勃起 力 サプリメント。 勃起力の増大に最適なサプリメントが決定!

勃起力を上げる最強のトレーニングガイド【保存版】

勃起 力 サプリメント

精力アップにはツボ押しがおすすめ 人体には色んなところに、刺激するとなんらかの効果を得られるツボがたくさんあります。 その中には男性の股間に効くものまでありますので、行為の前に一押ししたり、毎日の生活の中で一押ししたり、そんな簡単に精力アップができるなら、試してみない手はないでしょう。 というわけで、今回は一般にはあまり知られていない、股間に効く精力アップ間違いなしのツボをいくつかご紹介したいと思います。 この方法を実践して、かつての自分を取り戻しましょう! 東洋医学では体の基本となすものを「気」と「血」であるとしています。 「気」は目に見えないエネルギーのこと「血」は血液、血流ばかりではなく、体内の水分、体液のこと全てを表しています。 この気と血を合わせて「気血」と呼びます。 気血が体の中をスムーズに流れることで健康な状態を維持できるのであり、勃起もしやすくなります。 しかし、体内の気血は停滞しがちです。 ツボを押すことで気血をスムーズに流すことができます。 耳を触って精力アップ! 耳にある股間のツボ 外生殖器 耳の外側をぐるっと一周している硬い部分がありますよね? その上のほうにあるのが「外生殖器」というツボでペニスの機能を高めると言われています。 出典: これは男性ホルモンの分泌を助けるツボとされており、もちろん精力アップにつながります。 また余談ですがダイエットにも効果があるようなので肥満でお悩みの方は試す価値があるかもしれませんね。 他にも耳にはいくつかのツボがありますが、とりあえずはわかりやすいこの二つを行為の前なんかに指で刺激して、あなたの股間の準備体操としてあげましょう。 指を触って精力アップ! こっそり触れる指のツボ こちらもいつでも押して精力アップを期待できる指のツボです。 まず左手の人差し指を見てください。 手のひらは下にして、自分の爪が見えますね? そうしたらその人差し指の先、親指側の爪の付け根あたりを見てみましょう。 そこが商陽というツボです。 出典: このツボも刺激するだけで精力アップが期待できます。 ただし、このツボを押すときには優しく、ではなく少し強めの力で押さえるようにしてくださいね。 反対の手の親指と人差し指で挟み込むように揉んでいきます。 少し痛いと思うぐらいの力加減で、1秒押して1秒離すことを10回程度行ないます。 イメージとしては、「キュッキュッ」とリズミカルに押すような感じです。 「つまようじ」や「ボールペン」など先のとがっているもので、 刺激するのもいいですね。 押した後に軽く跡が残るくらいの力加減が理想的です。 こちらは即効性のあるものではありませんが、毎日数回をしばらく繰り返していればだんだんと継続的に効果が出てくるはずです。 このツボを押さえるときは指でもいいのですが、ペンのような細いものなどでピンポイントに刺激することも効果的ですよ。 次に紹介したいツボは陽池というツボです。 両手首の手の甲側の手首で真ん中より少し小指よりにあるツボです。 出典: 動悸や息切れを抑えてくれると言われていいます。 異常のある脈や血流を正常にさせる効果があり、不整脈の予防にも効果的が期待できます。 またストレスや不安を軽減させてくれるツボなので、血流改善とともに、精力アップに効果があります。 強く押しすぎないのがポイント。 息を吐きながらゆっくりと軽く5秒程押し、一呼吸おいてまた5秒押すというのを3~5分程かけてゆっくりと行いましょう。 腰のマッサージに合わせて精力アップする背中のツボ 最後に精力アップ以外にも気力などを充実させるといわれる背中のツボを押しておきましょう。 まずはあなたの肋骨の一番下に手を当ててください。 そのままその手をぐるーっと背中側に回して、背骨の突起に当たりましたか? その部分が「命門」と言われる非常に大切なツボとなります。 出典: 背中にあるので誰かに揉んでもらうのが一番良いでしょう。 自分で押す場合は、背中に両手を回し、突起した骨の間に中指を重ねて30回~40回程度押します。 両方の手が届かない場合は、片手でも大丈夫です。 針やお灸、カイロをあてるだけでも効果があります。 この「命門(めいもん)」というツボは非常に重要なツボで、命に力を授ける「生命の門」という意味があります。 命門には先にも述べた通り、体内エネルギーである「気」と血流などの「血」を司る「気血」を整える働きがあります。 ここを押すことで精力アップだけではなく、そのモチベーションとなる気力や、連続して行為を続ける体力などのアップにもつながりますので、しっかりと刺激してあげましょう。 この他にも腰にも夏バテに効くツボや精力アップにつながるツボは存在します。 ちょっとした腰のマッサージの合間で刺激していくと、いつの間にか以前の様な勃起力が戻ってくるでしょう。 その他にも腰痛や冷え性、下痢、などにも効きます。 女性にも効果的なツボで、婦人科系の病気(生理不順など)にも効くそうです。 カップルであればお互いに押し合いっこするのもありですね。 男性ホルモンの分泌を促すツボ 入浴時に刺激してもらいたいのが大赫です。 場所はおへその下になります。 まず、ヘソの下から指4本分の場所を見つけます。 そこから左右5ミリの位置になります。 出典: でっぷりと膨らんだメタボ腹の男性の場合は少し見つけにくいかもしれないが、イラストを参照に指圧してください。 圧迫すると少し他の部分よりも痛みを感じるはず。 見つけたら、人差し指と中指、薬指の3本でお腹が軽くへこむぐらい押してください。 指圧するとき、息を吐くと一層、効果的です。 時間的には1分ほど行います 大赫は字のごとく、陰部に血 赤 が充血してくるという意味のツボで、男性の場合は、男性ホルモンの分泌を促す効果があります。 睾丸で作られる精液の量も増えるので勃起力はもちろん、勃起時の硬さそのものもアップするのです。 EDに悩んでいる方にオススメするツボです。 ツボ押しをやった方の声 ここまでいくつかのペニス増大に関するツボ押しを紹介してきましたが、実際にやってみた方はどのような感想を持っているのでしょうか。 いくつか紹介したいと思います。 勃起力をアップさせるツボ・体操ってありますか? 20歳前半ですが勃起力が低下してきました。 雑誌に載ってるような怪しい商品は買いたくありません。 そこで、精力がアップするツボ・体操があれば教えて欲しいです。 よろしくおねがいします。 