自転車 前輪 ブレーキ 調整。 Vブレーキを図解で解説!ブレーキシューの交換方法から片効き調整・走行前チェック方法も

自転車の前輪ブレーキの調整方法!ブレーキの仕組みを知ろう

自転車 前輪 ブレーキ 調整

Vブレーキとは? Vブレーキはマウンテンバイクなどに装備されることが多かったブレーキです。 ロードバイクでよく見かけるキャリパーブレーキと比べ、 制動力が大きいことが特徴。 またタイヤとのクリアランスが大きいため、太いタイヤにも対応します。 現在マウンテンバイクはディスクブレーキが主流になっていますが、クロスバイクやミニベロではVブレーキを搭載したモデルが多いです。 シマノの油圧式ディスクブレーキ。 ホイールの中心部分にある「ブレーキローター」を挟み込むことで、ホイールの回転を止める コンパクト(ミニ)Vブレーキとは Vブレーキは、アームの長さによって大きく2つのタイプに分けられます。 アームの長さが107mm前後の一般的なVブレーキと、90mm前後のコンパクト(ミニ)Vブレーキの2つです。 コンパクトVブレーキはアームの長さが短く、ワイヤーの引き量がキャリパーブレーキに近くなっています。 ただし左右のアームをつなぐワイヤーの位置が低くなるため、太いタイヤには対応していません。 テクトロのミニVブレーキ「RX1」:アーム長85mm シマノのVブレーキ「ALIVIO BR-T4000」:アーム長107mm Vブレーキの構成 Vブレーキは以下のような構成になっています。 リード管:ブレーキワイヤーを上方向へ方向転換させるためのパイプ• ケーブル固定ボルト:ブレーキワイヤーを固定するためのボルト• ブレーキシュー:ホイールのリムを挟んで制動するゴム製のパッド• スプリング調整ネジ:ブレーキのセンターを微調整するためのネジ• 取り付けボルト:ブレーキアームをフロントフォークやシートステイ上の台座に固定するためのボルト Vブレーキ:走る前のチェックポイント3点 ブレーキは自転車に安全に乗るために重要なパーツです。 走行前のチェックは忘れずに行いましょう。 チェックポイントは大きく3つ。 ブレーキシューは減ってないか• ホイールのリムとブレーキの間隔が一定か、片効きしていないか• ブレーキレバーを握ったときにゆるくないか、異音がしないか それぞれのチェック方法を具体的に見ていきましょう。 ブレーキシューは減ってないか ブレーキをかけると、ブレーキシューがすり減ります。 ブレーキシューの溝の深さを見て、1mm以下になったら交換しましょう。 使用半年、溝の深さが2mmほどに減ったブレーキシュー 特に雨の中での走行は、ブレーキシューの減りが早くなります。 まだ使えるかなと思っても、念のため早めの交換をおすすめします。 走行後のメンテナンスでは、 ブレーキシューの溝に異物が挟まっていないかもチェックポイントのひとつ。 異物があった場合は、先端の尖ったもので取り除いておきましょう。 片効きしていないか リムの片側だけにブレーキパッドが接触してしまう状態を「片効き」といいます。 左右アームのスプリング(リターンスプリング)のバランスが取れていないことが主な原因で、片効きはブレーキシューが偏って摩耗したり、異音の原因になることも。 ブレーキがゆるくないか ブレーキがゆるくなったと感じたら調整しよう ブレーキシューが減ってきたり、ワイヤーが伸びたりすると、引きしろが増えてブレーキがゆるく感じることがあります。 ブレーキレバーの引きしろがゆるいと感じたら、ブレーキレバーの調整ネジを回してワイヤーのテンションを調整します。 