ヤンデレイラスト。 ヤンデレのかわいい魅力13個!ヤンデレが好きな男子の6個の心理とは?

ヤンデレ要素のあるおすすめフリー乙女ゲーム5選 vol.1

ヤンデレイラスト

概要 「」と「」の合成語。 先行する「」からの派生で男性向け文化を中心に中~後半にかけて広まった。 意中の相手(多くは)に対する二律背反の感情や葛藤の慢性化、独占欲の不充足等により、や、を欠いた状態を示す。 簡単に説明すると、 「 相手への好意が強く高まり過ぎた結果、病的な精神状態になってしまうこと。 もしくはそうした精神状態」 といった意味合いの言葉である 実際に、と言う名で愛されていると妄信する精神疾患がある。 複数の創作物の感想から自然発生的に生まれた用語であるため、人によって定義に差はあるものの、概ね以下のような解釈がなされた。 元来の性格は普段は温厚で控えめ、または引っ込み思案で気味。 故に異なる意見に触れられないまま思考を先鋭化させてゆく。 性格が災いして、自分から関係に発展させるのが苦手。 それ故に数少ないきっかけを手放すまいと必死になる。 日常の些細な出来事から、相手を恋愛対象として意識しはじめる。 一度でも気になりだすと全てを知り尽くさないと気が済まず、酷い場合には・・等の行為に及ぶ。 最初から発症している場合、直接の接触がある前から既にが始まっている事も。 気を惹こうとして対象限定で世話焼きになり、さらにになる。 特に女性は、男性は化しやすい。 付き合いが始まると生活の軸を完全に恋愛対象へと移行させる。 同時に相手も自分を中心とした生活を送る事を望み、関係を理想とする。 自身のが脆弱故、心配性で束縛が非常に強い。 不安の種はすべて排除するというスタンスで、特に 自分以外の異性(ならば同性も)との接触は万死に値する。 怒りの矛先は原則として相手でも自分でもない第三者。 むしろ、実際にがあったとしても相手の罪は見て見ぬふりをする事も。 いわゆる「」との差異は、表面上は納得したとしても、無意識の内に「病み」を進行させてゆく点である。 自分の愛情が拒絶されたと感じると、とても悲観的になる。 その後はより表現の手段を大規模化させる場合と、第三者に責任転嫁する場合に大きく分かれる。 増大した「病み」が閾値に達するとし、酷い場合には自他に対して凶行に走る。 そうした時の思考は「 全て壊して二人だけの世界を作ればいい」「 死ねばもう心が動く事はない」といったある種のである。 上記の要件を受け入れられる性格、度量を持ち得たを除き、大抵は暗い結末を迎え、そうでなくても想定通りの形で恋愛が成就する事は少ない。 見てゆくと分かるように、「ヤンデレ」は第三者はおろか恋愛対象とすらまともにを取ろうとしていない。 彼女ら彼らの言う「愛情」は 独善に基づく自己陶酔に始まり、被害妄想に基づく自己完結に終わっていくのである。 「ヤンデレ」の発展 命名こそ最近のものだが、このような類型自体は古今東西で確認する事ができる。 古くはのや、の、の『』に行き着くほか、個人の創作物においても『』のまで遡るなど、キャラクター造形としては古典的な部類である。 ただしヤンデレという言葉が広まるようになったのは2000年代以降であり、それ以前は定まった名称は無かった。 例として『』の第4部、(1992年)に登場するは現代ではヤンデレの典型とされているが、作中では「 プッツン由花子」という表現が使われていた。 該当する人物は大抵女性で、 恨み妬みの強さを誇張する事で浮気や不倫・不貞行為を戒める寓話的な意味が込められている事が多い。 現代に「ヤンデレ」が流行した理由も、一つにはそうした意味があった。 