引用: 質問者の方はお金をかけずにペニス増大を図りたいというこの記事を読んでいる方なら同じ願望があると思います。 コチラの方はすでに勃起力アップのためにすでに様々な努力を重ねているようです。 さらに効果を実感するためにツボ押しを紹介してほしいという質問です。 これに対して耳寄りな情報を発信している方が回答しています。 あなたの対策はほぼ正しいと思いますがオナニーだけは適度に続けていた方が、勃起感覚を維持するために 有効ですよ! ペニスを頻繁に勃起させてその感覚を自覚することが、イザというときに役に立ちます。 つまりsexやオナニーをしばらくしていないと勃起力も自然と落ちて行きます。 それ以外に以前聞いたことのあるマッサージを以下に記します。 1.ペニスの付け根のすぐ両脇の下腹部をそれぞれ人差し指でグリグリと揉みほぐす。 2.自分で上から見て、ペニスの両サイドを片手の親指と人差し指でつまむようにして、 根元からカリの手前までさする様に優しくこする。 3.両方のタマを片手で握り、下の方(足先に向けて)に袋を伸ばすように引っ張りながら 揉みほぐす。 (痛くない程度に力を加減して) 4.上記2と3を同時に行う。 これらはオナニー時に勃起させて、亀頭部分の充血感を感じながら行うと効果的となっていました。 参考までに試してみてください。 引用: 今回紹介したツボ押しにはない方法で、直接ペニスまたはペニス周りを刺激する方法です。 直接ペニスに触れるので効果はあるかもしれませんが、デリケートな箇所なので強く刺激しすぎないように気を付けてください。 痛みや違和感を感じたらただちにやめましょう。 お灸でツボを刺激することによって勃起力をあげることはできるのでしょうか? 引用: お灸を使用するものの、ツボを刺激することには変わりません。 どこのツボを刺激するべきか回答してくれている方がいます。 これは期待出来ます。 勃起力を上げるツボは、 ヘソの2-3センチ下にある「気海」、 陰茎から5ミリ上の「中極」、 その両脇にある「大赫(だいがく)」、 陰茎と肛門の真ん中にある「会陰(えいいん)」 この5カ所のツボに鍼を打ち、鍼に専用の装置をつないで約7分間、低周波電流(パルス)で刺激を与え、陰茎周辺の括約筋の収縮運動を促すというやり方です。 お灸で効果は期待出来ます。 引用: 今回記事内で紹介した大赫に加えて気海、中極、会陰というツボが紹介されています。 お灸を使うとなると少し手間がかかるので指圧することでも効果は期待できそうです。 ツボ押しによる精力アップ効果をより高めるために さて、精力アップに関するツボをいくつか紹介してみましたが、ここで一つ覚えておいてほしいことがあります。 それは「まずは試してみる。 」ということ。 そして効果があったと思ったらそれを素直に受け入れることです。 精力というのは身体的な問題の他に精神的な部分も大きく影響してきます。 ですから、このツボがいかにあなたの体にとって効果的であろうとも、その効果なんてあるわけない。 と思いこんでしまうと、精神的要因が足を引っ張って改善が一歩遠のいてしまいます。 行為の前に儀式のように精力アップのツボを押し、よしこれでバッチリだ! と思うことこそ、一番の治療法です。 お金もかかりませんし、リスクもありません。 物は試しとまずはやってみることからスタートしてみましょう! さらにオススメとしてはツボ押しに加えてサプリメントを併用する方法です。 ツボ押しの効果をサプリメントがさらに押し上げてくれる可能性が大いにあります。 そこで今回は1つオススメのサプリメントを紹介してお別れしたいと思います。 精力アップの後押しをしてくれるサプリメント.

次の

勃起の持続力が無い…。ペニスのフル勃起状態を維持する簡単な方法

勃起 力 サプリメント

セックスの最中、前戯も終わり、いざ挿入! でも、コンドームを付けているうちにフニャフニャに…。 こんな経験はありませんか? これは男なら誰にでも1度や2度あると思いますが、何度も続いてしまうのは精神的に結構ツラいものがあります。 相手の女性にはなんか申し訳ない気もするし、自分自身も情けなく感じてしまったり…続けばトラウマ的に記憶に残り、コンドームをつける際やセックスの最中にペニスが立つ立たないでプレッシャーを感じてしまうようにもなります。 「コンドームを付けない」という手もありますが、ここは個人の責任問題なのであえてコメントしませんが、もしもの時に責任を取れないような状況ではリスクが伴います。 相手の女性にピルを飲んでもらうというのも一つの方法ですが、相手に対策を強要するよりは自分自身でできる対策を取り入れた方が簡単です。 ここではセックス中や挿入前、コンドームを付ける際にどうしてもペニスが萎えてしまう、または萎えることがよくある方に向け、その対策方法や改善策を紹介します。 もくじ CLOSE• なんで萎えるのか?原因はコンドーム? コンドームをつけるときに萎える…この原因はなぜなのか? 例えば、男性は初体験の場面でペニスが立たずに失敗したり、硬くならずに失敗するというのはよくあることです。 これは初セックス時の失敗談としても結構多くの方が持っています。 ある意味で初体験あるあるです。 これはセックス時の「緊張」が原因の場合がほとんどですが、コンドームをつけるときに萎えるのもこれまでの失敗や、毎度のように萎えてしまうことにプレッシャーを感じて焦っていることが原因の場合もあります。 要は心の底から興奮できていなかったり、セックスに集中できていないような状態です。 素早く装着できるようにコンドームをつける練習をする• 彼女や相手の女性にコンドームを付けてもらう• 女性に口でつけてもらう このように単にコンドームを装着する技術を上げたり、装着しやすいサイズのコンドームを用意したり、もしくは「コンドームをつける」という作業自体をプレイの一つに昇華させてしまうのもありです。 ただ、つけてもらうことに抵抗がある方や自分で付けたいという方はやはり持続力(勃起力)を上げる必要があります。 むしろここさえ解決できれば悩む必要がない根本の部分です。 こういった考えられるいくつかの原因をしっかりと把握し、自分にあった対策を取り入れてみましょう! 加齢に伴う精力の衰えの可能性も… また、緊張やプレッシャーだけでなく、単に体力の衰え、精力の衰えも30代を過ぎる方には当てはまります。 精力は年齢とともに衰え、勃起力も落ちていきます。 高齢の方がセックスの際にバイアグラなどの精力剤を使うように、年齢を重ねるごとにこのペニスの勃ち問題は表面化します。 精力剤は薬なので使用に不安な方もいると思います。 