ご確認の程よろしくお願いいたします。 「ご確認のほど」の意味とは?敬語での使い方やメールの例文を紹介

ご査収の程よろしくお願いいたしますの意味・使い方・例文・英語

ご確認の程よろしくお願いいたします

ご査収の程よろしくお願いいたしますの意味 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の意味は (金銭・物品・書類などを)「よく調べて受け取ってください」という依頼の丁寧な表現です。 「査収」の「査」は「検査」の「査」であり、「よく調べて確認すること」。 「収」は「収める」という意味なので 「査収」は「確認してから受け取る」という意味の単語です。 これに、敬語を作る接頭辞「御(ご)」と、 断定的な言い方を避けて、表現をソフトにする「の程」という言葉が合わさり、 「ご査収の程」となります。 さらに依頼の表現である「よろしくお願いいたします」から成り立つ言葉です。 書類に使う場合が多い 書類としては、各種の見積書、契約書、請求書、領収書、検収書やそのほかの重要度の高い書類・文書に用いることが一般です。 これらの重要な書類をメールや郵送・ファイルで送信し、 よく確認して受け取ってほしい場合に定型文として用いる表現です。 仕事の場面では各種の書類や物品、時には金品などをやり取りする機会がありますね。 『ご査収の程よろしくお願いいたします。 』の使い方 使う場面 『ご査収の程よろしくお願いいたします』を使う場面は ・書類の提出・送付 ・物品の受け渡し ・金品の受け渡し など、仕事において 重要なものをやり取りする場面です。 相手が取引先や上司など、目上の人に対して使う敬語表現です。 適していない場面 一方、例えばちょっとしたお土産や贈り物など「内容をそこまで厳密に確かめる必要がないもの」を贈る時には適していません。 このようなものは「お受け取りください」など、気軽に受け取ってもらえる表現で大丈夫です。 また、上司が部下に「この書類を確認しておくように」と渡す場合にも「査収しておくように」とは言いません。 『ご査収の程よろしくお願いいたします。 』の類語・言い換え 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の類語や言い換え表現の一覧はこちら。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 似てはいますが微妙にニュアンスや使い方が異なりますので、使い分けをしましょう。 ご査収いただきますようお願いいたします。 (申し上げます) 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の言い換え表現として 「ご査収いただきますようお願いいたします」 「ご査収いただきますよう お願い申し上げます」 は、ほぼ同じように使うことができます。 「の程」の部分を「いただきますよう」に言い換えたもので 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「(ご査収の)程」と漢字で短く締めるとやや冷たい印象を与えてしまうことがあり、 「ご査収いただきますようお願いいたします。 」 「ご査収くださいますようお願い申し上げます。 」 とする方が、温かみがある印象を与えられます。 さらに丁寧にした表現が「よろしく」を入れた ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 「いたします」を「申し上げます」にすることで、相手との上下関係が明確になり、 「こちらが下、先方が上」というニュアンスが強くなります。 「いたします」ではなく 「申し上げます」 にした方がより丁寧で好ましい、とする事業所や上司も いわゆる 『ローカルマナー』的に存在する場合があります。 細かい点に関しては、現場に即して使用しましょう。 ご査収いただけますと幸いです ご査収いただけますと幸いです、という表現も丁寧な依頼の表現になります。 相手への配慮も感じられ、へりくだりすぎる感じもなく使いやすい言葉です。 ご査収くださいますよう 「いただきますよう」を「くださる」に変えて 「 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 「ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 にすると、やはり 相手が上、こちらが下、という関係が強調されます。 最も丁寧な表現ではある反面、 長い・丁寧すぎる印象もあります。 ソフトさ、相手への尊敬の念を表現したい場合には適切な表現ですので、 対外的なやり取りでは使っても構いませんが 社内でのやり取りには丁寧すぎることもあるかもしれません。 「そこまでしなくても」と思うケースでは 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」 や 「ご査収ください」 でよいでしょう。 逆に、自分よりも明らかに立場が上の相手に送る際には 「ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 でも構いません。 ご査収ください メールの文末を「ご査収ください。 」とすると「スタイリッシュ」な印象のある一方、丁寧さが足りない印象を与える場合も。 敬語としては正しい表現であり、 社内での上司や、他の部門の人とのやり取りにも使うことはできますが、 送る相手、取引先や顧客など相手によっては 他の表現にした方がより丁寧になり、誤解がないかもしれません。 また、基本的には漢字で「下さい」ではなく、ひらがなで「ください」とします。 