り返してくれます。 オプションで防ダニ加工をしてくれる業者もあるため、ダニ予防としてもおすすめです。 ダニ取りシートを活用してかゆみ・アレルギー対策! ダニ取りシートはベッドやソファなどの下に置くだけで、ダニを引き寄せ捕獲してくれる便利なアイテムです。 ダニを寄せ付けない効果のあるダニよけシートもあるので、シーンや場所によって使い分けるのもおすすめ。 ダニはかゆみやアレルギーの原因となるだけでなく、感染症を媒介することもあります。 自分自身や家族の健康を守るためにも、ダニ取りシートを上手に取り入れて、予防と対策をしていきましょう。

次の

【厳選!】ダニ取りシートは効果で選ぶ!価格・データ・安全性を比較|ダニの被害を解消!

ダニ取りシート おすすめ

しかし、 マットレス、 ソファー、 ベッドや カーペットなどの、コインランドリーの業務用乾燥機にも入りきらないものについては熱処理ができないため、 ダニシートによる駆除をおすすめしています。 市販の商品や研究所の商品など様々なダニシートがありますが、その中でも様々なサイトで高評価を得ているのが と 「ダニピタ君」です。 今回は、様々あるダニシートの中からこの2つがおすすめである理由と、ダニシートを選ぶ時のポイント、価格や効果の比較などをご紹介していきたいと思います。 今回は「ダニ捕りロボ」と「ダニピタ君」の比較なので、忌避タイプの商品の説明はこの辺にしておくぞい! 粘着タイプのダニシートの特徴【ダニピタ君】 市販されているダニ捕獲シートのほとんどがこの 「粘着タイプ」の商品です。 比較対象となっているダニピタ君もこの粘着タイプのダニシートです。 ダニが好む香りを発する誘引剤を用いてダニを呼び込み、 シート内に設置してある強力な粘着剤でダニを捕獲します。 くっつけて捕獲をするので粘着剤には殺虫成分はないものが多く、生きたままダニを捕獲し、使用期限が切れたらごみ箱に捨てるという商品です。 使用方法は簡単で、値段も比較的安いものが多いのですが、日本製であったり誘引剤の安全性や効果によっては価格に幅があります。 ダニピタ君は、後述しますが粘着タイプのダニシートの中では高価な部類に入ります。 ダニの体重は0. 001mg〜0. 005mgととても軽く、さらに尖った爪先にかかる重さも無いに等しいので、中途半端な粘着シートだと逆に増殖したという研究結果もあるんじゃよ 粘着式ダニ取りシートの誘引剤の匂いで集まってきたダニは、 粘着テープに接着(くっつく)しなかったら、どうなってしまうのでしょうか?そこで「JIS」に基づく試験を実施したところ、 試験開始3ヶ月後には約「400倍」にも増えたという結果がでました。 粗悪品をつかむと、捕獲できないどころかダニシート内でダニが増殖してしまう恐れがあるので、粘着タイプの商品はしっかりとした販売元であるという事は大事な要素ですね。 特殊タイプのダニシートの特徴【ダニ捕りロボ】 ここで言う特殊タイプは、粘着タイプのものではない駆除シートを指します。 ダニ捕りロボは、粘着タイプとは違い、 誘引剤の中に含まれる吸湿性セラミックがダニの体に付着することによって水分を吸い取り、ダニを乾燥させることによって捕獲・駆除する仕組みになっています。 ダニの体は 80%が水分のため乾燥に弱く、水分を奪われると動けなくなって最終的には死んでしまうという性質を利用したタイプのダニシートです。 この「おびき寄せて水分を奪う」という方法は、ダニ捕りロボが 日米で特許を取得している方法だそうです。 2.ダニピタ君とダニ捕りロボが捕獲できるダニの種類は? 家の中にいるダニは1種類だけではありません。 「屋内ダニ」と言われる室内に出るダニは大きく分けて6種類おり、ネズミなどの害獣が外から持ち込んでくる可能性のあるダニを含むともっと増えます。 特に既にダニに刺されている場合は 「ツメダニ」の可能性が高く、このツメダニがいるという事は、このツメダニが餌とする「コナダニ」や「チリダニ」などの小型のダニも間違いなくいると考えていいでしょう。 