価格 com 引越し。 価格.com引越しの口コミはいい?見積もりのメリットとデメリット

価格.com

価格 com 引越し

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

価格.com引越しの口コミはいい?見積もりのメリットとデメリット

価格 com 引越し

kakaku. その中でも家電の比較で実績のある価格. comにも引越し見積もりサイトがあります。 他のサイトとの違いをまとめてみましたので参考にして下さい。 このページの目次 CLOSE• comの一括見積もりについて 家電好きなら価格. comを使って料金比較をした経験者は多いでしょう。 大元は株式会社カカクコムという、価格. comや食べログなどのウェブサイトを運営する企業ですが、 比較のノウハウを最大限に活かして引越しの一括比較も手がけるようになりました。 特徴 では具体的に価格. comの引越し見積もりにはどのような特徴があるのでしょうか。 順番に説明していきます。 利用者のリアルな声がたっぷり聞ける 家電比較サイトの価格. comは利用者の口コミが購入の決め手に大きく関わっていますが、 価格. com引越し見積もりの場合も同じことが言えます。 サイトにある口コミよりも詳細な「引越しレポート」は、 支払った料金、移動距離、荷物の量、スタッフの対応、全体の感想など細かく記されおり、 これから引越しを考える人におすすめです。 100社以上の提携業者から制限なく自由に見積もりできる 価格. com引越しは、大手でアート引越センター、クロネコヤマトの引越し、ハトのマークの引越社など、 地域密着型では引越本部長、レジェンド引越センターなどおよそ100社以上もの提携企業があります。 他の一括サイトでは200を超えるところもあるので、物足りなく感じるかもしれませんね。 覚えておきたいのは、いくら提携企業が多くても最終的に1社に絞るのが目的であること。 そこまで不安を感じる必要はないでしょう。 ただ価格. com引越し見積もりの場合、よそでは上限10社の見積もりなど制限がありますが、 こちらは条件に合うものを全て比較できます。 自分好みの業者全てを自由に比較できるので満足するユーザーも多いです。 見やすくシンプルな画面表示で分かりやすい やはり料金比較のプロである運営会社のカカクコムが提供しているため、 ユーザーが一番知りたい料金について詳しく記載しています。 料金だけでなくサービスや口コミを見ながら最終的に決められるので、 満足度も高いものとなるでしょう。 引越しの流れや役立つ情報の提供 引越し業社を比較して絞り込んだ後は何をすれば良いでしょうか。 comの引越しでは「引越し手続き完全ガイド」と称して、 引越し業者の選び方、契約後のキャンセルについて、引越しの一番安くなる時期、 引越しやることリストなど様々な役立つ情報を掲載しています。 これを読めば慌てずに引越しできそうですね。 また各都市の引越し相場も一見の価値あり、意外な発見があるかもしれません。 期間限定のキャペーンも実施中 様々な生活応援キャンペーンを行なっています。 執筆当時のキャンペーンでは、 現金10万円か外れた場合も1万円が当たるというものを行っていました。 引越しはなんだかんだと非常にお金がかかるのでこれは嬉しい特典ですね。 申し込み条件は、価格. comの引越し見積もりを通して引越しをすることなので、 特に難しくはないでしょう。 また毎月3名に現金5千円が当たる引越しレポート投稿募集キャンペーも実施中で、 レビューを書くのが得意な人や引越し体験談を話したい人におすすめします。 こちらの条件は価格. comIDの取得とログインが必須です。 なお、キャンペーン内容は執筆時のものなので、 最新の情報は公式サイトでチェックして下さい。 サイトの使い方 では実際にどうすれば見積もりを一括でとれるのか、 その方法や一括見積もりの流れをまとめました。 まず自分の情報を集めておく 価格. com引越しの画面を開くと早々に「一括見積もりスタート」の画面表示が現れます。 クリックすると見積もりがスタートするので、 慌てないためにあらかじめ正確な個人情報や連絡先を用意しておきます。 このとき必要な情報は、現住所と新住所についてです。 新住所については詳細な番地までわからなくても市区郡までで構いません。 連絡先ですが一括見積もり後に各引越し業社から、 電話やメールにて詳細な見積もりが送られてきます。 必ず連絡の取れる正確なものを用意しておきましょう。 住所や荷物を入力する 準備ができたら画面の表示にしたがって入力していきます。 住所、引越し人数、引越し希望日と入力したら、 次は新居へ業者に運んでもらう荷物の詳細についてです。 ベッド、テーブル、電化製品、カーペットなど色々種類に別れており、 少し面倒ですが1つずつ細かく入力した方が引越し料金も正確に出やすいのでおすすめします。 あらかじめ廃棄処分する荷物は個数に入れなくて構いません。 最後に名前や連絡先を入力する 運搬する荷物の入力が終えたら最後は自分の氏名や連絡先の入力となります。 ここまで早い人なら3分弱でしょう。 比較した引越し業社から連絡が来る 見積もりはだいたい二日以内に取れることが多いです。 早ければ見積もりしたその日に業者から連絡が来る場合もありますが、 短期間で全ての業者から料金の概算が届くのでとても効率的でしょう。 実際利用者の中には予想外に見積もりが早かったという声が圧倒的です。 一括見積もり後の流れ 電話やメールでの見積もりはまだ確定ではありません。 実際に業者が自宅を訪問し運搬する荷物や家の状況などチェックしたのちに、 正確な料金が決定されます。 このときなるべく値段が変動しないように、一括見積もり時に細かく入力しておきましょう。 訪問見積もりで交渉の際できるだけ安くするコツは、すぐに一社で即決するのではなく、 訪問に来る業者それぞれに価格競争をしてもらうことです。 安くする代わりに梱包やダンボールの無料提供など、色々なサービスを提案するところもあります。 こちらの詳細は価格. comの引越し見積もりのホームページにも記載されていますので、 興味のある人はチェックしてみましょう。 comの引越しの口コミ評判 家電の比較で使ったことのある価格. comの系列だったので安心して利用できました。 参考になる引越しレポートがとにかくたくさん掲載されており、その中で一番好印象だった業者が自分の地域を担当していました。 気になる業者を含めて一括比較できるのがとても良かったです。 実際に引越しましたが評判通りで大満足。 思わず私もレポートを書いてしまいました。 他の一括サイトと何ら違いがありませんでした。 可もなく不可もなくといったところ。 でも口コミは良いものと悪いもの隠さず掲載しておりそこは評価できます。 地域密着型の業者は口コミがないと利用するのが怖いので。 メールだけでやりとりしてくれる業者がなかった。 仕事中に知らない番号からたくさんの着信があり困りはてました。 1日中仕事などで外にいるのが多い人は一括見積もりは向いてないかもしれません。 おすすめの一括見積もりサイト.

