右 脇の下 痛み ズキズキ。 胸の痛み ときどきズキッと痛む 原因と対処法 何科で診察?

右肋骨の下が痛い5つの原因!違和感がしたらぜひチェック!

右 脇の下 痛み ズキズキ

脇の下から胸にかけての部分に痛みを感じます 胸も全体ではなく、上の方(ブラのカップと紐の接続部分の周辺~脇の下に近い所) 説明が分かりにくいかもしれませんが・・・ 簡単にペイントで画像を作りました(赤丸部分が痛い所) 痛みは厳密に言うと、触る・押すと打ち身の時のような痛みを感じます。 先月くらいまでは左側だけだったのですが、最近右側も同じようになってます しこり のようなものは感じません 最近ちょっと太ったし、ブラのワイヤーでも当って痛いのかな?と思い 1サイズ大きいものを付けてユッタリ感にしてみましたが 全く状況は変わりません 病院に駆け込んだら早い話なのですが、生憎11月までは月曜日-土曜日と忙しく 有給も年末近くまでは取れない状況です・・・ かといって心配なので・・・ 同じ体験した方、又は詳しい方にご意見を聞けたらと思い、ここに質問させていただきました。 場所が場所ですし、年齢も35と中年なので乳がんとかの心配をしてしまいます どのような原因・病気が考えられるのでしょうか? よろしくお願いします; A ベストアンサー ご自分でバストをチェックする場合は以下の点に注意するとよろしいかと思います。 ・乳房に内出血がないか ・乳汁の異常な分泌がないか ・乳首の陥没が無いか ・生理にあわせて乳房が硬くなっていないか ・腕を上げたとき、皮膚のひきつれはないか ・手を腰に当てたとき、乳房にえくぼが出ないか ・虫に刺されたような毛穴の拡張部分はないか ・脇の下にコリコリした痛みはないか ・乳房に指を押し当てたとき、しこりのようなものはないか 何らかの異常がある場合は、お時間を見つけて乳腺外来を受診するとよいかもしれません。 チェックして異常が無いのに乳房が痛む場合は、乳房の左右差による下着の圧迫、利き手との関係、日常生活や職場において頻繁に行う動作による機械的なストレス、生理周期との関係などが考えられます。 痛みが出る前の状況を細かく思い起こしてノートなどに書き起こしてみると、肩こりの原因と共に、乳房の痛みの原因が判明するかもしれません。 A ベストアンサー NO3のkwgcmm1001です(^^) 私は 整形外科を受診し まず 骨のレントゲンを撮ってもらいました。 この時 骨は異常無しでした。 その直後は 整形外科で低周波(?)治療を受けました。 でも 参考URLにも書きましたとおり ・肩が張るような 痛み ・左胸横(わきとの接点)~胸わき~二の腕まで つるような 引っ張られるような 何とも言えないイヤな痛み(激痛ではないです) ・右後方を振り帰ってみると 首筋から 肩甲骨にかけてつれるような痛み が 2週間たっても 改善されず 次は整体へ。 骨盤の歪みから…と診断されました。 腰痛は解消されたのですが 相変わらず わき~胸は にぶい・引っ張られるような痛みがありました。 整形外科へ通うのに 少し距離があるので 近くの接骨院へ転院しました。 こちらでは とにかく背中と腰の筋肉が張っているということで マッサージを受けています。 おかげで 背中の痛みは 大分 和らぎました。 わき近辺(腕の付け根周辺)は 相変わらず 痛いのですが 痛みに慣れたのか一時の我慢できない痛みでは なくなりつつある様です。 私の質問に対する回答者様の回答の中で「胃の調子」「呼吸がしにくい」という点が 当に合致したので 自分なりに『肋間神経痛』で納得しました。 前述の整形外科では その時「肋間神経痛」という言葉を知らなかったので 先生にも特に その疑いを伺っていません。 今度聞いてみようと思います。 私は胸(乳房)の方は 特に痛みは無いです。 ただ肋間(肋骨)の神経痛なので 乳房に痛みがあっても あり得るのでは?と思います。 「肋間神経痛」で 検索してみてください。 いろいろの症状があるようです。 「乳がんかしら?」と疑って 婦人科を受診して 実は「肋間神経痛」というパターンも多いそうです。 まずは 乳がん検診を受けられて 相談された方が良いと思います。 そこで『肋間神経痛』と診断を受ける場合もあるそうですので。 長々と失礼しました。 早く 良くなりますよう…(^^) NO3のkwgcmm1001です(^^) 私は 整形外科を受診し まず 骨のレントゲンを撮ってもらいました。 この時 骨は異常無しでした。 その直後は 整形外科で低周波(?)治療を受けました。 でも 参考URLにも書きましたとおり ・肩が張るような 痛み ・左胸横(わきとの接点)~胸わき~二の腕まで つるような 引っ張られるような 何とも言えないイヤな痛み(激痛ではないです) ・右後方を振り帰ってみると 首筋から 肩甲骨にかけてつれるような痛み が 2週間たっても 改善されず... Q はじめまして。 1ヶ月前から、下記の症状があります。 28歳・女性・未婚・既往症ナシ・過去に大きな病気もなし・自分で触診する限りでは乳房にしこりもなし・2年前に父が肺ガンで他界・祖母が現在肺ガンの治療中 これだけでは、判断が難しいと思いますが、この症状だけでガンかもしれない!という可能性はありますか?または別の病気の可能性などありますか? 現在、他界した父に変わって家族を養っているので、今死ぬわけにはいきません。 念のため健康診断で、女性用の検査 マンモと超音波)と受診する予定です。 はじめまして。 1ヶ月前から、下記の症状があります。

