マイ ナンバーカード メリット デメリット。 マイナンバーカードを作るメリット・デメリットとは?

マイナンバーでコンビニ交付をとるメリットとデメリットまとめ

マイ ナンバーカード メリット デメリット

スポンサーリンク マイナンバーカードの「2つの電子証明書」の役割とは? マイナンバーカードを作成する際には、 『電子証明書の有無』を選択しなければなりません。 電子証明書とは? 電子証明書とは、「公的個人認証サービス」に使われる技術です。 この「公的個人認証サービス」とは、• インターネットを使ったオンラインでの申請・届出(行政手続き)をする際や、• インターネットサイトにログインする際に、 他者による「なりすまし・データ改ざん」を防ぐために用いられる 本人確認の手段です。 この本人確認の手段として、「電子証明書」が使われます。 電子証明書には2種類ある! 本人確認のために使われる「電子証明書」には、• 署名用電子証明書• 利用者証明用電子証明書 という2種類がありますので、それぞれの役割を説明していきます。 「利用者証明用電子証明書」の役割! 利用者証明用電子証明書は、webサイトや、コンビニの端末にログインする際に使います。 たとえば、• でのログイン• コンビニでの「証明書の交付申請」時の、端末へのログイン などに使います。 コンビニの端末と言うのは「マルチコピー機」と呼ばれているもので、普段は普通のコピー機として使われるものです。 1.証明書の取得がコンビニで出来る! 「住民票」や「戸籍謄本」などの証明書を、コンビニで取得することが出来ます。 は「最寄の役所」で発行することも出来ますが、の場合は「の役所」に申請しなければならないため、発行が非常に煩わしいです。 そのため、いざと言う時に簡単に証明書を取得できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。 人気の関連ページ!• 2.確定申告が簡単になる! e-taxで確定申告する場合に、電子証明書による本人認証が出来ます。 2019年1月より、マイナンバーカードが無くともe-taxが使えるようになりました。 しかしその場合は、税務署へ行き「開始届出書の提出」と「本人確認」が必要なため、正直かなり面倒。 どうせ税務署まで行くなら、そこで確定申告してしまった方が早いですよね。 そのため、e-taxでの本人認証がオンラインで行えてしまう点も、電子証明書のメリットの一つと言えるでしょう。 3.マイナポータルが使える! 政府が運営する「マイナンバーのポータルサイト」であるを利用すると、• 行政機関がもっている「自分の情報」を確認できる• 公金の決算を、クレジットカードなどで行える• 各自治体における、「子育てサービス」の検索やオンライン申請ができる などのメリットがあります。 そしてこのマイナポータルを利用する際にも「電子証明書」が必要となります。 4.自治体ポイントを貯めることが出来る! 「自治体のボランティア・健康事業」などに参加すると、自治体ポイントと呼ばれるポイントが貯まります。 このポイントは「地域の美術館・博物館・商店」や「バスなどの公共交通機関」で使えるほか、を通して全国の特産品と交換してもらうことも出来ます。 「自治体ポイント」の使い方は、でご確認下さい。 もし電子証明書をつけないのであれば… 4つのメリットを説明しましたが、そもそも電子証明書を搭載しない場合、そのマイナンバーカードの存在意義は 『マイナンバーが分かる身分証明証』でしかありません。 