ダスキン フランチャイズ メリット。 フランチャイズとは?今さら聞けない「仕組み」を徹底解説

意外と知らない、フランチャイズ加盟のメリット・デメリットとは?

ダスキン フランチャイズ メリット

フランチャイズビジネスを知る 1-1 フランチャイズ(FC)とは フランチャイズ(FC)とは、加盟店が事業本部とフランチャイズ契約を結ぶことで、商標・チェーン名称、商品、ビジネス・経営ノウハウ、技術サポート・研修が全て一体となった「パッケージ」を得ることができるビジネスです。 加盟店はパッケージを利用する権利を得る代わりに、その対価としてロイヤリティと呼ばれる代金を本部に支払っているのです。 アメリカで生まれたケンタッキーフライドチキンが世界初のフランチャイズチェーンであると言われており、日本では1960年代にダスキンや不二家が開始し、現代ではコンビニがフランチャイズチェーンの代表格となっています。 1-2 フランチャイズと直営店の違い 直営店とは、事業本部が直接従業員の雇用から経営まで全て行っている店舗のことです。 フランチャイズの場合は個人や他の法人がオーナーである店舗なのに対して、直営店は事業本部が経営を行っているのです。 本部からすると直営店の方がお店の収益がそのまま会社の収益になったり、直接雇用ができるためマネジメントがしやすかったりといったメリットがあります。 しかし、スピーディな多店舗展開には不向きといったデメリットも存在します。 メリット・デメリットを理解する 2-1 なぜフランチャイズに加盟するのか フランチャイズチェーンに加盟すると、ロイヤリティと呼ばれる対価を支払わなくてはいけません。 場合によってはお店の利益のほとんどをロイヤリティとして消えていってしまい、最後に自分のところに残る利益はほとんど無くなってしまっているという例もあります。 しかし、では、なぜ世の中にはこんなにも多くのフランチャイズチェーンに加盟する店舗が多く存在しているのでしょうか? それは、ロイヤリティを払うだけのメリットを享受できることがあるからです。 そのメリットとは独立開業で廃業するリスクを低く抑えることができることです。 日本全国に何千店と展開している企業であれば過去に出店した店舗などのデータから、どのように経営を行っていけば良いかといったノウハウが確立されており、フランチャイズでは過去に経営を行ったことが無いオーナーでもそのノウハウを教えてもらいながらお店を経営することができるのです。 また、大手企業であれば仕入れ等に関しても独自の仕入れルートを確立している場合が多く、その仕入れルートから商品を仕入れることによって原価を低く抑えることができるなどといった利点もあります。 2-2 ロイヤリティは対価と考える フランチャイズチェーンの最大のデメリットは本部にロイヤリティ支払わなければならないことでしょう。 どんなに利益が無くても加盟店はロイヤリティを支払わなくてはいけません。 しかし、ロイヤリティは一方的に取られるものではなくて対価であるということを認識して下さい。 例えば、お店を経営した経験が無く、経営に不安がある人には手厚いサポートを提供したり、自社で開拓した仕入れルートから仕入れ費の安い商品の仕入れを可能にしたり、ブランドの看板を提供するなど、様々なサービスをフランチャイズ本部は提供しているはずです。 その対価としてロイヤリティがあるのです。 ロイヤリティという言葉にはどこか搾取する側と搾取される側が存在するというイメージがありますが、対価としてのロイヤリティという認識を持つことが大切です。 ここで、どのようにフランチャイズチェーンのロイヤリティが決まるのか、主な決め方を見ていきましょう。 多くの業態で見受けられます。 定額方式 定額方式とは、文字通り毎月支払うロイヤリティの額が一定のものを指します。 お店の売上や利益に関係なく、支払い額は一定なので非常にわかりやすいです。 利益から定額のロイヤリティを除いたものが全て自分の利益になるわけですから、売上・利益アップへのモチベーションも起きやすい方式と言うことができます。 ロイヤリティフリー ロイヤリティフリーとは、ロイヤリティを取らないことを指します。 見た目上はフリーのように見えても、支給される材料費の中にロイヤリティが含まれているというように、実際はしっかりと回収されていることがあります。 ですから、ロイヤリティフリーであるからといってすぐに飛びつくのではなく、しっかりと検討をするように心がけましょう。 2-3 メリット・デメリットを理解して決断する フランチャイズに限らずほとんどのものに良い点も悪い点もあるものです。 独立の手段としてフランチャイズ契約は初めての人でも事業者からの手厚いサポートがあるため、個人事業主としての開業よりも失敗しずらいという環境が整っています。 しかし、高額なロイヤリティが経営を圧迫してしまう可能性も同時にあります。 利益をとるか、あるいは安定をとるのか、自分のスタイルや考え方に合っているかどうかを妥協せずに考え抜いて、納得した上で決断を下さなければいけません。 メリット デメリット• ブランド力があり、広く知られている• 経営ノウハウが学べ、経験がない人でも安心• 過去のデータに基づくため、失敗のリスクが低い• 事業者が大量に仕入れるため、安価な商品や材料を安定的に購入することができる• 高額なロイヤリティの支払い• 事業者の経営方針に従わなければならなく、独自性が出しにくい• 指定品以外の商品を勝手に販売できない• 休日や営業時間が決まっている• 秘密保持義務がある 3. フランチャイズチェーンで成功する戦略を考える 3-1 フランチャイズチェーンを比較する フランチャイズチェーンのメリット・デメリットを理解して、出店が決まれば今度は加盟するフランチャイズチェーンを決めていきましょう。 フランチャイズチェーンは、各社が様々な方法で自社の独自色を出しているため、何を比較していくのか悩むところでしょう。 どの項目に自分は最も重きをおいて会社を選ぶか自分の中での軸をあらかじめはっきりさせておくことが重要でしょう。 比較すべき項目として以下のようなものがあります。 ロイヤリティと加盟金 一番気になるのはやはりロイヤリティですよね。 加盟金は250-300万円が通常なのに対し、デイリーヤマザキは180万円台と安く設定されています。 また、ファミリーマートは約300万円の加盟金が必要ですが、150万円強の融資制度があるなど会社によって様々な特徴があります。 ロイヤリティや加盟金はブランド力やサポートの質によって大きく違うことが言えるでしょう。 サポートの質 ロイヤリティや加盟金で既に各社違いがありますが、一番フランチャイズチェーンの特色が出るのはサポートの内容と言っても過言ではありません。 ミニストップやイオンの系列であれば、「トップバリュー」ブランドの商品が扱え、ファミリーマートであれば「無印商品」ブランドの商品が扱え、ローソンあれば、会計業務を行ってくれるシステムやオーナー休暇制度があります。 他にも、研修制度や独立開業前にしっかりと支援してくれるフランチャイズチェーンもあります。 3-2 事前の知識を得る フランチャイズチェーンに加盟するには、契約書や負担費用について事前にしっかりと内容を理解しておく必要があります。 フランチャイズチェーンはただでさえ、権利を提供している本部側に有利に物事が進みがちです。 加盟店側に知識やノウハウがなければ、本部の言うことにただ従うしかないのです。 それに加えて、自分で物事を考えて判断・実行することができるとなお良いでしょう。 ここでは、フランチャイズチェーンに加盟する前に最低限知っておかなくてはいけない知識について学んでいきます。 各項目に関して注意すべきポイントを押さえて、独立開業後に大きな失敗をするリスクを減らしましょう。 契約書 フランチャイズチェーンに加盟する際には、必ず事業本部と契約を交わさなくてはなりません。 この際、必ず全ての項目に目を通し、わからない部分に関しては本部に詳細な説明を求めましょう。 内容をしっかりと理解しないまま契約を行ってしまうと、問題が発生した時に自分に不利になるような契約を結んでいることが発覚しても遅いのです。 本部も営利団体ですので加盟店側が有利になっている項目はほとんどありませんが、問題が起こってから慌てるのではなく、事前に知識として知っていれば避けることができる問題もあるので契約書はしっかりと読み込みましょう。 