さつまいも 置き換え。 さつまいもを主食に置き換えるだけ。簡単ダイエット方法と嬉しい効果

さつまいも(コグマ)ダイエットをやってみた!口コミ・効果・感想|FIT Search

さつまいも 置き換え

さつまいもダイエットとは、 ご飯をさつまいもに置き換えるダイエット法です。 昼食か夕食を、ご飯やパンの主食の代わりにさつまいもを食べるだけでいいのです。 さつまいもというと、甘い炭水化物のイメージがあってダイエットには不向きのような気がしますよね。 ところが、 さつまいもは白米などよりもカロリーが低く、しかも腹持ちがよく栄養のある食品なんですよ。 消化吸収にかかる速度がゆっくりなので、炭水化物の中でも太りにくい食品で、食物繊維も多く、便秘解消に役立ちます。 満腹感も得られやすく、いくら食べても飽きないので、さつまいもが苦手でなければすごくいいダイエットといえます。 さつまいもは、比較的1年中手に入りやすく、冷暗所で長期間保存できる食品なので安い時にまとめ買いしておけるメリットもあります。 さつまいもは、こんなに甘くておいしいのにダイエットに最適だなんて、不思議な気がしますけど本当なんです。 好きな物を食べてダイエットできるさつまいもダイエットは、ストレス無く気軽に始められます。 効果は? さつまいもダイエットの効果はどのようなものがあるのでしょうか? 意外に思うかもしれませんが、さつまいもはカロリーが低い食品です。 さつまいもダイエットで、 主食をさつまいもに置き換えると、白米やパンよりカロリーが低い為カロリー摂取が少なくなり、体重減の効果が出るのです。 それから、さつまいもには クロロゲン酸という成分が含まれていて、このクロロゲン酸が糖分吸収をブロックする働きします。 さつまいもは炭水化物なのに、消化吸収がゆっくりで太りにくい食品だそうです。 さらに食物繊維が豊富なので、便秘の解消に効果が期待できます。 この食物繊維はお腹がふくれやすく、腹持ちがよく満腹感を感じやすいです。 カリウムも多く含まれていて、体内の塩分を排出する働きをするので むくみにも効果があります。 とかくダイエットというと、無理な食事制限をしたり好きな物を食べられなかったりと、ストレスが溜まり途中で挫折してしまいがちですが、 さつまいもダイエットは甘いさつまいもを食べていればいいだけなので、ダイエットをしている感がなくて続けやすいダイエットだと思います。 置き換える方法は? さつまいもダイエットはどのような方法で行うのでしょうか? さつまいもダイエットは、主食をさつまいもに置き換えるダイエットです。 方法としては昼か夜の食事の主食を、蒸したさつまいも150グラムに置き換えて食べるだけです。 その時、さつまいもの皮も栄養がたくさんあるので、 皮ごと食べた方が効果的です。 食べ方は良く噛んで食べます。 よく噛まないと、お腹の中で膨れてしまい逆に便秘の原因になってしまいます。 さつまいもがダイエットにいいからと食べ過ぎには気をつけてください。 過剰摂取になると、さつまいもの炭水化物と糖質は蓄積されて太りやすくなってしまいます。 食物繊維も多く摂りすぎると、消化しづらくなりやはり便秘を招きます。 さつまいもは、蒸したり焼いたりすると、より甘みが増すので素材の味を楽しむように砂糖などの甘みを使わないことも大事です。 どうしても間食をしたい人には、間食でさつまいもを食べるのもいい方法だと思います。 さつまいもの1日の適量を守り、それ以外ではバランスの取れた食事を3食きちんと食べるのが、さつまいもダイエットの正しい方法です。 成功しやすいの? さつまいもダイエットは成功しやすいダイエットといえるでしょうか? 結論から言うと、 さつまいも自体がダイエットに適した食品であるので、さつまいもダイエットは成功しやすいと思います。 甘くて食べごたえがあるさつまいもは、満腹中枢が刺激され食べるのに時間がかかるので少量でもよく、 食べ過ぎをおさえることができます。 そして、脂肪や糖の吸収を抑えて血糖値の上昇も緩やかなので、摂取することにより太りにくくなる体質に改善されていきます。 また、 むくみの解消となるカリウムやカルシウムも豊富に含んでいます。 以上のことから、さつまいもがダイエットに成功しやすい食品なのが理解できると思います。 それ以外にも、さつまいもは蒸すなどの加熱さえすれば食べられる食品だということも、成功しやすい理由としてあげられます。 むしろ、油を使ったり余計な味付けをするとカロリーオーバーになって逆効果なので、 そのまま皮つきで食べておいしいさつまいもは、まさにダイエット向きの食品と言えますね。 口コミではスッキリ効果も? スィーツ感覚で食べられる、甘くておいしいさつまいもを使ったさつまいもダイエットの口コミ状況はどんなものがあるのでしょうか? 元々ひどい便秘症の人は、さつまいもダイエットを始めてすぐに便秘解消された為か、いきなり2キロ3キロと体重が減ったようです。 体質にもよるようですが、便秘にはすごい効果があるみたいですね。 中には、 2ヶ月で10キロの減量に成功してウエストが10センチ以上も細くなったという人もいらっしゃいました。 この人は、さつまいもダイエットの成功を確信し、太りにくくなったことを実感し自分に合ったダイエット法が見つかってよかったと、本当に喜んでいました。 男性の口コミもあり、 ワイシャツの首回りがゆるくなってきてベルトの穴も減り、体重も減ったとのうれしい感想を寄せていました。 食事の量を減らす為にさつまいもをよく食べているという人は、まだ体重は減っていないが便通が良くなり体重増加が認められないので、徐々にダイエット効果が出てくるのでは、との思いを口コミにしていました。 さつまいもダイエットに関しては、概ね評価が高いようです。 糖質が多いとされているさつまいもですが、ダイエットに効果的といわれていますので、苦しいダイエットとはおさらばできそうです。

