アダル と チルドレン 歌詞。 アダルトチルドレン/カンザキイオリ

アダルトチルドレン 歌詞「鏡音リン」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

アダル と チルドレン 歌詞

愛 あいされたかっただけなんです。 まぎれもないパパとママに 殴 なぐられようが 蹴 けられようが 僕 ぼくは 愛 あいされたかったんです。 笑顔 えがおでいつも 隠 かくしました。 あなたに 褒 ほめてもらうために。 「あなたが 私 わたしのすべて」だと 言 いってくれる 日 ひを 待 まっていた。 自分 じぶんだけ 違 ちがう 気 きがした。 それじゃ 今日 きょうも 優 やさしいふりを。 愛 あいされたい 今日 きょうにすがるようにぼくは 生 いきたい 死 しにたいを 繰 くり 返 かえしてさ 曖昧 あいまいにすすんでく したり 顔 がおで 醜 みにくい 顔 かおを 隠 かくす。 変 かわれない 今日 きょうも 一人 ひとりなんだろう 誰 だれも 彼 かれも 何 なにも 信 しんじれないからさ。 目的 もくてきはただ 一 ひとつ。 「あなただけが 全 すべて」と 言 いわれたいだけだ。 嫌 きらわれないように 繕 つくろった 笑顔 えがおで 友達 ともだちができた 繕 つくろう 相手 あいては 違 ちがったが 心 こころから 嬉 うれしかったんだ。 それから 少 すこしずつ 自分 じぶんが 汚 きたなく 黒 くろく 思 おもえてきて うまくしゃべれなくなっていた。 気 きづけば 皆離 みんなはなれてった。 自分 じぶんだけ 違 ちがうだなんて、 なんか 羨 うらやましくなっていて 死 しんじゃえもう 大嫌 だいきらいだぼくはもう 周 まわりと 違 ちがう、 化 ばけ 物 ものに 思 おもえてきて。 正直 しょうじきしんどいけど、 助 たすけてなんてただ 迷惑 めいわくだろう。 辛 つらいやって 叫 さけんでしまえたら、どれほど 気 きが 楽 らくにいきられるんだろう そんなことしたってさ 誰 だれもが 素通 すどおり 自分 じぶんのことばっかり。 僕 ぼくだって、 同 おなじように 愛 あいのある 家 いえに 生 うまれて 笑 わらいあって、 生 いきててよかったねって 素直 すなおに 言 いい 合 あえて。 変 かわれない 今日 きょうよ 終 おわって 変 かわらない 今日 きょうよ 終 おわって 愛 あいされたいなんて 笑 わらえないけど 何 なにもできないままで 大人 おとなになってゆく。 曖昧 あいまいに 気付 きづいてく。 したり 顔 かおもできなくなってゆく。 変 かわれない 今日 きょうが 苦 くるしくってもう 誰 だれも 彼 かれも 何 なにも 信 しんじられなくてさ。 とうとう 言 いっちゃうのさ 「 愛 あいされてるくせに」 「ずるいよ」 愛 あいされたかっただけなんです。 まぎれもないパパとママに 殴 なぐられようが 蹴 けられようが 愛 あいされたかっただけなんです。 もう 戻 もどれない 気 きがしますが 大人 おとなになってしまいますが 僕 ぼくは 一人 ひとりで 生 いきてくから。 どうかせめて 笑 わらって 生 いきて。 愛 ai されたかっただけなんです saretakattadakenandesu。 まぎれもない magiremonai パパ papa と to ママ mama に ni 殴 nagu られようが rareyouga 蹴 ke られようが rareyouga 僕 boku は ha 愛 ai されたかったんです saretakattandesu。 笑顔 egao でいつも deitsumo 隠 kaku しました shimashita。 あなたに anatani 褒 ho めてもらうために metemorautameni。 「 あなたが anataga 私 watashi のすべて nosubete」 だと dato 言 i ってくれる ttekureru 日 hi を wo 待 ma っていた tteita。 自分 jibun だけ dake 違 chiga う u 気 ki がした gashita。 それじゃ soreja 今日 kyou も mo 優 yasa しいふりを shiifuriwo。 愛 ai されたい saretai 今日 kyou にすがるようにぼくは nisugaruyounibokuha 生 i きたい kitai 死 shi にたいを nitaiwo 繰 ku り ri 返 kae してさ shitesa 曖昧 aimai にすすんでく nisusundeku したり shitari 顔 gao で de 醜 miniku い i 顔 kao を wo 隠 kaku す su。 