負担費用 フランチャイズチェーンに加盟する負担金のほとんどは、フランチャイズ本部へ支払うロイヤリティです。 ロイヤリティを支払うことはみなさんご存知の方も多いと思いますが、これだけではありません。 その他にもフランチャイズへの加盟金や保証金など、ロイヤリティ以外の負担金も存在します。 契約書上では負担が義務化されていないものの、店舗を経営していく上で実際には負担しなければいけない費用が存在する場合もあります。 事前に自分が何にいくら負担しなければいけないのかを整理しておきましょう。 自分で考える 店舗の周辺の市場調査や売上の予測など、フランチャイズ本部が行ってくれることがあります。 個人では正確な予測が出せなかったり、行う時間があまりなかったりするので、加盟店にとっては非常にありがたいことだと思います。 しかし、本部が提示してきた資料を鵜呑みにすることはしてはいけません。 周辺の状況は出店した時から時間とともに変化していきます。 そのため、必ず自分でも本部からの情報を元に自分で考える癖をつけておくことをオススメします。 自分で考えずに本部の言うことを全て鵜呑みにしてしまって、思うように売上が上がらなくても本部は責任を取ってくれるわけではないのです。 本部からのアドバイスや情報に素直に耳を傾けることはフランチャイズオーナーとしてとても重要ですが、それをそのまま鵜呑みにするということは別問題であるということを覚えておきましょう。 3-3 成功する人と失敗する人 フランチャイズでの経営の特徴として本部からの手厚いサポートがあり、失敗するリスクは個人で開業するよりも低いと言われています。 しかし、これは決して成功を保証するものではありませんし、過去にお店や会社を経営していた人であれば成功するとも限りません。 過去に経営を行った経験のある人は、自分の今までの実績や感覚で判断をしてしまいがちです。 そのためフランチャイズの仕組みに合わず、本部からのアドバイスを聞こうとせずに失敗してしまうということがありえるのです。 また、問題に直面した時に自分だけで抱え込んでしまい、人にアドバイスを求めるのが不得意な人もフランチャイズ経営がうまくいかないことが多いです。 それでは、フランチャイズチェーンの加盟店で成功する人に共通していることはどのような点でしょうか。 それはアドバイスを素直に受け入れ、問題の解決に向けてしっかりと考えることができる人ということが言えます。 当然ですが、本部の支持に従っているだけでは、売上は伸びていきません。 お店の経営をより良くするために常に改善点を探し、その改善策を考え続けられる人であることが求められるのです。 その上で、自分の過去の経験や感覚、プライドなどを無視し、人の話に耳を傾けることができる柔軟な考え方を持ち、従業員たちの雰囲気などに気を配ることができれば、成功は遠く無いでしょう。 特にコンビニ業界であれば24時間営業の場合もあります。 そうした場合には営業時間中に自分が常にお店を見れるとは限りません。 そのため、アルバイトをうまく育成したり、良い雰囲気つくりを行ったりと売上や利益といった数字的な部分だけではない部分にも気を配ってできると良いでしょう。 成功する人は自分のことだけではなく、様々なことに気がついて気配りのできる人であることが多いのです。 また、お店の経営をより良くするために常に改善点を探し、その改善策を考え続けられる人であることが重要です。 その上で他者からのアドバイスに真摯に耳を傾けたり、従業員たちの雰囲気などに気を配ることが重要になってくると言えるでしょう。 まとめ フランチャイズビジネスは、過去にお店を経営した経験がなくても、失敗のリスクを最小限に抑えるための知識やノウハウを提供してくれるとても優れたシステムです。 しかし、フランチャイズチェーンに加盟すれば、簡単に成功すると思ったら大間違いです。 どのチェーンに加盟するのか、加盟してからどのように成功していくのかは自分で考えていかなければならないのです。 フランチャイズビジネスというシステムを最大限に活用し、自分で納得する店舗経営をしていきましょう。 カテゴリー:.

次の

清掃大手「ダスキン」フランチャイズの評判・仕組みを徹底紹介!

ダスキン フランチャイズ メリット

申し込むフランチャイズがしっかりしているところという前提で書きます。 もちろん悪いフランチャイズなら止めておくべきです。 タイプは2通りに分かれると思います。 タイプ1 経営者自身、本当になにもノウハウがなく、0から物 を作りあげていくことができそうにない方ならフランチャイズをおすすめします。 タイプ2 いや、俺は裸一貫でいいシステムを構築する自信があるぞ!という人にはフランチャイズはおすすめしません。 フランチャイズのメリットは、0からつくりあげていく必要がない、同一ブランドを使用できるが大きなメリットです。 デメリットとしては、相手のシステムをもらうわけですからそれなりにコスト高になりやすいことが上げられます。 また、フランチャイズとしての拘束も受けますが、これがないと質がよくなりません。 タイプ1の人が気をつけるべきことは、客は本部が運んできてはくれないことをしっかり心に留めておくべきです。 売上げが低いから本部になんとかしてくれ!なんていうのはお門違いです。 また、ロイヤルティなどを考慮に入れると本当に繁盛しないと、なかなか稼げない商売です。 このロイヤリティが曲者で儲かっているのに店をたたむ経営者もいます。 逆に言えば、フランチャイズに申し込まなくても0からつくりあげていく店はロイヤリティを払わない分、多くの売上げを必要としません。 つまり足かせが少ない分、持続させる可能性が高まります。 タイプ2の人は自分で0から作り上げていく作業には根気とスキルが必要になります。 根気がない人、スキルがない人、アイデアに乏しい人、不器用な人、などは素直にフランチャイズを選択しておくべきです。 フランチャイズだから「いい」「悪い」はありません。 要はその経営者の資質にかかっているのです。 全てのFCが悪いとは言い難いです。 知人で1店から始まり、数店店舗展開しているひとはいます。 本人さほど努力もせず、 他人のせいにする人多いです。 FCや単独での独立関わらず、事業を継続させる方が 起業より遙かに難しいですよ。 精神面、資金、いろいろな耐力必要です。 FCはそもそも本部が直営店出すリスク、コストを 低減する手段であり、店舗展開を加速しやすい方法 です。 また、加盟金やロイヤリティ収益もあり、 出店時の設備、仕入マージンなどなど、 本部側にうまみが多いのは確かですね。 そういう仕組みです。 みなさん、道端で人に呼び止められて1000万円あげるから俺のいうこと聞け、っていわれたら「はい」ってもらっちゃいますか?しないでしょう。 そのとき、みなさんの頭には「そんなうまい話があるものか!」というまともな考えが浮かんでいると思います。 ところが、雑誌に「起業!フランチャイズ。 これであなたも店のオーナーに」といわれたら、なんでフラフラ応募に行くんでしょうか? 儲かる話にわざわざ広告宣伝して、人ひっぱってこないといけないんですか?ヘンでしょう? そのヘンな話をおいといて、仕事はどうだ?というのは、サラリーマンの発想です。 つまりフランチャイズやっているところに、「知性で負けている」のです。 いやしくも事業をするのならば、どれくらいの「リスク」があるかを見極めましょう。 フランチャイズという形式はリスクを第三者に押し付ける商売です。 だから、リスクを乗り越えられた人は儲かるし、リスクが実現した人は、ここに他の人が書いているようになるのです。 しかもリスクを乗り越えるための方策をほとんど打てないように、両腕、両足を縛るのがフランチャイズです。 (絶対に独自のことはできないようになってます。 ) 先日、週刊ダイヤモンドに日本マクドナルドの話が出ていました。 ほとんどの店が赤字だそうです。 でも、日本マクドナルドは黒字なのです。 なぜか? フランチャイズ店が契約に基づきロヤリティを払うからです。 つまり、フランチャイズ店は赤字の上塗りをしていることになります。 もし、あなたがマクドナルドのフランチャイズをしていたら、契約に基づき店が赤字でもカネを払わねばならん、ということです。 