ひょう けん の 魔術 師。 サッカー選手のニックネームというか、あだ名というか…を教えてください...

第1話 ようこそ、アーノルド魔術学院へ

ひょう けん の 魔術 師

江戸川乱歩の美女シリーズ ジャンル 原作 出演者 明智小五郎 役 製作 制作 放送 放送国・地域 天知茂版 オープニング を参照 放送期間 - 放送時間 土曜 21:02 - 22:24(第7話以前) 土曜 21:02 - 22:51(第8話以降) (但し、特別版として第6話、第20話は各30分、第17話は60分延長) 放送枠 回数 25 北大路欣也版 オープニング を参照 放送期間 - 放送時間 土曜 21:02 - 22:51 放送枠 放送分 109分 回数 6 西郷輝彦版 オープニング を参照 放送期間 - 放送時間 土曜 21:02 - 22:51 放送枠 放送分 109分 回数 2 『 江戸川乱歩の美女シリーズ』(えどがわらんぽのびじょシリーズ)は、からまで系「」で17年間放送されたシリーズ。 概要 [ ] 従来テレビでは子供向け作品の映像化が多かった作品を大人向け作品に絞って映像化し、現代風にアレンジした。 短編原作ものをはじめ、ほとんど原作の影をとどめていないオリジナル脚本同然の作品も少なくない。 トップ女優の官能的な演技と 、中盤でのカーチェイス、物語終盤に死亡したかと思われていた名探偵・が、別人物に成りすまして登場し、犯人の前で変装を解く場面 、悲劇的なラストシーンが恒例となっている。 ベテラン監督・が大部分を手がけ、明智にカメラへ向けて語らせる、エンディングクレジットを中断してエピローグを挿入する、登場人物がBGMを指図する、ラストシーンを完全無音のままエンディングタイトルを流し始めるなど、自由奔放な演出の数々は今なお人気が高い。 また、音楽は全作品ともが担当しているが、有名なテーマ曲は第6作の「妖精の美女」より使用されている。 製作はだが、初期脚本を担当した宮川一郎をあわせ、監督、明智役、第一作主演女優が出身者であり、同社末期のモダニズムとキッチュ感が混合したような独自の雰囲気も再現されている。 が明智に扮してから死去するまで25作品が制作され、その後、 が2代目明智に扮しからまで6作品、 が3代目明智に扮しとに2作品が制作されており、作品数は全33作を数える。 天知主演25作品と北大路主演の6作品はフィルム撮影のテロップ打ち込み式(第6作はフィルム撮影のVTR編集) だが、西郷主演の2作品はVTR撮影である。 天知茂主演の25作品が「江戸川乱歩シリーズ」として化されているほか、1月7日には北大路欣也主演、西郷輝彦主演の8作品をまとめたDVDボックスが発売された。 2015年6月24日に「江戸川乱歩の美女シリーズ」のBlu-ray BOXが、江戸川乱歩没後50年、天知茂没後30年企画としてから発売されることが松竹より発表された。 (天知茂が明智小五郎を演じた全25作品を、Blu-rayDISCに13枚組で収録) エピソード [ ] 変装 [ ] シリーズのお約束である、クライマックスで明智が変装を解いて謎ときをするシーンは、第一作『氷柱の美女』の脚本には書かれておらず、井上梅次監督が現場で思いついて採用したアイディアであった。 『氷柱の美女』の脚本におけるクライマックスでは、明智が簡単に犯人の前に現れて謎ときをするのだが、それでは面白くないと考えた井上監督が効果的な演出を考えた結果、現場で思いついて演出したのが「犯人が鏡に向って仮面をとると、その鏡の中に脱いだはずの吸血鬼の仮面が映る。 びっくりして振向くと、もう一人の吸血鬼がゆっくり仮面をとり、明智探偵の顔が現れる」というシーンだった。 この趣向は井上監督も大いに自信をもち、以降は明智が変装を解いて謎ときをするシーンがシリーズにおける定番として決まって取り入れられるようになった。 シリーズの中で定着していった変装を解くパターンは次のような順である。 入浴シーン [ ] また、井上梅次監督はシリーズ名物の入浴シーンについて以下のように述懐している。 (二時間ドラマを演出する際には)五十五分から一時間五分までの間にはコマーシャルを入れずに、面白いシーンをここにはめるように計算する。 (裏番組の)一時間番組では五十五分ごろにドラマが終わりコマーシャルが始まる。 そのドラマを見ていた視聴者は、チャンネルをひねって他局の面白い番組を捜すのだ。 二時間番組ではここで集まってくる視聴者を逃さないように、興味しんしんのシーンをぶつける。 たとえば浴室の美女に忍び寄る謎の影……といった映像が出てくると、いっきに視聴率が高まってくる。 こうした二時間ドラマにおける時間の変わり目で視聴者をつなぎとめる手段として井上監督は、「の『』の浴室惨殺シーンからヒントを得て、必ずヌードを出すことにした。 」と語っている。 しかし女優のヌードを撮影するに際しては、女優のほとんど全員はそう簡単にヌードを了承することはなく、説得から撮影に至るまで監督は常に多大な苦労と恐怖にさいなまれた。 以下は「美女シリーズ」を始めとした映画・テレビドラマにおけるヌードの撮影に関する井上梅次監督の述懐である。 (ヌード・シーンの撮影は)監督が望んでいるという口実でプロデューサーが交渉し、後は監督と女優の直談判に任されてしまうから、監督にとっては大変苦労の多い仕事である。 (中略) 女優は半分肯定し、半分否定しながら現場に臨むのだから、ちょっとしたことで心証を害して、 「いや!……」 と言われればそれで終わりになってしまう。 (中略) 監督は脱がすまでに熱っぽく状況説明をして、なぜこのシーンが必要であるか、ここに賭けた意気込みを女優に感じさせるテクニックが必要である。 そして芸術的な雰囲気をさらに高揚させて少しずつ、芝居の中で脱がしてゆくのだ。 こうして有名女優が乳房を見せても、スタッフは好奇のまなざしを隠し、無関心をよそおって黙々と仕事を続けなければならない。 「カット!」の声が掛かると、付き人または監督自らその裸体に衣装を着せて、芝居から解放されたときの羞恥心を少なくする配慮も必要である。 どこでゴネられるか、どこで拒否されるか、こんな恐怖におびえながら、ただただ監督は仕事に没入したフリをしてゆく。 細かく気を配りながら執拗に脱がしてゆくテクニックは、なかなか新人監督には難しいことであるが、どんなテクニックよりも、監督のそのシーンに賭けた情熱が一番効果があることは確かである。 明智の衣装 [ ] ニヒルで渋い天知でしか着こなせないような柄のスーツやジャケット、コート類は、当時天知プロ所属で7作品に出演しているによれば、それらは皆、天知の私物だったということである。 捜査中と変装を解いた後、また場面に応じてと一話につき数着使用されるのが通例である。 全身タイツを脱ぎ捨てると皺一つないりゅうとしたスーツ姿が現れるという例もある。 当然、井上梅次作品である。 美女シリーズ以外の江戸川乱歩作品 [ ] 「美女シリーズ」とは別に「土曜ワイド劇場」では江戸川乱歩原作の作品を制作している。 『名探偵・明智小五郎シリーズ』 を明智役としたシリーズ。 『陰獣』と『三角館の恐怖』を原作として制作し、それぞれとに制作された(変装を解くシーンもあり)。 『』 制作。 が明智役、が役を演じた、ドラマオリジナルの作品。 明智は探偵ではなくの大学教授という設定で、変装を解くシーンもない。 サブタイトルには、「妖しい傷痕の 美女」がつけられていた(天知茂版『陰獣』と酷似している)。 登場人物 [ ] 『D坂の殺人事件』で初登場。 当時は書生で間借り人であり、喫茶店でアイスコーヒーを飲むのが楽しみだった。 探偵小説好きで、四畳半しか無い下宿先の自室は、四方を寝る場所もないほどの本の山に埋められている。 愛煙家で、歳はこの時点では二十代と見られていた。 乱歩は明智の起用をこの『D坂の殺人事件』一作だけにするつもりでいたが、評判が良かったため、『心理試験』で再登場して以後、乱歩の代表的探偵キャラクターとなった。 文代 明智の美人助手。 原作では「」の玉村文代で、明智と結婚する。 明智の助手。 