次の

脇の下が痛いズキズキの時とは?

右 脇の下 痛み ズキズキ

女性ならではの「乳腺症」 乳腺症とは別名「乳腺炎」とも言い、多くは30代後半から閉経を迎えるまでの間に起こります。 しこりや痛みを伴うので乳がんではないかと疑われる方も多いではないでしょうか。 しかし、 乳がんの痛みを伴いませんので、あまり可能性としては少ないですが、ここで闇雲に自分で判断するのはやめましょう。 ガンの可能性も否定できませんので、疑ってみることも大事です。 人それぞれ異なりますが、傾向としては 生理前に強く出ることの多い周期的な症状です。 また、場所は乳房外の上部が痛むことが多いと言われています。 原因としては未だはっきりと特定されていませんが、女性の卵巣から出る女性ホルモンが影響のようです。 この場合の症状は 乳がんと乳腺症ともに外科ですが、乳腺外科で独立している場合もあります。 婦人科ではありませんので、注意しましょう。 ズキズキと痛んだ場合の対処方法 もしズキズキと右胸が痛んでしまった場合はどうすればいいでしょうか。 まずその場ですぐできる対策として薬があります。 市販の処方薬でいいので、とりあえず痛み止めの薬を飲みましょう。 また、安静にすることも大事です。 無理に動かずに、横になりゆっくりと体を休ませて挙げます。 そして、痛む箇所には湿布を貼ることが有効な場合も。 特に肋間神経痛の場合は筋肉が緊張して起こる場合がありますので、効果的な場合があります。 あくまでその場しのぎの部分もありますので、しっかりと病院でみてもらい、CT検査やエックス線検査を受けましょう。 判断しづらい症状もありますので、 小さなクリニックよりは大きな総合病院で見てもらう方がいいですね。 そして、普段から出来る対策としては適度な運動や規則正しい食生活、十分な睡眠など生活習慣を整えることです。 ストレスを溜めないことも大事ですね。 カルシウムを摂取することによってストレス逓減効果がありますし、肋間神経痛や肺気胸の予防になります。 また、骨の強化につながりますので、肋骨骨折の対策にもなりますので、是非積極的に摂取したい成分です。