変 ka われない warenai 今日 kyou も mo 一人 hitori なんだろう nandarou 誰 dare も mo 彼 kare も mo 何 nani も mo 信 shin じれないからさ jirenaikarasa。 目的 mokuteki はただ hatada 一 hito つ tsu。 「 あなただけが anatadakega 全 sube て te」 と to 言 i われたいだけだ waretaidakeda。 嫌 kira われないように warenaiyouni 繕 tsukuro った tta 笑顔 egao で de 友達 tomodachi ができた gadekita 繕 tsukuro う u 相手 aite は ha 違 chiga ったが ttaga 心 kokoro から kara 嬉 ure しかったんだ shikattanda。 それから sorekara 少 suko しずつ shizutsu 自分 jibun が ga 汚 kitana く ku 黒 kuro く ku 思 omo えてきて etekite うまくしゃべれなくなっていた umakusyaberenakunatteita。 気 ki づけば dukeba 皆離 minnahana れてった retetta。 自分 jibun だけ dake 違 chiga うだなんて udanante、 なんか nanka 羨 uraya ましくなっていて mashikunatteite 死 shi んじゃえもう njaemou 大嫌 daikira いだぼくはもう idabokuhamou 周 mawa りと rito 違 chiga う u、 化 ba け ke 物 mono に ni 思 omo えてきて etekite。 正直 syoujiki しんどいけど shindoikedo、 助 tasu けてなんてただ ketenantetada 迷惑 meiwaku だろう darou。 辛 tsura いやって iyatte 叫 sake んでしまえたら ndeshimaetara、 どれほど dorehodo 気 ki が ga 楽 raku にいきられるんだろう niikirarerundarou そんなことしたってさ sonnakotoshitattesa 誰 dare もが moga 素通 sudoo り ri 自分 jibun のことばっかり nokotobakkari。 僕 boku だって datte、 同 ona じように jiyouni 愛 ai のある noaru 家 ie に ni 生 u まれて marete 笑 wara いあって iatte、 生 i きててよかったねって kiteteyokattanette 素直 sunao に ni 言 i い i 合 a えて ete。 変 ka われない warenai 今日 kyou よ yo 終 o わって watte 変 ka わらない waranai 今日 kyou よ yo 終 o わって watte 愛 ai されたいなんて saretainante 笑 wara えないけど enaikedo 何 nani もできないままで modekinaimamade 大人 otona になってゆく ninatteyuku。 曖昧 aimai に ni 気付 kidu いてく iteku。 したり shitari 顔 kao もできなくなってゆく modekinakunatteyuku。 変 ka われない warenai 今日 kyou が ga 苦 kuru しくってもう shikuttemou 誰 dare も mo 彼 kare も mo 何 nani も mo 信 shin じられなくてさ jirarenakutesa。 とうとう toutou 言 i っちゃうのさ tchaunosa 「 愛 ai されてるくせに sareterukuseni」 「 ずるいよ zuruiyo」 愛 ai されたかっただけなんです saretakattadakenandesu。 まぎれもない magiremonai パパ papa と to ママ mama に ni 殴 nagu られようが rareyouga 蹴 ke られようが rareyouga 愛 ai されたかっただけなんです saretakattadakenandesu。 もう mou 戻 modo れない renai 気 ki がしますが gashimasuga 大人 otona になってしまいますが ninatteshimaimasuga 僕 boku は ha 一人 hitori で de 生 i きてくから kitekukara。 どうかせめて doukasemete 笑 wara って tte 生 i きて kite。

