むくみ解消 サプリ。 顔のむくみ対策サプリ【顔痩せ・小顔を目指すためのむくみ解消】

【薬剤師が解説】むくみに効くサプリと漢方薬などの市販薬はどれ?正しい選び方と使い方を解説

むくみ解消 サプリ

出典:PIXTA ・塩分の過剰摂取 塩分は体内でナトリウムとなり、体内の塩分濃度を正常にするため、水分を多く取り込もうとします。 その結果、血管内の水分量が増え、圧力が上がり水分が染みだしてむくみとなります。 ・運動・睡眠不足 筋肉量は血液ポンプの役割をしています。 運動不足で筋肉量が低下すると血液をスムーズに心臓に戻せなくなるためむくみの原因の1つとなることも。 また、睡眠不足では自律神経が休まらず、血管が収縮している時間が長くなってしまうため、血流が滞りむくみが起きてしまいます。 ・長時間座りっぱなし・立ちっぱなし 血液は重力によって脚など下のほうにたまりやすくなっています。 長時間同じ姿勢をとると、心臓から離れた部位ほど筋肉によるポンプ作用が低下する傾向にあるため、血流が滞りやすくなります。 ・冷え性 内臓の温度が低下していると冷え症となります。 自律神経が乱れ、血管が収縮する時間が長くなり、むくみが起こる原因となります。 ・ストレス ストレスがかかるとコルチゾールという成分の分泌が増大します。 コルチゾールが増えると、水分をうまく排泄しづらくなり、体内に水分が滞りやすくなります。 ・疲労による代謝低下 疲労などで代謝が低下すると、血行が滞りむくみやすくなります。 また、疲労物質がたまると血液が酸素不足となり、それを解消するため血管を広げようとして水分が染み出しやすくなります。 登山など長時間の野外活動でもむくむ? 出典:PIXTA 登山などの長時間の野外活動においても、帰り道には足がパンパンになったりしませんか?これにはいくつか考えられる原因があります。 ひとつは、 トイレに行く回数が減ることで、体内の余分な水分を排泄できないこと。 ふたつめは、 筋肉が疲労することで硬化して血液とリンパ液の循環が悪くなること。 それから、 重たいザックやタイツによる締めつけで、血液とリンパ液の循環が悪くなることです。 特に、女性は男性に比べて皮下脂肪が多く筋肉量が少ない場合が多いので、むくみやすくなります。 むくんでると、体にこんな影響が! では、むくむといったい体にどのような影響が出るのでしょうか?思い当たる節がある方もそうでない方も、一度チェックしてみましょう。