ご査収くださいませ 一方、「ご査収くださいませ」は語尾を「ませ」にしたものです。 丁寧の助動詞「ます」の命令形である「ませ」を使うことで 「ご査収ください」よりもやわらかい表現となります。 「~してください ませ」という言い方は本来 女性が用いる言葉です。 「~してあそばせ=~しなさい」 「~ござんせ=~しなさい」 というように、語尾が「~せ」になる言い方は 女性が使う命令表現です。 男性で「~してくださいませ」という言い方をしている方は、先輩からそのように指導された、など特別な理由がなければ他の表現に改めた方が無難でしょう。 また、女性が使う場合も「 女性を前面に押し出してくるようでいやだ」と感じられる場合もあります。 企業風土に合わせて使うのが無難といえます。 ご査収願います 「ご査収願います」も同義語です。 「お願いします」よりもやや簡素な表現ですので、社内のやり取り、あるいはそこまで上下関係を意識しなくてもよい仕事の場面では使っても構わない表現です。 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」と類語の例文での使い分け 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」と類語をご紹介しました。 実際に場面に分けて具体的な例文での使い方を見てみましょう。 お手数ですがご査収の程よろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ・本日契約書類を郵送いたしました。 どうかご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・お申込みに関する資料を添付のファイルにまとめて送付いたします。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 ・お問い合わせいただいた資料を送付させていただきます。 ご査収くださいますようよろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ご 査収 いただけますと幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご査収の程よろしくお願いいたします。 ・先日お問い合わせいただいた件につきまして、関係資料を送付いたします。 ご査収ください。 ・本日、必要書類一式を発送させていただきました。 何卒ご査収いただきますようよろしくお願い申し上げます。 ・領収書を発送させていただきます。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 就職活動の場合 ・早速履歴書を送付いたしました。 ご多忙の折大変恐れ入りますが、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・履歴書を送付させていただきます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご査収の程よろしくお願いいたします。 (新卒・学生) ・経歴書を添付ファイルにて送ります。 ご査収ください。 (キャリア転職でエージェントに送る際) 社内で上司や同僚、他の部門の相手に対し ・明日の会議で使う資料を添付いたします。 ご査収のほどお願い申し上げます。 ・先方からの見積書をこのメールに添付いたしました。 ご査収ください。 ・今月の月次月報を本メールにて送付いたします。 ご査収のほどお願い申し上げます。 ・先日の出張の際の報告書を添付いたします。 ご査収願います。 ・先日の出張の領収書を提出いたします。 ご査収願います。 ・来月のシフトが決まりましたのでメールでお送りいたします。 ご査収ください。 ご査収くださいへの返事は何といえばいい? 「ご査収ください」 「ご査収の程よろしくお願いいたします」 と仕事・ビジネスの場面で相手から言われた場合の返信の注意点です。 ・受け取ることができたかそうでないか ・こちら側が内容を確認したかどうか ・内容はOKか、あるいはそのまま受け取るには不備がある などの結果を伝えるのがマナーです。 内容も確認いたしましたが、問題はありませんでした。 手続きを進めさせていただきます。 よろしくお願いいたします。 先方とも調整のうえ、進めていきたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。 確かに受け取りました。 早速確認いたします。 まずは取り急ぎにて。 確かに受領いたしました。 内容を確認次第、何かございましたらご連絡させていただきます。 1点気になる部分がございましたので、次の点に関してご確認の程お願いいたします。 (確認させてください)以下質問・・・・。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の英語表現 英語で確認を意味する言葉を見てみましょう。 Please check on that. (ややくだけた表現) Please confirm. (確認をお願いします) Could you please confirm? Please double check. (ダブルチェックをお願いします、あなたも確認してください) Make sure of it. (上司が部下に対して) Check please. (確認をしたところ) 受け取って内容を確認する、という意味ですので、check,confirm,lookなどが使えます。 まとめ 「ご査収のほどお願いいたします。 」について、意味や使い方、類語、英語表現をまとめました。 お役に立てれば幸いです。