「そんなヒドイ」とか甘えてはいけません。 これが現実です。 こういう話を「仕事」とか「儲かるか」とかで判断していいと思いますか? いくらか出資し(自分の労働力つきで)リターンを得る、ということは規模はともあれ事業です。 事業は「リスク」を見極める、ということに尽きるのです。 とくに何ができるわけでもない人は、資本主義に参加してはいけません。 必ず食いモノにされます。 だからみんなサラリーマンをやるのです。 ある本に書いてましたが1500人に1人がぎりぎり食べていける程度と書いてました。 儲かる人はさらに少ないでしょうね まぁーフランチャイズによって違うでしょうが 例えいいフランチャイズであっても店の場合は立地条件などいろいろな要因で 失敗している人もいれば成功している人もいるでしょう。 つまり貴方次第だと思います。 フランチャイズでそこそこ成功している知人を見ると商売上手で人当たりもよく 頭もいいし 勉強ができるという意味ではない 家族の仕事に対する理解が ある方ばかりです。 これ大きいと思います。 少なくともフランチャイズの本部に頼ろうという考えの方はいらっしゃいません。 本部に頼れば何とかなると思っているのでしたらやめた方が良いと思います。 フランチャイズに頼らなくても自分一人でもできる自信があって単に 看板を借りる 広告代わり 程度の割り切った考えでしたらいいのではと私は思います。 誰かに頼ろうと思った時点で独立するにはかなり甘い考えですので その点が無ければそこそこメジャーなフランチャイズであれば詐欺にひかかるような 事になることはないと思います。 勿論、契約書類はしっかりと見る必要はありますけどね フランチャイズ関係なく独立はどんな仕事でも簡単ではないです。 私は、以前無店舗型の個人で営業するフランチャイズに加盟していました。 当初の考えでは、採算が取れると踏んでいたのですが、本部から指定されたパンフレットが1枚100円、本部の会社案内が800円、封筒20円、発注書が1回分100円、参考図書が3万円程度(年間数冊発行) 月一回研修会(無料)があり、東京または大阪までの交通費などなどで、立ち行かなくなってしまいました。 加盟料が安かったのですが、消耗品で儲けていたようです。 知人がコンビニのフランチャイズを行いましたが、実態は悲惨だったようです。 食事は全て売れ残りの弁当、昼は奥さんが、夜は旦那さんが店にいて、夫婦の会話は無く、子供の授業参観などにも出れず、見ていて気の毒でした。 契約が有って、止めることもできなかったようです。 最後の方は、24時間営業なのに、夜間は店を閉めていました。 契約終了とともに廃業し、店をアダルトショップに売っちゃいました。 コンビニも、自分で店を造る資金が有れば、利益を上げられるようですが、開店資金を本部から出してもらうようだと、悲惨な状況になるようです。 私は、ただの派遣社員ですが、派遣先が全国で数十店舗ほどあるソフトマッサージを売りにしたリラクゼーション・サロンの本部です。 そのうち5店舗ほどフランチャイズ店でした。 あとの店舗は皆本社が直接経営している直営店です。 でした…と過去形なのは、5店舗のうち1店舗はオーナーが経営方法やマッサージのメニューを自分流にアレンジしたくなったから店の名前を変えて独立、別の2店舗は、やっぱり思ったほど儲からないと思ったのか、どちらのオーナーも逃げるように去り、結局その2店舗は直営店になりました。 今でも、フランチャイズ店は、残った2店舗だけです。 本部は、飲食店よりも低コストで開業できるということを売りにしています。 確かに飲食店のように特殊な調理器具や材料はいらないので、その辺のコストは飲食店より確かに安いと思います。 でも、その代わりお店のスタッフの教育は飲食店よりも手間ひま、コストがかかります。 マッサージは1対1のサービスなので、ズブの素人をそのままお店にはだせません。 1ヶ月くらい研修をしなければならなくて、研修中もそのスタッフ見習いの人に給料を払わなければいけません。 A4サイズの店内用POPは、直営店はタダですがフランチャイズは、1枚20円ほどお金をとっています。 あと街角で配るチラシも1枚5円か10円くらいお金をとってます。 さんざん知らされても、自分でひどい目に遭ってみないと理解できないということでしょうね。 まず、フランチャイズに入るのは独立ではありません。 隷属というものです。 なんでも俺の言うことを聞けば、おまえの懐具合には関係なく一定の金は取ってやるし、危険は全部負担させてやる、やめるときはもっと金を払え、といわれればわかりますか?はじめやすくなっているに決まっています。 実際利益が上がっている人がどれくらいいるか?本当のことは、なんと本部しかわからないようになっています。 本部の示す成功例をそのまま信じてませんか?それに、他人の成功失敗はともかく、自分が利益を揚げられそうかどうか考えてみましたか?何も知らない人が儲かるような、そんなものがあるわけがありませんよ。 まず、独立を目指すなら、腕に職を覚え込ませるとか、腕をみがくとか、良い修業とはなにかを考えてください。 フランチャイズ・ビジネスでは、事業経営の経験がない(あるいは寡少な)人を対象に特定の事業の事業権(販売権)を与え、開業ノウハウを提供し、その後の経営指導・支援や販促、商品・材料の流通(これがFC本部の主要な事業でもある)を保証し、契約関係の上で一定のロイヤリティを受け、経営の実現を図る。 一方、フランチャイジー(FCチェーン資本参画者)は、自店の出店/開業費用を負担し、事業主として自店舗の経営責任を持ち、経営実務を担うシステムです。 そこで収益性が高く、事業も順調に推移すれば、ロイヤリティ負担も苦にならず、FC本部もフランチャイジーもハッピーなわけですが、そんなうまい話は残念ながらまずありませんし、そういうものがあったとしても競争社会の市場原理でそのロイヤリティ(契約条件)は高くなるでしょうし、参加者が殺到して審査が厳しくなるのが道理です。 FC本部側の立場に立てば分かりますが、収益性が高く事業実現性が容易なら本部自体が金融機関から融資を受けて自社で資本投下して直接経営します。 そうしないのは少額出資者を募る(その資本を利用する)ことと、契約で縛り自己責任で経営(実質的に経営者本人が主な労働力)を任せれば、フランチャイジーも赤字にならないように必死で働く(本部が責任を持たずに厳しい労働条件を実現できる)ので、社員を雇い入れるよりも本部は経営リスクを低減し、事業展開が早まることになるからです。 結局、資本を出したのだから楽に儲けられる、と考えると大間違いになります。 ただ、全く商売にならないのであれば、これはFC以前に詐欺行為ですし、人並み以上に研鑽し頑張れば、場合によってはFCから離れて夢の独立経営が実現することになりますが、そういう例は多くはないと思いますし、そのくらい自覚と気概がある人は事業ノウハウも自分で研究しFCに頼ろうという発想は初めからしないものです。 FCチェーンシステムはどうしても「新規の経営に不安で誰かに頼りたい」という起業希望者の心理を利用し、甘い言葉で事業経営の夢を売る側面があり、参加しようとする人は経営の現実をよく見極める必要があります。 貴方の同僚のケースでも、いずれの業種でもいきなりFC契約するのではなく、どこかのFC店でアルバイトなどで一定期間働き、FC契約の長所短所など実情を理解するのが先ではないかと思います。 その上でやるのなら、よい業種よい事業者の選択眼が付き、自分の判断で決められ大きな失敗もしないで済むのではないでしょうか。 フランチャイズ・ビジネスでは、事業経営の経験がない(あるいは寡少な)人を対象に特定の事業の事業権(販売権)を与え、開業ノウハウを提供し、その後の経営指導・支援や販促、商品・材料の流通(これがFC本部の主要な事業でもある)を保証し、契約関係の上で一定のロイヤリティを受け、経営の実現を図る。 一方、フランチャイジー(FCチェーン資本参画者)は、自店の出店/開業費用を... A ベストアンサー 24時間のお店なら、何が何でも24時間にしないといけない。 たとえ親族に不幸があろうと関係ない。 どうしても人数が足りない場合、本部に要請して短期人員確保するけど極端に高い人件費で派遣が来る。 (その間赤字になる) 店でバイト人員確保できないと赤字が続く。 