次の

【さつまいもダイエット】1週間置き換えダイエット!栄養士が1週間分のレシピを公開!

さつまいも 置き換え

水に溶けない性質の不溶性食物繊維には「便を固める」という作用もあります。 便が固くなって便秘になっている人など便秘の状態によっては思ったような効果が得られない場合もあるようです。 3.代謝を上げる効果 さつまいもにはエネルギー代謝を良くする ビタミンB群も含まれています。 ビタミンB1 炭水化物(糖質)の代謝を手助けするビタミンで「疲労回復のビタミン」とも呼ばれます。 ビタミンB2 三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)、特に脂質の燃焼を助けエネルギー代謝、細胞の新陳代謝を促進します。 「美容のビタミン」「発育のビタミン」とも呼ばれます。 ナイアシン 糖質、脂質を燃やしてエネルギーを作り出すビタミンで人の体内にもっとも多く存在しています。 ビタミンB6 たんぱく質の分解・合成や脂質の代謝を助ける働きがあります。 葉酸 赤血球の生成や細胞の生まれ変わりに必要不可欠な栄養素。 不足すると貧血の原因になることもあります。 パントテン酸 パントテン酸の名前は「広くどこにでもある」という意味で、その名の通り、魚介類、肉類、卵などいろいろな食品に含まれています。 ビオチン 三大栄養素の代謝に関わる酵素の働きを助けるビタミン。 人の腸内で善玉菌によって作り出すこともできます。 太りにくくて痩せやすい体を作るには代謝の向上は必要不可欠!甘くて美味しいさつまいもでエネルギー代謝にアプローチできるなんて嬉しいですよね。 4.むくみを解消する効果 体重の増減に関わらずなんだか太ったように見えてしまうのが体のむくみ。 むくみの原因はいろいろありますが、そのうちのひとつに「塩分の取りすぎ」があります。 細胞内に余分なナトリウムが増えると塩分濃度を下げるために水分を集めます。 集まり過ぎた水分は行き場を失いその場に溜まっていきます。 その結果、細胞が水分を含んで膨らんで体がむくんでしまうのです。 たとえ体重が落ちても太っているように見えたら「ダイエット成功!」とはいかないもの…。 そこで意識して補いたいのが「 カリウム」。 カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。 さつまいも• じゃがいも• さといも などのイモ類にはカリウムが多く含まれているので、外から補うことで むくみの解消に効果が期待できますよ。 なんとその量はりんごの約5倍!イモ類の中でもトップの含有量です。 ビタミンCには以下のような美肌効果があります。 シミ予防の効果 ビタミンCはメラニン生成の原因となる酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害します。 メラニン色素の沈着を防ぐのでシミの予防効果が期待できます。 肌の老化を防ぐ効果 ビタミンCには非常に強い抗酸化力があります。 抗酸化力とは細胞を老化させる活性酸素を除去する力のこと。 ビタミンCの強い抗酸化作用でしわやたるみを防ぎます。 ビタミンCは熱に弱いという性質がありますが、さつまいもの場合は調理をしてもでんぷん質が膜を張ってビタミンCを保護します。 つまり、 さつまいものビタミンCは熱を加えても壊れにくいと言われているんです。 また、もうひとつ「若返りのビタミン」とも呼ばれる「 ビタミンE」もさつまいもに含まれています。 ビタミンEには 血流改善効果があります。 血のめぐりが良くなることで細胞の新陳代謝が活発になり 肌にハリやツヤが生まれます。 