ナルト 映画 見るタイミング。 ナルトが死んだ?!続編「ボルト」で死亡説が流れている原因

こうすけが選ぶ動画最新コンテンツ

ナルト 映画 見るタイミング

ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE- 監督 脚本 宮田由佳 原案 原作 岸本斉史 出演者 音楽 刃-yaiba- 主題歌 『それでは、また明日』 製作会社 劇場版NARUTO製作委員会 配給 公開 上映時間 109分 製作国 言語 興行収入 14. 8億円 前作 次作 『 ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-』(ロード・トゥ・ニンジャ ナルト・ザ・ムービー) は、に公開された日本のアニメ映画。 漫画『』を原作としたテレビアニメの劇場版第9作。 興行収入14. 8億円。 キャッチコピーは「 原作者岸本斉史が自ら描く劇場版最高傑作!! 」「 仲間と家族、この任務に命をかける」。 概要 [ ] テレビアニメ化10周年を迎えた『NARUTO -ナルト-』劇場版シリーズ第9弾で、「僕にしか描けないNARUTO映画です」と原作者であるが企画からストーリー、キャラクターデザインを手がけた劇場版完全新作ストーリーとなっている。 監督はテレビアニメも手がけている伊達勇登。 入場者特典として全国先着150万名限定でDVDをプレゼント。 全国262スクリーンで公開され、2012年7月28、29日の初日2日間で興収3億208万500円、動員25万4,025人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった。 監督の伊達曰く、成長を描くため、序盤のナルト、サクラの性格は第7班結成時に戻したと語っている。 ストーリー [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ナルト達は撃退し、家族たちが暖かく迎える。 ただ一人、天涯孤独の身であるナルトを除いて・・・。 ふと気がつくと仮面の男は消え去り平穏な木ノ葉の里が帰ってきたが、そこに住む人々は何かがおかしい。 さらにナルトの元には、本来この世にいるはずのない両親がいた・・・。 登場人物 [ ] 「」も参照 現実世界 [ ] 声 - 本作の主人公。 九尾の人柱力。 マダラが作り出した限定月読の世界に飛ばされ、里の英雄の息子ではない メンマとして生活することになる。 そこで四代目火影とならず生きていた両親、ミナトとクシナに出会う。 当初は月読世界に否定的な余り、両親に対しても偽物と拒絶していたが、親の愛情に触れて以降、本当の世界に帰るべきなのか苦悩する。 しかし突然仮面の男(黒ナルト)によって木ノ葉隠れが壊滅状態に陥り、家族・里・仲間を守るため、仮面の男に立ち向かう。 声 - ナルトに封印されている魔獣。 仮面の男の意図に気付き一時ナルトに協力する。 声 - 自分に構いすぎる両親を疎み悶々とする中、ナルトと共に居合わせたことで同様に限定月読の世界に飛ばされる。 そこでは父親が四代目火影になっていて、ナルトと立場が逆になっている。 当初は両親がおらず英雄視される生活を楽しんでいたものの、やがて両親の居ない生活にナルトが感じていた寂しさを感じることになる。 うみのイルカ 声 - 忍者学校の教師。 ナルトの一番の理解者。 序盤で自分だけ両親がいないことに苛立っていたナルトと口論になる。 うちはマダラ(仮面) 声 - 伝説の忍・うちはマダラを名乗る、暁を裏から操っている真のボス。 冒頭で限定月読をナルトとサクラにかけ、家族がいる喜びに浸るナルトから九尾を奪おうと目論む。 自身は精神体で干渉し、仮面の男と手を組み情報を提供するも、彼の敗北に伴い、乗り移ることで実体を得て実力行使に出る。 ゼツ 声 - 草隠れの抜け忍。 非常に人間離れした外見をしている。 冒頭では白ゼツ達を死んだ暁メンバーに化けさせてナルト達にけしかけ、隙を突いてナルトに「限定月読」発動のための術式を刻む。 声 - 忍具使い。 本作をリメイクした疾風伝オリジナルストーリー『ROAD TO TENTEN』に登場。 疾風伝では原作で1コマしか描かれなかったテンテンの夢の世界を大幅に拡大化され主役を務めている。 幻術をかけられたことに気づき解術しようと四苦八苦するが、夢の中の世界で起こった事件に巻き込まれる内にその目的を忘れてしまい、無限月読に嵌っていく様子が描かれている。 秋道チョウザ 声 - チョウジの父。 山中いのいち 声 - いのの父親。 犬塚ツメ 声 - キバの母親。 限定世界 [ ] 大半のメンバーは『ROAD TO TENTEN』でも同様の設定で登場しており、夕日紅、半蔵は『ROAD TO TENTEN』にのみ登場している。 春野サクラ 声 - 中村千絵 月読世界のサクラは映画には登場しないが、テレビアニメには登場している。 姿は瓜二つであるものの、父親の形見の桜の花弁を象ったペンダントを身につけている。 性格はあまり大差ないがドラマCDによると、現実世界のサクラとは違い、自分を口説こうとする月読世界のサスケを「チャラスケ」と呼んで嫌っている様子。 第491話では記憶喪失の状態で空から降ってきたが、記憶を取り戻し自分が別の世界から来た人間であることを知ると消えていった。 