次の

引越し一括見積ナビ

価格 com 引越し

単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 52,210 円 平均 75,761 円 平均 99,206 円 平均 124,872 円 平均 156,449 円 平均 211,717 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 42,496 円 平均 58,981 円 平均 78,374 円 平均 99,966 円 平均 122,343 円 平均 149,220 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 47,698 円 平均 64,493 円 平均 89,964 円 平均 112,434 円 平均 143,856 円 平均 192,766 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 51,419 円 平均 82,816 円 平均 116,164 円 平均 146,649 円 平均 178,904 円 平均 252,965 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 59,989 円 平均 98,207 円 平均 153,954 円 平均 195,514 円 平均 243,687 円 平均 347,415 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 69,406 円 平均 120,496 円 平均 212,637 円 平均 275,409 円 平均 310,461 円 平均 374,965 円 また、アート引越センター塚本斉さんによると、繁忙期の中でも特に料金が高くなる時期があるとのことです。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でもたとえば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、その中でも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 繁忙期に引越しを予定している人も、3月中旬までや、4月中旬以降に引っ越すことで、一番費用が高い時期を避けることができます。 単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 44,358 円 平均 57,503 円 平均 75,151 円 平均 93,485 円 平均 116,447 円 平均 165,171 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 36,609 円 平均 48,514 円 平均 65,379 円 平均 80,743 円 平均 100,097 円 平均 143,342 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 38,730 円 平均 50,077 円 平均 71,478 円 平均 90,917 円 平均 118,388 円 平均 156,573 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 46,950 円 平均 65,166 円 平均 88,235 円 平均 105,027 円 平均 134,730 円 平均 189,609 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 56,149 円 平均 81,866 円 平均 111,441 円 平均 147,811 円 平均 180,431 円 平均 230,000 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 65,776 円 平均 100,545 円 平均 157,987 円 平均 198,821 円 平均 240,697 円 平均 341,262 円 単身引越しの場合、繁忙期であれば、4万円~6万円、通常期であれば、3万円~5万円が相場と言えそうです。 また、 3人世帯が同一県内に引越した場合(50km未満)、繁忙期であれば、平均相場は11万円程度、通常期であれば8万円程度です。 これに加え、新しい住居の契約時の初期費用には、以下のようなものがあります。 1.礼金 礼金とは、住宅を借りる際に貸主(大家さんなど)に渡す費用のことを指します。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、礼金を必要としない場合もあります。 退居時に返還はされません。 2.敷金 敷金とは、補修費用や家賃が支払われなかったときのために、貸主が借主から預かっておく費用のことを言います。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、敷金を必要としないケースもあります。 敷金は礼金とは異なり、入居している間に賃料の滞納や補修費用が発生しなければ、退居時に返還されます。 3.前家賃 契約時に賃料の翌月分を前払いするケースが多くなっています。 