次の

アダルトチルドレンとは?症状や、生きづらさの原因は?回復のアプローチや取り組み方も解説します【LITALICO発達ナビ】

アダル と チルドレン 歌詞

Warning: This song contains questionable elements domestic abuse; emotional neglect ; it may be inappropriate for younger audiences. The Vocaloid Lyrics Wiki attempts to follow the , and thus will not host lyrics which are extremely sexual, violent, or discriminatory in nature. If the lyrics found on this page is found to violate the Fandom TOU, they might be removed without notice. Japanese Romaji English 愛されたかっただけなんです。 aisaretakatta dake nan desu. I just wanted to be loved. まぎれもないパパとママに magire mo nai papa to mama ni By my mom and dad 殴られようが蹴られようが nagurareyou ga kerareyou ga Even if they hit or kicked me 僕は愛されたかったんです。 boku wa aisaretakattan desu. I just wanted to be loved. 笑顔でいつも隠しました。 egao de itsumo kakushimashita. I always hid it with a smile. あなたに褒めてもらうために。 anata ni homete morau tame ni. So that you would praise me. 「あなたが私のすべて」だと "anata ga watashi no subete" da to "You are my everything" 言ってくれる日を待っていた。 itte kureru hi o matte ita. I waited for the day you would say that to me. 自分だけ違う気がした。 jibun dake chigau ki ga shita. It felt like I was the only different one それじゃ今日も優しいふりを。 sore ja kyou mo yasashii furi o. Well then, today I'll pretend to be kind again 愛されたい今日にすがるようにぼくは aisaretai kyou ni sugaru you ni boku wa "I wanted to be loved" As if clinging onto today, 生きたい死にたいを繰り返してさ ikitai shinitai o kurikaeshite sa I repeat "I want to live" "I want to die" over and over 曖昧にすすんでく aimai ni susundeku Moving forward uncertainly, したり顔で醜い顔を隠す。 shitarigao de minikui kao o kakusu. I hide my ugly face by looking confident. 変われない今日も一人なんだろう kawarenai kyou mo hitori nan darou "I can't change" I know I'll be all alone today. 誰も彼も何も信じてないからさ。 dare mo kare mo nani mo shinjitenai kara sa. Because I don't trust anybody, anything 目的はただ一つ。 mokuteki wa tada hitotsu. I only have one goal. 「あなただけが全て」と言われたいだけだ。 "anata dake ga subete" to iwaretai dake da. I just want to be told, "You are my everything. " 嫌われないように繕った笑顔で友達ができた kirawarenai you ni tsukurotta egao de tomodachi ga dekita I patched myself up so that I wouldn't be hated, I made friends with a smile, 繕う相手は違ったが心から嬉しかったんだ。 tsukurou aite wa chigatta ga kokoro kara ureshikattan da. I was patching up for the wrong person, but I was so happy, from the bottom of my heart. それから少しずつ自分が汚く黒く思えてきて sore kara sukoshizutsu jibun ga kitanaku kuroku omoete kite And little by little, I started to feel that I was dirty and dark うまくしゃべれなくなっていた。 気づけば皆離れてった。 umaku shaberenaku natte ita. kizukeba mina hanaretetta. I became unable to speak properly. Everyone drifted away from me. 自分だけ違うだなんて、 jibun dake chigau da nante, I was the only different one なんか羨ましくなっていて nanka urayamashiku natte ite I just found myself feeling jealous 死んじゃえもう大嫌いだぼくはもう shinjae mou daikirai da boku wa mou "Just die" I hate it all 周りと違う、化け物に思えてきて。 mawari to chigau, bakemono ni omoete kite. I felt like a monster, unlike everyone around me 正直しんどいけど、助けてなんてただ迷惑だろう。 shoujiki shindoi kedo, tasukete nante tada meiwaku darou. To be honest, it's hurting me bad but isn't asking for help just a burden? 辛いやって叫んでしまえたら、 tsurai yatte sakende shimaetara, If only I could scream out that it hurts どれほど気が楽にいきられるんだろう dore hodo ki ga raku ni ikirarerun darou I would be able to live with a weight off my mind. そんなことしたってさ sonna kotoshi tatte sa But even if I do that, everyone's gonna ignore. 