波越警部 警視庁刑事部捜査一課の警部。 明智の親友。 天知茂版 [ ] キャスト(天知茂版) [ ] 明智探偵事務所(天知茂版) [ ]• (探偵) -• (明智の助手) - (第1作 - 第19作) 、(第20作 - 第23作)、(第24作・第25作)• (明智の助手) - (第1作)、(第6作 - 第19作)、(第20作 - 第25作) 警察関係者(天知茂版) [ ]• 恒川(警視庁捜査一課 警部補・明智を頼りにしている) - (第1作)• 田村(警視庁捜査一課 刑事) - (第1作・第4作 - 第9作)、(第2作・第3作)• (警視庁捜査一課 警部) - (第2作 - 第25作) ゲスト(天知茂版) [ ] 第1作「氷柱の美女」(1977年)• 岡田光彦(画家) -• 菊子(柳家の家政婦) -• 斎藤(柳家の執事) -• 老婆 -• 茂(倭文子の息子) -• 主婦 -• 浮浪者 -• アパートの人 -• 運転手 -• 箱根の刑事 -• 谷山二郎(故人) -• 柳倭文子(財産家の未亡人) - 第2作「浴室の美女」(1978年)• 玉村一郎(善太郎の息子) -• 福田得二郎(善太郎の弟・宝石商) -• サエキ(玉村家の家政婦) -• 音吉(玉村家の庭番) - 北町嘉朗• 刑事 -• ミサコ(幸右衛門の妾) -• 看護師 -• 玉村善太郎(富豪) -• 奥村源次郎(源造の父) - 加島潤• 玉村幸右衛門(善太郎の父) -• 福田家の家政婦 - 村上記代• 刑事 - 篠原靖夫• 奥村の部下 -• 福田家の使用人 - 羽生昭彦• 奥村の部下 -• 魔術団の団員 -• 榛名湖のホテルのフロント係 -• 奥村源造(魔術師) - 第3作「死刑台の美女」(1978年)• 北園竜子(庄太郎の異母妹) -• 川手民子(庄太郎の長女) -• 川手庄太郎 -• 川手雪子(庄太郎の三女) -• 川手ハル子(庄太郎の次女) -• 須藤(竜子の愛人) -• 木島(宗方博士の助手) -• 川手家の使用人 - 小田草之介• 警察官 - 喜田晋平• 岡本(川手家の家政婦) - 村上記代• 和尚の妻 -• 警察官 -• 和尚 -• 鑑識課長 -• 刑事 - 羽生昭彦• 警察官 - 沖秀一• 温水プールの職員 - 篠原靖夫• トラック運転手 - 加藤真琴• 劇中劇の川手庄兵衛 - 中村正人• 劇中劇の山本 - 下坂泰男(下坂亮介)• 劇中劇の山本満代 - 小野塚千枝子• 劇中劇の老婆 - 藤原美佐穂• 劇中劇の子役 -• 笹本芳枝 (菊太郎の姪) -• 夏目知子(菊太郎の娘) -• タマ子(笹本家の家政婦) -• 刑事 - 羽生昭彦• 刑事 - 池田駿介• ホテルのフロント主任 - 小田草之介• 夏目菊太郎(夏目財閥当主) -• 夏目太郎(菊太郎の息子) - 篠原靖夫• 熱川の刑事 -• 倉庫会社員 - 土屋靖雄• ホテルのフロント係 -• 熱川の刑事 - 沖秀一• 医師 -• 山崎(菊太郎の秘書) - 第5作「黒水仙の美女」(1978年)• 伊志田待子(鉄造の長女) -• 伊志田悦子(鉄造の次女) -• 伊志田君代(鉄造の後妻) -• 伊志田鞠子(鉄造の三女) - 石川えりこ• 老婆 -• 刑事 - 羽生昭彦• 伊志田太郎(鉄造の息子) -• 伊志田たみ(待子の祖母) -• 伊志田静子(伊志田鉄造の先妻)- 玉井ゆみ• 刑事 - 山崎純資• 荒川(待子の恋人) -• 伊志田鉄造(彫刻家) - 第6作「妖精の美女」(1978年)• 不二子(大島家の次女) -• 浦瀬(ロベールの部下) -• 絹枝(大島家の長女) -• 大島喜三郎(石油王・日本古美術品のコレクター) -• 三好(大島家の執事) -• 小雪(大島家の使用人) -• セシル -• 千秋(大島美術館 事務長) -• 美子(大島家の三女) -• キヨ(大島家の家政婦) - 村上記代• 刑事 - 鈴木謙一• 黄金仮面の部下 - 沖秀一• 刑事 - 篠原靖夫• 酔っ払いのサラリーマン - 喜田晋平• 犬の散歩をする青年 - 託摩繁春(現・)• パーティの給仕長 - 羽生昭彦• ジョルジュ・ポワン(フランス大使館員) -• ロベール(フランス商社日本支社長) - 伊吹吾郎 第7作「宝石の美女」(1979年)• 大牟田ルリ子(大牟田敏清の未亡人) -• 川村(画家) -• 住田洋子(女医) -• 西岡三郎(宝石泥棒) -• 豊子(ルリ子の妹) -• 不動産屋 -• 伊豆の警部 - 山本幸栄• 刑事 - 羽生昭彦• 検視官 - 山崎純資• 西岡の仲間 - 沖秀一• ホテルのフロント係 - 託摩繁春(現・宅麻伸)• ホテルのフロント係 -• 造船所員 - 加藤真琴• 釣り人 - 篠原靖夫• 岩瀬早苗(庄兵衛の娘) -• 雨宮 -• 岩瀬庄兵衛(宝石商) -• 船長 -• 美青年 - 託摩繁春(現・宅麻伸)• 松吉 - 羽生昭彦• 岩瀬家の家政婦 -• 船員 - 工藤和彦• ホテルの支配人 - 加島潤• 刑事 - 岡本忠幸• コック - 鈴木謙一• 警察官 - 篠原靖夫• 浮浪者 - 沖秀一• 刑事 - 加藤真琴• 刑事 -• 刑事 - 山崎純資• 剥製の白人女性 -• 剥製の黒人 -• アナウンサー -• 黒蜥蜴(緑川夫人) - (特別出演) 第9作「赤いさそりの美女」(1979年)• 狩野五郎(匹田博士の助手) -• 相川珠子(操一の娘) - 野平ゆき• 相川守(操一の息子) -• 笠間明(美術学生) -• 今村友雄(珠子の婚約者) -• 映画監督 -• 相川操一 - 増田順司• 櫻井品子の父 -• 映画プロデューサー -• 警察官 -• 春川月子(「燃える女」の主演女優) -• 家政婦 -• 刑事 - 羽生昭彦• コンテストの司会者 -• 鳶職 - 沖秀一• 櫻井品子(守の婚約者) -• 吉野圭一郎(俳優) -• 警察官 -• 映画のカチンコ係 - 加藤真琴• 刑事 - 篠原靖夫• 熱帯動物研究所員 -• アナウンサー -• 児玉丈太郎(時計屋敷の主人) -• 夏代(児玉の妻) -• 黒川(児玉家の顧問弁護士) -• 股野礼三(医師・元刑務所の医官) - 松橋登• 岩淵甚助(児玉家の使用人) - 岡部正純• 長田鉄(児玉の祖母) - 村上記代• 刑事 - 加藤真琴• 刑事 -• 軽トラの運転手 - 沖秀一• 白銀花子(弥之助の娘) -• 佐伯清二(ピアニスト・花子の恋人) - 宅麻伸• ジェラール(警部) -• 弥之助の部下 -• 高田レイコ(保険会社調査員) -• ガードマン - 沖秀一• 運送会社の運転手 - 羽生昭彦• 花子の見合い相手 - 鈴木謙一• 浅沼由貴(弥之助の秘書) -• 刑事 -• 白銀弥之助(ニュー白銀ビルのオーナー) -• ロベール - 伊吹吾郎 第12作「エマニエルの美女」(1980年)• 大河原由美子(大河原の妻) - 夏樹陽子• 杉本治郎(大河原の助手) -• 庄司武彦(大河原の助手) -• マネキン屋 -• 讃岐(テレビプロデューサー) - 北町嘉朗• 福本(大学教授) -• 山村弘子(女優) -• 姫田吾郎(評論家) -• トキ(大河原家の家政婦) - 志賀真津子• 刑事 - 小田草之介• 刑事 - 沖秀一• 検視官 - 加藤真琴• 大河原義明(推理作家) - 岡田英次 第13作「魅せられた美女」(1980年)• 沖良介(棋士) - 天知茂(二役)• 沖晴美(良介の妹・新進歌手) -• 佐藤桃子(バー桃子のママ) - 奈美悦子• 署長 - 北町嘉朗• 伊勢友子(省吾の妻) -• 芸能記者 -• 運転手 -• 伊東の刑事 - 小田草之介• マンション管理人 -• 名位戦の対戦者 -• 刑事 - 城戸卓• バーテン - 沖秀一• 将棋記者 - 小森英明• 交番の警察官 - 篠原靖夫• 刑事 - 羽生昭彦• 伊東の警察官 -• ホテルの仲居 -• 真下幸彦(晴美のマネージャー) - 中条きよし• 将棋記者 - 加藤真琴• ホテルのフロント係 - 鈴木謙一• 伊勢省吾(エメラルドプロ社長) - 第14作「五重塔の美女」(1981年)• 川井奈津子(東都大病院 看護師) -• 大沢かずえ(大沢の妻) -• 