笠井 アナ 悪性 リンパ腫。 【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)のステージや治療方法は?余命や生存率に希望はある?

笠井信輔アナについて。

笠井 アナ 悪性 リンパ腫

悪性リンパ腫のため近く入院することを発表したフリーの笠井信輔アナウンサー(56)が19日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に生出演した。 番組冒頭、まずはVTRの中で率直な心境を告白した笠井アナ。 「2カ月間めちゃめちゃ働いてこれからいい感じでいくぞって時に、ガーンってきた。 これは焦りましたわ」と述べた。 続いてスタジオでは病気を公表した理由を「32年間、ワイドアナウンサーとして芸能人や有名人の方のプライバシーを自分の言葉で放送してきた。 いざ、自分が病気になった時にそっとしておいてくださいというのは自分の生き方としては許さない。 話せることは、知ってもらう義務がある」と語った。 また、病気を知った時の気持ちを「なんで今、なんで俺って思った。 青天の霹靂(へきれき)を超える驚きでした」と話し「めまいがした。 俺、死ぬのって」と説明した。 笠井アナは体の痛みや倦怠(けんたい)感を訴えて11月に検査したところ、血液のがんの一種である「悪性リンパ腫」と診断を受けた。 所属事務所が18日、マスコミ各社にファクスを送信し「体調不良により療養させていただく運びとなりました」と発表、以前から決まっていた仕事をこなした後、近日中に入院し治療に専念する。 症状は発熱や体重の減少、激しい発汗、食欲不振など。 首や鼠径(そけい)部などのリンパ節が腫れることもある。 抗がん剤の投与や放射線による治療が一般的。 早大商学部卒。 87年にフジテレビ入社。 報道・情報番組を中心に出演し、「とくダネ!」は99年から今年9月まで20年間出演した。 趣味は映画・舞台観賞で、映画は年間130本をスクリーンで見る。 血液型A。

次の

笠井信輔アナが退院!闘病した悪性リンパ腫とは?