次の

下半身痩せサプリおすすめ8選!市販から通販まで徹底調査

むくみ解消 サプリ

【目次】【薬剤師が解説】むくみに効くサプリと漢方薬などの市販薬はどれ?正しい選び方と使い方を解説 むくみの原因を知って正しく対処しよう 足のむくみ、顔のむくみ、お腹のむくみなど、さまざまな「むくみ」に悩んでいる女性は多いと思います。 女性は男性よりも脂肪量が多く筋肉量が少ないため、血流やリンパの流れが悪くなりやすいため「むくみ」が生じやすいです。 なお、一般的に健康な女性が抱えている「むくみ」は病気ではなく、一時的な現象に過ぎないことがほとんどです。 しかしながら、一部では「むくみ」が病気のサインであることもあり、甘くみてはいけない症状でもあります。 例えば、次のような症状があれば、早めに病院で相談するようにしましょう。 息が苦しくなる• 熱や関節に痛みがでる• 尿の量が急激に減った• 体重が急激に増えた、減った• 体がとても疲れやすい など 通常、一日中立っていて足がむくんだり、座っていてむくんだりする場合には病気は考えづらいです。 特に内臓の病気が関わっていないということであれば、セルフケアでも対処することができます。 病気ではない「むくみ」の主な原因 病気が原因ではない「むくみ」を引き起こすのは、主に次のような原因が考えられます。 塩分の摂り過ぎ• 水分の摂り過ぎ 人間の体では、毛細血管から水分が塩分(ナトリウム)と共に外(細胞間質)へ排泄されていき、同時に細胞間質液から血管内へ戻る水分量がほぼ同量に保たれています。 細胞間質液とは、血管外の細胞間の隙間を満たす液体のことです。 塩分(ナトリウム)や水分の摂り過ぎにより毛細血管から細胞外へ染み出す水分の量が増えてしまうと、細胞間質液から血管内へ戻る量が相対的に少なくなってしまいます。 結果として、細胞間質液の水分量が増えてしまうために「むくみ」となって現れるのです。 この細胞間質液はリンパ管にも水分を送り込んでいるため、リンパの流れが滞っても「むくみ」が起こりやすくなります。 また、アルコールを飲んだ翌朝は顔がパンパンに腫れたりしますが、これはアルコールを飲むと喉が乾くので余分に水分を摂ってしまうためです。 むくみ対策にサプリや漢方って効くの? むくみ対策には、適度な運動と水分・塩分の摂り過ぎを控えることが基本です。 でも、塩分も水分も人間にとって非常に大事な身体の構成成分であることから、これらを完全にカットすることは危険であり不可能でもあります。 そのため、むくみ対策としておすすめなのは、下記のような食品または医薬品を上手に活用することです。 尿を出しやすくする「利尿作用」のあるお茶やサプリ• 体内の水分バランスを調整してくれる漢方薬• ナトリウムを排泄する作用のあるカリウムを含む野菜や果物 特にサプリや漢方薬などは市販で手に入りやすく、飲むだけで簡単にセルフケアができることがメリットです。 次にそれぞれの選び方について紹介していきます。 むくみ対策にサプリの選び方と注意点 むくみに対策に使えるサプリメントの成分としては「メリロート」「カリウム」「はとむぎ」「クランベリー」などがあります。 いずれも利尿作用や水分排泄を促して、むくみを改善する働きがあります。 メリロート メリロートはマメ科のハーブで、芳香性物質クマリンを豊富に含み、医薬品として使われているものでもあります。 ダイエット系のサプリにも使われていることがあり、むくみサプリの代表的な存在です。 医薬品に比べてサプリの方がクマリン含有量が多い場合もあり、実際に肝障害などの報告があるため、副作用には注意が必要です。 カリウム 食品からも摂取しているミネラルで、汗や尿などから失われやすい性質があります。 食品からも多く摂取できるもので、普通の食事では過剰になることはありません。 