無 呼吸 症候群 マスク。 睡眠時無呼吸症候群対策!家庭でも気軽に出来る3つの方法。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAP(シーパップ)

無 呼吸 症候群 マスク

15~20cm位の大きさであるCPAP機器本体と、あらかじめ設定した圧力で空気を送るチューブ、鼻に当てるマスクからなり、睡眠中はこれを装着します。 CPAP治療を行った場合と行わなかった場合とを比較した研究によると、CPAP治療を行った患者さんの方が明らかに長生きできたなど、多くの研究によって、睡眠時無呼吸症候群に対するCPAPの効果が証明されています。 現在では中等~重症の閉塞型睡眠時無呼吸症候群の標準的治療法として広く用いられています。 引用: こんな機械を装着して寝ることで、呼吸のサポートを行います。 睡眠時無呼吸症候群 SAS の症状を診断する ハードルが高いと感じる方が多いかもしれませんが、とにかく病院に行くことです。 一度行ってしまえば、全て説明してくれるので安心して治療を受けましょう。 まずは睡眠科がある病院へ お住いの地域で睡眠科がある病院を探しましょう。 できれば、睡眠時無呼吸を専門に扱っている病院がいいです。 それと、病院を決める際の注意点が一つ。 それは、 できるだけ家から近い病院を選ぶこと なぜなら、毎月1回の通院を怠るとCPAP治療が保険適用外になってしまい、高額な治療費がかかってしまうから! 必ず病院で説明してくれると思いますが、重要なので覚えておいてくださいね。 2段階の検査で無呼吸の診断をする 病院では診察をしますが、これだけでは睡眠時無呼吸症候群 SAS かどうかの診断はできません。 検査は2段階となっていて、少々手間がかかります。 呼吸状態や血中の酸素濃度などを計測し、睡眠時無呼吸症候群のうたがいを調べてくれます。 説明書を見ながら装着するのはけっこうめんどくさい。 結構緊張するし違和感もあるのですが、眠れないとデータが取れず再入院・・・なんてこともあるので頑張りましょう。 または、簡易検査キットを持ち帰って自分で検査することも可能。 これによって、ようやくあなたの無呼吸症候群がどの程度なのかを診断できます。 自己負担3割で 3,000~4,000円程度の費用がかかります。 前述したように、毎月通わないと保険適用外になってしまうので、気を付けてくださいね。 結果が出たらCPAP療法を開始 検査が終わって無呼吸症候群の診断が下されると、CPAP治療を開始できます。 その辺は結果次第で決めていただければと思います。 CPAP器具の使い心地は正直不満だらけ さて、あなたの人生を劇的に変えてくれる可能性があるCPAP療法。 とはいえ、その前に使い心地を知りたいですよね。 CPAP器具は、ぶっちゃけかなり邪魔だし手入れも面倒です。 具体的にはこんな感じ。

