木更津市 停電。 台風15号、関東を縦断 停電一時93万軒 :日本経済新聞

おしらせ

木更津市 停電

KURKKU FIELDSの FARM、FOOD、ART FARM/農場 「KURKKU FIELDS」の魅力の要となる農場。 「次の世代にも使い続けられる農地へ」という考えから有機農業に取り組み、「農業生産法人耕す」として、有機野菜の栽培と平飼い養鶏を9年以上続けてきました。 KURKKU FIELDSでは、ワークショップや収穫体験などバラエティに富んだメニューをご用意。 自然が持つ多様な命の魅力を身近に体験いただけるプログラムを四季折々開催いたします。 FOOD/食 「KURKKU FIELDS」では、場内で採れる四季旬菜の数々を販売のみならず、窯焼きピッツァや自家製酵母を使った焼きたてのパン、そしてふわふわのシフォンケーキとして食べられます。 また、畑を荒らすなどやむを得ない理由で捕獲された野生のイノシシ等も、大切な命としてあますことなく活用し、ソーセージなどジビエ/シャルキュトリのメニューとして提供します。 また本州で唯一となる水牛の飼育から手掛けるできたてモッツァレラチーズの提供など、場内の食の魅力を多様なメニューを通して提供します。 ART/アート 太陽を起点として大地が育んでいくこのようなスペクタクルを、五感を使ってシンボリックに表してくれるのがアートです。 LEDではなく自然光を使った草間彌生氏の作品をはじめ、環境と調和したアート作品を農場や敷地の中にさまざまに展示。 タイニーハウスの宿泊施設もアートなライフスタイル提案です。 小林武史 音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、キーボーディスト。 1980年代からサザンオールスターズやMr. Children、最近ではback numberやDAOKOなど、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディングやライブプロデュースを手掛ける。 映画音楽においても、『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など、その突出した世界観によって数々の作品を生み出す。 続いて、2010年には農業生産法人「耕す。 」を立ち上げ、食の根幹である一次産業としての農業に着手。 加えて2011年の東日本大震災からは被災地での復興支援活動を開始した。 このように広範囲にわたる社会的な活動の発展形として、2017年に被災地である宮城県石巻市・牡鹿半島にて、アートと音楽と食の総合芸術祭「 」を実施。 2度目となる2019年は8月3日(土)から58日間の開催。 アーカイブ• open• open• open• open• open• open• open• open• open• open• open• open• open• open•

次の

みずほ銀行:千葉県木更津市 店舗・ATM一覧

木更津市 停電

6月5日、日産自動車および千葉日産自動車、日産プリンス千葉販売、日産サティオ千葉は、木更津市やハナダ電機技術工業と、「電機自動車を活用したまちづくり連携協定」を締結したと発表した。 日産が締結した自治体・企業との災害連携協定としては全国で35件目 この協定は、木更津市、ハナダ電機技術工業が推進するオーガニックなまちづくりと、日産自動車が推進する電気自動車の普及を相互に連携することにより、「温室効果ガスの削減、災害対策の強化及びエネルギーの地産地消等の地域課題の解決に取り組むこと」を目的としている。 協定の内容は、木更津市が『電気自動車の普及を通じて、持続可能な社会の実現に向け、環境負荷の低減に取り組むとともに、地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等へ、千葉日産自動車株式会社、日産プリンス千葉販売株式会社、株式会社日産サティオ千葉が試乗車として所有する電気自動車「日産リーフ」と、ハナダ電機技術工業が所有する「e-NV200」を無償で貸与し、電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努める』というものだ。 木更津市は、2016年12月15日に施行した「木更津市人と自然が調和した持続可能なまちづくりの推進に関する条例」に基づき、地域一体となって、「木更津SDGs推進モデルORGANIC CITY PROJECT」を推進している。 今後、導入済みの「日産リーフ」や可搬型給電器の活用を通じ、環境に優しく、防災に強い持続可能なまちづくりを目指していく。 また、木更津市に事業所を置くハナダ電機技術工業は、電機を中心とした「エネルギーの自産自消」と、人と人との繋がりや単一エネルギーに依存しないことをコンセプトに事業展開し、地域貢献活動や、自然環境保全活動など、オーガニックなまちづくりに取り組んでいる。 そして、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」の取り組みを発表し、その活動を牽引するリーダーとして、全国の自治体や企業と協力して、電気自動車普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。 日産自動車が推進する「ブルー・スイッチ活動」、木更津市が推進する「ORGANIC CITY PROJECT」における「支え合いによる防災・減災プロジェクト」と「脱炭素化プロジェクト」、ハナダ電機技術工業の環境を意識した地域貢献活動、など、それぞれの取り組みに互いが賛同し、今回の協定を締結する運びとなった。 災害発生時の「日産リーフ」からの電力供給イメージ図 昨年の台風15号による長期停電時に、日産は約50台の「日産リーフ」を、木更津市を含む千葉県内の自治体に提供した。 木更津市内では、2台の「日産リーフ」が高齢者福祉施設や保育園の扇風機、冷蔵庫等の電源として活用された。 「日産リーフ」の実用性が高く評価されたことも本協定の締結の要因になっている。 なお、今回の協定締結は、千葉県内で初の災害連携協定締結で、日産が締結した自治体・企業との災害連携協定としては全国で35件目となる。 今後、日産は、環境イベントや防災イベント等を通してEV普及啓発活動も推進していく方針で、その一環として、地域の子供たちを対象とした環境教育「わくわくエコスクール」も実施する予定だ。 ・木更津市、日産自動車、千葉日産自動車、日産プリンス千葉販売、日産サティオ千葉、ハナダ電機技術工業の協力により電気自動車からの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る。 ・木更津市および日産自動車は、電気自動車の普及促進の一環として、地域の子供たちを対象とした環境教育「わくわくエコスクール」を実施する。