誰もが素通り自分のことばっかり。 dare mo ga sudoori jibun no koto bakkari. They only care about themselves. 僕だって、同じように愛のある家に生まれて boku datte, onaji you ni ai no aru ie ni umarete I wanted to be the same, too; I wanted to be born into a loving family 笑いあって、生きててよかったねって素直に言い合えて。 waraiatte, ikitete yokatta ne tte sunao ni ii aete. We'd laugh together, say "It's great to be alive" 変わらない今日よ終わって kawaranai kyou yo owatte Let this unchanging day end. 変われない今日よ終わって kawarenai kyou yo owatte Let this day where I can't change end. 愛されたいなんて笑えないけど aisaretai nante waraenaikedo "I wanted to be loved. " I can't smile like that 何もできないままで大人になってゆく。 nani mo dekinai mama de otona ni natte yuku. But I became an adult without being able to do anything. 曖昧に気付いてく。 aimai ni kizuiteku. I uncertainly begin to notice したり顔もできなってゆく。 shitarigao mo dekinatte yuku. I start being unable to put on a confident face 変われない今日が苦しくってもう kawarenai kyou ga kurushikutte mou I remain unchanging again today, and it hurts so much 誰も彼も何も信じられなくてさ。 dare mo kare mo nani mo shinjirarenakute sa. I can't trust anybody, anything とうとう言っちゃうのさ toutou itchau no sa I end up saying, 「愛されてるくせに」 "aisareteru kuse ni" "At least you're loved! " 愛されたかっただけなんです。 aisaretakatta dake nan desu. I just wanted to be loved まぎれもないパパとママに magire mo nai papa to mama ni by my mom and dad 殴られようが蹴られようが nagurareyou ga kerareyou ga Even if they hit or kicked me 愛されたかっただけなんです。 aisaretakatta dake nan desu. I just wanted to be loved. もう戻れない気がしますが mou modorenai ki ga shimasu ga It feels like I can't return anymore, 大人になってしまいますが otona ni natte shimaimasu ga I'll end up becoming an adult 僕は一人で生きてくから。 boku wa hitori de ikiteku kara. But I'll live on alone, どうかせめて笑って生きて。 douka semete waratte ikite. so please just live on with a smile Japanese Romaji English 愛されたかっただけなんです。 aisaretakatta dake nan desu. I just wanted to be loved. まぎれもないパパとママに magire mo nai papa to mama ni By my mom and dad 殴られようが蹴られようが nagurareyou ga kerareyou ga Even if they hit or kicked me 僕は愛されたかったんです。 boku wa aisaretakattan desu. I just wanted to be loved. 笑顔でいつも隠しました。 egao de itsumo kakushimashita. I always hid it with a smile. あなたに褒めてもらうために。 anata ni homete morau tame ni. So that you would praise me. 「あなたが私のすべて」だと "anata ga watashi no subete" da to "You are my everything" 言ってくれる日を待っていた。 itte kureru hi o matte ita. I waited for the day you would say that to me. 自分だけ違う気がした。 jibun dake chigau ki ga shita. It felt like I was the only different one それじゃ今日も優しいふりを。 sore ja kyou mo yasashii furi o. Well then, today I'll pretend to be kind again 愛されたい今日にすがるようにぼくは aisaretai kyou ni sugaru you ni boku wa "I wanted to be loved" As if clinging onto today, 生きたい死にたいを繰り返してさ ikitai shinitai o kurikaeshite sa I repeat "I want to live" "I want to die" over and over 曖昧にすすんでく aimai ni susundeku Moving forward uncertainly, したり顔で醜い顔を隠す。 shitarigao de minikui kao o kakusu. I hide my ugly face by looking confident. 変われない今日も一人なんだろう kawarenai kyou mo hitori nan darou "I can't change" I know I'll be all alone today. 誰も彼も何も信じてないからさ。 dare mo kare mo nani mo shinjitenai kara sa. Because I don't trust anybody, anything 目的はただ一つ。 mokuteki wa tada hitotsu. I only have one goal. 「あなただけが全て」と言われたいだけだ。 "anata dake ga subete" to iwaretai dake da. I just want to be told, "You are my everything. " 嫌われないように繕った笑顔で友達ができた kirawarenai you ni tsukurotta egao de tomodachi ga dekita I patched myself up so that I wouldn't be hated, I made friends with a smile, 繕う相手は違ったが心から嬉しかったんだ。 tsukurou aite wa chigatta ga kokoro kara ureshikattan da. I was patching up for the wrong person, but I was so happy, from the bottom of my heart. それから少しずつ自分が汚く黒く思えてきて sore kara sukoshizutsu jibun ga kitanaku kuroku omoete kite And little by little, I started to feel that I was dirty and dark うまくしゃべれなくなっていた。 気づけば皆離れてった。 umaku shaberenaku natte ita. kizukeba mina hanaretetta. I became unable to speak properly. Everyone drifted away from me. 自分だけ違うだなんて、 jibun dake chigau da nante, I was the only different one なんか羨ましくなっていて nanka urayamashiku natte ite I just found myself feeling jealous 死んじゃえもう大嫌いだぼくはもう shinjae mou daikirai da boku wa mou "Just die" I hate it all 周りと違う、化け物に思えてきて。 mawari to chigau, bakemono ni omoete kite. I felt like a monster, unlike everyone around me 正直しんどいけど、助けてなんてただ迷惑だろう。 shoujiki shindoi kedo, tasukete nante tada meiwaku darou. To be honest, it's hurting me bad but isn't asking for help just a burden? 辛いやって叫んでしまえたら、 tsurai yatte sakende shimaetara, If only I could scream out that it hurts どれほど気が楽にいきられるんだろう dore hodo ki ga raku ni ikirarerun darou I would be able to live with a weight off my mind. そんなことしたってさ sonna kotoshi tatte sa But even if I do that, everyone's gonna ignore. 誰もが素通り自分のことばっかり。 dare mo ga sudoori jibun no koto bakkari. They only care about themselves. 僕だって、同じように愛のある家に生まれて boku datte, onaji you ni ai no aru ie ni umarete I wanted to be the same, too; I wanted to be born into a loving family 笑いあって、生きててよかったねって素直に言い合えて。 waraiatte, ikitete yokatta ne tte sunao ni ii aete. We'd laugh together, say "It's great to be alive" 変わらない今日よ終わって kawaranai kyou yo owatte Let this unchanging day end. 変われない今日よ終わって kawarenai kyou yo owatte Let this day where I can't change end. 愛されたいなんて笑えないけど aisaretai nante waraenaikedo "I wanted to be loved. " I can't smile like that 何もできないままで大人になってゆく。 nani mo dekinai mama de otona ni natte yuku. But I became an adult without being able to do anything. 曖昧に気付いてく。 aimai ni kizuiteku. I uncertainly begin to notice したり顔もできなってゆく。 shitarigao mo dekinatte yuku. I start being unable to put on a confident face 変われない今日が苦しくってもう kawarenai kyou ga kurushikutte mou I remain unchanging again today, and it hurts so much 誰も彼も何も信じられなくてさ。 dare mo kare mo nani mo shinjirarenakute sa. I can't trust anybody, anything とうとう言っちゃうのさ toutou itchau no sa I end up saying, 「愛されてるくせに」 "aisareteru kuse ni" "At least you're loved! " 「ずるいよ」 "zurui yo" "It's not fair" 愛されたかっただけなんです。 aisaretakatta dake nan desu. I just wanted to be loved まぎれもないパパとママに magire mo nai papa to mama ni by my mom and dad 殴られようが蹴られようが nagurareyou ga kerareyou ga Even if they hit or kicked me 愛されたかっただけなんです。 aisaretakatta dake nan desu. I just wanted to be loved. もう戻れない気がしますが mou modorenai ki ga shimasu ga It feels like I can't return anymore, 大人になってしまいますが otona ni natte shimaimasu ga I'll end up becoming an adult 僕は一人で生きてくから。 boku wa hitori de ikiteku kara. But I'll live on alone, どうかせめて笑って生きて。 douka semete waratte ikite. so please just live on with a smile English translation by Yuuta External Links• - Lyrics• - Instrumental•