必要な工具:小さめのプラスドライバー、アーレンキー• ホイールがまっすぐはまっているかを確認しておく• わかりやすくするため黒いラバーブーツを右にずらしています。 リード管(ワイヤー)のパーツがフックにひっかかっていることがわかります。 無理せずショップへ持ち込みましょう。 ブレーキシューを外す ブレーキシューを取り付けているナットをゆるめて外します。 ブレーキアームの内側と外側にそれぞれワッシャーがあるので、元通りにできるよう向きや順序に気を付けて外しましょう。 新しいシューを取り付ける際に順番がわかるようにしておこう• 新しいブレーキシューを取り付ける ブレーキシューにFORWARD(前)、L(左側)、R(右側)など向きの指定がある場合は間違えないように取り付けます。 ワッシャー等を元通りの順番にはめ、ブレーキシューをだいたいの位置にナットで仮止めします。 「(B)シュー固定リンク」がブレーキアーム部分 Image:SHIMANO• 逆サイドのブレーキシューも同様に交換する• 解放されたブレーキアーチを戻す 左右のブレーキシューを仮止めしたら、2で外したワイヤーを逆の手順で元に戻します。 ブレーキシューがリムに正確に当たるか確認する ブレーキレバーを握って、ブレーキシューがリムにきちんと当たるかを確認します。 ブレーキシューの適正位置 ブレーキレバーを握ったとき、 リムの上端から1mm程の高さに、リムに対して水平・垂直に当たるようセットします。 Image:SHIMANO• ボルトを本締めする ブレーキシュー本体の位置が決まったら、シューが動かないよう手で押さえながらボルトを本締めします。 ブレーキの偏りがないか確認する ブレーキレバーを引いて、ブレーキが偏っていないか確認します。 偏っている場合は、「スプリング調整ネジ」を締めたりゆるめたりして調整します。 (次項「ブレーキの片効きを調整する」を参考) ブレーキの片効きを調整する ホイールがセンターに入っているにも関わらず、ブレーキシューが均等にリムに当たらないときは、センタリングの調整をします。 ブレーキの左右に1か所ずつ付いている「スプリング調整ネジ」を90度ずつ回していきます。 z は左右いずれも1mm間隔を目安に。 Image:SHIMANO• 片方のネジを締めたら、逆をゆるめるというように、ネジを回すごとにブレーキレバーを引いてバランスを確認していきます。 左右のアームが均等に動き、左右両方のシューが同時にリムに当たるようになったら調整完了です。 ゆるめすぎてボルトを抜いてしまわないよう注意してください。 慣れないうちは無理せずに、自転車屋さんに相談しましょう。 ブレーキの引きしろを調整する ブレーキレバー側の調整ネジ ブレーキの引きしろが増えてきたときは、ブレーキレバーのネジを回して微調整します。 ワイヤーの張りを調整するネジと、固定するネジがあります。 調整ネジと固定ネジを一緒に回して調整します。 半回転ずつ回し、その都度レバーを引いて引きしろを確認します。 カツカツに詰めるのも悪いことではありません。 調整ネジの微調整でうまくいかない場合は、ワイヤー調整が必要になります。 ブレーキレバーの調整ネジでの対応の範疇を超えたらショップで見てもらうようにしましょう。 また調整ネジの回し過ぎ(ゆるめ過ぎ)は、 レバーから調整ネジが外れる可能性があり危険です。 調整ネジのネジ山が1cm以上見えるようなら、無理せずショップへ。 おわりに 今回は構成が単純で調整のしやすいVブレーキのメンテナンス方法をご紹介しました。 ブレーキに不具合があると大変危険なので、うまくできない場合は無理せずに自転車屋さんに相談してくださいね。

