デイリー 新潮 韓国。 【#デイリー新潮】新型肺炎発の韓国の通貨危機 米国の助けも不発で日本にスワップ要求…23年前のデジャブ

デイリー新潮のニュース|ニフティニュース

デイリー 新潮 韓国

世界最大のハブ空港「仁川国際空港」が舞台 韓国はスーパー学歴社会で、そのレールに乗れるか否かで人生が規定される超弱肉強食の実態がある。 かの文在寅大統領の側近、曺国(チョ・グク)前法相も自らの近親者の入試で不正を働いてきた秘密を暴露され、司直の手が伸びることになった。 ここにきて、「学生の最も行きたい公企業」「夢の職場」とされる会社への採用問題で学生らの不満が爆発。 *** 韓国の玄関口であり、世界最大のハブ空港として知られる「仁川国際空港」。 そんな巨大空港を運営する仁川国際空港公社は6月22日、60の協力会社に雇用されている非正規労働者を6月中に全員正規雇用する予定だと明らかにした。 仁川空港で働く非正規労働者の数は実に9785人。 そのうち、2143人を仁川国際空港公社が直接雇用し、残りは3つの子会社で雇用する計画なのだという。 仁川国際空港公社の現在の正規職員は1400人程度というから、今回の正規雇用計画のスケールがいかに大きいかが分かるだろう。 非正規雇用者を正規雇用に。 聞き心地の良い政策にも聞こえるが、意外や意外、この計画に韓国では囂々の非難が起きている。 就任初期には、大統領府に雇用の現況が分かる資料を置かせていたほどだ。 そして、2017年5月に大統領に就任した直後には仁川国際空港を訪問し「公共部門の非正規雇用ゼロ時代」を宣言。 これに対し、仁川国際空港公社の社長も「年内に1万人の非正規職を正規職に転換する」と答えたのだ。 しかし、実状はそれほど甘くなかった。 もっとも、たった241人の直接雇用で文大統領が納得するはずもなく、5月には大統領府会議でその方針を転換。 膨大な数の非正規労働者たちが正規雇用に格上げされることになったのだ。 一見、労働者に手厚い配慮をしたとも見えるこの計画。 しかし、これに強く反発しているのは、仁川国際空港に就職しようとしてきた学生たちなのだ。 実は、仁川国際空港公社は韓国の就職活動生たちにとって「夢の職場」と呼ばれている。 韓国の公共企業に就職しようとする学生たちが集まるインターネット上のコミュニティサイトによれば、韓国の公企業への就職倍率はなんと150倍。 そして、その中でも仁川国際空港公社は3年連続「最も行きたい公企業」に選ばれるほど人気が高い。 あわせて読みたい関連本•

次の

韓国は「防疫の模範」が裏目でクラスター、それでも「世界を先導」という自己暗示(デイリー新潮) 韓国を新型肺炎の第2波が襲う。「世界を先…|dメニューニュース(NTTドコモ)

デイリー 新潮 韓国

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 韓国、慰安婦像前の集会が終焉…「日本大使館が承認した」「文化祭だからOK」という警察の嘘(デイリー新潮) - Yahoo! ニュースはてなブックマーク - 韓国、慰安婦像前の集会が終焉…「日本大使館が承認した」「文化祭だからOK」という警察の嘘(デイリー新潮) - Yahoo! ニュース プレビュー 韓国、慰安婦像前の集会が終焉…「日本大使館が承認した」「文化祭だからOK」という警察の嘘(デイリー新潮) - Yahoo! ニュースはてなブックマーク - 韓国、慰安婦像前の集会が終焉…「日本大使館が承認した」「文化祭だからOK」という警察の嘘(デイリー新潮) - Yahoo! ニュース 韓国、慰安婦像前の集会が終焉…「日本大使館が承認した」「文化祭だからOK」という警察の嘘(デイリー新潮) - Yahoo! ニュース 年にも亘った、・の前で行われてきた「水曜」。 のおばあさん... 続きを表示 年にも亘った、・の前で行われてきた「水曜」。 のおばあさんのの結果、と化したが率いてきた「」のがなぜと認められてきたのか。 それは、「のを得ている」とが主張してきとによるだった。 そのの薄弱さを突き、世に問い、いよいよをに追い込んだによる。 以来、の・区(チョンロク)にあるの前で開催されてきたの「制のための水曜」。 の反系のの優先によ.