売れ残った弁当など賞味期限が切れたものは店の損として廃棄。 したがって店の賞味期限切ればかり食べているオーナーも居る。 利益率が非常に低い。 100円のものを販売して、通常30円利益があっても フランチャイズ料金が20円ぐらいもっていかれる。 毎月のフランチャイズ料金が馬鹿にならず、支払いに毎月悩んでいるオーナーが多い。 立地条件の良い所(集客力のある)はすでに開店済みが多い 結局の所、売り上げが上がらない店は廃業に追い込まれる。 A ベストアンサー フランチャイズですよね~! アントレも雑誌なので、悪徳商法などでなければ、掲載してると思いますよ~!まぁ~1~2ヶ月に1回、アントレ主催のフランチャイズフェアに読者を集めるのも目的のひとつですからね~! 大きく掲載されている企業さんは、毎回のようにフランチャイズフェアに出店されています! 私も、フランチャイズフェアに参加して話を聞いたら、4ヶ月くらい電話で勧誘されました。 いまになり冷静に考えると、知名度も高く安定収益のあるチェーン店は、出店すればするだけ自社の儲けになるので、フランチャイズを募集しておらず。 まだ、知名度もなく、安定収入がないチェーン店は、本部側で自己資金を拠出せず、オーナーさんに事業開始に掛かる費用を負担させ、リスクを少なく事業を拡大することができるので、 フランチャイズ自体、本部に有利な事業展開だと感じました 中には、継続的に収益性のある事業もあるかもしれませんが、フランチャイズ加盟者側は、ハイリスク・ローリターン 本部側は、ローリスクであることに間違いありません ひとつ驚きましたが、中には開業資金に2,000万近く掛かるのに安定収入が見込めなさそうな事業もございました 一度、フランチャイズフェアに参加してみてください フランチャイズですよね~! アントレも雑誌なので、悪徳商法などでなければ、掲載してると思いますよ~!まぁ~1~2ヶ月に1回、アントレ主催のフランチャイズフェアに読者を集めるのも目的のひとつですからね~! 大きく掲載されている企業さんは、毎回のようにフランチャイズフェアに出店されています! 私も、フランチャイズフェアに参加して話を聞いたら、4ヶ月くらい電話で勧誘されました。 いまになり冷静に考えると、知名度も高く安定収益のあるチェーン店は、出店すればするだけ自社の儲... A ベストアンサー まぁ・・いろいろですよ。 事業に失敗して廃業=個人破産 というわけではありませんし(そもそも破産しなくてはならないほどの資金を貸し付けてもらえるようになるのはずいぶん先のことでしょう(笑)) 改めて再出発ということもあるでしょうし,取引先や知人・友人のやっている会社に入ったり これ以上のコネはありませんしね(笑))、あるいは個人事業として業務請負っていうこともあるでしょう。 どうなるかは自分の実力,そして周囲からの自分の評価次第でしょう。 会社員時代というのは,仕事は会社から与えられるものっていうイメージかもしれませんけど,自分で事業をやっていくということになればやはり全てはネットワークで動いているのだということが身にしみてよく分かると思います。 そのネットワークの中で自分は他の人を助けることもあれば,逆に助けられることもあります。 A ベストアンサー 私の聞いた話では、市場調査の問題です。 最初からろくに市場調査もせずに、ただ「この立地条件なら儲かります」と言われたのを信じ込んで加盟し、出店したところ、当然全く客が来なくて、結果「騙された」と言う話です。 もう一つは、きちんと市場調査もしてくれ、その点は良心的だったのですが、市場調査はあくまで調査であり、結果が相違することも当然リスクとして存在します。 結果、「市場調査結果と違うじゃないか」と抗議しても、「調査は調査。 違う結果が出ても、こちらの責任ではない」とか、「調査は絶対!問題なのはあなたの経営努力や経営センスにある」とされてしまった。 とかいう話です。 この支店数制限の理由は、支店数を大量に抱える加盟者が出現すると、株券と同じで、そちらの加盟者の意見・主張が強い発言力を持ってしまい、本部では無視できなくなってしまうから、結果本部が困ると言うようなものだったと記憶しています。 私の聞いた話では、市場調査の問題です。 最初からろくに市場調査もせずに、ただ「この立地条件なら儲かります」と言われたのを信じ込んで加盟し、出店したところ、当然全く客が来なくて、結果「騙された」と言う話です。 もう一つは、きちんと市場調査もしてくれ、その点は良心的だったのですが、市場調査はあくまで調査であり、結果が相違することも当然リスクとして存在します。 結果、「市場調査結果と違うじゃないか」と抗議しても、「調査は調査。 違う結果が出ても、こちらの責任ではない」とか、「調査... Q 50代になったばかりの者です。 前も質問したのですが、「この不況下に」とか、「肩を叩かれるまで耐えるべき」とのご回答を色々と頂きましたが、それから社内の体制が又、更に悪い風向きになり 予想通り もう、会社に失望感しかありません、低学歴で大した資格は、ありませんが、管理職で部下25人いました。 現在、左遷予備軍として、処刑執行を待つばかりの戦々恐々とした日々に嫌気がさして、逃げ道を模索中です。 終身雇用どころか先もありません。 現在、転職サイトに登録、知り合いに声を掛けたりとか、少しですが動こうとしております。 会社勤めがダメなら独立も視野に入れるべきかの選択も考え、大きな将来への不安を抱いております。 もう24年もこの会社に勤続していて、外の世間というものが、分からなくもなってきております。 しかし、家庭を背負っているのと、例え今の会社に残れたとしても55歳~65歳以降の生活もこのままでは、どうなるのかとも思います。 中高年の方で転職された方、又は独立された方、大変なのは承知ですが、どうか、この先の選択視について、経験談等をお聞かせ下さい。 A ベストアンサー 大変な状況お察しします。 私は今年で55歳になり同じように家庭があり子供もいます。 20年サラリーマンをしてきて、42歳で脱サラして見事に大失敗。 厚生年金も私らの年より最低25年かけないと受給資格が取れなくなり、支給も62歳にとなる最初の年代のものです。 年金の問題もあり今年が最後のチャンスと思いサラリーマンに復帰します。 確かに就職先はなかなかありません。 たくさん応募して(10~20社応募して面接まで行くのは1割 )チャンスを探すしかありません。 私の場合、特筆すべき資格を持っているわけでもありませんし、たいしたキャリアの持ち主でもありません。 捨てる神あれば拾う神あり です。 きっとまた活躍できるチャンスがあるはずです。 こんな私でも雇ってくれる会社が存在するのです。 だからと言って今の会社辞めろと言っているのではありませんよ 念のため 一つ言えることは何か自分を売り込むものを一つ持つこと これが持てれば今の会社にいてももっと余裕が出ると思いますよ。 あんまり頑張ろうとせず、もっと気楽に、趣味を楽しみ 半分開き直り精神で仕事というよりは自身の人生を楽しもうと考えた方がよいと思いますよ。 それと脱サラですが、地獄と天国が半分くらいです。 お金がなくてもそれなりに楽しかったですし、でも嫁さんは大変だったとは思います。 子供にもかわいそうなことをしたという気はありますが、でもだからと言って子供にマイナスばかりでもないと思います。 いつの時でもそうだと思うのですが、苦労の方が人生の楽しかったこととして刻まれるような気がします。 大変な状況お察しします。 私は今年で55歳になり同じように家庭があり子供もいます。 20年サラリーマンをしてきて、42歳で脱サラして見事に大失敗。 厚生年金も私らの年より最低25年かけないと受給資格が取れなくなり、支給も62歳にとなる最初の年代のものです。 年金の問題もあり今年が最後のチャンスと思いサラリーマンに復帰します。 確かに就職先はなかなかありません。 たくさん応募して(10~20社応募して面接まで行くのは1割 )チャンスを探すしかありません。 私の場合、特筆すべき資格を... A ベストアンサー 自営業者です。 1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。 お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。 