マイカル茨木 映画。 営業時間のご案内│イオンモール茨木

イオンシネマ 茨木 (【旧店名】ワーナー・マイカル・シネマズ)

マイカル茨木 映画

ワーナーマイカル・シネマズ 茨木は、大阪府茨木松ヶ本町の2001年にオープンしたワーナーマイカル茨木内4階にあります。 駐車場が2,500代完備されています。 アクセス方法は幾つかあり、車で吹田IC・摂津北ICより約15分。 JR茨木駅・大阪モノレール宇野辺駅より徒歩5分になっています。 ワーナーマイカル茨木の位置する周辺には、万博記念公園などもありますので、始めての方がアクセスするにも分かり易いと思います。 他にも、前売り券や割引券などの情報がホームページ内で見れますので、チェックしてお出かけになった方がいいと思います。 大阪府茨木松ヶ本町の ワーナーマイカル 茨木内4階にある、ワーナーマイカル・シネマズ茨木には、10スクリーンが完備されており、総席数2,100席で構成され本格的マルチプレックスシネマになっています。 どのスクリーンにも車椅子用スペースが2〜4箇所用意されていますので、車椅子の方にも安心して映画を鑑賞できるようになっています。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木の通常営業時間はAM10:00〜になりますが、毎週水曜日と土・日曜日は全館同様AM9:00〜からの営業開始時間になります。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木では、ファーストデイやレディースデイなどの割引チケットも随時販売していますので、是非活用されて下さい。 全部で10スクリーンが完備され、2,100もの席を用意している「 ワーナーマイカル・シネマズ・ 茨木」。 ワーナーマイカル・シネマズ・茨木は、大阪府茨木松ヶ本町にあるマイカル茨木の中にあります。 マイカル茨木の4階に上がると、ワーナーマイカル・シネマズ・茨木の入り口があり、その雰囲気造りがやはり凝っていて、ロビー内には常に特殊効果重低音が鳴り響き、映画の世界に浸ることができます。 下階のショッピングモールとはまるで別世界になっているので、ロビー内にあるシネマショップで、つい関連グッズを買いたくなる不思議な空間なんですよね。 ワーナーマイカル・シネマズ・茨木の同じフロアーには、レストランなどもあるので、待ち時間や見終った後のお話タイムには欠かせません。 JR 茨木駅・大阪モノレール宇野辺駅より徒歩5分のところにあるマイカル茨木。 その4階には ワーナーマイカル・シネマズ茨木があり、ショッピングの他に映画を楽しむことができるので、デートスポットとしても有名です。 道路を挟んだ別の建物には「コナミスポーツ茨木」もあり、おじ様やおば様達の汗を流す姿も多く見られます。 「ダイナレックス」というゲームセンターもマイカル茨木内にあり、中高生がゲームを楽しむ姿や、キッズ用アスレチックで子供たちがはしゃぐ側で、お母さん達の休む姿もすでに当たり前になっており、家族みんなでそれぞれに楽しむ事ができます。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木では、たくさんの割引券やTSUTAYAカードなどのポイントを貯めてクーポン券に交換できるようになっていて、通えば通うほどにお得なシステムになっています。 大阪府 茨木にあるマイカル茨木4階に、 ワーナーマイカル・シネマズ茨木があります。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木には、10スクリーンが完備されており、THXが認定されています。 THXとは、(ルーカスフィルム社の一部門)THX社が開発した劇場用映像・音響の品質規格のことです。 (開発者のトム・ホールマンからTHXの由来がきているそうです) THX社によって、音響のみならず、映像や外部からの雑音などに対しても厳しいチェックがなされ、全ての項目をクリアした劇場のみにTHXが始めて認定されるようです。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木でももちろん厳しいチェックが行われ認定されたのですから、かなり名誉なことなんですね。 世界品質を誇るTHXををワーナーマイカル・シネマズ茨木で、是非体感してみて下さい。