笠井 アナ 悪性 リンパ腫

tobe. yoko がシェアした投稿 - 2019年 9月月26日午後11時13分PDT 元フジテレビアナウンサーの笠井信輔さんがこのほど、 悪性リンパ腫を患っていることがわかりました。 奇しくもこの情報が場がれた日は、 白血病で闘病中だった競泳選手の池江璃花子さんが退院した、という嬉しいニュースが報じられたところ。 笠井信輔さんといえば、今年の9月にフリーに転身したばかり。 そして大先輩でもある小倉智昭さんと同じ事務所に所属。 すでに事務所へ依頼の仕事の 20本の内16本の仕事が決まっていたということですが、全てキャンセルされたということ。 これからは病気の治療に専念するということです。 一体どんな病気なのか。 そして、今現在の笠井信輔さんの病状やがんのステージはどのようなものなのか気になるところです。 笠井信輔 元フジアナ 悪性リンパ腫の報道について 笠井信輔さんが 悪性リンパ腫に侵されている報道がこちら。 フジテレビを退社しフリーに転身した笠井信輔アナウンサー(56)が、この悪性リンパ腫に罹患していることが12月17日、週刊新潮の取材で判明した。 テレビ局関係者が言う。 「笠井アナは9月末でフジテレビを退社しました。 一方、悪性リンパ腫の診断が下ったのは11月下旬のことだったそうです。 社員時代ではなく、フリーになってから病気が見つかったことになります。 現在、笠井アナは、テレビ局などを回り、病状の説明を行っているそうです。 ひとまずは仕事をキャンセルし、治療に専念する考えのようです」 引用:Yahoo! JAPANニュース 笠井信輔さんは今年 2019年 9月末にフジテレビを退社。 その後は、小倉智昭アナと同じ事務所『オールラウンド』へ。 笠井信輔さんがフリーで活躍するという期待は、事務所は持ちろん、業界でも大きいものでした。 すでに数本のテレビ出演も決まっていた状況。 そんな中、12月17日、『週刊新潮』の取材で、笠井信輔さんが今現在、悪性リンパ腫に侵されていることがわかったと言います。 ネットの反応を見てみると、 某テレビ番組のロケに出演していた笠井信輔さんが、番組の後半で、とても疲れた症状を見せていた という。 そのネットで書き込みの方は、もしかすると、この時点ですでに病に侵されていたのでは?と呟いていました。 笠井信輔さん自身は異常を感じていたのでしょうか? それで検診を受けた、あるいは、事務所の定期健診で、今回の病気が発覚したのかも知れません。 まだ病状の詳しい報道がされていませんが、何れにせよ、悪性リンパ腫に侵されていることがわかったことは不幸中の幸いではないでしょうか。 笠井信輔が悪性リンパ腫でどんな病気なのか? 笠井信輔さんを襲った 悪性リンパ腫。 この病名は最近よく耳にするようになったと感じるのは、筆者だけでしょうか。 この 悪性リンパ腫とはどんな病気なのでしょう。 悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんの1つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気です。 全身のいずれの場所にも病変が発生する可能性があり、多くの場合は頸部(けいぶ)、 腋窩(えきか)、 鼠径(そけい)などのリンパ節の腫(は)れが起こりますが、消化管、眼窩(がんか:眼球が入っている骨のくぼみ)、肺、脳などリンパ節以外の臓器にも発生することがあります。 ネットの反応のように、笠井信輔さんは、体になんらかの以上を感じたのかもしれませんね。 このことについては、後日改めた事務所より発表があるということ。 もしかすると、笠井信輔さんが悪性リンパ腫に侵されていると報道された翌日 12月18日 放送の『とくダネ! 』で小倉智昭さんの口から何かしら語られるのではないでしょうか。 何れにせよ、笠井信輔さんの今現在の病状、ステージなどはわかり次第、追記いたします。 笠井信輔が悪性リンパ腫でネットの声は? 笠井信輔さんが悪性リンパ腫についてネットの声は以下の通り。 ・名前 笠井信輔 ・生年月日 1963年4月 ・出身地 東京都世田谷区 ・最終学歴 『早稲田大学』 ・所属事務所 『オールラウンド』 ・趣味 映画鑑賞・舞台鑑賞・カラオケ 笠井信輔さんの 年齢は56歳 2019年現在 祖父は劇作家・脚本家の阿木翁助。 妻は元『テレビ東京』社員の茅原ますみさんで1990年に結婚。 奥さんが他局の方というのはちょっと意外ですね。 また、子供は25歳、21歳、16歳 2019年現在 の3人の息子がいます。 大学卒業後、1967年に『フジテレビ』に入社。 1989年4月から『おはよう!ナイスデイ』に出演。 spして1999年からフジテレビ退社まで『情報プレゼンター とくダネ!』のサブキャスターとして出演。 2019年7月30日にフリーに転身と小倉智昭さんと同じ事務所『オールラウンド』に所属を発表。 同年9月末日で『フジテレビ』を退社。 同年10月1日より『オールラウンド』所属として活動。 現在のレギュラーはCSフジ『男おばさん!!』 また、笠井信輔さんといえば、『宝塚歌劇団』の大ファンとして有名です。 笠井信輔 元フジアナ 悪性リンパ腫の現在!ステージや病状や症状は?仕事は全てキャンセルで治療に専念について 笠井信輔さんのこの報道は、本当にびっくりしましたし、信じられませんでした。 筆者は毎日、朝の情報番組『とくダネ! 』を観ていたのでこの報道には本当にショックでした。 2ヶ月前に笠井信輔さんと仕事をしたラジオ関係者の話によると 「 元気で、病気の様子は全くなかった」 としています。 2ヶ月前といえば、10月でしょうか。 病気が発覚したのが11月ということ。 ラジオの仕事の頃、もしくはその後に何らか、体の不調があったのかもしれません。 この報道を受けて、親子のように『とくダネ! 』を支えてきた小倉智昭さんの心中を察すると、言い表すことのできない悲しみを抱えていらっしゃるのではないかと思います。 きっと、笠井信輔さんが悪性リンパ腫に侵されていると報道されてしまった以上、翌日 12月18日 放送の『とくダネ! 』で話題に触れないわけにはいかないでしょう。 今現在の笠井信輔さんの状況、そして小倉智昭さんのコメントはどのようなものになるのでしょうか。