今回比較している 「ダニ捕りロボ」と「ダニピタ君」は、刺すタイプの 大型の ツメダニも捕獲することができるので安心ですが、商品によっては小型のチリダニ科のダニしか捕獲できないような商品もあるので注意をしましょう。 ダニピタ君は外部の機関に依頼して取得したデータを公表していて、ダニ捕りロボは販売元自体がダニの専門研究機関なんじゃよ いずれも公式サイトで捕獲数などの具体的な数値を出していますが、元々その場所にいたダニの数自体が違うため、完全に比較することはできません。 元々ダニが100匹いた布団と10,000匹いた布団では、同じ「100匹捕獲できました!」と書いても単純に比較ができないからです。 4.ダニピタ君とダニ捕りロボの安全性の比較 ダニシートは、ベッドやマットレス、ソファなど熱処理によるダニの駆除をしにくい場所に使う事が多く、特に肌に触れやすい場所なので安全性には一段と注意を払いたいところですよね。 我が家がダニシートの購入を検討したのは「長男の誕生」で、ベビーベッドのマットレスのダニの駆除にも使える商品を探したことがきっかけでした。 そのため安全性が最も商品を評価する基準になりました。 ダニピタ君とダニ捕りロボの安全性に関する記述は下記の通りです 【ダニピタ君】• 食品添加物として認められる物のみを香料として使用• 徹底的に品質管理をし、 外部機関に定期的に品質調査依頼を出している• 天然由来の材料 食品粉末、ビール酵母、吸湿性セラミック のみを使用• しかし、刺咬被害やアレルギー発生物質を減少させるレベルまでダニの数を減らすことで、毎日の生活を快適に過ごすことができます。 高ければダニ駆除効果が高いという訳でもありませんので、効果や安全性等を踏まえてその値段が妥当な物かどうかを判断できると良いでしょう。 今回比較している「ダニピタ君」と「ダニ捕りロボ」の価格は下記の通りです。 ダニピタ君 ダニ捕りロボ 購入価格 5,400円 5枚 8,360円 5枚 1日あたりの料金 約12円 1枚 約18円 1枚 うむ。 もし5枚いっぺんに色々な場所に置いて同時に使うとすると、ダニピタ君は 1日60円、ダニ捕りロボは 1日90円じゃな 6.ダニピタ君とダニ捕りロボの定期購入での価格を比較! ダニシートは、ダニの多い時期に継続して使用することで効果を発揮します。 3か月間はあっという間に過ぎ、期限が切れた頃にまた刺されるという事を繰り返す家庭も多いため、ダニピタ君とダニ捕りロボは定期購入プランがあり、毎回購入するよりもお得になっています。 ダニピタ君とダニ捕りロボの定期購入時の価格は下記の通りです。 様々な特徴の違いがありましたが、ダニピタ君はコスパがとてもよく、ダニ取りシートでのダニ駆除効果に懐疑的な人にとっては、全額返金保証がついているというのは大きなメリットです。 2018年12月の追記にあるように、外部機関の安全性試験もダニ捕りロボと同様にしっかりと対応しているので、比較の中でダニ捕りロボに軍配が上がっていた安全性の面でも横並びとなりました。 ダニを捕獲して駆除するタイプのダニシートの中では、最も満足度が高い商品であると言えるでしょう。 下記関連記事もあわせてご覧くださいね! 【関連記事】>>> 一方で、ダニ捕りロボは、販売元がダニ駆除専門の研究機関なので、商品にかけた安全性や効果の追求度合いにおいてはどこよりも信頼がおけるでしょう。 様々な安全性試験を行い、全てのデータを公表している点でも安心して使うことができます。 粘着タイプのシートに不安のある方や、何が何でも本気でダニを駆除したい方はダニ捕りロボ一択で良いと思います。 価格に関しては、どうせ使うのであれば1年間通してダニ対策をするつもりで定期購入をした方が、2回目以降の価格がぐんと安くなるのでお得です。 ダニ捕りロボの創業者は、初孫がダニアレルギーによる重度のアトピー性皮膚炎だったことから研究を始めたとのことなので、同じようにお子さんのダニアレルギーを危惧している方も、安心して使えるはずです。

