ガルドドン 賢者 立ち回り。 ガルドドン!サポ&パラ構成で挑戦したぞ!

ガルドドン!サポ&パラ構成で挑戦したぞ!

ガルドドン 賢者 立ち回り

ガルドドン1へ行きます 1の日が来てしまったので行きます。 ガルドドン用の装備を変更する ガルドドン3は実装当日に討伐者が出たんだけど構成が2種類あって1つがパラ・賢・賢・魔戦。 もうひとつがデス・賢・賢・魔戦の構成でした。 緑玉の様子を見るとデス入りのゾンビ戦法の方が主流になりそうな予感です。 デス入り構成はバフ付き蘇生の強さで死のペナルティが少し軽くなる事と耐性が必要無いので装備を揃える難易度が低くなる事が魅力になると思います。 という事で私も時流に乗り遅れないようにデス入り構成用に装備を変更しました。 まだこの構成が確定ではないので少し早まったかもしれないけどもう買ってしまった後なので知ったこっちゃありません。 装備はソポスの攻撃魔力埋めで上下揃える事にしました。 頭はHPです。 耐性は何もなし。 これが正しい選択かは今の所は分かりません。 本当に分からないです。 ただ現時点では雷100も耐性盛りもお呼びでない事は分かっているので思い切って揃えました。 ソポスは元々防衛軍用に1セット持っていたのでそれに体下の攻撃魔力盛りと頭のHP盛りを新たに買い加えただけのお手軽強化です。 攻撃魔力は体上が45体下が50です。 ゾンビ戦法なのでよく考えるとHPは必要ないんですよね。 緑玉を見ると結構な数の賢者のHPが670ぐらいあったので深く考えずに合わせてしまいました。 もしかすると早まったかもしれませんね。 戦神のベルトが扇闇13では無く両手杖の物になってました。 何でこうなっちゃうんだろう。 一緒にパーティーを組んでくれた人達に申し訳ないです。 ごめんなさい。 ガルドドンへ行く 装備にお金も掛けてしまったし何時までもマイタウンの中をぐるぐる駆け回っていても埒が明かないのでガルドドンへ行きます。 ラッキーな事に最初に誘って貰ったパーティーが何と希望していたデス構成でした。 リーダーがこの構成は初という事で私も少し気が楽に。 これがデス入りの最大のメリットですね。 蘇生時に魔力覚醒付与…。 これで復活直後のターンから敵を攻撃することが出来ます。 パラ構成とデス構成の違いはタゲ下がりのスピードと言うか余裕です。 デス構成の壁役は魔戦なので軽いです。 押されるスピードが早いのでタゲになった時余裕を持って下がったと思ってもすぐに追い付かれてしまうので余り出来る事はありません。 でもここで無理な行動をして追い付かれて攻撃を受けてしまうといくらゾンビ戦法と言っても限度があるので追い付かれるぐらいなら何もしないほうがマシと思ってじっと我慢します。 1回でも攻撃出来れば良いです。 デス構成でもう1つ特徴的なのが回復行動を殆ど取る必要が無いという事です。 賢者に至っては全くする必要はありません。 回復役はデスマスターが引き受けてくれます。 この回復は聖女ラインを維持するための物みたいですが良く分かりません。 岩石ストライクみたいに聖女で防げる技があるのでそのためなのかなと思います。 復習の聖女は元々付けてあったんだけどゾンビ戦法のおかげで結構役に立った感はあります。 機神の眼甲まで求められると困りますけど…。 付けておいて損はないですよね。 賢者が気を付けるのはデスが死んだ時の立ち回りくらいです。 デスが死んだらもちろん賢者が起こすんだけどその時点ではデスはターンが貯まっていないので何も出来ない状態なんですね。 デスの仕事が蘇生と言っても自分が蘇生させられた直後は何も出来ないのでそこを踏まえてフォローするのは大事だと思います。 デスの仕事を取っちゃうとか魔力覚醒が付かないのは勿体無いとか考えずにとっとと4人にしてタゲを増やした方が安全だと思います。 ジゴデインにはマホステ。 これで完璧に防げます。 私はこんな魔法の事すっかり忘れていました。 有効時間が短いみたいなのでバフアイコンは要チェックです。 ゴミ箱みたいなアイコンですね。 ようやくガルドドンに勝利です。 初日ではなく2周目? の勝利だけど嬉しくないこともなくはないです。 前述の通り私は両手杖のベルトを付けていたので扇のベルトに変えていればもっと早い討伐タイムが出た事と思います。 記念写真なんてスコルパイド3を倒した時以来です。 うーんなんでまぶしいのポーズにしたのでしょう。 わからない。 このあとパラ構成で2飯挑戦したんだけど上手く行かずこれが最後と思って出した緑玉で誘って貰ったパーティがまたまたデス構成でした。 上に買いたアドバイスめいた書き物は主に2戦目のデス構成の時にやらかした事からの反省を踏まえて書かれたものです。 私は初めてガルドドン1を倒して少し調子に乗っていたのでした。 1回勝ったぐらいで調子に乗ったらすぐにこのザマでした。 ちなみに上の画像はタゲの私がガルドドンに追い付かれてパーティーを壊滅させてしまったシーンです。 だから追い付かれるくらいなら何もしない方がマシなんですよね。 ちなみにこのパーティーには賢者は回復しなくていいとかきせきの雨も要らないとかジゴデインにはマホステとかもう何というか基本的な事を教えて貰いました 指示厨って意味じゃないよ。 そのぐらい知っとけよと思うかもしれないけど本当にその通りだと思います。 ジゴデインにはマホステ。 常識でしょ? このパーティではガルドドンに何と1飯で2勝してしまいました。 私てっきり勝ち解散だと思って1勝目で家に帰っちゃったんだけどそう言えば緑玉に1飯と書いたのでした。 1飯ならそりゃ飯が切れるまで戦い続けますよね。 これで今日はガルドドン3勝です。 明日は後ろめたい思いをせずにガルドドン2に挑戦できます。 …別にそんな事をしたことがあるわけではないんですけどね。 想像したことならありますけど。 明日は 正直デス構成というのが生まれて賢者ではなくデスがやりたくて仕方ないです。 火力職はやっぱり討伐に直接関わるポジションなのでプレッシャーが大きいです。 自分の手数が討伐の成否に影響するので責任重大なんですよね。 ビビって手数が減って時間切れなんて事になったらそりゃ大抵アタッカーのせいですよ。 20分生き残れる力があるのに倒せないんですから。 私はそういう事をダクキン4で学びました。 ダクキン4で私は戦士をしていたのです。 レーザーの中で戦うのが嫌でよくレーザーの前でダクキンがこっちに来るのをボッ立ちで待っている戦士でした。 結果は当然時間切れのゲームオーバー。 そして何時しかダクキン4を戦士で戦うのを諦め僧侶に鞍替えするエル子の姿がそこにあったのでした。 だから火力職はダメです。 次のガルドドン1からはデスマスで挑戦するつもりです。 明日は賢者の立ち回りしか知らないので賢者で行きますが明日が最後です賢者で行くのは…。

