肌の老化 嫌なら。 シミや毛穴の開きなどの肌老化には早めの対策を!「美肌アモーレ」で肌質を改善

会社が嫌で仕方ないとき、どう考えれば少しでもラクになれるのか

肌の老化 嫌なら

肌のキメとは? 肌の表面は、肉眼ではわかりにくいですが、細い線で網目のようになっています。 それは、皮溝(ひこう)と呼ばれる網目状の溝と、皮丘(ひきゅう)と呼ばれる皮溝に囲まれた三角形の膨らみで出来ています。 この2つで出来ている網目状の模様を皮紋(ひもん)と呼び、皮丘同士の交わった部分に毛穴があります。 キメの細かい肌は、この 皮溝が繊細で、水分を十分に保った皮丘がふっくらと盛り上がっています。 そして、 皮溝は幅が狭くシャープで規則正しく、皮丘は整った小さな三角形が均一に並んでいるのが理想的な状態です。 キメの状態と見た目の印象 キメを表す言葉には「細かい」「粗い」「整っている」「乱れている」などがあります。 これらには、どのような違いがあるのでしょうか。 肌には人が生きていくうえで、なくてはならない役割があります。 皮膚には、保護、体温調節、知覚、分泌・排泄、吸収、合成、呼吸、免疫の8つの役割があります。 なかでも、 保護は重要な役割です。 角層のバリア機能 表皮は、有害な物質や病原菌が皮膚から体内に入ってしまわないように防いでいます。 また、肌に水分を保つように働いています。 このように表皮の最上部である角層は常に肌を守っているのです。 キメの乱れによる影響 肌のキメが乱れると、保護という肌の重要な役割を十分に果たすことができなくなります。 キメが乱れ、角層の水分を保つことができなくなった 肌のバリア機能は低下し、紫外線などの外部刺激の影響を受けやすくなってしまいます。 そして、そこからさまざまな肌トラブルを引き起こすことになるのです。 肌のキメが乱れる原因は? 肌のキメが乱れる原因には、体の外側に起因する外的要因と体の内側に起因する内的要因があります。 キメが乱れる外的要因 肌の組織は表面から表皮、真皮、皮下組織の3つで成り立っています。 表皮の最表面が角層で、それは非常に薄く、厚みはタマネギの薄皮分くらいしかありません。 したがって、思わぬことが原因となり、肌はダメージを受けてしまいます。 キメが乱れる外的要因を以下にあげてみましょう。 キメが乱れるもっとも大きな原因に乾燥があげられます。 肌は水分を奪われると皮紋が乱れ、肌の老化が進みます。 また、紫外線によってダメージを受けた肌も乾燥しがちになります。 肌は気温や湿度によってその状態が変化しますが、特に湿度の影響は大きく、50%以下になると肌はダメージを受けやすくなってしまいます。 角層細胞の縮みが原因 手入れの行き届いた肌であっても、キメに大きな乱れが起こることがあります。 資生堂の研究によって 、 乾燥によるキメの大きな乱れの原因が皮膚の角層細胞の縮みによるものだと発見されました。 エアコンのよく効いた場所など急激な乾燥環境のもとでは、角層細胞自体が縮んでしまうのです。 そうなると、皮丘は変形し、皮溝は開いてしまいます。 皮溝がなくなってしまうこともあります。 そして、ときには角層が裂けてしまうこともあり、キメの働きは機能しなくなってしまいます。 さらに、この 角層細胞の縮みは若い人ほど起こりやすいという特徴があるのです。 洗顔同様、肌に良かれと思って行っていることが間違っていることがあります。 綺麗な肌になりたいがための 過剰なピーリングや過度のマッサージはかえって肌にダメージを与えてキメを乱すことになります。 力を入れての美顔器の使用も美しくなるどころか、肌を痛めつけていることになります。 また、 自分の肌質に合っていない化粧品を使用すると、乾燥が進んだり皮脂の分泌が増加するなどトラブルの元になります。 さらに、美容液やクリームをたっぷり付けた方が良いとの考えで、 過剰に基礎化粧品の使用をすることも肌を甘やかすことになり新陳代謝を妨げます。 逆に、 節約のためにと化粧水や乳液などの量が少なすぎると、指の摩擦により肌を痛めることになってしまいます。 