引越し 見積もり 不用品処分。 不用品処分方法と料金相場!3種類の無料処分方法

引越しの不用品処分

引越し 見積もり 不用品処分

処分品・不用品について、お客様からお問い合わせの多いご質問を紹介します。 家電製品は処分出来ますか? 家電の中でも、「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」「衣類乾燥機」については、家電リサイクル法の対象製品となっています。 当社では不用になったこれらの製品のお引き取りを、リサイクル料金(RKC一般財団法人家電製品協会WEBページ参照)+収集運搬料金3,000円(税別)にて承っております。 ピアノを処分したいのですが、どうすればいいですか? 当社と提携しておりますヤマハピアノサービスより買取や処分の査定を行っております。 以下のフリーダイヤルからお問い合わせを受け付けております。 0120-138-444 詳しくは、お見積もり時に営業員へご相談ください。 不用品処分のお得な方法を教えてください。 サカイ引越センターではブランド品やまだ使えそうな家電製品の買い取りをはじめました。 お取り扱いできないものもございますので、一度下記のフリーダイヤルまでお電話にてご確認ください。 フリーダイヤル 0120-93-2089 不用品の処分はしていただけますか? タンスやソファー等の不用品は、市町村が行う粗大ゴミの収集にお出しください。 処分方法は市町村によって異なります。 ページ下部の連絡先から、お住まいの市町村へお問い合せください。 また、当社でも委任状を頂戴することで、不用品をお引き取りできるエリアもございます。 お見積もりの際にご相談ください。 もし不要なブランド品やまだ使えそうな家電製品がございましたら、当社で買い取りのサービスがはじまりましたので、一度ご検討いただけないでしょうか。 詳しくは、フリーダイヤル 0120-93-2089 不用品の買い取りはしていただけますか? サカイ引越センターではブランド品やまだ使えそうな家電製品の買い取りをはじめました。 お取り扱いできないものもございますので、一度下記のフリーダイヤルまでお電話にてご確認ください。 フリーダイヤル 0120-93-2089.

次の

引越しで出る不用品を賢く処分する方法7選|買取・回収など

引越し 見積もり 不用品処分

見積もり金額が高いか安いかがわからない場合には 複数の業者に見積もりを取り相場を理解しておくと良いでしょう。 そして、見積もり内容に内訳まで記載してあるか確認しましょう。 積み放題プランなどで見積もりを取った場合には、どこまで積めるか、何トントラックで来るか、などを細かく聞いておくとトラブル防止になります。 実際に利用した人の感想や実体験を書いてくれている人がいるので参考になります。 回収だけではなく買取を行う業者であればさらに古物商の資格も必要となります。 古物商の資格などはホームページに必ず記載しなれければいけないものなので業者のホームページを見てみるとわかると思います。 1-3.便利屋に処分してもらう方法 不用品回収業者とは少し違った便利屋さん依頼するにも1つの方法です。 大手便利屋の「ベンリー」と「便利屋 お助け本舗」では基本的な料金体系が異なります。 「ベンリー」は一般的な料金体系で、サービス内容ごとに料金が決まっていますが、「便利屋 お助け本舗」の場合には時間と人数で料金が決まります。 依頼する内容で安い方を選ぶことでお得に処分することができます。 便利屋に依頼するメリットとしては、便利屋なので不用品処分以外にも依頼することができることです。 料金は別途発生してしまいますが、不用品処分以外にも清掃や害虫駆除など処分と併せて行いたいことなどを依頼することができるので利用しやすいかと思います。 2-1.リサイクルショップに買取・引き取りしてもらう方法 不用品を処分する前にまだ利用できる物であればリサイクルショップや買取専門店に査定してもらうと良いでしょう。 総合リサイクルショップの「ハードオフ」などであればどんな物でも取り扱っているので、再利用できる物であれば売ることができるでしょう。 「ハードオフ」以外だとリサイクル出張買取をメインで行っている「ファイトサービス」などがあります。 遺品整理をメインで行っている業者ですが、回収した家具や家電を引き取りではなく買取で扱ってくれる業者となります。 値段が付かない物は無料で回収してくれたり、有料での回収となりますが、買取に力を入れている分、回収費用は安くなっているように感じます。 リサイクルショップを持っていったり、海外への輸出も行っている実績があるので安心できる業者だと思います。

