アキバコム。 アキバコムアスリート【akibacomathlete】の公式サイトに安心・安全のダイレクトアクセス

アキバコムアスリート【akibacomathlete】の公式サイトに安心・安全のダイレクトアクセス

アキバコム

アキバコの後継機がカラバコ 最大の娯楽であるテレビには、アナログ放送時代からさまざまな制限が施されていました。 一方、その制限を突破してより自由に番組を楽しむための数々の工夫も登場。 万能CATVチューナー、画像安定装置、HDMI裏レコーダー、P2Pテレビ、TS抜きチューナーなどを駆使し、グレーゾーンをすり抜けてきました。 そして、2016年。 そんなテレビの裏ワザが結集したようなツール「カラバコ ABC-EN2」が登場しました。 カラバコは2015年にリリースされた「アキバコンピューター(アキバコ)」の後継機になります。 アキバコはAndroidOSをベースとしたテレビ専門の裏PCといったイメージの装置。 HDMI裏レコーダーやCATVコピーフリーチューナーといった機能を、それぞれアプリとして搭載しています。 アキバコの基本機能を引き継ぐ そして、幅広い動画形式に対応したメディアプレーヤー「Kodi」を実装。 AVIやMP4といった主要な動画ファイルの再生はもちろん、Kodi用のアドオンとして海外の裏動画配信サービスとも連携しているのが特徴でした。 それらにアクセスすれば、日本のアニメや海外ドラマも見放題というケースもあるのです。 カラバコは、そんなアキバコの基本機能を引き継ぎながら、サポート保証外だったCATVチューナーの代わりに、地デジWチューナーを搭載しました。 もちろん「ダビング10」というコピー制限に縛られない録画が可能です。 動画再生形式はTS、MKV、MOV、AVI、MP4などに対応。 実勢価格は69,800円となっています。

次の

www.realshoppee.com:NTTコム オンライン、SMS次世代規格対応「メッセージコネクト」の取り扱いを開始

アキバコム

【アキバコムとABVの違い】 もう既に何度もSボコから動画やDVDを購入して下さっている方であれば 説明する必要もないかもしれませんが、念のため説明させて頂きます。 じゃあ問答無用でABVが良いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、 基本的にはアキバコムでまず販売開始になって、その後にABVに卸される、 というパターンが多いのが現状です。 つまり、アキバコムではDVD販売されてるんだけど、ABVではダウンロード できない!! というケースがしばしば発生してしまうんですね。 特に当ブログでも大人気の最新Club-Q作品なんかがそうです。 基本的にはアキバコムで発売開始になって一定の時間が経てば、 ABVにも卸される可能性が高いのですが、それまでの時間待ちきれない、 今すぐに作品が見たい場合はアキバコムで買う必要があるという訳です。 【アキバコムで注文~発送まで】 では具体的に、まずアキバコムで作品を購入した場合にどのような 流れで商品が発送されるのかについて、説明して参ります。 をご参考下さい。 まず、注文が完了するとアキバコムからこのようなメールが届きます。 そしてこの注文確認メールのもう翌日には、 「発送確認メール」が同じアドレスで届きます。 私は関東在住なので翌日だったと思いますが、 地方でも2日、遅くても3日で届くはずです。 その際はこんな感じで梱包されています。 ご覧頂いても分かる通り、封筒の名前の箇所には「アキバコム」 という文字のみが表記されているため、よっぽど怪しんで作品を 見ようとしない限り、家族バレの心配はないと思います。 更に封筒を開けてみても更に梱包が、となると、空ける方も、 何かしら気が引けてしまう部分も少なからずあるでしょう。 という訳で、実際に家族バレの心配がないことを私自身身を持って 体感致しましたので、是非気になっている作品があるのであれば、 アキバコムでM格闘DVDを注文してみてはいかがでしょうか。 私はこれから届いた本ボコ209を視聴する事にしますw.

次の

アキバコムバトル【akibacombattle】の公式サイトに安心・安全のダイレクトアクセス

アキバコム

アキバコの後継機がカラバコ 最大の娯楽であるテレビには、アナログ放送時代からさまざまな制限が施されていました。 一方、その制限を突破してより自由に番組を楽しむための数々の工夫も登場。 万能CATVチューナー、画像安定装置、HDMI裏レコーダー、P2Pテレビ、TS抜きチューナーなどを駆使し、グレーゾーンをすり抜けてきました。 そして、2016年。 そんなテレビの裏ワザが結集したようなツール「カラバコ ABC-EN2」が登場しました。 カラバコは2015年にリリースされた「アキバコンピューター(アキバコ)」の後継機になります。 アキバコはAndroidOSをベースとしたテレビ専門の裏PCといったイメージの装置。 HDMI裏レコーダーやCATVコピーフリーチューナーといった機能を、それぞれアプリとして搭載しています。 アキバコの基本機能を引き継ぐ そして、幅広い動画形式に対応したメディアプレーヤー「Kodi」を実装。 AVIやMP4といった主要な動画ファイルの再生はもちろん、Kodi用のアドオンとして海外の裏動画配信サービスとも連携しているのが特徴でした。 それらにアクセスすれば、日本のアニメや海外ドラマも見放題というケースもあるのです。 カラバコは、そんなアキバコの基本機能を引き継ぎながら、サポート保証外だったCATVチューナーの代わりに、地デジWチューナーを搭載しました。 もちろん「ダビング10」というコピー制限に縛られない録画が可能です。 動画再生形式はTS、MKV、MOV、AVI、MP4などに対応。 実勢価格は69,800円となっています。

次の