まずはサプリメントを使うのではなく、昆布やひじきなどの海藻、豆類、メロンやスイカなどのフルーツを試してみるのも良いでしょう。 自己判断でサプリで過剰に摂取したり、腎臓が悪い人が余計に摂取すると副作用が起きることもあります。 特にカリウムをお医者さんから制限されている人は、自己判断でサプリを飲まないようにしましょう。 はとむぎ はとむぎは穀類の一種であり、お米などに混ぜて炊いたりする人もいます。 漢方薬では「ヨクイニン」としても知られています。 水分の排泄を促して、むくみを改善するだけでなく、イボ取りや肌を滑らかに保つという効果もあります。 比較的効果がマイルドなだけに、副作用も起こりにくい安全な食品といえます。 サプリもありますが、むくみ対策にはお茶を活用する方が取り入れやすいでしょう。 クランベリー クランベリーエキスには利尿作用があることが知られていて、海外ではメディカルハーブとしても使われています。 尿路の殺菌作用があるため、膀胱炎を繰り返しやすい人にもおすすめのサプリ成分です。 女性にはうれしい抗酸化作用も高く、美容・美肌効果も期待できます。 ただし、サプリメントについては基本的には強い効果が期待できるものではありません。 あくまでも日々の足りない栄養を補うという目的で取り入れていくようにしましょう。 むくみを改善する漢方薬の選び方 サプリメントではあまり効果が感じられない、身体がだるい、めまい、冷えなどの不調に悩んでいるという場合には、漢方薬を使ってみるのも手です。 漢方薬の方がお薬ということもあり、サプリメントよりも高い効果が期待できます。 しかも、漢方薬は複数の生薬が含まれていて、組み合わさって働くことで同時にさまざまな症状を改善できるのが特徴です。 漢方では身体は「気・血・水」という3つの構成要素から成ると考え、「水」がむくみに関係します。 「水」のバランスが乱れると、むくみだけではなく、めまいや吐き気、冷えなどを引き起こすことがあります。 そのため、漢方では水の排泄を促してバランスを正常に整えることで、むくみと同時に気になる症状も楽になることが多いのです。 選び方としては、体質にあった処方を選ぶことが大事ですが、迷って選べない場合には薬剤師さんに相談すると良いでしょう。 むくみにおすすめのサプリ&健康食品 足がむくむ、顔がむくみやすい、お酒を飲んだ次の日のむくみが気になるなどの悩みを抱えている場合には、まずは気軽に取り入れられるサプリメントや健康食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。 市販されている商品から、むくみにおすすめのサプリを厳選して紹介します。 DHC メリロート むくみ改善には、適度な運動や水分・塩分の摂りすぎを控えるなどの対策だけではなく、紹介したようなサプリや漢方薬も役に立ちます。 むくみが気になる時のセルフケアや、むくみづらい体づくりのサポートに活用していくと良いでしょう。 ただし、むくみは病気のサインである可能性があることも忘れてはいけません。 なかなか改善しない場合や、症状がひどい場合には病院できちんと診てもらいましょう。 執筆・監修:薬剤師 笹尾 真波(ささお まなみ) 大学院卒業後、某内資系製薬企業にて市販薬の企画開発・マーケティングなどに携わる。 その後、都内大型門前病院前のドラッグ併設調剤薬局にて、調剤業務および市販薬のバイヤー・在庫管理・販売にも携わる。 その他、サプリメント・ハーブやオーガニックコスメ販売にも従事する。 また、外資系製薬企業にてDI業務、学術情報部門にて糖尿病や免疫関連の学術情報の検索および情報提供にあたる。 現在は非常勤薬剤師として調剤薬局で勤務する傍ら、正しい薬の使い方や医療情報、美容関係の情報提供に務める。

