ネクスト モバイル 評判。 【徹底比較】NEXT mobile(ネクストモバイル)はオトク?モバイルルータ5社と比較!

ネクストモバイル届いたっ!いざ開封の儀!

ネクスト モバイル 評判

NEXT mobile(ネクスト モバイル)の評判 NEXT mobile(ネクスト モバイル)がなぜ人気なのかを知るため、実際にNEXT mobile(ネクスト モバイル)を利用している人の評判をまとめてみました。 MVNO(mobile virtual network operator=携帯電話の無線通信ネットワークを独自所有せず、他社から借りて自社ブランドサービスとして提供する事業者)なのに、大手のキャリアと変わらない速度結果が出て驚きました。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)を契約して正解だったと実感しました。 そこでNEXT mobile(ネクスト モバイル)に変えてみたところ、色々な制限が無くなりとても便利です。 wimaxはもうバカバカしくて使用できません。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)はソフトバンクの通信ネットワークを利用していますが、同じソフトバンク回線のYモバイルは、制限無しのアドヴァンスモードは良いけれど、速度が遅くなる上に、別料金が発生するため良いとは言えません。 現時点ではNEXT mobile(ネクスト モバイル)が一番です。 時々YモバイルのLTEと変わらない程の速度が出たりしますが、速度が遅くなっても常時10メガ以上は出ているため、動画も高画質で途切れなく観ることができました。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)の特徴 公式サイト ポケットWi-Fiを探している人の中には、NEXT mobile(ネクスト モバイル)を知らない方もいらっしゃると思いますので特徴もご紹介しておきます。 『NEXT mobile(ネクスト モバイル)』とは、自社で携帯電話の無料通信ネットワークを持たず、大手携帯電話会社の通信ネットワークを借り受けて、自社ブランドのサービスとして提供するMVNO(mobile virtual network operator)事業者です。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)には、4つの大きな特徴のポイントがあります。 そのため、パソコンやスマートフォン・タブレット端末など様々な通信機器を同時に接続することができ、どの機器も高速通信が楽しめます。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)は他のポケットWi-Fiと比較してもつながるエリアが広く、またコンパクトなのでどこにでも持ち運びが可能です。 そのため、外出先でも通信が途切れることなく、動画やアプリを快適に楽しむことができます。 又、20時間連続で通信することができるため、出張などで移動が長時間にわたる場合でも、移動中にメールや資料チェックが行えるので時間を無駄にしません。 ネットの固定回線を契約をすると、回線工事などを行う必要があり契約をしたその日から利用することができませんが、NEXT mobile(ネクスト モバイル)の場合は面倒な工事が一切不要で、ポケットWi-Fiが届いたその日から利用することができます。 ポケットWi-Fiが1台あれば、パソコンやタブレット・スマートフォンなど最大で15台まで同時接続が可能です。 そのため、家族が多い家庭でも、1台あればみんなが同時にインターネットを利用する事ができます。 20GBプランは、月額料金が初月~24ヶ月目まで2,760円(税抜)・25ヶ月目以降3,695円(税抜)となっており、月々の利用料を極力抑えたい方におすすめのプランです。 30GBプランは、容量を気にせずたっぷりと利用したい人におすすめのプランで、月額料金は初月~24ヶ月目までは3,490円(税抜)・25ヶ月目以降は3,695円となります。 どちらのプランにおいても、混雑を回避するための「3日で3GB」などという日数による通信制限などはありません。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)の料金プランは、他社と比較しても満足できる内容です。 同業他社を見ても、1つの業者は月のデータ量が月間無制限(3日で3GB)・月額料金4,300円(税抜)であり、もう1つの業者では、月のデータ量が7GB・月額料金3,600円(税抜)というプランになっています。 これら他社のプランとNEXT mobile(ネクスト モバイル)のプランを比較すると、やはりNEXT mobile(ネクストモバイル)の方が、どちらのプランを選んでもお得であり、この点も評判の良い理由の1つであると言えます。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)の特典・オプションについて NEXT mobile(ネクスト モバイル)では、お得なキャンペーンを実施していたり、より快適に利用してもらうためにオプションなども用意しています。 契約する時はオプションをうまく利用しましょう。 このキャンペーンは2016年3月17日より開始されており、現在も実施中です。 端末が無料となる機種は「FS030W」で、下り最大150. 0Mbps・上り最大50. 0Mbps・連続通信時間約20時間・同時接続台数15台・重量約128gです。 安心サポートの月額料金は300円(税抜)で、NEXT mobile(ネクスト モバイル)のサービスと同時に申込むことが条件です。 オプション適用期間は本サービスの申し込み期間中となり、無償交換の場合はお客様からの申告が必要となります。 また、SIMカードを再発行する場合には別途料金が掛かるため注意しましょう。 ・PCプレミアムサポート パソコンの周辺環境における困りごとを、電話か遠隔操作によってオペレーターがサポートしてくれるサービスです。 パソコンに詳しくない人には便利なサービスです。 ・NEXTmobileメール セキュリティー強化のため、ウィルスやスパムなどに対応したメールアカウントを利用することができます。 ・KINGSOFT Internet Security2014 高機能なセキュリティソフトによって簡単にウィルス対策が行えるので、初心者の方も安心して利用することが可能です。 この3つの安心サポートがセットとなり、月額料金907円(税抜)で利用可能です。 適用条件は、NEXT mobile(ネクスト モバイル)の本サービスとの同時申し込みが条件となります。 なお、MY NEXTサポートを申込みの方のみ、最大2ヶ月間無料でサービスを利用することができるお得なサービス付きとなっています。 通信速度・高速通信エリアについて 実際に利用している人からは快適・サクサク使える・早いなど、通信速度の評判も良いNEXT mobile(ネクスト モバイル)ですが、では実際どの程度の通信速度があるのでしょうか? また、通信可能エリアはどうなっているのでしょうか?詳しくお伝えします。 ソフトバンクの回線を利用しているNEXT mobile(ネクスト モバイル)の通信速度は、Softbank 4G LTEの通信速度(下り最大187. 5Mbps・上り最大37. 