『ROAD TO TENTEN』の無限月読の世界ではメンマ(ナルト)に好意を持っている。 また、ドラマCD同様、サスケを嫌っている。 声 - 限定月読の世界では里に留まっており対立もしていない。 一見他のメンバーと違い性格が変わっていないように見えていたが、女性を甘い文句で口説くになっていた。 服装はラフで、家紋を象ったペンダントを着用。 ドラマCDによると、こちらの世界でも写輪眼を持っており、「サスケギャルズ」という取り巻きがいる。 『ROAD TO TENTEN』でもチャラ男として登場。 写輪眼を持っているかは不明だが、半蔵との決戦では戦っていない。 声 - 月読世界ではカカシ班に所属している描写はなく、デッサンの服を着ている。 表情豊かにペイントで絵を描いているが、下手である。 声 - ナルト達の教官。 月読世界ではガイと立場が逆の熱血教官となっており、張り切って戦闘前から写輪眼を出しっぱなしで、肝心の時にバテて戦力外になる。 ナルトの両親 [ ] 声 - ナルトの父親。 月読世界では火影にならず生存しており、うずまきメンマの父親で一介の忍者として活動している。 本人は「たいした忍じゃない」と述べているが、自来也との師弟関係は健在であり、自来也が最後に施した封印術も「僕と自来也先生くらいにしか解けない」述べるなど能力そのものには変化が見られないが、忍の使命より家族を優先するなど、覚悟においては、他の住人同様、本編とは正反対の存在になっている。 『ROAD TO TENTEN』でも存在が語られているが、本人は登場していない。 うずまきクシナ 声 - ナルトの母親。 月読世界では九尾の人柱力ではなく生存しており、うずまきメンマの母親として怖いところもありながら優しい母親。 ミナト同様の違いがある。 気が非常に強い。 現実世界ではサクラと口喧嘩になった後に家を出ていったときに心配してキザシと共にサクラを探すなど優しい面もある。 月読世界ではキザシ同様戦死している。 春野キザシ 声 - サクラの父親。 いつもオヤジギャグを言う。 現実世界では上忍より下のランクであることが明かされている普通の忍。 月読世界では四代目火影であり、里の英雄として戦死している。 そのため、月読世界のサクラは形見としてキザシのペンダントを持っている。 今作でナルトが纏う四代目火影の装束はサクラが持ち出した彼のものであり、ナルトが現実世界への帰還を決めるきっかけとなる。 『ROAD TO TENTEN』でも四代目火影は彼となっているが、テンテンは現実世界でキザシと面識がないため「知らない人」と呼ばれた。 アスマ班 [ ] 声 - 月読世界では簡単な計算(1500円を3人で割るといくらになるか)もできないアホかつ食いしん坊であり、チョウジと立場が逆になっている。 月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、髪型が手裏剣のような形になっているという点。 声 - 月読世界では、仲間を「君」及び「ちゃん」付けする控えめな性格になっている。 ドラマCDではメンマのことで暴走する月読世界のヒナタのストッパー的存在になっており、月読世界のサクラとメンマが結ばれることを希望している様子。 月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、髪型と露出度の低い服装。 声 - 月読世界では小食で、シカマルのフォロー役になっており、シカマルと立場が逆になっている。 月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、痩せている点、頬の模様が渦巻きから角ばった形に変わっている点と、胸当ての「食」という字が「職」という字に変わっている点。 紅班 [ ] 日向ヒナタ 声 - 月読世界では気が強く、短気でワイルドな性格かつ毒舌。 ナルト(メンマ)が好きな点は変わらないが、非常に嫉妬深く、その好意を堂々と表現するようになっている。 サクラがメンマのことを狙っていると思っているようで、夜中にナルトと会っていたサクラを「(メンマに)手出したらぶっ殺す」と恫喝している(ドラマCDでは月読世界のサスケとサクラをくっつけようと企てている)。 また、月読世界のネジのことは「ネジ兄」と呼んでいる。 月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、露出度の高い服装と、口紅をつけている点。 『ROAD TO TENTEN』では現実世界のヒナタが未習得である八卦掌回天を使用している。 犬塚キバ 声 - 月読世界では性格は基本的に変わっていないが、猫好きで犬嫌いになっている。 そのせいで、赤丸と仲が悪くなっていて、赤丸も凶暴になっている(隙あらば噛みつこうとするなど)。 月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、頬の模様。 油女シノ 声 - 月読世界でも、性格の変化はない。 ただし、無視と虫が嫌いになっており、虫が寄ると殺虫剤を噴霧する。 小説版でのナルトによると人の器も股間も小さいらしい。 『ROAD TO SAKURA』における月読世界のサクラの記憶では、大量のを飼っているようである。 声 - 『ROAD TO TENTEN』に登場。 無限月読の世界では幻術は使えないことになっているが、興味だけはあり自宅に大量のオカルトや幻術関連の本を持っている。 