次の

イオンモール茨木

マイカル茨木 映画

特記事項:注1:1970年9月1日に(旧)株式会社ニチイ(設立)を吸収合併(いわゆる株式額面変更目的の合併)。 注2:2011年3月1日イオンリテールが吸収合併。 会社情報は経営統合直前の2月28日のもの。 株式会社マイカル(:Mycal Corp. )は、にかつて存在したを展開していた小売事業者である。 を中心にやなど一部地域を除く全国各地に事業を展開していたが、2011年3月1日にが吸収合併し消滅した。 合併直前までのは、『 もっと、心つなげること。 もっと、幸せつながること。 』であった。 、CMにを起用し、話題となる。 9月に経営破綻し、の適用を受け、の支援により再建されることになる。 にイオンの完全となり、に更生手続きの終結決定がなされ、再建が完了。 その後はの一員となった。 イオングループの一員となったことで事業再編の対象となり、その一環である総合スーパー事業の再編が決定された。 、がマイカルを吸収合併し、同日とがへ統一された。 ニチイ時代から続いたマイカルの歴史は幕を閉じた。 前日の2月28日に会社公式サイトが閉鎖された。 旧社名は株式会社ニチイであり、熱心な仏教徒であった当時の社長である西端行雄が「日本は一つ」と言う理念を社名に託し、 日本 衣料を略してニチイとなった。 従って、介護業界最大手のとは無関係。 経営統合 [ ] マイカルは、2011年3月1日に「ジャスコ」を展開する(千葉市) と合併し 、これに伴いマイカルが運営する「サティ」・「マイカルタウン」は同日「イオン」「イオンショッピングセンター」に統一された。 統合によってサービスが大きく変わることは無いとされている。 以降消費低迷に歯止めがかからないことや、長引くデフレなどで流通業は苦しい経営環境にある。 このような事からブランド統一並びに会社統合をすることにより商品の仕入れの一本化、人事、経理などの間接部門合理化で500億円と大幅なコスト削減を行うことを目指している()。 又、3社統合によって現在別々に行っている仕入れ商談の一本化を実施し商品調達力を高めることなどで事業の売上高営業利益率を向上させ現在の0. 企業メッセージ [ ] ニチイ時代には企業メッセージとして「誓いの詞」が存在した。 前身の「セルフハトヤ」時代から継承したものである。 ニチイ時代には朝礼などで唱和されていたが、マイカルに社名を変更してからは行われなくなった。 イオンが再建に関わりだした2001年11月24日の朝礼の際、この詞が唱和され、年配の社員が「懐かしい」という感想を述べている。 『誓いの詞』 人の心の美しさを商いの道に生かして ただ一筋にお客様の生活を守り お客様の生活を豊かにすることを 我々の誇りと喜びとして 日々の生活に精進いたします 沿革 [ ]• (38年):大阪のの衣料品店「セルフハトヤ」との衣料品店「赤のれん」(岡本商店)を中核に、卸問屋のエルピス(大阪)・ヤマト小林商店(京都)を含めた4社の新設合併にて(旧)株式会社ニチイを設立(社名は日本衣料の略から)。 社長に西端 行雄が就任。 (昭和45年):株式額面変更を目的として休眠状態にあった 内外商事株式会社が株式会社ニチイを吸収合併し、内外商事株式会社を存続会社として「 株式会社ニチイ」に商号変更。 (昭和48年):スポーツクラブの1号店をに開業。 (昭和49年):第2部上場。 (昭和51年):東京、大阪証券取引所1部に上場。 (昭和53年):数社の百貨店とともに百貨店連合「ダックシティ」(現:)を設立。 (昭和54年):ロゴマークを変更(10月23日開業のより店舗看板などに使用開始)。 (昭和57年)• :1号店を福岡市に開業(旧:ニチイ天神店をリニューアル)。 初代社長の西端行雄死去、小林敏峯が社長就任。 (昭和58年):との合併計画を白紙撤回。 (昭和59年):1号店の「学園前サティ」を奈良市に開業。 (昭和63年):マイカル宣言。 (元年):「マイカル本牧(現:)」がオープン。 大規模店舗の趨りとなる。 (平成2年):総合スーパー GMS のニチイをサティ、ビブレへと転換開始。 (平成3年):「マイカル近江八幡(現:)」が開業。 (平成5年):日本初の、1号店をに開業。 (平成7年):「マイカル桑名(現:)」が開業。 (平成8年):商号を 株式会社マイカルに変更。 小林敏峯が会長に、7月12日、宇都宮浩太郎が社長に就任。 (平成9年):「マイカル明石(現:)」が開業。 (平成10年):初の海外店舗「マイカル大連」を・にオープン。 (平成11年):「マイカル小樽」(現:)がオープン。 10月13日、小林敏峰が会長を退任。 12月10日、小林敏峰が死去。 (平成12年):「」・「」・「」・「熊谷サティ」などWMC併設型のGMS店舗が関東地区で相次いで開業。 (平成13年)• :「マイカル茨木(現:)」がオープン。 11日、4年6ヶ月間社長を務めた宇都宮浩太郎が社長を辞任。 が社長に就任と発表。 :子会社のピープル(スポーツクラブ)をコナミ(現・)へ売却(現・)。 :子会社のマイカルカードを(現・)へ売却。 (現・)• :子会社のマイカル北海道がマイカルの連結対象から離脱し独立。 (その後イオングループ入りし現・)。 :を申請。 四方修が社長を解任され、山下 幸三が社長に就任(9. 14クーデター)。 :山下幸三が14日間務めた社長を辞任し、後任の浦野 一雄が社長に就任。 :子会社のエービーシーをテキスタイルレンタルへ売却。 :イオン株式会社をとして決定。 民事再生手続きの中止との適用を申請し、。 負債総額1兆9000億円。 :東京地方裁判所より会社更生手続開始決定を受けた。 (平成14年)• :子会社のポロロッカをに売却。 :子会社のビブロスをゲオグローバルへ売却(ゲオエブリに改称後、組織再編に伴って本体へ吸収合併される)。 :情報システム子会社のマイカルシステムズを富士ソフトABC(現:)に売却(現:ヴィンクス)。 :直営124店舗で「」の発売開始。 また、による「サティ・ビブレカード」の発行受付開始。 5月21日:子会社のエルメを公開買付けによりへ株式譲渡。 (平成15年)• :イオン株式会社の完全子会社化。 子会社のがイオングループ入りする。 :子会社8社(マイカル総合開発・西部総合開発・ハートリアルエステート・マイカル協友・ビブレ協友・アメニティタンク・コスモニー・マイカル東関東)を吸収合併。 (平成16年):イオン商品券とマイカル商品券の相互利用を開始。 (平成17年):東京地方裁判所から更生手続の終結決定を受けた(当初見込みよりも早期に終結)。 マイカルカードに係るとの業務提携を終了。 (平成18年)• 8月:マイカル子会社4社及びイオン子会社6社を合併・再編。 :コーポレートアイデンティティ(『その次の、「もっと」へ。 』)を採用。 :約5年9ヶ月ぶりの新規店舗「盛岡南サティ」をイオン盛岡南ショッピングセンター(現:)の核店舗としてオープン。 :ダイヤモンドシティ・ルクル(現・)内に「福岡東ビブレ」をオープン。 :マイバッグキャンペーン(お買物袋ご持参運動)に、イオンのマイバッグの販売とWスタンプデーを追加。 (平成19年)• :サティ・ビブレカード感謝デー(毎月月末2日間)を「お客さま感謝デー」(毎月20日と30日)に変更。 また、毎月11日の「イオン・デー」に参入。 サティ・ビブレ各店舗で「幸せの黄色いレシートキャンペーン」を開始。 :サティ・ビブレカードを「」に統合し募集停止(新規募集は2月27日から行われた)。 :イオン高の原ショッピングセンター(現:)の核店舗として「高の原サティ」を開業。 関西地区へはマイカル茨木以来6年4ヶ月ぶりの新規出店。 :関東周辺のサティ・ビブレで電子マネー「」導入。 WAONの端末では、他社の電子マネー「(エリア)」・「(エリア)」・「」も利用可能。 :京都府内の「伏見サティ」と「北大路ビブレ」の食料品レジを中心に無料配布を中止。 1枚5円で有料化。 :「春日井サティ」の食品売場にてを導入。 他の店舗にも順次導入される。 :のキーテナントとして「日の出サティ」を開業。 関東地区では以来6年4ヶ月ぶりの新規出店。 (平成20年)• :九州地区のサティでは唯一当社直営で運営していた「」が閉店。 これにより、九州地区ではビブレや関連会社のが中心となる。 :内に「越谷レイクタウンビブレ」を開業。 :ビブレの店舗として、雑貨を中心とした「MR. MOSTMAV(ミスターモストマブ)さいたま新都心店」をのテナントとしてオープン(イオングループ外のSCに初出店)。 (平成21年)2月:電子マネー決済サービスにを追加。 (平成22年)• :当社及びの2社をに統合させた上で、「ジャスコ」および「サティ」のブランドを廃止して、段階的にグループ名と同じ「イオン」に統一する方針の報道が、を初めとする各社メディアで報じられた。 :イオン株式会社が、会社の統合及びブランド統一を正式発表。 (平成23年) - グループ内のGMS事業の再編に伴い、へ吸収合併。 統合完了後、「サティ」のブランド名は広島サティを除き、同日より「」へ名称変更。 なお、「ビブレ」はイオンリテールの店舗ブランドとして継続していたが、後に一部店舗を除き運営会社がへ移管。 ビブレは順々OPAへ転換する方針。 広島サティ閉店。 これにより「サティ」ブランドが完全に消滅。 マイカル破綻への顛末 [ ] 後の1990年代から2000年にかけて、と同様の建て・の発行や、店舗資産の流動化()という手法でから資金調達を行い、主に工場跡地や自治体の事業で巨大店舗の出店を立て続けに行った。 しかし自社物件でないことからの運営コスト(賃貸料)の増大など店舗の赤字が財政を圧迫した。 特に「」や海外店の「マイカル大連」 (後に現地の大商グループに売却され「麦凱楽 MYKAL 大連商場」としてに・・店の3店がある)などの大型投資は致命的であったと言われる。 マイカルタウンと呼ばれる巨艦店舗はすべて赤字であった。 銀行の処理とが問題となった2001年初頭から資金繰りに窮するようになり、2001年9月14日午前にであった(現:)から金融支援の打ち切りを宣告され、経営破綻が確実となった。 そこで第一勧業銀行と当時の社長は、同じく第一勧銀をメインバンクとするイオンを支援先としてによる再建を画策した。 ところが、これに対してからの買収を期待していた旧来の達が反発。 経営陣が残り、比較的早く再建が果たせるによる再建を主張し、四方社長と第一勧業銀行出身の取締役をで解任。 が社長に就任し、同日民事再生法の適用を申請した。 この件に関しては同日13時40分過ぎに各局でが流れている。 グループでの負債額は1兆9000億円(単体1兆3881億円)、当時戦後第4位の倒産で小売・流通業の倒産としては前年のを上回る戦後最大規模となった。 メインバンクの支援を受けられないままの再建は苦しく、支援企業選びも難航した。 後にイオンが下での支援を表明。 2001年11月22日に発表され、民事再生手続きの中止と会社更生法の申請がなされた。 この顛末は民事再生法と会社更生法が併存することのデメリットと会社更生法の使い勝手の悪さを示すこととなり、会社更生法の改正作業に影響を与えた。 マイカル本体と傘下の店舗運営会社は業績悪化となっていたが、(現:)、(現:)、(現:)などの子会社の業績は好調であった。 社債問題 [ ] マイカルは経営破綻前に約3500億円の国内(SB債)を、他にやを発行し償還前となっていたが、マイカルに関るこれら全てが(デフォルト)となり、多くのが被害を受けた。 破綻間際までによるが各機関とも「 B(一定のがある)」以上としていたものの、(見せかけの)企業の安定性と高利回りが両立して謳われていた事から、いわゆる以外のやなども資金運用手段としてマイカル絡みのを幅広く保有しており、億単位で損失を被った所では、運用先の選定などの責任追及が問題となった。 