ポケモン go ハイパー リーグ 個体 値。 【ポケモンGO】個体値ランクの解説と調べ方

【ポケモンGO】タチフサグマ入手方法とPvP用最適個体値ランキング表|ポケらく

ポケモン go ハイパー リーグ 個体 値

ギラティナ アナザー ,レジスチル,ラグラージ ギラティナ アナザー レジスチル ラグラージ ゴースト ドラゴン はがね みず じめん SCP:2804 SCP:2843 SCP:2514 総評 ギラティナと レジスチルは SCPが高く相性補完が良い(ギラティナが弱いフェアリー・氷タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い格闘・炎タイプにギラティナが強い)。 ただしその二体だとハガネール・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている。 オプション ギラティナ・レジスチル・ラグラージといった 環境のトップメタを対策したい場合はギラティナまたはラグラージを ギャラドスにする選択肢もある。 レジスチル,メガニウム,ギラティナ アナザー レジスチル メガニウム ギラティナ アナザー はがね くさ ゴースト ドラゴン SCP:2843 SCP:2527 SCP:2804 総評 SCPが高く技範囲が優秀な レジスチルを中心に組んだパーティ。 二体目にはレジスチルが弱い ラグラージ・ニョロボンなどへのケアとして メガニウムを採用。 メガニウムが弱いトゲキッス・フシギバナにレジスチルが強いのでこの二体は相性が良い。 ただし、この二体では 炎・格闘タイプへのケアが甘いため三体目にSCPが高くタイプが優秀な ギラティナを採用した。 オプション 相手の フリーザー・リザードンを意識する場合はギラティナのかげうちを げんしのちからにする選択肢もある。 クレセリア,レジスチル,ラグラージ クレセリア レジスチル ラグラージ エスパー はがね みず じめん SCP:3027 SCP:2843 SCP:2514 総評 SCPが高く技範囲が優秀な クレセリアを中心に組んだパーティ。 二体目にはクレセリアが弱い レジスチル・ベトベトン アローラ へのケアとして ラグラージを採用。 三体目にはここまで一貫している相手の ギラティナとフェアリー・草タイプへのケアとして レジスチルを採用した。 オプション クレセリアの技構成は環境上位のギラティナとラグラージの両方に弱点をつける構成となっているが、 フシギバナやリザードンを意識する場合はくさむすびを みらいよちにする選択肢もある。 トゲキッス,カビゴン,ラグラージ トゲキッス カビゴン ラグラージ フェアリー ひこう ノーマル みず じめん SCP:2482 SCP:2736 SCP:2514 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに強い トゲキッスを中心に組んだパーティ。 二体目には トゲキッスとの相性補完が良い ラグラージを採用(トゲキッスが弱い鋼・岩・電気タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにトゲキッスが強い)。 三体目には トゲキッスと合わせてギラティナの通常技の一貫を切りつつ高いSCPでパーティ全体の耐久力をケアできる カビゴンを採用した(ギラティナのりゅうのいぶきはトゲキッス、シャドークローはカビゴンが有利に戦える)。 オプション フシギバナに強くしたい場合はカビゴンを ベトベトン アローラ にする選択肢もある。 ハガネール,フシギバナ,ニョロボン ハガネール フシギバナ ニョロボン はがね じめん くさ どく みず かくとう SCP:2725 SCP:2519 SCP:2575 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに対して圧倒的に強い ハガネールを中心に組んだパーティ。 二体目には ハガネールと相性補完の良い フシギバナを採用(ハガネールが弱い水・地面・格闘タイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱いエスパータイプやギラティナにハガネールが強い)。 この二体だと ベトベトン アローラ ・ラプラスなどへのケアが甘いため三体目には ニョロボンを採用した。 またニョロボンが弱いエスパータイプにハガネール、フェアリータイプにフシギバナがそれぞれ強いのでこの二体との相性補完も良い形となっている。 ピクシー,リザードン,ニョロボン ピクシー リザードン ニョロボン フェアリー ほのお ひこう みず かくとう SCP:2470 SCP:2383 SCP:2575 総評 ハイパー環境でトップメタの ギラティナに強い ピクシーを中心に組んだパーティ。 二体目にはピクシーが弱い レジスチル・フシギバナに強く出られる リザードンを採用。 リザードンが苦手なギラティナにピクシーが強いのでこの二体の相性補完は良い。 三体目にはリザードンが隙を見せる 水タイプへのケアとして水ミラーで強い ニョロボンを採用した。 ニョロボンは鋼タイプにも強いのでピクシーとも相性が良い。 オプション ニョロボンが弱い クレセリアなどのエスパータイプをケアしたい場合はリザードンを バクフーンにする選択肢もある。