ガイ班 [ ] 声 - 月読世界では表面上の性格も外見も変わってないように見えるが、テンテンの下着を盗んで着用するという変態行動に出ている。 『ROAD TO TENTEN』では原作の1コマ同様、クールに徹しようとする性格になっている。 声 - 月読世界では顔の緩みきったかなりのスケベになっており、白眼で透視をしている。 女湯の覗きの常習犯らしく、覗いてはヒナタに制裁されるのが日常と化している。 『ROAD TO TENTEN』でも同様にテンテンの下着を見るなどスケベな性格となっている。 テンテン 声 - 田村ゆかり 月読世界では忍具使いでありながら忍具の扱いが下手で、生傷が絶えないことになっている。 月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、顔に絆創膏、服装は変わらないが当て縫いだらけであるという点。 声 - 月読世界では年齢に勝てずネガティヴで弱腰になっており、カカシと立場が逆になっている。 『ROAD TO TENTEN』では原作の1コマ同様、クールに徹しようとする性格になっている。 彼の口から「第三次忍界大戦は終わったはず」という台詞があるため、こちらの世界でも第三次忍界大戦はあったことがうかがえるが、第四次忍界大戦については誰も触れていない。 暁 [ ] 「」も参照 月読世界では、マダラとゼツがおらず、本来の戦場請負い集団を生業としている。 終盤に綱手の要請で参戦し、ナルトを援護する。 うちはイタチ 声 - 木ノ葉隠れの抜け忍でサスケの兄。 最終決戦時には黒ナルトに捕らわれたサクラを助けていた。 デイダラ 声 - 岩隠れの抜け忍。 爆発の事を芸術と呼び、起爆粘土という爆弾を扱う。 最終決戦時には、攻撃で生じた光の柱をアートと言っている。 干柿鬼鮫 声 - 霧隠れの抜け忍。 サメのような顔立ちで、大刀「 」を扱う。 飛段 声 - 湯隠れの抜け忍。 ジャシン教信者。 不死身の肉体をもつ。 角都 声 - 滝隠れの抜け忍。 禁術地怨虞を扱い体の一部を切り離し黒い繊維状の触手で操ることができ、逆に切り離された体を繋げることもできる。 サソリ 砂隠れの抜け忍。 セリフは無い。 傀儡はを使用。 小南 雨隠れの里の所属。 戦闘で紙を用いた術を使う。 ペイン天道(長門) 小南同様、雨隠れの里の所属。 暁のリーダーであり輪廻眼を持つ忍。 セリフは無い。 仮面の男(マダラ)と手を組み、木ノ葉隠れの里を壊滅状態に陥れた今作の黒幕。 その正体はナルトが誤解されていた メンマという月読世界のナルト。 姿はナルトと瓜二つだが、闇に染まった影響か、髪の色が黒くなっていて (他に、ミナトのようにもみ上げが長く、目の下にはクマがあったり、頬の髭がナルトより多少濃いことなど)、性格も非常に残忍で凶悪である。 ドラマCDによると、本来はミナトに似て優しい性格をしている様子。 最終決戦は黒九尾の封印を解いてナルトを襲うが、九尾の助力を得たナルトに敗北する。 だが、元々九尾を捕えるのが目的だったマダラが彼に乗り移り、写輪眼を開眼して再びナルトを襲う。 尚、彼が「うずまき」姓かは映画では明かされていない。 『ROAD TO TENTEN』では、初めから金髪の姿で登場。 ナルトと違い冷静な性格で髪型がミナトに似ている。 テンテンの様子が変であることに気付き、動向を探っていた。 また、映画では姓が不明だったが、こちらのエンディングクレジットでは 波風メンマとなっている。 現実世界のナルトとの外見上の違いは上記の髪型の他、背中のマーク。 九尾の妖狐 メンマに封印されている魔獣。 終盤登場し、現実世界の九尾の妖狐と戦う。 本作ではメンマ同様、現実世界と比べて黒くなっているが、『ROAD TO TENTEN』では、現実世界同様の配色となっている。 九面獣 仮面の男(黒ナルト)が操る仮面を被っている獣。 天女 どこまでも伸びる羽衣で攻撃する。 北斗仙人、南斗仙人 それぞれ先端が、キツネの顔になっている杖を所持している。 金蛇 蛇のような外見をしている。 、、、 それぞれ伝承上ののような外見をしているが、白虎はとても痩せていて、青龍はすきっ歯。 死神 刀のような武器を持っている。 九面子狐 九面獣そのものではないが、それぞれの九面獣の変化が解けた時に、どの九面獣もこの子狐になる。 伝説の三忍と関係者 [ ] 自来也 声 - 伝説の三忍。 月読世界では予言の巻物「朱月の書」を里に持ち帰る途中に仮面の男に殺される。 既に故人であるため、その人となりは不明だが、ミナトとの師弟関係は言及されている。 綱手 声 - 伝説の三忍の一人で、五代目火影。 月読世界では眼鏡をかけており、仕事にも真面目で丁寧な言葉遣いで貧乳。 また、背中の文字は現実世界の「賭」から「貯」に変わっている。 シズネ 声 - 綱手の秘書。 月読世界では綱手とは逆に気が強く巨乳。 黒くてキレやすいトントンを抱えている。 声 - 、 口寄せ蝦蟇。 限定月読の世界では「朱月の書」の封印を守るトラップとして他の無数のガマ達と共に自来也に仕掛けられており、かかってしまったナルト達に攻撃を仕掛ける。 ガマブン太が咥えているのは煙管ではなく紙巻き煙草となっている。 雨隠れの里 [ ] 半蔵(はんぞう) 声 - 『ROAD TO TENTEN』に登場。 雨隠れの長。 