次の

「よろしくお願い申し上げます」「お願いいたします」のビジネスの場における正しい使い方

ご確認の程よろしくお願いいたします

「ご確認お願いします」という言葉は、職場でよく使うフレーズの一つです。 「ご確認お願いします」は、正しい表現で、上司など目上の人に使っても良い表現なのでしょうか。 ここでは、「ご確認お願いします」というフレーズについてみていきます。 「ご確認お願いします」普段使ってOK? 仕事ではメールなどの連絡でも、相手に失礼がないかと気を使います。 また、意識していなくても同じような表現を使いがちです。 特に、会社の上司や先輩、取引先などとの連絡に便利でつい多用しがちになってしまうのが「ご確認お願いします」という言葉です。 みなさんは、この「ご確認お願いします」という言葉の成り立ちや使ってよい相手、使用する場面、目上の人に使って良いのか、また適切な言いかえ方法などわかりますか?ここでは、多くの人に身近な、この「ご確認お願いします」という言葉について詳しく説明していきますのでご参照ください。 「なるべく早く」を正しく使っていますか? 「ご確認お願いします」の成り立ちは? 「ご確認お願いします。 」という言葉の成り立ちは、「確認」という言葉と「願う」という言葉、それぞれの言葉を丁寧語にしたもので成り立っています。 つまり「確認」に丁寧語である接頭語の「ご」をつけて「ご確認」と表現し、「願う」という言葉に、こちらも丁寧語の「お」をつけて、「する」という言葉を丁寧に「します」として、「お願いします」としています。 「ご確認お願いします」という言葉は、「確認願う」という言葉を丁寧に表現したものです。 目上の人に使ってOK? 「ご確認お願いします」というフレーズは、上司など目上の人に対して使ってよいのでしょうか。 結論から申しますと、本来自分より目上の人に対しては、相手に敬意を表す「尊敬語」や自分の行動に対してへりくだって言うことで相手を立てる「謙譲語」などを使って表現するべきでしょう。 しかし、前述のように、この「ご確認お願いします」という言葉は「確認」と「願う」という言葉をそれぞれ丁寧語に言い換えてできたものです。 つまり、この「ご確認お願いします」という言葉は丁寧語ではあるものの、この言葉自体には「尊敬」や「謙譲」の意味は含まれていません。 従って、正確には目上の人に使うのには正しくない言葉であると言えます。 会社内では「ご確認お願いします」は目上の人に使っても良い 「ご確認お願いします」というフレーズは、目上の人に使うにはふさわしくないというご説明をしましたが、一方でこの「ご確認お願いします」という表現は、現在では多くの人に浸透した言い方です。 会社内の連絡や、ビジネスシーンにおけるやり取りでもある程度フランクな関係にある相手になら使っても差し支えないでしょう。 ただし、取引先などとりわけ改まった相手に対してはより適切な言葉に言い換える必要があります。 その場合の言い換え方については次の項目でご説明します。 「ご確認お願いします。 」の目上の人への使い方は? 前の見出で説明したように、「ご確認お願いします」という言葉は、ある程度連絡し慣れた相手になら使うことができますが、改まった表現としては適切ではありません。 取引先や普段連絡を取らない上司などに対しての「ご確認お願いします」という言葉の使い方について説明します。 「ご確認の程、お願いいたします。 」や、「ご確認の程、よろしくお願いいたします。 」という言い方はより丁寧で目上の人に対して使うのにふさわしい表現であると言えます。 「程」という語を加えることで、相手にお願いする内容でありながら行動を促すニュアンスを和らげることができるとともに、「いたします」という表現で、相手に対して自分をへりくだる「謙譲」の意味も含みます。 「ご確認お願いします」のしてはいけない言い換えは? 前の見出しでは、目上の人に対する「ご確認お願いします」の使い方を説明しました。 ここでは次に、「ご確認お願いします」のしてはいけない言い換えについて説明します。 「ご確認願います」という言い方は相手への失礼にあたるため、適切ではありません。 そもそも「確認」と「願う」を敬語にした「ご確認お願いします」という言葉は最低限の敬語です。 その「ご確認お願いします」という言葉からさらに敬語を省いた「ご確認願います」という言葉は敬語として不正確で不十分であると言えます。 また、「ご確認してください」という言葉も適切ではありません。 「~してください」という言葉は日本語としては理論上おかしい言葉遣いではありませんが、実際に文章として使う敬語としては正しくありません。 正しく言い換えるなら「ご確認お願いします」と同じく最低限の敬語にはなりますが、「ご確認ください」という言葉を使うべきです。 「ご確認お願いします」と言われたら? 添付資料の確認をお願いしたいときは? 「ご確認お願いします」という言葉は、主にメールなどの添付資料の確認を相手に求めるときに使われます。 そこで、添付資料の確認をお願いしたい時の「ご確認お願いします」という言葉の使い方について説明します。 まず、添付資料について何を確認してほしいのかを明記する必要があります。 「~について、添付資料をご確認ください」、またはさらに丁寧な言い方をするなら、「~について添付資料をご確認の程、よろしくお願いいたします」と表現します。 特に添付資料のページを指定したい場合は、「~について、添付資料の〇枚目をご確認ください」と加えてもよいです。 「ご確認お願いします」の丁寧語は?.