進藤健三(ファッションデザイナー) -• 青木昌作(小説家) -• 三田村啓介(画家) - 森次晃嗣• 鶴田正雄(タクシー運転手) - 草薙幸二郎• 榊(東都大病院 医師・奈津子の恋人) -• 農協職員 - 岡部正純• 高校の校長 -• レイコ(進藤の彼女) -• 南彦次郎(奈津子の祖父) -• 高校の教務主任 -• タクシー会社の男 - 沖秀一• 刑事 - 羽生昭彦• 霊媒師 - 村上記代• 看護師 -• 刑事 - 加藤真琴• 大沢祐司(東都大病院医師) - 入川保則 第15作「鏡地獄の美女」(1981年)• 速水美与子(速水の妻) - 金沢碧• 紺野百合江(宝石バイヤー) -• 毛利アキ子(幾造の娘) -• 毛利駒代(幾造の後妻) -• 速水荘吉(百宝堂の若主人) -• 幾造の顧問弁護士 - 北町嘉郎• 陳(香港人キャディ) - 岡部正純• 篠田(幾造の秘書) -• 鮎沢影一(ナイトクラブの支配人) -• 刑事 - 城戸卓• 刑事 - 羽生昭彦• 毛利家の家政婦 - 水木涼子• ゴルフ場の支配人 - 加島潤• 毛利幾造(荘吉の叔父・宝石商) - 岡田英次 第16作「白い乳房の美女」(1981年)• 野上愛子(バレリーナ) - 岡田奈々• 相沢麗子(バレリーナ) -• 野上みや子(愛子の姉) -• アケミ -• チンドン屋 - 茶川一郎• 白井バレエ団の制作担当者 - 北町嘉郎• 野上姉妹の母 -• 病院の付添人 - 岡部正純• 相沢京介(麗子の父) -• 刑事 - 羽生昭彦• 刑事 - 城戸卓• トラック運転手 - 喜田晋平• 画廊の主人 - 岡本正幸• たばこ屋の主人 - 今井健太郎• 相沢病院 看護師 -• 伊藤ふじ子の母 - 村上記代• たばこ屋のおかみさん - 水木涼子• 刑事 - 小田草之介• 検視官 - 加藤真琴• 科捜研所員 - 鈴木謙一• 運転手 - 沖秀一• 綿貫創人(彫刻家) -• 白井清一(白井バレエ団の主宰者) - 荻島真一 第17作「天国と地獄の美女」(1982年)• 菰田千代子(源三郎の妻) -• 菰田家の隠居 - 原泉• 桃太郎(芸者) -• 角田(菰田家の支配人) - 草薙幸二郎• 銀行重役 - 北町嘉朗• 釘谷信夫(房枝の夫) - 松本朝夫• 本橋(菰田家の運転手) -• 釘谷一郎(房枝の長男) -• 大野雄三(薔薇密教教祖) -• 人見英子(広介の妻) -• 家主 - 喜多晋平• 菰田家の主治医 - 山本幸栄• 社長 - 加島潤• 刑事 - 城戸卓• 刑事 -• 刑事 - 加藤真琴• 釘谷房枝(源三郎の妹) -• 人見広介(美術工芸デザイナー) -• 菰田源三郎(山林王) - 伊東四朗(二役) 第18作「化粧台の美女」(1982年)• 山際洋子(女優) -• 山際恵子(洋子の姉) -• 岸田マキ(ホステス) -• 中島(大造の秘書) - 堀光昭• 映画プロデューサー - 北町嘉朗• 披露宴の介添人 - 星野晶子• 洋子の相手役 -• カメラマン -• 男優 - 岡部正純• 映画宣伝部員 - 小森英明• 映画監督 - 加島潤• 刑事 - 岡本正幸• 刑事 - 城戸卓• 山際家の家政婦 - 村上記代• 山際大造(恵子と洋子の父) -• 撮影所の守衛 - 桜川梅八• 劇中劇の山際大造 - 渡辺紀行• 大内五郎 - 羽生昭彦• 検視官 - 鈴木謙一• 庄司栄吉 - 加藤真琴• 横堀京介(横堀昆虫研究所 所長) -• 河野忍(陽水の後妻) -• 上村(陽水の顧問弁護士) -• 加賀(画家・陽水の友人) - 草薙幸二郎• 河野陽子(陽水の娘) -• マキ(マリンガール) -• ホテル支配人 - 茶川一郎• 野崎(陽水の弟子) -• 署長 -• 刑事 - 増田再起• 刑事 - 岡部正純• 山小屋の番人 - 喜田晋平• 陽水の主治医 - 鈴木謙一• 警察医 -• こけし職人 -• 古田三造(ボイラー室の管理人) -• 河野陽水(画家) - 高橋昌也 第20作「天使と悪魔の美女」(1983年)• 青木芳江(愛之助の妻) -• カオル(愛之助の姪) -• 