次の

【自転車】前輪ブレーキの左右ズレ、片効きを直してみる【ママチャリ】

自転車 前輪 ブレーキ 調整

Vブレーキとは? Vブレーキはマウンテンバイクなどに装備されることが多かったブレーキです。 ロードバイクでよく見かけるキャリパーブレーキと比べ、 制動力が大きいことが特徴。 またタイヤとのクリアランスが大きいため、太いタイヤにも対応します。 現在マウンテンバイクはディスクブレーキが主流になっていますが、クロスバイクやミニベロではVブレーキを搭載したモデルが多いです。 シマノの油圧式ディスクブレーキ。 ホイールの中心部分にある「ブレーキローター」を挟み込むことで、ホイールの回転を止める コンパクト(ミニ)Vブレーキとは Vブレーキは、アームの長さによって大きく2つのタイプに分けられます。 アームの長さが107mm前後の一般的なVブレーキと、90mm前後のコンパクト(ミニ)Vブレーキの2つです。 コンパクトVブレーキはアームの長さが短く、ワイヤーの引き量がキャリパーブレーキに近くなっています。 ただし左右のアームをつなぐワイヤーの位置が低くなるため、太いタイヤには対応していません。 テクトロのミニVブレーキ「RX1」:アーム長85mm シマノのVブレーキ「ALIVIO BR-T4000」:アーム長107mm Vブレーキの構成 Vブレーキは以下のような構成になっています。 リード管:ブレーキワイヤーを上方向へ方向転換させるためのパイプ• ケーブル固定ボルト:ブレーキワイヤーを固定するためのボルト• ブレーキシュー:ホイールのリムを挟んで制動するゴム製のパッド• スプリング調整ネジ:ブレーキのセンターを微調整するためのネジ• 取り付けボルト:ブレーキアームをフロントフォークやシートステイ上の台座に固定するためのボルト Vブレーキ:走る前のチェックポイント3点 ブレーキは自転車に安全に乗るために重要なパーツです。 走行前のチェックは忘れずに行いましょう。 チェックポイントは大きく3つ。 ブレーキシューは減ってないか• ホイールのリムとブレーキの間隔が一定か、片効きしていないか• ブレーキレバーを握ったときにゆるくないか、異音がしないか それぞれのチェック方法を具体的に見ていきましょう。 ブレーキシューは減ってないか ブレーキをかけると、ブレーキシューがすり減ります。 ブレーキシューの溝の深さを見て、1mm以下になったら交換しましょう。 使用半年、溝の深さが2mmほどに減ったブレーキシュー 特に雨の中での走行は、ブレーキシューの減りが早くなります。 まだ使えるかなと思っても、念のため早めの交換をおすすめします。 走行後のメンテナンスでは、 ブレーキシューの溝に異物が挟まっていないかもチェックポイントのひとつ。 異物があった場合は、先端の尖ったもので取り除いておきましょう。 片効きしていないか リムの片側だけにブレーキパッドが接触してしまう状態を「片効き」といいます。 左右アームのスプリング(リターンスプリング)のバランスが取れていないことが主な原因で、片効きはブレーキシューが偏って摩耗したり、異音の原因になることも。 ブレーキがゆるくないか ブレーキがゆるくなったと感じたら調整しよう ブレーキシューが減ってきたり、ワイヤーが伸びたりすると、引きしろが増えてブレーキがゆるく感じることがあります。 ブレーキレバーの引きしろがゆるいと感じたら、ブレーキレバーの調整ネジを回してワイヤーのテンションを調整します。 必要な工具:小さめのプラスドライバー、アーレンキー• ホイールがまっすぐはまっているかを確認しておく• わかりやすくするため黒いラバーブーツを右にずらしています。 リード管(ワイヤー)のパーツがフックにひっかかっていることがわかります。 無理せずショップへ持ち込みましょう。 ブレーキシューを外す ブレーキシューを取り付けているナットをゆるめて外します。 ブレーキアームの内側と外側にそれぞれワッシャーがあるので、元通りにできるよう向きや順序に気を付けて外しましょう。 新しいシューを取り付ける際に順番がわかるようにしておこう• 新しいブレーキシューを取り付ける ブレーキシューにFORWARD(前)、L(左側)、R(右側)など向きの指定がある場合は間違えないように取り付けます。 ワッシャー等を元通りの順番にはめ、ブレーキシューをだいたいの位置にナットで仮止めします。 「(B)シュー固定リンク」がブレーキアーム部分 Image:SHIMANO• 逆サイドのブレーキシューも同様に交換する• 解放されたブレーキアーチを戻す 左右のブレーキシューを仮止めしたら、2で外したワイヤーを逆の手順で元に戻します。 ブレーキシューがリムに正確に当たるか確認する ブレーキレバーを握って、ブレーキシューがリムにきちんと当たるかを確認します。 ブレーキシューの適正位置 ブレーキレバーを握ったとき、 リムの上端から1mm程の高さに、リムに対して水平・垂直に当たるようセットします。 Image:SHIMANO• ボルトを本締めする ブレーキシュー本体の位置が決まったら、シューが動かないよう手で押さえながらボルトを本締めします。 ブレーキの偏りがないか確認する ブレーキレバーを引いて、ブレーキが偏っていないか確認します。 偏っている場合は、「スプリング調整ネジ」を締めたりゆるめたりして調整します。 (次項「ブレーキの片効きを調整する」を参考) ブレーキの片効きを調整する ホイールがセンターに入っているにも関わらず、ブレーキシューが均等にリムに当たらないときは、センタリングの調整をします。 ブレーキの左右に1か所ずつ付いている「スプリング調整ネジ」を90度ずつ回していきます。 z は左右いずれも1mm間隔を目安に。 Image:SHIMANO• 片方のネジを締めたら、逆をゆるめるというように、ネジを回すごとにブレーキレバーを引いてバランスを確認していきます。 左右のアームが均等に動き、左右両方のシューが同時にリムに当たるようになったら調整完了です。 ゆるめすぎてボルトを抜いてしまわないよう注意してください。 慣れないうちは無理せずに、自転車屋さんに相談しましょう。 ブレーキの引きしろを調整する ブレーキレバー側の調整ネジ ブレーキの引きしろが増えてきたときは、ブレーキレバーのネジを回して微調整します。 ワイヤーの張りを調整するネジと、固定するネジがあります。 調整ネジと固定ネジを一緒に回して調整します。 半回転ずつ回し、その都度レバーを引いて引きしろを確認します。 カツカツに詰めるのも悪いことではありません。 調整ネジの微調整でうまくいかない場合は、ワイヤー調整が必要になります。 ブレーキレバーの調整ネジでの対応の範疇を超えたらショップで見てもらうようにしましょう。 また調整ネジの回し過ぎ(ゆるめ過ぎ)は、 レバーから調整ネジが外れる可能性があり危険です。 調整ネジのネジ山が1cm以上見えるようなら、無理せずショップへ。 おわりに 今回は構成が単純で調整のしやすいVブレーキのメンテナンス方法をご紹介しました。 ブレーキに不具合があると大変危険なので、うまくできない場合は無理せずに自転車屋さんに相談してくださいね。