例えば、3月に契約、4月からの入居が決まっている場合、契約時に4月分の家賃を前払いします。 また、4月の中旬からの入居が決まっている場合は、4月分の家賃(日割り計算)にプラスして5月分の家賃を払うことが一般的です。 4.仲介手数料 不動産会社を介して住居を探す場合は、月額賃料の0. 5カ月分~1カ月分の範囲内で仲介手数料が必要となることが多いです。 しかし、賃貸借契約とは別なので、自分で火災保険を選ぶことも可能です。 保険料や保険の適用範囲などを丁寧に確認し、自分にあった保険を選ぶのがいいでしょう。 上記のような費用を全て含むと、相場としては 賃料の4カ月分~6カ月分と考えることができそうです。 賃料や敷金・礼金の設定によって大きく変わるため、住居を決める際には必ずあらかじめ計算をしてみるようにしましょう。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日117,944円に対して、土日117,659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 時間帯別の引越し費用相場 引越し時間帯別の費用は、曜日別の費用よりも大きく変わる傾向にあります。 単身者の引越しの場合、一番安い7時以前と一番高い8時ごろの平均金額の差は33,101円です。 家族・カップルの引越し料金では、一番安い19時以降と一番高い7時以前の平均金額の差は83,781円もあることがわかりました。 基本運賃 引越しの距離や作業時間によって決まる料金です。 見積もり書に必要な項目などのモデルとなる約款を国土交通省が定めています。 実 費 引越し作業員の人件費や、ダンボール箱などの梱包資材費、高速道路を利用した場合の交通費などです。 付帯サービス エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送料、ハウスクリーニング、不用品処分など様々なサービスが提供されています。 引越し費用の安い時期・高い時期 引越しが集中する繁忙期は、3~4月と言われています。 この時期は、学生であれば「入学」「卒業」、社会人であれば「就職」「転勤」と、新しい生活を始める人が多い時期です。 反対に、繁忙期である3~4月を除いた期間のことは「通常期」と言われています。 繁忙期と通常期の引越し料金相場について、もっと詳細に月別のデータを見てみましょう。 右記は荷物が少なめの単身者の月別の引越し料金相場データです。 最も引越し料金が高いのは3月、次いで4月ということで繁忙期が高いという結果になっています。 次に、家族の引越し料金を見てみましょう。 右記は4人家族の月別の引越し料金相場データです。 単身者のデータと同様、3月と4月が最も引越し料金が高いのですが、通常期との差が単身者より大きいのが特徴です。 家族の引越しの場合、休みを合わせる必要があるうえ、子どもの学校などの事情により、3月と4月の繁忙期に引越しが集中する傾向があるのかもしれません。 引越し費用を安くするポイント 引越しの費用を安く抑えるためにできる工夫を紹介します。 ここまで解説したとおり、トラックを使う分、見積もり料金も上がってしまいます。 そのため、大きめの家具は思い切ってリサイクルに出すなどして、新しいものを購入してもよいかもしれません。 もちろん全てを新調するとなると引越し費用はかさんでしまいますが、「持っていくより買ったほうが得!」と判断できるモノに出合えたなら購入を検討してみては?もちろん、新たに購入したものは新居への配送をお願いしておきましょう。 なかでも午前中が人気とのことです。 年度末になると進学や就職、転勤などで引越しをする人が増え、スケジュールを押さえるのにもひと苦労。 午前中が人気な理由は、時間を「〇時から」と指定できることと、その日のうちに引越しを終えて落ち着きたいという人が多いためです。 こうした条件で引越し業者にお願いすると、同じような条件を希望する人はたくさんいるため、引越し料金の交渉は難しくなってしまいます。 そこで、「平日でもいい」「時間は何時でもOK」など、希望の日程に幅をもたせるようにしましょう。 そうすることで引越し業者側もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ引越し料金の交渉をすることも無理ではありません。 自分のスケジュールを考えながら、「譲れるポイント」を探し、引越し業者に相談してみるのがおすすめです。 Q2運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえますか? A運送を請け負う引越し業者は、お客様の大切な荷物を守るために保険に加入しているため、多くの場合補償を受けることができます。 ただし、保険では補償できないものもあります。 【補償に限度額があるもの】 ・貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む)…1梱包当たり10万円まで ・貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董、彫刻物およびその他の美術品…1個または1組当たり10万円まで 上記は、たとえ10万円を超える金額であっても10万円までの補償。 現金や貴重品、美術品は運搬できないとしている引越し業者も多いことから、これらのものを梱包するのは避けましょう。

次の