次の

剛獣鬼ガルドドン攻略/聖守護者の闘戦記

ガルドドン 賢者 立ち回り

こんにちわ セリスです。 今回は「 デスマス構成」の 賢者装備って何をそろえたらいいの?と思ったので調べてみました。 実装当初はパラディン構成かと思われましたが、パラディンの難易度が高く デスマス・賢者・ません構成が現在討伐しやすく主流になってます。 デスマス構成の際の賢者の立ち回りは「火力」なので、火力重視の装備です。 デスマス構成・ガルドン扇賢者装備 死ぬ前提なので、もう耐性100いらない感じなので ソポスセットの攻撃魔力盛りかな 耐性つまないなら おぞましいおたけびでマヒ混乱受けて無駄ターン防ぐためにも、いっそのこと死んでくださいって感じ・・・? とにかく火力を つめるだけ積む 速度をあげるだけあげる 会心率をつめるだけ積む というところに重きをおいてみました〜 火力もり装備• 武器 プロセルピナ(扇)呪文速度• 盾 ルーンバックラー 盾ガード率• 頭 ソポスの額冠 MP・混乱・封印• からだ上 ソポスのころも上 攻撃魔力• からだ下 ソポスのころも下 攻撃魔力• うで ソポスのうでわ 呪文速度• 足 ソポスのサンダル すばやさ or 移動速度• かお モノクル or 死神のピアス or 機神の眼光 暴走率か、呪文ダメージ+5か、ためる• くび 智謀の首飾り 闇ダメージ+1%• ゆび 魔導将軍のゆびわ• むね セルケトのアンク• 札 不思議のカード 攻撃魔力・きようさ・すばやさ• ほか まよけのすず• 紋章 アガレス• 証 ガナン帝国の勲章(会心と暴走) 以上、一例でセリスはまだアクセもベルトも装備も何もかもそろってませんがこれを目指して装備そろえてます。 最新のブルの盾でもいいかもしれない。 こうげき魔力盛りは パル練金じゃないので雷耐性よりは敷居低いし 練金石も使えるし助かります。 扇の呪文速度やベルトの扇闇13とかはほんと運なので、出なければ会心率アップとか勇者姫の闇呪文10とかで代用かな。