キメが乱れる内的要因 キメが乱れるには、外部からの刺激ではなく、体の中での変化が原因になっていることも多いのです。 考えられる要因を以下にあげてみます。 現在はストレス社会といわれています。 心と体はつながっていて、心に感じたストレスはそのまま体に影響します。 仕事や人間関係などストレスのない生活はありえませんが、過度のストレスは睡眠やホルモンバランスなどあらゆることを悪循環に導きます。 そのために、肌もストレスには敏感に反応します。 ターンオーバーが不調になり、免疫機能の低下や男性ホルモンが増加することもあります。 肌のキメを整える方法は? 肌のキメを乱す原因は外的要因、内的要因といくつもあります。 その原因を知ることでキメを整える方法が見えてきます。 原因となっていることをやめて改善することが、キメを整えることにつながります。 スキンケアの見直し 正しいスキンケアを行うことが肌の老化には大きく関わります。 20代であっても間違ったスキンケアを続けていれば、肌は老化しキメは乱れてしまいます。 逆に、50代であっても、適切なスキンケアを行っていれば、肌年齢は若くキメの整った肌で見た目も若々しくなるのです。 洗顔 洗いすぎは厳禁です。 また、熱いお湯は必要な皮脂まで落としてしまうために避け、 体温より低い温度のぬるま湯で洗います。 洗顔料を使うときも使わないときも、できるだけ肌を刺激しないように 指の腹で優しくなでるように洗います。 そして、 シャワーのお湯を直接肌に当てるのは良くありません。 肌にとってシャワーの水圧は刺激が強すぎます。 濡れた顔を拭くときにも、 タオルで押さえるように水分を取り、ゴシゴシと摩擦を起こすような拭き方は避けます。 保湿 肌の乾燥がキメの乱れの最大の原因であったように、最も重要なことは保湿です。 洗顔のあとには、すぐにたっぷりと化粧水をつけ、乳液やクリームなどで水分が蒸発するのを防ぎ保湿します。 この場合にも力を入れてこすることがないように優しく行います。 また、オフィスなどエアコンが効いている場所では、ミスト化粧水などでこまめに保湿を心がけます。 部屋の湿度が低くなりすぎないように、加湿器などを使うこともオススメです。 角質培養 過剰なピーリングや頻繁な洗顔などが原因で角質が薄くなってしまった場合には、角質培養で健全な角質層を取り戻すことができます。 これは、肌断食とも呼ばれ、できるだけ刺激を与えず何もしないで角質を育てるという方法です。 もともと人間には自然治癒力が備わっています。 それをを高めて、正常なターンオーバーに戻すことが目的なのです。 何もしないと言っても完全に放置するのではなく、刺激の少ない石けんなどを使って正しい洗顔をします。 化粧はしないのが理想ですが、仕事上そうもいかない場合にはできるだけ薄化粧やポイントメイクにします。 洗顔後の保湿だけは行いますが、過剰にならないように気をつけることが大切です。 また、紫外線対策や気温・湿度対策も怠らないように意識する必要があります。 ただし、加齢によってターンオーバー自体が乱れてくる年齢の人には向きません。 生活習慣の見直し 普段、何気に行っていることが肌にとってダメージを与えてしまっていることも多いものです。 それを見直すことで整った肌のキメを取り戻すことができます。 食生活 偏った食事をやめ、栄養のバランスを考えた食事をとるように心がけます。 肌の良いといわれる栄養素を摂ることが大切です。 卵や大豆、魚に豊富なタンパク質、レバーやニンジン、ほうれん草に多く含まれている ビタミンAはぜひ取り入れてほしい栄養素です。 イチゴやレモン、ブロッコリーなどに豊富な ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートします。 肌の老化予防に効果があるといわれているビタミンEは、レバーやアーモンドに含まれています。 また、乳製品などに含まれているセラミドは、肌の生成に重要な役割を果たすので積極的に摂ることがオススメです。 