次の

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

ご確認の程よろしくお願いいたします

一人の社会人として、マナーを身につけておくということはとても大事です。 ビジネスにおいては、しっかりと言葉遣いやマナーを身につけておかなければ自分が恥をかいてしまうだけでなく、相手にも失礼になってしまう場合があります。 特に、上司や目上の方、お客様へのメールや電話は、相手が目の前にいないということもあり、マナーや言葉遣いには十分に注意が必要です。 メールや電話、手紙など、誰が読むか・誰がとるかわからないものは、一層注意して言葉を選ぶ必要があります。 「ご査収ください」「 ご査収の程お願いします」という言葉は、ビジネスでのやり取りにはよく使われているフレーズですが、正しい意味を理解せずになんとなくで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 今回は、例文も交えてこのよく使われるフレーズである 『「ご査収ください」や「ご査収の程」とはどんな意味なのか』、 『「ご査収ください」の使い方』について詳しく解説していきたいと思います。 「ご査収ください」や「ご査収の程」とはどんな意味なのか、例文を参考に 正しい使い方をマスターしてくださいね! しっかりと理解して上司やお客様へのメールもスマートに送れるようになりましょう! Topics• ご査収とはどういう意味? まず「ご査収」の読み方ですが、漢字の通り簡単で、「ごさしゅう」と読みます。 査収の「査」は「調べる」、「収」は「収める」という意味があり、ご査収とは「よく調べて受け取る」という意味の言葉となります。 「査収」という言葉を丁寧語にすることによって「ご査収ください」という敬語になっています。 目上の方やお客様に対して資料などお渡しする時に、「よく確認しておいてくださいね」という意味で使われています。 普通はビジネス文書など書面やメールのみで使われる言葉なので、声に出すことはゼロに等しいでしょう。 資料や添付ファイルがあることが前提の言葉となりますので、相手に確認してもらうものがない場合は「ご査収ください」という言葉は適していません。 また何度も修正などを加えてやり取りしている資料などは、よく確認する 必要はないので「ご査収ください」という言葉を使うとまどろっこしい印象になってしまいます。 そういった場合は「ご確認ください」や「ご確認の程お願いいたします」などすっきりとした表現を使いましょう。 丁寧な印象になるため「ご査収ください」という言葉が使われていますが、必ずしも使う必要はなく、最初から 「ご確認ください」という言葉を使っても間違いではありません。 使うのが不安な場合は最初から「ご確認ください」などの使いやすい言葉を選ぶことで、間違った言い回しを回避できるかもしれません。 上司やお客様へのメールや手紙での使い方と例文 それでは、上司やお客様へのメールや手紙で「ご査収ください」を使うときの正しい使い方を、例文を交えてご紹介していきます。 あくまでも、資料や添付ファイルなど、相手が確認すべきものがあることが前提で、確認するものがない場合は「ご査収ください」は使いません。 添付ファイルなどがない場合に「ご査収ください」を使うと、相手が何を確認してよいのかわからず混乱させてしまいますので、別の言葉を使いましょう。 