2000年代後半はいわゆるの台頭等によって、長らく男性向け萌え文化の中心にあった「」物が退潮し始めた時期でもあり、創作物においても「性の乱れ」に対する目が厳しくなりつつあった。 浮気の兆候を潰して回る「ヤンデレ」の行動は、見方によっては貞操を守り不埒な輩へのを行うとも取れ、そうした時代における一種のシンボルとして受け入れられた。 従来的な観点からも、「ヤンデレ」の存在感は無視できないものであった。 「ツンデレ」とて結局は主人公の許に落ち着く、予定調和な「」の一種と化しており、発狂はおろかネガティブな感情が見られる機会さえ稀であった中に現れた「濃い」人物群は、相当斬新かつ刺激的なものに映った。 更に、「コミュ障で世界が狭い」という点は層が抱えやすい特性でもあり、全く理解不能な存在というわけでも無かった。 一度成立したカップル関係を狂信的なまでに維持しようとする「ヤンデレ」は、どちらの立場に立って見てもおいしい存在であり、だった。 「ヤンデレ」は、まさにその極端な行動原理によって人気を博したのである。 知名度が高まるにつれ、最初から「ヤンデレ」物として製作される作品も現れ始め、より刺激的な表現も追及されるようになると、以下のような展開が頻出するようになっていった。 自分だけを見るようにひたすら説得(という名の・)を行う。 や等により、物理的に自分を頼らざるを得ない状況を作る。 疑心暗鬼に陥り、恋愛関係に留まらず「障害」と見做したもの全ての排除を図るようになる。 心身を独占できない事を悟った等の理由により、 愛慕する者本人の殺害をも決意する。 また、外観的にも記号化が進み、次第に初見で識別が可能にもなっていった。 の無いうつろな()。 尋常では無い笑み・喜びの表現()。 (、等のが多い)の所持。 描写(主に誰かの返り)。 下2つは性描写以外による成年指定推奨表現(、)にかかりがちで、も存在する。 「ヤンデレ」が死傷者を出すは神話の時代から一定数見られたものの、一連の流れがの等で取り上げられ、一種の「」としても受容されるようになる中で、こうした展開が新たな「」となっていった事は確かである。 「ヤンデレ」の転回 過激化とによる作品数の急増は、次第に「とりあえず刃傷沙汰」といった粗製乱造の様相を呈するようになり、当初からの愛好者よりそうした風潮に対する疑問の声が上がり始める。 狂人の自己満足(本当の意味での)を見せ付けられるばかりで、真っ当な「デレ」が一向に感じられなくなっているという声である。 本来「ヤンデレ」とは「ツンデレ」同様、接し方次第で「」にも持っていけるはずのであり、「病み」方向の最終手段である凶行ばかりがクローズアップされるべきではないとする反発が起こった。 その結果、部分的に重なる概念として存在していた「」を巻き込む形で以下のような定義の再編に至った。 ヤンデレ 1 特定の誰かを愛している、他は(時に自分自身さえ)どうでもいい 2 愛している特定の人のためになんでもする「護って、尽くす」行為がベースにある 3 愛している人にそっぽを向かれるのを何より恐れるが、それ以外の他人からどう思われようが知ったことなし 4 一言で言えば、 「愛してくれないなら邪魔なあいつ殺す!」 メンヘラ 1 誰かに愛情を向けてもらいたい、そんな自分が何より愛おしい 2 誰かに気を向いてもらうためになんでもする「かまってちゃん」行為がベースにある 3 自分という存在がそっぽを向かれるのを何より恐れるが、自分以外の他人がどうなっても知ったことなし 4 一言で言えば、 「愛してくれないならここで死んでやる!」 