さらに、 肌に潤いをもたらすコラーゲンもキメを整えるためにぜひ摂取しておきたいものです。 コラーゲンは鶏肉やえび、うなぎなどに多く含まれています。 カレーが美容に良いともいわれています。 カレーに含まれているターメリックは、肌の調子を整える働きがあり、インドでは肌トラブルのケアに利用されています。 また、ターメリックは悪玉コレステロールの酸化を抑制する働きがあり、健やかな肌を保つことにつながります。 紫外線対策 紫外線は季節に関わらす降り注いでいます。 ターンオーバーを乱し、乾燥の原因にもなり肌のバリア機能を低下させます。 キメを整えるためには、紫外線対策が非常に重要です。 日ごろから、日傘やサングラスを使用し、紫外線の強い場所に行く際には衣類にも気を使い、できるだけ紫外線を浴びないようにする必要があります。 禁煙 肌にとって何一つ良いことがないタバコは、キメを整えるためには禁煙することが大事です。 禁煙することで、睡眠やストレスなどの問題も解決することができます。 一人ではなかなか難しいという場合には、禁煙外来を受診してみることもひとつです。 睡眠 質の良い睡眠が肌のターンオーバーには大切です。 十分な睡眠時間を取ることも大切ですが、静かに眠りにつける環境を整えたり、寝る前の食事や飲酒を控えたりすることで睡眠の質をあげることができます。 下記のページでぐっすり寝る為のポイントについてご紹介しています。 運動や趣味でストレスを発散するように心がけることが必要です。 また、一人で悩まないで誰かに話したり相談したりすることもストレスを溜めない方法です。 サプリ キメを整えるために必要な栄養は食事でとることが理想ですが、どうしても十分に摂ることができない場合にはサプリで補うことも1つの方法です。 コラーゲンやプラセンタなど手軽に摂取できるものもあります。 まとめ 肌のキメに関わる要因は非常に多くあります。 それらは複雑に影響し合っていると言えます。 遺伝だから、年齢だからと諦める必要はありません。 日常の正しいケアや生活習慣が肌のキメを左右するのです。 キメの整った美肌を手に入れるために、ぜひ一度見直してみてください。

次の

【乾燥肌】肌老化を加速させるのは肌の乾燥が引き金となる

肌の老化 嫌なら

こんにちは! ユクハナ クルハナのあおいです。 年齢を重ねるとメイクやスキンケアをするときに、自分のお肌を見てガッカリする機会が増えていませんか? 『なんか若い頃に比べてシミが目立ってきた?』 『お肌がたるんできたような気がする……。 』 『目元やほうれい線のしわが深くなった?! 』 このように感じたら一番始めに思うのが、 『加齢』ですよね。 年齢を重ねてくるとお肌の老化は実感しやすくなり、なかには 『年齢には抗えないし仕方ないかな。 』 とあきらめる方もいると思います。 しかし、そのたるみやシミのお肌トラブルは年齢だけのせいではありません。 老化の一番の原因、それは 『光老化』です。 光老化のお肌への影響は大きく、 老化の8割を占めているといわれています。 老化の8割を占めているといわれると少し怖い感じもしますが、光老化がどんなものなのかイマイチわからないと思います。 たるみやシミなどはあなたの対策次第で、目立ちにくくすることはできます。 光老化についてしっかり理解して、キレイなお肌のキープをしていきましょう! 加齢だけが原因じゃない?! 老化の8割を占める光老化ってなに? 光老化といわれても、どのようなことが光老化なのかわからないですよね。 光老化とは、 太陽の光を長時間浴び続けることによりお肌にダメージを与え、 シミやしわ・たるみなどのお肌の老化を悪化させることを指します。 加齢とともに現れる老化は 『自然老化』と呼び、顔や体にシミやしわ・たるみがでてお肌の弾力が減ってしまうことを言いますが自然老化のお肌への影響は 老化全体の2割ほどしかありません。 光老化はお肌に与えるダメージが大きいため、刺激を受けるほどお肌の老化はどんどん加速していきます。 