ご査収を使った例文 <基本の使い方>• ご査収ください。 ご査収くださいませ。 ご査収願います。 ご査収くださいますようお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いします。 など 「ご査収の程」という表現については、後ほど補足して説明しますが、「ご査収ください」の基本の使い方は上に述べた通りです。 「ご査収ください」という言葉だけでは相手が何を確認すればよいのか不明確なので、確認してほしいものを明確にするとより親切です。 <確認してほしいもののことを添える>• 商品をお送りしましたので、ご査収ください。 本日、商品を発送いたしましたので、ご査収くださいませ。 資料を送付させていただきますので、ご査収願います。 添付ファイルにて資料を送付いたします。 ご査収の程お願い致します。 書類一式を添付いたしましたので、ご査収くださいますようお願い致します。 「ご査収ください」の返信はどう返す? 「ご査収ください」と資料が送られてきた場合、「受け取りました」というだけでは「よく調べて確認した」ということにはなりません。 こちらも、「しっかり確認しましたよ」ということを相手に伝える必要があります。 では、どのような返事の仕方が適しているでしょうか。 「ご査収」を頼まれているわけですから、「資料や書類を確認した結果どうだったのか」を伝えるようにすると、きちんとした返事になります。 <「ご査収ください」に対する返信の例>• 資料を確認させていただきました。 特に問題ございませんでしたので、受領させていただきます。 ご送付いただきましてありがとうございました。 資料を確認させていただきましたが、一点修正をお願いできますでしょうか。 確認した旨• 問題の有無• 送付のお礼/修正箇所の指示 の流れで返信するとまとまった文章になります。 【スポンサードリンク】 ご査収の程とは? 例文でもいくつか使っていましたが、「ご査収の程」とするとより丁寧な印象の言葉になります。 全てにつける必要はありませんが、何か書類に不備があったときや、初めての取引などで、より丁寧にしたい場合に使うと良いでしょう。 <より丁寧な表現をしたいとき>• 訂正いたしました書類を送付させていただきます。 ご査収の程よろしくお願い申し上げます。 /ご査収のほどお願い申しあげます。 改めて商品をお送りさせていただきましたので、ご査収の程お願い致します。 /ご査収の程よろしくお願い致します。 「よろしく」をつけたり、後に続く言葉も「お願い致します」「お願い申し上げます」とすることでさらに丁寧な印象となりますね。 ご査収していただきたいものや相手によって使い分けてみてください。 まとめ• 「ご査収」とは、「よく確認して受け取るという意味」。 「ご査収ください」とは、「ちゃんと確認しておいてくださいね」を丁寧に伝えるための言葉。 ビジネス文書など、書面やメールのみで使われる。 添付ファイルや資料を送るときに使う。 ない場合は使わない。 確認して欲しいものを具体的に明示しておく。 (添付ファイルや資料など)• 返信は「何を確認したのか」を伝える。 「ご査収の程」や「よろしくお願い致します」を添えることでより丁寧な印象になる。 今まで何となく使ってしまっていた「ご査収ください」という言葉、これでしっかりと理解できたのではないでしょうか? 明日からの、上司やお客様に対してのメールや手紙にどんどん活用してくださいね!.

次の