現実世界と違い、暁が戦場請負い集団となっている為生存している。 山椒魚 『ROAD TO TENTEN』に登場。 現実世界と違い、炎を吐く山椒魚。 雲隠れの里 [ ] 二位ユギト 二尾・又旅の人柱力。 仮面の男により尾獣を奪われた事がナルトとサクラに知らされる。 「雲隠れの人柱力」が襲われたという情報だったため、ナルトは当初キラービーが襲われたと考えたが、その後襲われたのは「女性」と判明する。 「女性の人柱力」「雲隠れの忍び」、描写される容姿から現実世界の二位ユギトに相当するキャラクターとわかるが、ナルトのように現実とは名前が違う場合も考えられる。 用語 [ ] 限定月読(げんていつくよみ)の世界 原作において、マダラが実行しようとしている「月の眼計画」のために全世界に対してかけようとしている防御不能の大幻術「無限月読」の試作(外道魔像に封印されている一〜七尾の尾獣のチャクラを利用して編み出した術)として、ナルトとサクラを中心として限定的な発動を行うことにより生み出された架空の世界。 ナルトとサクラが術をかけられた時点で、一番願っていたことを元に生み出されており、生み出された時点では、マダラの意思も介在しているが、世界が固定化されるにつれ、マダラの意思で干渉出来なくなると述べており、最終的に直接介入が出来なくなった。 ナルトとサクラの願いを基本としているため、両者にとって表面的な不都合がない世界となっているが、同時に様々な矛盾(ナルトの出現前後のメンマの立ち位置)も生まれており、マダラは「ナルトとサクラの存在による世界の歪み」とのみ述べている。 また、この世界の住人にとってはそれも当たり前であるため、違和感をもつ者は皆無であるが、イタチのみはその違和感をもっていたような描写(その違和感について、行動を起こす描写は無い)があり、マダラも厄介な奴と述べている。 朱月の書(しゅげつのしょ) 月読世界で猛威を振るう仮面の男を封印出来るとされる予言の巻物。 自来也が死の際に複雑な術で封印していたため、誰にも手出し出来なくなっていた。 これがナルトの勝利の鍵となった。 スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 - 宮田由佳• キャラクターデザイン - 、、山下宏幸• プロップデザイン - 朝井聖子、石川準• 絵コンテ - サトウシンジ、にいどめとしや、増田敏彦、香川豊、、櫻井親良、、伊達勇登• 演出 - 、濁川敦、にいどめとしや、、玉田博• 作画監督 - 、清水義治、、拙者五郎、櫻井親良、金塚泰彦、兵渡勝、堀越久美子、山下宏幸、、、福島秀機、山形孝二、大塚八愛、橋本浩一、藤田正幸、、飯田宏儀• 作画監督補佐 - Eum lk Hyun、Lee Sang Min、Park Hong Keun• エフェクト作画監督 - 桝田浩史• エフェクト作画監督補佐 - 、遠藤正明、高岡じゅんいち• 美術監督 - 横松紀彦• 美術監督補佐 - 清水友幸• 色彩設計 - 川見拓也• 撮影監督 - 松本敦穂• 撮影助監督 - 木村伸夫• 編集 - 森田清次、及川雪江、大野雄一• 音楽 - 、刃-yaiba-• 音響監督 -• 録音演出 - 神尾千春• 脚本協力 - 、彦久保雅博• 制作デスク - 平川千輝、富岡亮• 企画 - 川崎由紀夫、茨木政彦、本間道幸• プロデューサー - 白石誠(テレビ東京)、朴谷直治(studioぴえろ)• アソシエイトプロデューサー - 廣部琢之、上田憲伯、今井陽介• アニメーション制作 - studioぴえろ• 制作 - 劇場版NARUTO製作委員会(、、、、、)• 配給 - 主題歌 [ ]• MOVIE9』は週刊少年ジャンプ2012年34号に掲載された劇場公開記念の外伝読切。 映画前夜のエピソードで、ロック・リーの思い付きから皆で銭湯に行き、そこで起こる騒動を描いたエピソード。 「NARUTO -ナルト-」第61巻をキャンペーン対象書店で購入するともらえる冊子『巻ノ忍』にも収録された。 ROAD TO SAKURA アニメ『』2012年7月26日放送。 第491話『映画公開記念! 「ROAD TO SAKURA」』として放送。 劇場版と同時進行する特別編で、サクラが記憶喪失になってしまうエピソード。 ROAD TO GUYです! 木ノ葉の里の妄想映画祭です! アニメ『』2012年7月24日放送の第17話「ROAD TO GUYです! 」および「実録! 木ノ葉の里の妄想映画祭です! 双方共に映画に関連したエピソードになっている。 限定月読にかかり、月読世界へ行ってしまったサクラが月読世界のサスケにあらゆる手を使って口説き落とそうとされ、それに協力する月読世界のヒナタ、それを阻止しようとする月読世界の猪鹿蝶トリオ(いの、チョウジ、シカマル)の様子が描かれたストーリー。 キャスト (声 - ) (声 - ) (声 - ) (声 - ) (声 - ) (声 - ) ROAD TO TENTEN アニメ『』2015年9月3日放送。 本作や上記作品とは違い限定月読ではなく無限月読の世界であるが、本作同様に「ROAD TO」が付けられ、原作とは性格の異なるキャラクターが登場する。 入場者特典 [ ] 入場者特典DVD 『MOTIONCOMIC NARUTO-ナルト-』は原作者監修による、全国先着150万名限定の入場者限定特典のDVDコミック。 同時にも特典として付く。 