特に2000年から2001年9月の破綻間際まで等のが複数回募集した900億円分の個人向け国内普通社債(一口100万円単位)に関しては、勧誘元のリスク説明が不徹底で損失を被ったとして、やを中心としたが、単独或いは集団で証券会社や社債管理銀行の第一勧銀の業務を承継した(現:みずほ銀行)に対して訴訟を各地で提起した。 これらの判決は概してされている。 また下であった2001年当時、複数のが設定運用するには高利回りを狙うためマイカルのような一定の信用リスクが存在するをある程度組み入れており、9月11日に発生したによる金融市場の混乱(NYSE取引停止・ドル安・世界同時株安発生)の後にマイカル倒産が発生したため 積極的運用を行っていたMMF商品に元本割れが発生した。 元本割れは起きない金融商品とされていたMMFの安全神話が崩れると共に、金融・証券分野では大きな問題となった。 業態 [ ] 存続している業態 [ ] これらは全てマイカル以外のイオングループの企業により運営されている。 (運営で存続) 当初は若者をメインターゲットとしたとしてスタートした。 その後、高感度専門百貨店と銘打って衣食住フルライン型で郊外にも出店。 東北地方では、子会社のダックビブレが百貨店を運営していた。 破綻後は、マイカルが運営していた食品を扱う店舗を一部を除きサティへと転換。 また、子会社のダックビブレが運営していたの店舗はマイカルから離れ、として再出発している。 現在では、SC内にサブ核店舗で出店を再開している。 天神や岡山など、ニチイからVIVREに転換した店舗では「VIVRE21」と称していたが、後に「VIVRE」に一本化されている。 よりファッションビル型店舗の運営が に継承されたが、モール内専門店型店舗は引き続きイオンリテールが運営している。 廃止された業態 [ ] ニチイ下関店 駅後方 (2011年3月にへ転換) マイカル(1990年代以降)の主力業態で1984年に奈良市の学園前サティ(2000年閉店)として営業開始し、主に30代以上をメインターゲットとした GMS。 輸入ブランド品店を設置するなど従来の総合スーパーに比べて高級感を持たせ、「生活百貨店」と称した。 ではニチイ時代の1970年代後半以降、建物やフロアを家主から賃借する形で多く出店していたが、1990年代からは自社開発物件や計画による大型店舗の出店が行われた。 なお、地域のサティを運営していたマイカル北海道(現:)はマイカルから独立して店名を「」に改めてからは同地域には存在していないが、ポスフールもサティと同じくイオンに転換している(サティ時代に開店した店舗はマイカル運営店舗と内装が同一)。 また、九州地方のサティはとの合併によりが運営していた。 商号は" Select Any Time for Yourself"の略が由来。 特化型形態として食料品スーパーの「サティ食品館」や、衣料品を主に扱う「サティおしゃれ・生活館」「サティおしゃれ・衣料館」も存在した。 最後まで存在したのはサティ食品館・衣料館で、 食品館・衣料館に名称変更。 にあるに関しては2011年7月18日で閉店予定であったため、唯一イオンに転換せず閉店まで営業していた。 一部の店舗は2014年からイオンリテールを中心に展開するファミリー向け業態「 イオンスタイル」へ再転換している。 ニチイ(nichii, サティ・ビブレなどへ転換) 「」および「」も参照 株式会社ニチイ時代に展開されていた。 大阪市のに1号店を出し、その後ほぼ全国に展開した。 1980年代から1990年代をピークに、サティあるいはビブレへと転換し、のニチイショッピングデパート(当時のマイカル東北が運営)の閉店を最後にニチイは消滅した。 もともとが衣料品店のため、衣料品のみを扱う店舗も多くあった。 シンボルマークは赤い鳩であったが、時代により2つのバリエーションが存在した。 までは、赤い円の中に口に葉をくわえた白い鳩が翼を広げ横切るようなシンボルで、ロゴも後のものとは異なる。 1979年以降は、赤い円の中に左を向き口に緑色のをくわえた白い鳩のシンボルで、CMなどで「nichii」と英字表記されたロゴもあった。 1979年10月23日開業のより、2代目ロゴの使用を開始。 