そういった方は生活習慣や食事を改善し、精力向上に必要な栄養素を多く摂るようにするのも大切です。 その点でサプリメントは栄養素を効率的に取りやすくおすすめです。 ペニスの萎え問題、解決方法は色々 考えられる解決方法を全て書き出してみます。 そもそもコンドームを使わない コンドームをつけるときに萎えるのであれば、その原因となっているコンドームを使わないというのも一つの解決策であり、ある意味で最も理にかなった方法かもしれません。 ただし、コンドームだけが原因ではない場合は根本の解決になりませんし、避妊という意味ではリスクが高くなるのは当然のことなのでその点は覚悟を決め、責任を持って行う必要があります。 また、他にもコンドーム以外の避妊対策を取ることでもコンドームの使用を破棄することができます。 女性にピルを飲んでもらうなど女性側でできる避妊策を取るのも良いでしょう。 ただし、自分のことで相手の女性に薬を飲んでもらうのは了承を得るのが難しい場合もあります。 黙って飲ませるのは犯罪です。 その点は理解して使う必要があります。 コンドームを付けることをプレイとして楽しむ コンドームを付ける「作業」によってペニスが萎えてしまうのであれば、コンドームをつけることを「プレイ」として楽しむようにするのも一つです。 あのコンドームを付けている時のなんとも言えない恥ずかしいと言うか情けない姿は何となく女性に見られたくない、直視されたくないという人も多いです。 最悪装着に手間取ればさらに萎える可能性は高くなります。 コンドームをつけるときに萎えてしまう方はコンドームを女性につけてもらい、ペニスに刺激をもらいながら装着したり、女性に口でつけてもらうなどAVや性風俗的なプレイを楽しむことで勃起力は持続しやすくなるはずです。 これもどちらかというと自分ではなく、相手側に解決策を取り入れてもらうという点では誰にでもできるというわけではないですが一人の問題ではないので性生活の質を向上させるためには検討の余地ありです。 プレッシャーや焦りを消す(リラックスする) そもそもコンドームをつけることが萎えに繋がっていなかったり、コンドームの装着云々ではなく、前戯でもなかなか立たなかったり、セックス中や挿入中に中折れしてしまう人は単にコンドームの問題ではない可能性が高いです。 ペニスが立たない、硬くならない、萎えると言ったことに気を取られ、それをプレッシャーに感じたり、焦りを感じると余計に立たなくなったり、萎えやすくなるものです。 深呼吸したり、緊張に効くツボなどを押して積極的にリラックスするようにしたり、あまり自分のことばかりを考えず、相手の女性を気持ちよくさせるなど相手のことを考えてセックスをするようにすると意外と緊張はほぐれるものです。 それでも緊張が解けない場合は、緊張を抑える薬なども販売されているようなのでそういった医薬品を使用してみるのも良いでしょう。 こんな荒療治もありと言えばあり? プレッシャーや緊張を感じてしまう理由の一つには「慣れ」の問題も無視できません。 慣れの問題でない深刻な場合もありますが、単に場数が少なく緊張してしまうような人はセックス自体の数を増やしてセックス自体に慣れていくことも大切です。 例えば、セックスの数を増やすという意味ではソープランドなど性風俗で経験を増やすのも一つです。 もちろん既婚者には推奨できる方法ではありませんが、独身者ならまだ許されるところはあります。 もちろん彼女さんがいる場合は大喧嘩に発展することもあるので注意です…というか風俗はバレないように遊ぶのが基本です。 風俗で女性との行為に慣れたり、普段抱かない女性を抱いて刺激をもらったり、初対面の女性で元気に勃つことに慣れていけば次第に彼女や妻とのセックスでの萎え問題も解消できるかもしれません。 その他なるべくお金をかけたくないというのであればセックスフレンドなどのカジュアルなパートナーを作ってみるのも一つです。 近年流行りのマッチングアプリではちょっと危険ですが、出会い系サイトなどであれば行為目的で利用している人も多く、お互いに気兼ねなく体の関係を作りやすいと言います。 精力剤で立たせる・硬くする 精力剤を使うことでペニスを硬くしやすくしたり、勃起力を向上させるアシストを得ることができます。 ただし、精力剤は医薬品であり、薬です。 副作用や飲み合わせもあるので使用には注意が必要です。 しかし、薬にはサプリメントなどと違い飲めばすぐ効く即効性があり、どうしても失敗できない時や今日、今すぐに効果を得たいときにはとても頼りになる方法です。 根本の改善には繋がりませんが、その場を凌ぐという意味では最も確実で効果的な方法と言えるでしょう。 専門的なことなので、wikiで調べたり、その他専門家指導の下使用するのが大切です。 勃起力改善という意味では「」「」「」あたりが有名なので検索してみてください。 専門的なことであり、副作用などの責任が持てないので私からの言及はさけておきますが、即効性という意味では期待できるはずです。 勃起力・精力を付ける 精力剤などの薬ではなく、(精力剤)サプリメントを摂取し、数ヶ月単位で身体を改善(体質改善)を図るのも良いでしょう。 サプリメントなどの健康補助食品は飲み続ける(摂取し続ける)ことで効果が出てくるため、即効性こそありませんが、精力剤のように副作用がなく、安心して使えるのが利点です。 大切な人とのセックスであれば、ゆくゆくは子供ことを考える場合もあるでしょう。 薬のリスクというのは最小限に抑えたいものなのでこういった無害なもので体の中から根本的に改善し、ペニスを立ちやすくしたり、勃起力を上げれるようにするのが一番良いかもしれません。 前述していますが、やはり相手を変える(ピルを飲んでもらい生でやる)よりも自分自身が取り組める方法で改善を試みるのがベストです。 上で紹介した5つの方法(特に2〜5の方法)の中でもやはり一番良いのは4か5の根本に対する解決のアプローチです。 その上で注意してほしいのが、すでに上で触れていることですが 精力剤とサプリメントはそもそもが全くの別物だということです。 注意!精力剤とサプリメントはまったく違う 「精力剤」などのキーワードでグーグル検索してみるとサプリメントが紹介されていることもありますが、あのようなサイトに騙されてはいけません。 精力剤は薬でサプリメントは補助食品です。 まったく別物です。 精力剤は薬であることからもわかるように作用が強力な分副作用も出ます。 しかし、飲んですぐに効くため、即効性があります。 今すぐにでも不立の問題を解決したい人には非常に有効です。 サプリメントは健康補助食品である通り、あくまでも補助の役割しかありません。 