アトラクション [ ] 謎解き忍術バトルアトラクション『ROAD TO NANJA 暁のアジトに潜入せよ』 『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE- in ナムコ・ナンジャタウン』はナムコ・で開催の2012年7月21日から9月2日までの期間限定アトラクション。 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 1 24:35 - 26:35 120分 2. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ]• タイトルは『 劇場版NARUTO-ナルト- ロード・トゥ・ニンジャ』の表記も見られる。 シネマトゥデイ 2012年7月31日• ナルト(少年編)の3話、55話、83話でサクラにのみ掛け声を発している。 ナルトが見つけたアルバムや闇から解放された姿は、ナルト同様の金髪。 マイナビニュース 2012年7月23日• 本作がナルトとサクラの月読世界だったのに対し、「ROAD TO TENTEN」はテンテンの月読世界のため、ナルトやリーなど本作とは性格や容姿が異なるキャラクターも存在するが、テンテンと面識のない春野キザシが四代目火影となっていたりと、他のキャラクターの月読世界と違い、本作の世界とかなり近いものとなっている。 外部リンク [ ]•

次の

ナルトが死んだ?!続編「ボルト」で死亡説が流れている原因

ナルト 映画 見るタイミング

製作 [ ] 原作の連載15周年を記念した「 NARUTO新時代開幕プロジェクト」の一環として制作された。 そのため、前作『』まで恒例となっていた夏休みの劇場版上映ではなく、今回は2014年11月の原作の連載完結に合わせ12月上旬の上映開始となった。 原作の第699話から2年後を描いており、さらに未来の話である第700話(最終話)に繋がる構成となっている。 いわゆる「699. 5話」という位置付けであり、本編相当の作品として扱われている。 前作から引き続きに加え、今作ではストーリー総監修も務める原作者のが「 今回の映画はぶっちゃけ恋愛です! 」と語っている通り、今作では主人公のうずまきナルトと彼に想いを寄せる日向ヒナタの恋愛の部分を描いた物語となっている。 最終興収は20. 0億円。 日本を含む全世界興行収入は約25億円。 劇場上映後には8月に新作映画『』を公開することが発表された。 劇場入場特典として、先着150万名限定のオフィシャルファンブック『秘伝・列の書』が配布された。 また、監督を務めたは公開から約半年後の2015年5月に他界しており、本作が事実上の遺作となった。 ストーリー [ ] 第四次忍界大戦から2年後。 冬の祭典「輪廻祭」の準備で大賑わいになっていた木ノ葉隠れの里にて、激闘を経て英雄となったナルトはモテ期を迎えていた。 一方、幼き頃から彼に想いを寄せるヒナタは、そんな状況に戸惑いながらも彼に贈るつもりでマフラーを編み続けていた。 そんな中、月の異常接近が観測され、五影たちが人類滅亡を危惧する。 そしてある夜、謎の男・トネリがヒナタの前に現れ、「いずれ君を迎えに行く」と言い残し、彼女の妹・ハナビをさらっていくという事件が起こる。 全ての出来事が繋がっていると推測した六代目火影カカシは、ナルト、ヒナタ、サクラ、シカマル、サイの5人にハナビ奪還任務を下す。 里を出て捜索を開始するナルトたちは、ハナビが残した手がかりを頼りに洞窟の中に入る。 そこでトラップとして仕掛けられていた幻術に囚われ過去を追体験したナルトは、偶然流れ込んできたヒナタの記憶を通じて、彼女が自分に好意を抱いていることを知る。 洞窟から出たナルトたちは人工太陽らしきものが存在する謎の空間を目にする。 調査を進める中、墓地に現れた亡霊の言葉から、六道仙人・大筒木ハゴロモの源流たる大筒木一族が関わっていることが判明する。 その一方で、ヒナタは一人だけある事実を知り、苦悩しながらも夜毎マフラーを編み続ける。 任務中彼女と行動を共にするうちに自分の本心に気づいたナルトは、ある夜彼女に思いを告げる。 しかし、そこにトネリが現れ「自分とヒナタは結婚する」と言って彼女を連れて行こうとする。 編み終えたマフラーをナルトに渡して去るヒナタをナルトは止めようとするが、トネリの攻撃で意識不明の重体となり、マフラーも燃やされ塵となってしまう。 攻撃の余波で空いた穴には宇宙空間、そして地球が姿を見せていた。 ナルトたちはハナビを追って月に来ていたのである。 トネリの本名は大筒木トネリ。 彼の目的とは、長年チャクラを用いて争いに明け暮れた地球の民を、大筒木の天命に従って滅ぼし、その後新たな世界を築くことだったのである。 そして日向一族は遥か昔に大筒木一族より分たれた家系であり、ヒナタはそれ故にトネリの花嫁として選ばれたのであった。 しかし、探索の過程で大筒木の真の歴史を知ったヒナタは、トネリの企てを阻止すべく、あえてトネリの求婚に応じ彼の居城に侵入、囚われの身になっていたハナビを救い、トネリの力の源・転生眼を破壊しようとしていた。 なんとか転生眼を発見したヒナタだったが、寸前でトネリに捕まり思考を閉ざされてしまう。 倒れて3日後、サクラの懸命の治療の甲斐あって目覚めたナルトだったが、ヒナタが自分ではなくトネリを選んだことで憔悴しきっていた。 