一部店舗(主に地場企業との合弁で開店した店舗)はニチイのブランドを用いずに独自の名称などをつけている(例:・など)。 看板には、ニチイ共通の鳩のマークと店舗名が併設されていた。 (MYCAL TOWN, などへ転換) マイカルが提唱した時間消費型商業施設。 広大な敷地にサティ、ビブレ、、などを設置。 のに始まり、、、、、を展開した。 これらは全て2011年3月1日にイオンショッピングセンターなどへ転換し、さらに、一部ショッピングセンターは改装によりへ再転換されている。 Harvestdays マイカル破綻以前にで営業していた食品スーパー。 アスク 小型の食品スーパー。 と食品スーパーを融合した店舗というコンセプトで、、に展開された。 経営破綻後全店舗がへと売却された。 現在、マルエツはイオングループ入り。 マルエツに経営権が移った後もポロロッカの商号は引き続き使われたが、その後関西の店舗はに売却され、「F MART」と商号が変更されている。 2010年までに関東のポロロッカ店舗は閉鎖または「マルエツプチ」に商号が変更されポロロッカの商号は消滅した。 もともと展開をもっていなかったマイカルであったが、当時の小林社長は、コンビニエンスストアの食文化が貧しいと否定し、食品の充実をうたったスーパー業態にこだわって対抗を計った。 すでに多店舗で市場を席巻しつつあった同業他社のコンビニエンスストア市場には、同じ業態では割り込む余地もなかったと見るむきもある。 サンホーユー 東北地方の中小スーパーやデパートなどを株式会社ニチイが一つの法人としてまとめたもの。 テーマカラーは青に近い緑で、ニチイと同じく鳩がシンボルであったが、ニチイのそれとは違うものであった。 1994年に東北ニチイ(後のマイカル東北)に吸収合併され、サティに転換するか閉店し消滅している。 アイビス 大字巻甲(東六区・現巻甲)で、マイカルが1店舗だけ展開していた総合スーパー。 、巻町に本社を置き、同町と同郡(現)に呉服店・洋品店を出店していた「株式会社本団呉服店」がマイカルと契約し、両社の出資による子会社「株式会社ホンダン」を設立して開店した。 の英名でもある「アイビス」は当時、本団呉服店が展開していた衣料品店のブランド名である。 巻アイビスは前述のサティとほぼ同一の総合スーパー型店舗で、食料品と衣料品を主体とした店舗構成を採っていた。 ホンダンは1997年、スーパー事業をマイカルに譲渡して解散したが、マイカルは店舗ブランドを「サティ」に変更せず、本団呉服店の了承を得た上で「アイビス」と2羽のトキを模したシンボルマーク及びロゴを継続使用し、2003年2月28日の店舗再編計画による閉店まで「巻アイビス」を店舗名称としていた。 閉店後、店舗名称とマーク・ロゴはホンダン(本団呉服店から商号改称)に返還され、現在も同社が継続して使用している。 また、巻アイビスの店舗跡はに譲渡され、現在は食品スーパー「チャレンジャー巻店」となっている。 (2013年7月にイオンシネマへ改称) との合弁会社によって運営されていた。 サティやビブレなどの店舗、敷地内に併設されており、全国に展開されている。 近年はなどのの展開する大型商業施設や、イオングループ以外の商業施設にも展開されている。 2013年7月1日にはワーナー・マイカルを存続会社としてと合併。 社名は「」に改称した。 これにより25年間使用された「マイカル」の名も消滅した。 Nマート 過去のグループ会社の名称 [ ]• マイカルと合併した企業• マイカル北日本• マイカル高萩• マイカル東関東• マイカル安芸• マイカルサンイン• マイカル総合開発• 西部総合開発• ハートリアルエステート• マイカル協友• ビブレ協友• アメニティタンク• コスモニー• 清算された企業• マイカル東北:清算(のみマイカル本体へ譲渡。 他のマイカル東北運営店舗はすべて閉鎖。 