次の

みずほ銀行:千葉県木更津市 店舗・ATM一覧

木更津市 停電

6月5日、日産自動車および千葉日産自動車、日産プリンス千葉販売、日産サティオ千葉は、木更津市やハナダ電機技術工業と、「電機自動車を活用したまちづくり連携協定」を締結したと発表した。 日産が締結した自治体・企業との災害連携協定としては全国で35件目 この協定は、木更津市、ハナダ電機技術工業が推進するオーガニックなまちづくりと、日産自動車が推進する電気自動車の普及を相互に連携することにより、「温室効果ガスの削減、災害対策の強化及びエネルギーの地産地消等の地域課題の解決に取り組むこと」を目的としている。 協定の内容は、木更津市が『電気自動車の普及を通じて、持続可能な社会の実現に向け、環境負荷の低減に取り組むとともに、地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等へ、千葉日産自動車株式会社、日産プリンス千葉販売株式会社、株式会社日産サティオ千葉が試乗車として所有する電気自動車「日産リーフ」と、ハナダ電機技術工業が所有する「e-NV200」を無償で貸与し、電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努める』というものだ。 木更津市は、2016年12月15日に施行した「木更津市人と自然が調和した持続可能なまちづくりの推進に関する条例」に基づき、地域一体となって、「木更津SDGs推進モデルORGANIC CITY PROJECT」を推進している。 今後、導入済みの「日産リーフ」や可搬型給電器の活用を通じ、環境に優しく、防災に強い持続可能なまちづくりを目指していく。 また、木更津市に事業所を置くハナダ電機技術工業は、電機を中心とした「エネルギーの自産自消」と、人と人との繋がりや単一エネルギーに依存しないことをコンセプトに事業展開し、地域貢献活動や、自然環境保全活動など、オーガニックなまちづくりに取り組んでいる。 そして、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」の取り組みを発表し、その活動を牽引するリーダーとして、全国の自治体や企業と協力して、電気自動車普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。 日産自動車が推進する「ブルー・スイッチ活動」、木更津市が推進する「ORGANIC CITY PROJECT」における「支え合いによる防災・減災プロジェクト」と「脱炭素化プロジェクト」、ハナダ電機技術工業の環境を意識した地域貢献活動、など、それぞれの取り組みに互いが賛同し、今回の協定を締結する運びとなった。 災害発生時の「日産リーフ」からの電力供給イメージ図 昨年の台風15号による長期停電時に、日産は約50台の「日産リーフ」を、木更津市を含む千葉県内の自治体に提供した。 木更津市内では、2台の「日産リーフ」が高齢者福祉施設や保育園の扇風機、冷蔵庫等の電源として活用された。 「日産リーフ」の実用性が高く評価されたことも本協定の締結の要因になっている。 なお、今回の協定締結は、千葉県内で初の災害連携協定締結で、日産が締結した自治体・企業との災害連携協定としては全国で35件目となる。 今後、日産は、環境イベントや防災イベント等を通してEV普及啓発活動も推進していく方針で、その一環として、地域の子供たちを対象とした環境教育「わくわくエコスクール」も実施する予定だ。 ・木更津市、日産自動車、千葉日産自動車、日産プリンス千葉販売、日産サティオ千葉、ハナダ電機技術工業の協力により電気自動車からの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る。 ・木更津市および日産自動車は、電気自動車の普及促進の一環として、地域の子供たちを対象とした環境教育「わくわくエコスクール」を実施する。

次の