次の

睡眠時無呼吸症候群を治療するなら原因と方法の把握から!対策グッズの検討も。

無 呼吸 症候群 マスク

睡眠時無呼吸症候群では、夜間寝ている間に無呼吸や低呼吸状態になり、そのたびに目を覚ましてしまいます。 夜間の眠りが非常に細切れに分断化して、ぐっすり眠れない、熟睡できずに疲れが取れない状態になります。 そのため、翌日の昼間に眠気や倦怠感、集中力低下がみられ、エラーや事故のリスクにつながってきます。 また、無呼吸や低呼吸状態から目を覚ますたびに血管や心臓に負担がかかり、徐々に血圧や血糖が上がってきて生活習慣病が悪くなるといった悪影響も無呼吸症候群には秘めております。 その結果、心筋梗塞や脳卒中のリスクにもつながりかねません。 無呼吸症候群の治療目標は、繰り返す無呼吸や低呼吸を抑止し、その結果良質な睡眠を取り戻すことによって翌日の昼間のQOLを改善することです。 また、メタボリックシンドローム、生活習慣病との悪循環を断ち切り、心血管系の疾患の発生の予防、ひいては生命予後の軽減まで治療目標に含まれております。 治療方法としては、中等度以上の無呼吸症の患者さんには、CPAPという療法が行われています。 CPAPとは鼻マスクから圧をかけた空気を送り込むことで喉を広げて、無呼吸・低呼吸が起こることを抑止します。 1時間に20回以上無呼吸・低呼吸がある方には保険適用になっております。 また、軽症の方、あるいはどうしてもCPAPのマスクが付けられない方には、口腔内装置、いわゆるマウスピースの治療法があります。 マウスピースを装着することで、下顎や舌を前方にスライドさせて喉を広げますが、この方法も無呼吸や低呼吸の治療に有効と言われています。 ただし、重症で肥満度の高い方には、マウスピースだけで治療が難しい場合もありますので注意が必要です。 極度の鼻閉や扁桃肥大などの耳鼻科的問題がある方は、耳鼻科での施術が適用になったり、最近は顎の形そのものを矯正する顎矯正術が選択されるケースもあります。 無呼吸症候群の患者さんの中には、自覚症状が乏しい方もいらっしゃいます。 このような方では、CPAPやマウスピースを使い続けることが非常に難しくなる場合もありますが、未治療で放置するとやはり命にも関わる疾患であることをしっかり踏まえながら日々の治療を継続していくことが重要です。 睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対する生活指導 CPAPやマウスピースは、あくまでも対症療法になります。 無呼吸症候群を根治的に治療するためには、特に肥満のコントロールがとても重要になってきます。 体重が1割落ちるだけで無呼吸や低呼吸は3割ほど少なくなるといった報告もありますので、時間をかけてゆっくり体重を落とすことが重要です。 また、規則的な睡眠習慣で適切な睡眠を確保することがとても重要になります。 睡眠不足では、せっかくCPAPやマウスピースをしていても効果が台無しになってしまいます。 また、夜型の生活をしたり、寝て起きてという時間が不規則になったりすると、日中の眠気の原因になったり、良質な睡眠が取りづらくなりますので、なるべく決まった時間帯に睡眠を取るようにしてください。 睡眠時間については個人差もありますが、7時間程度を目安に足りないようであればそこから少しずつ延ばしていく方法がよろしいかと思います。 夜型の生活にならないためにも、朝はしっかりカーテンを開けて自然光を浴びるように心がけてください。 また、お昼の休憩時間の最後は20分程度の仮眠を取る習慣で午後の眠気を少しリフレッシュすることが可能になりますので、ぜひ実践してみてください。 嗜好品の取り方にも注意が必要です。 特にアルコールは喉の筋肉を緩めて、無呼吸や低呼吸を起こりやすくしてしまいます。 また、睡眠の質も低下させるため、なるべくアルコールは控えるようにしましょう。 それから、カフェインの取り過ぎも夜の睡眠の質を下げたり寝つきを悪くしたりしますので、夕飯後、夜の8時くらいからはノンカフェインで過ごすようにしてください。 ニコチンにも覚醒効果があるため、眠れないときの一服は避けるようにしてください。 すでにCPAPによる治療を行っている患者さんで、 睡眠時無呼吸症候群の症状改善がみられない場合の対処法 CPAPを使用していても十分な効果が得られない場合は、CPAPが適正に使用できているか確認することが重要です。 