渦に似た漢字。 コロナ禍、コロナ渦を使い始めたのはいつから?『禍』、『渦』の違い、誤りの可能性についても調べました!

【難読漢字100選!】読めたらすごい難読漢字の読み方と意味一覧

渦に似た漢字

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の

コロナ禍って何て読んでどんな意味?コロナ渦間違いでコロナ鍋でもない!

渦に似た漢字

新型コロナウイルスの感染防止の意味もあり、3密にならないよう会場(教室)に数人、教室外の数十人に対して90分の講義をしました。 これまで対面でやってきたことと同じにできるよう準備をしましたが、それよりもシステムで何ができるのかを意識して資料を作成すれば良かったなどと、いま反省しているところです。 初めは教室にいる受講者の反応ばかり見ていましたが、パソコン画面に目をやれば教室外の受講者も積極的に文字で「発言」してきます。 これは便利だと思い、質問を投げかけると、複数の人が一斉に文字で答えてくれました。 質疑応答も、画面で顔を見ながら双方でやりとりできますので、話が一方通行にならない良さがあります。 IT(情報技術)に苦手意識を持つ私でも、次の機会があればもう少し別な形で講義ができないものか、などと考えています。 さて、今年も日本経済新聞社に新人が入ってきました。 4月下旬、これから新聞記者として働く若者たちに、校閲記者の立場から「ミス防止研修」を行いました。 新聞のミスを防ぐ役割を校閲記者が担うのは当然ですが、ミスは元から絶つのが何よりも大事です。 新人記者たちに誤りやすい事例やそれを防ぐポイントなどを、実例を交えながら紹介。 短時間ではありましたが、いろいろと頭の中に入れてくれたことと思います。 ここで、実際に研修で使った教材から問題を出してみましょう。 皆さんも挑戦してみてください。 【問】 abのうちから正しいものを選び、その読み方を書いてください。 1.契約金1億円プラス出来高払い5000万円、《a.年棒 b.年俸》1500万円の最高条件で仮契約した。 2.《a.給油 b.給湯》や煮炊きにプロパンガスを使う。 パソコン入力でよくあるのが変換ミス。 読み方が正しくても同音異義語を選択して誤ることですが、ここで取り上げたのは「誤読から生まれる入力ミス」。 読み方を間違えているために起こるミスで、意外に多くあります。 1の正解はb「ねんぽう」。 これを俸と棒の字形が似ているからか「ねんぼう」と思い込んでいる人がいて、プロ野球の契約更改の記事などで誤るケースが見られます。 2の正解はb「きゅうとう」。 これも「きゅうゆ」と間違って覚えている人がいます。 給油にプロパンガスを使ったら大事故になってしまいそうで危ないですね。 1の問題に関連して、字形が似ていて間違う最近の例といえば「コロナ禍」。 これを「コロナ渦」「コロナ鍋」と間違うことがあるようです。 パソコンで入力する際に「ころなか」と打っても一括変換しないからなのでしょう。 「コロナ」の後に「禍」を入れる際に同音の「渦」を誤入力しているのか、または「コロナうず」と思い込んでいるのか。 さすがに「コロナ鍋」は論外ですが、「コロナ渦」はよく見かける誤りで、注意したいものです。 ほかに「3密」を「3蜜」としてしまうと「校閲が甘い!」などと言われかねません。 ちなみに、今回のコラムの見出しは「渦」を入れておきました。 金融機関に勤務後、1990年に校閲記者として日本経済新聞社に入社。 編集局 記事審査部次長、人材教育事業局 研修・解説委員などを経て2019年から現職。 日本新聞協会新聞用語懇談会委員。 漢検漢字教育サポーター。 漢字教育士。 著書などに『謎だらけの日本語』『日本語ふしぎ探検』(共著、日経プレミアシリーズ)、『文章と文体』(共著、朝倉書店)、『日本語大事典』(項目執筆、朝倉書店)、『大辞林 第四版』(編集協力、三省堂)、『加山雄三全仕事』(共著、ぴあ)、『函館オーシャンを追って』(長門出版社)がある。 2019年9月から三省堂辞書ウェブサイトでを連載。

次の

日本語フリーフォント35選!無料でダウンロードできるおしゃれなフォント

渦に似た漢字

コロナが世界中に蔓延している2020年。 日本国内においてもG. Wの長期休暇に向けて緊急事態宣言が全国に出されるなど、依然として厳しい状況が続いている。 コロナウイルス感染者が増え続ける中、メディアなどで「コロナ鍋(禍・渦)」というワードを見かけることが多いのではないだろうか? パッと見ると「コロナなべ? 」という風に読んでしまうが、実は間違いでちゃんと意味があるのだ。 普段使いなれていない漢字であるがゆえに聞きなれない言葉であるため、読めない人や感じを間違う人が多発しているようだ。 今回は流行が拡大するコロナウイルスについてよく使われる「コロナ鍋(禍・渦)」というワードについて、読み方や意味などを調べてまとめてみた。 コロナ鍋(禍・渦)みたいな漢字の読み方ってなに? 意味は? 国内にコロナウイルスが蔓延し始め、メディアなどでよく使われるようになった言葉「コロナ鍋(禍・渦)」。 正しい感じはと言うと…。 ちなみに読み方は 「コロナ か」。 聞きなれない上に、読めない、他の漢字と間違いやすいという三重苦なのだ。 そして、「禍」の他の読み方はなんと 「わざわい」なのである。 わざわいと言えば「災い」や「厄」が有名どころだ。 一体何が違うのだろうか? 厄…災厄、苦しみ、特に 病苦の意味を指す。 古くから人間に災厄、特に疫病をもたらすのは神様のなせる業であると信じられていたため、その神を疫病神、疫病神、厄神、行疫神などと呼んだ。 災… 自然に起こる人に良くない出来ごと。 地震・雷・火事・洪水・干ばつなどの意味を持つ。 禍… 思いがけない災難。 災い、不幸、災難、災害を与える、危害を加える、罪などの意味がある。 「災」と「禍」の意味は近いような気もする…そしてコロナウイルスは新型肺炎という病気だから、本当は「厄」なのでは? という気もするが…世間では「禍」を使うようだ。 一体誰が決めるのだろう?? と不思議に思う。 ある意味言ったもん勝ちのようなところはあるのかもしれない。 本当にあった!! 「コロナ鍋」とは? 「コロナ鍋(なべ)」で調べると、あまりいいイメージはない。 確かに大人数で鍋をつつくのはコロナウイルスを拡大させる原因になるし、日本で最初の頃にコロナウイルスが発生した時に屋形船でクラスター感染が発生したのも記憶に新しい。 しかし全く違う意味で「コロナ鍋」をしている人がいた。 コロナ鍋です — 会計士KO CPAKO999 なるほど、確かにコロナ鍋である 笑 肉団子にエノキダケをいくつか突き刺しているのが、実際のコロナウイルスにとても似ていると話題になった。 家族などの少人数で鍋をつつく分には問題ないだろう。 このコロナ鍋を食べることで実際のコロナとの闘いに是非打ち勝ちたいものである。

次の