次の

アダルトチルドレン (Adult Children)/Kurogaki

アダル と チルドレン 歌詞

今の自分の共依存の傾向、依存の傾向があるのはなぜでしょうか? やはり、 幼少期に親や身近な大人から受けたストロークとメッセージに大きな由来があると言われています。 子ども時代に身に着けたルールが、大人の今も大きく影響していることを学びました。 今の自分の周囲で起きていること、その原因が全て他人や環境のせいだけではありません。 その環境や他人を引き寄せるプロセスの由来が、遠い昔に身につけた自分のルールみたいなものの中にあるとすれば、そのルールを「今ここ」で解放させればよいという主旨でした。 今も引きずっている傷のようなものを、「トラウマ」という言い方をします。 しかしこれは何も、大きな事故や事件だけがきっかけになるとは限りません。 特に、家族という環境が世界の全てであった、子ども時代の強烈なマイナスストロークや、繰り返される条件つきのストロークは、根深いトラウマとなります。 大人であれば反発するようなものでも、身近な大人が 絶対的存在である子どもにとっては、強く抵抗できません。 つまり、受け入れるしかないのです。 多かれ少なかれ誰でも、ずっと深いこころの意識の底に、無自覚に抱えているトラウマはあるのです。 幼いころに受けた、この「トラウマ」をずっと癒すことなく大人になってしまった人を、 「アダルト・チルドレン」と言います。 アダルト・チルドレンとは、 大人になっても子どものときに受けた傷を抱え続けている人たちのことです。 子どものとき、 こころを傷つけるような言動や暴力のある家庭、子どもらしく自由に振る舞えなかった家庭で育ったことで大人になった今も、こころや人間関係に障害を持つようになるのです。 例えば、本当は嫌なのについつい周囲の期待に沿って振る舞ったり、相手に「NO」がなかなか言えなかったり、自分の感情が自分でわからなかったり、生きることを楽しいと思えなかったりといった、様々な生きづらさを感じてしまいます。 遠い昔の傷が、その人の今現在の生活、人生に大きな悪影響を与えるほど、その後遺症は大きなものです。 「問題なのは、 次の世代にも同じ悪影響を伝えてしまうということです。 自分の問題に気づいていないと、自分だけでなく、周りの人や次の世代の人生をも惨めなものにしてしまうのです。 だからこそ、アダルト・チルドレンであると気づいた人は、 自分をいたわり、自分を癒す責任があるのです。 自分の傷を癒すことによって、自分の人生も、また家族との関係もよいものに変えることができます。 人生は選ぶことができるものです。 そして、どんな人生を選ぶかは、あなた自身にかかっているのです。 」 乱暴な言い方をすれば、アダルト・チルドレンとは、「自分は親の犠牲だった」ということを認めることです。 大切な親を、こんな風に捉えること自体抵抗のある人が多いので、なかなか気づけていない人も多いのも事実です。 親のおかげでここまで来れたという気持ちと、親のせいでこんな苦しみを背負わなければいけなかったという気持ちと、両方あって当然なのです。 どちらかに偏る必要もないのに、なぜか前者だけが強調されています。 今の生きづらさは、今のあなたが弱いからとか、愛される資格がないからではないのです。 今のあなたや、今のあなたの周囲のせいではないのです。 犠牲者は癒されて当然なのです。 充分に癒されるからこそ、初めて「もう忘れよう」とか「親も大変だったんだろうな」とか「これが私なんだ」とか「今を大事にしよう」などと、心底思えるのです。 手負いの獅子が、どんなに平静を装っても、一触即発の危機感をはらんでいるのと同じです。 偽りの平静さは、所詮偽りです。 こころの底にうずく怒りや恨みは、身近なところでジリジリと姿を現します。 それが、自分自身や、あるいは家庭や職場の 弱者にぶつけられるようになるのが、最悪な事態だという自覚が必要です。 傷は傷で、癒す必要があるのです。 ですから、 親の犠牲者であることを認めることは、自分を認め、自分を癒し、自分の自由を獲得することの大切なステップなのです。 しかし、その過程で子どもは必ず、優等生を演じたり、感情を押し殺す子になったり、我慢する子になったり、その子なりの役割を引き受けるようになります。 こうして子どものころから、親や周囲のために自由な子ども時代を犠牲にして、子どもは子どもなりに精一杯、歯を食いしばって耐えています。 さらに、 大人になった今も、良い子を演じ続け、とうとうこころが壊れてしまうのです。 の作業をすることで、こころが壊れてしまう入口となった傷、こころに空いた穴が埋まっていきます。 マイナスストロークで傷ついたこころや その穴を誰かや何かで埋めようとしても、埋めることができなかった人が、自分の力で埋めていくことができるのです。 小さかった子どもには無理だったことも、今のあなたならできるのです。 それほど今のあなたは成長し、いろいろなものを乗り越え、本当の自分を自分で労わり勇気づける「力」があるのです。 は、今の自分の力を活用するための方法です。 このセラピーによって、あなたの中の潜在的な、プラスストロークが、フツフツと顔を出してきます。 そして、こころを埋め尽くしていたマイナスのコマが、まるでオセロゲームで黒が白に裏返っていくように、変化していきます。 これが嘆きの作業や癒しの作業であり、「浄化される」という言葉で表現されることもあります。 そんな信念が、私は私のままでいいんだ、私は大切なんだ、私は愛される価値があるんだ... というプラスの信念に書き換わっていきます。 傷が深い場合、縛りが強い場合は、信頼できる誰かや、カウンセラーの援助を是非借りてください。 適切に人に援助を求めることは、自分自身を大事にする健全な甘えです。 そしてあなた自身の潜在力で、自分を癒し、愛することができることを一緒に実感してください。 アダルトチルドレンの概念を日本で最初に提唱した西尾かずみさんは、こんな風に語っています。 『自分が育つ過程で受けたこころの傷は、自分の責任ではありません。 しかし、その癒しは自分で責任を持ってやっていくものです。 癒しの過程で誰か信頼できる人にガイドになってもらうことは必要です。 しかし、その人を神様にするのはやめましょう。 癒しの力は、あなた自身の中にあるのですから。

次の