爪 斜め。 足小指の爪の端に生える小さい爪

巻き爪にならない「正しい爪の切り方」

爪 斜め

足の小指の外側の端っこに、いつも小さい爪が生えてきます。 もとは一枚の爪だったのが、いつからか根幹のところで割れてしまって目に見える部分からは既に分かれて生えてきてるようです。 もうかれこれ10年以上この爪とお付き合いしてるのですが、同じような爪の方はいらっしゃいますか? この小さい爪が少しでも伸びてくると、靴下にひっかかる度にとても痛いのです。 それに歳をとってこのままの爪だと、自分で爪を切れなくなった時、どうしよう等と心配してしまいます。 病院で相談する場合は整形外科?皮膚科?等悩みは尽きません。 どなたか同じような爪で解決した方がいらっしゃいましたら、どんなことでも教えてくださいませ! ユーザーID: 1814692650 入院していた祖父の小指の爪もそうでした。 家族の中で私だけが、小さい爪つきです。 祖父からの遺伝だったんだーと高校時代、納得しました。 靴下や布製品にひっかけて、痛いこともしょっちゅうです。 指の腹でなでて引っかかる時はヤスリで調整しています。 hinaさんのようにむしりとれる事もあります。 私の場合はむしると少し嫌な感覚があります。 一度「水虫じゃないか」と言われました。 医師に診せましたが、赤ちゃん時代からであること、祖父もそうだったと伝えると「遺伝じゃないかなー」とあいまいなお返事でした。 爪をはがして再生させても、遺伝だと同じ事なのでやめました。 お仲間が意外といらっしゃって嬉しいです。 2人子供が居ますが、どうやら片方にも同じ爪が生えました・・・ ユーザーID: 0430638460• 心や体の悩みランキング• 私もです 私にもありました。 私のは結構幅が広く(爪の1/3位)やはり靴下に引っ掛けたりする度に痛くて嫌な思いをしていました。 むしり取ろうとすると血が出てきて痛いので、爪切りで出来るだけ短くしたりしてました。 5〜6年前からネイルサロンに行き出したのですが、以来足の爪は年間を通して(冬でも)ネイルサロンでお手入れしてもらっていて(爪のケア+ペディキュアをしてもらいます)初めてサロンに行った時ネイリストさんに「(甘皮が被っていて)小指の爪が小さいですね」と言われました。 自分でも気が付いたら甘皮を押し上げたりしてます。 試しに一度ネイルサロンで相談してみてはどうでしょうか ユーザーID: 6178769330• 遺伝かあ〜 私もです。 左右の小指とも…両親はそうではないので、隔世遺伝かもしれません。 (血の繋がった祖父母は既に他界してるので、確認できない) 長時間歩いたりするとその爪から痛み出したりするので、hinaさんのように、根こそぎ爪きりやキューティクルニッパーで除去したりしてました。 結構穴があきますが、生えて痛いよりいい感じ。 で、退職を機に靴を本来の幅に合ったような楽なものに変えてみました…職業柄パンプスなどが多く、幅広やセミオーダーなど色々試してはいたのですが、パンプス自体が多少無理があったようで、病院に行くほどではないにせよ、外反母趾気味に足全体が少し変形してたので。 ほじるのもしばらく我慢していた所、生え始めの根元部分が何となくメインの爪にくっついて一枚になった感じになってきました。 爪の感じも、今までの「固形物(糊を固めてしまった時のような)」から爪らしい質感になってるようです。 なので、このまましばらく様子を見てみるつもりですが、もし駄目であれば、周囲に聞いたところ爪の事はまず皮膚科(爪は皮膚の進化?したものらしい)なので、相談してみようかな、と思っています。 ユーザーID: 5736933551• 靴が原因の一つであるかもしれませんね。 でも結婚してスニーカー生活14年になりましたが、左足はまだ今も小さい爪健在デス 泣・・・) 私の場合、小さい爪を引っこ抜いたり、やすりで削ったり等は怖くて絶対にできません! 少し伸びてきた小さい爪を切る時でさえ、先端のほんのちょびっとだけポツンと落とすだけで、その長さ加減も微妙なのです。 それ以上切ると絶対に痛いです。 しかもその小さい爪は2mmほどしかないのに、隣の本爪とは別方向のいつも少しばかり斜め上に向いてるのです。 ここに集まってる小さい爪持ちの皆様、頑張りましょう!! ユーザーID: 1814692650• 同じ状況・・・かなぁ? 上手く説明できないのですが、私は左足の親指の爪の内側が 根元から割れて生えてきて、大きくて硬いささくれのような状態になります。 割れた方向が悪く、伸びれば伸びるほど指の皮を破って出血します。 内側に伸びる巻爪のような感じ。 小さい頃はなんともなかったのですが高校生の時にひどくなり、 膿んでしまったので整形外科でその爪の根元から切除しました。 膿むことはなくなりましたが、今でも爪が伸びると変な生え方をして ストッキングをデンセンさせてしまうので、頻繁に切ります。 母親の話では、母も若い頃同じ状態で、同じ処置をして治ったそうで。 お医者様には「体質もある」と言われました。 整形外科でも皮膚科でも、とりあえず診てもらった方がいいと思います。 早くよくなるといいですね。 ユーザーID: 9370285565• 私も! 靴下に引っかかるとほんと痛いですよね。 母も同じ事を言っていたので、私も母も爪が弱いから割れているんだろうなと納得していたものです。 で、今、「そういえば最近はそれで困ったことがないなぁ」と思い出し、足を見たら…なくなってました! 私の場合は左の小指だったのですが、ないんですよ。 この2ヶ月、素足でサンダルを履く生活を送っていたからなくなったのかも? 靴下&靴の寒い時期はしょっちゅう引っかかって泣きたくなってました。 とても痛くて引っこ抜くなんて考えられません。 なので、ひたすら根元で切ってました。 こんなに簡単に解決するって事はやっぱり先天的に爪が2枚生えていた訳ではなく、ただの靴のせいでしょうか。 ユーザーID: 9491719577• 手は別ものかな?.