マスクが合っていないと空気が途中で漏れてしまったり、結露が多くて途中で目が覚めてしまったり、あるいはマスクを付けるとどうしても鼻が詰まってしまったりなど、眠りの妨げになっている場合は調整や対策が必要になりますので、ご家族に確認していただいたり、担当のドクターとよく相談するようにしてください。 それでも眠気が残っている場合、まず日々の睡眠を見直してみるようにしましょう。 平日・休日ともに2週間くらいはなるべく7時間を切らないように十分な睡眠を取ってみてください。 お忙しい方だと平日は5~6時間、そして休日に8~9時間、場合によっては10時間以上と寝貯めをする方も多いのですが、このように睡眠時間がばらついていると、平日の日中の眠気の原因につながりかねません。 また、脚がむずむずしたり、じっと布団にいられないようなレストレスレッグ症候群、あるいはよく観察していると寝ているときに周期的に脚がぴくんぴくんと動く周期性四肢運動が起こっていないかどうか、このような場合は専門医による確定診断が必要になりますのでご相談いただき、適切な良質な睡眠を取っていくことが重要になります。 その他、アルコールの取り過ぎによる睡眠の不良も翌日の眠気や倦怠感につながります。 また、眠気を起こすような抗アレルギー薬や精神安定剤を服用されている方は、薬剤の調整をすることで眠気が軽減する場合もあると思いますので、担当の先生と相談してみてください。 さらに、精神的な疲労が眠気や倦怠感として認識される場合もありますので、気分転換、ストレスチェックも行うようにしましょう。 CPAP治療が十分になされていても、日中の眠気が残る場合に行われる検査と治療 眠気を来たす他の要因を除外した上で、それでもCPAPを使っていても眠気が残る場合には、その残った眠気の客観的評価を行います。 反復睡眠潜時検査(MSLT検査)と言われ、具体的には、無呼吸の診断のときに用いた終夜ポリグラフ検査の装置を着けて昼間記録します。 日中2時間おきに4~5回暗い検査室で寝てもらうという指導をします。 それで、どれくらいのスピードで実際に寝てしまうのか、またそのときに何か特殊な脳波がないかという鑑別も踏まえて客観的な眠気の強さを評価していきます。 この記録で平均8分以内に眠ってしまうような強い眠気があった場合に具体的な治療に移るといった基準が設けられています。 このような検査を踏まえて、客観的にも日中の眠気が残っているといった診断・判断になった場合は、最近新しいお薬があります。 このお薬は、人間の睡眠と覚醒のうち、覚醒力のほうを維持する・促進するといった効能がありまして、朝1錠飲むと日中の間は居眠りや眠気を感じることなく過ごすことができます。 少しずつ少量から使うことで大きな副作用なく過ごせる方が多いと思います。 お薬を飲んで昼間の眠気が改善した場合にもCPAPやマウスピースを止めてしまうと再度眠気を来たす原因になりますので、あくまでも通常のCPAPやマウスピース治療で取りきれない眠気に対してのサポート、補足になるお薬だと理解してください。 睡眠時無呼吸症候群の問題点(睡眠不足がきたす生活の質の低下や合併症など) 無呼吸症候群では、眠っている間に無呼吸や低呼吸を繰り返すことで夜間の眠りが非常に劣化します。 その結果、日中強い眠気を来たし、仕事や学習の効率を下げてしまったり、場合によっては大きな事故につながりかねないような危険が潜んでいます。 具体的には、無呼吸症の患者さんでは自動車運転リスクは通常の3~7倍程度、非常に高くなるという報告もありますので、十分な注意が必要です。 また、夜ぐっすり眠れないことで、翌日の疲れ、倦怠感、意欲や活力低下も無呼吸症の患者さんではしばしばみられます。 似たような状態にうつがありますが、うつ病だと思ってずっと薬を飲み続けていたら実は無呼吸症が隠れていて、無呼吸症の治療をしたら改善したといったケースもたまにありますので、両者の鑑別も非常に重要です。 たかがいびきで済まさないように、いびきが大きいと言われている方、あるいは最近体重が増えてきて、しかもぐっすり寝た気がしないなどの症状がある場合、自覚症状がない方もいらっしゃいますので、ぜひご家族の方、ご本人だけではなく皆様が無呼吸症候群に注目して、気になるようであればぜひ医療機関を受診するように心がけてください。