飲み続けることで緩やかに体内環境を変えていく目的の食品です。 そのため、精力剤のように飲んですぐ効く即効性は皆無です。 サプリメントを飲んですぐに解決したのであればそれはプラシーボ(プラセボ効果)が関係しているかもしれません。 このように精力剤は薬で即効性があるけど副作用もある。 サプリは即効性はないけど時間をかけて体質を改善でき副作用もない。 というメリットデメリットがあります。 この一長一短を理解することで精力剤とサプリメントのどちらがあなたにとって必要なのかを理解できるようにもなりますし、使い方を工夫することでうまく精力剤やサプリメントと付き合っていくこともできるようになります。 自分に合った精力剤、サプリメントを見つけましょう 勃起のメカニズム 勃起は性的刺激を受けることで脳の中枢神経が興奮し、その情報が陰茎へと伝わり、血液が流れ込むことで海綿体が膨張し、硬くなる現象です。 このとき陰茎内部では一酸化窒素が放出され、一酸化窒素がグアノシンーリン酸(cGMP)の合成を促進することで血管を拡張させています。 つまりは、興奮により、陰茎付近の血管が拡張し、血流が流れ込むことで勃起を促しています。 精力剤はこのcGMPが分解されるのを抑え、陰茎付近の血管を強制的に拡張させることで勃起力を高めているわけです。 逆説的に言えば、このcGMPが必要以上に分解されていることが萎えの原因としても懸念されているということです。 勃起不全などセックス中の中折れ治療薬として国内で認可されている精力剤には「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があります。 こちらは勃起を促す医薬品ですね。 大きな目的として勃起を促す効果が期待できますが、それぞれに吸収率や半減期など効果に違いがあり、使い分けられています。 ざっくりと効果を比較すると以下のようになります。 シアリスは即効性こそ弱いものの、作用時間が長く、飲んで1日程度は効果が期待できます。 例えば、この記事を読んでいる人(コンドームによる萎えや中折れなどに悩んでいる人)には即効性のある、ある種のパンチ力のある精力剤という意味でバイアグラかレビトラが効果的かもしれません。 バイアグラとレビトラの違いは吸収率にあり、バイアグラは食後に読むと効果が弱まる傾向があります。 レビトラは食事の影響を受けにくいと言われています。 飲むタイミングに合わせて適切なものを選ぶと良いでしょう。 人それぞれに効果の現れ方には違いがありますし、薬である以上は副作用などの心配もあるので用法容量は守り、そしてよく理解した上で使用するようにしてください。 精力剤は一般的には泌尿器科を受診すれば処方してもらえると思いますが、ED(勃起不全)の専門医院などもあるのでそちらの方がより詳しい見解を得られるでしょう。 サプリメントの選び方 精力剤サプリメントではアルギニンというアミノ酸の代謝によって発生する一酸化窒素を利用してcGMPの合成を活性化することによって勃起力を高めようとするものです。 アルギニンはcGMPの分解を直接抑えるわけではなく、分解を上回るだけのcGMPの合成を促すのが目的というわけです。 アルギニンの継続的な摂取により低下した勃起力の改善を目的としているのが精力剤サプリメントの特徴です。 精力剤サプリを摂る理由 勃起力対策としてサプリを必要とする人には色々な理由があると思いますが、コンドーム装着時の萎えなど勃起力に悩みがある人には以下の悩みが多いと思われます。 勃起する以前にその気にならない そもそも性行為に対する意欲が湧いていないのには、テストステロンの減少や日常的な疲労やストレスの蓄積が考えられます。 こういった理由の中からあなたに適した物を選ぶのが大切になります。 あなたに必要な成分からサプリメントを考えるべきです 勃起力改善につながる成分は多岐に渡りますが、行為中の萎え、中折れに関しては特にアルギニンを供給する成分や、性欲減退改善に期待が持てるテストステロンの分泌を活発にする成分(亜鉛など)が有効です。 そのため、勃起力の改善を試みる上ではこれらの成分が多く、そしてバランスよく配合されたものを選ぶことが大切になります。 アルギニン アルギニンの作用により、cGMPの合成を活性化させることで勃起力を高める効果が期待できます。 アルギニン自体がcGMPの分解に作用するわけではないですが、分解を上回るだけのcGMPの合成促進を目的とします。 テストステロンの分泌を活発にする成分 サプリメントにテストステロンは配合できないので、筋肉の原料となる分岐鎖アミノ酸(BCAA)やアンチエイジング効果が期待できる成分が有効です。 亜鉛ほか、トンカットアリなどテストステロンの分泌を促進する天然物として配合されているサプリが多いです。 精力剤サプリの成分としては「アルギニン」だけでなく、アルギニン含有量の高い天然物の「マカ」「クラチャイダム」「トンカットアリ」などの粉末やエキスを中心に、体内でアルギニンの供給源となる「シトルリン」で補強したものが多いです。 その他精液の生産に重要な亜鉛や、疲労回復につながる滋養強壮成分も精力改善サプリメントには多く使われていますが、中折れ改善としては特に先にお伝えした「アルギニン」や「テストステロン」の面に重きをおいて選ぶようにするとより効果的な物が選べるようになるでしょう。 マカやクラチャイダムを中心とした精力剤を試す アルギニンやシトルリンだけでは効果が得られなかった人や、単独配合ではなくその他成分を効率良く摂取したい人はマカやクラチャイダムを主成分とした精力剤を選びましょう。 クラチャイダムゴールド クラチャイダム100%で余分なものが一切入っていない精力剤サプリメントです。 1ヶ月あたり17,400mgのクラチャイダムが摂取できる高品質サプリメントです。 また、クラチャイダムゴールドにはゴールドで物足りない人に向け、10倍濃縮のクラチャイダムゴールドZも販売されています。 必要に応じて色々試せるのもメリットです。 返金保証付きで試すこともできるのでぜひ効果のほどを確かめてみてください。 亜鉛ほかテストステロンをアップさせる精力剤を試す 2までで効果が得られなかった場合や、高齢の方などはテストステロンの減少が進んでいる可能性もあるので男性ホルモンの分泌を促す亜鉛などが豊富に含まれる精力剤サプリメントを選ぶと良いでしょう。 バイオレットドラゴン バイオレットドラゴンはアルギニンとシトルリンと亜鉛の勃起力に大切と言われる三つの成分が同時に1日の摂取目安量分摂れるトータルバランスの優れたサプリメントです。 