ダック ダイブ 190。 ダックダイブF190に炸裂

【楽天市場】マリア MARIA / ダックダイブ F190 DuckDive F190 フローティング:NorthCast

ダック ダイブ 190

最近休みの日は天気が悪かったり、風が強い日が多いので釣りに行けておりません。 そしてぶらぶらと釣具屋に行き、ルアーを買ってしまいます... ラピードF190とララペン165Fを買う サイズ 重量 タイプ 190mm 65g フローティング ラピードの160mmは持っているのですが、さらにアピール力に優れた190mmを購入してみました。 シマノの別注平政などと並んで人気のダイペンです。 160mmまでは標準でフック・リングが付属されていますが、このサイズになると別途購入しなければいけません。 サイズ 重量 タイプ 165mm 53g フローティング こちらも人気のジャンプライズのララペン!ララペンはサイズに関係なくリング・フックは別途購入が必要となります。 ラピードにはシングルフック、ララペンにはトレブルフックを付けてみます。 2つで2,500円くらい!! 高いっ!! 高すぎるっ!! シングルフックはトレブルよりフッキング率は劣りますが、フッキング後のバラシは減ると言われています。 シングルフックを選ぶ際ですが、フックが重すぎたり軽すぎたりするとアクションやレンジが変わってしまうため、メーカー推奨のフック重量を基に選ぶといいらしい。 トレブルフックに比べフック径が太くなり、針の伸び、折れに対する強度が上がります。 そのためドラグも締めこむことができ、アングラーに優位なファイトが行えますね。 フックとリングをセットすると、ルアーが65g、フック1本4. リングはオーナーのハイパーワイヤーを使用しました。

次の

ダックダイブF190に炸裂

ダック ダイブ 190

おはようございます。 会長です。 先日、パシフィコ横浜で開催祭されていた、フィッシングショーに行ってきました。 オフショア関係をメインで見回ったのですが、まだ発表されていない面白い商品が幾つかありましたので、順次ご紹介していきたいと思います。 本日は、Mariaから3月に発売予定のペンシルポッパー「DuckDive -ダックダイブ」をご紹介したいと思います。 ヒラマサキャスティング用ペンシルポッパー「DuckDive- ダックダイブ」 Mariaから3月に発売予定のDuckDive-ダックダイブは、ヒラマサキャスティング用のペンシルポッパーです。 Dive ダイブ するから、ダイビングペンシルポッパーと呼んだほうがいいかもしれません。 ヒラマサだけじゃなくて、ブリやワラサ メジロ などにもいけそうな感じはしますが、サイズが230mm、フック無しで95gあり、ルアーとしては大きな部類に入ります。 コンパクトなモデルも開発中とのことですが、まずは春のヒラマサキャスティングに向けて、230mmのF230から発売とのことです。 ペンシルポッパーはなかなか便利なルアーで、私も最近、GTフィッシングだけじゃなくヒラマサキャスティングや青物キャスティングでも、ペンシルポッパーを使うことが多くなりました。 特に、写真一番下のEXTREMEのデカゲロオスギは、GT、ヒラマサ、ブリとよく釣れるルアーで大好きです。 樹脂製ペンシルポッパーのメリット ペンシルポッパーは、高浮力のウッド製のものや発泡樹脂のルアーが多いのですが、DukeDive-ダックダイブは樹脂製のルアーで、樹脂製ならではのメリットが生かされていました。 まず、ウッド製や発泡樹脂製のルアーとちがって、樹脂製は「クリアカラー」のルアーを作ることが出来ます。 最近、クリアカラーのルアーを使うことが増えてきたのですが、「ルアーだと見破られ憎い」と感じます。 ルアーの後ろに着いてきたけど食わない。。。 というときに、クリアなら食ってくるというケースに結構遭遇しました。 その分、カラーや反射というアピールが少ないのかもしれませんが、DukeDiveはポッパーですので、アピール力は十分だと思います。 クリアは、他のカラーのルアーとは違った戦略がとれますので、最初はクリアカラーとイワシカラーなどベイトにマッチしたカラーの2つから購入するようにしています。 水面で、人から見て視認性の高いピンクも大好きです。 樹脂製のメリットの2つ目は価格です。 ウッド製などのハンドメイドルアーに比べて大量生産が可能で、実売価格は半額ぐらいです。 Mairaのルアーは定価設定がないので、定価は分かりませんが、同社のダイビングペンシル「ラピード」の同サイズF230の実売価格が2900円前後ですので、同じぐらいの価格なのでは無いでしょうか。 3つ目のメリットが「重心移動」です。 クリアのルアーを見れば分かりやすいのですが、このようにルアーの中心に大きな玉が入っています。 最初、このように下向きにした時に玉が移動しなかったので、固定?と思いましたが、どうも中心にマグネットが仕込んであるようで、くっついています。 シルバーなので、かなり強力なネオジウム磁石なのでしょうか?くっついたまま全く移動しませんが、 キャスト時にはバチンと移動して、かなりの飛距離が出るそうです。 ルアーは後方に重心があったほうが飛距離が出ますが、重心移動させるとアクション時に重心の位置が変わるので、ルアーの姿勢が安定しません。 キャスト時は後方重心、アクション時は中央付近に強力なマグネットで固定重心になることで、浮き姿勢が安定しそうです。

