楽天カード ポイント還元率。 【楽天ペイ】7/1~還元率変更「楽天カード+楽天キャッシュ」の2重取りで1.5%ポイント還元 | マネーの達人

ポイント還元も!楽天ビジネスカードがお得な5つの理由

楽天カード ポイント還元率

どこで使っても1%還元• 楽天のサービスがさらにお得に受けられる• 無料でプライオリティパスが付帯• 付帯保険も充実 どこで使っても1%還元 楽天プレミアムカードは利用額の1%が楽天スーパーポイントで還元されるクレジットカードです。 楽天のサービスがさらにお得に受けられる プレミアムカードだけの特典として、誕生日月のポイントが3倍になるお得な還元と、選べるお得なサービスとして「楽天市場コース」、「トラベルコース」、「エンタメコース」が用意されており、「楽天市場コース」は楽天市場の特定の日の利用額、「トラベルコース」は楽天トラベルの利用額、「エンタメコース」は楽天BOOKS、レンタル、VIDEOの利用額のそれぞれ1%が加算されて還元されます。 無料でプライオリティパスが付帯! 付帯サービスの目玉はなんといってもプライオリティパス!海外600ヵ所以上の空港のラウンジを利用できるプライオリティパスがなんと無料で付帯しています。 プライオリティパスは普通に登録すると399米ドル年会費がかかるサービスで、無料付帯はプラチナカードでも一部のカードのみ提供しているものです。 それが10,800円で付帯するのは本当にとってもお得です。 付帯保険も充実 その他付帯保険は海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険ともに最高5000万円が補償されており、万が一の時にも安心です。 楽天プレミアムカードは楽天カードの高い還元率と付帯サービスをさらに充実させたプレミアムの名にふさわしいカードです。 楽天プレミアムカードの使えない点、悪い点• 還元率は楽天カードと同じ• ステータス感はいまいち 還元率は楽天カードと同じ 楽天プレミアムカードの還元率は1. 0%と低くはありませんが、年会費が10,800円かかることを考えると、年会費永年無料で同じ還元を受けられる普通の楽天カードの方がお得感は強くなります。 還元率だけを考えると楽天プレミアムカードを作るメリットはあまりないことになります。 ステータス感はいまいち 楽天プレミアムカードは楽天カードの上位カードで、一般的には「ゴールドカード」と呼ばれるカードと同じランクになります。 ただ、楽天カード=お得なカードのイメージが強いので、楽天プレミアムカードが他のゴールドカードのように誰の前で使ってもはずかしくないステータスカードかというとそうでもなく、ステータスを追求するのであれば他のゴールドカードを使用した方がよいといえます。 ステータスを重視する方はアメックスや三井住友VISAゴールドなどを利用するのが良いでしょう。 結論(おすすめできるか) 結論:プライオリティパス狙いの人には間違いなくおすすめ 楽天プレミアムカードは楽天カードの基本スペックを持ちつつ、プライオリティパスをお得にゲットできますので、楽天カードを使用している人でプライオリティパス狙いの人には間違いなくおすすめできるカードです。 楽天カード自体がメインカード、サブカードともに使えるカードですので、楽天プレミアムカードもメインカード、サブカードどちらでも活躍します。 プライオリティパスが不要の人であれば、他のメリットはあまり大きくありませんので、一般的な楽天カードを利用することをおすすめします。 当サイトのおすすめクレジットカード.