次の

不用品処分方法と料金相場!3種類の無料処分方法

引越し 見積もり 不用品処分

引越をする時は、処分しなければならない不用品がたくさん出ますよね。 特に困るのが、ひとり暮らしの人が実家へ引っ越す時など、 大型の家電や家具が必要なくなり、多くの大型ゴミや不用品を処分しなければならない場合です。 洗濯機、冷蔵庫、テレビ、ベッド、テーブルなどひとりでは処分できないものがたくさん出てきます。 こういった『多くの粗大ゴミ処分をしなければならない場合』どのようにして処分すればいいか困ってしまいますよね。 引っ越し会社の中には、不用品を回収してくれる業者が増えてきました。 引っ越し会社の不用品回収サービスを利用して、引越しと一緒に粗大ゴミ処分も依頼した方がよいのでしょうか?それとも引越し業者には引越しだけを依頼して、粗大ゴミ処分は不用品回収業者に依頼した方がよいのでしょうか? 不用品の処分方法は、引っ越す時の不用品の量や、処分したい物を買った時期などが関わってきますので、最もよい処分方法はひとつではなく、それぞれの状況によって変わってきます。 ですから、引越しで不用品の処分をする時は、 処分したい不用品をリストアップしてから、依頼する業者を選びに入るのがよいでしょう。 私自身引越しをした時に不用品があったのですが、個人で経営されている引っ越し業者に、引越と一緒に不用品の処分をお願いしたら、リサイクル料金のかかる不用電化製品のほかは、不用品の処分料金は払わなくてもよくて、無料でサービスをしてくださったという経験があります。 引越しをお願いする引っ越し会社を決める時、引越しの見積もりと一緒に、不用品の処分も一緒にお願いした場合の見積もりもお願いしておきましょう。 引越し業者が不用品回収をした場合の見積もり料金が分かったら、次は不用品回収業にも、不用品処分を依頼した場合の見積もりをしてもらいます。 不用品回収業者の見積もり結果と、引越業者にまとめて処分してもらった場合の見積もり結果を見比べてみましょう。 依頼するかもしれない業者の見積書の金額と、それぞれの業者に依頼した場合の手間の差を計算に入れて、不用品処分を依頼する業者を決定していけばよいのです。 それでは引越しの時に出る不用品の処分をしたくて、回収業者を探しておられる人のために、引越業者、不用品回収業者、それぞれの業者に頼んだ場合のメリット・デメリットを挙げながら、どの業者に頼めばよいのかを紹介していきたいと思います。 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 引越し業者と不用品回収業者に相談するメリット・デメリット 不用品回収を引越し業者に依頼した場合と、不用品回収業者に依頼した場合、そんなに違いが出るものなのでしょうか?今は引越し業者も、不用品回収サービスのほかに不用品の買取りをしている引越し業者もありますから、依頼する引越し業者によっても料金が変わってきます。 引越し業者に依頼するメリット・デメリット 引越し業者に不用品回収サービスを依頼した場合の、メリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 処分する手配の手間がかからない。 引越しとセットで依頼すれば不用品の処分料金が無料サービスもしくは安くなる場合がある。 処分する不用品を、引越しする日ギリギリまで使えるので不自由さが少ない。 デメリット• 引越し業者が行うわけではなく、あくまで「外注」のため意思疎通ができていなかったり、場合によっては高くなる可能性がある。 買取りサービスをしていない引越し業者に依頼した場合、不用品の量によっては不用品処分の料金が高くなる可能性がある。 不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット 不用品回収業者に不用品処分の依頼をした場合の、メリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 前もって処分できるので、引越の準備もはかどる。 不用品回収業者の中でも古物商の許可も受けている業者であれば、買取りサービスも同時にできるため、買い取ってもらえるものがあれば料金が安くなる可能性がある。 処分する不用品が多い場合は、処分費用が引越し業者に依頼すると同じである可能性もありますが、それよりも安くなる可能性がある。 