活性酸素の増えすぎは生活習慣病などの病気の原因になる場合があります。 体内の抗酸化成分は年齢を重ねるほど減っていってしまうので、抗酸化力が高いものを食べて外から補ってあげることが大切です。 さつまいもに含まれる ビタミンCとビタミンE、さらにビタミンAは「ビタミンACE(エース)」と呼ばれ、一緒に摂取することで抗酸化作用が高まると言われています。 さつまいもがダイエット向きの理由と知っておきたい注意点 さつまいもには女性に嬉しい栄養成分が豊富なことが分かりました。 ここからはさらにさつまいもがダイエット向きと言われる理由と合わせて、知っておくべき注意点について説明します。 さつまいもはGI値が低い 同じ炭水化物でも肥満につながりやすいものと太りにくいものがあるということはご存知でしょうか? ポイントになるのが近頃何かと耳にすることが多い「 GI値」というものです。 GI(グリセミック・インデックス)とは食後の血糖値の上昇度合いを示す指標です。 普段、お茶碗一杯分(約150g)のご飯を食べているなら、ご飯の代わりに150gの蒸したさつまいもを食べましょう。 調理方法や食べるタイミングは以下の通りです。 蒸して食べる もっともダイエット効果がある食べ方はさつまいもを蒸して食べるという方法です。 さつまいもは加熱するとより甘みが増すのでいろいろと味付けをしなくても十分美味しくいただけます。 また、油で揚げるとカロリーも高くなるのでやめましょう。 皮ごと食べる さつまいもの栄養分は実だけでなく、皮や皮と実の間の部分にも豊富にあります。 そのため、食べるときは皮をむいて捨ててしまわずに皮まで美味しく食べるのがおすすめです。 せっかくダイエットにも健康にも良い栄養分ですから、皮ごと食べられる調理方法を身につけて無駄なく摂取しましょう。 食べるタイミング エネルギーとして消費されやすい朝や昼に食べるのがおすすめです。 消費しきれなかった分の糖質は体に蓄積されやすいので、夕食や夜食に摂るのは避けましょう。 失敗しないためのポイントとは? さつまいもの食べ方によってはダイエット効果をもたらすどころか逆に太ってしまう可能性もあります。 失敗しないためのポイントを4つご紹介します。 1.砂糖を入れすぎない 既述の通り、さつまいもには糖質がたっぷり。 それなのにさらに砂糖を加えて甘くしてしまっては、いくらダイエット向きの食材であっても効果は減ってしまいます。 どうしても甘みが足りないならプラスする砂糖はほんの少しにおさえておきましょう。 2.食べる順番 糖質量の少ない食べ物から順に食べて血糖値の上昇をゆるやかにする…という「食べ順ダイエット」というダイエット法があります。 3.食べ過ぎない さつまいもをたくさん食べれば痩せるというものではありません。 どんなに優秀な食材でも食べ過ぎはNG!消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ太ってしまうのも当然です。 食べるときは量を守り、食べ過ぎないようにしてください。 4.バランスの良い食事を心がける いくらさつまいもの栄養素が豊富でもさつまいもだけでは栄養のバランスが偏ってしまいます。 あくまでもさつまいもは主食の置き換えとし、主菜や副菜も用意してバランスの良い食事を心がけましょう。 特にたんぱく質は筋肉を作る働きがあるのでダイエット中は意識して摂りたい栄養素です。 自然な甘みのあるさつまいもで無理なく美味しくダイエット さつまいもは食べ方にさえ注意すれば、嬉しいダイエット効果をもたらしてくれることが分かりましたね。