出典 インターネット上で用いられるより これにより 「ヤンデレ」が持っていた自己中心性や攻撃性の多くが「メンヘラ」に投げられる形となり、従来「ヤンデレ」とされていたキャラクターの中からも再考を促される例が出てきた。 例えば『』は一時期、「ヤンデレ」物の代表作の一つとなっていたが、現在ではその会話の通じない様は「メンヘラ」であると解されている。 同作も含まれるが、「最初から病んでいる」というパターンも激減した。 恋愛に関わろうとも、対象からの影響無くして生じた「病み」を持つ者は「メンヘラ」だからである。 求められる描写が「病み」から「その結果としての盲従・献身」に移行したと言え、日常生活、特に対象側にマイナスの影響を及ぼす行動が忌避されるようになった。 他方、本来多様な「病み」の総称であったはずの「メンヘラ」は、「」や「」を前提として捉えられる傾向が強まり、特に女性に対しては「どうせ愛されないのだからこちらも愛情を与える必要は無い」といった先制攻撃さえ匂わせる言説が増加している。 あるいは、「ヤンデレ」を萌え要素として純化させるプロセスだったとも考えられ、実際に「はヤンデレ、は「メンヘラ」とはっきり二分する言説も存在している。 「ツンデレ」同様、ある程度結末の見える展開の方が好まれるようになり、萌え本来の文脈に近づきつつあると言える。 ただし、「ヤンデレ」物における「」の定義は依然として一般的な意味とは異なっており、「共依存エンド」を求める声などは現在も多い。 もっとも、2010年代半ばの時点では、こうした動きは男性向け萌え文化以外では限定的であり、「メンヘラ」との線引きが困難なケースも多々見られる。 ヤンデレは「」等と違い明確な定義はない為、迷った場合は相手の為に行動したなら「ヤンデレ」自分のためなら「メンヘラ」と解釈すれば分かりやすいかもしれない。 また、こうした線引きはあくまでネットの一部で行われ、広められたものに過ぎないので、 決して「周知の事実」とは言えない点には注意が必要である。 あるコンテンツや実況動画の謳い文句にヤンデレとあったのに、登場したのはメンヘラだった、というケースで「視聴者を騙すなんて」と憤っている者がたまにいるが、その作品・実況動画の投稿者がそもそもこうした線引きをよく知らず、一時期大流行した頃の感覚で「ヤンデレ」を使っている= 騙す気や悪意は全くないことも頻繁にある。 そして、先述の線引きは「周知の事実」 ではないのだから、そうした作者・実況者を無知だと責めることも不当であろう。 あえて何か行動をとるとすれば、関係者を責めるのではなく、 「もっと適切な定義のし方がある」ということをやんわりと伝えるのがいいのではないだろうか。 キョーちゃん()• 連載当時はヤンデレという言葉が使われていなかったため、化の際に「早すぎたヤンデレヒロイン」と言われた。 () 関連タグ 精神状況 ・()・・・ 状態変化 ・・・・・ 行動 ・・・・・・・・ カテゴリー ・・・・・・・ 交流企画 、 別表記 、 その他 実在・架空の人物• :実在(史実)のヤンデレ戦国武将。 :昭和時代に実在したヤンデレ。 ダウナーすぎるキャラクターから当時「 ビョーキ」と呼ばれていた。 現在では早過ぎたヤンデレとして再評価されている。 ドラマ『』の登場人物。 様々な奇行を俳優のが怪演した事から、放送当時「冬彦さん」がになるほど話題に。 早過ぎたヤンデレとして『ヤンデレ大全』にも掲載されている。 小説、およびそれを原作としたサイコスリラー映画。 ヒロインのアニーがヤンデレじみた性格をしている。 やの元ネタと言われている。 関連 (闇可憐).