佐川(愛之助の秘書) -• 九鬼(舞台演出家) - 勝部演之• 辰巳(アキの助手) -• 青木家の家政婦 -• カオルと間違われた男 - 宮口二郎• 覗き部屋の女将 - 星野晶子• 刑事 - 堀之紀• 刑事 - 羽生昭彦• 三田村アキ(愛之助の主治医) -• 青木愛之助(資産家) - 第21作「白い素肌の美女」(1983年)• 山野百合枝(五郎の後妻) - 叶和貴子• 山野三千子(五郎の娘) -• 蕗屋(ピアノ教師) -• キミ(家政婦) -• アパート管理人 -• 小松ひとみ(五郎の秘書) -• デパート警備員 - 喜田晋平• おばさん -• デパート警備員 - 桜川梅八• 学院の職員 - 小田草之介• 山野五郎(山野文化学院 理事長) -• 北見佳子 (推理作家) -• 黒川純一(椅子職人) -• 鑑識 -• 高杉晴子(大作の娘) -• 高杉裕子(大作の娘) -• 高杉孝太郎(大作の息子・佳子の婚約者) -• 土田(佳子の元夫) -• タミ(家政婦) -• 根岸咲子(佳子の秘書) -• 野呂(元編集者) - 宮口二郎• 刑事 - 堀之紀• ハイカーの男 - 羽生昭彦• ハイカーの女 -• 田村 (日本インテリア 社長) -• 高杉大作(宝石商) - 第23作「炎の中の美女」(1984年)• 鳩野桂子(玄太郎の養女) - 早乙女愛• 鳩野信夫(桂子の夫) -• 鳥井靖子(和子の娘) -• 鳥井達夫(和子の息子) -• 弁護士 -• 刑事 - 北町嘉朗• 刑事 - 堀之紀• 鑑識官 - 喜田晋平• 孤児施設のシスター -• マヤ -• 浮気調査の依頼人 -• 鳥井和子(玄太郎の妹) -• ヌードモデル -• 荒井熊次郎(通称「荒熊」・前科10犯) -• 鳩野玄太郎(資産家) - 第24作「妖しい傷あとの美女」(1985年)• 小山田静子(六郎の後妻) -• 後藤由美子(六郎の秘書) -• 本田(週刊ミステリー編集者) - 北町嘉郎• 小山田家の家政婦 - 星野晶子• 刑事 - 堀之紀• 小山田洋子(六郎の娘) -• 刑事 - 羽生昭彦• 平田一郎(平田商会 店主) - 中尾彬• 小山田六郎(小山田商会 社長) - 根上淳 第25作「黒真珠の美女」(1985年)• 北原(美術大学教授) -• 宍戸(画廊店主) -• 橋口ユミエ(徳田家の家政婦) -• 徳田由香(礼二郎の娘・東京美術大学の学生) -• 富山保(由香の恋人) -• 刑事 - 堀之紀• 小池 -• オークションの司会者 - 北町嘉朗• 神部(競馬のノミ屋) -• オークションの客 - 近藤準• オークションの客 - 増田順司• 斉藤(運転手) -• 森山清一郎(画商) - 加島潤• ゴッホ美術館 館長 -• 徳田礼二郎 - 高橋昌也 スタッフ(天知茂版) [ ]• 原作 -• 脚本 - 、、、、、、、、、、• 音楽 -• 監督 - (第1作 - 第19作)、、、、• 撮影 -• 美術 -• 絵画製作 -• 録音 -• 照明 -• 編集 -• 助監督 -• 記録 -• 美粧 -• メーク -• 進行 - 、• 装置 -• 装飾 -• 調音 -• 現像 -• 衣装 -• 製作主任 -• 衣装協力 -• インテリア協力 -• プロデューサー -• 製作担当 -• 製作 - 、 放送日程(天知茂版) [ ]• 第6作「妖精の美女」と第11作「桜の国の美女」は続きもの。 第17作「天国と地獄の美女」と第20作「天使と悪魔の美女」は二部構成。 第19作「湖底の美女」をもって、シリーズ刷新のため、井上梅次監督とレギュラーの五十嵐めぐみ(文代役)・柏原貴(小林少年役)が降板している。 話数 放送日 サブタイトル 原作 美女役 脚本 監督 視聴率 1 1977年8月20日 氷柱の美女 『』 三ツ矢歌子 宮川一郎 井上梅次 12. 