次の

顔のむくみ対策サプリ【顔痩せ・小顔を目指すためのむくみ解消】

むくみ解消 サプリ

アーモンドにはカリウムとビタミンEが豊富 生理前には食欲も多くなってしまうこともあります。 お腹が空いてしまった時に、スナック菓子や甘いお菓子を食べてしまうと、よりむくみやすくなります。 そこで、アーモンドはおすすめです。 噛み応えがあるので、満腹感が得られやすいのです。 また、アーモンドには、カリウムやビタミンEが豊富に含まれているので、血行促進されてむくみが解消しやすくなります。 アンチエイジング効果も高いので美容効果もあります。 妊婦 妊娠中期から後期にかけてむくみを感じる人が多くなります。 赤ちゃんの成長のために、血液量が増えたり、女性ホルモンであるエストロゲンの影響だったりが考えられます。 また、徐々にお腹が大きくなると、足の静脈が圧迫されるので、下半身の血行不良が足のむくみにつながります。 グレープフルーツ• 基本的には栄養バランスが取れた食事がベスト。 ただ毎日バランスの良い食事を食べるのは難しいため、「アボガド・豚肉・大豆・レモン」を積極的に取ると良い• すぐに解消したい時には、「緑茶・バナナ・海藻・トマト」が効果的です 顔や足のむくみに効果的な食べ物は上記のとおりです。 しかし 食べ物を改善した効果は、数ヶ月と非常に時間がかかります。。。 そこで足のむくみに悩んでいる人におすすめしたいのが、 着圧ソックスです。 着圧ソックスを利用すれば、 翌朝に足のむくみを引きづりません。 また履いた直後も足が軽く、スッキリとした感覚を実感できますよ。 着圧ソックスで有名な商品といえばメディキュット。 (今テレビCMで菜々緒さんが出演している商品です) しかし着圧ソックスにはもっと良い商品があります。 知名度に惑わされずにより 着圧ソックスの生地や加圧力にこだわった商品を選びましょう! その方が足のむくみに効果的ですよ。 数多くの着圧ソックスを比べて失敗しない厳選商品をまとめました。 着圧ソックスが初めての人はまず夜用を買いましょう。 非常に便利ですので1つは持っておきましょう。 すでに夜用・寝るとき用の着圧ソックスを持っているけど足のむくみがまだ完全に改善されない人は、日中用の着圧ストッキングやタイツを買いましょう。 夕方に足が痛い、太くなる、と悩んでいる人におすすめです。 むくみ解消に良い栄養成分 むくみを解消するために良い食べ物をご紹介してきました。 その 食べ物に含まれているむくみ解消に良い栄養成分はこちらです。 上で紹介した食べ物以外でも、下記の栄養成分が含まれているものであれば、むくみ解消が期待できます。 カリウム• ビタミンB1• ビタミンB6• ビタミンE• ポリフェノール むくみ解消サプリなら有効成分がしっかり含まれていて手軽にむくみ取りや予防ができます。 カリウム 体内の余分なナトリウムを排出するためには、カリウムが必要となります。 カリウムには体内の塩分濃度を調節する働きがあるのです。 このカリウムが不足することでむくんでしまうのです。 カリウムはトマトやキュウリのような夏野菜やバナナ、ほうれん草などにも含まれています。 カリウムは水溶性なので、煮てしまうと煮汁に溶け出してしまいます。 煮汁まで食べられるような調理方法で食べるようにしましょう。 クエン酸 クエン酸は身体の代謝を促し、水分の循環を正常にする働きがあります。 酸っぱいものに多く含まれていて、 梅干しや柑橘類、お酢などに多く含まれています。 ビタミンB1 ビタミンB1は、糖質の代謝促進をしてくれる働きがあります。 代謝機能が高まることで、水分も排出されやすく、むくみにくい身体になれます。 ビタミンB1は豚肉や豆腐、かぼちゃなどに多く含まれています。 ビタミンB6 ビタミンB6は血流を良くする働きがあります。 またホルモンバランスを調整することで、ホルモンバランスの乱れや生理前によるむくみにも効果的です。 ビタミンB6はマグロやカツオ、牛レバーなどに多く含まれています。 ビタミンE ビタミンEには、抗酸化作用があるため血管を健康にしたり、老廃物を排出しやすくしたりする働きがあります。 ビタミンEは アーモンドのようなナッツ類、モロヘイヤやアボカド、プルーンなどに多く含まれています。 ポリフェノール ポリフェノールは、植物に存在する色素成分です。 苦みや渋みの元となります。 ポリフェノールで良く知られているのが、大豆に含まれているサポニンや緑茶に含まれているカテキンなどです。 ポリフェノールには強い抗酸化作用があるので、身体の酸化を防いで代謝アップや血行促進に役立ちます。 よって、水分を溜めこみにくいむくみにくい身体になれるのです。 トマトやベリー系など、色の濃い野菜や果物に多く含まれています。 逆にむくみやすくなってしまう食べ物 むくみを解消するための食べ物は分かっていただけたでしょうか? しかし、むくみを解消しやすい食べ物を選んでいても、 むくみやすいものを食べてしまっていてはいけませんよね。 むくみやすくなる食べ物も知っておきましょう。 塩分の高いもの むくみは体内に水分が残ってしまっている状態です。 塩分の高いものを食べると、体内の塩分濃度を薄めるために、身体が水分を欲します。 そこで、うまく体外に排出できれば問題ないのですが、血行不良や筋肉の低下によって、水分が体内に溜まってしまうとむくみとなるのです。 よって、塩分の高いものは控えめにした方が良いのです。 次のようなものにはご注意ください。 塩分が高い食べ物• 漬け物• ハムやウインナーなどの加工品• かまぼこやちくわなどの練り製品• ラーメン• スナック菓子• インスタント食品• ジャンクフード 過度のアルコール アルコールを体内で分解する時に、多くの水分が必要となります。 またアルコールには利尿作用があるため、身体は脱水の状態になりやすいのです。 そうなると、身体は水分を溜めこもうとするので、むくんでしまうのです。 むくみを解消する食べ物を選んでみよう 足がむくんでいると辛いですよね。 そして、朝鏡を見て顔がむくんでいると、人に会いたくなくなるかもしれません。 むくみを解消させるためには、食生活は重要になります。 むくみにくい食べ物は身体の水分代謝を上げて、デトックス効果を高めるものです。 自分の食べやすいものを選んで続けてみると良いですよ。 そして、塩分の高いものや過度のアルコールを控えるのも忘れないようにして下さい。 食生活の改善によって、むくみのないすっきりとした身体で過ごしましょう。 私が足のむくみを解消した方法をまとめました.

次の