お肌への刺激には太陽の光が影響していますが、太陽の光の中でも特に気をつけなければいけないのが 『紫外線』です。 紫外線はお肌へのダメージが大きく、多くの悪影響を与えます。 どのようなトラブルが起こってしまうのか紹介していきますね。 刺激を受けたお肌は紫外線からお肌を守ろうと防衛機能が働き、お肌の角質を厚くしてしまいます。 これを 『角質肥厚(かくしつひこう)』と呼びます。 角質が厚くなってしまったお肌は、 お肌が硬くなりカサカサとした肌触りに。 また、化粧水や美容液の浸透も悪くなるためお肌の改善に時間がかかり、どんどんお肌の老化を悪化させてしまいます。 紫外線は、 お肌に弾力を与える細胞にダメージを与えてしまいます。 弾力が失われたお肌は重力に耐えられず、お肌のたるみやシワの原因となり年齢を重ねるたびにどんどん目立ってきてしまうのです。 紫外線はメラニンを生成する 『メラノサイト』を刺激し、過剰にメラニンを生成させてしまいます。 過剰に増えたメラニンはダメージを強く受けた部分にシミとして現れます。 光老化で受けてしまうお肌の影響を聞くと少し怖くなってきませんか? 毎日過ごしている中でお肌がどんどん老化していくのは嫌ですよね。 光老化を防ぐには 毎日の対策が大切になってきます。 対策法を紹介する前に知っておくべき 『大切なこと』を紹介します。 光老化を防ぐためにの知っておくべき光老化の仕組みとは?! 光老化を防ぐために重要なのは 『紫外線』について理解しておくことです。 光老化には紫外線が大きく関わり、お肌に影響を与えてきます。 紫外線には A波・ B波・ C波の3種類あります。 この中でお肌に影響を与えるのは 紫外線A波(UV-A)、 紫外線B波(UV-B)の2種類です! それぞれの波長の特徴をしっかり理解して、対策していくことが大切です。 しわやたるみの原因:紫外線A波(UV-A) UV-Aはシミの原因となる メラノサイトを活性化させてしまいます。 急激な作用はないためすぐにお肌に現れるわけではありませんが、じわじわとお肌にダメージを与えていきます。 『最近シミが多くなった気がする……。 』 と感じた場合はA波が影響している可能性が高いです。 UV-Aはメラノサイトだけでなくお肌の真皮まで到達し、 ハリや弾力を保つ繊維を壊してしまいます。 この影響で お肌は弾力を失い免疫力も低下するため、たるみやシワの原因になってしまうのです。 シミやくすみの原因:紫外線B波(UV-B) UV-Bはお肌の表皮になるメラノサイトを刺激し、 大量のメラニンを生成させます。 日焼けした時に、すぐに黒くなったり赤くなったりしますよね。 それはUV-Bの影響です。 UV-Aに比べて波長の短いUV-Bは真皮まで到達することはないですが、エネルギーが強いため 表皮の細胞を傷つけ、シミやくすみ・ひどいときは 皮膚がんの原因になってしまいます。 ちなみにC波は波長が短いため、オゾン層でとどまり地球に到達することはありません。 室内でも油断大敵!光老化の怖い威力 紫外線からくるお肌への影響は理解していただけたと思います。 紫外線はすごく怖いですよね。 紫外線を防ぐためには、 「なるべく外出しなければいいのでは?」と思っている方もいるかもしれません。 しかし、 室内も紫外線の影響を受けないわけではないんです! 特に注意すべきは 『窓の近く』。 紫外線の中で最も波長の長い、 UV-Aは窓をすり抜けてお肌に影響を与えてきます。 オフィスで働いていても窓側であれば、光老化の影響を受けてしまいます。 そのため、 室内でも紫外線対策は欠かせないのです! 紫外線で活性酸素が増える?! 光老化とどのような関係があるの? 活性酸素についてご存知ですか? 活性酸素とは、酸素の種類のひとつですが 『物質を酸化させる力』を持っている酸素のことを指します。 活性酸素は本来、 体内の有害な物質やウイルスなどを撃退する作用を持っているため体に必要な存在です。 