地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。 1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。 1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まります。 ちなみに、開業するための資金だけでなく、軌道に乗るまでの運転資金や生活費も含めて資金計画を立てる事が重要です。 あと、若くて法律や会計に興味があるなら、年間生活費250万で専業受験生になって3年以内に士業の資格を取って、残った250万で開業するという方法もありますが、今のご時世士業の資格があるからといって成功が約束される訳ではありません(弁護士でさえ困窮している人もいます)。 自己投資系に使うなら、資格以外に留学という手もありますが、帰国後にどうやって生計を立てるか具体的に計画して取り組む事が大事ですね。 語学とバイタリティに自信があるなら、物価が安くて日本人に人気のある国へ行き、日本人バックパッカー相手のゲストハウスを経営するというのもアリです。 ただ、物価が安い=経済水準が低い=治安が悪い、という場合も多いので、その点は自己責任でお願いします。 必ずしも経済水準と治安が反比例する訳ではありませんが、1000万持って経済水準の低い国へ行けば周囲の人とは著しい経済格差がある訳で、その上土地勘がないという状態では、仮に治安の悪くない国でも詐欺や殺人などの犯罪に巻き込まれる可能性は高くなりますので、それなりの覚悟が要ります。 >本気で考えているわけではないので 会社が「アレな状態」では毎日面白くないでしょうし、いつでも独立できるという思いを心の支えにしたいという事でしょうか? まあ、1000万あれば独立の選択肢は無限にあるので、その点は安心して下さい(成功できるかどうかは別問題ですが)。 本気で考える際には、年齢、性別、お住まいの地域(最低限、地方か政令指定都市か首都圏かは明記)、これまでに経験した仕事、興味のある事、家族の有無、これまでの年収、欲しい年収などを明示して、再度質問することをお勧めします。 あと、どんな事をしたいのか、具体的でなくても「人の役に立ちたい」とか「大儲けしたい」とか「慎ましくていいので楽に生きたい」といった程度でも書いた方が、回答しやすいです。 自営業はモチベーションが続くのが大前提ですから「やりたい事」というのも意外に大事です(もちろん好きなだけで成功できる訳ではありませんが)。 あと、一般に年齢は若い方が有利です(例外はありますが)。 私はサラリーマン経験のある自営業者ですが、独立して良かったと思ってます。 まあ、運に恵まれて飯を食えているから、そう思えるのでしょうけど。 最後に一言「成功できるかどうかは最後は運次第。 でも、運が巡ってきた時に掴めるのは、自分を信じて努力し続けた人だけ。 」という一言を贈りたいと思います。 自営業者です。 1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。 お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。 地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。 1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。 1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まりま... Q 親戚が便利屋開業15年目にして倒産直前です 理由は飽和状態のため専門業に特化しなければ 生き残れない状態。 それは親戚も理解していますが 頑な気質なため何でも受ける何でも屋の切り口を 変えません。 大半の依頼はゴミと庭仕事(草刈・植木のせんてい)です 集客ツールはチラシだけで反応は悲惨も悲惨です いっそのこと便利屋コンサルタントでもやればと私は助言しました 私も独立を視野に入れてます。 私の薬局はジジババ薬局と私が称している位にご老人の方のお客様が多いんです。 その間系でご老人の方と色々お話する時間が有るのですが、まずご老人は2種類に分類される事をご存知ででしょうか???1つは年齢なりの病気は有ったとしても誰かの介護の世話にならないで生活が出来る人達です。 もう1つは誰かの介護のお世話になる人達です。 後者の誰かの介護のお世話にならないと生活の出来ない人達は、介護保険適応者で介護保険の範囲内でotukareさんの言われる買い物代行・話し相手はこなす事が出来ます。 場合によっては食事に手助けが必要な1人暮らしの老人の場合は一緒に食事をする事も介護保険の範囲内で行なう事が出来ます。 そう言う人達は余程の事が無い限り(例えば親戚の葬儀等)どうしても出席しなければならない用事がない限り、旅行は行きません。 現役時代に大会社の経営者だった人等一部のご老人を除いては、程度問題は別にして今までの蓄え+年金で生活するだけで精一杯です。 したがって介護保険で出来るサービスは個人的な費用を払って誰かに頼むと言う事はしないでしょう。 以上の事を総合して考えると、介護保険適応者(つまり要支援1~要介護5までに当てはまる人)は介護保険の範囲内でotukareさんの考えている商売内容をこなす事が可能なので、お客様にならないグループだと思います。 では、前者のグループはどうかですよね。 私の母は60代なので老人と言うのは可愛そうだと思うのですが、実際問題私の住んでいる町会の老人会は60歳から入会が可能なんです。 それと老人会の会員が100名を超えると役所からの補助金が下りる関係があり、母的には嫌なのかも知れませんが地元で商売している関係も有って老人会に入会しています。 そう言う町会の老人会ですと、1人の年会費3000円+役所の補助で月数回の集り(お話会・手芸の先生を呼んでの講習会・唄の会等)や老人会の補助有りでのバスツアーやレストランでのお食事会等が有ります。 そう言う老人会は多くの町会に完備して居るんだろうと想像します。 あくまでも想像であって、無い町会も存在するかもしれませんね。 名前は違っても町会の婦人部や役員会が同様な事を行なっている町会も存在しています。 そう言う町会のサークル的な集まりが無い地域だったら、otukareさんの考えている事業が成り立つ可能性は有るかもしれません。 ですからまずはotukareさんが商売をしようとしている地域内でそう言う町会のサークル的な集まりが有るかどうかを調べたらどうでしょうか???又その地域内で老人に相当する人口の中でどれだけそう言うサークル的な集りに参加されているかを調べられたらどうでしょうか???それがotukareさんの始め様とされている事業が成り立つかどうかのキーポイントだと思います。 そう言うサークル的な集まりが有る地域ですと、年会費3000円と言う低価格で色々な事をする事が可能ですから、わざわざotukareさんの事業のお世話になってまでも何かしてもらうと言う事はしないでしょう。 先程も記載した通り、ご老人の生活費を考えると支払えないのが現状だと思います。 ではそう言うご老人お子さん世代が肩代わりして支払うかですが、その世代になえると子供の学費等で手一杯な世代ですから、これまた支払う費用の出所が無いかもしれません。 以上の事を総合いて考えると、中々難しい事業の感じを受けます。 単に人口的に老人の人口が増えるからと言って安易に老人事業を考えるのでなくて色々な状況を把握した上で行なわれると良いでしょうね。 色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。 otukareさん こんばんは 薬局を経営している薬剤師です。 私の薬局はジジババ薬局と私が称している位にご老人の方のお客様が多いんです。 その間系でご老人の方と色々お話する時間が有るのですが、まずご老人は2種類に分類される事をご存知ででしょうか???1つは年齢なりの病気は有ったとしても誰かの介護の世話にならないで生活が出来る人達です。 もう1つは誰かの介護のお世話になる人達です。 後者の誰かの介護のお世話にならないと生活の出来ない人達は、介護保険適応者で介護保険の範囲内でot... A ベストアンサー まず、面接時に何で白い目で見られると思いますか? バイトや派遣が理由ではありません。 