次の

さつまいもダイエットの方法は?【スッキリ効果で短期間で成功!】

さつまいも 置き換え

「コグマダイエット」というダイエット方法をご存知でしょうか? 2017年に韓国の韓国のアイドルやコメンテーターの方々がコグマダイエットで成功して、日本でも若い女性を中心にブームになったダイエット法です。 日本ゴールドディスク大賞にもノミネートされたことのある、韓国の有名歌手のIUさんも短期間で -5kg ものダイエットに成功したのこと。 (ちなみに、日本ゴールドディスク大賞は 2019年には安室奈美恵さんが大賞を受賞しています) もうお気づきだと思いますが、その 「コグマダイエット」とは、さつまいもを主食にしたダイエットのことで、「さつまいもダイエット」として若い女性の間で注目されてきている 韓国発のダイエット方法なのです。 実際にそのやり方を見ていきましょう。 1 さつまいもダイエットとは ごはんやパンなどの主食をさつまいもに置き換えるダイエット法です。 ごはん一杯150gのカロリーは約250kcal、さつまいも150gのカロリーは約190kcalと 約60kcalのカロリーを一食でカットすることができます。 カロリーカットだけなら他食材でも可能ですが、 さつまいもは栄養価が高く、満腹感も得られやすい点で優れているのです。 2さつまいもの主な栄養素と効果 2-1 ビタミンC 体の細胞同士を結ぶコラーゲンを作るのに不可欠な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ他、カルシウムやミネラルの吸収を促進する働きがあります。 通常のビタミンCは熱に弱い特性をもっていますが、さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強い特性があるといわれています。 2-2カリウム 野菜や果物、豆類等に多く含まれている栄養素です。 ナトリウムとともに細胞の浸透圧調整を維持している他、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して排泄する役割も担っています。 2-3 アントシアニン アヤムラサキなどの紫品種には赤ワインに含まれているポリフェノールの一種、アントシアニン色素が含まれています。 アントシアニン色素は生活習慣病を引き起こす活性酸素の働きを抑制すること 抗酸化作用 が近年明らかになってきています。 2-4 ビタミンE 油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。 抗酸化作用を持ち、体内の脂質の酸化を防ぎます。 この働きによって 細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などの生活習慣病の予防になるといわれています。 3 さつまいもダイエットで痩せられる理由 3-1 カロリーが低い 同じ量のごはん 白米 とさつまいもを比べてみましょう。 ごはん 白米 150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalと同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、 約60kcalのカロリーカットとなります。 3-2 お通じがよくなる さつまいもにはヤラピンという成分が含まれています。 これはさつまいも特有のもので、腸の蠕動運動に働きかけて、便を柔らかくするといわれています。 さらに、さつまいもには食物繊維が含まれていますので、相乗効果でお通じが良くなると考えられます。 便秘が続くと、腸内の悪玉菌が増殖してしまい、それがむくみや血行不良の原因になってダイエットの障害になることもあります。 3-3 脂肪がつきにくい体になる さつまいもは低GI食品です。 