しかし活性酸素が増えすぎてしまうと、ウイルスだけでなく 正常な細胞まで攻撃してしまい細胞を酸化に導いてしまいます。 細胞が酸化してしまうことでシミやシワ・たるみといったお肌老化を招いてしまうのです。 この活性酸素が増えてしまう原因の1つに 『紫外線』があります。 先ほど紹介したUV-AとUV-Bが、お肌を刺激することによって 活性酸素を多く発生させてしまいます。 そのため、紫外線を多く浴びることで光老化の影響を受け、お肌の老化をどんどん早めてしまうのです。 光老化の対策法とは? 紫外線は毎日浴びてしまうものですよね。 その紫外線を浴びるたびに、 ダメージはどんどん蓄積されていきます。 紫外線による光老化は自然老化よりも影響が大きいため、浴びれば浴びるほど老化は加速してお肌への影響が大きくなります。 だからこそ、 日頃の対策やお肌のケアが大切になってきます。 光老化を防ぎ美しいお肌を保つために、日常生活の中で意識していきたい 光老化対策法を6つ紹介していきます。 外出するときや毎日の生活の中で意識してみてください。 光老化対策法その1:日焼け止めをしっかり塗る 日焼け止めは紫外線対策の基盤になります。 顔や体など肌が出るところは、しっかり日焼け止めを塗布することが大切です。 日焼け止めは薄く塗っていても効果がありません。 顔に日焼け止めを塗る量の目安は 『真珠2つ分』が良く、2. 3時間ごとに塗り治すのがオススメです。 汗や服にこすれ塗っていた日焼け止めが落ちてしまう可能性があるため、 こまめに塗ってくださいね。 また、日傘を選ぶ際に意識してほしいことがあります。 それは 『日傘の内側の色』です。 紫外線は上からだけでなく、地面や壁に反射して照り返しからくる場合もあります。 そのため紫外線を吸収してくれる効果のある 『黒』が内側に来ている傘を選ぶと良いですよ! 光老化対策法その3:紫外線が強い時間帯の外出を避ける 紫外線は曇りでもお肌に影響を与えてきます。 そのため外出の時間に決まりがなければ、紫外線が多い時間帯は避けましょう。 <オススメ食材> ・ビタミンC:パプリカ・レモン・芽キャベツなど ・リコピン:トマト・スイカ・ピンクグレープフルーツなど 光老化対策法その5:露出の少ない衣類選び お肌の露出が少ないと紫外線に直接当たるのを防ぐことができるため、お肌の負担を抑えることができます。 首や手など、どうしてもお肌が出てしまうパーツは アームカバーやストールなどで隠したり、 日焼け止めをこまめに塗るなど意識していきましょう。 光老化対策法その6:乾燥予防!たっぷりの保湿と美白ケア 紫外線対策をしても、紫外線を100%防ぐことはできませんよね。 そこで大切になるのが スキンケアです。 お肌が正常な状態であれば、お肌にダメージを受けても修復が可能です。 しかし、乾燥肌や敏感肌などお肌が弱っている状態だと、少しの紫外線でも大きなダメージを受けて、 今のお肌トラブルをさらに悪化させる可能性があります。 そのため、毎日しっかりとしたスキンケアが大切になってきます。 お肌に たっぷりの水分を与え、紫外線でダメージを受けたお肌の修復をサポートします。 また、保湿と一緒に美白もすることでシミやくすみの原因となる メラノサイトの生成を抑えることができます。 でも保湿をする化粧品や美白をしてくれる化粧品はたくさんあるため、どのアイテムにしたら良いのか迷ってしまいますよね。 そこで私がオススメアイテムを1つを紹介しますね! 光老化予防にオススメのアイテムは美容オイルです。 プラシラは 油溶性(油脂に溶けこむ性質)のプラセンタが配合されています。 油溶性プラセンタは人の皮脂に近いことから、とても肌になじみやすくべたつきが少ないのが特徴。 肌なじみの良さから化粧水の前にオイルを利用することで、 化粧水の浸透力をあげてお肌に潤いを与えやすくしてくれます。 また、美白をサポートしてくれるビタミンC誘導体も入っているため 美白ケアのサポートもしてくれるんです。 それは、 『ブルーライト』。 