次の

【ポケモンGO】個体値ランクチェッカー|対戦(PvP)向け

ポケモン go ハイパー リーグ 個体 値

筆者が使用しているギラティナ。 当時一番個体値が高いという理由で強化してしまった。 そんな中、 さっそく結論を述べますが、ハイパーリーグにおける ギラティナの個体値厳選は不要と考えます。 ちなみに 私が使用しているギラティナは「攻撃14、防御15、HP14」の個体です。 SCPランキングで1313位となっています。 トレーナーバトルが実装された2018年末当時、持っているギラティナの中で個体値が一番高いという理由で2500近くまで強化しました。 そんな私がこのギラティナを強化してみて、 結局個体厳選は不要だったと思うに至った理由について、解説していきます。 ギラティナの個体厳選が不要な理由 ギラティナを使用することで勝率が上がった ギラティナを強化・解放してハイパーリーグ使用するようになってから、ギラティナ使わずに他のポケモンで戦っていた時期に比べて、 明確に勝率が上がりました。 具体的には、シーズン1のハイパーリーグ時期にギラティナなしで戦っていた初めの10日間程度はレート2000前後をうろうろしていました。 しかしギラティナ投入後、そこから一気に レートを300ほど上げることができました。 壁にぶち当たるまで使えばいい このことから、 ギラティナの最適個体がいないからと言って他のポケモンで代用して戦うより、さっさとギラティナを使って戦ったほうが勝率を上げることができるのは明らかです。 もちろん、もっと上のレートで戦えるようになった場合「 もう少し強い個体なら勝てたのに…」と思う場面は出てくることでしょう。 実際私がそのように感じたことはほとんどありません(厳密にはあるのかもしれませんが、実感として)。 それほどまでに厳選の必要性を感じるのは、もっと勝率を上げて上のレートで戦えるようになってからの話。 上に上がって困ったら、その時考えればいいじゃないですか。 育成コストも伝説にしてはそれほど高くない さらにギラティナは伝説ポケモンにしては それほど育成のコストが高くありません。 レイドで捕まえた個体を使う場合の育成コストは以下の通りで、CP2500まででよいので強化にそれほど負担はかかりません。 強化:ほしのすな3万強、アメ30個程度• 解放:ほしのすな10万、アメ100個 このくらいのコストならなんとかなると思いませんか?強くなってから再厳選をすることになったとしても、それほど辛くないはずです。 さらに ブースト個体(PL25)なら即戦力ですし、最悪技開放をせずにCPを2500まで上げてドラゴンクローを連発してるだけでもそれなりの仕事をしてくれます。 ギラティナの代役はいない 自分でギラティナを使ってみて思ったことは、「 ギラティナの役割はギラティナでしか果たせない。 ギラティナの代役はいない 」ということでした。 自分で使うことによってギラティナの強みを知ることができますし、逆にこういう場面だと辛いな…といった弱みも知ることができます。 環境トップの強みと弱みを知ることは、ギラティナのメタポケモンでパーティーを組む場合にも役に立ってくると思います。 手っ取り早く80点を取って、次のステージに進もう 最後はより抽象的な話になりますが、「 パレートの法則」という法則を紹介します。 80対20の法則ともいわれます。 「 100点満点を取るために全体で100の時間が必要だとした場合、80点は全体のうちの20の時間で到達することができ、残りの20点を取るためには全体のうちの80の時間が必要になる」という考え方です。 これを今回の話に例えると、• 持っているギラティナをさっさと投入し、ハイパーリーグの勝率を高める• ギラティナの厳選ができるまで他のポケモンで代用し、持ち駒の中で対策を練る どちらが早く80点に到達できると思いますか? ギラティナの強化に迷っている方の参考になれば幸いです。 引き続きGOバトルリーグがんばっていきましょう!.

次の

【ポケモンGO】個体値ランクチェッカー(研究用)

