池上 彰 の ニュース 検定。 池上彰、『グッとラック!』緊急生出演 増田ユリヤ氏と感染症の歴史を生解説

パリ大改造で行われたのは?【ニュース検定】池上彰

池上 彰 の ニュース 検定

ジャーナリストの池上彰氏が、31日放送のフジテレビ系『池上彰 緊急スペシャル! 〜世界を変えた新型コロナ 未来を生き抜く私たちの闘い〜』(後8:00)に出演。 今年、世界情勢を一変させてしまった新型コロナウイルスに対し、過去の人類とウイルスとの闘いで得た教訓を踏まえ、この先、私たちがどう立ち向かっていけばいいのかを徹底解説する。 まずは「過去の失敗から学んだ台湾、韓国の闘い」にフォーカス。 加えて、最初の報道からおよそ1ヶ月の台湾と日本の動きを徹底比較すると、17年前のあの経験から得た教訓が根底にあった。 一方、多数の感染者から一変、巻き返しに成功した韓国の対策も紹介。 世界がまねた検査法、そして医療崩壊対策とは。 続いて「100年前のスペイン風邪での対策をもとに闘った日本」に注目。 緊急事態宣言による、日本のクラスター対策は「イベント自粛」や「学校の休校」などだったが、そのルーツとなっているのは、100年前に発生したスペイン風邪に対するアメリカが講じた対策だった。 また、マスクについては欧米でも感染予防に使われるようになり、日本はもちろん、海外でのマスク普及のルーツも、根底はスペイン風邪にあった。 最後は「新型コロナと闘うために作り出した2つの武器」。 人類は、感染者を救う「抗ウイルス薬」と、感染予防の特効薬である「ワクチン」を作ることに成功。 知っているようで知らない「抗ウイルス薬」と「ワクチン」の違いを、池上氏が丁寧に説明していく。 ウイルスが人の体に入るとどうなるのか、数ある「抗ウイルス薬」の使用方法の違い、そして、免疫の仕組みや「ワクチン」開発の最新事情などについてもわかりやすく解説していく。 収録を終えて、池上氏がコメントを寄せた。 みなさん、非常に不安なわけですけれども「ここまで進んでいるんですよ」ということを明確に伝えることが、みなさんに未来へ希望を持ってもらえることにつながる、という番組の趣旨にかなうものになっているかと思います。 やっぱり人間というのはずっとウイルスと闘ってきて、共存してきました。 実は、人間の遺伝子の中に取り込んでいるウイルスもあるんです。 ウイルスによって人間が進化してきた部分もあるので、ウイルスとの共存、あるいは共生というのを考えていかなくてはいけないと思います。 いろんなことに打ち勝つなんて思っていましたが、やっぱり自然に比べると人類って弱いものだなと思ったり、これからどんどん環境破壊が進み、温暖化が進んだりすると、また未知のウイルスが出てくるかもしれません。 環境を守るということは本当に必要なことだと、改めて、今思い知らされたんじゃないかと思います。 第2波をどうやって抑えるのか、あるいは第2波が起きそうなときに、いち早くまた元に戻れるのか、という時に、国民にどういう説得力のあるメッセージが出せるのか、ということをしっかり考えてほしいと思っています。

次の

<池上彰のニュース検定>復習・ゆらぐ“一国二制度”池上解説「香港高速鉄道」 テレビ朝日【グッド!モーニング】|JCCテレビすべて

池上 彰 の ニュース 検定

きょうのキーワード「新型コロナと最強空母」。 問題「1000人以上感染したのはどこの空母?」。 正解「米国」。 中国は外交だけでなく軍事面でも不穏な動きを見せている。 現場は尖閣諸島周辺や南シナ海。 引き金となったのが新型コロナウイルス。 先月8日、中国海警局の船4隻が尖閣諸島周辺の領海に侵入。 そのうち2隻が日本の漁船を追いかけた。 日本の漁師が危険にさらされる事態。 中国側は日本漁船が中国領海内で違法操業したと主張し攻勢を強めている。 中国は4月中旬に南シナ海に行政区を設置すると一方的に発表。 これまで人工島を整備してきたが、実効支配をさらに強化しようとしている。 露骨な動きの背景にあるのが米国海軍で起きた異常事態。 米国では空母4隻で新型コロナウイルスの感染者が相次いだ。 中でも感染者が1000人以上にのぼったのが米国の原子力空母「セオドアルーズベルト」。 グアムへの停泊を余儀なくされた。 復帰したのは先月下旬。 最強空母の不在期間は2ヵ月に及んだ。 中国はこうした状況を絶好のタイミングと見ている。 米国は原子力空母11隻を持ち、世界の海を監視。 空母には1隻あたり数十機の艦載機があり即座に猛攻撃を仕掛けることができる。 空母の存在は他国を震えあがらせている。 新型コロナをめぐる混乱を利用した中国の動きに警戒が必要。

次の

<池上彰のニュース検定>“海洋進出”中国の不穏な動き・解説「新型コロナと最強空母」 テレビ朝日【グッド!モーニング】|JCCテレビすべて

池上 彰 の ニュース 検定

きょうのキーワード「新型コロナと最強空母」。 問題「1000人以上感染したのはどこの空母?」。 正解「米国」。 中国は外交だけでなく軍事面でも不穏な動きを見せている。 現場は尖閣諸島周辺や南シナ海。 引き金となったのが新型コロナウイルス。 先月8日、中国海警局の船4隻が尖閣諸島周辺の領海に侵入。 そのうち2隻が日本の漁船を追いかけた。 日本の漁師が危険にさらされる事態。 中国側は日本漁船が中国領海内で違法操業したと主張し攻勢を強めている。 中国は4月中旬に南シナ海に行政区を設置すると一方的に発表。 これまで人工島を整備してきたが、実効支配をさらに強化しようとしている。 露骨な動きの背景にあるのが米国海軍で起きた異常事態。 米国では空母4隻で新型コロナウイルスの感染者が相次いだ。 中でも感染者が1000人以上にのぼったのが米国の原子力空母「セオドアルーズベルト」。 グアムへの停泊を余儀なくされた。 復帰したのは先月下旬。 最強空母の不在期間は2ヵ月に及んだ。 中国はこうした状況を絶好のタイミングと見ている。 米国は原子力空母11隻を持ち、世界の海を監視。 空母には1隻あたり数十機の艦載機があり即座に猛攻撃を仕掛けることができる。 空母の存在は他国を震えあがらせている。 新型コロナをめぐる混乱を利用した中国の動きに警戒が必要。

次の