次の

睡眠時無呼吸症候群の治療(CPAP)用マスクのヘッドギアを中心とした、ヘルスケア製品の研究・開発/IKK株式会社

無 呼吸 症候群 マスク

CPAPとは 睡眠時無呼吸症候群の治療法として、日本や欧米でもっとも普及しているのが「 Continuous Positive Airway Pressure」、頭文字をとって「 CPAP(シーパップ)」と呼ばれる治療法です。 以下で、その CPAPが睡眠時無呼吸症候群のどのタイプに有効で、どのような治療法なのか解説します。 睡眠時無呼吸症候群とは 睡眠時無呼吸症候群とは、 睡眠中の呼吸が止まってしまう病気のことです。 「 10秒間以上呼吸が止まる無呼吸」や「もう少しで呼吸が止まりそうな低呼吸」が、睡眠中 1時間あたり 5回以上あると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。 日中の頭痛や強い眠気、だるさ、集中力や記憶力の低下などのほか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病につながってしまう可能性もあります。 その原因によって「 閉塞性睡眠時無呼吸タイプ」と「 中枢性睡眠時無呼吸タイプ」に分類することができ、 CPAPは、閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効です。 閉塞性睡眠時無呼吸タイプの睡眠時無呼吸症候群 鼻や口から肺への空気の通り道である気道のうち、 鼻腔から咽頭(いんとう)までの「上気道」と呼ばれる部分に空気が通る十分なスペースがなくなり、無呼吸が生じるタイプです。 睡眠時無呼吸症候群の患者の約 9割がこのタイプに該当し、 CPAPが有効とされています。 上気道のスペースが狭くなる要因としては、首・あごのまわりに脂肪がついたり、のどちんことも呼ばれる口蓋垂(こうがいすい)の両側が肥大したり、舌の付け根である舌根(ぜっこん)が落ち込んだりすることなどが挙げられます。 中枢性睡眠時無呼吸タイプの睡眠時無呼吸症候群 呼吸運動を調節し、指令を出す中枢神経の異常によって引き起こされるタイプです。 肺、呼吸に関連する筋肉や、中枢神経からの指令を伝達する末消神経には異常がないにも関わらず、無呼吸が生じてしまいます。 閉塞性睡眠時無呼吸タイプと違い、上気道は開いたままです。 睡眠時無呼吸症候群のなかでも、このタイプの患者は数パーセント程度です。 上気道に中から空気圧をかけ続けることで、舌や軟口蓋を押し上げて広げ、無呼吸になるのを防ぎます。 また、装置の種類も豊富で、日常的に使用するサイズのものから、出張や旅行に持参できる 1〜 2㎏のコンパクトタイプなものまであります。 以下で、具体的な装着方法を紹介します。 CPAP装置の装着方法 空気を送り込む CPAP装置本体は、 15〜 20センチ四方ほどの大きさで、ベッドサイドのテーブルなど近場で安定した場所に置きます。 この本体から伸びた シリコン製エアチューブの先のマスクを鼻あるいは口に装着します。 空気を送り込むときの圧力は、常に一定の圧力を保つ設定と、無呼吸のときに合わせて自動的に圧力が増す設定があり、どちらを選択するかは主治医が症状に応じて判断します。 CPAP装置の使用時間と使用頻度 睡眠中の呼吸を助ける治療法なので、 毎日、寝ている間の一晩中装着します。 症状が改善したからといって CPAPを中止すると、また無呼吸が発生する恐れがあるため、治療の継続や終了は主治医と相談して決めることになります。 CPAP装置の使用 医療機関で適切に設定された装置を使い、 マスクを正しく装着すれば、睡眠が妨げられることはほぼありません。 むしろ、呼吸が改善することで熟睡しやすくなりますが、まれに、鼻づまり、耳鳴り、マスクが当たる部分の皮膚のかぶれ、口の乾きなどが生じることもあります。 また、 CPAPを使い始めて間もない頃は、息を吐く際にも空気が送られてくるため、呼吸に違和感があるかもしれません。 