次の

ママチャリの前ブレーキ調整方法。軽快車でもほったらかしにしない

自転車 前輪 ブレーキ 調整

タグ 100均 DIY あいうえお作文 アイス アイデア アイテム アイロン アクセサリー アク抜き アレンジ アンティーク インコ・文鳥 インテリア ウォシュレット うさぎ エアコン エビ エプロン おかず おしゃれ おすすめ おにぎり おもちゃ おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お手入れ お玉 お神酒 お酢 お風呂 お風呂掃除 カーディガン カスタネット カニ カバー カバン カビ カビ臭い カリカリ カルキ カレー カレー鍋 キーキー音 キーホルダー キッチン キャベツ キンパ クーラー クエン酸 クッキー グッズ グッズ・アイテム グッピー・金魚・メダカ グラタン グリル グルーガン クロス ゲージ ケア ゴーグル コーデ コツ ゴミ箱 ゴミ袋 ゴロゴロ サーキュレーター サイズ サングラス シール シェービングフォーム しおり ジッパー シミ シミ取り じゃがいも シャンプー シュウマイ ジュニア シンプル シンプルライフ スエード スキー・スノーボード スキンシップ スタンド ズッキーニ ストレッチ スポーツ スポーツサングラス スポンジ スライダー スライム セスキ ソース タイミング ダニ タレ チーズ チーズソーズ チャック つくね つまみ テカリ テニス ドア・窓 トイレ トカゲ どのくらい トマト トマトソース トマト缶 トラブル トレーニング ナス ナット ニオイ ニット ネイル パウンド バスケ パスタ バスタオル バッテリー パテ パプリカ ハムスター バレエ パン ハンガー ハンドメイド パンプス ピーマン ひき肉 ピザ ブーケ ファスナー フィルター フライパン ブラインド プラスチック プラバン フラメンコ ブレーキ フレーム ベーキングパウダー ベーコン ペーパードライバー ヘアアクセサリー ヘアカラー ペイント ベランダ ヘルシー ペンキ ホーロー ポイント ホットケーキミックス ホットプレート ポリエステル ボルト マグカップ マスク マッサージ まっすぐ マナー マラソン・ランニング むね肉 メガネ メス メニュー メリット やかん やり方 やり方・手順 ヨーグルト ライト ラッピング リース リゾット リボン リメイク リュック ルール レース レザークラフト レシピ レモン レンジ ワッフル ワッペン ワンピース 一人 一人暮らし 上靴 下水 中学 丼 乾かす 乾燥 予防 予防方法 予防法 事前準備 交換 人気 人間関係 仕事 代用 会いたくない 体が硬い 体を柔らかくする方法 作り方 作り置き 使い方 便利 保存 保存方法 修理 傷 充電 先生 入学式 共働き 具 具材 内容 再婚 冷凍 冷凍ご飯 冷蔵 出産・産卵 出窓 初心者 刺繍 効果 勉強 勘違い 卓球 原因 友達 収納 取り付け 取り方 同居 名付け 名前 和風 和食 喜ぶ 固定 圧力鍋 塗り方 塩唐揚げ 塩素 墨汁 変色 夏 夏休み 夕食 夕飯 外干し 夢 大切 大学 大根おろし 天日干し 夫婦・家族 女の子 女性 好き 姑 婚活 嫌い 子供 子供が喜ぶ 子連れ 季節 定番 家事 家族 家電 容器 密閉 寝室 対処 対処法 対策 寿命 小・中・高校 工夫 布 布団 干し忘れ 干し方 年下 幸せ 幼稚園・保育園 床 弁当 彼氏 後悔 意味 意識 戸建て・アパート 手作り 押し花 挨拶 掃除 掃除・洗濯 排水口 揚げ物 換気扇 支度が遅い 料理 新聞 新聞紙 方法 旅行 早く乾かす 時短 時間 景色 曇り止め 最強 