5Mbps)と同じだと思いがちですが、NEXT mobile(ネクスト モバイル)のポケットWi-FiはFS030Wの1機種しかないため、この機種の通信速度が、NEXT mobile(ネクスト モバイル)における通信速度ということになります。 WiMAXと比較した場合、離島の場合には通信エリア圏外となるケースがありますが、ソフトバンクの通信エリアは離島でも快適な通信が行えます。 従って、全国どの地域へ行っても、電波がほぼ繋がるため安定した高速インターネット通信が楽しめます。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)は繋がり易いことでも評判が高いです。 例えばWiMAXと比較した際、通信エリア内であっても、高層ビルの間や陰に入ると電波が途切れてしまう場合がありますが、NEXT mobile(ネクスト モバイル)ならば、建物の陰に入っても電波が途切れることはありません。 また、屋内にいても繋がり易いため、ストレスを感じることなく利用することができます。 このように、繋がり易いという点においても、NEXT mobile(ネクスト モバイル)の評判が良いといわれる理由の1つなのです。 全国でつながるNEXT mobile(ネクスト モバイル)のポケットWi-Fiを持っていれば、出張や旅行などで出かけるときにも快適にインターネットが利用できることになり、またコンパクトなので持ち運びもとても楽です。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)のデータ容量・通信制限 NEXT mobile(ネクスト モバイル)のデータ容量は、20GBと30GBの2種類があります。 20GB・30GBと言っても、どのくらいの容量なのかよく分からないという方も多いでしょう。 そこで、実際に20GB・30GB分使った場合にどのくらいかを調べてみました。 ソフトバンクにおける通信にかかる容量は、 ・メールの送受信(添付ファイルを含む)では1通あたり500KB ・ニュースサイトなどの閲覧では1ページあたり300KB ・インターネット動画の視聴(中画質ビットレート512Kbps程度の場合)では1分あたり4MB ・音楽ダウンロード(約4分の楽曲の場合)では1曲あたり4MB となっており、このネットワークを利用しているNEXT mobile(ネクスト モバイル)のデータ容量も、この数字を目安として計算していきます。 1ヶ月でこれだけ利用できるということになり、利用者によっては1ヶ月間あっても使い切れないという人もいると思います。 特に、動画を良く視聴する人にとっては、1ヶ月間毎日視聴すると仮定した場合、多少画質が劣っても1日3時間ほど視聴できる計算になるので十分に楽しめると思います。 例えば、DVDレベルの画質(480p)では1分あたり2MB、1時間あたり420MB消費し、30GBではおよそ71時間視聴できます。 また、さらに画質の良い720pでは1分あたり12MB、1時間あたり720MB消費することになり、30GBではおよそ42時間視聴可能となります。 注意したいのは、月間データ容量(20GBまたは30GB)を使い果たしてしまった場合には通信速度が制限されます。 この場合、当月の末日までの通信速度は下り・上りともに128Kbpsとなってしまいます。 128Kbpsという速度では今までのような快適なインターネット通信は困難となるため、なるべく上限を超えないように利用することが望ましいです。 他社のポケットWi-Fiルーターと比較した場合、速度制限を解除するために料金を追加して容量をアップさせる「データ追加サービス」などを行っている業者もありますが、NEXT mobile(ネクスト モバイル)ではこうしたサービスは行っていません。 しかし、コンパクト設計となっているため外出時にもかさばることもなく、また軽量なので持ち運びにも便利です。 3mmで、比較的薄型の正方形をしています。 他社のモバイルポケットWi-Fiルーターの場合、厚みを失くす代わりに横長もしくは縦長のデザインとなっています。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)のFS030Wと比較すると他社の方が薄いですが、その分長さが約2倍あります。 持ち運びやすさから考えると、薄くてもその分長さがあると持ち運びがしにくい場合が考えられます。 その点、FS030Wは多少厚みはありますが、正方形なのでポケットなどにもスッポリと入り持ち運びも便利です。 FS030Wの質量は約128gで、他社のポケットWi-Fiと比較しても軽いか又は同じくらいの重さとなっており、持ち運びにも適しています。 Wi-Fi利用時には最大20時間、Bluetooth利用時では最大24時間の連続使用が可能です。 また、待ち受け状態では約600時間もバッテリーを保持してくれます。 WiMAXと比較した場合、Wi-Fi利用時では最大約10時間となっており、NEXT mobile(ネクスト モバイル)のおよそ半分程度となっています。 外出時にバッテリーが切れてしまうと、充電するところもないためとても不便です。 FS030Wのように長時間バッテリーが切れずに利用ができれば、外出先でもバッテリー残量を気にすることなく安心して使用することができます。 こうした点も、NEXT mobile(ネクスト モバイル)の評判が良い理由です。 バッテリー残量は、ポケットWi-Fiの液晶画面で確認ができるので安心です。 持ち運びが良いFS030Wであっても、何かの拍子に落として破損させてしまう可能性もあります。 万が一、落としたことでバッテリー消費が早くなった場合には、安心サポートに入っていることで端末の無償修理、または申告することで無償交換も可能です。 ポケットWi-Fiの魅力は持ち運びできるところにあるため、安心のためにも安心サポートを利用することをオススメします。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)の購入方法と使い方 NEXT mobile(ネクスト モバイル)を利用するまでは、4つのステップで行えるので初めての方でも簡単です。 申し込みフォームではプラン選択・オプション選択を行い、お客様情報を入力します。 お客様情報では、氏名・生年月日・住所・配送先・利用先・連絡先・メールアドレス・支払方法・配送希望時間などを入力します。 なお、申込方法はWEBの他にフリーダイヤルからも行うことができます。 万が一不備が見つかった場合には、確認の電話がかかってきますのでご安心ください。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)のFS030Wの設定のやり方・使用方法は、以下の通りです。 利用端末からWi-Fiをオンにし、FS030Wを選びます。 パスワードを確認する場合には、FS030W本体の電源を2回押すとSSID(無線LANのアクセスポイントの識別に用いられる文字列のこと)と、Keyが表示されます。 このうちパスワードとなるのはKeyです。 元の画面に戻す際には、再び電源ボタンを押します。 これでパスワードを確認することができます。 どれだけの容量を使用したかを確認したい場合にも、本体の電源を入れると分かります。 定期的にアップデートをする必要がありますが、アップデートを行うか行わないかを決定する場合には、本体の右側側面にある「WPS」と記載されているボタンを押すことで決定できます。 ボタンを押すごとに「はい」「いいえ」と切り替わるようになっています。 解約時の注意点 NEXT mobile(ネクスト モバイル)を解約する場合には、電話で行うのが原則となっています。 