次の

元フジ笠井信輔アナ襲った「悪性リンパ腫」とは?過去には大物有名人も

笠井 アナ 悪性 リンパ腫

元フジテレビでフリーのアナウンサー(56)が悪性リンパ腫を患っていると、2019年12月17日に「デイリー新潮」が報じた。 フリーランスになったばかりの笠井アナを襲った突然の出来事に対して世間の注目が集まる中、18日なるとほかのメディアも一斉に報道を開始。 腰と肩に悪性リンパ腫があると報じたほか、19日には笠井アナが古巣の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演することもあり、報道が過熱している。 そんな中、一部の視聴者から、「旅番組に出演していた笠井アナが苦しそうだった」とするツイートが上がっている。 視聴者から指摘が上がっているのは、7日にテレビ東京で放送された「土曜スペシャル 鉄道沿線ひたすら歩き旅6 福島・磐越西線 郡山〜会津」。 同番組は鉄道の沿線を敢えて徒歩で旅する旅番組で、番組中では出演者が全行程64. 6kmを3日間にわたって踏破。 笠井アナは1日目と2日目の行程に登場したが、その笠井アナに異変が起きていたというのだ。 「笠井さん遅れてる?」「そんなに早くないよね、ペース」 番組は2時間半番組だったが、視聴者が言う「異変」が始まったのは、放送開始から45分ほどたった、出演者の笠井さん、福澤朗アナウンサー(56)、土屋アンナさん(35)が鉄道沿線を外れ、山道を歩くシーン。 山道に入るまでは固まって歩いていた3人だったが、いざ山道に入ると、福澤アナと土屋さんが難なく歩を進めていくのに対し、笠井さんは遅れ気味に。 その後、ある程度の距離がついたことに気付いた福澤さんが「笠井さん遅れてる?」「そんなに早くないよね、ペース」と土屋さんに問いかけると、土屋さんが「フツー」と返すシーンが放送された。 カットが切り替わると、画面は遅れている笠井さんに貼り付いているカメラからの映像に転換。 息が上がり気味の笠井さんは、「やっぱ、フリーってのは過酷ですよ」と、局アナ時代には経験したことがないという「行軍」に驚きつつも懸命に歩を進めていたが、同シーンには「笑顔が完全に消える」とのテロップが表示されるなど、編集スタッフから見ても笠井さんの表情の悪化が見て取れたようだ。 また、山道のシーンが終わって道路沿いの歩道を歩くシーンでも笠井アナは引き離され気味だったほか、昼食として蕎麦屋で蕎麦を食べるシーンでは、両目の下に深いクマが確認できた。 左肩が痛いと訴える笠井アナ その後、番組では3人はJR川桁駅前を通過し、JR猪苗代駅を目指すシーンを放送したが、日は沈み、道は真っ暗。 JR猪苗代駅を目指す途中の路上で、笠井さんは「肩が痛くてさ、急に来ちゃって」と、右手で左肩を抑えつつ、痛みに顔を歪めた。 笠井さんはバッグを右肩にかけており、左肩にはそれほどの負担はないはずだが、それでも、その痛みはかなりのもののようだ。 そして、猪苗代駅に着く直前には、福澤アナらと笠井さんは互いに視認できなくなっており、絶望的な距離が開いてしまっていた。 先に駅にたどり着いた福澤アナと土屋さんは猪苗代駅に着くと、番組のノルマである記念撮影を笠井さん抜きで行った。 カットが切り替わると、画面は遅れている笠井さんに貼り付いているカメラからの映像に転換。 1km以上離されているとのテロップが表示される中、歩道橋の階段を上る笠井さんは、「ちょっとこれ、きついわ」と息も絶え絶え。 さらに、歩道橋を渡り終える直前には「イテテテ、肩が痛い」と漏らしつつ顔をゆがめた。 この後のシーンでも笠井アナが「イテテテ」と発する一幕があり、相当な痛みをこらえつつの移動であることが分かる。 その後、女子高校生と思しき制服姿の女性2人に福澤さんと土屋さんがこの日の宿についてのアドバイスを受けていると、25分遅れで笠井さんがJR猪苗代湖駅に到着。 安心しきったのか、到着するなり笠井さんはその場にへたり込んでしまった。 これらのシーンがあったためか、デイリー新潮の報道以降、ネット上ではツイッターを中心に、「笠井アナ が出演してた旅番組見てました。 歩き疲れて本当に具合悪そうだった」といった声が続々。 また、「肩が痛い肩が痛いって言ってたのも、病気のせいだったのかなぁ」と、笠井さんが肩が痛いと訴えていたことを指摘する声も上がっている。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永) 外部サイト.

次の