しかし、仲間たちの叱咤により再起し、彼女を救い出すことを決意、トネリの居城に乗り込む。 登場人物 [ ] - 本作の主人公。 2年前に比べて身長が180cm と大幅に伸びており(劇中の目測でシカマルやサイより大きい。 小説版ではイルカを追い越したよう描写されている。 )、トレードマークのはねた髪型が短髪になっている。 任務装束は黒い上着とオレンジ色のズボンに一新されている。 現在では里の英雄として後輩たちの尊敬を集めるだけでなく、モテ期が到来しており、里内外の女性たちに言い寄られる日々を送っている(小説版では少々困惑している描写がある)。 ランクは未だに下忍のままだが、実力は大戦時よりも上がっており、螺旋丸や螺旋手裏剣を影分身を使わず片手で作れるようになっている。 また、洗脳された状態の人を元に戻す力も身につけている。 通常時のチャクラはオレンジ色になっている。 ハナビ奪還任務の最中、とあるきっかけでヒナタの自分に対する想い、そして自分の彼女に対する恋愛感情を初めて自覚する。 日向ヒナタ 声 - 本作のヒロイン。 2年前よりも大人びて、髪も腰まで伸びている。 任務装束も身体のラインを強調するデザインになっている。 幼い頃に白眼を「妖怪」呼ばわりされいじめられていたところをナルトに助けてもらったことがあり、それ以来ずっとナルトに想いを寄せている。 本作ではナルトにマフラーをプレゼントするために任務の合間にも編んでいるが、自身の引っ込み思案な性格からなかなか渡すことができないでいる。 また、ナルトが身につけていたボロボロのマフラーを今でも持っている。 ハナビ奪還任務の最中、大筒木一族の亡霊たちの記憶を追体験したことでトネリの野望と一族の真実を知る。 それを阻止し、かつハナビを救うためあえてナルトに別れを告げトネリの元に向かう。 声 - 上忍。 髪の長さはほぼ変わらないが前髪を流すようになった。 シャープな顔つきになっており、大人の女性へと成長している。 サスケのことで一段落がついたためか現在はかなり落ち着いた性格になっている。 自分もサスケに想いを寄せるが故に、ナルトに想いを寄せるヒナタを応援している。 ナルトの恋愛に関する価値観やヒナタの想いに鈍感なことに呆れつつも弟を想う姉のような心情で彼に接する。 声 - 上忍。 ハナビ奪還チームの部隊長を務めており、カカシより五影のみが持つ月が落ちるまでのタイムリミットのついた時計を左手の甲に与えられている。 小説版ではナルトとヒナタの関係の変化にいち早く気付き任務に支障が出るのではと考えつつも、プライベートに他人が入り込むのはよくないと考え様子見するなど大人の対応を見せた。 声 - ハナビが連れ去られる現場を目撃、追跡するも見失ってしまうが、その際に得られた情報を元に任務に臨む。 服は左右対称となったが、出しは変わらない。 以前に比べ表情も豊かになっており、眼を抜かれたハナビを見た際、「まだ子供なのに」と激昂している描写がある。 しかし、空気が読めない一面は相変わらずである。 映画のEDテロップではいのと仲睦まじく手をつないでいる。 声 - 六代目火影。 ナルトたちにハナビをさらったトネリの追跡任務を下す一方、月接近という非常事態に里をあげて対処する。 にも「六」と「火」が書かれたスタイルとなった。 声 - ナルトのライバルであり親友。 身長が伸びており、ナルトとは対照的に長髪になっている。 また、すっぽりと体が隠れるコートを着ている。 第四次忍界大戦終結後、木ノ葉を離れ世界を見て回る旅に出ていたが、道中で傷ついたヒアシと出会い事態を知って木ノ葉に舞い戻る。 隻腕でありながら実力も上がっており、リー達体術部隊が破壊しきれなかった巨大隕石の破片を千鳥の一撃で破壊しており、カカシを驚かせている。 日向ハナビ 声 - ヒナタの妹。 真面目に修行をしていた幼少期と違い、現在ではクナイにストラップを付けたり、恋に悩む姉をからかったりなど、引っ込み思案な姉とは対照的なお転婆な性格になっている。 ヒナタがナルトに想いを寄せていることも知っており、姉の恋路を応援している。 そんな中トネリに拉致され、さらに白眼を奪われてしまう。 エンディングではナルトとヒナタの結婚式に従兄・の遺影を持ち出席している。 日向ヒアシ 声 - 日向宗家当主。 物語序盤にトネリと接触し彼の計画を事前に知り、娘たちを差し出すことを拒んだため攻撃を受ける。 その後、瀕死の状態で木ノ葉に戻ろうとして行き倒れていたところをサスケに救われカカシのもとに辿り着く。 声 - 月の破片粉砕時には他の里との連絡役となっている。 髪をおろし、色っぽくなっている。 また、ナルトとヒナタの結婚式では、サクラ、テンテン、ヒナタと4人でを使ってを撮っている。 声 - 2年前は長髪であったが短髪になっており、あご髭を生やしている。 回想シーンではイルカの課題に対し「月じゃなくて肉が落ちればいいのに」と言って笑いを取り、現在でも「モテ期」を「ステーキ」と聞き違え食べ物に考えが行くのは相変わらず。 小説版では隕石落下により火事になった家屋から逃げ遅れた紅・ミライ母子を身を呈して救出した。 現在は一人娘のミライをもうけ、猿飛姓となっている。 ミライに頬ずりをするなど、母親らしくなっている。 台詞はなし。 犬塚キバ ナルトがかけられた幻術の中に中忍選抜試験のときの状態で登場し、突然過去を追体験させられ戸惑う彼を吹き飛ばしている。 