その際にはいきなり電話をかけるのではなく、事前に確認をしておくことがいくつかあります。 利用者自信が手続きをすることもあるため、まずは解約が完了するまでの流れを知っておく必要があります。 その際、担当のオペレーターはお客様情報を確認してから処理を開始します。 専用フリーダイヤルは0120-020-015で、受付日時は月曜~土曜(年末年始は除く)の11:00~18:00となっています。 なぜ返却しなくてはいけないのかというと、この端末はレンタル品だからです。 キャンペーンで「端末代金0円」と言っていますが、実際は無料でもらえるわけではなく無料で貸し出すという意味になります。 端末代金無料といわれるとタダでもらえるような気がしますが、実際のところはレンタル品なので注意が必要です。 ポケットWi-Fiの返却は、契約者が公式サイトに記載されている返却住所まで送ることになります。 その際の注意点としては、決められた期限までに返却することです。 もし返却期限を過ぎてしまうと、端末損害料金43,200円を支払うことになってしまいます。 解約は、契約者がやめたいと思った時にいつでもできるわけではありません。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)のシステム締日の都合上、毎月20日(20日が営業日ではない場合には、締日は翌営業日となります)までが受付期間となっており、解約月は契約者が電話をした月となります。 21日以降には解約を受け付けることができないため、翌月の1日以降まで待つ必要があります。 端末のレンタルサービスには有効期間があり、その期間は端末引き渡し日から、引き渡し日が属する月の翌月1日から計算して26ヶ月を満了した日までとなり、この期間が初期レンタル期間となります。 初期レンタル期間が満了となった後も、その期間内に更新しない旨を連絡しなければ、さらに24ヶ月延長されます。 この延長期間を再レンタル期間としています。 初期レンタル期間または再レンタル期間中に手続きを行った場合、NEXT mobile(ネクスト モバイル)側のトラブルによる場合でない限りは「解約違約金」を支払う必要が出てきます。 解約違約金は、サービス提供開始月~26ヶ月までは29,500円(税抜)、再レンタル期間以降は9,500円(税抜)となります。 また、初期費用無料キャンペーンなどで申し込んだ場合には、キャンペーン解約違約金9,500円(税抜)がさらにかかる場合があります。 なお、27ヶ月目の更新月に手続きをした場合には違約金はかかりません。 解約違約金に関しては細かいルールがありますので、わからない方はオペレーターに電話して契約前に確認しておきましょう。 こちらのサービスも契約前に知っておくと便利ですよ。 このサービスは、利用者が故意または水没以外の一般的な使い方をしていた状態で故障した場合に、無料で端末の修理や交換が行えます。 ポケットWi-Fiは、コンパクトで軽量なので外出先でも活躍してくれるのが魅力ですが、コンパクトなのでうっかり落としてしまうことも多々あります。 それが原因で故障した場合に、安心サポートに入っていれば無償で修理をしてくれるというわけです。 保証対象としては、取り扱い説明書などに基づいて正常な使い方をしていたにも関わらず、端末が故障してしまった場合や、NEXT mobile(ネクスト モバイル)が修理することを認めた故障などで、利用者の故意による破損や改造したことでの故障・水没・紛失・盗難・使用による劣化などは対象外となります。 ただし、対象外の故障でも修理することは可能ですが、その場合には有料となります。 ・PC設定 「PCプレミアムサポート」は、 ・インターネットがつながらない ・パソコンの調子が悪い ・Windowsのアップデートの方法が分からない ・Wi-Fi設定が分からない など、パソコンに関する様々な悩みを解決させてくれるサービスで、電話または遠隔操作によってサポートします。 PCプレミアムサポート専用受付ダイヤル(0570-070-200)があり、そこに電話することでオペレーターが丁寧に答えてくれます。 ・メールサービス NEXT mobileメールは、ウィルスフィルタやスパムフィルタに対応しているメールアカウントを利用できるサービスで、NEXT mobileから届く「メール申し込み内容のお知らせ」というメールの「お申込情報」と「サーバー設定情報」から、利用中のメールソフトで設定していきます。 なお、メールボックス容量を追加することもでき、その際には1GBごとに追別途200円の料金がかかります。 ・セキュリティサービス 「KINGSOFT Internet Security 2014」の高機能セキュリティソフトを利用できるサービスで、パソコンに侵入してくるウィルスを監視し、万が一ウィルスが侵入しても感染する前に駆除することができるので、安心してインターネットを楽しむことができます。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)のオススメポイントとは ここまでNEXT mobile(ネクスト モバイル)の評判が良い理由などを、他のポケットWi-Fiサービスと比較して細かくご紹介してきましたが、やはり一番の魅力は月額料金の安さではないでしょうか。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)の場合、20GBで24ヶ月まで月額2,760円(税抜)・30GBで24ヶ月まで月額3,490円(税抜)で利用することができます。 他社には、月額2,726円(税抜)とネクストモバイルよりも安い料金で2種類のサービスを提供しているところがありますが、この料金設定には落とし穴が存在します。 1つのプランは、月間データ量が無制限なうえ月額2,726円で利用できるのが売りとなっていますが、ネットワークの混雑を防ぐために、一定の条件を満たすと通信速度が落ちる速度制限があるのです。 また、初月から最大3ヶ月までしか適用されず、3ヶ月以降は3,411円にアップするというデメリットも存在します。 3ヶ月以降に3,411円にアップしてしまうなら、NEXT mobile(ネクスト モバイル)の30GB(月額3,490円)とそれほど料金が違わないため、後者を利用するという考え方もできます。 もう1つのプランは、初月から25ヶ月までは月額2726円ですが、月間のデータ容量は7GBに制限されるというデメリットがあります。 この容量では快適なインターネット生活を送るのは難しいと思います。 特に家族で数台端末を利用する場合には7GBでは絶対に足りません。 一方、NEXT mobile(ネクスト モバイル)ならば、月額2,760円で24ヶ月目まで利用することができ、データ容量は20GBと大容量なので、家族で数台利用してもデータ量を気にすることなく使えます。 さらに、NEXT mobile(ネクスト モバイル)ならばデータ量による通信速度の制限などはなく、さらに他社よりもつながりやすいです。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)の契約時には事務手数料として3,000円(税抜)が加算されますが、初期費用は無料となっており大変お得です。 他社では、初期費用を18,857円割り引くサービスなどを行っていますが、適用されるにはいくつかの条件を満たさなくてはなりません。 