アメトーーク 千鳥。 テレ朝が「サンデーステーション」「爆笑」「千鳥」で仕掛ける打倒日テレの新編成

千鳥・大悟も絶句!地獄すぎる「アメトーーク!」お蔵入り映像の公開が大反響

アメトーーク 千鳥

月曜日• 火曜日• 水曜日• 木曜日• 金曜日• NEW• NEW• NEW• 土曜日• 日曜日• NEW• NEW• その他• Youtubeバラエティ動画倉庫 以下当サイト は各動画共有サイトにあるバラエティ番組をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れ等は記事のコメントから、万が一、紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですが お問い合わせはからお知らせいただければ対処させていただきます。 (リンク切れの報告には利用しないでください).

次の

テレ朝が「サンデーステーション」「爆笑」「千鳥」で仕掛ける打倒日テレの新編成

アメトーーク 千鳥

現状、蛍原徹が一人MCとして踏ん張っているものの、その番組イメージは損なわれ、CMスポンサーの撤退も目立つ。 本来なら、番組を存続させること自体が困難とも思われるのだが……。 「テレ朝は10月改編でも、『アメトーーク!』を継続させると断言しています。 基本線として、番組タイトルも変更しない意向のようです。 『アメトーーク!』はファンも多く、視聴率も深夜番組としては上々。 『MCがホトちゃん一人になっても続けてほしい』との声がたくさん寄せられていると言います。 従って、視聴率を考えると、なかなか打ち切ることはできないのでしょう。 ただ、問題なのは、番組イメージが毀損されてしまった点と、スポンサー離れですね。 今後もスポンサーの反発が強く、新規での獲得も難しいとなれば、やはり番組を終了させるか、タイトルを変えて大幅リニューアルするしか選択肢がなくなってしまうでしょうね」(テレビ制作関係者) そこで、同局が検討しているのが、『アメトーーク!』から、千鳥の冠番組『テレビ千鳥』への変更だという。 15日、同局は『アメトーーク!』を休止し、従来、月曜深夜1時59分からオンエアしている『テレビ千鳥』のスペシャルを放送した。 これはもう、同局になんらかの意図があってのものだろう。 「『アメトーーク!』の枠で、『テレビ千鳥』が放送されたのは、これが初めてではありませんが、時期が時期だけに、『テレビ千鳥』でどれだけ数字が獲れるのかというリサーチの意味もあるようです。 すぐ改編ということはないのでしょうが、近い将来、千鳥の番組に取って代わる可能性が高くなったと言えそうです。 『アメトーーク!』には根強いファンもいますから、番組が終了して、『テレビ千鳥』に変わるのか、あるいはタイトルを変えて、千鳥がMCを務める番組にリニューアルするのかは、今後検討されていくのでしょうね。 千鳥と蛍原の3人によるMCもあるかもしれません」(同) いずれにせよ、『アメトーーク!』が雨上がりの冠番組である以上、このタイトルでの番組継続は困難だろう。 現時点では、千鳥が後継者の最有力候補であることに変わりはなさそうだ。

次の

アメトーークは千鳥のチドトーークに改名か?蛍原徹は不要説浮上!|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

アメトーーク 千鳥

先輩芸人のイジリにガチ返しの大悟 この日放送されたテーマは、過去に東野幸治さんが企画を持ち込んだ「東野プレゼンツ3部作」。 「どうした!? 品川」「帰ろか... 千鳥」「スゴイんだぞ!西野さん」の3企画をMCの蛍原徹さんと、品川庄司・品川祐さんが振り返った。 中でも2014年に放送された「帰ろか... 千鳥」では、東京に進出して間もない2人の初々しい様子が映し出されるということから、放送前から楽しみにしていたファンも多かったようだ。 「M-1グランプリ」で決勝進出4回、「THE MANZAI」でも3年連続3位以内とその実力を高く評価され、2012年には本格的に東京進出を果たした千鳥。 しかしレギュラー番組の早期終了に遭うなど、この企画が放送された2014年時点では今一つ伸び悩んでいた。 冒頭では、オーディションで「靴汚すぎるでおい~!」とイジッた先輩芸人に対し、「お前どこみとんのじゃ」とガン飛ばしたり、東京のテレビ局にカメラを向けられた瞬間用意していたネタを忘れてしまった大悟さんの様々な仰天エピソードが語られた。 今でこそ「クセが強い!」の一言で解決だが、当時は東京の空気になじめずブレークのキッカケが掴めなかった千鳥。 そんな2人を面白おかしく取り上げたのが東野さんだ。 彼はトドメとして「ノブが大阪にマンションを購入」したと暴露。 「もう(大阪に)帰るの?」とあおり倒した後、大悟さんから「さあ、こっから東京で足並みそろえて千鳥で行こって言うとるときに大阪に家を買うた気持ちの話をしとんねん!!」というツッコミを引き出す高度なテクニックを見せた。 最終的に「ノブだけ大阪に帰るぞ!」「大悟のことお願いします~~~!」と無理やりノブさんをスタジオから退散させるのだが、千鳥はこの後見事に「くすぶり」から脱却し、大ブレークを果たすこととなるのだ。 「あんときの千鳥って僕らの中では面白かったけど... 」 VTRを見た品川さんは「あんときの千鳥って僕らの中では面白かったけど認知されていなかった」としみじみ。 東野さんが「千鳥の面白さをパッケージ化してお届け」したことから、現在の人気に繋がったのではないかと考察している。 放送後、ツイッターからは「よくここから爆発的に売れたよな」「(当初は)アク強すぎて全国は厳しいと思ってた」といった声が相次いだほか、「東野プレゼンツ3部作最高だった」「東野さんのプレゼン力は全部完璧」など、改めて東野さんの才能を実感したファンからの称賛も相次いでいる。

次の