貴方の相手を見る眼です。 面接官だって現在の社会状況は分かっています。 そういう方が多いのも分かっています。 それに、現在がバイトや派遣などで不安定だから正社員として働くところを見つけているのでしょう。 その中から選りすぐられた人材をふるいにかけて選び、戦力を見つけることが彼らの仕事なのです。 間違えた人材選びは許されませんからね。 では聞きますが、貴方はネガティブなことを思いながら職探しや面接に挑んでいませんか? もう一つ、もしも貴方が人材を選ぶ側だとしたらたった一人、どんな人を選びますか?貴方はその基準に入っていますか? 私は貴方のことを知りませんが、貴方が社会にて得たモノは何でしょうか?手にした技術はありませんか? 即戦力で正社員として働きたいなら道は2つしかありません。 一つは経験をフルに生かせる職種に挑むことです。 企業は即戦力を望むので、仮に背伸びしてみてもダメです。 逆に戦力として発揮していければ若い者には無いベテランの経験を生かし、その会社に新しい風として提案することも出来ます。 貴方のやり方次第ですね。 もう一つの方法は最初は不利な条件であっても派遣やパートなどでじっと腰を据えてまず3年ぐらいは頑張ってみることです。 派遣は基本的に同じ職場で3年を超えて契約できません。 その3年間で結果を出せばその職場にて必要不可欠な人材になれます。 そうすれば改めて面接や試験を受け、正社員として雇用してもらえます。 確かに悪徳な派遣業や企業もありますが、そんなのはごく一部です。 こういう方法で正社員になり、さらに頑張って主任や係長へ昇格していった人も実際に居ます。 誰がこんな世にしたかは分かりませんが、職場はある意味で戦場です。 ネガティブが表情に出てしまってはせっかくのチャンスも自分から潰してしまいます 武器となる貴方の経験や手にした職をどんどんアピールするだけです。 遠慮はいりませんよ。 もう一つ、応募したい企業はどんな会社ですか?大きさや雰囲気などこだわっていませんか? 例えば社員数10人以下のような会社も山ほどありますし、立地条件でも都市部だけではなく地方にもたくさんあると思います。 思い切って引っ越しも検討できればもっと選択肢は広がります。 ちなみにウチは長野県の人口十数万人の地方都市ですが、介護やヘルパーなどの有効求人倍率は2,9倍もあります。 高齢化が進み、福祉に力を入れる地域はこのような職業の求人が多く、産業に力を入れる都市はやはり製造業や物流などの求人が多いです。 また地方は大企業もありますが、少数精鋭で動いている企業も多いです。 確かに社長も社長と言うよりも職人に近い風柄な方も居ますが、そんな会社ももっと検討してみてはいかがでしょうか? そういった企業に、俺が入ったらこういう事をやってみたい!と言うことを具体的に示せれば状況は大きく変わります。 ちなみにこんなことを言っている私はしばらく前に逮捕歴があり、その件で執行猶予の判決を受けました 当然その時に当時の会社はクビ(事実上の自己退社扱い)になり、事件は地方紙に掲載されたので、かなり再就職には不利でしたが、似たような境遇の人と話をしたり聞いたり、自分の周りの色んな人に相談を受けながら何度か面接に挑戦し、採用されて今に至ります。 比較的大きい企業は相手にしないと見切り、職の経歴と今の人柄で判断してくれそうな小規模の会社に絞って応募し、人間的に二度と落ちないためにも一生を背負っていける職業を見つけていると言う点と、精度の見切りと仕上げ技術だけは誰にも負けないと言う点だけは強くアピールしています。 そして、人数が少ない分課題も責任も大きくなりますが、やり甲斐も大きく、平日はクタクタになるまで仕事してます。 ビールの味も改めて美味いと感じている現在です。 私から見れば自分よりも貴方の方がずっと有利だと思います。 いや、他人は関係ありませんね。 貴方自身がどれだけ正社員として働きたいと思う意志があるか、どんな戦い方が出来るか?そういうモノは貴方の表情や眼などに写り、相手はそういう部分をよく見ていると言うことを分かっていただければ、少しは再就職への糧となるでしょうか。 現代の40代なんてまだまだ若い方だし、今就職すれば20年以上はお世話になる場所になるでしょう。 職務経歴書の下書きを色んな人に見せたり、求人の情報や面接の心得など具体的に相談を受けながら、簡単に折れずにポジティブに頑張ってください。 まず、面接時に何で白い目で見られると思いますか? バイトや派遣が理由ではありません。 貴方の相手を見る眼です。 面接官だって現在の社会状況は分かっています。 そういう方が多いのも分かっています。 それに、現在がバイトや派遣などで不安定だから正社員として働くところを見つけているのでしょう。 その中から選りすぐられた人材をふるいにかけて選び、戦力を見つけることが彼らの仕事なのです。 間違えた人材選びは許されませんからね。 では聞きますが、貴方はネガティブなことを思いながら職探しや面接に... A ベストアンサー 再び#2です。 詳しい内容をありがとうございました。 なるほどねー。 ちょっと、この数字を信じて始めてしまうと、えらいことになりますね。 まず、40名をどうやって集めるかですが、 最初の1年は、20名台で推移するんじゃないでしょうか。 というのは、利用者って、かなり厳密にシュミレートしていますよ。 家庭の状況、卒園年次、近隣の友人宅の子どもたちとの関係などなど。 ですから、すぐには入らず、様子を見ている方が多いと思います。 チラシや看板だけでは入ってくれません。 1~2年めは、かなり厳しいと思いますよ。 売り上げは、下手したら100万を切るかもしれませんよ。 それでも大丈夫ですか? あと、経費ですが、#4の方がおっしゃるように、見積もりが 少ないのでは? 家賃などがわかりませんので、なんともいえませんが、 衛生用品、消耗品の消費量ははんぱなく多いです。 もちろん、教材もなにかといりますしね。 それから、人件費ですが、50万だと、何人? 地域の平均額にもよりますからなんともいえませんが、 保育士は必ず2人以上必要です。 それは、在籍が2人いればいいという意味ではなくて、保育時間中は必ず複数配置が義務付けられているんです。 ということは、だれか休んでも、2人以上配置できるように雇っておかなくてはなりません。 ただ、質問者様がご自身でカバーされるならいいですが。 正規職員のみでなくて、パートを活用するにしても、パートは主戦力にはなりません。 あくまで、補助です。 利用者側からしてみれば、自分の子を、しっかりとみてほしいわけで、パートばかりたくさんいても、信用できず、預けられないからなんです。 この業種は、経費のほとんどが人件費になるタイプです。 160万の売り上げで、50万が人件費というのは、少し無理があるでしょうね。 あと、つけくわえていえば、入園対象年齢をどうするかという問題です。 40名のうち、ほとんどが4-5才というのであれば、わりあいスムーズにいきますが、現実にはそうではありません。 2-3才の小さい子のほうが多いと思います。 そうなると、保育士の配置は変わります。 2才ですと、最低でも6名に対して保育士を1人配置する必要があります。 (あくまでも最低ですよ。 現実は、それでは足りません) 売り上げを増やすために、だれでも入園させていいのではないわけです。 給食もなさいますか? となると、調理職員の人件費もかかりますね。 検便など、所定の検査費用もコンスタントにかかってきます。 (調理職員のみでなく、職員全員必要です) というふうに、いろいろ考えてみると、本部が出している数字は、あまりあてにならないと思われます。 よーく、考えて行動してくださいね。 がんばってください。 再び#2です。 詳しい内容をありがとうございました。 なるほどねー。 ちょっと、この数字を信じて始めてしまうと、えらいことになりますね。 まず、40名をどうやって集めるかですが、 最初の1年は、20名台で推移するんじゃないでしょうか。 というのは、利用者って、かなり厳密にシュミレートしていますよ。 家庭の状況、卒園年次、近隣の友人宅の子どもたちとの関係などなど。 ですから、すぐには入らず、様子を見ている方が多いと思います。 チラシや看板だけでは入...