視聴率は調べ、・世帯 北大路欣也版 [ ] キャスト(北大路欣也版) [ ] 明智探偵事務所(北大路欣也版) [ ]• (探偵) -• (明智の秘書) - (第1作 - 第4作)、(第5作・第6作)• (明智の助手) - (第1作 - 第3作)、(第4作 - 第6作) 警察関係者(北大路欣也版) [ ]• (警部) - ゲスト(北大路欣也版) [ ] 第1作「妖しいメロディの美女」(1986年)• 小早川涼子(ヴァイオリニスト) - 夏樹陽子• 俵田真一郎(涼子の師匠) -• アヤコ - かたせ梨乃 第2作「黒い仮面の美女」(1987年)• 青木美也子(女優) - 白都真理• 関谷茂 -• 佐藤猛雄(佐藤総業 会長・元俳優) -• 青木志津子(美也子の母) - 第3作「赤い乗馬服の美女」(1987年)• 結城志摩子(剛三の娘・ピアニスト) - 叶和貴子• 山田伸子(剛三の秘書) - 蜷川有紀• 琴野(黄金収集マニア) -• 結城宏行(画家・志摩子の婚約者) - 志垣太郎• 結城剛三(日本画家) - 根上淳 第4作「日時計館の美女」(1988年)• 郷田万喜子(日時計館 当主) - 水野久美• 林千絵(アンティークショップ経営) - 朝加真由美• 遠藤(外科医) - 西田健• 一郎(先妻の息子) -• 郷田千賀子(万喜子の連れ子) - 第5作「神戸六甲まぼろしの美女」(1989年)• 舞谷藤子(フォトグラファー) -• 福田弥生(福田の娘) -• 瀬島国男(瀬島の息子) -• 瀬島寅雄 -• 福田弥之助 - 根上淳 第6作「妖しい稲妻の美女」(1990年)• 玉村妙子(宝石商の娘) - 佳那晃子• 奥田綾子(魔術師の手下) -• 奥田源造(オクダ大魔術団) - スタッフ(北大路欣也版) [ ]• 原作 -• 脚本 - 、• 監督 - 、、 放送日程(北大路欣也版) [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 美女役 脚本 監督 視聴率 1 1986年7月 05日 妖しいメロディの美女 『』 夏樹陽子 吉田剛 池広一夫 19. 視聴率は調べ、・世帯 西郷輝彦版 [ ] キャスト(西郷輝彦版) [ ] 明智と関係者 [ ]• (探偵) -• 小林文代(小林法律事務所の弁護士) -• 織田早苗(明智家の執事) - 警察関係者(西郷輝彦版) [ ]• (警部) - 荒井注(第1作)、(第2作) ゲスト(西郷輝彦版) [ ] 第1作「からくり人形の美女」(1992年)• 柳倭文子 - 美保純• 柳道子(倭文子の母) -• 園田清(道子の取巻き) -• 小川正一(道子の取巻き) -• 三谷房夫 - 第2作「みだらな喪服の美女」(1994年)• 大牟田瑠璃子(大牟田の妻) -• 川村義雄 -• 住田与一(医師) - 大河内浩• 山野泰三(画商) -• 西河とよ -• 部長刑事 -• 大牟田敏清(資産家) -• 里見重之(大牟田の遠縁) - 寺田農(二役) スタッフ(西郷輝彦版) [ ]• 原作 -• 脚本 -• 監督 - 、 放送日程(西郷輝彦版) [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 美女役 脚本 監督 視聴率 1 1992年7月4日 からくり人形の美女 『』 美保純 吉田剛 永野靖忠 15. 視聴率は調べ、・世帯 注釈 [ ]• 2015年9月23日. 2016年4月24日閲覧。 2015年5月15日. 2016年4月24日閲覧。 2015年2月5日. 2016年4月24日閲覧。 クランクイン! 2015年3月14日. 2015年10月15日閲覧。 『江戸川乱歩推理文庫 』(講談社)による解説• 2015年6月20日. 2015年6月21日閲覧。 この項目は、に関連した です。

次の

第1話 ようこそ、アーノルド魔術学院へ

ひょう けん の 魔術 師