ポケモン go ハイパー リーグ 個体 値

個体値ランクとは? 相手に勝つ力の順位 一般的に個体値ランクとは、その個体値のポケモンを最大レベル又はCP上限(スーパーリーグならCP1500など)まで育てたときの ステータスの相手に勝つ力(=SCP)を順位づけしたものを指します。 とくにトレーナーバトル(PvP)では相手に勝つ力が重要となることから、個体値の PvPランクとも言われています。 優位になりやすさ 基本的に順位が高いほど、 1対1で相手に勝つ力が高くなります。 以下同じ)では、 1位の個体値が全ての相手に対し最善なわけではありません。 CP制限環境では個体値によって様々なステータスバランスをとり、 全てのステータスが同時に最大となる個体値がないためです。 ここが、ジムやレイドにおける個体値100%とは大きく違うところです。 1位だからといってどんな相手にも最善の結果になるはずということではなく、 数字の噛み合わせによって、 ランク上位の個体値でないと勝てない相手と、上位だと勝てないけれど他の個体値だと勝てるという相手は必ず両方存在します。 ただし、 あらゆる条件を総合したとき優位となる可能性が高い順となっており、 優位になりやすさの順位と言うことができます。 あらゆる相手がいる環境を想定したとき、 順位が低い個体値が優位となる相手の数よりも、順位が高い個体値が優位となる相手の数の方が多くなります。 ランクの数 伝説などの一部のポケモンを除いては、個体値は攻撃・防御・HPがそれぞれ0~15の計4096通りが実在します。 したがって個体値順位も 1位から4096位まであります (同着の場合を除く。 以下同じ)。 伝説などの、 野生で出現せず特別な交換となるポケモンについては、個体値0が存在しないので、個体値順位は 1位から3375位までとなります。 ミュウやデオキシスなどの 交換ができないポケモンの個体値順位は 1位から216位までとなります。 しかし CPという評価値は攻撃力を強く評価しており、攻撃力・防御力・HPの価値が等しいPvPにおける強さを適切に表していません。 (詳しくは) 攻撃力が高いとCPが大きく上がってしまうので、CP制限の中で相手に勝つ力(SCP)を高くするには、種族値が攻撃寄りのポケモンや、同じポケモンの中でも攻撃の個体値が高いものは 不利となっています。 そのため、 基本的に攻撃の個体値が0に近く防御とHPの個体値が15に近い方が相手に勝つ力(SCP)が高くなります。 個体値バランスが悪くても、ぴったりCP1500やCP2500にできる個体値はそれなりに上位となることがあります。 2位以下は、個体値が欠けていくごとに下がりますが(HP実数値が変わらない場合は同着もあり)、 種族値が低いステータスほど個体値の価値が高く、種族値が高いステータスほど個体値の価値が低いので、それを反映した順となります。 CPとは基準が違うので、 2位以下はCP順とは異なる順となります。 個体値ランクのほか、 最適レベル、 最適レベル時のCP、 進化前の上限CPも確認でき、現在のCPを入力すれば 現在のレベルや 育成コストも確認できるなど、欲しい情報が詰まっています。 使い方 基本的に ポケモンと個体値を選択するだけです。 その個体値の各進化先・リーグの順位が一覧表示されます。 できるだけ同じポケモンをまとめてチェックすると効率的でしょう。 現在のCPが上限CPを越えてしまっていると、進化後に各リーグのCPを超えてしまい使うことができないので、合わせて見るよう注意して下さい。 また、 CPを入れることで現在のレベルと育成コストを確認できます。 その際上限レベルを超えてしまっているときはコストの代わりに 上限超えと表示されます。 個体値ランクチェッカー(研究用) 様々な条件を設定できる 研究性に優れたランクチェッカーで、このツールに入力することでも判定ができます。 このツールでは 条件に合わせて個体値をランク順に一覧表示し、 その中で何位にあたるかを調べることができます。 最低個体値を変えたときの順位表示や、ステータスや受けるダメージ・与えるダメージでの絞り込みができ、 上位にはどんな個体値があるか、 他の条件では何番目にいいか、 特定のポケモンに強い個体値があるかなどを調べることができます。 とくに、 ダメージ分岐点を考慮した個体値絞り込みは、トッププレイヤーの研究に役立つことでしょう。 ただしリーグや進化先を絞る必要があるので、手持ちのポケモンの 一般的なランク判定だけならばの方が便利です。 条件にあてはまる個体値を 個体値順に並べ替えて表示します。 リーグ(複数選択可)、順位(~位以内)を指定できます。 使い方 ボックスの対象ポケモンの個体値をみながら、 表に当てはまるものがあるかどうかを探します。 その際、 捕獲時のCPが上限CPを越えていると進化後に上限を超えてしまうので、 個体値が該当したら上限CPのチェックも忘れずして下さい。 選別が早くなる 目当ての個体値を個体値順に並べて見ることで、例えば「攻撃4で当たりの個体値はこれだけ、攻撃5以上はない」など、 欲しい順位にはどんな数字の並びがあるかのポイントを把握できます。 これにより厳選をスムーズに行えるようになります。 そのため、新・個体値ランクチェッカーを使った厳選をする際にも、同じポケモンを沢山チェックするときには、 欲しい個体値を一度個体値順に並べてみてポイントをつかむことで余計な個体のチェックを減らせます。 画像ランク表 この表は、スクロールなく全体を表示できるとより便利となります。 そこで、コミュニティデイに合わせて、 スーパーリーグ・ハイパーリーグ各50位内に設定した 画像ランク表も用意しています。 両リーグ50位以内という条件でよければ、 この画像をプリントアウトするか、別端末で表示しながら見比べることで入力の手間もなく高速厳選ができます。

次の