次の

ダスキンがミスタードーナツを経営している理由

ダスキン フランチャイズ メリット

ダスキンケアサービス(サービスマスター) こちらではダスキンケアサービス(サービスマスター)の特色、フランチャイズ概要、オーナーの声などについて紹介します。 ダスキンケアサービス(サービスマスター)のハウスクリーニング開業の特色 ダスキンケアサービスは、ダスキンの展開する家庭向けサービス部門の中のハウスクリーニングサービスです。 法人の設立や、本部の定めた仕様での事務所店舗の設置が必要条件のため、通常のハウスクリーニングのフランチャイズよりも条件が厳しいのが、ダスキンケアサービスの特色です。 開業する側としてはハードルが高い分、利用者からの信頼は得やすいとも言えます。 サポート体制が充実しているため初めてのフランチャイズ契約でも安心。 「基本概要」「セールス」「サービス」を学ぶ17日間の研修が設けられていて、基礎をみっちり身に着けるとライセンスを取得できます。 開業後は本部の担当者が定期的に巡回し、運営についての情報を共有してくれるので経営に不安があっても心強いでしょう。 注目ポイント• 新規での参入がしやすい• 新規での参入がしやすい• 安定した売り上げをあげやすい• ハウスクリーニングとして認知度が高い ダスキンケアサービスのフランチャイズ概要 開業資金・加盟金• イニシャルフィー(初期費用概算)約306万円• 加盟金:91万円(商標使用権、ノウハウ提供)• 研修費[1人]:39万円• 初期キット:約151万円(資器材・洗剤・販促ツールなど)• 加盟時の状況により、54万円の保証金を預託 ロイヤリティ• ロイヤリティ:毎月売上の8%、開業翌月から• 広告分担金:毎月売上に対して1%• フランチャイズ契約• 2年間(その後は1年ごとに自動更新) 開業地• 全国 収益モデル 1年6カ月目の月間収益例(Sサーヴ100:1人で開業)• 売上:137万円(レンタル商品中心)• 経費:92万円• 研修が充実• システム化されたプログラムとテキストで短時間での育成を実現• 教育施設が揃った研修センターあり• 開業後も運営サポート・運営支援システム・年1勉強会・インセンティブで協力にバックアップ• エリアマネージャーが商圏特性などを把握してセールス活動をサポート• 体験学習:支店スタッフや活躍中の他フランチャイジーに同行、活動を体験する• 加盟基本研修・実務基本研修:ダスキンの経営理念や事業内容、商品・サービスや営業についての知識等を学ぶ 加盟条件• 1人以上が事業に専従• 個人でも法人を設立すれば契約可能• サービスをする方以外に事務担当者が必要• 基本研修必須• 指定オンラインシステムの導入• 加盟店主体で運営する「ダスキン全国ケアサービス加盟店会」への加入• サービスマスターは本部の仕様に基づいた店舗の設置が必要 車両• リース契約可 ダスキンケアサービスの特徴って? 圧倒的ブランド力・ノウハウで安定した売上 ほとんどの方が、「ダスキンといえばお掃除屋さん」とわかるほど認知度が高い会社です。 ハウスクリーニング業者としての歴史も長いため、掃除のノウハウから、営業、顧客対応までさ幅広い知識をオーナーに授けてくれます。 知名度と掃除・接客スキルの高さから、顧客からの信頼もあつく、安定して仕事が得られるでしょう。 初期費用・毎月の支払が高め サポート力や認知度のあるダスキンですが、初期費用は284万円と比較的高め。 毎月支払う金額は、ロイヤリティのほかに店舗業務システム使用料や情報連携システム使用料などもあるので、ランニングコストも高めと言えます。 開業・運営資金が多めに準備できる人にはおすすめです。 フランチャイズで成功するためには、安定した売り上げを出すのはもちろんですが、初期費用やロイヤリティの安さも肝心です。 ほかのフランチャイザーも気になる!という方は、下記リンク先にまとめられている会社から、総合的にベストなフランチャイズを探してみましょう。 エアコン(壁掛け)…1万2,960円~• フロア(6帖)…9,238円~• キッチン(1ヶ所)…1万7,280円• レンジフード(フード付)…1万8,360円• 3m未満)…1万7,280円• ガラス・サッシクリーニング(小窓)…1,209円~ 上記すべてをやる場合の合計は9万3,607円です。 ひと月22日として、毎日上記すべての内容を1件受けた場合、月の金額は205万9,354円となります。 この月の売上から、ロイヤリティや広告、雑費などの必要経費を引くと純粋な利益を出すことが可能です。 次の項目で、必要経費について見て行きましょう。 ハウスクリーニング業でかかる必要経費 消耗品やロイヤリティなどの必要経費については以下となります。 消耗品費用 約5万円(月)• 洗剤、ワックス代、ブラシ代など…4~5万円 販売管理費 約21万6,661円(月)• 店舗業務システム使用料…2万3,760円~• 情報連携システム使用料…5,400円• イニシャルフィー(初期費用概算)…306万円• 加盟金…91万円• 研修費…39万円• 初期キット…151万円• 資器材ラック…14万円• 保証金…54万円 ダスキンケアサービスの契約期間は2年(24ヶ月)です。 開業にかかる費用を償却で払う場合、月の支払いは31万1,904円となります。 この金額に消耗品費用と販売管理費を足すと、月の支払いは全部で57万8,565円の計算。 この金額が毎月出ていくお金となります。 損益計算書(簡易)• 売上…205万9,354円• 必要経費…57万8,565円• 利益…148万789円 売上から必要経費を引いた場合、利益は148万789円となります。 ダスキンケアサービスの契約更新は2年が経てば1年ごとに自動更新されていくので、2年で開業に必要な費用を返したら、その後は販売管理費21万6,661円を毎月支払うのみ。 3年以降からは利益が184万2,693円となります。 この金額はあくまで一例ですが、頑張り次第で多くの利益を生み出すことができるでしょう。 ダスキンケアサービスでハウスクリーニングを開業したオーナーの声• とにかく丁寧な仕事を心がけています。 新規のお客様を獲得することも大切ですが、リピート利用のお客様も口コミで広めていただけるので大切です。 コールセンターがあるので変な時間に電話対応する必要がなく助かります。 「ダスキン」ブランドが何よりの広告塔。 「何者か」を伝えるまでもないので、法人のお客様へ営業するときも最初からサービスについての話ができます。 ダスキンの魅力は豊富なノウハウやアフターフォローの体制、充実したマニュアルなどですね。 経営の素人でも安心して事業をはじめられると感じました。 全国で高い知名度がありますし、他の企業に比べて強力なバックアップが期待できると思ったのが数あるフランチャイズの中からダスキンを選んだ理由です。 ダスキンでは開業時に3週間ぐらいの研修があって、その後は定期的に見直し研修が行なわれます。 ほかにも勉強会が充実していて、開業後も学ぶ機会がたくさんありますよ。 「エアコン徹底清掃」というテーマの勉強会が開かれることもあるんです。 研修を受けるたびに自信がつくので難なくスキルアップできます。 研修のレベルも非常にハイレベルなので加盟店としてはとても助かりました。 ダスキンでは事務所や倉庫をもつ必要がなく、はじめのうちは支店の既存客の担当をして経験を積ませてもらいました。 実際に仕事をしながら対応方法や商品知識を学べたので、事業をはじめやすかったですね。 商品紹介に活かすため一定期間モニター商品を無料で貸し出してもらえるなど、サポート体制が充実していると思います。 研修を受けてライセンスを取得するとどんどん事業を拡げていけるので仕事のやりがいが生まれます。 ダスキンは本部のほかに全国各エリアに地域本部が置かれていて、定期的にエリアマネージャーが指導しに来てくれます。 ダスキンという大きな看板を背負って事業を展開することになるので、細かい部分まできっちりしている印象です。 日々の営業も細かいところまで打合せして一緒に目標を立てることになりますし、営業時間もちゃんと決まっています。 手取り足取り指導して欲しい人には合っていると思いますよ。 ダスキンは幅広い事業を展開していて、全国に様々な加盟店があるんです。 営業だけでなく加盟店の紹介で契約を取れたお客さんもいて、この辺はダスキンに加盟するメリットだと思います。 新しいチラシができたら加盟店で配ってもらうことも。 他の企業と連携をとって事業を進めることができるのは非常に心強いですよ。 最初不安ばかりでしたが同じような状況の中で成果を上げているお店の情報を聞かせてもらい、前向きな気持ちになれました。 売り上げが伸びず新規顧客の獲得に苦労していたとき、エリアマネージャーから「人手不足と言っているけど、いかにお客様をとるかより、今働いてくれているスタッフをどれだけ大事にできるかに目を向けるべき」という言葉をもらい、目から鱗がでた経験があります。 いつでも相談にのってくれる存在がいるので明るく仕事に向かえますよ。 1サービス1時間という計算で給料が出るので、時間をオーバーしても給料は追加されません。 