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。 このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。 そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。 魔術師ペンデュラムの新しい仲間です。 丁度遊戯王アークファイブの新OPにも調律の魔術師と共に顔を見せています。 時読みの魔術師のような金色のパーツが頭についており、 どことなく時読みの魔術師の弟分のような存在に感じられます。 まあこっちの方が攻撃力高いんですけれども。 スケールが2である為、時読みの魔術師と組み合わせれば レベル3から7のペンデュラム召喚が可能です。 レベルも時読みの魔術師と同じ3なのでランク3のエクシーズ召喚も狙えます。 星読みの魔術師よりよっぽど時読みの相棒感があります。 ペンデュラム効果はこのカードがペンデュラムゾーンに存在する限り、 1ターンに1度自分フィールドのPモンスターに効果破壊耐性を付与するというものです。 ちょっと自信はないのですが激流葬のような全体破壊効果であっても 1回分の破壊無効として全体を守れると思います。 ペンデュラム召喚を狙うデッキにとってはなかなかありがたい効果であり ペンデュラム召喚の天敵の1つである奈落の落とし穴を防ぐ事が可能です。 モンスター効果は2つ存在します。 「手札から1体だけペンデュラム召喚」というかなり限定的な条件ですが 特にエクストラデッキにペンデュラムカードが揃っていない時などには この効果を発揮する機会も意外とあります。 「よしペンデュラム召喚できる!けど羽箒怖いなー。 後でフォローできるように他のPカード残して1体だけ召喚しよう」 といった時にとりあえず1体だけ出すカードとしてオススメです。 2800という攻撃力にはお世話になる場面も多いでしょう。 特にエクシーズモンスターに対しては相手のオーバーレイユニットを 根こそぎ消し去る事ができるので一種のメタとして機能するでしょう。 それ以外のモンスターに対しても毎ターン除外する事で 実質的にそのモンスターを無力化する事が可能です。 大天使クリスティアや虚無魔人などに対する対策として機能します。 これ、なかなかに悪用ができるポイントです。 例えば不知火の宮司を除外すれば毎ターン相手のカードを1枚破壊が可能です。 他にも フォーチュンレディ・ライティーを除外する事で 毎ターンフォーチュンレディをデッキから特殊召喚する事が可能ですし ネクロフェイスを除外すれば毎ターンデッキ破壊が可能です。 神獣王バルバロスの攻撃力を3000に戻すのもいいでしょう。 様々な使い方が模索できる非常に面白い効果です。 守備力0の闇属性モンスターである為、悪夢再びで回収が可能です。 手札から特殊召喚した時に攻撃力を上げる効果を持っている為、 積極的に竜穴の魔術師や竜脈の魔術師のペンデュラム効果のコストにしたり エクシーズ素材にするなりして墓地へ送るのもいいでしょう。 ペンデュラム効果もモンスター効果も粒揃いな面白いカードです。 魔術師ペンデュラムだけでなく様々なデッキにおいて活用できる1枚です。 以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。 悪夢再びを共有できる為より腐らせにくくする事ができるでしょう。 こちらも竜穴の魔術師のペンデュラム効果のコストにできる上に スケールも5である為刻剣の魔術師と一緒にセッティングする事で レベル3、4のペンデュラム召喚が可能になります。

次の

遊戯王カードWiki

ひょう けん の 魔術 師

担当は【梱枝りこ先生】です。 素晴らしい表紙になっていますので、是非ご覧ください。 ・あらすじ アーノルド魔術学院。 そこは、世界中からあらゆる魔術師が集う世界最高峰の魔術学院。 魔術の真髄を極めようと、数多くの魔術師がその世界に足を踏み入れる。 そして、その学院にレイ=ホワイトもまた入学しようとしていた。 しかし彼は、学院始まって以来の一般家庭出身の魔術師。 魔術師の家系でもなければ、もちろん貴族ですらない。 そんな彼を周りの者は侮蔑し、見下した。 だが皆は知らなかった。 彼こそが、世界七大魔術師の中でも最強と謳われている【冰剣の魔術師】であることを。

次の