GI グリセミック・インデックス とは食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。 GI値が高い食品は、食後に一気に血糖値が上がるため、体への負担も大きく、肥満につながりやすいといわれています。 GI値の低い食品は糖の吸収が穏やかであり、血糖値もそれに伴って緩やかに上昇しますので体に脂肪がつきにくいのです。 3-4 腹持ちが良い 胃にとどまる時間が長いか、短いかが腹持ちの良さとされます。 さつまいもは食物繊維を含んでいるので、食物繊維が水分を吸収して膨張し、胃に長く留まりゆっくりと消化されるので、腹持ちがいい食品といえます。 腹持ちがいいということは次の食事までに空腹になりにくいということです。 余計な間食を控えられるのでダイエットに適している食材と考えられます。 4 さつまいもダイエットの正しいやり方 4-1 主食をさつまいもに変える 夜にさつまいもをたべると消費しきれなかった糖質は体に蓄積されやすいので置き換えるのはエネルギーとして消費される朝食か昼食がおすすめです。 ごはん 白米 150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalと同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、約60kcalのカロリーカットとなります。 4-2 調理方法 なにも加えずに調理できて余分なカロリーを摂取せずにおいしく食べられるやきいもが置き換えにおすすめです。 ダイエット中は甘いものにはなかなか手を出せませんが、砂糖を使わなくてもスイーツのように甘いやきいもで満足を得るができます。 4-3 皮ごと調理する さつまいもは皮ごと食べるのがおすすめ。 皮と身の間に栄養素が多く含まれているので、皮を捨ててしまうのはもったいない! ぜひ皮ごと調理して食べましょう。 4-4 冷やして食べると効果アップ やきいもをさらに効果的にダイエットに役立てる方法としてやきいもを冷凍するというものがあります。 一度やきいもを作り、冷凍することで、レジスタントスターチというでんぷんが増えるといわれています。 レジスタントスターチとは、難消化性でんぷんとも呼ばれ、消化されにくいでんぷんです。 消化されずに大腸まで届くので、さつまいもダイエットにぴったりの調理法といえます。 5さつまいも調理の基本レシピ 5-1蒸し芋 電子レンジの場合• さつまいもを洗ってラップで包む。 600Wで5分加熱する。 串が通るよう柔らかさになったら完成。 蒸し器の場合• さつまいもを洗って蒸し器に並べる。 蒸し器に水を半分くらい入れてふたをする。 湯気が出てきたら火を中火にして30分煮る。 串が通るよう柔らかさになったら完成。 5-2やきいも• さつまいもを洗って、アルミホイルで包む。 途中何度かひっくり返す。 ツラい食事制限もなく体への負担もなく、ムリのない食生活のままダイエットできるステキなダイエット法なので、ぜひ一度トライしてみてください。 また、 毎日さつまいもを蒸したり焼いたりするのが正直めんどう…という方にピッタリなものがあります! それが、 【 らぽっぽファームオンラインショップ】の 美腸やきいもです! 詳しくは。 さつまいもダイエットのポイントとなる、 ・皮ごと調理して食べる ・やきいもにして冷やして食べると効果的 を満たしていて、手軽に手に入るのも魅力的! 1袋150gの小分けパックになっているので、食べ過ぎの心配もいりません。 ただし、焼き芋にすると水分が抜けるため、同じ150gでも「生のさつまいも」よりも「焼き芋」の方がカロリーが高くなってしまいます。 置き換えダイエットのときは、 美腸やきいもを1袋全部食べるのではなく、少し残すのがポイントです! <さつまいもダイエットでよくある失敗例とは?>.

次の