成分 1日の推奨摂取量 バイオレットドラゴン アルギニン 2000mg〜 2000mg シトルリン 800mg 800mg 亜鉛 10mg 15mg 見ての通り勃起力改善・向上に必要な成分をバランスよく摂取することができ、アルギニン不足と男性ホルモン分泌の改善を期待することができます。 バランスの面においても最強のサプリメントなので、どこを補強していいかわからない、そんな人ははじめからこちらを試してみるのもおすすめです。 豆知識 マカとクラチャイダムはよく比較検討される精力増強の天然原料ですが、アルギニン含有量だけならクラチャイダムの方が精力増強効果が期待できると言われています。 もちろん栽培されている環境や条件でも詳細は異なりますが、アルギニン含有量はクラチャイダムがマカの3倍程度と言われています。 しかし一方で精子や精液の生産において重要な亜鉛や血流アップにつながる鉄分はマカの方が3倍程度多く含まれています。 亜鉛や鉄分不足が気になる人はマカ、アルギニン不足による勃起力に悩みがある方はクラチャイダムが期待できます。 性欲も勃起力も自信がない人や分からない人は両方が同時に配合されたものや「バイオレットドラゴン」のように1日の摂取目安量をクリアできるものがおすすめです。 サプリと精力剤どっちがいいの? 先に精力剤とサプリメントは違うということをお伝えしましたが、「じゃあどっちがいいのか?」と言われれば、今すぐ問題を解決したいのであれば精力剤ですし、ゆっくりでいいのであればサプリメントが良いと思います。 ただ、今彼女がいたり、風俗が趣味で勃起力に問題を抱えているのであればサプリメントの効果を得るまでの数ヶ月は不安を持ち続けることになります。 そのため、個人的におすすめしたいのは 精力剤とサプリメントの両用です。 基本的にサプリメントは飲み合わせに問題はないので精力剤との併用も問題ありません。 (使用上の注意はよく読んで使う必要はあります) そのため、基本的にはサプリメントを飲みながら、ペニスが立ちやすい、萎えにくい身体を作りつつ、勃起力が改善されるまでにあるセックスの機会にはその都度精力剤を服用するという精力剤とサプリメントのハイブリッドな使い方が一番です。 精力剤とサプリメントの両用はそれぞれのメリットとデメリットをうまく補えるので適材適所で必要なものを摂取するようにして、サプリメントを数ヶ月使い、勃起力が付いてきた頃に精力剤を使うのをやめる形をとれば薬に依存せずにセックスライフを楽しむことができるようにもなります。 副作用の心配がほぼゼロになるのはゆくゆくの子作りなど将来を見据えた面でも安心できて良いと思います。 どちらか一つに絞る必要はないのでサプリメントで体内環境が変わるまでの数ヶ月間は精力剤も使ってみるのも良いでしょう。 最後に 精力剤は薬とお伝えしましたが、薬の使用に抵抗のある方は多いです。 特に彼女ではなく、妻・嫁など子ども作りを視野に入れている人は特に薬の使用は心配だと思います。 そういう方はやはり安全を取ってサプリメントなどに留めて、長い目で見て改善していく選択を取った方がよいかもしれません。 しかし、そうでない人は薬の使用は悪いことではありません。 薬はその症状や悩みで苦しんでいる人のために作られたものです。 そのため、薬を飲んで解決できる悩みであれば薬を使用することは悪いことではありません。 もちろん、副作用などに警戒する必要はありますが、その点は専門家の指導の下、用法用量を守り正しく使えば余程のことがない限り問題はないでしょう。 精力剤はあくまでも医薬品なので強く勧めることはしませんが、あなたの悩み解決の力や味方になるのは間違いないと思います。 その上でいつまでも薬に頼らないという意味でサプリメントとの両用などを考えてみても良いのではないでしょうか。 何事もそうですが、使い方次第でとても効果的なのは精力剤もサプリメントも同じです。

次の

即勃起間違いなしの精力アップのツボとは

勃起 力 サプリメント

女性の更年期障害も人によっては大変な苦しみのようですが、男性更年期障害はもっと深刻な状態に陥りがちです。 男性更年期障害は、知らない人も多く一般的にはあまり馴染みが無いので、 仮に掛かっても、うつ病と間違えられることが多く、 全然関係ない薬を処方されたりするので気づくのが遅れてさらに事態を深刻にしてしまいます。 当記事では、年齢を問わず副作用も無く 勃起力をアップさせるための方法を、状況別に複数解説しています。 複数の方法紹介していますが、 必ずしも全て行う必要は無く、 あなたに合った実践しやすい方法から取り掛かるだけで、十分に効果が見込めます。 あなたに合った方法を見付け、確実に 勃起力をアップして行きましょう! 【勃起力が低下する原因】 ・加齢による精力減退 ・血流の悪化 ・ストレス この3種類が関係することで、勃起力は落ちていきます。 加齢による精力減退の原因とは? まず、 加齢による精力減退に関しては、男性の精力に関係のある男性ホルモンの テストステロンが、 20代をピークに減少の一途をたどることに起因しています。 つまり、加齢と共に徐々にテストステロンの分泌量が減少していくので、 高齢になって勃起しなくなるのはある意味当たり前のことであり、自然の摂理なのです。 (年齢と共にテストステロンが減少するという現象は、体がそのように出来ているという事です) そしてそれには 明確な理由があります。 高齢になると体のエネルギーが乏しくなるので、まず 少ないエネルギーを生きるために使うことが最優先となります。 このため、生きるのにあまり必要のないことには、できるだけエネルギーを回さないようにします。 筋肉量の低下 そのひとつが筋肉量の低下です。 人間は60歳を過ぎた頃から、どんどん筋肉が落ちていきます。 筋肉は非常にエネルギーを消費するので、別に運動しなくても太い筋肉があるだけでエネルギーを無駄に使います。 そこで、年を取ると激しい運動をする必要もないので、 無駄に太い筋肉があってもエネルギーを消費するだけだから、細くしてエネルギーの無駄を抑えているのです。 何もしなければ、テストステロンの分泌量は減少し続けます。 そのため、男性らしい肉体や男性らしい精力を維持することが難しくなります。 筋肉と同様に 高齢になると不要になるのがセックスに使うエネルギーです。 男性は一度のセックスで100メートルを全力疾走するほどのエネルギーを消耗するといいます。 高齢になって頻繁にセックスをしてこれほどのエネルギーを使っていたら、生きるためのエネルギーが足りなくて早死にしてしまうでしょう。 