当時からある他の店舗は、破綻直前にマイカル本体が譲受した店舗になった)• マイカル国際流通センター:清算(との合弁会社だったが、2007年11月15日に解散し、同年11月30日に三井物産保有分の株式を譲受、2008年1月31日に賃貸人の地位をマイカルへ承継する手続きを経て、同年2月29日に清算結了)• 社名を変更し、合併されたかで、他のグループに入った企業• 岐東ファミリーデパート:2001年にグループを離れ、グループに入る。 マイカル北海道:に商号変更して独立後、2007年8月にの北海道の総合小売事業を継承し、に改称。 マイカルフォトステーション:2002年11月にジャスフォートの子会社となり、2004年3月に同社へ吸収合併。 その後、ジャスフォートは傘下に移り、さらに、2007年3月にを運営する株式会社キタムラの傘下となった。 そして、2009年1月に株式会社キタムラへ吸収合併された。 マイカルツアーズ:2003年5月に当時の人材派遣大手へ株式譲渡しクリスタル旅行に商号変更。 さらに2007年10月に香港資本の旅行会社エキスプレス・トラベルへ事業を継承したが、同社は2008年11月に全店舗を閉鎖し経営破綻。 ピープル:コナミ(現・)へ株式譲渡後、コナミスポーツに商号変更。 2006年3月にグループ会社を吸収合併し、へ商号変更。 マイカルカード:へ株式譲渡後、2005年12月にに商号変更。 現在、同社は・・それぞれの適用関連会社となっている(三洋信販は2010年10月にプロミス(現・)へ吸収合併され、2011年3月に相対取引によってがグループ会社のに変更となっている)。 エービーシー:テキスタイルレンタルへ株式譲渡後、2004年7月に同社へ吸収合併された。 :へ株式譲渡後、2007年12月に同社へ吸収合併された。 ビブロス:の子会社であるゲオグローバルへ株式譲渡後、ゲオエブリに商号変更。 2010年10月に組織再編によりゲオへ吸収合併された。 マイカルシステムズ:(当時は富士ソフトABC)へ2002年に株式譲渡、ヴィンキュラムジャパンとなり、2005年12月に上場。 エルメ:公開買付けにより、へ株式譲渡。 ダックビブレ:2002年7月に減資によりグループを離れ、同年9月にとなる。 2004年に傘下となった。 また、2005年4月に組織再編によりさくら野百貨店の一部を分社化しさくら野DEPT仙台・を設立した。 ジャパンメンテナンス:2006年5月にイオンからの株式を取得して子会社化。 同年9月に吸収合併し、に改称。 マイカルクリエイト:2006年4月にへ株式譲渡され子会社化。 同年8月に同社へ吸収合併された。 オートマックセールス:2006年4月にチェルトへ株式譲渡され子会社化。 同年8月に同社へ吸収合併。 さらに、チェルトは2010年9月にイオンディライトへ吸収合併された。 マイカルイスト:2006年8月にグルメドールへ吸収合併され、同社はに改称。 マイカル商品研究所:2006年4月に品質管理センターへ株式譲渡され子会社化。 同年8月に同社へ吸収合併され、生活品質科学研究所に改称• :2007年8月にへ吸収合併される。 マイカルカンテボーレ:マイカル本体の統合と同じ2011年3月にイオンベーカリーシステムを吸収合併し、に改称• ワーナー・マイカル:2013年2月にイオン株式会社の完全子会社となった後、同年7月にを吸収合併し、に改称• マイカルグループ入りしたが倒産後、元の社名に戻った企業• マイカル福島:2001年11月ににより同社社長へ株式譲渡。 2003年3月にグループを離れ、商号をに戻し1店舗のみで運営をしていたが、の影響により店舗に地盤沈下など甚大な被害を受けながらも一時営業を再開したが、安全的見解により2011年4月29日をもって閉店。 解体後、2013年9月20日にの開発による複合商業施設「」として開店した。 一方、赤トリヰはこの閉店を機に大型小売店事業から撤退し、商号を吉田興産に変更した)• 社名はそのままで、現在も事業を行っている企業• :現在は独立しているが、イオングループのイオン北海道が同社株主の一員となっている。 