言い換えるならば、 『電子証明書を搭載しないのであれば、マイナンバーカードは作らなくても良いのでは』と個人的には考えています。 ちなみにマイナンバーは、各々に配布されている「マイナンバー通知カード」でも分かります。 1.電子証明書に有効期限がある! マイナンバーカードには、「カード自体」に有効期限が儲けられているのですが、面倒なことに別途「電子証明書の有効期限」も設けられています。 カード 発行時の年齢 署名用 電子証明書 利用者証明用 電子証明書 20歳以上 5回目の誕生日 5回目の誕生日 15歳以上19歳以下 5回目の誕生日 5回目の誕生日 14歳以下 発行できない 5回目の誕生日 そして 電子証明書の有効期間に更新しなければ「失効」してしまうため、その場合は再発行手続き(手数料200円)が必要となります。 「有効期間内での更新」における手数料は、まだ未定となっています。 新規発行手数料は当面無料です。 ただし、紛失・破損等の理由による再発行の場合は手数料800円(電子証明書も搭載する場合は+200円)が必要です。 なお、 有効期間満了による更新に係る手数料については現時点では未定です。 引用: 人気の関連ページ! >> 2.記載内容に変更があると失効する! 電子証明書のうち「署名用電子証明書」については、住所・氏名・性別・生年月日のいずれかの情報に変更があると、自動的に失効するようになっています。 そのため、 引き続き使う場合は「署名用電子証明証」の再発行が必要となります。 「住所変更手続き」のタイミングで併せて手続きできるため、それほど面倒ではないですが、人によってはデメリットと感じるでしょう。 「コンビニでの証明書取得」ではこのようなカードリーダは不要ですが、家で使う場合には必要になります。 くわしくは、をご覧下さい。 住民基本台帳• 券面事項入力補助用• 利用者証明用電子証明書• 署名用電子証明書 という4つの機能に対して「暗証番号 (パスワード)」を設定します。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク 電子証明書の有効期限の確認方法と更新手続き! 電子証明書の有効期限と更新手続きについては、「」内で説明したとおりです。 有効期限はカード表面に記載されています。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク 電子証明書は後で発行することも出来る! マイナンバーカードの電子証明書は、 最初に発行しなくとも、後で発行することも可能です。 その場合でも、初回発行手数料は無料。 電子証明書とは、インターネットを使った公的な申請・届出などの際に、本人確認の手段として使われるもの• 電子証明書には「署名用電子証明書」「利用者証明用電子証明書」の2種類ある• 電子証明書を搭載すれば、住民票などをコンビニで取得できたり、自治体ポイントを貯めたりすることが出来る• 搭載しない場合、それは「マイナンバーを証明できる身分証明書」でしかないと個人的には考えている• 電子証明書には「有効期限がある」ほか、「住所変更・氏名変更などで自動失効してしまう」というデメリットも存在する• 電子証明書は、後で発行することも可能である(初回発行手数料は無料) 当サイトでは、マイナンバーカードについて どこよりも分かりやすく解説しています。 併せて他のページもご確認下さい。 コンビニでの証明書取得方法!• スポンサーリンク.