次の

左脇腹が痛い!病院は何科を受診?ズキズキ・チクチクは病気かも

右 脇の下 痛み ズキズキ

肋間神経痛はこんな病気 よく脇腹 時には背中から胸の前面まで の痛みを「肋間神経痛」という人がいます。 しかし「肋間神経痛」は疾患名ではありません。 肋骨に沿っている神経を肋間神経と呼びますが、この肋間神経が痛む症状を肋間神経痛といいます。 原因によって痛み方は違い、「急に電気が走るような痛み」や「ジクジクとした持続する痛み」などがあり、痛みの起こる場所は背中から脇腹、胸の前面やおへそ辺り、まれには足の付け根まで痛みを感じることがあります。 心臓・太い血管や肺などの内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みとの違いは、痛む場所や範囲がはっきりしており、肋骨に沿って起こる比較的鋭い痛みということです。 特徴的なのは、上半身の右側か左側のみに起こり、特殊な場合を除いて左右両側に起こることはありません。 原因は様々で解明されていないものもありますが、明らかに原因がある場合を症候性肋間神経痛、明らかな原因がない場合を特発性肋間神経痛といいます。 症候性肋間神経痛の原因は、変形性脊椎症・胸椎椎間板ヘルニア・脊椎腫瘍など脊椎に原因がある場合、そして肋骨骨折や肋骨の腫瘍が原因となる場合があります。 これらが原因の場合は身体を動かした時、特に上半身を前後に曲げたり、左右に曲げたり廻したりすると痛みを強く感じることがあり、時には「息ができないほど痛い」こともあります。 脊椎や肋骨に原因がない場合に起こる症候性肋間神経痛の代表的なものは、です。 帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスが神経の中を通って皮膚に達して皮疹を起こす疾患ですが、胸部に発症すると肋間神経痛を起こします。 帯状疱疹による肋間神経痛は、皮疹の有無に関わらず「ヒリヒリ」「ジクジク」とした皮膚表面の持続的な痛みを感じます。 肋間神経痛の治療法 前述のように肋間神経痛は1つの症状ですので、原因によって治療法は異なります。 重症の肋骨骨折を除いて、外傷によって肋骨を痛めた時に起こる肋間神経痛は、消炎鎮痛薬の内服で治療できます。 脊椎の疾患が原因の場合は、MRI等の画像診断を含めて原因の重症度を診断したうえで、外科的手術が行われることがあります。 帯状疱疹の場合は、発症早期の抗ウイルス薬の投与と、肋間神経痛が強い場合は神経障害性疼痛専用内服薬が有効な治療法です。 神経ブロックとは、痛みの原因となっている神経に局所麻酔薬や、消炎作用の強いステロイドを注射して治療する方法で、多くはペインクリニック科で実施しています。 また、病変と症状の関連性が低い場合(病変が責任とは完全に否定できない場合など)患者さんの希望を含めた総合的な判断で手術が適応されます。 手術は外科医の説明に基づいて患者さんが同意して適応されます。 早期発見のポイント 外傷が原因である場合を除いて、身体を動かした時に今までになかった胸 脇腹 の痛みや、じっとしていても急に脇腹に電気が走るような痛みがあり、そしてその痛みが一時的なものでなく2、3日続く場合は、まず内科や整形外科を受診しましょう。 による肋間神経痛は、多くの場合で皮疹や痛みが起こる数日前から、背中からお腹にかけて皮膚表面にかゆみや軽いヒリヒリ感を自覚することがあります。 この時点で医療機関を受診しても診断が確定できないこともありますが、症状が強くなれば皮膚科を受診しましょう。 総じて「胸の痛み」という症状の中には心臓・太い血管や肺など内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みもあります。 特にやによって起こる痛みは、胸の前部でみぞおちから上で肩にまで広がることがあり、多くの場合は「胸が締め付けられる」感覚を伴います。 また大動脈瘤破裂では「背中がさける」ような痛みを自覚することがあります。 このような時は緊急を要しますので、ためらわずに救急車を呼びましょう。

次の