パソコンやスマートフォンから出るブルーライトも、光老化に関係してくるんです。 ブルーライトが目に良くないことはご存知の方が多いと思います。 しかし、ブルーライトは紫外線に近い光を発しているため、 お肌の真皮層にも影響を与えてしまうんです。 ブルーライトの光を浴びすぎると、シミやくすみの原因になるだけでなく 色素沈着を起こす可能性もあります。 デスクワークの方やスマートフォンを使用する機会が多い方は、 日焼け止めを塗ったり 美白を意識したスキンケアをしたりと対策をしっかりしていくことが大切です。 光老化の防止はキレイなお肌のキープに 光老化は日常生活のなかで、誰もが気をつけなければいけないことです。 対策を何もせずに過ごしていると、お肌の老化はどんどん進行してしまいます。 同級生と並んだ時に自分のほうが老けて見られるなんて嫌ですよね。 お肌をキレイにするのに年齢は関係ありません。 今のままでは良くないと 気づいた時からしっかりケアをしていくことが大切です! 光老化の対策をしっかりしていくことで、老化のスピードを遅らせることが可能になります。

次の

肌の老化はなぜ起こる?今すぐわかる老化のしくみ【サビとコゲ】

肌の老化 嫌なら

こんにちは! ユクハナ クルハナのあおいです。 年齢を重ねるとメイクやスキンケアをするときに、自分のお肌を見てガッカリする機会が増えていませんか? 『なんか若い頃に比べてシミが目立ってきた?』 『お肌がたるんできたような気がする……。 』 『目元やほうれい線のしわが深くなった?! 』 このように感じたら一番始めに思うのが、 『加齢』ですよね。 年齢を重ねてくるとお肌の老化は実感しやすくなり、なかには 『年齢には抗えないし仕方ないかな。 』 とあきらめる方もいると思います。 しかし、そのたるみやシミのお肌トラブルは年齢だけのせいではありません。 老化の一番の原因、それは 『光老化』です。 光老化のお肌への影響は大きく、 老化の8割を占めているといわれています。 老化の8割を占めているといわれると少し怖い感じもしますが、光老化がどんなものなのかイマイチわからないと思います。 たるみやシミなどはあなたの対策次第で、目立ちにくくすることはできます。 光老化についてしっかり理解して、キレイなお肌のキープをしていきましょう! 加齢だけが原因じゃない?! 老化の8割を占める光老化ってなに? 光老化といわれても、どのようなことが光老化なのかわからないですよね。 光老化とは、 太陽の光を長時間浴び続けることによりお肌にダメージを与え、 シミやしわ・たるみなどのお肌の老化を悪化させることを指します。 加齢とともに現れる老化は 『自然老化』と呼び、顔や体にシミやしわ・たるみがでてお肌の弾力が減ってしまうことを言いますが自然老化のお肌への影響は 老化全体の2割ほどしかありません。 光老化はお肌に与えるダメージが大きいため、刺激を受けるほどお肌の老化はどんどん加速していきます。 お肌への刺激には太陽の光が影響していますが、太陽の光の中でも特に気をつけなければいけないのが 『紫外線』です。 紫外線はお肌へのダメージが大きく、多くの悪影響を与えます。 どのようなトラブルが起こってしまうのか紹介していきますね。 刺激を受けたお肌は紫外線からお肌を守ろうと防衛機能が働き、お肌の角質を厚くしてしまいます。 これを 『角質肥厚(かくしつひこう)』と呼びます。 角質が厚くなってしまったお肌は、 お肌が硬くなりカサカサとした肌触りに。 また、化粧水や美容液の浸透も悪くなるためお肌の改善に時間がかかり、どんどんお肌の老化を悪化させてしまいます。 紫外線は、 お肌に弾力を与える細胞にダメージを与えてしまいます。 弾力が失われたお肌は重力に耐えられず、お肌のたるみやシワの原因となり年齢を重ねるたびにどんどん目立ってきてしまうのです。 紫外線はメラニンを生成する 『メラノサイト』を刺激し、過剰にメラニンを生成させてしまいます。 過剰に増えたメラニンはダメージを強く受けた部分にシミとして現れます。 