初期費用はどのサービスでも高額になっているので、NEXT mobile(ネクスト モバイル)では初期費用が無料なので非常に魅力的です。 こうした理由から、NEXT mobile(ネクスト モバイル)はデータ量も多いうえに月額料金が安いため、多く利用者から良い評判を受けているわけです。 NEXT mobile(ネクスト モバイル)とWiMAXの比較 NEXT mobile(ネクスト モバイル)とWiMAXで迷っている人も多いと思いますので、ここではポイントをまとめて比較して紹介しておきます。 通信エリア 通信エリアに関してはNEXT mobile(ネクスト モバイル)が勝利です。 エリアのカバー率を見てもWiMAXよりも広いですし、WiMAXは地下や電波環境が悪いと通信できなくなるところも多いです。 地下での作業や電波環境の良くない所での作業が多い方は、NEXT mobile(ネクスト モバイル)の方がいいかもしれませんね。 電波環境が良いところで利用する場合は、どちらにも差はありませんので、契約前に通信エリアや電波環境を調べてから契約するようにしましょう。 WiMAXは無制限なので1ヵ月どれだけ使っても通信制限はかかりません。 WiMAXの注意点は三日間で10GBを超えないと言う所だけです。 もし超えてしまった場合は、翌日の混雑時(18時頃~翌2時頃)に速度制限がかかります。 その後はまた速度制限が解除されますが、なるべく三日間で10GBを超えないように使いましょう。 価格 価格は契約プランやプロバイダーによっても大きく違いますので一概にどちらがお得とは言えないと思います。 ただし同じようなプランを比較してみると、NEXT mobile(ネクスト モバイル)もWiMAXもほぼ同じ価格でした。 WiMAXはプロバイダによって価格が大きく違いますので、WiMAXをお求めの際は月額価格や、ご自身のタイプによってプロバイダを決めましょう。 全てにおいて性能がアップしていますので、【W05】をお選びください。 WiMAXとよく比較されますが、どちらも性能や価格を見ても甲乙つけがたく、それぞれに特徴があるので、ポイントを押さえて利用するのが望ましいでしょう。 WiMAXを使っていて電波が途切れる方や通信エリアが気になる方は、NEXT mobile(ネクスト モバイル)への切り替えがオススメです。 逆にNEXT mobile(ネクスト モバイル)を使っていて月間の使用容量が足りないと感じる方は月間使量料無制限のWiMAXがオススメです。 ぜひ参考にしてください。 スポンサーリンク.

次の

ネクストモバイルの評判は?遅いって口コミの真相とメリット・デメリット

ネクスト モバイル 評判

ネクストモバイル nextmobile のwi-fiの本当の口コミ・評判 まずは twitterから情報収集! ご登録のお支払い方法により、下記のようになります。 が、充電器を買い間違えるミス。 さらにPCを忘れる大ミス。 — jikuasi 脱!社畜ブロガー jikuasi この前、ネクストモバイルのwifiで都内の地下鉄ホーム内で速度チェックしてみた。 MVNOなのに大手キャリアと変わらない結果に驚き契約して良かったと実感した。 wimaxはルールが多すぎですかね。 ソフトバンク利用者がSIMフリー端末で使用するタイプの専用SIMカードを発行してもらえた。 前機種の501HWと違い、IMEI制限が掛からないタイプのSIMカードだったので、ルーター以外のSIMフリー端末に入れたら通信できて驚いた。 Yモバイルの4G LTE とnextmobileのwifi速度比べしてみた。 時々YモバイルのLTEと変わらない速度が出たりするが遅くても常に10メガ以上は出るので動画も高画質で途切れなく観れた。 ネクストモバイルはソフトバンク回線なのですが、個人的にもソフトバンク回線は通勤中時快適だよ、という話も聞きました。 WiMAXはぶちぶち切れる路線があると。 ネクストモバイルのプランの特徴とFS030Wについて ネクストモバイルとはポケットwi-fiのサービスでギガネクスト20とギガネクスト30があります。 ソフトバンクの回線を利用するMVNOです。 4G通信を利用できる• 月額料金が安い。 25ヵ月後の維持費も他のサービスより格安。 3日間の通信データ量の上限がありません。 WiMAXと違ってソフトバンク系は容量は決まっていますが3日間制限がないのです。 端末代金が無料。 レンタルWifiではありません。 端末のFS030Wはくだり150mbps、のぼり50mbps、連続通信時間20時間、同時接続台数15台、質量約128gです。 ソフトバンク回線は電車通勤中はWiMAXより電波がよいという口コミも出回っています。 実際に電車内でずっと使っていましたが、大丈夫でした ちなみに、関東圏都内をメインに動いています。 格安simの遅い回線よりは快適に使えるのは間違えないでしょう。 お昼の遅さに悩むことももうありません。 チャットサポートがあるため不明点は聞いてみるのが早いでしょう。 スポンサーリンク ネクストモバイルFS030Wの評価や速度 追記 実際にFS030Wを使ってみました。 かなり軽くバッテリー持ちがいいです。 結構いい感じで感激しました。 ソフトバンク回線は くだり20mbpsぐらいは大丈夫ですね。 格安simのようにランチに重たくなったり翌月に速度が低下して使い物にならなくなったりもありません。 カバンにいれていても使えます。 端末が1階でスマホが2階でも使えますし、ちょっと驚いたのは温泉施設でロッカーにいれていて、わりと距離がある岩盤浴でも利用できました。 さすがに微妙に電波のたちが悪くなりましたが体感的には何も変わりませんでした。 使い方等はこちらの記事をみてください。 ネクストモバイルは501HWや304ztの取り扱いは現在はないようです。 バッテリー持ちや軽さは501HWや304ztよりFS030Wの方が上なのでfs030wでいいかなという気がします。 ネクストモバイルとWiMAXはどっちがいい? NEXT mobileは20gbでよければwimaxよりかなりお得に契約できます。 ソフトバンク回線は電車移動中や車内ではWiMAXより電波がよいという口コミも出回っています。 ソフトバンク回線はWiMAXのような3日制限もなく速度も早いです。 ただ、行動パターンが決まっている人はわりとWiMAXでも平気なこともあります。 その場合は 1ヵ月単位で契約できる「SPACE Wi-Fi」を試してみるとよいかもしれません。 解約手数料もありません。 スポンサーリンク ネクストモバイルの追加料金 事務手数料と充電器 初回のみ事務手数料3000と充電器1800がかかるようです。 他の料金は公式サイトに書いてあるとおりです。 ネクストモバイルの問い合わせ チャットサポートがあるため不明点は聞いてみるのが早いでしょう。 FAQもあるのでまず調べてみるのもいいかもしれません。 ネクストモバイルとあわせて検討したいWimax 2年縛りがないものもある ネウストモバイルの2年縛りが重いため、契約まで踏み切れいないという人もいるでしょう。 その場合は、WiMaxになりますが、いつでも解約できるSPACE Wi-Fiがあります。 WiMAXの最新端末です。 Wimaxの方がギガプランで利用すれば無制限に使えるからいいという人もいるでしょう。 とりあえず、縛りがないためお手軽に試せます。 2年縛りがあるWiMAXなら、とくとくBB、ラクポーン、リンクライフが提供するBroad WiMAXなどがあります。 ネクストモバイルの詐欺 余談ですが、ネクストモバイルで詐欺なんてキーワードがGoogleさんにお聞きしたらでてびっくりとしたのですが、モバイルネクストというまったく関係がない会社みたいですね。。 