次の

【#デイリー新潮】韓国、慰安婦像前の集会が終焉…「日本大使館が承認した」「文化祭だからOK」という警察の嘘

デイリー 新潮 韓国

朝日新聞の凋落 ブログ・アノニマスポストさんは、朝日新聞の凋落を知らせる5月6日のデイリー新潮の記事を取り上げ、記事をtwitterと共有した。 リンク先にはさらに詳細の情報があって、twitter記事に添付された、2013年以降6年間の衰退の状況を補填する記事が続いて、どういう訳かワクワクする。 それでも、日本のオールドメディア雄であった朝日新聞である、業界の恐竜が今環境の変化で狂竜化し、社会へ凶暴な牙を向ける凶竜になり、これからも日本社会での居場所を探し続けるかも知れない可能性を探ってみた。 気になった、リンク先にあった図表 この中で気になったのが朝日新聞の「その他事業」 その他の事業と言えば一般的には、営業外収益が一般的だ。 普通の企業なら、利息収入や受け取り配当金がそれにあたる。 ひょっとしたら、夏の甲子園大会でのイベント興行収益や、展覧会や展示会収益、著作権収入もその対象になるか?などと下世話なレベルの発想につい陥ってしまうのは、朝日新聞やテレ朝の日頃の反日的発信に怒りを持続させたことに拠る条件反射かもしれない。 トップバッターがIRONNAで紹介された『月刊 WiLL』 2014年12月号の記事で投稿者は、上念司氏で、記事名が「朝日新聞 財務諸表徹底分析」で• 朝日は不動産屋?• 派遣切りとブラック新聞 を切り口に、例によって、アンチ朝日のド読者の欲望を満たしてくれる記事になっている。 kazanの夢は、慰安婦の捏造報道を世界に発信しない朝日新聞社に対して、夜には光の洪水となるニューヨークの観光メッカ、タイムズスクエアのそこでひときわ目を引く超巨大ビルボード(電光掲示板)にある一年通年で、広場のど真ん中の、フットボール場と同等サイズとも言われる(2320平方メートル)のボード、に「捏造広告」を掲載強制させることだ。 ちなみに広告掲載料は1カ月で約3億円!(約250万米ドル)というから、通年なら、36億円だ。 不動産業務室の宍道学室長によれば、朝日新聞が所有する不動産の数は全国で623にのぼる(本社・支社 5、印刷工場 12、編集局舎 168、ASA販売店舗 390、賃貸物件 48)。 「小さいものもあるが、数でいえば日本のメディアで一番多いのではないか」。 また、同社発祥の地である大阪では、中之島フェスティバルタワーという200メートルのツインタワービルを建設している。 総工費約1000億円の巨大プロジェクトだ。 1棟目はすでに完成して朝日新聞大阪本社などが入居しているが、2棟目は建設中で、来年3月に竣工予定。 その上層階には、コンラッドホテルが入居することが決まっている。 東京・銀座の並木通りにある朝日ビルも現在、建て直し中である。 こちらは2017年中に完成し、翌18年にハイアットセントリックという新しいホテルが開業する予定だ。 渡辺社長は「先輩たちが残してくれた資産をフルに使いながら、2020年度には不動産事業のみで200億円の売上をあげ、営業利益も30%ほど出していきたい」と期待する。 同社が不動産事業に注力するのは、利益率が高いためだ。 朝日新聞グループ全体の連結営業利益は2015年度で121億円だが、そのうち不動産事業の利益が42億円と35%を占めている。 売上に占める割合は4. 5%にすぎないが、利益の面での貢献度は大きい。

次の