光老化で受けてしまうお肌の影響を聞くと少し怖くなってきませんか? 毎日過ごしている中でお肌がどんどん老化していくのは嫌ですよね。 光老化を防ぐには 毎日の対策が大切になってきます。 対策法を紹介する前に知っておくべき 『大切なこと』を紹介します。 光老化を防ぐためにの知っておくべき光老化の仕組みとは?! 光老化を防ぐために重要なのは 『紫外線』について理解しておくことです。 光老化には紫外線が大きく関わり、お肌に影響を与えてきます。 紫外線には A波・ B波・ C波の3種類あります。 この中でお肌に影響を与えるのは 紫外線A波(UV-A)、 紫外線B波(UV-B)の2種類です! それぞれの波長の特徴をしっかり理解して、対策していくことが大切です。 しわやたるみの原因:紫外線A波(UV-A) UV-Aはシミの原因となる メラノサイトを活性化させてしまいます。 急激な作用はないためすぐにお肌に現れるわけではありませんが、じわじわとお肌にダメージを与えていきます。 『最近シミが多くなった気がする……。 』 と感じた場合はA波が影響している可能性が高いです。 UV-Aはメラノサイトだけでなくお肌の真皮まで到達し、 ハリや弾力を保つ繊維を壊してしまいます。 この影響で お肌は弾力を失い免疫力も低下するため、たるみやシワの原因になってしまうのです。 シミやくすみの原因:紫外線B波(UV-B) UV-Bはお肌の表皮になるメラノサイトを刺激し、 大量のメラニンを生成させます。 日焼けした時に、すぐに黒くなったり赤くなったりしますよね。 それはUV-Bの影響です。 UV-Aに比べて波長の短いUV-Bは真皮まで到達することはないですが、エネルギーが強いため 表皮の細胞を傷つけ、シミやくすみ・ひどいときは 皮膚がんの原因になってしまいます。 ちなみにC波は波長が短いため、オゾン層でとどまり地球に到達することはありません。 室内でも油断大敵!光老化の怖い威力 紫外線からくるお肌への影響は理解していただけたと思います。 紫外線はすごく怖いですよね。 紫外線を防ぐためには、 「なるべく外出しなければいいのでは?」と思っている方もいるかもしれません。 しかし、 室内も紫外線の影響を受けないわけではないんです! 特に注意すべきは 『窓の近く』。 紫外線の中で最も波長の長い、 UV-Aは窓をすり抜けてお肌に影響を与えてきます。 オフィスで働いていても窓側であれば、光老化の影響を受けてしまいます。 そのため、 室内でも紫外線対策は欠かせないのです! 紫外線で活性酸素が増える?! 光老化とどのような関係があるの? 活性酸素についてご存知ですか? 活性酸素とは、酸素の種類のひとつですが 『物質を酸化させる力』を持っている酸素のことを指します。 活性酸素は本来、 体内の有害な物質やウイルスなどを撃退する作用を持っているため体に必要な存在です。 しかし活性酸素が増えすぎてしまうと、ウイルスだけでなく 正常な細胞まで攻撃してしまい細胞を酸化に導いてしまいます。 細胞が酸化してしまうことでシミやシワ・たるみといったお肌老化を招いてしまうのです。 この活性酸素が増えてしまう原因の1つに 『紫外線』があります。 先ほど紹介したUV-AとUV-Bが、お肌を刺激することによって 活性酸素を多く発生させてしまいます。 そのため、紫外線を多く浴びることで光老化の影響を受け、お肌の老化をどんどん早めてしまうのです。 光老化の対策法とは? 紫外線は毎日浴びてしまうものですよね。 その紫外線を浴びるたびに、 ダメージはどんどん蓄積されていきます。 紫外線による光老化は自然老化よりも影響が大きいため、浴びれば浴びるほど老化は加速してお肌への影響が大きくなります。 だからこそ、 日頃の対策やお肌のケアが大切になってきます。 光老化を防ぎ美しいお肌を保つために、日常生活の中で意識していきたい 光老化対策法を6つ紹介していきます。 外出するときや毎日の生活の中で意識してみてください。 