次の

ヤンデレ兄妹二次漫画【ヘタリア・イヴァナタ】結婚しよう・イラスト

ヤンデレイラスト

MITA先生原作、山本やみー先生作画の漫画、ドクザクラのご紹介です。 主人公は他人からの好感度を数値化して見ることができる男子大学生。 三人の女性をうまく利用してヒモ男のような生活を送っていたが、幼少期にある約束をした幼馴染の「サクラ」と再会する。 サクラの好感度はまるでバグったような桁違いの数値を示していて・・・。 というのが本作の導入部分です。 好感度がバグってる幼馴染ヒロインは事故で長い間昏睡状態だったため、精神年齢が幼いまま。 更に主人公のように特殊な能力を持っていて、主人公が咄嗟についた「借金がある」という嘘を信じ込み強盗をしてしまいます。 主人公の手元には大金が転がり込み、便乗の強盗殺人も発生し、警察が捜査に乗り出します。 一巻ではヤンデレというギミックを利用したサスペンス的な展開が目立ち、ヒロインと敵対するような流れになってしまうのでヤンデレ目的で読むと「おや?」となってしまうかもしれませんが、二巻でヒロインらしい動きを見せ始めるので一巻だけでなく二巻まで見てほしい漫画です。 主人公がヒモになるために利用してる三人のサブヒロインの扱いも今後どうなるのか気になるポイントでした。

次の

ヤンデレ診断・あなたのヤンデレ度は何%?!