次の

マイナンバーカードが「健康保険証」の代わりに 病院受診者のメリット3つ(マネーの達人)

マイ ナンバーカード メリット デメリット

マイナンバーカードとは マイナンバーカードには本人の顔写真と氏名、住所、生年月日、性別が書かれています。 裏にはICチップと個人番号が記載されており、一枚で番号確認と本人確認が可能となります。 出典:内閣府ホームページ マイナンバーカードには有効期限がある マイナンバーカードには、有効期限があります。 基本的には、発行日から10回目の誕生日、20歳未満の未成年の発行ついては発行日から5回目の誕生日となっています。 写真の容姿が変わるという理由から、このような有効期限があるとされています。 出典:国税庁 マイナンバーカードの4つのメリット マイナンバーカードのメリットを紹介します。 本人確認の身分証明書になる 本人確認が必要となるような場面で、マイナンバーを提示、もしくは番号を記載するだけで身分証明書として活用できます。 特に、運転免許証を持っていない人は、顔写真付きの身分証明書として重宝します。 オンライン申請や取引等に使用可能 様々な行政手続や様々な民間取引などの、オンライン申請や取引などへ利用することができます。 コンビニで証明書を取得できる 早朝6:30〜夜23:00まで、全国の約55,000店舗のコンビニで、住民票や印鑑登録証明書などの、公的なる証明書を簡単に取得することができます。 複数のカードを一体化することが出来る 市区町村や国等が提供をしている様々なサービスに必要とされる複数のカードが、マイナンバーカードで一体化することができ、様々な手続きが簡単になります。 出典:首相官邸-マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針(案) マイナンバーカード所有者にはスマホ決済のポイントが付与される? 消費税率引き上げに伴い「」が2020年7月以降に開始される予定です。 マイナンバーカード所有者には、スマホ決済をすることによってポイントが付与される嬉しいシステムです。 社会全体のデジタル化を推進している、デジタル・ガバメントの閣僚会議にて、低迷をしている現状にあるマイナンバーカードの普及、そして消費活性化を目的とすることから、マイナンバーカード所有している人達に対して、買い物などにて利用をすることのできるポイントを付与するとされる、マイナポイント制度の導入が検討されています。 出典:マイナポイント 総務省 対象者はマイナンバーカード保有者 マイナポイントは、民間のQRコード決済など、キャッシュレス決済の手段において、マイナンバーカード保有者がチャージをした場合に、国がポイントを上乗せしてくれるなどというシステムです。 対象となるのはマイナンバーカードを取得して、マイキーIDを設定した人となります。 かなりのポイントが付与されることになりますが、消費税増税での景気の落ち込みを防ぐ対策と予想されます。 マイナンバーカードの現状と今後 マイナンバーカードは、2016年1月に発行、交付が開始されました。 マイナンバーカードを導入したのにも関わらずマイナンバーカードを作る国民が少ないのが現状です。 政府はそんな現状を回避するために、2023年3月末までには、ほとんどの国民がマイナンバーカードを所持することを目指しています。 マイナンバーカードをより多くの国民が所持するために、消費税増税と共にマイナポイントの導入を用意したり、健康保険証としても使用できるようにしたり、沢山のメリットを検討しています。 マイナンバーカードの申請方法 マイナンバーカードを所持するためには、自分で申請をしにいかなければなりません。 申請の方法には3つの方法があり、郵送・パソコンorスマホ・証明写真機・といった方法があります。 パソコンからの申請 メールアドレスを登録しておき、マイナンバーカードの交付申請用のWEBサイトにアクセスをします。 そこから、画面に指示に従って進めていけば完了です。 交付申請書に記載してある、23桁の半角数字の申請書IDを入力しなければなりませんので、準備をしておきましょう。 スマホからの申請書 QRコードを読み取り、サイトへアクセスします。 パソコンからの申請と同じく、メールアドレスを登録することが必要です。 申請の進め方も、パソコンからの申請の場合と同じ進め方となっています。 スマホもパソコンも、郵送よりも手早いところが魅力的となっています。 証明写真機のメニューには、個人番号カード申請というものがあり、それを選択します。 そして、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざし、カメラにて顔写真を撮影します。 画面の指示に従い、必要事項を入力していけば申請が完了します。 証明写真機での申請は、顔写真をその場で撮影できるということから、簡単に申請をすることができるのでお手軽です。 未成年の申請について 未成年のマイナンバーカードの申請についてですが、15歳未満のお子さんの場合には、保護者が法定代理人として申請をしてください。 マイナンバーカードの交付・受け取りについて マイナンバーカードを申請してから交付までは、約1ヶ月ほどの長い期間がかかってしまいます。 マイナンバーカードの発行手数料は、初回無料です。 紛失をして再発行をする場合には、有料となってしまい1000円前後の手数料がかかります。 マイナンバーカカードを用意しておこう 消費税増税に伴い2020年にはマイナポイントがスタート予定です。 マイナンバーカードを持っている人が、キャッシュレス決済サービスの利用額を前払いすることで、25%ものマイナポイントが付与される想定です。 還元率や連携する決済サービスは現時点では決定していませんが、マイナンバーが必要になることは間違いありません。 マイナンバーをまだ持っていない方は、身分証明書としても大変便利なものですので、できるだけ早く申請をしに行き、マイナンバーカードを作っておくことをおすすめします。 関連する記事•