光老化対策法その1:日焼け止めをしっかり塗る 日焼け止めは紫外線対策の基盤になります。 顔や体など肌が出るところは、しっかり日焼け止めを塗布することが大切です。 日焼け止めは薄く塗っていても効果がありません。 顔に日焼け止めを塗る量の目安は 『真珠2つ分』が良く、2. 3時間ごとに塗り治すのがオススメです。 汗や服にこすれ塗っていた日焼け止めが落ちてしまう可能性があるため、 こまめに塗ってくださいね。 また、日傘を選ぶ際に意識してほしいことがあります。 それは 『日傘の内側の色』です。 紫外線は上からだけでなく、地面や壁に反射して照り返しからくる場合もあります。 そのため紫外線を吸収してくれる効果のある 『黒』が内側に来ている傘を選ぶと良いですよ! 光老化対策法その3:紫外線が強い時間帯の外出を避ける 紫外線は曇りでもお肌に影響を与えてきます。 そのため外出の時間に決まりがなければ、紫外線が多い時間帯は避けましょう。 <オススメ食材> ・ビタミンC:パプリカ・レモン・芽キャベツなど ・リコピン:トマト・スイカ・ピンクグレープフルーツなど 光老化対策法その5:露出の少ない衣類選び お肌の露出が少ないと紫外線に直接当たるのを防ぐことができるため、お肌の負担を抑えることができます。 首や手など、どうしてもお肌が出てしまうパーツは アームカバーやストールなどで隠したり、 日焼け止めをこまめに塗るなど意識していきましょう。 光老化対策法その6:乾燥予防!たっぷりの保湿と美白ケア 紫外線対策をしても、紫外線を100%防ぐことはできませんよね。 そこで大切になるのが スキンケアです。 お肌が正常な状態であれば、お肌にダメージを受けても修復が可能です。 しかし、乾燥肌や敏感肌などお肌が弱っている状態だと、少しの紫外線でも大きなダメージを受けて、 今のお肌トラブルをさらに悪化させる可能性があります。 そのため、毎日しっかりとしたスキンケアが大切になってきます。 お肌に たっぷりの水分を与え、紫外線でダメージを受けたお肌の修復をサポートします。 また、保湿と一緒に美白もすることでシミやくすみの原因となる メラノサイトの生成を抑えることができます。 でも保湿をする化粧品や美白をしてくれる化粧品はたくさんあるため、どのアイテムにしたら良いのか迷ってしまいますよね。 そこで私がオススメアイテムを1つを紹介しますね! 光老化予防にオススメのアイテムは美容オイルです。 プラシラは 油溶性(油脂に溶けこむ性質)のプラセンタが配合されています。 油溶性プラセンタは人の皮脂に近いことから、とても肌になじみやすくべたつきが少ないのが特徴。 肌なじみの良さから化粧水の前にオイルを利用することで、 化粧水の浸透力をあげてお肌に潤いを与えやすくしてくれます。 また、美白をサポートしてくれるビタミンC誘導体も入っているため 美白ケアのサポートもしてくれるんです。 それは、 『ブルーライト』。 パソコンやスマートフォンから出るブルーライトも、光老化に関係してくるんです。 ブルーライトが目に良くないことはご存知の方が多いと思います。 しかし、ブルーライトは紫外線に近い光を発しているため、 お肌の真皮層にも影響を与えてしまうんです。 ブルーライトの光を浴びすぎると、シミやくすみの原因になるだけでなく 色素沈着を起こす可能性もあります。 デスクワークの方やスマートフォンを使用する機会が多い方は、 日焼け止めを塗ったり 美白を意識したスキンケアをしたりと対策をしっかりしていくことが大切です。 光老化の防止はキレイなお肌のキープに 光老化は日常生活のなかで、誰もが気をつけなければいけないことです。 対策を何もせずに過ごしていると、お肌の老化はどんどん進行してしまいます。 同級生と並んだ時に自分のほうが老けて見られるなんて嫌ですよね。 お肌をキレイにするのに年齢は関係ありません。 今のままでは良くないと 気づいた時からしっかりケアをしていくことが大切です! 光老化の対策をしっかりしていくことで、老化のスピードを遅らせることが可能になります。

次の