次の

楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリット

楽天カード ポイント還元率

楽天ビジネスカードは、法人・個人事業主向けのクレジットカードです。 法人向けカードでありながら、 100円につき1ポイントの高還元カードなので、コストパフォーマンスに優れた一枚と言えます。 楽天ビジネスカードは、楽天カードのゴールドカードに位置する「楽天プレミアムカード」の発行が必須となります。 一般的な法人カードと違い、楽天法人カードは、経営者の方の「 個人の口座と会社の口座を分けて支払いを行いたい」という要望を満たす目的で作られています。 ですので、 家族や従業員向けにカードを発行することはできません。 楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの年会費10,000円+税に加えて、楽天ビジネスカードの年会費2,000円+税の、 合計12,000円+税が必要です。 ビジネスカードの申込み資格は2つです。 楽天法人カードの特徴 楽天の法人向けカード(ビジネスカード)には、経営者が支払い口座を分けられるなど様々なメリットがあります。 楽天ポイントが貯まる 楽天ビジネスカードでは、利用金額に応じて 100円につき1ポイントが貯まります。 ポイントはすべて 楽天ポイントで還元されるので、楽天市場や楽天ブックスなど、関連サービスにて 1ポイント=1円にて利用可能です。 支払い口座を分けられる 楽天ビジネスカードを取得するには、楽天プレミアムカード(個人向けカード)の発行が必須です。 しかし、プレミアムカードとビジネスカードは 2枚持ちすることができ、それぞれプレミアムカードでは個人口座から引落、ビジネスカードでは法人口座から引落といったように、支払口座を分けることが可能です。 たとえば、プライベートで使う、家族旅行の代金や日用品などは、楽天プレミアムカードで支払って、個人用の口座で引落。 仕事用で使う、出張費用やオフィス機器の購入代金は、楽天ビジネスカードで支払って、法人用の口座で引落。 という使い方ができます。 用途に合わせてクレジットカードを使い分けることで、経費処理の簡素化が実現できます。 ETCカードは何枚でも発行OK 楽天ビジネスカードは経営者向けのクレジットカードなので、従業員の方に配布することはできません。 しかし、ETCカードは何枚でも発行可能です。 会社の従業員に1枚ずつETCカードを配布し、高速道路の料金は法人口座から一括して支払うことができます。 ETCカードは1枚目は年会費無料、 2枚目以降は1枚あたり500円+税の年会費が必要です。 もちろん、ETCカードを使った高速料金の支払いでも、楽天ポイントは貯まります。 楽天プレミアムカードのメリット 楽天ビジネスカードは、「 楽天プレミアムカードを持っていること」が申込条件です。 楽天プレミアムカードもまた、ゴールドカードの中では非常にコストパフォーマンスに優れた一枚として 人気の高いクレジットカードです。 しかし、楽天が運営しているサービス、「楽天市場」で使うとポイント還元率が5倍(還元率5%)となります。 「楽天トラベル」、「楽天ブックス」などで使うと、 ポイント還元率が2倍(還元率2%)となります。 特に楽天トラベルは旅行代金や出張費用などで支払い金額が大きくなるので、メリットも大きいと思います。 プライオリティ・パス 世界120ヶ国以上、全900ヵ所以上の場所に設置された 空港ラウンジが無料で使えるプライオリティ・パスに無料登録できます。 プライオリティ・パスは通常、年会費4万円近いサービスなので、この特典だけでも楽天プレミアムカードの年会費の元は十分取れると言ってよいでしょう。 各種保険も充実 楽天プレミアムカードには追加料金一切なしで、さまざまな保険を付帯しています。 旅行保険は、国内・海外旅行ともに 最高5,000万円までで、ゴールドカードクラスとしては十分過ぎる手厚い保険が付いています。 動産総合保険(ショッピング保険)は年間最高300万円まで補償してくれます。 楽天プレミアムカードを使って購入した商品が万が一壊れてしまったり、盗難にあってしまった場合でも、購入より90日以内であれば、商品購入金額を補償してくれる助かる保険サービスです。 また、万が一クレジットカードが盗難され、不正に利用されてしまった場合でも、不正利用額を補償してくれる「 カード盗難保険」も付いているので安心です。 付帯保険は楽天プレミアムカードに付いている特典ですので、楽天ビジネスカードで購入したものは対象外となります。 カードブランドはVISAのみ 楽天ビジネスカードは、VISAカードのみ発行可能です。 VISAは国内・海外を問わず、トップシェアを誇るカードブランドです。 カードが使える範囲は非常に広いので、店舗でもネットでも、VISAカードが使えず困ることはありません。 一方、楽天プレミアムカードはVISA・MasterCard・JCBの3種類から好きなブランドが選べます。 楽天カードはJCBとの相性が良く、審査も通過しやすいという話があるので、特にこわだりがなければJCBの選択をおすすめします。 JCBとVISAを1枚ずつ持つことで、カバー出来る範囲はより広がります。 楽天ビジネスカードはGETすべき? 管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

次の

QUICPayならポイント3重取りができるって知っていますか?