次の

【マイナポイントで5,000円獲得】マイナンバーカードのメリット・デメリット、作り方

マイ ナンバーカード メリット デメリット

子供のマイナンバーカードを作るメリットは?? 4月から私の仕事復帰に伴い、住民票などが必要な時に役所に取りに行くために休みを取る事をしたくない 有給は子供の体調不良や行事のためにとっておきたい ので私達夫婦のマイナンバーカードを発行しようと考えてます。 小学生と1歳の子供がいるのですが、主人がポイント?がもらえるようになるらしいし保険証としても使えるようになる、パスポートを作る予定がないので子供の顔写真入りの身分証になるので子供2人の分も発行したほうがいいのでは?と言っています。 人間として 良心があるなら マイナンバーカードにメリットがあるなど口が裂けても言えないでしょう。 コンビニで住民票がとれる程度の話はメリットとは言いません。 住民票を取るなど 職場をクビになり 転々と職を移しているなどでもない限り頻繁に使うこともないでしょう。 素行不良で札付きのワル のような生活をしていない限りメリットに感じることなどほとんどないと思います。 マイナンバーカードは それに比べてデメリットが多すぎるんです。 まず マイナンバーカードは紛失時に悪用リスクが高く、免許証やパスポートに比べて格段に身分証明能力が落ちます。 もっと問題なのが この制度は個人資産を狙うものであると言うことですね この制度は 国民のための制度ではありません。 マイナンバー制度は海外では国民総背番号制と言われてドイツやハンガリーで憲法違反判決、イギリスやオーストラリアで撤回されるなど悪名高いものです。 強制にすると 皆猛反発するでしょうね。 香港並みの騒ぎになるのは必定でしょう。 義務強制じゃないから。 批判が高まらないで済んでいるのでしょうね。 マイナンバー制度はおぞましい利権や政治腐敗が関係していますからね 政府のマイナンバーカードのポイントですが、入金2万円に対して5千円分(25%)を提供するというのも毒饅頭でしょう 知恵袋でマイナンバーカードを持つべきだと言う人間ほど消費税増税に賛成しているんですよね。 要するにこれは毒饅頭ってことですよ。 例えば携帯電話やスマホでも端末は 数万円かかるものが 格安で提供されています。 通信会社は最初の損失を通信料で回収するわけです。 マイナンバーカードの場合は 税金で作って(その大半が天下り官僚の報酬で消えます) 料金の回収手段がないので 国の赤字が増えるだけ。 それらはみんな増税圧力なんです。 この制度を導入した方は 自分が私腹を肥やせばあとは悪用されても知らんってことです。 事実 国会では過去に山本太郎の質問に 「民間でマイナンバーカードが悪用されても 政府は国家賠償に一切応じない」と答弁しましたからね。 さて マイナンバー制度 身を切る改革を考えないで国民負担を押し付ける人間が考える手口です。 なぜならこの税金の無駄は消費税10%増税どころで留まる話じゃないから。 なぜなら マイナンバーカードには巨額利権があり 2025年までに30兆円を食い逃げする計画と 1997年から計画されている預金封鎖に計画があります。 そのことを考えるとこのキャッシュバックなんて エビで鯛を釣るどころかエビで鯨を釣るくらいの効果がありますよね? マイナンバーでどれだけ税金が無駄に使われて、それが将来どれだけ国家財政に負担をかけるか、またマイナンバーカード申請者が増えるとそれに拍車がかかるかを知っていて、かつマイナンバーを推進する政治家がどんな思想を持っているかを知っていれば、マイナンバーカード作成を勧める人は「人倫の道に反する」ことは明白です。 税金の私物化や利権を排除して増税圧力を減らして国民の負担を減らすか 利権を増やして 消費税を増税楽しいなの世界を作るか? って話がありますね。 現在 森友学園問題 加計学園問題で アベトモ優遇とか政治の私物化とか言われていますが 森友は8億円 加計は130億円くらいですか? 国民の税金が不当に使われた疑惑があるから予算委員会に持ち込まれているわけですが、 マイナンバーなんてこんなものは比較にならなんです 桁が違います 「マイナンバー」と「利権」で検索してみてください。 検索しただけで1兆円だの3兆円だの こんなのは まだまだ甘い方で 2025年までに マイナンバーの範囲拡大で30兆円の予算を確保する裏計画が練られているとも言われています。 (即ち 消費税5%の時代に3年間消費税を廃止できる金額ですよ) マイナンバーカードは悪用されるという常識があるため 現在のマイナンバーカード普及は約1割ですが 政府は 当初マイナンバーカードを 2020年までに全国民の3分の2に持たせるという計画がありましたからね 要するに マイナンバーには税金が使われ たとえば財務省や総務省の官僚などが天下りした 先のカード業界 システム受注業界などに天下りした連中が 高額報酬を受け取ってウハウハって話なんですよ。 天下りしている連中ってどんな生活しているんでしょうかね? 財務省の実態をあばいたのがこれですよ こんなのが今の日本に2万5千人近くいるわけです。 