だから、高齢になって勃起しなくなるのは、その人の命を守るためのメカニズムなのです。 バイアグラなどの勃起薬は、このメカニズムを壊して無理にエネルギーを使ってセックスさせるものですから、 バイアグラを頻繁に使うのは自殺行為に等しいのです。 テストステロンの分泌量を維持する 何もしなければ、分泌量は低下するばかりなのですが、しっかりケアすれば 80歳になっても40代のテストステロンの分泌量を維持することも可能なのです。 逆に40代なのに70代のテストステロンの分泌量になる可能性もあります。 放置し続けることで、男性更年期障害になる可能性もあります。 男性更年期障害は勃起不全の原因になります。 また、男性らしい肉体を維持することができませんから、 中年太りなどのだらしない肉体の原因になるでしょう。 血流の悪化 次に、勃起力を減退させるのが 血流の悪化です。 これは、 ペニスが勃起するのは大量の血液がペニスに流れ込んで膨張させるからなので、 血流が悪化すればペニスに血流が集まりにくくなり、勃起力が低下します。 その結果として、勃起を維持するのが難しくなり、中折れなどの原因となるわけです。 さらにこれは、動脈硬化をはじめとした生活習慣病などの原因にもなります。 勃起力低下と生活習慣病との関係とは!? 生活習慣病になれば、突然死のリスクも高まります。 特に動脈硬化は、サイレント・キラーと呼ばれるほど、自覚症状がないのが特徴です。 動脈硬化の初期症状として勃起力の低下があります。 正常に勃起するためには、血液がスムーズにペニスに集まらなければなりません。 しかし、 動脈硬化になるとスムーズにペニスに血液が集まらなくなり、勃起力が低下します。 このように、動脈硬化の初期症状として勃起力低下が現れるので、勃起しなくなったことを嘆く前に、一度専門医を訪ねて動脈硬化の検査を受けることも必要です。 動脈硬化は男性にも女性にも等しく起こりますが、幸いなことに男性は勃起力低下によって動脈硬化の初期を見つけることができます。 だから、勃起力低下を嘆くよりも、勃起力低下によって重要なサインをくれたことに感謝すべきかもしれないのです。 動脈硬化に気づかないまま放置すると、脳血栓や脳梗塞、心筋梗塞などの重大な病気にかかる恐れがあるからです。 ペニスは海綿体への血液流入が活発になる事により勃起しますので、逆に言えば 海綿体に流れ込む血液量を促進させれば、勃起力を高める事はもちろん、加齢により衰え始めた精力に対しても、確実な増強効果を発揮します。 これは最大パワーの勃起力を得る上で 最も大切な核心部分ですので、別記事にて個別特集を組んでいます。 併せてご覧頂けば、もっと理解が深まりますのでぜひご一読ください。 ストレス ストレスがたまると、 自律神経失調症などになる可能性があります。 自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経がバランスをとっています。 交感神経は興奮したときや、昼間の活動時に活発化する神経で、副交感神経は夕方以降のリラックス時に活発化する神経です。 そして 、 勃起力アップに欠かすことができないのは、 副交感神経の方です。 しかし、 過度にストレスにさらされると、常に交感神経の方が有利になってしまい、勃起することが難しくなります。 自律神経系をつかさどる器官の近くに、ホルモンバランスを調整する器官があり、ストレスで自律神経が乱れてしまうと、ホルモンバランスをつかさどる器官も引きずられて乱れてしまい、男性ホルモンの分泌量に問題が生じてしまうため、結果として勃起力のダウンにつながります。 ストレスは溜めるべきものではありませんが、このストレス社会ではストレスを溜めないのは難しいので、 いかにストレスを解消していくかが課題になります。 勃起力アップ方法個別解説 勃起力アップ方法1【筋トレ&チントレ】 運動をすれば、テストステロンの分泌量がアップすることをご存知でしょうか? ジョギングなどの有酸素運動ももちろん良いのですが、「あれもこれも出来ない!優先順位や効果のより高い運動は?」という方が多いでしょう。 そんな方に最もオススメする運動を1つ挙げるなら、 筋トレです。 PC筋トレにはスクワットが最適! 更に筋トレの中でも、 PC筋という、勃起力改善に効果のある筋肉を鍛えればいいのです。 PC筋は普段、意識することのない筋肉ですが、睾丸と肛門の間にある筋肉です。 意識するためには、おしっこをしている最中におしっこを止めればわかります。 そのときに使われる筋肉がPC筋です。 PC筋を鍛えるにはスクワットが適しています。 スクワットはPC筋を鍛える以外にも 下半身の血流をアップさせる働きがありますので、勃起力アップには非常に有効な筋トレと言えます。 方法は、普通のスクワットと同じなので、そこまで難しく考えることはないでしょう。 ただ、 オーバーワークをしてしまいますと、筋トレで分泌されるテストステロンを薄めるホルモンが分泌されてしまう ので、無理をすることなく行うのが鉄則になります。 また、 PC筋のみを鍛える筋トレとして、5秒間肛門を締め、5秒間肛門を緩めるトレーニングがあります。 これは、どのような姿勢でもできて、1回10セットを、朝、昼、晩、寝る前に1セットずつ行なうだけで効果があります。 有酸素運動も+して勃起力アップに相乗効果 運動による勃起力アップ効果をより高めたい場合は、冒頭でも触れたとおり、 ジョギングなどの有酸素運動も取り入れる事をオススメします。 心肺機能を普段から高めておくと、ペニスへの血流促進効果や、心臓が圧力を高めやすくなるという効果があります。 中高年になっても、(勃起力を含めた)身体の衰えを感じさせない、若々しい男性は、ほぼ例外なく、何かしらの運動をしています。 この様に筋トレをはじめとした各種運動は、勃起力アップはもとより、日々の健康にもプラスの効果がありますので、現在何も運動をしていない方は、いい機会ですので何か始めてみましょう! もちろん無理の無い量とペースで構いません。 これらは習慣化させる事が重要です! そのためには、「もうちょっと出来るかな?」という所で敢えてやめてみましょう。 それくらいの方が長続きしますし、習慣化への正しい道です。 【スクワットとジョギング】両方継続はハードル高いと思うなら 筋トレの有効な例としてスクワットを紹介しましたが、習慣化して長く続けるためには、 実はスクワットは不向きかもしれません。 スクワットは間違いなく勃起力アップに効果のある筋トレです。 