髭を蓄え、ワイルド感あふれるスタイルとなった。 映画での台詞はないが、小説版では、感知能力に優れる自分がハナビ救出任務に選抜されなかったことに対し愚痴をこぼしながらも、シノと共に里に残り防空壕への避難誘導と逃げ遅れた人々の救助活動を行っている。 油女シノ キバと共に序盤の一楽のシーンで登場。 と額当ての巻き方が変わっている。 また、エンディングでは感極まっていた。 セリフはない。 声 - が少し太くなり、少しがっつりとした体つきになっている。 師匠である(声 - )が見守る中、他の体術使いたちと共に月の破片粉砕に尽力する。 猿飛木ノ葉丸 声 - 三代目火影・猿飛ヒルゼンの孫でナルトの弟分。 顔つきがヒルゼンに似てきている。 家の蔵を掃除していた際に見つけたあるもの を渡している。 声 - 五代目火影。 既に火影を退きながらもなお里への影響力を持ち、シズネ(声 - )を従え月の破片を防ぐための防空壕に里の住人たちを誘導している。 うみのイルカ 声 - 忍者学校時代の回想とエンディングで登場。 回想シーンの時にナルトたちに出した課題「(例えば月が落ちるなどして)地球最後の日が来たら誰と一緒にいたいか?」が本作でのキーワードの一つになっている。 小説版ではナルトに忍者学校の特別講師を頼んでいるほか、避難時には防空壕の中で怯える子供たちを安心させるために読み聞かせを行っている。 エンディングではナルトとヒナタの結婚式で嬉し泣きをしており、全員が集合している場面ではナルトの隣に立っている。 はがねコテツ、神月イズモ 声 - (コテツ)、(イズモ) アスマに代わって木ノ葉の里を守っている。 隕石破壊に尽力する。 テウチ 「ラーメン一楽」の店主。 小説版では、隕石が落下しながらも避難せず、明日のラーメンの仕込みをしていた。 声 - ナルトの中に封印されている魔獣【】の一体。 本作では一時的にナルトと分離して行動することが可能になっている。 事件解決後、月に「任務完了」を示すメッセージを彫る役をナルトに頼まれ、字が苦手なのにとボヤいていた。 ボルト、ヒマワリ 声 - (ボルト)、(ヒマワリ) ナルトとヒナタの子供たち。 エピローグに登場。 アカネ、カエデ 声 - (アカネ)、(カエデ) ナルトのおっかけをしている若い木ノ葉のくノ一たちで、彼から一楽にてラーメンを奢ってもらっている。 ナルトを「ナルト先輩」と呼び尊敬している。 声 - 木ノ葉隠れの天文方の女性。 五影会談にてカカシの補佐として月落下現象について説明している。 ペイン、月光ハヤテ、カツユ 声 - (ペイン)、(ハヤテ)、(カツユ) 地球と月とを繋ぐ回廊に仕掛けられていた幻術にナルトたちが囚われた際、ナルトの記憶を再現する形で登場。 また、サクラの場合はサスケが、サイの場合はシンが現れていたことが語られている。 声 - 五代目風影。 短髪となっている。 砂の力で里を守りつつ、里の人々を叱咤激励している。 また、をイメージしたスタイルとなっており、彼のだったは小さくなってにつけている。 また、兄の、姉のも登場しているがセリフはない。 エー 声 - 四代目雷影。 落下する月に対抗すべく、戦争用に隠し持っていた兵器「チャクラ砲」を持ち出す。 キラービー 声 - エーの義弟。 チャクラ砲の砲手を担当する。 ナルトが月にいることを知った後は、構わず月を吹き飛ばそうとするエーに反発し、チャクラ砲の発射を拒否した。 照美メイ 声 - 五代目水影。 自ら前に出て隕石迎撃を行っている。 オオノキ 声 - 三代目土影。 塵遁で隕石を迎撃するも腰を痛めている。 大筒木トネリ(おおつつき トネリ) 声 - 本作の黒幕。 六道仙人こと大筒木ハゴロモの弟・大筒木ハムラの末裔。 一人称は「ボク」。 紳士的な性格であるが、目的のためであれば手段を選ばず、ハナビの白眼を奪い、ヒナタの目的を知った際は激昂し、彼女の言葉を意に介さず洗脳して無理矢理結婚式を行うなど非情な一面も見られる。 また、傲慢で短気な一面もあり、少しでも気にくわないことがあるとヒナタにも強気な口調になる。 大筒木一族に代々受け継がれてきたハムラの教えを歪んでとらえた結果、「チャクラを争いの道具に用いる地球の民」を悪と断じ滅ぼすことを決意。 その前に白眼を持つ日向宗家の娘であるヒナタを花嫁に迎え、地球が滅んだ後で新たな世界の創造を目論む。 その過程で傀儡部隊を使ってハナビをさらい白眼を奪って自らに移植し、に開眼する。 用語 [ ] 原作においてハゴロモとハムラが母カグヤを地爆天星で封印した時にできた球体。 ハムラは十尾の抜け殻である外道魔像を監視するために月に移り住んでおり、一族はのように月の内部で生活していた。 傀儡部隊 本作でトネリが操る人形の軍団。 砂隠れの忍が使用する傀儡の術とは異なりチャクラ糸で操るのではなく、チャクラを直接人形に入れて糸なしで動かしている。 人形によって動きが様々であり、戦闘用だと並の忍以上の体術や忍術を使うことができ、生活用だと料理や掃除、話をすることもできる。 