表面化している官僚など氷山の一角 先日も 「相棒」で天下りを増やす役割の悪徳官僚役をしていた石坂浩二が言っていましたが 一般の天下りとは別に 嘱託職員の肩書で天下りさせれば 組織図に乗らない 役員報酬で法的規制を受けない 情報公開義務はない だからいくらでも税金の無駄使いができる これが実態なんですよ。 マイナンバー制度で マイナンバーカードを皆に持たせようなんて こんな組織を 助長させるようなものです。 実際 天下り先で彼らが何をしているかと言えば 高額報酬をもらいながら 仕事をするでもなく 彼らは出勤はするもの、お茶飲んで新聞読んで将棋を指して 事務の女の子にセクハラ発言をしたり、上から目線で命令して優越感に浸るなどして一日を過ごし、 これで 役員報酬が数年で数億円ですよ。 こんな【貪官汚吏】がいる一方で 現在でも消費税が引き上げられようとして かつ年金などカットされたリ 医療負担比率が上がったりしているわけですね。 このような税金の無駄をするためにマイナンバーカード普及すれば 消費税負担分は10%どころで済まないのは明白です。 問題はそれだけじゃなくてマイナンバー制度って預金封鎖の準備なんですね。 1997年から預金封鎖の計画検討を始めており 当時から 国民総背番号制(マイナンバー制度)が必須と結論付けられております その内容は以下のようなものだったそうです ・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする ・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。 このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。 ・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする ある意味 ネバダ・レポートより過酷ですね。 さらにはこの制度は監視社会の布石です。 実際知恵袋でも マイナンバーカードを申請するように煽っている人は 消費税増税に大賛成だったり、 マイナンバー制度を徴兵制に転用することを言ったり、 以下のような 人権のない憲法や政治家の発言を賞賛したりしています 政治家に至ってはこんなものですよ マイナンバーカードを浸透させるべきと言っている政治家の発言だってこんなものです。 ・高市早苗 ・・・電波停止発言 ・稲田朋美 ・・・国民の生活が第一と言う考えが間違っている。 若者は自衛隊に強制入隊させろ ・片山さつき ・・・天賦人権と言う思想は憲法から消してしまえ (要するに自由や権利を求めたアメリカ独立宣言や フランス革命時のフランス人権宣言は間違っているという思想) ・磯崎陽輔 ・・・フランスの市民革命で勝ち取った「国家権力が侵すことのできない人権」と言う考えは ストーンと削った憲法改正すべき ・伊吹文明・・・体罰を否定したら教育などできない ・山東昭子・・・人権と言う美名の下に犯罪が横行しているので 犯罪をしそうな人間にGPSを埋め込むべきだ ・武藤貴也(後に離党)・・・徴兵制を拒むのは利己的な考え方だ ・中山恭子(日本のこころ)・・・ 民主主義 自由主義が普遍的なものだと思う世の中は間違い 注) マイナンバー制度はドイツでは憲法違反判決 ナチス時代の反省が背景にあるドイツ 旧東ドイツにおける過酷な経験がある。 旧東ドイツでは、すべての国民に12桁の個人識別番号を付し中央民事登録台帳で管理し、さらにはIDカード携行を義務付けていた。 (他の自治体に引っ越した、などのときは転入時期から3ヶ月くらいまでに継続利用手続きしないと失効します) お知らせが来るかどうかは自治体次第です 子供の預金通帳を作るときなど今は保険証だけではできず、住民票などが必要になります。 マイナンバーがあれば事足りるので、無いよりはあったほうが良いかと思います。 20歳以上の更新は10年ごと、20歳未満は5年ごとの更新になります お知らせがくるかはわからないですが、マイナンバーの前は住基カードが身分証明の一つでしたが期限が切れたら自分で更新するだけでお知らせは無かったと思います。 子供のは親が管理するなら問題はないと思いますが、子供に持たせるなどがあるならコンビニで住民票を発行できるカードにせず身分証明以外の機能は要らないとおもいます。 私は先日ケータイを契約するのに運転免許もないので保険証をだすと、ほかに住んでるかどうかの確認のため公共料金の請求書でなおかつ支払いが済んでいて受領印があるものと言われましたが 銀行振り込みにしていたのでそういう請求書もなく困りました。 マイナンバーカードがあれば今は余計な書類も必要なくこれからもそういう状態が増えると思います。 申請してから出来るまでに1ヶ月もかかるので必要になってからでは遅いです 作っておくのは良いと思いますよ。 子供の通帳なんて作らないしなと思うかもしれませんが15歳未満までマイナンバーカードを取得するためには親が必要になり、 いざというとき作ろうとしても役所の利用時間などもあるので仕事されてるかたなどは 親のと一緒に申請しておいた方が手間が省けます。 更新し続けるのか?についてですが有効期限が切れたらただ効力を失うだけです。 必要とあれば更新すれば良いと思います。 無くて困ることはあっても有って困ることは無いので作っておいて良いと思いますよ?.

次の