次の

ガルドドン戦の魔戦の装備・耐性・スキル・立ち回り/聖守護者の闘戦記

ガルドドン 賢者 立ち回り

今日も日課 ガルドドンはやっぱり賢者で行きます。 前回デスマスで行った時の失敗を思い出して少し気後れしてしまいました。 単にビビっただけとも言います。 まずは座学で知識を蓄えておきます。 そうなると今日もいつもの日課。 いつものドラクエ10ということですね。 デスマスでガルドドンへ行った やっぱり気が変わったので今日からデスマスでガルドドンに挑戦することにします。 一周スルーしちゃうのはやっぱり時間が勿体無いのでまだ立ち回りの知識に曖昧な所もあるけれど存分に恥をかく覚悟で望みたいと思います。 でもデスマスが出来るようになればいちいち宝珠の入れ替えをせずにガルドドンで遊べるので頑張るしかありません。 しょうもない動機ですが私には大切なことです。 一戦目はリーダーの言葉から察するに練習パーティーだと思います。 気がするだけです。 立ち回りは久しぶりのデスマスなのでやっぱり変な動きでした。 基本的にはターン頭とターン終わりには何も行動せず誰かが死ぬのを待って蘇生していれば良いのだけど慣れてないとそれすら出来ません。 慌てて特技を中断してザオラルとか今日一日であるある過ぎました。 あとは後衛の壁になる意識などは基本中の基本ですがいざやるとなるとなかなか難しいです。 使う特技は色々やろうとすると混乱するので攻撃系は死霊召喚・デスパワー解放・呪詛・大呪詛・魔結界の5つのみ魔法はザオラルだけ回復系は深淵の契り・反魂の秘術に絞りました。 と言っても使ってないのは恐らくハデスの宴ぐらいだと思いますが…。 一戦目は勝ち解散で一度も全滅する事無く倒すことが出来ました。 討伐タイムは14分34秒69。 ミスが多かったけど無事倒せたので良しです。 今日のガルドドン戦は4飯で勝ち解散が2PT周回が2PTで練習としては十分過ぎるぐらい学べた…と思います。 あとは微妙に手持ち無沙汰な時に何をするかとか攻撃機会の増やし方とかを覚えたいですね。 私が不慣れなだけでしょうけどなんかあるんですよね何もやることのない時間。 あとは岩石ストライクの時の聖女、ジゴデインの時のマホステが入っているかの判断もちゃんとしないとダメですね。 ここで判断が早ければ一回行動できるので大事です。 とにかくデスパワー解放につなぐためにちまちまと呪詛でパワーを溜めないといけないので行動の機会が大いに越したことはありません 当たり前か。 今日はこのザオラルの中断もよくやらかしました。 それと置きザオももっと早くならないとダメですね…。 これはもう色んなタイミングでザオをしてみて実地に学ぶしか無さそうです。 まだ始まったばかりですから仕方ないですけど出来るようにならないことが山盛りですねえ。 あ、そう言えばデスのタゲ判断も賢者と違って難しいんですよね。 ま…しばらくは1と2に籠もって頑張りたいです。 エンド攻撃をヒョイヒョイと避ける魔戦もいましたね。 こういうプレイの合わせ方も分からないです。 一応ザオ待機はしているんだけど結構無駄ターンになっているしどうしたら良いのだろう。 完全にデスマスのプレイヤーとしては出遅れているので経験値はもう全然足りていませんねえ。 今日の最速討伐タイムは4PT目の9分40秒55でした。 1の日はこれを超えるのが目標になるのかな。 2回目のデス初日ですが今回は滞りなく終えることが出来たのでこれからも何とか続けられそうです。 ちなみにデスマス装備はこんな感じです。 智謀派と金ロザ派、機神の眼甲派と死神のピアス派、色々考え方があるようです。 基本賢者装備の使い回しですがソポス足だけデスマス用に素早さ埋めを買いました。 無くてももちろん良いでしょう。 たかが素早さ45の違いで一体何が変わるというのでしょう。 …分かっているなら買わなきゃ良いのにね。 また無駄遣い。 常闇へも行った ちゃんと常闇も行きました。 サポ集めからでも15分あれば終わるので楽なものです。 まあ楽な日もあればそうでない日もあります。 危うく本日2度めのさらし首になる所でした。 明日は… ガルドドン2とレギロガ1の日です。 レギロガはあと2勝すればお終いなので頑張ります。 ガルドドンは1も勝てたんだし2も普通に行けるはず…のような気がします。 これに同盟も加わるので忙しい日になりそうです。

次の