いわし 梅煮 圧力鍋。 いわしの梅干煮

鮮魚のプロ直伝「いわしの煮付け」レシピ。圧力鍋ナシで骨までやわらか!

いわし 梅煮 圧力鍋

圧力鍋を加圧している時の火力が弱いということはありませんか? 圧力鍋を買ったばかりの時、付属のレシピ通りに煮物をしたことがあるのですが 加圧している時の火力が「弱火」とあったのでその通りにしたのに野菜の芯が残ってました。 次から「中火」にしたらレシピ通りの仕上がりになりました。 使い慣れた圧力鍋、いつものコンロで調理したのに、というなら 考えられるのは、レシピよりも立派なもので骨が丈夫な鰯だったとか、実はレシピ通りに仕上がっているのだけど、自分のイメージしている柔らかさではなかった、というギャップがあるのかも。 私も「骨まで食べられる」とあったレシピにガッカリしたことあります。 噛めば食べられないことはない、という程度の骨だったからです。 私のイメージでは缶詰の水煮くらいの、モロモロとした骨を想像していたんですね。 そういった骨にするにはもっと加圧時間が必要でした。 レシピはあくまでも参考として、自分好みの柔らかさになる加圧時間をみつけるといいんじゃないかな。 圧力鍋にも色々種類あって、減圧タイプと高圧タイプありますよ~ 最近は野菜料理用に減圧タイプも出回っているので、今お手持ちの圧力鍋がどちらなのか確認すると良いですね~ 魚の骨やスジ肉を柔らかくするなら高圧タイプでないと厳しいです。 イワシ程度なら高圧タイプで煮たら、重りが振れてから7・8分も煮ればたいがい柔らかくなるハズ・・ 何分くらい煮てダメだったのかも書いてくれたらもっと原因がわかりやすいかもです。 そうそう、お酒入れ過ぎると上手く煮れないことがありますよ。 圧力鍋によっては説明書にも書かれてあると思いますが、お酒は融点が低いので、重りが振れてても中の温度はやや低め、仕上がりが変ってしまうので、お酒の入れ過ぎには注意が必要みたいです。

次の

【みんなが作ってる】 いわし 梅煮のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

いわし 梅煮 圧力鍋

スポンサードリンク いわしの梅煮 下ごしらえはスーパーにおまかせで楽ちん 今日スーパーで見つけたいわしは1匹50円でした。 圧力鍋に重ねずにおける大きさを考えて、6匹購入しました。 いわしはスーパーで頭と内臓を出してもらい、しっぽも落としてもらいました。 無料でやってもらえますし、手も生臭くなりません。 自宅でやる場合はまな板の上にチラシを敷いて、包丁を入れましょう。 内臓は頭を落としてから割り箸で掻き出すとかんたんに取れます。 落とした頭や内臓はビニル袋に入れて、最後にチラシもビニル袋に一緒にして縛ってから生ゴミに入れます。 夏場などは生ゴミからひどい臭いが出ますが、こうしておけば多少は大丈夫です。 下処理したいわしは塩水で洗い流してお皿に取っておきます。 いわしの梅煮 圧力鍋に煮汁を煮立たせて 梅干しの登場 いわしの梅煮 4人分 いわし・・・6匹 大きめないわしなら4匹でも 梅干し・・・4個 うちの梅干しは小さめなので5個用意しました しょうが・・・一かけ 薄切りにしておく 煮汁 酒・・・150cc 水・・・100cc しょうゆ・・・大さじ3 酢・・・大さじ1 砂糖・・・大さじ2 圧力鍋に煮汁の材料としょうがを入れて煮立たせます。 いわしを重ならないように並べて、煮汁をいわしの上にかけながら、いわしの表面に軽く火を通します。 いったん火を止めて、梅干しを入れます。 圧力鍋のふたをセットして、強火にかけます。 うちの圧力鍋の場合、赤い印が上がってきたら火を弱火にして15分煮込みます。 表示ピン等が上がってくる、おもりが回転するなど、圧力鍋によって違いがあります。 大きないわしの場合、17分くらい煮込みましょう。 スポンサードリンク 圧力鍋と酢と梅干しのチカラでいわしが骨までやわらかく 圧力鍋で15分煮えたら、赤い印が自然に下がるまでまちます。 赤い印が下がったら、フタをあけて再び中火で煮込んで煮汁を煮詰めます。 いわしに煮汁をそっとかけながら少し煮詰めましょう。 これで柔らかくておいしいいわしの梅煮が完成しました。 酢と梅干し、圧力鍋の力で骨も柔らかく食べやすいです。 あたたかい白いご飯のおかずにぴったりです。 お酒のおつまみにもどうぞ。 ちょっと酸味が減りますが、梅酒の梅を使ってもいわしの臭みが抜けておいしいですよ。 濃い味付けが好みなら、水は入れずに酒1カップだけで煮てみましょう。 圧力鍋にかけて、沸騰したら弱火にすることは忘れないでください。 あとがき いわしで簡単なのは塩焼きですが、スーパーで下処理してもらえば、煮付けも簡単です。 骨まで食べられて子どもも喜ぶおいしいいわしの梅煮を作ってあげましょう。

次の

いわしの梅煮 私のレシピ 圧力鍋で作れば骨まで柔らかく

いわし 梅煮 圧力鍋

料理酒 大さじ4• 砂糖 大さじ1• みりん 大さじ2• 酢 大さじ1• 醤油 大さじ2 イワシの下処理 イワシは一応、頭と内臓を取ってある物を買いましたが、スーパーの仕事は雑なので、もう一度よく内臓や血合いを落とします。 綺麗に水洗い出来ましたね。 余計な水分をキッチンペーパーなどで拭きとります。 圧力鍋でイワシを煮込んでいく 今回はティファールの圧力鍋を使っていきます。 まず、圧力鍋に調味料と生姜・梅干・山椒 あれば を放り込んで、ひと煮たちさせます。 イワシを並べて蓋をして加圧します。 今回のイワシは特大サイズだったので、加圧は25分くらいでしょうか? 時間が来たら火を止めて、圧が下りるまでそのまま放置します。 最後に10~20分ほど煮詰めていき、水分が少なくなったら完成です。

次の