有効活用 服 服・ファッション 服装 朝 朝ごはん 期間 本 本場 材料 枚数 柑橘類 染み抜き 桜 梅雨 棚 植物 業者 正月 武士 歯磨き・歯ブラシ 歴史 残り 母 毎日 比較 毛玉 毛玉取り 気持ち・心理 水 水垢 水抜き栓 水槽 水泳 水漏れ 油汚れ 泡立て方 注意 注意点 洗い方 洗う 洗剤 洗剤投入口 洗浄 洗濯 洗濯槽 洗濯物 洗顔 浴室 海 海外 消す 消臭 消臭剤 湿気取り 準備 漂白剤 漢字 炒める 焼きおにぎり 焼き方 焼肉 煮浸し 片付け 片付け・収納 特徴 犬 猫 献立 理由 理由・原因 生乾き 生乾き臭 生地 男の子 男性 相場 石 秋刀魚 種類 窓拭き 窓掃除 管理 節約 簡単 米 紐 素材 紫外線 結婚 絵・イラスト 締め方 練習 練習メニュー 練習方法 繁殖 置き場 美味しい 習い事 肩こり 育て方 脱皮 自分 自分で 自宅 自己紹介 自転車 臭い 色 花 花束 茶渋 茶碗蒸し 菓子・デザート 菜箸 落とし方 落とす 虫 虫除け 衣類 裁断 裏技 裏返し 親 観光 言葉 試合時間 調味料 豆腐 豚ひき肉 豚挽き肉 豚肉 貴重品 費用 賞味期限 赤ちゃん 趣味 足の臭い 身長・体重 車 車・運転 車同士 近所 造花 道具 違い 違反 選び方 那須 部屋 部屋干し 酸性 酸素 酸素系漂白剤 重曹 野球 野菜 釣り 鍋 除湿剤 雑菌 離婚 雨 雨よけ 電圧低下 電子レンジ 韓国 頻度 風呂 風呂掃除 風呂釜 食事 食用 飲み物 飼い主 飼い方 飾る 餌 高所 髪型 鳴き声 鳴らし方 鶏肉 黒ずみ 黒豆 目次• 自転車の前ブレーキの基本的な調整方法とは? 自転車のブレーキに少しでも異常を感じる場合には、事故に繋がる可能性もあるため、なるべく早く対処をしなければいけません。 そこで今回は、自転車の「前ブレーキ」の効きが悪い場合のブレーキの調整方法をご紹介します。 自転車の前ブレーキを調整する際には、以下のいずれかを用意します。 モンキーレンチ• メガネレンチ• ペンチ 前ブレーキの調整方法• 左右のブレーキゴムとリムの間に約2mm程度の隙間を作り固定します。 500円玉などの硬貨を使うと、簡単に隙間を作ることができます。 ブレーキワイヤーのナットを緩め、ブレーキワイヤーをペンチ等で引きます。 ワイヤーのたるみを直したらナットを締めます。 また、滑りを良くするために注油する場合は、ブレーキゴムや後輪ブレーキに油がかかってしまうとブレーキが効かなくなる可能性があるため、慎重に注油する必要があります。 自転車の前ブレーキのワイヤーが切れている場合の調整方法とは? 自転車の前ブレーキのワイヤーが切れてしまっている場合は、ブレーキワイヤーを交換しなければいけません。 そこで、ブレーキワイヤーの交換方法をご紹介します。 ブレーキワイヤーの交換の際には、以下のものを用意して下さい。 ペンチ• ワイヤーカッター• メガネレンチ(10mm)• 軍手 ブレーキワイヤーの交換方法• キャップを外し、ペンチを使ってワイヤーを抜きます。 ワイヤーを抜いたら、メガネレンチを使ってナットを緩めます。 ナットが緩まったら慎重にボルトを引き抜きます。 ボルトを引き抜く際、ブレーキをおさえながら引き抜くと上手くできます。 ボルトの穴に貫通しているワイヤーを引き抜きます。 また後々、穴に新品のワイヤーを通さなければいけないため、通してあった穴を忘れないようにしましょう。 ボルトの穴に新品のワイヤーを通し、元の位置に戻したら終了です。 自転車の前ブレーキの調整はプロに任せるべき?失敗しない調整方法とは? 自転車の前ブレーキは、少しでも異常を感じたらなるべく早く対処する必要があります。 