テストステロンの分泌を活性化するには、太い筋肉を動かすと効果的なのですが、スクワットで鍛えるのは大腿四頭筋という太い筋肉が中心となります。 だからその点だけに注目すると、確かにスクワットに勝る筋トレはないと言ってもいいかもしれません。 しかし、スクワットは地味な運動なので、どうしても途中で嫌になってしまう人が多いのもまた事実なのです。 スクワットをやれば勃起力がアップすると言われても、1カ月続けられる人はあまりいないでしょう。 しかし、継続しないと効果がないのですから、すぐ嫌になってしまうような運動では困ります。 やめてしまったら、そこでテストステロンの分泌も増えなくなるのです。 このため、最優先に考えるべきなのは、「継続できる運動」ということです。 そう考えると、ジョギングのほうがまだ続けやすい運動ということになりそうです。 ジョギングは手軽にできる運動なので、朝や夕方にジョギングしている人をよく見かけます。 まず、手軽にできて嫌にならない運動を選ぶことが大切です。 ジョギングは外を走るので、目で見る景色の変化もあるため、地味に部屋の片隅で黙々と続けるスクワットとは違って、続けやすいのが大きなメリットです。 ジョギングとスクワットを比べると、筋トレとしてはスクワットのほうが優れていますが、続かなくてやめてしまうようでは何の効果もありませんから、そうした事も考えるべきでしょう。 もちろん、ジョギングでなくても 飽きずに続けられる運動なら何でもいいので、自分に合った運動を選んでやってみましょう。 特に油ものを多く摂ると、血管の中にコレステロールが増えて、血管を狭くする可能性もあります。 また、 メタボリックシンドロームの人が ED(勃起不全)になる可能性が高いとの調査結果もありますので、野菜と食物繊維の多い食事に切り替えることが、 勃起力アップのためには重要といえるでしょう。 ちなみに、どんなにダイエットを頑張っても、食事制限を一切しなければ、ダイエット効果は極めて薄いとされていますので、食生活は勃起力改善に限らずダイエットの場合にも重要になります。 また、 「亜鉛」を豊富に含んだ牡蠣、血管拡張作用のある 「シトルリン」を豊富に含んだスイカやメロン、 「アルギニン」が豊富なマカやウナギなどを摂取することで、勃起力改善の効果も期待できます。 勃起力アップ方法3【ストレスを溜めこまない】 ストレスには、精神的なものと肉体的なものがあります。 勃起は非常に体力や集中力が必要なので、 ストレスによって十分な勃起のための体力と集中力が乱されてしまえば、20代であっても勃起力の低下を招きます。 ストレス解消もやはり運動系趣味がベスト ストレスの発散方法は個人によって異なります。 ただ、有酸素運動などを行って新しい酸素を多く摂取することで、ストレスが改善されたとの事例は多々あります。 趣味を持つことでもストレスは改善されますので、たまには趣味に没頭してみるのも良いでしょう。 勃起力アップ方法4【禁煙】 勃起力を低下させる原因の1つである、血流の悪化に深く関係しているのが、 タバコの害です。 タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血管をもろくしてしまいます。 さらに、血中濃度の酸素を減少させ、活性酸素を体内に作る原因になります。 活性酸素は細胞を老化させる原因とされていますので、 タバコを吸い続けることで、実年齢よりも肉体年齢が老化するケースもあります。 もちろん勃起力アップに有害なのは言うまでもありません。 ただし矛盾する様ですが、活性酸素は体にとって必要不可欠なものであるのもまた、事実です。 活性酸素は侵入してきた雑菌やウィルスを殺してくれるので、活性酸素がないと人間は生きていくことができません。 殺菌が侵入すると血液中の白血球が細菌を殺すことが知られています。 この時、白血球が細菌を殺すために使う「武器」が活性酸素なのです。 しかしながら、 喫煙は動脈硬化の原因の1つになりえるので、やはりタバコは吸わないに越したことはありません。 ただ、いきなり禁煙をして、そのストレスが我慢できないというのであれば、1日に吸う量を徐々に減らすのも良いでしょう。 勃起力アップ方法5【睾丸マッサージ】 タイ古式マッサージの秘術の1つに睾丸マッサージがあります。 タイでは「ジャップカサイ」と呼ばれており、いわゆる性感マッサージとは別のマッサージです。 睾丸マッサージは、全身マッサージを行ってもらった上で行われないと効果がないのですが、 睾丸マッサージを受けることで、ペニスへの血流量がアップしますので勃起時の硬さが増し、精液量もアップする効果があります。 TTMA(特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会)という団体が公認しているタイ古式マッサージの店舗なら、安心して睾丸マッサージを受けることが出来ます。 間違っても、 睾丸マッサージを風俗店で受けてしまっては、睾丸マッサージの真の効果を実感することはできないでしょう。 勃起力アップ方法6【睡眠時間を確保する】 人間は睡眠をとることで疲労が回復します。 また、睡眠中に精子が生成されますので、睡眠時間はしっかり確保する必要があります。 できることなら 7時間程度の睡眠時間が理想的です。 また、眠る時間に関してですが、暗くした室内であれば、 入眠時間に関係なく、成長ホルモンが分泌されますので、とにかく時間を確保して眠ることが重要となります。 上手く眠れない方は、就寝1時間前からPCやテレビ、スマホなど脳に刺激を与えるものを遠ざけ、暗くした部屋で寝転がることでうまく眠れるようになるかもしれません。 眠るために、睡眠薬や深酒をすると良質な睡眠が得にくくなりますので、それよりも 温めたミルクなどを飲んでみるといいかもしれません。 勃起力アップ方法7【精力サプリを服用する】 最後に、 精力・勃起力をアップさせるのに、確実に効果が見込める方法をご紹介します。 それは、 最初から精力・勃起力アップ効果を目的として作られた、 強壮剤(精力増強サプリメント)を服用する事です。 強壮剤に似ているものに、 強精剤があります。 強精剤はセックスの前にどうしても勃起させたい、一時的に勃起力をアップしたいというときには効果を発揮するものですが、 ヨヒンビンなどの強い成分が含まれているものもありますので、常用しないほうがいいでしょう。 一方、 強壮剤は健康補助食品になりますので、即効性はありませんが、 使用し続けていれば確かな効果を実感することができます。 医薬品の成分は含まれていないので、長期間使用していても 副作用などの心配もありません。 