次の

為になる!ヒラマサ専用ポッパー新ダックダイブ190の使い方とポップクィーンとの違い

ダック ダイブ 190

ほんと、結構スリムな感じですね! 「マリア ダックダイブF190」のおすすめフックセッティングと実際の使用例(タックルデータ) 「マリア ダックダイブF190」のおすすめセッティング 前述のスペックのところで書きましたが、推奨されているフック&リングは、• 推奨リング:マリア ファイターズリングダエン 7 となってます。 が、推奨されているものは直ぐに手に入れられなかったので、僕は下記の写真のものを装着してみました。 フック「」• リング「」 因みに、リングやフックの装着には、結構ゴツいスプリットリングオープナーが必要です。 僕は「」を使ってます。 フック装着後の重量は70gとなりました。 「マリア ダックダイブF190」の実際の使用例(タックルデータ) 僕の場合の使用例を以下に記載します。 ロッド「ヤマガブランクス ブルースナイパー106H PS」• リール「」• PEライン「」• リーダー「」• リング(ルアー結束)「プレスリング 6とスプリットリング 6」 PEラインとリーダーの結束はFGノット、リングの結束はイモムシノット。 青物ルアーとしてポッパーペンシルに位置する「マリア ダックダイブF190」のおすすめポイントと使い方 「マリア ダックダイブF190」のおすすめポイント• キャスト時、スリムである事と磁着重心移動システムにより、飛行姿勢がキレイに決まりやすく、飛距離が出しやすい!• 水平姿勢ステイで魚に違和感を与えにくく、見切られにくい!• 魚が食べやすい水平姿勢ステイによりミスバイト軽減!• 水平姿勢でステイ出来る特徴からか、アクションさせた時に水面に飛び出しにくく、ボコッと音を出しやすい!• 塗装が剥がれにくく、なかなか強そうだぞ!• ボディの素材も粘りがあって割れにくくタフな感じだぞ! ポッパーペンシルの最大の特徴は音でアピール出来る事。 そのポッパーペンシルの中でも「マリア ダックダイブF190」の強みは、 スリムで飛距離が出しやすい事、そして水平姿勢でステイ出来る事で ミスバイト軽減かつしっかりポップ音を出しやすい事はかなりの利点となりますね! また、青物釣りで使うルアーはハードな使用が予測されるので、「マリア ダックダイブF190」は耐久性に優れているところも当たり前にグッドポイントですね。 「マリア ダックダイブF190」のおすすめな使い方• 投げて着水、あとはボコッ!ステイ…、ボコッ!ステイ…• そのボコッとさせる長さ(ロッドを動かす長さ)を変えてみる…• ステイさせる時間を変えてみたりする…• 射程範囲に大きな根があるなら、その周りを是非ともチェック!• 水深があるところでは是非とも使おう!• 魚っ気がない時こそ使ってみる! 使い方としては「ボコッとさせてステイ」だけのシンプルなものですが、それよりもポッパーペンシルを使う意味を把握しておくべきに思います。 釣り場に入って、ベイトも見当たらず、ボイルやナブラ等もない。 そんな状況ならポッパーペンシルを使ってみる価値があります。 それは 遠くに居る魚に音でアピールする事が出来るからです。 むしろ、うわぁ〜魚っ気ないなぁ、なんて時こそ使うべきルアーとも言えますね。 そこでそのポッパーペンシルの中でも「マリア ダックダイブF190」は良い利点を持っています。 スリムで飛距離が出しやすく広範囲に探れる事、水平姿勢ステイで魚に違和感を与えにくい事、これはとても有利な事です。 青物釣りでは使うルアーも大きく、所持出来る数には限界があるので、こういった特殊な特徴を持ったルアーを持っておきたいですね。 「マリア ダックダイブF190」での釣果.

次の