占いも関係ありません。 ポケットwifiのネクストモバイルとはまったく関係ないようです。 ネクストモバイルを運営するのはネクストモバイル株式会社 nextmobile株式会社 ではなく、株式会社グッド・ラックです。 グッド・ラックはフリーダイヤルで電話番号なども違いますね。 なので何の心配もしなくてもいいと思います。 ネクストモバイルの解約方法 ネクストモバイルwifiの解約は原則電話で行うようです。 20日までに手続きを済ませるようになっています。 料金等は変わる可能性があるので必ず公式サイトで確認をとってください。 ネクストモバイルのグットラックとどんなときもwifiの繋がり… すぐ気付いてしまったのですが、 ネクストモバイルを運営する株式会社グッド・ラックが新規サービスを開始しました。 【どんなときもwifi】といいます。 ネクストモバイルとどんなときもwifiの違いとしては、どんなときもwifiは容量が無制限になります。 容量が不足しそうな人はこちらがおすすめです。 料金はプランによっては若干高くなります。 端末は購入ではなくレンタルになります。 詳しくはこちらの記事をみてください。 代表取締役の名前や住所も一緒だったので、間違えないでしょう。 福井県福井市…福井の会社さんなのですね。 グッド・ラックの親会社は福井の株式会社オールコネクトです。 初期費用は2000円、違約金はありません。 ランサーズフリーランスWi-Fiは料金が高い!? ただ、ネクストモバイルと比較するとベースの料金がちょっと高いですかね。 フリーランスwi-fiてのがあったような 月120Gで6000円 月60Gで4500円 最初の登録費用2000円とサポ月500円 セキュリティが月300円 端末購入無、故障時交換無料 ソフバンの ウルトラギガ月5500円で50G 長い目だとどっちがいいのか — グルングルン gurungurun7 ネクストモバイルの欠点として縛りがあります。 その場合はサクラワイファイなんてどうでしょう。 他には縛りなしwifi、DMMいろいろレンタル、fuji wifiなどがあります。 ランサーズのフリーランスWi-Fi 申し込んでみたけど、案内されたページが表示されなかったり、金額が違うページに飛ばされたりして前途多難すぎ。 ランサーズ側の丸投げ感がひどくてサポートが最悪だった。 申し込む時点でこれじゃ先が思いやられるのでやめた。 速攻で退会した。 ご参考になれば幸いです。

次の

ネクストモバイル(NEXTmobile)の評判からわかったメリットと注意点

ネクスト モバイル 評判

「ネクストモバイルのサービスはお得?」「本当に速度は速いの?」など、ネクストモバイルの評判について、疑問を抱いたことはありませんか? 結論、ネクストモバイルのモバイルWiFiやホームルーターは、初期工事が不要で比較的安く便利なサービスとして評判ですが、 インターネットの利用環境や用途によっては、他にも検討するべき回線やサービスがあるので注意しましょう。 このページでは、長年光回線の営業をしていた筆者が、ネクストモバイルのモバイルWiFiやホームルーターの特徴を光回線と比較して明らかにした上で、自分にあったインターネット回線やサービスを失敗せずに契約するための方法について、以下の流れで詳しく解説します。 最後まで読めば、あなたに最もふさわしいインターネット回線を契約することができます。 ネクストモバイルの通信端末は2種類 「 」が提供している通信端末は、以下の2種類です。 モバイルWiFi• ホームルーター 端末ごとに共通した特徴と異なる特徴があるので、光回線と比較しながら下記で紹介します。 1-1. モバイルWiFiとホームルーターの共通点 モバイルWiFiとホームルーターの共通点は、下記の通りです。 速度が光回線より遅い• 光回線と異なり速度制限がある• 料金面は光回線より多少安価 それぞれ見ていきましょう。 速度が光回線より遅い 以下の表は、ネクストモバイルと大手光回線サービスの最大通信速度を比べたものです。 サービス名 最大通信速度 ネクストモバイル 150Mbps NURO光 2000Mbps ソフトバンク光 1000Mbps 明らかに光回線の方が高速で通信できることがわかります。 その理由としては、光回線は設置工事で家の中に直接回線を引き込むため、通信速度が速く、安定していることがあげられます。 光回線と異なり速度制限がある 光回線には、ネクストモバイルのモバイルWiFiやホームルーターのような速度制限がありません。 ただし光回線は、持ち運べないので、自宅での作業が多い場合や高速通信でオンラインゲーム等を存分に楽しみたい場合におすすめです。 したがって、 自宅のみで通信量を気にせず、快適にインターネットを利用したい場合は、光回線を選びましょう。 料金面は光回線より多少安価 以下の表は、ネクストモバイルと大手光回線サービスの月額料金を比べたものです。 しかし、 光回線はサービスの選び方や申し込み窓口によって、料金がかなりお得になる可能性があります。 後ほど 「 」で詳しく解説します。 1-2. モバイルWiFiとホームルーターの相違点 モバイルWiFiとホームルーターの相違点は、下記の通りです。 モバイルWiFiのみ持ち運び可能 モバイルWiFiは、光回線やホームルーターと異なり、 自宅外へ持ち運んで利用することができます。 出典:ネクストモバイル 自宅外で使用する際は充電作業が必要ですが、開通工事が不要なので、以下の場合におすすめです。 外出先で頻繁にインターネット通信をする• 引っ越しが多い ただし、モバイルWiFiは手軽に利用できる反面、 通信速度は光回線よりも劣るので、速度を重視したい場合は、光回線を選びましょう。 ホームルーターはおすすめしない ホームルーターは、コンセントにつなぐだけで利用できるので、誰でも簡単に自宅のインターネット環境を整えることができます。 しかし、 モバイル回線より実質的な料金が高く、 光回線よりも速度が遅い上に、短期的な通信制限にかかってしまうので、使用時の快適さやお得さを考慮するとおすすめしません。 ネクストモバイルの注意点 下記2つの条件どちらかにあてはまる場合は、ネクストモバイルのサービスを契約する際に、注意が必要です。 2年以内に引越しを検討している• 自宅で 安定した速度で高速通信したい その根拠は、ネクストモバイルの3つの特徴にあります。 契約後にプラン変更できない• 通信速度があまり期待できない• 月額料金が安いのは最初の2年間のみ それぞれの特徴について、下記で詳しく説明します。 2-1. 契約後にプラン変更できない ネクストモバイルは、 一度契約してしまうと2年間はプランを変更することができません。 ネクストモバイルの料金プランは、以下の3つです。 フラット20Gプラン フラット30Gプラン 使い放題プラン 月額利用料 2,400円 2,700円 3,100円 利用量 20G 30G 上限なし 契約時に最適だと判断したプランでも、通信環境や生活様式の変化によって、「想像以上に利用量が少なかった」「速度制限にすぐにかかってしまう」などといった問題が発生することもあります。 このような場合、プランを途中変更することができないと、非常に不便です。 もしそれでもプランを変更したい場合は、ネクストモバイルの契約自体を解消する必要があるので、手続き等に手間がかかってしまいます。 2-2. 通信速度があまり期待できない ネクストモバイルは、 光回線に比べて通信速度が非常に遅いです。 