中でも、L-シトルリン、L-アルギニンなどの成分は、 両方同時に摂取する事で陰茎への血流促進効果が高まります。 この一酸化窒素は血管の拡張作用のほか、血管の柔軟性をアップさせる効果があります。 また、一酸化窒素はcGMP(環状グアノシン一リン酸(Cyclic guanosine monophosphate)という酵素の原材料になります。 cGMPは海綿体平滑筋を弛緩させる効果があります。 その結果、ペニスに血液が流れ勃起します。 勃起力が低下している人は、cGMPを分解するPED5という酵素が多く分泌されているので勃起力が低下して、EDの原因になります。 ちなみに、現在の ED治療薬(勃起薬)はすべて、PED5の分泌を阻害する作用しかありません。 いくらED治療薬を飲んだとしても精力はアップしないのです。 前述しましたが、L-シトルリンとL-アルギニンは同時に摂取することで、相乗効果を期待することができます。 例えば、L-アルギニンのみを摂取した場合、アルギナーゼと呼ばれる酵素により、摂取した多くが分解されてしまいます。 しかし、L-シトルリンを同時に摂取することで、アルギナーゼの働きを抑制することができますので、より多くのアルギニンを摂取することができるのです。 つまり、L-シトルリンとL-アルギニンは同時に摂った方がよく、 精力サプリについては、L-シトルリンとL-アルギニンの2種類が含有されている、精力サプリメントを摂取した方が良いのです。 他にも、 亜鉛は海外ではセックスミネラルと呼ばれるほど、 勃起力アップには欠かすことのできないミネラルです。 亜鉛は300種類の酵素の分泌サポートに必要なミネラルです。 直接勃起力をアップさせるわけではないのですが、 亜鉛が慢性的に不足するとEDになります。 これは、海外の大学の実験にて判明しています。 スッポンにはアルギニンをはじめとして 良質なアミノ酸が含まれています。 トンカットアリには、男性ホルモンのテストステロンの分泌を促進させる効果があります。 これらの栄養素は、勃起力アップに欠かせない成分と言えます。 そうは言っても、これら 精力・勃起力アップ効果のある栄養素が入った食べ物を、一度に食べるのは簡単ではありません。 具体的には、上記代表成分が含まれた食材の牡蠣やスイカを食べつつ、ウナギ、マカなどを毎日一緒に食べる必要があるのです。 例えば、 トンカットアリは 1kgで十数万円もします。 そのため、なかなか手に入れることができないのが現状です。 これらの食品を普通に食べ物で摂取するのは、現実的ではありません。 普通に考えてムリですし、 肥満・体重増という別の悩みが出てしまっては本末転倒です。 しかし、 精力増強や勃起力アップを目的に製造された専用サプリメントは、これらの栄養素を食べ物から抽出して、 1つのタブレットに凝縮していますので、一口で飲むことができ、大変効率的です。 精力剤や精力ドリンクは、例えばマカだけから抽出した1成分だけを使っているのですが、 勃起力アップ サプリメントは複数の植物から抽出された成分を使用していますので、 効果はより高くなっています。 また、サプリメントですから、毎日摂取しても副作用の心配はありません。 非常に安全性が高く、継続的な服用を続けることで、確かな効果が期待できます。 ただし注意点として、こうしたサプリメントには、重要成分の大半をコストカットのために量を減らした 粗悪品が大変多く流通していますので、購入の際には十分な調査や予備知識が必要になります。 また、現在は100種類、200種類もの成分を含んでいるのを売りにしている精力サプリがあります。 しかし、 こんなに有効成分を含んでいる精力サプリは、基本的に購入すべきではありません。 その理由は、100種類の有効成分と30種類の有効成分では、100種類の方が一見すると魅力的ではありますが、 1つ1つの配合量を考えた場合、ごくわずかしか含まれないためです。 有効成分は微量ではまったく用をなしません。 つまり、効果の有効性を考えた場合、100種類よりも 30種類しか成分が入っていない方が 効果が高くなります。 わずかに、0. 0001gでも含まれていれば、100種類の有効成分として数えることができるので、配合されている有効成分の数ではなく、 「量で優れている精力サプリなのか」どうかの見極めが重要です。 これに関しては、勉強すれば誰でも判別が可能になるのですが、 一定量の知識を必要とするのもまた事実です。 併せてご覧下さい。 勃起力アップ方法 まとめ 勃起力アップ・改善に効果のある7つの方法をお伝えして来ましたが、いかがでしたか? もちろん、ここで紹介した7つの方法を全て実践すれば完璧なのは言うまでもありませんが、 ただ、タイの古式マッサージの睾丸マッサージはなかなか受ける機会はありませんので、7つすべてを実践するのは難しいでしょう。 正直なところ、 「睡眠時間確保、ストレスをためない」などは、現代社会、とりわけ日本のビジネスマンには、決して簡単な事ではありません。 勃起力アップのためには、 運動習慣と精力サプリの2つは欠かすことができません。 もちろん、睡眠も欠かすことはできません。 つまり、 ちゃんと食事をとって、ちゃんと運動をして、ちゃんと眠ることが勃起力アップに効果を発揮します。 そして、 サプリメントは、 L-シトルリンとL-アルギニン、亜鉛が含まれているものを選ぶようにしましょう。 L-シトルリン、L-アルギニンのどちらか1つしか含有されていないものの場合、高い相乗効果を期待することができず、高い勃起力アップ効果を実感することはできないでしょう。 必ず、L-シトルリンとL-アルギニンが含有されているのが大前提であるといえます。 この2つが含有されており、なおかつ、亜鉛をはじめとした複数の成分が含有されている精力サプリにしましょう。 しかし、有効成分が100も200も含まれている精力サプリの場合、1つ1つの有効成分の量が少ないので、100も200も有効成分が含まれている=効果抜群と考えてしまうのは間違いです。 有効成分の含有量が少なくても、しっかりと含油量が含まれているものを購入した方が確かな効果を得ることができるでしょう。 まとめにもかかわらず長くなってしまいましたが、総括すると 「健康的な生活を送ろう!」ということです。 それが、あなたのペニスに昔の活力と勃起力を取り戻すきっかけになります。 また、勃起力だけでなく精力サプリメントを摂取することにより、 健康的な肉体を得ることができて、楽しい性生活を送ることができるようになります。

次の