次の

ダニ取りシートおすすめランキング※口コミが良いのはどれ?

ダニ取りシート おすすめ

殺虫成分を使用しているかどうか• ダニをおびき寄せる誘引剤などの主成分が安全なものであるかどうか• 安全性に関しては、私個人が皮膚に触れさせたり口に入れたりして評価することはできず客観性にも欠けるので、公式サイトや商品パッケージに記載されてる 「安全性の根拠となるデータの数や検査機関の信頼性」を基準に評価します。 3.ダニシートの価格の評価基準について ダニシートのほとんどが1~3か月間の使用期限がある商品で、一度買えば永久に使えるようなものではないので、定期購入をプランを用意している商品も数多くあります。 今回は 「通常価格/定期購入プランでの価格/日割りにしたときの価格」を比較することで、各商品の価格を比べます。 5枚全てを同時に設置する場合でも、1日あたり65円です。 ダニシートで6000円とみると「高い」と感じてしまう人が多いと思いますが、日割りで計算した時にその金額がダニ駆除にかける他の方法でかかる費用と比べてどうかという事を念頭に考えると良いでしょう。 その中でも、 人を刺す大型のダニを捕獲できるかどうかというのは、ダニシートによって捕獲できるものとそうでないものがあるので注意が必要です。 特に家の中での刺咬被害が多いのが 「ツメダニ」なので、ツメダニが捕獲できるかどうかというのが評価の分かれ目になるでしょう。 5.ダニの捕獲数などのデータの公表をしているかどうか ダニの捕獲数のデータを公表しているかどうかという点も、効果の有無と商品の信頼性を知るうえで重要なポイントです。 6.満足いかなかったときの全額返金保証などの制度の有無 商品によっては、ダニ捕獲効果が無いと感じた場合に 購入金額分を全額返金してくれるという制度を設けているものもあります。 購入者側にとっては、納得がいったうえでお金をお支払いすることができるようになるので、返金保証制度などがあるのはとても高評価のポイントとなるでしょう。 5 cm/ラージ:18. ダニ捕りロボがおすすめな理由は、まず 「ダニを捕獲後乾燥させて全て死滅させる」という日米で特許を取得した方法を使っている点です。 下の動画はダニ捕りロボで使っている誘引剤にて、ダニが乾燥してしぼんでいきそのまま息絶える映像です。 どの程度効果があるかは一目瞭然。 粘着シートにくっつけて捕獲するのではなく、乾燥に弱いダニの弱点をついた強力な方法じゃ! 販売元の日革研究所自体がダニ駆除専門の会社であり、創業者の孫がダニアレルギーに苦しんでいたことから研究がスタートしたという経緯があります。 そのためか、安全性管理が他社商品と比べ徹底していて、下記の3試験を行っています。 経口毒性試験 結果:食塩よりも毒性が低い ヒト皮膚一次刺激性試験 結果:皮膚に触れても炎症は無し 変異原性試験 Ames試験 結果:遺伝子に影響を与えない 「商品に使っている成分が天然由来で安全」とだけ表記してある商品と違い、それぞれの安全性試験の名前と結果を公表しているのは他にありません。 捕獲後のダニを死滅させる効果と安全性が保証されているというのが、1位の理由となります。 本当に捕獲できているか不安な人のために、販売元の日革研究所では 購入した商品を送るとダニの捕獲数を調べてくれるというサービスも行っています 有料。 継続して利用するうえで、本当に捕獲できているかどうかを確認できるというのは、使う側としても安心ですし、継続して使おうと思えますよね! 一方で、デメリットは 「値段が高い」という点です。 1日1枚あたり18円、5枚全て同時に使うとなると1日当たり90円かかります。 最も安いパターンだと 定期購入で1年間使い続けた場合 1日あたり13. 6円 初回のみケースなどが必要になるので割高ですが、2~4回目は詰め替えの購入なので安い になります。 効果と安全性を考えると妥当な価格かもしれませんが、定期購入ではなく1回3か月のみの利用目的で購入すると少々高いですね。 ダニ捕りロボの口コミや評判については、こちらの「」の記事で紹介していますので、あわせてご覧ください。 小さいお子さんがいる家庭など、どうしても安全かつ確実にダニの駆除を行いたいという家庭にはダニ捕りロボがおすすめででしょう。 ダニ捕りロボのここがおすすめ! 当サイト&期間限定特典!!! なんと、ダニ捕りロボの販売元である日革研究所さんのご厚意で、 当サイトから購入いただけた方限定の500円割引クーポンを発行していただきました! 詳細は以下の通りです。 粘着タイプのダニシートの中では高価な部類に入るダニピタ君ですが、3~5位のダニシートとの違いは 品質管理と 全額返金保証制度や メール相談サポートなどのアフターサービスです。 ダニピタ君は、 外部の 3つの第三者機関 ホームサービス生物研究室、一般財団法人 日本環境衛生センター、株式会社ビオスタ に調査を依頼し、捕獲データを公表しています。 また、品質管理についても 外部の調査機関で定期的に品質チェックをしているとのことなので、安全性についてもしっかりと管理をしていることがうかがえます。 