イラスト 目 の 描き 方。 初心者は必見!目の描き方の原理原則を解説|お絵かき講座パルミー

キャラクターの個性を作る!目の描き方講座

イラスト 目 の 描き 方

基本の目の描き方は? 今回はこの3つの絵に目を描き込んでいきます。 目を描き込む際には、顔の輪郭と向きに合わせて アタリ線を描くと目の位置を決めやすくなります。 なのでまずはこの位置かな?と思うところに丸く目の シルエットを描いていきます! 目の高さは 耳の上の付け根が目の真ん中に来るように意識しましょう。 目を描く時の斜め顔のコツ 斜め顔の失敗でよく見るのが左のように 顔全体を平面として意識してしまっているパターンです。 斜め顔の場合は右のように 側面がある事を意識して目を描き入れましょう。 そして目は眉より凹んだ場所にあるので、 眉より少しずらして奥にあるイメージに描きます。 慣れてきたら丸く瞳の位置を描いてもいいと思うよ! 目指している太さや形を意識しながらシルエットを描いていきましょう。 ここで釣り目やタレ目など目の大部分の印象が決まるので、慎重に描いていきます。 描いたシルエットをなぞるように線を引いていき、 まつ毛を足したり、瞳孔やハイライト、瞼による影を描いたら完成です! 瞳を描くコツ 瞳を描く場合は 瞳孔と映り込んでいる光の位置に気を付けなければいけません。 光は瞳の表面に映り込みますが、 瞳孔は凹んだ瞳の奥に位置します。

次の

ラノベ風イラストの目の簡単な描き方

イラスト 目 の 描き 方

目の系統 一言に目の描き方と言っても様々な系統の目があります。 例えば、リアルテイストで美しく描かれている 美麗系です。 まつ毛などの細かい描写や下瞼(まぶた)の線が長くしっかりと描かれているなどの特徴があります。 また、とにかく可愛らしく描くことを念頭に置いたものとして 萌え系があります。 すっきりしたシンプルな線や下瞼(まぶた)の短い線が特徴です。 この他にも様々な系統の目が存在します。 好きなイラストレーターや漫画家さんを思い浮かるだけでも、多くの種類があることがわかると思います。 目は自分のイラストの個性を表す一つの手法であり、絵の中でも印象を左右する大きな要素となりますので、自分なりの目の描き方を模索してみましょう。 元気なキャラクターの目 キャラクターの性格を表すにあたり、重要なのは基本的な目の描き方や形ではありません。 目の描き方は個人差がありますし、つり目で大人しいキャラもいれば、たれ目で元気なキャラクターもいますが、重要なのは 目に乗せる表情です。 例外もありますが、目の表情でどんな性格のキャラクターなのかを表現することができます。 これは 元気なキャラクターの目です。 元気なキャラクターは 瞼(まぶた)を上げ、目を大きく開いていることが多いです。 今回は丸い目の形で表現しました。 明るく憂いがなく、未来に希望を持っているイメージの目です。 活発で明るいキャラクターや、熱血漢などがこの分類に当てはまります。 クールなキャラクターの目 最後に紹介するのは クールなキャラクターの目です。 こちらは大人しいキャラクターに似ていますが、 目頭を細めると、キャラクターが意識的に目を細めているような表現ができ、クールな印象になります。 今回はつり目のキャラクターで表現しました。 つり目と掛け合わせることで、どこか斜(はす)に構えているような印象を出すことができました。 こういった目のキャラクターの特徴としては、一匹狼や飄々(ひょうひょう)とした人などが当てはまるかと思います。 多くのキャラクターを描くイラストやマンガの場合、このように 目の特徴を描き分けることでさまざまなキャラクターの個性を表現することができます。 キャラクターの性格を見た人に強力に印象づけることができる 目。 いろいろな作家さんのイラストを見て多くのバリエーションを身につけましょう!.

次の

絵の描き方いろいろ。上手く描くコツを初心者にもわかりやすく解説|お絵かき図鑑

イラスト 目 の 描き 方

基本の目の描き方は? 今回はこの3つの絵に目を描き込んでいきます。 目を描き込む際には、顔の輪郭と向きに合わせて アタリ線を描くと目の位置を決めやすくなります。 なのでまずはこの位置かな?と思うところに丸く目の シルエットを描いていきます! 目の高さは 耳の上の付け根が目の真ん中に来るように意識しましょう。 目を描く時の斜め顔のコツ 斜め顔の失敗でよく見るのが左のように 顔全体を平面として意識してしまっているパターンです。 斜め顔の場合は右のように 側面がある事を意識して目を描き入れましょう。 そして目は眉より凹んだ場所にあるので、 眉より少しずらして奥にあるイメージに描きます。 慣れてきたら丸く瞳の位置を描いてもいいと思うよ! 目指している太さや形を意識しながらシルエットを描いていきましょう。 ここで釣り目やタレ目など目の大部分の印象が決まるので、慎重に描いていきます。 描いたシルエットをなぞるように線を引いていき、 まつ毛を足したり、瞳孔やハイライト、瞼による影を描いたら完成です! 瞳を描くコツ 瞳を描く場合は 瞳孔と映り込んでいる光の位置に気を付けなければいけません。 光は瞳の表面に映り込みますが、 瞳孔は凹んだ瞳の奥に位置します。

次の