次の

健康な爪の状態は?爪が教えてくれる病気の信号 [ネイル・ネイルケア] All About

爪 斜め

Topics• 爪の状態と症状 健康な爪というのは、半透明で薄いピンク色をして、形状としては、つやがあります。 爪は、年々、年を重ねるごとに硬くなるといいますが、縦線や横線が入っていたり、爪に波打つようなでこぼこがあるケースがあります。 また、赤色、灰色、黄色っぽく変色していることもあります。 もし、ご自身の爪をみて気になる点があったら、何かのサインかもしれません。 時々、観察しているものいいかもしれませんね。 それでは、爪の状態と症状別に原因を探っていきましょう。 爪の色・形状の異常原因 爪の色や形状の異常原因に関して、以下の原因が考えられます。 ・不規則な生活習慣 ・食事の偏りによる栄養不足 ・ストレス ・病気 過激なダイエットや不規則な食生活も以上の原因といえます。 現代社会では、避けて通れない部分もありますが、爪の異常を感じたら、受診されることをお勧めします。 点状陥凹 無数の小さな凹みが爪の表面に出来てでこぼこになる症状を点状陥凹といいます。 これは爪母といわれる爪が作られる部分に何らかの異常が起き、発育が抑制されてしまうことで爪の表面が少しでこぼこにみられます。 とはいえ、特定の爪だけに症状がみられる場合は、外傷などが原因と言えるため、時間が経てば治るというケースが多いようです。 乾癬 へこみのある周辺に白い確執が付いている場合は、乾癬が疑われます。 実際、爪以外にも症状がみられることもありますが、典型的なものには、皮膚が赤く盛り上がり、銀白色のフケのようなものが付きますが、原因は不明とされています。 ただ、感染することはないようです。 塗り薬や飲み薬での治療がありますが、再発しやすいため、ストレスなどを溜めないよう生活習慣に気を付けていく必要があるようです。 カンジダ性慢性爪郭炎 爪のでこぼこ意外にも爪の根本の皮膚が赤くなり、腫れるような症状がみられる場合は、カンジタ等のカビや細菌が入ってしまっている可能性があります。 特に水仕事を良くされる方がかかりやすい病気ともいわれており、指で触った食品をそのまま放置してしまうと細菌が増殖し、食中毒の原因になることもあるようです。 とにかく水仕事の後は、しっかりと手を乾燥させ、イトラコナゾールを服薬、更には抗カンジタ薬を指に塗る等といった方法で対処することが大切です。 きちんと治療した場合、半年ほどで治るようです。 【スポンサードリンク】 爪に縦線 こちらは、ずばり「老化現象」が原因といわれています。 年を重ねるごとに爪も老化しているということになります。 とはいえ、キューティクルオイルや保湿等でケアをすると老化防止になるそうです。 爪も肌と同じで乾燥に弱いのです。 若い方の爪に縦線が見られる場合は、栄養不足の可能性があります。 ビタミンCや亜鉛等を意識して摂取しましょう。 なお、30代からみられる場合は、加齢によるものなので、心配はないようです。 爪に横線 爪に横線が入っている状態を「爪甲横溝」といいます。 これは、数週間又は数か月前などに発症した高熱等、何らかの異常が体に見られ、一時的に爪の成長が止まったことに原因があるとされています。 また、精神的又は、身体的にストレスを感じた時にもこのような症状が見られるようです。 成人の場合、爪は、1日に0. 1mm程伸びますので、今はえている爪は、以前の体調や症状により形成されたものと考えられます。 全体的に爪がでこぼこしている場合は、一時的ではなく、慢性的な疾患を抱えているという意味にもなりますので、特に注意が必要です。 全体的に縦線の場合は、上記に記載したとおり、加齢によるものだと判断されますが、横の場合は、何かしらの病気の可能性があります。 爪の色がグレー 爪の色がグレーだったのが、黄色っぽくなり、更には、爪が厚くなり、ガサガサしてきたら、「爪白癬」の可能性があります。 これは、いわゆる爪の水虫になりますので、皮膚科にて受診しましょう。 爪の色が赤色 健康な爪の色は、ピンクです。 爪が赤く、違和感を感じるようであれば、何かの病気のサインかもしれません。 特に爪が赤くなるというのは、がんの可能性もあるようですので早急に受診しましょう。 まとめ 特に足の親指に出来る爪のでこぼこが気になったら、まずは、線の入り具合が縦か横かを確認してみましょう。 縦に線が入っている場合は、加齢によるものであるといわれていますが、年齢によっては、栄養不足による症状といえます。 この場合、バランスの良い栄養を心がけ、規則正しい生活をしましょう。 なお、横に波打つ線が入っている場合は、一時的な体調不良、全面的に横線が入っている場合は、慢性的な病気のケースがあります。 爪の色も含め、違和感を感じたら、早めに病院へ行きましょう。