時間の中でどのように終わらせるか工夫をすることで、だんだんと時間内に作業ができるようになりました。 「効率的にやるにはどうしたらいいか」を考えるのが楽しい人には、やりがいを感じられる仕事だと思います。 通信教育制度があり、自分が高めたいスキルを高められます。 コースを修了すれば、かかった費用の約7割がキャッシュバック。 お金を気にせずに学べるのが嬉しかったです。 昇格試験のタイミングで研修と試験を受けることになります。 自分のスキルアップにつながる素晴らしい制度です。 ダスキンケアサービスでハウスクリーニングを開業したオーナーのネガティブな声• ダスキンの看板を背負っているだけに、お客様からの期待も大きく、それがやりがいに繋がることがほとんどですが、中には過度な期待をもたれることもあります。 もちろんこちらもプロですから、しっかりニーズにはお答えしますよ。 ダスキンという大きなブランド力があったとしても、それに甘んじて行動を怠るとなかなか目標の売り上げを達成できません。 頭で考えていても契約はとれるものではないですし、いくらサポートが手厚くても開業前にきちんと計画を練っておかなければ苦労します。 単に儲かるかどうかだけを考えて加盟するならダスキンは適しません。 ダスキンは歴史の長い企業で、創業から大切に受け継がれている考え方などもあります。 加盟する側もダスキンの理念をきちんと捉えて対応しないと、顧客の期待にこたえられず、経営はうまくいかないでしょう。 知名度がある企業でも、がんがん営業して契約者を増やそうという考えだけではダメです。 ロイヤリティが他の企業さんよりも細かく、保証金以外はすべて売り上げ額の割合のロイヤリティを支払うことになります。 あげられる売り上げが少ない時は少額でも貴重ですが、定額ではないところがきついときもあります。 さすがダスキンさんなので、ほとんどがシステム化されていて、お客様からの電話もコールセンターで受けてくれます。 しかしお客様と直接やりとりした方がいいという方は、コールセンターがクッションになってしまうが故にやりづらい時があるかもしれません。 ダスキンは加盟する前に理念に賛同できないと、続けるのが難しいでしょう。 大阪の本部には、ダスキン創業からの歴史や考え方のポスターなどがずらり。 ダスキンの考え方をきちんと理解してくれる人にこそ入会してほしい感じでした。 「儲かりたい」とだけ考えている方にはあまり向いていないと思います。 ダスキンは地域ごとに部署があって、定期的に経営の指導者がやってきます。 本部の看板を背負っているから、細かい部分までダスキン本部のアドバイス通りにしていかなくてはいけません。 営業時間などもあらかじめ決まっていて、自分の好きな時に休めないのが難点です。 お客様が考えていたサービスの範囲と、実際の業務の内容が違っていて困ることがありました。 また、スタッフ間でサービスの質が違う気がします。 同じ給料なのに仕事量に差があるのは、ちょっと気になりますね…。 教育の仕方が難しいんだと思います。 ダスキンケアサービスのロイヤリティは8%と一般的な割合となっています。 また、ダスキンケアサービスではロイヤリティのほかに、店舗業務システム使用料・クレジットカード決済システム・損害賠償保険なども毎月払わなければいけません。 サポートが充実している分、ランニングコストも高めとなっています。 未経験者でも参入しやすい教育システム ダスキンのノウハウが詰まったマニュアルやツールが渡されるので、はじめてハウスクリーニングを開業するというオーナーでも安心。 マニュアルは清掃のノウハウだけでなく、店舗運営・活動方法・新人研修に至るまでの豊富な情報が載っているので、初心者でもスムーズに営業が可能です。 この一冊で、全国の店舗と同品質のサービスを提供できるようになっています。 定期清掃で安定した売上を出しやすい リピーターを増やすような営業をしているダスキンケアサービス。 実際に契約の3割以上は定期契約の顧客だそうです。 長期的な契約ができれば、安定した売上を見込めます。 家庭だけでなく、クリニックや美容室・飲食店など商業施設の定期清掃サービスにも対応しています。 既に営業のビジネスモデルが確立しているので、不安は小さいでしょう。 ブランド力がある テレビや車両で大々的に広告を行っているダスキン。 誰もが一度は聞いたことがある会社名でしょう。 ハウスクリーニングは人の家にあがって行うサービスなので、信頼性は重要。 名前を聞いたことがあるブランドは信頼されやすいため、仕事を得やすいと言えるでしょう。 全国展開しているので、ネットワークも強力。 他店やコンタクトセンターから新規顧客を獲得できるケースも多いそうです。 またダスキンは「ミスタードーナツ」「かつアンドかつ」などの会社も運営している大手企業のため、顧客対応の知識も持ち合わせているのも特徴。 ハウスクリーニングの重要なポイントである接客も、しっかりと押さえられるのは嬉しいですね。 「ダスキン全国ケアサービス加盟店会」で情報交換や本部との意見交換ができる ダスキンケアサービスでは、地域の加盟店が一堂に会する会議や勉強会を定期的に開催しています。 最新の情報を共有したり、特定のテーマに基づいて議論したり、具体的な事例を発表するなど、加盟店同士のコミュニケーションを通じて自店の成長や発展を促すことができます。 こうした集まりには本部の人間も参加するため、加盟店との意見交換の場に活用できるのも大きなメリットです。 3つの事業を用意 サービスマスター事業 家中をプロのテクニックでピカピカにお掃除するサービスです。 分解洗浄にも対応して隅々まで清掃 一般家庭ではなかなか出来ないところまで徹底的に清掃するのが目的で、たとえば床やフローリングはもちろんのこと、布張りのソファや椅子のクリーニングも実施。 トイレなら便器だけでなく床や壁まできれいに仕上げますし、エアコンは分解した上で細かい部分や奥までしっかり洗浄し、ニオイの問題まで解決します。 また、別研修を受けた場合は大理石の床のつや出しや目的別に選べる窓用フィルムの施工、施設の日常清掃を年間で請け負うなど、プロならではの対応力をもって多様なニーズに応えます。 全国で出店可能 ハウスクリーニング事業を展開するダスキンケアサービスは、北海道から沖縄まで全国に存在しています。 自分の住んでいる地域で無理のないフランチャイズ契約が結べるでしょう。 各エリアに配属されているエリアマネージャーは、これまでの事業展開の経験から地域の特性をきちんと把握しているため、出店地域に合った運営サポートが受けられます。 強力なネットワークがあるので、困ったことがあっても頼れる仲間が多い点も魅力です。 近年は一般家庭からの需要が増加中 かつてクリーニングサービスは事業所向けとイメージがありましたが、現在のサービスマスター事業の売上げ比率は事業所6:家庭4となっており、一般家庭からの需要が急速に増えています。 メリーメイド事業 定期的にお客様の自宅を訪問し、きめ細かな家事を代行するサービスです。 提供しているメニューは多種多彩で、希望する場所で必要な家事だけ楽しめる「お掃除おまかせサービス」や、掃除、洗濯、アイロンがけなどの基本的な家事を代行する「家事おてつだいサービス」、指定場所の整理整頓や収納を行う「おかたづけサービス」などに対応しています。 お客様の要望を的確に把握するために事前の打ち合わせは念入りに行い、ひとりひとりにぴったりのサービスを提供する事業として高く評価されています。 社会的背景による家事代行市場は拡大中 共働き家庭や高齢者の増加に伴い、家事代行への需要が高まっています。 家事代行は1989年に誕生したのですが、それ以来確実に業績を伸ばしている事業。 2013年から2017年までの4年間で、年間売り上げ額は10億円以上増加しています。 今後も高いニーズは継続されていくため、知名度の高いダスキンケアサービスでの事業展開は安定した売り上げが見込めます。 ターミニックス事業 害虫や害獣をできるだけ安全性の高い方法で予防・駆除するサービスです。 たとえばゴキブリは少量の薬剤のみで駆除した上で、これ以上発生させない予防管理システムを導入し、定期的に管理していきます。 他にも薬剤を使わずに巣ごとシロアリを駆除したり、鳥を建物に寄せ付けない対策を施したり、ネズミが住み着いたりしない環境作りを行うなど、害虫・害獣の種類に応じて適切な予防・対処を行います。 単に薬剤に頼るだけでなく、二度と害虫・害獣を発生させない予防システムはお客様からの評価も高く、確かな信頼を培っています。 トータルグリーン事業 自宅の緑や花を定期管理するという業界初の試みを導入したサービスです。 その場限りの病害虫駆除や剪定ではなく、定期的に施肥や雑草対策、害虫防除などを行ってくれるので、季節を通して常に最適な状態をキープできるところが大きな特徴。 さらに造園工事や庭木の植え替えといった庭のリフォーム作業も請け負っており、庭全体の衛生面や管理を一手に担っています。 トータルグリーン事業における売上げは一般家庭が92. 会社概要• 運営会社:株式会社ダスキン• 所在地:大阪府吹田市豊津町1-33• 設立:1963年2月.

次の