スタッフ [ ]• 原作・キャラクターデザイン・ストーリー総監修 -• 監督・ストーリーコンセプト -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 、• 脚本 -• 演出 -• 画コンテ - 小林常夫、山下宏幸、遠藤正明、川﨑博嗣、新井浩一• プロダクションデザイン - 伊藤秀次、遠藤正明、• プロップデザイン - 桝田浩史、薮野浩二、清水恵子• イメージボード - 、小林常夫• 色彩設計 - 北沢希実子• 編集 - 森田清次• 撮影監督 - 松本敦穂• 音楽 - 、• 音響監督 -• 録音演出 - 神尾千春• 作画監督 - 薮野浩二、山下宏幸、夘野一郎、、清水義治、朝井聖子、伊藤秀次、新井浩一、鈴木陽子、西尾鉄也、鈴木博文• 第二作画監督 - 岡野慎吾、青木康浩、窪詔之、張益、折井一雅• レイアウト監督 - 田中比呂人、桝田浩史、遠藤正明• 美術 - 高木佐和子、松岡聡、小関睦夫、稲葉邦彦、木下晋輔、工藤ただし、、金子雄司、飯島由樹子• 撮影助監督 - 生田幸那• オープニングムービー「Prologue for THE LAST」演出 -()• 制作デスク - 横田幸介• 製作 - 太田哲夫、、本間道幸、夏目公一朗、中村理一郎、垰義孝• 企画 - 、渡辺直樹、上田憲伯• プロデューサー - 廣部琢之、朴谷直治、松井将司• アソシエイトプロデューサー - 番泰之、小玉慶太、萩原良輔、• アニメーション制作 - studioぴえろ• 配給 -• 製作 - 劇場版NARUTO製作委員会(、、、、、) 封切り [ ] 全国266スクリーンで公開され、2014年12月6、7日の初日2日間で興収5億1,533万1,800円、動員39万6280人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位を獲得。 最終興収は20億円。 小説版 [ ] より刊行。 ナルトたちの心理描写や映像に音声が付かなかったキャラクターの活躍などが補完されている。 映画の後日談のエピソードとなっている。 ストーリー [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年10月)() 腹に百尾がおり「黄昏の蒼き女豹」と噂されるくノ一を捕らえる為、カカシは彼女の弱点とされるイケメンを揃えてホストクラブ「トップチャクラ」を設立。 サスケ、シカマル、我愛羅と共にホストとなって彼女を口説き落とすことが出来るのか…!? キャスト [ ]• (声 - )• (声 - )• (声 - )• (声 - )• (声 - )• それぞれ通常盤と初回生産限定盤が存在し、後者には特典として、スペシャルブックレットの他、上記のドラマCD、キャラクターソングCDが同梱されている。 テレビ放送 [ ] の1:30 - 3:40()に、テレビ東京で地上波初放送された。 脚注 [ ] []• ムビコレ(2014年11月10日)• - 映画. com 2014年12月6日• 『秘伝・列の書』p42より。 作者曰く「身分を隠して旅をすることが多いためです。 」とのこと。 ヒルゼンが生前、ナルトの母であるうずまきクシナから預かったマフラー。 亡き母の贈物であることからナルトはこれを大事に扱っており、その様子を「他の女子からのプレゼント」と勘違いしたヒナタの心を痛ませることになった。 映画でのクレジットでは「ひまわり」と平仮名表記だが、原作や他媒体での表記に準拠しここではカタカナ表記とする。 小説版のヒナタの人物評では醜い物欲や支配欲は感じられないが、従順な傀儡に囲まれて生活してきたため非常に独善的な性格だと評している。 また、ナルトも「俺だって友達や仲間がいなかったらトネリみたいな生き方をしてたろうな」とも語っている。 実際に会話をしていたのはトネリの世話を取り仕切っている侍女頭(声 - )のみ。 それぞれ声優としても出演している。 2014年12月9日閲覧。 2015年7月29日. 2015年7月29日閲覧。 「」()関東版2016年1号 78頁 外部リンク [ ]• - プレイリスト.

次の

THE LAST

ナルト 映画 見るタイミング

今ナルトの疾風伝に入る手前を見ているのですが最近はまりだしたのですが。 劇場版はどのタイミングで見ればよいですか? できればDVDを何話まで見て劇場版を見てまた 何話から見るといった感じで教えていただきたいです。 詳しい方いましたら劇場版の題名入れていただけるとさらに嬉しいです。 補足途中で劇場版の、絆?を見たらサスケくんが助けにきちゃってるし さくらは医療忍術使いこなしちゃってるし、まだ後に見るべきだったと思ってます。 雪姫忍法帳だってばよ!! こちらはナルトが螺旋丸を使用しているので、96話あたりまで試聴しておけば大丈夫です。 原作相当の話は135話で一段落するのですが、サクラが医療忍者となる決意をするまでにオリジナルストーリーが挟まれます。 それを踏まえて141話まで見ておけば、疾風伝以前の劇場版を観ることが出来ます。 幻の地底遺跡だってばよ!! みかづき島のアニマル騒動だってば!! ちなみに142話以降は、完全にオリジナルストーリーなのでみる必要は得に無いので、見る見ないはご自由に。 カカシ外伝戦場のボーイズライフも含む 今年放映の「劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ブラッド・プリズン」は 現在放送中の新章をこのまま見続けておけば問題ありません。 オリジナルの守護忍十二士の章、三尾出現の章、六尾発動の章、 過去編 〜木ノ葉の軌跡〜は前回同様、見る必要は無いので、見るみないはご自由に。

次の