ヤンデレイラスト

概要 「」と「」の合成語。 先行する「」からの派生で男性向け文化を中心に中~後半にかけて広まった。 意中の相手(多くは)に対する二律背反の感情や葛藤の慢性化、独占欲の不充足等により、や、を欠いた状態を示す。 簡単に説明すると、 「 相手への好意が強く高まり過ぎた結果、病的な精神状態になってしまうこと。 もしくはそうした精神状態」 といった意味合いの言葉である 実際に、と言う名で愛されていると妄信する精神疾患がある。 複数の創作物の感想から自然発生的に生まれた用語であるため、人によって定義に差はあるものの、概ね以下のような解釈がなされた。 元来の性格は普段は温厚で控えめ、または引っ込み思案で気味。 故に異なる意見に触れられないまま思考を先鋭化させてゆく。 性格が災いして、自分から関係に発展させるのが苦手。 それ故に数少ないきっかけを手放すまいと必死になる。 日常の些細な出来事から、相手を恋愛対象として意識しはじめる。 一度でも気になりだすと全てを知り尽くさないと気が済まず、酷い場合には・・等の行為に及ぶ。 最初から発症している場合、直接の接触がある前から既にが始まっている事も。 気を惹こうとして対象限定で世話焼きになり、さらにになる。 特に女性は、男性は化しやすい。 付き合いが始まると生活の軸を完全に恋愛対象へと移行させる。 同時に相手も自分を中心とした生活を送る事を望み、関係を理想とする。 自身のが脆弱故、心配性で束縛が非常に強い。 不安の種はすべて排除するというスタンスで、特に 自分以外の異性(ならば同性も)との接触は万死に値する。 怒りの矛先は原則として相手でも自分でもない第三者。 むしろ、実際にがあったとしても相手の罪は見て見ぬふりをする事も。 いわゆる「」との差異は、表面上は納得したとしても、無意識の内に「病み」を進行させてゆく点である。 自分の愛情が拒絶されたと感じると、とても悲観的になる。 その後はより表現の手段を大規模化させる場合と、第三者に責任転嫁する場合に大きく分かれる。 増大した「病み」が閾値に達するとし、酷い場合には自他に対して凶行に走る。 そうした時の思考は「 全て壊して二人だけの世界を作ればいい」「 死ねばもう心が動く事はない」といったある種のである。 上記の要件を受け入れられる性格、度量を持ち得たを除き、大抵は暗い結末を迎え、そうでなくても想定通りの形で恋愛が成就する事は少ない。 見てゆくと分かるように、「ヤンデレ」は第三者はおろか恋愛対象とすらまともにを取ろうとしていない。 彼女ら彼らの言う「愛情」は 独善に基づく自己陶酔に始まり、被害妄想に基づく自己完結に終わっていくのである。 「ヤンデレ」の発展 命名こそ最近のものだが、このような類型自体は古今東西で確認する事ができる。 古くはのや、の、の『』に行き着くほか、個人の創作物においても『』のまで遡るなど、キャラクター造形としては古典的な部類である。 ただしヤンデレという言葉が広まるようになったのは2000年代以降であり、それ以前は定まった名称は無かった。 例として『』の第4部、(1992年)に登場するは現代ではヤンデレの典型とされているが、作中では「 プッツン由花子」という表現が使われていた。 該当する人物は大抵女性で、 恨み妬みの強さを誇張する事で浮気や不倫・不貞行為を戒める寓話的な意味が込められている事が多い。 現代に「ヤンデレ」が流行した理由も、一つにはそうした意味があった。 2000年代後半はいわゆるの台頭等によって、長らく男性向け萌え文化の中心にあった「」物が退潮し始めた時期でもあり、創作物においても「性の乱れ」に対する目が厳しくなりつつあった。 浮気の兆候を潰して回る「ヤンデレ」の行動は、見方によっては貞操を守り不埒な輩へのを行うとも取れ、そうした時代における一種のシンボルとして受け入れられた。 従来的な観点からも、「ヤンデレ」の存在感は無視できないものであった。 「ツンデレ」とて結局は主人公の許に落ち着く、予定調和な「」の一種と化しており、発狂はおろかネガティブな感情が見られる機会さえ稀であった中に現れた「濃い」人物群は、相当斬新かつ刺激的なものに映った。 更に、「コミュ障で世界が狭い」という点は層が抱えやすい特性でもあり、全く理解不能な存在というわけでも無かった。 一度成立したカップル関係を狂信的なまでに維持しようとする「ヤンデレ」は、どちらの立場に立って見てもおいしい存在であり、だった。 「ヤンデレ」は、まさにその極端な行動原理によって人気を博したのである。 知名度が高まるにつれ、最初から「ヤンデレ」物として製作される作品も現れ始め、より刺激的な表現も追及されるようになると、以下のような展開が頻出するようになっていった。 自分だけを見るようにひたすら説得(という名の・)を行う。 や等により、物理的に自分を頼らざるを得ない状況を作る。 疑心暗鬼に陥り、恋愛関係に留まらず「障害」と見做したもの全ての排除を図るようになる。 心身を独占できない事を悟った等の理由により、 愛慕する者本人の殺害をも決意する。 また、外観的にも記号化が進み、次第に初見で識別が可能にもなっていった。 の無いうつろな()。 尋常では無い笑み・喜びの表現()。 (、等のが多い)の所持。 描写(主に誰かの返り)。 下2つは性描写以外による成年指定推奨表現(、)にかかりがちで、も存在する。 