以下の表は、ネクストモバイルと大手光回線サービスの最大通信速度を比べたものです。 サービス名 最大通信速度 ネクストモバイル 150Mbps NURO光 2000Mbps ソフトバンク光 1000Mbps 明らかに光回線の方が高速で通信できることがわかります。 自宅のみで通信量を気にせず、快適にインターネットを利用したい場合は、光回線を選びましょう。 2-3. 月額料金が安いのは最初の2年間のみ ネクストモバイル、 最初の2年間とそれ以降の期間で、月額料金に500円の差があります。 公式ページでは、わざわざ「支払いイメージ」を見ない限り、500円割引が適用された最初の2年間の金額ばかりに目がいってしまいます。 出典:ネクストモバイル そのため、2年以上の契約を検討している場合は、25カ月目より月額料金が500円上がってしまうので注意が必要です。 決して最初の2年間の月額料金の安さだけに惹かれて、契約しないように注意しましょう。 インターネット回線を徹底比較 インターネット回線を失敗せずに選ぶために重要なポイントは以下の4つです。 提供エリア・安定性• 利用者の口コミ これら4つのポイントごとに、「ネクストモバイル」と「モバイル回線」「光回線」の代表的なサービスを徹底的に比較していきます。 3-1. 速度 ネクストモバイルのモバイルWiFiやホームルーターの通信速度は光回線より遅いです。 下記は、「速度」についての比較表です。 したがって、もし自宅以外でも頻繁にインターネット通信を利用する場合は、光回線よりも持ち運びができるWiMAXがおすすめです。 3-2. 料金 ほとんどの場合、ネクストモバイルのモバイルWiFiとホームルーターは、WiMAXや光回線よりも料金がお得です。 下記は、「料金」についての比較表です。 サービス名 月額料金 ネクストモバイル 2,400円~3,600円 NURO光 4,743円 ソフトバンク光 3,800円~5,200円 WiMAX GMOとくとくBB 3,446円 楽天モバイル 1,450円~5,450 円 ただし、光回線の料金は高額ですが、 高額キャッシュバックキャンペーンが設けられているため、活用するとかなりお得に契約できる可能性が高いです。 光回線のお得なサービスの選び方やおすすめの申し込み窓口については、後ほど 「 」で紹介します。 3-3. 提供エリア・安定性 通信サービスの「提供エリア」や速度の「安定性」は、光回線が最も優れています。 その理由は、設置工事を通して、各家庭に直接回線を引き込んでいることにあります。 光回線の提供エリア検索 光回線の場合、サービスによっては、国内ほとんどの場所で使用することができます。 代表的な光回線の提供エリアは下記のページで検索可能です。 ネクストモバイルはソフトバンク回線のため、ソフトバンクのマップを参考にしてください。 3-4. 利用者の口コミ ネクストモバイルの利用者の口コミの一例を紹介します。 ネクストモバイルのサービスを選ぶ前に知っておくべき注意点は、以下の通りです。 速度:個人差あり まずまずといった印象が見受けられました。 ネクストモバイルのホームルーターを買ったものの、初日はすぐに開通できた。 けど2日目以降Wi-Fiが繋がらない!なんで?サポートセンターに電話したんだけど分からなかった~ TT 誰か詳しい人いないかなー?😭 — Takako. I tako719 工事は不要というメリットがあるものの、接続上手くいかない場合やルーターの在庫が無い場合は、すぐに開通できない可能性もあるようです。 WiMAXの最もお得な契約方法 ネクストモバイルのモバイルWiFiは、マイナスな評判があまりないため、料金面のみで検討する場合は選択肢のひとつとなります。 しかし、 お得な料金で自宅以外でも快適にインターネットを利用したい場合は、より速度の速い『』を選びましょう。 WiMAXをお得に申し込むために、下記3点を正しく選ぶ必要があります。 契約プラン• プロバイダ それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種は「W06」、プロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶと最もお得です。 『GMOとくとくBB』: また電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 4-1. 契約プランを決める プランは「通常プラン3,609円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,263円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 4-2. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 4-3. プロバイダを決める 2020年7月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年7月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年7月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 その中でも 27,500円のキャッシュバックを受け取ることをおすすめします。 なぜなら、「W06」は、下り最大通信速度が867Mbps(有線接続の場合1,237Mbps)と現在手に入るどのポケットWiFiと比較しても最速であり、最も優れた端末だからです。 2020年7月16日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月16日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年7月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 光回線の最もお得な契約方法 ネクストモバイルのモバイルWiFiは、マイナスな評判があまりないため、料金面のみで検討する場合は選択肢のひとつとなります。 しかし、 自宅で安定した高速通信でインターネットを利用したい 場合は、『光回線』を選びましょう。 光回線は、契約方法によって、料金のお得さが大きく異なるので、以下のポイントをおさえて契約することが大切です。 光回線はスマホとセットで契約する また、選んだサービスごとに最もお得な申し込み窓口があるので、下記で合わせて紹介します。 5-1. 光回線はスマホとセットで選ぶ 先ほども紹介しましたが、 光 回線の会社は基本的にどのスマホを使っているかで決めましょう。 なぜなら、スマホ会社や提携企業の光回線とスマホのセット割を使うと料金がガクッと安くなるからです。 大手携帯会社は基本的にスマホと光回線のセット割を行っていますが、「どちらも使って欲しい」と考えていることから 割引額も圧倒的に大きいです。 例えば、auひかりをauのスマホとセットに使うことで、以下のようにスマホで毎月最大2,000円の割引を受けられます。 たくさんの人で設備を共有するので、マンションの方が若干安くなります。 状況によって価格が変動したり突如内容が変わるケースもありますので、必ず公式ページで料金を確認しましょう。 携帯会社のユーザーの料金は「光回線の料金-セット割金額」の実質的な負担で計算しています。 工事費についての補足 一戸建てで、新規に回線を引く時の基本的な料金を表示しています。 