次の

上手な爪の切り方はこちら!指先まできれいになろう♪

爪 斜め

正しい切り方 (スクエアーカット) 指の先端と同じか、やや長めに切り、両端の角は少し丸めるようにヤスリでやや丸く整えます。 ヤスリのかけ方は、往復させず、一方向にサッサッとなでるようにかけます。 ヤスリを往復してかけると、爪の表面の縦の消臭対策SHOP根にに負担がかかって亀裂が入りやすくなります。 爪の湾曲に沿って、左右両端から中央に向かって半分ずつかけ、最後に上から下にかけて仕上げます。 切る頻度は1か月に1回くらいが目安! 爪の伸びるスピードは、大人の場合1日0. 08~0. 12mmぐらいといわれています。 人によって差がありますが、爪を切る頻度は1か月に1回くらいが目安です。 爪にトラブルがある人はニッパー型爪切りを! 爪切りには、爪を上の刃と下の刃ではさんで断裁する「 平型爪切り」と、パンチのような形をした 「ニッパー型爪切り」があります。 一般的には平型爪切りが広くつかわれていますが、医療や介護の世界ではニッパー型爪切りが主流です。 平型爪切り 間違った切り方 (深爪) 深爪は爪の先端、爪の両端の角を短く切りすぎた状態。 指先の皮膚が盛り上がって爪が埋もれてしまうため、地面を踏みしめたりして下から強い力がかかったとき、その力に対抗できなくなってしまいます。 本 来、爪が皮膚をきちんと覆っていれば、地面からのチカラにきちんと対応できます。 しかし、爪の面積がちいさくなると、地面からのチカラにまけて、爪が皮膚 の中に埋もれてしまいます。 皮膚にうもった爪は外からの力に押される形で、中の方にのびていきます。 その結果爪が内側に巻き込んでしまうのです。 巻き爪は、爪の切り方が最大の原因です。 したがって、正しく爪を切るだけで、大部分の巻き爪を防ぐことができます。 爪が皮膚に食い込んでくると、その部分を木って痛みを和らげようとしますが、爪が伸びる時にさらに症状が悪化します。 爪の端を切り込まないことが予防の第一です。 巻き爪になって痛みや炎症があるときは、フットケアが有効です。

次の