デメリット• 依頼する業者を探したり見積もりを取ったりする手間がかかる。 無料でやってくれる不用品回収は安全?危険? 不用品を「無料で回収します」と宣伝している廃品回収車や、「無料で回収します」と書かれたチラシをポスティングしている業者には、 悪徳業者が多いので結局は高くついたり、トラブルに巻き込まれて嫌な思いをしたりする可能性が高いので、出来る限り利用しないようにしましょう。 不用品回収業者を利用する場合は「一般廃棄物収集運搬業の許可」を持っている業者へ依頼してください。 無許可で不用品回収をしている業者の中には、環境汚染につながるような方法で廃棄処分をしたり、法律的に認められない方法で不用品を処分したりしている場合が多いため、自分たちの社会を守るためにも、認可を受けている業者や、自治体からの依頼を受けている業者へ、不用品の回収を依頼しましょう。 悪徳業者の対処法については『』で詳しく書いております。 合わせてお読みください。 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 不用品回収の相場 不用品回収の相場は、粗大ゴミの最終処分費用によって大きく左右されます。 おおよそではありますが、1立米単価10,000円~12,000円程度です。 細かく請求される場合も、以下の表で紹介します。 最近(2019年)ではよくみかける「トラック積み放題」も以下の表で料金の内訳が良く理解できます。 立米 料金相場 軽トラック(2. 5立米) 25,000円程度 軽トラックホロ付き(4. 引越し業者は不用品回収は不用品回収業者に委託するからです。 自治体で粗大ごみの処分費用相場については地域ごとに変わります。 自治体毎の処分費用・方法については『』でまとめております。 合わせてお読みください。 手間なく効率的に不用品を処分するコツ 不用品の処分にかかる手間は、依頼する業者を探したり、見積もりを取ったりする負担が大きいと思います。 ですから、ひとり暮らし人程度のそれほど多くない不用品の量であれば、前もって処分できる不用品や小型家電は、自分でリサイクルショップへ持って行ったり、宅配の不用品買取りサービスを利用して処分したり、不用品を使ってくれる友人に譲ったり、自治体の指定する不用品回収業者に処分してもらうなどして極力不用品の量を減らしておきましょう。 不用品が余程多い人の場合は、前もってトラック詰め放題サービスなどで処分しておいた方が処分料金を抑えられてよいかもしれませんが、それほど多くない場合は、大型の不用品の処分は引越業者へ相談するのがよいでしょう。 不用品がそれほど多くない場合は、引越し業者が引越しの作業のついでに不用品も引き取って処分してもらうのが、最も効率的に処分する方法ではないかと思います。 引越し業者に不用品の回収を依頼する場合は、引越しとセットで依頼することができるオプションサービスなので、引越しの荷物を乗せるのに続いて、不用品の回収もしてくれます。 まとめ 引越しの時の引越し自体と不用品処分を両方こなしていくのは、とても労力のかかる作業ですので、いかに効率よくできるかがポイントです。 引越し業者の多くが、不用品回収サービスや、不用品買取りサービスをするようになりましたので、引越し業者をまずは頼ってみてくださいね。 最後に各引越し業者が提供している不用品回収と買取りサービスの状況についてまとめておきますので、参考にしてみてください。 なお、粗大ゴミ処分について合わせてお勧めしたい記事をご紹介いたします。 即日お片付けサービス 業者を選ぶなら「仲介業者」が一番安心です。 すぐに片付けをしてほしい!でもどこに相談してもすぐに対応してくれない…。 初めての業者選びだからどこに相談すれば失敗しないか?ネットで検索したら業者にボッタクられたという記事を見た…。 など、不用品回収業者選びについてお悩みではありませんか? 結論から書きますが、片付け・不用品回収業者を選ぶなら「仲介業者」を選ぶことをオススメします。 仲介業者でも「片付け110番」が一番。 ご要望を即時解決!• 最大1億円の賠償責任保険加入済• トラブルにも仲介• 安心保証制度• 徹底した加盟店教育制度• お客様限定キャンペーン実施 ご要望を対応、保証もすべて完備しているからです。 片付け110番へご依頼頂きました声も合わせてすべてご案内します。 この記事を書いている人.

次の