可能であれば、自転車専門店など、自転車の知識を持ったプロの方に修理を依頼するのが良いですが、時間が無く自分でブレーキの調整を行わなければいけない場合もあると思います。 そこで、素人でも簡単にできるブレーキの調整方法についてご紹介します。 素人でも簡単にできる!失敗の少ないブレーキの調整方法 まずは、リムやディスクを綺麗にします。 泥などの汚れが付着しているとブレーキの効きが悪くなることがあります。 そのため、ブレーキの効きが悪いと感じたら、まずは上記の箇所を掃除します。 また、掃除をする際には、油分を含んだ洗剤はNGです。 掃除をしても改善が見られない場合には、ブレーキパッドの確認をします。 パッドに異物は付着していないか• 油が染みこんでいないか また、ママチャリの前輪についているブレーキパッドの表面には溝があります。 この溝の深さが、1mm程度の場合には交換が必要です。 リムやディスクの掃除、ブレーキパッドの確認をしても症状が改善されない場合には、自転車専門店に持ち込み修理してもらうようにしましょう。 ママチャリ自転車の前ブレーキシューの交換方法は? 自転車のブレーキは、金属パーツをゴムのようなラバー素材で覆ったものでホイールを挟むことで、ブレーキがかかるようになっています。 このブレーキシューは、自転車に乗りブレーキをかけることで、少しずつゴムが磨耗されていきます。 そのため、安全に自転車に乗り続けるためには、定期的にブレーキシューを交換をする必要があります。 そこでブレーキシューの交換方法についてご紹介します。 ママチャリ自転車の前ブレーキシューの交換方法 まずは、以下のものを用意します。 ママチャリ用の前ブレーキシュー• コンビネーションレンチ コンビネーションレンチが無い場合には、メガネレンチとスパナ、それぞれ10mmのものを用意しましょう。 上記のものが用意できたら以下の手順を参考に進めましょう。 コンビネーションレンチを使って、ブレーキシューを止めてあるナットを緩めます。 ナットを緩めたら、新品のブレーキシューを用意してブレーキアームに差込みます。 この際ナットを落とさないように慎重に行いましょう。 次に、ワッシャーを差し込みナットを仮締めします。 仮締め後、ブレーキバーを握りながらブレーキシューの位置を確定させます。 ブレーキシューの目安位置は、リムの上端から2mm程度の箇所です。 位置が確定したら、ナットを増し締めして交換完了です。 ナットを増し締めする際は、ブレーキシューが曲がらないようにしっかりとおさえながら行いましょう。 自転車の前ブレーキのレバーを自分でチェックする場合のポイントとは? 自転車の前ブレーキのレバーを自分でチェックする場合のポイントは、ブレーキを握った際の動作です。 ブレーキを握った際に、ブレーキの効きが悪いなぁと感じるようであれば、オイルを注しましょう。 ブレーキレバーに注すオイルの種類 ブレーキレバーに注すオイルの種類は、自転車専用のものがオススメです。 専用のものがない場合には、液状の機械油でも問題ありません。 一方で、油膜を作るタイプのものは、本来自転車に注してある油が溶けてしまう可能性があるため、避けましょう。 ブレーキレバーにオイルを注す方法• ブレーキレバーを握ったり離したりして、物と物が擦れてしまい滑らかに動いていない箇所を確認します。 場所を確認したら、その箇所にオイルを数滴注します。 オイルの注し過ぎは、動きを悪くしてしまう可能性がありますので注意しましょう。 オイルを注した後レバーを数回握り、動きが正常になったか動作を確認します。 もし、オイルを注しても動きが変わらない場合には、パーツが損傷している可能性がありますので、自転車専門店で見てもらうようにしましょう。

次の