品質管理や効果測定は、他の粘着シートの商品に比べて格段に突っ込んだレベルで管理を徹底しているのがわかるので安心です。 ダニピタ君が他の商品と最も違うのは 「全額返金保証制度」がある点です。 定期購入プランで購入した場合、1枚お試しシートが付いてくるので、そのシートで効果を試して30日以内に返品したい旨を伝えれば、指定の口座に全額返金されます 返品時の送料はお客様負担。 「効果が実感できた場合以外お金を払いたくない!」という方には一番おすすめできるダニシートでしょう。 ダニピタ君を全額返金保証付きで購入するに、ちょっとしたポイントがあるので下記の関連記事もあわせてご覧ください。 【関連記事】>>> ダニピタ君のここがおすすめ!• 粘着タイプの中では比較的高価である。 安全性に関する具体的な試験名やデータには触れられていない。 何と言っても一番の売りは 1日当たり1枚3円 10枚セットを購入の場合 というコスパの良さです。 10枚セットで購入して、カーペットやベッドやソファーなどのいたるところにおいても、1日当たりたったの30円で済むので、自宅内の広範囲に設置したい人におすすめです。 ダニシートは放置しておけば勝手に駆除してくれるので、1日30円ならダニ駆除に割く時間を考えると断然お得です。 この商品は 定期購入プランもあるので、年間を通して継続的にダニ駆除を行いたい場合はとてもおすすめです。 一方で、捕獲試験や安全性試験の詳細が公表されておらず、効果と安全面において客観的に評価されていないのがマイナスポイントとなっています。 ママのための置くだけ簡単ダニシートのここがおすすめ!• テレビ、ネット、カタログ通販で累計100万枚以上販売した実績と、 1枚あたり1日4円のコストパフォーマンスの良さが売りのダニシートです。 第三者機関によるダニの捕獲数のデータも公表していますので、効果面での信頼性は高いと言えるでしょう。 一方で、公式の通販サイトではどの種類のダニが捕獲できるかを明確に書いていない点と、安全性についての情報があまり多くない点がマイナスポイントとなりました。 GET ダニ捕獲シートのここがおすすめ!• 捕獲できるダニの種類を明確に書いていない• 安全性についての客観的なデータがあまりない• 5畳 効果 商品タイプ 使い捨て・粘着タイプ 安全性 殺虫成分/主成分 殺虫成分不使用/食品由来 臭いの有無 あり フルーツの香 価格 通常購入/定期購入/日割り 約470円/ — /1枚当たり約5円 90日 捕獲可能なダニの種類 チリダニ・ツメダニなどの屋内ダニ全般 信頼性 日本アトピー協会推奨 原産国 日本 その他特典 特になし 第5位は、 アール ダニ取りマット・エースです。 この商品は、Amazonやドラッグストアなどでも購入可能な 1枚入りの粘着タイプのダニシートです。 1枚入りなので まず効果を試してみたいという人や、 特定の場所にのみ設置したいと考える人には初期購入費用が安く済むのでおすすめです。 また、 日本アトピー協会の推奨を受けているので、お子さんのダニアレルギー予防などに使いたい場合は安心して使えるでしょう。 一方で、効果や安全性に関しては第三者機関のチェックや安全性試験などの記載がなく、パッケージに記載されている注意書き以上の情報が無いのが欠点です。 粘着タイプのダニシートは、粗悪な商品だと粘着シート上でダニが増殖してしまい、ダニの温床になってしまう事もあるので、効果にちょっとでも不安がある方にはおすすめできません。 アール ダニ取りマット・エースのここがおすすめ! まとめ 今回は、ダニの駆除に効果的な「ダニシート」のおすすめランキングをご紹介しました。 ダニシートを選ぶ時に気になるのは 「本当に効くのかどうか」「人体やペットなどの健康面で害はないか 安全かどうか 」「価格」の3点だと思います。 1位のダニ捕りロボに関しては、公表しているデータの信頼性が高いことから、効果や安全面での評価が最も高くなっています。 その他のダニシートも安全性には問題はないと思いますが、根拠となるデータの量で評価しました。 最後に、各商品の順位と購入できる公式サイトをもう一度まとめます。 ダニ捕りロボ ダニピタ君 ママのための置くだけ簡単ダニシート GET ダニ捕獲シート アール ダニ取りマット・エース 家の中で一度ダニに刺されると、ダニがいる布団やベッドで寝ているような気がしてとても嫌な気持ちになりますよね。 特に、赤ちゃんや小さなお子さんは、肌が柔らかいので大人以上にダニの餌食になりやすく、アトピー性皮膚炎やダニアレルギーになることもあるのでとても心配です。 ダニを駆除する一番効果的な方法は、 「ダニ捕りロボ」 をベビーベッドやプレイマットの下に置き、防ダニ加工の施された寝具と併用する という方法です。 ベビーベッド1つ分なら、ダニ捕りロボ レギュラーサイズ が1枚で良いので、 1日あたりたったの 1 8 円でダニを駆除し続けることができます。 ダニ捕りロボは、Amazonなどではなく販売元から直接購入するのが最も安くお得ですので、下記のボタンから自分に合ったサイズ&枚数のセットをお選びください。

次の