楽天カード ポイント還元率

楽天市場の対象店舗で購入するとさらにお得! 楽天カードなら期間中はSPUの特典ポイントも追加で ポイント合計 8倍相当! 例:楽天カードで10,000円 税込 のお買い物をした場合• ・1倍=100円につき1ポイント付与の状態を指します。 ・通常ポイント、SPU楽天カード特典ポイントに関して詳しくはこちら 、 楽天グループのキャッシュレスサービス 楽天ペイアプリのスマホ決済、また、楽天Edyのご利用におけるキャッシュレス・消費者還元につきましては、楽天カードからの還元対象外となり、楽天ペイ、楽天Edyからの還元となります。 それぞれの還元方法についての詳細については以下 楽天ペイ、楽天Edyのページをご確認ください。 通常の『カード利用獲得ポイント』の進呈時期とは異なります。 進呈されるポイントについては、よりご確認いただけます。 楽天スーパーポイントの減算 キャンセル・返品および、キャッシュレス・消費者還元事業で定める、不正利用や不当な利用が発覚した場合はポイント進呈後であっても、一度進呈した楽天スーパーポイントを減算させていただきます。 ) ヴィッセル神戸V-styleカードでのご利用分 楽天イーグルスカードでのご利用分 HOME'Sカードでのご利用分 楽天バーチャルプリペイドカードでのご利用分 お問い合わせ 以下の項目をご確認ください ご注意事項 カードのご利用における ご注意事項• 各月の還元対象となるカードショッピングご利用分は、ポイント進呈月の前々月末までにキャッシュレス・消費者還元事業から弊社に到着したご利用情報分が対象となります。 ご利用加盟店からご利用情報の到着に時間がかかる場合はポイント進呈が翌月以降となります。 あらかじめご了承ください。 楽天カードのカードショッピングのご利用代金のみが対象となります。 楽天市場のご利用について 【対象となるご利用】• 対象金額は楽天カードで決済された金額のみとなります。 (ポイント、楽天キャッシュ、クーポンのご利用分は対象外となりますのでご注意ください。 注文時に楽天カードで決済を選択された場合のみ対象となります。 【対象外となるご利用】• 注文後に決済方法を楽天カードから他の決済方法(銀行振り込み等)に変更された場合。 ポイント進呈における ご注意事項• 特典の楽天スーパーポイントの上限は、対象のクレジットカードごとに15,000ポイントとさせていただきます。 ポイント進呈時点で楽天カードに登録されているポイント口座に進呈いたします。 弊社に登録されている楽天IDが複数ある場合、いずれか1つの楽天IDにポイント進呈いたします。 カードの再発行や切り替え(楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替え等)をされた場合も、ポイント進呈の対象となります。 獲得された特典の楽天スーパーポイントは、ポイント獲得・履歴画面でご確認ください。 本事業期間中に楽天カードを退会された場合であっても、ポイント進呈条件を満たしている場合は楽天スーパーポイント口座にポイント進呈いたします。 楽天ANAマイレージクラブカードについて• 楽天ANAマイレージクラブカードをお持ちの方で「ANAマイルコース」をご選択の方も、消費者還元ポイントは楽天スーパーポイントにて進呈させていただきます。 家族カードについて• 家族カード会員様のご利用分につきましては、還元先は本カード会員様口座となります。 その他ご注意事項• 本事業の特典進呈は、予告なく中止・中断する場合がございます。 ポイント進呈の対象外 となる場合• ポイント進呈月の前月末時点で、楽天カード会員規約に違反している場合• キャッシュレス・消費者還元事業に参画していない企業でのご利用分• キャッシュレス・消費者還元事業の対象加盟店にて楽天カードをご利用いただいた場合でも一部還元対象外となる場合がございます。 QRコード決済で楽天カードをご利用された場合は、サービス提供会社のキャッシュレス・消費者還元の対象となります。 決済時に値引きされている場合.

次の