2019年7月以降、それらの事業者間で乗り換える際は多くの場合で 工事不要で乗り換えが可能です。 工事費がかからないケースが多いので、よりお得に乗り換えられます。 上記のようにスマホ会社のセット割の威力が凄まじいので、 光回線は基本的に使っているスマホに合わせて選んでいきましょう。 対応しているエリアが回線によってバラバラなので、以下のようにお住まいのエリアも考慮する必要があります。 また、大手各社には代理店や申し込み窓口となるプロバイダが存在し、そういった代理店経由で申し込むと高額なキャッシュバックももらえるので、申し込み窓口もしっかり選んでいきましょう。 後ほど紹介しますが、下記ページが各回線で最もお得な申し込み窓口です。 回線 最もお得な申し込み窓口 申込窓口ページ ドコモ光 GMOとくとくBB auひかり GMOとくとくBB ソフトバンク光 アウンカンパニー NURO光 アウンカンパニー ビッグローブ光 株式会社NEXT 一部のauユーザーは要注意! auひかりはまだ全国36地域しか対応しておらず、基本的に下記エリアの方は残念ながら対応していません。 中部 静岡県・愛知県・岐阜県 近畿 三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県 沖縄 沖縄県 ただし、実は上記の表の中でも下記2社はセット割である「スマートバリュー」に対応しています。 どちらもキャッシュバックや工事費の面でauひかりには劣りますが十分お得に使えます。 この中で「」が若干auひかりよりもキャッシュバックが劣るものの、工事費も実質無料で、お得ですので、上記エリアのauユーザーの方は「BIGLOBE光」にしておけば間違いありません。 ソフトバンクユーザーが使うべきなのは? ソフトバンクは提携している「」でもスマホとのセット割が受けられます。 ソフトバンク光よりNURO光の方が工事費も無料でお得ですが、一部のエリアでしか使えず、多くの マンションでは対応 していません。 対応エリアの一戸建てに住む方以外は、「」がおすすめです。 5-2. プロバイダと申し込み窓口を決める 上記で選んだ5つの光回線について、オススメのプロバイダと申し込み窓口をまとめました。 特にこれらは申し込み窓口がたくさんあり、また「ドコモ光」「auひかり」に関してはプロバイダもたくさん選べます。 そして、申し込み窓口によって、キャッシュバックなどの特典が変わりますので、慎重に選んでいきましょう。 ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ ドコモ光は公式ページもしくはプロバイダ経由での申し込みがメインとなりますが、 独自 キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。 ドコモは「dポイント最大10,000ptプレゼント」「工事費無料」というキャンペーンを行なっていますが、 プロバイダによってはプラスで独自キャンペーンを行なっているものもあります。 ちなみに、2020年7月現在、ドコモ光全24社のプロバイダの中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、 高額キャッシュバックが受け取れ、最高水準のWi-Fiルーターをレンタルできるのは、下記のプロバイダ一択です。 『』 以下、ドコモ光の代表的なプロバイダ4社のキャッシュバック額を比較しました。 したがって、 「キャッシュバック」と「ルータースペック」のレベルが圧倒的に高いので、 ドコモ光は「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします。 GMOとくとくBB 『』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。 「オプションなしで2万円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえます。 混みにくい接続方式v6プラスにも対応していて、とにかくハイスペックなルーターを無料で貸してくれるので、圧倒的におすすめです。 GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: 他の窓口ですと、 無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。 ちなみにGMOで借りられるルーターはどれがおすすめ? GMOとくとくBBでは3種類の高性能なルーターから選ぶことができます。 ただし、正直ここまでくると、どちらも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。 スペックで選ぶなら「 WRC-2533GST2 ELECOM 」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのがおすすめです。 キャッシュバック受け取りのステップ dポイントは自動的に付与されるので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介していきます。 auひかりのおすすめ申し込み窓口とプロバイダ auひかりは申し込み窓口が非常にたくさんありますが、 窓口によって、キャッシュバック金額・工事費・月額料金が変わります。 ちなみに、プロバイダでのスペックの差は全くない(公式に問い合わせ済)なので、料金に着目し、どこがお得かで選んでいきましょう。 キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように 全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。 比較の観点:• 一戸建てはずっとギガ得プランで開通月の翌月から36ヶ月、マンションは開通月の翌月から24ヶ月で計算。 マンションはタイプvの16契約以上の場合です。 以上のように比較すると、不要なオプションもなしで高額キャッシュバックがもらたり、割引が受けられる「」経由の申し込みがおすすめです。 スマートバリューを適用するために必要なひかり電話も無料でつけられ、月額で見ると最も安くなります。 GMOとくとくBB 『』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンをしている窓口です。 最大6. 1万円の業界最高クラスのキャッシュバックをする「」、月額料金を大幅に下げ、キャッシュバックも最大5万円もらえる「」の2つのキャンペーンから選べます。 auのスマホとのセット割に「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、どちらを選んでも最もお得にauひかりを使うことができます。 GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んでも最もお得な窓口ですが、マンションの場合は「」、一戸建ての場合は「」を選ぶのが最安です。 GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン: GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン: 他の窓口ですと、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。 ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ ソフトバンク光は、基本的にプロバイダが「Yahoo! BB」で固定されます。 「Yahoo! BB」はOCNの次に利用者が多いという調査結果もあるくらいたくさんの人が使っているプロバイダなので信頼できます。 ソフトバンク光は基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法がありますが、 独自のキャンペーンを行なっている代理店を窓口にするのがおすすめです。 ソフトバンクが行なっている「工事費相当額を商品券で還元」などのキャンペーンに上乗せして代理店のキャッシュバックをもらえます。 代理店も複数ありますが、比較するともらえるキャッシュバックのお金や受け取るためのハードルが全然違います。 その中で、無駄なオプション加入がなく、キャッシュバックの受け取り時期が最も早く、手続きがいらないのは以下の代理店です。 『』 以下の表で、ソフトバンク光の代表的な代理店3社について、キャッシュバックの「条件」「受け取り時期」「手続きの有無」を比較しました。 以上のように比較すると、キャッシュバックを追加オプションなしで申し込め、受け取り時期が圧倒的に早く、別途手続きをする必要がない「」経由の申し込みがおすすめです。 なぜなら、「LifeBank」「株式会社STORY」はキャッシュバック額が多いですが、4人ソフトバンク光に知り合いを紹介しないといけなかったり、家でしか使えないWi-Fiを申し込まないといけないなど、キャッシュバックの受け取り条件が非常に厳しいです。 またキャッシュバックの受け取りに1年近くかかり、別途手続きが必要なので、不便な上に申し込みから10か月後の手続きを忘れてしまうと全くもらえません。 アウンカンパニー 『』はソフトバンク光の代理店です。 ソフトバンク光の場合、基本的に高額なキャッシュバックはオプションや紹介など高いハードルをクリアしないとキャッシュバックをもらえません。 その中で、アウンカンパニーはオプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。 また、 申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです。 アウンカンパニー「ソフトバンク光キャンペーンページ」: 他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。 NURO光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ 「 」はプロバイダであるSo-netが提供する光回線ですので、So-netのプロバイダ一択になります。 また、NURO光は、基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法があります。 オプションをつけるとキャッシュバックが高額になりますが、オプション料で損をすることも多いので、最低限のオプションで申し込みをしましょう。 基本的に ソフトバンクとのセット割を受けて、実質月額料金をお得にするためには、ひかり電話の申し込みが必要です。 そのため、以下の表では、ひかり電話を条件に高額キャッシュバックを実施している代理店と公式ページを比較しました。 事前に確認しておくことをおすすめします。 NURO公式で申し込むと最もお得に見えますが、公式ページのキャッシュバックは、開通翌月15日後に受け取り手続きが必要なので手間がかかります。 また、 NURO光は、公式ページからの申し込むと、以下2つの落とし穴があるので注意しましょう。 ひかり電話の追加手続きが必要• キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうと1円も受け取れない 上記のように比較すると、 NURO光の申し込みは、ひかり電話とセットで38,000円のキャッシュバックを受け取れ、手続きなしで最短1ヵ月で35,000円が振り込まれる「」が最もおすすめです。 申し込み時の確認の電話で聞かれた口座番号に最短1ヶ月で振り込まれるのでもらい忘れもないので、損しないためにもこういったシンプルなキャッシュバックをしている代理店がおすすめです。 アウンカンパニー「NUROひかりキャンペーンページ」: BIGLOBE光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ ビッグローブ光は、公式ページもしくは代理店経由での申し込みがメインとなりますが、それぞれの窓口によって「キャッシュバックや工事費割引の金額」「工事費割引の適用期間」が異なります。 そのため、 本当にお得な申し込み窓口を選ぶためのポイントは、「キャッシュバック額+工事費割引額」です。 ちなみに、2020年7月現在、ビッグローブ光の数ある申し込み窓口の中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、 3年間の契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高いのは、下記の代理店です。 『 』 以下の表で、ビッグローブ光の公式ページと代表的な代理店3社について、3年間契約した場合の「キャッシュバック額」「工事費割引額」「工事費割引適用期間」を比較しました。 事前に確認しておくことをおすすめします。 以上のように比較すると、 契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高い「」経由の申し込みがおすすめです。 また、株式会社NEXT以外の申し込み窓口は、工事費割引の適用期間が40ヵ月間なので、工事費を実質無料にしたい場合、36ヵ月目の契約更新月に解約ができません。 もし契約更新月に解約をしてしまうと、4ヵ月分の工事費が一括請求されてしまうので、割高になってしまいます。 株式会社NEXT 『』は、ビッグローブ光をはじめ19社の光回線サービスを取り扱う販売代理店で、ビッグローブ光の最もお得なキャンペーンを実施しています。 「工事費無料+最大2. 6万円キャッシュバック」キャンペーンは、3年の契約期間内に工事費が実質無料になり、キャッシュバック額と合計すると最大5. 6万円もお得に契約ができます。 株式会社NEXT「ビッグローブ光キャンペーンページ」: 他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。 まとめ ネクストモバイルのモバイルWiFiやホームルーターの特徴を光回線と比較して明らかにした上で、自分にあったインターネット回線やサービスを失敗せずに契約するための方法について解説しましたが、いかがでしたか? 結論、ネクストモバイルのモバイルWiFiやホームルーターは、初期工事が不要で比較的安く便利なサービスとして評判ですが、 インターネットの利用環境や用途によっては、他にも検討するべき回線やサービスがあるので注意しましょう。 光回線のおすすめサービスとお得な窓口• ドコモ光:GMOとくとくBB• auひかり:GMOとくとくBB:• ソフトバンク光:アウンカンパニー• NURO光:アウンカンパニー• ビッグローブ光: 株式会社NEXT モバイル回線のおすすめサービスとお得な窓口• WiMAX :GMOとくとくBB このページを参考にして、あなたが自分に最適なインターネット回線を契約できることを心から祈っています。

次の