「ヤンデレ」が死傷者を出すは神話の時代から一定数見られたものの、一連の流れがの等で取り上げられ、一種の「」としても受容されるようになる中で、こうした展開が新たな「」となっていった事は確かである。 「ヤンデレ」の転回 過激化とによる作品数の急増は、次第に「とりあえず刃傷沙汰」といった粗製乱造の様相を呈するようになり、当初からの愛好者よりそうした風潮に対する疑問の声が上がり始める。 狂人の自己満足(本当の意味での)を見せ付けられるばかりで、真っ当な「デレ」が一向に感じられなくなっているという声である。 本来「ヤンデレ」とは「ツンデレ」同様、接し方次第で「」にも持っていけるはずのであり、「病み」方向の最終手段である凶行ばかりがクローズアップされるべきではないとする反発が起こった。 その結果、部分的に重なる概念として存在していた「」を巻き込む形で以下のような定義の再編に至った。 ヤンデレ 1 特定の誰かを愛している、他は(時に自分自身さえ)どうでもいい 2 愛している特定の人のためになんでもする「護って、尽くす」行為がベースにある 3 愛している人にそっぽを向かれるのを何より恐れるが、それ以外の他人からどう思われようが知ったことなし 4 一言で言えば、 「愛してくれないなら邪魔なあいつ殺す!」 メンヘラ 1 誰かに愛情を向けてもらいたい、そんな自分が何より愛おしい 2 誰かに気を向いてもらうためになんでもする「かまってちゃん」行為がベースにある 3 自分という存在がそっぽを向かれるのを何より恐れるが、自分以外の他人がどうなっても知ったことなし 4 一言で言えば、 「愛してくれないならここで死んでやる!」 出典 インターネット上で用いられるより これにより 「ヤンデレ」が持っていた自己中心性や攻撃性の多くが「メンヘラ」に投げられる形となり、従来「ヤンデレ」とされていたキャラクターの中からも再考を促される例が出てきた。 例えば『』は一時期、「ヤンデレ」物の代表作の一つとなっていたが、現在ではその会話の通じない様は「メンヘラ」であると解されている。 同作も含まれるが、「最初から病んでいる」というパターンも激減した。 恋愛に関わろうとも、対象からの影響無くして生じた「病み」を持つ者は「メンヘラ」だからである。 求められる描写が「病み」から「その結果としての盲従・献身」に移行したと言え、日常生活、特に対象側にマイナスの影響を及ぼす行動が忌避されるようになった。 他方、本来多様な「病み」の総称であったはずの「メンヘラ」は、「」や「」を前提として捉えられる傾向が強まり、特に女性に対しては「どうせ愛されないのだからこちらも愛情を与える必要は無い」といった先制攻撃さえ匂わせる言説が増加している。 あるいは、「ヤンデレ」を萌え要素として純化させるプロセスだったとも考えられ、実際に「はヤンデレ、は「メンヘラ」とはっきり二分する言説も存在している。 「ツンデレ」同様、ある程度結末の見える展開の方が好まれるようになり、萌え本来の文脈に近づきつつあると言える。 ただし、「ヤンデレ」物における「」の定義は依然として一般的な意味とは異なっており、「共依存エンド」を求める声などは現在も多い。 もっとも、2010年代半ばの時点では、こうした動きは男性向け萌え文化以外では限定的であり、「メンヘラ」との線引きが困難なケースも多々見られる。 ヤンデレは「」等と違い明確な定義はない為、迷った場合は相手の為に行動したなら「ヤンデレ」自分のためなら「メンヘラ」と解釈すれば分かりやすいかもしれない。 また、こうした線引きはあくまでネットの一部で行われ、広められたものに過ぎないので、 決して「周知の事実」とは言えない点には注意が必要である。 あるコンテンツや実況動画の謳い文句にヤンデレとあったのに、登場したのはメンヘラだった、というケースで「視聴者を騙すなんて」と憤っている者がたまにいるが、その作品・実況動画の投稿者がそもそもこうした線引きをよく知らず、一時期大流行した頃の感覚で「ヤンデレ」を使っている= 騙す気や悪意は全くないことも頻繁にある。 そして、先述の線引きは「周知の事実」 ではないのだから、そうした作者・実況者を無知だと責めることも不当であろう。 あえて何か行動をとるとすれば、関係者を責めるのではなく、 「もっと適切な定義のし方がある」ということをやんわりと伝えるのがいいのではないだろうか。 キョーちゃん()• 連載当時はヤンデレという言葉が使われていなかったため、化の際に「早すぎたヤンデレヒロイン」と言われた。 () 関連タグ 精神状況 ・()・・・ 状態変化 ・・・・・ 行動 ・・・・・・・・ カテゴリー ・・・・・・・ 交流企画 、 別表記 、 その他 実在・架空の人物• :実在(史実)のヤンデレ戦国武将。 :昭和時代に実在したヤンデレ。 ダウナーすぎるキャラクターから当時「 ビョーキ」と呼ばれていた。 現在では早過ぎたヤンデレとして再評価されている。 ドラマ『』の登場人物。 様々な奇行を俳優のが怪演した事から、放送当時「冬彦さん」がになるほど話題に。 早過ぎたヤンデレとして『ヤンデレ大全』にも掲載されている。 小説、およびそれを原作としたサイコスリラー映画。 ヒロインのアニーがヤンデレじみた性格をしている。 やの元ネタと言われている。 関連 (闇可憐).

次の