これらの不快な症状は、空気を送り込む圧力を調整したり、別のタイプのマスクに変えたりすることで改善することもあります。 違和感が続くからといって独断で治療を中止したりせず、主治医と相談してください。 CPAP装置を正しく装着するポイント 自宅で本格的に使い始める前に、医療機関に一泊入院し治療に適した機器設定などを行う、タイトレーションといわれる検査を実施する場合もあります。 マスクは、顔とマスクフレームが平行になるように角度調整し、後ろの部分は首にかかるまで深くかぶるとよいでしょう。 また、寒冷地の冬場などでは、エアチューブの内部が結露し、その水滴がマスク側に落ちてきてしまうことがあるため、暖房器具などで室温を温かく保ってください。 使い方でわからないことがあれば、コツがつかめるようになるまで主治医や医療機関のスタッフに相談すると安心です。 CPAPの効果 CPAPは、続けることで睡眠時無呼吸症候群の症状が改善され、それに伴う睡眠の質の向上や、生活習慣病などの合併症の抑制が期待できます。 睡眠時無呼吸症候群の症状改善 CPAPによって、睡眠中の無呼吸や低呼吸の頻度が減少していきます。 それに伴って無睡眠の質も向上するため、 日中の眠気が減少したり、集中力を取り戻したり、だるさや疲労感も感じにくくなるでしょう。 睡眠時無呼吸症候群の合併症の抑制 睡眠時無呼吸症候群については、 生活習慣病との合併が指摘されています。 例えば、高血圧の場合、睡眠中に下がるはずの血圧が、無呼吸の影響で血圧が上昇するケースがみられます。 CPAPによって無呼吸が減少すると、睡眠中の血圧上昇が抑えられ、早朝から日中までの降圧効果にもつながるのです。 そのほか、 心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などのリスク抑制にも効果があることもわかってきました。 CPAPの効果はいつから感じるか CPAPは、初めて装置を使った翌朝に熟眠感などの症状改善を感じる人がいる反面、なかなか改善を感じない人もいます。 ただ、治療の効果は、 自覚症状だけでなく、無呼吸の頻度や睡眠の質にあらわれることもあります。 そのため、自己判断で治療をやめることなく、主治医と相談しながら、治療を継続していくことが大切です。 CPAPをはじめるには CPAPを受けるためには、知っておきたいことがあります。 医療機関の選び方から、治療費用の目安まで、気になることを以下で紹介します。 CPAPのための医療機関の選び方 睡眠時無呼吸症候群の検査と治療ができる医療機関は全国にあります。 「睡眠外来」や「睡眠センター」など、睡眠専門の外来を設けている機関もあれば、内科や呼吸器科、循環器科、耳鼻咽喉科、精神科などが対応している場合もあります。 CPAPは長期的な治療になるため、定期的な受診が必要になります。 まずは、 なるべく通いやすいところに相談してみてください。 CPAPの費用目安 治療費の目安として、保険が適応になり、 3割負担の方で月4,500円程度です。 CPAP装置は医療機関からレンタルして使用することが一般的で、装置の保守管理、マスクやエアチューブなど治療に必要な消耗品の供給は医療機関で対応しています。 CPAP装置のメンテナンスなど CPAP装置やマスクは、毎日使うものだけに、こまめに手入れをする必要があります。 特に、 顔に直接触れるマスクは、常に清潔にしておくことが大切です。 取扱説明書に従って、適切な手入れをしましょう。 睡眠時無呼吸症候群は治療することができます。 治療によって睡眠の質が向上すれば、日中の不調が解消され、健康的な生活が期待できます。 睡眠時無呼吸症候群かもしれないと思う方は一度、医療機関を受診し、 CPAPを検討してみてはいかがでしょうか。 <参考> 『睡眠時無呼吸症候群を治す!最新治療と正しい知識』白濱龍太郎監修(日東書院本社) 『別冊 NHKきょうの健康 睡眠の病気』内山真監修( NHK出版) 『睡眠障害のなぞを解く』櫻井武著(講談社).

次の