ビブレ• リマックス• 天山食品工業• マイカルナック商事• マイカルエンジニアリング• AZ商事• 音楽の森(ビブレクラブ リゾナーレ小淵沢の経営)• 布恋人(布恋人とロゼビエを展開していた)• マックロード 開催されていた催物 [ ] イオン・デー [ ] 毎月11日をイオン・デーとし、「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」を行っている。 かつてのイメージキャラクターはやであった。 2011年6月から、が運営する店舗で「はなまる市」の名称が復活した。 なお、イオンリテール統合後は同社が展開する「火曜市」に統一された。 2007年2月までは、月末2日間(盛岡南サティと高崎サティについては20日と30日)に感謝デー(サティ・ビブレカード感謝デー)が行われていた。 サティ・ビブレカードは2007年3月にイオンカードに統合された。 なお、類似名称の「サティカード」は旧のカードであるが、こちらも2007年5月にイオンカードに統合され以後当社でも割引特典が受けられるようになっている。 お客さまわくわくデー [ ] 毎月5日・15日・25日の5のつく日は、イオンカード各種での支払いでときめきポイントが200円につき1ポイントのところ2倍の2ポイント付与か、WAONでの支払いで200円につき1ポイントのところ2倍の2ポイント付与される「お客さまわくわくデー」がある。 なお、毎月10日の「ときめきWポイント(2倍)デー」のみ以前と同様継続される。 ゆうゆうワオンカードの発行は65歳以上が対象となり、カードに署名した本人以外は使用出来ない。 このカードはWAONの特典(お客さま感謝デーやお客さまわくわくデーなど)にゆうゆうワオンだけの特典として追加されたカードである。 なお、このカードの発行に伴い、ジャスコ店舗などで募集していた「イオンシニアクラブカード」の新規会員の募集は終了している。 買物袋持参運動 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年8月) サティ・ビブレにてレジ袋が不要の場合、1回の精算ごとに通常1個のスタンプが「買物袋持参スタンプカード」に押印される(一部店舗ではスタンプカードを終了している)。 スタンプ20個でマイカルの場合は100円分のお買物券として利用できる。 またカード数枚でエコバッグ交換や11日(イオン・デー)の黄色いレシートキャンペーン用(利用可能なカードに交換)として利用できる。 ただし、下記においては、1回の精算ごとに2個のスタンプ(Wスタンプ)が押印される。 毎月5日(ノー・レジ袋の日)• 毎月11日(イオン・デー)• 毎月20日(イオンお客さま感謝デー)• 毎月30日および毎年2月末(イオンお客さま感謝デー)• 毎年4月1日から4月30日まで(マイカルレジ袋削減強化月間)• 毎年6月1日から6月30日まで()• 毎年10月1日から10月31日まで(3R推進月間) マイカルにおけるWスタンプは、2006年10月から開始された。 なお、盛岡南サティ・高崎サティを除くマイカルのサティ・ビブレでは、2007年2月までは、イオンお客さま感謝デーではなく「サティ・ビブレカード感謝デー」(毎月月末2日間)であった。 また、イオン・デーがWスタンプ実施日となったのは2007年3月からである。 スタンプカードサービス終了店舗の対応状況(2009年5月末日終了・10月まで利用可能店舗の場合)• 今まで貯めたスタンプは全て(20個)の場合は通常通りの利用が可能。 途中の場合はスタンプ1個につき5円分として値引きの利用が可能。 スタンプカード終了後の対応はレジにて2円引きの対応になっている(店舗によっては未実施)。 [ ] マイカルの「買物袋持参スタンプカード」は、他のイオングループのチェーンストア各社で押印してもらうことはできるが(一部店舗は除く)、100円のお買物券としては使えない。 逆に、マイカルでも、他のイオングループのチェーンストア各社の「買物袋スタンプカード」に押印してもらうことはできるが、お買物券としては使うことができない(スタンプカード取扱い店舗であれば押印してもらうことはできるが、お買物券の使用は発行店のみ) [ ]。 わんぱくメイト・キッズメイト [ ] 上述の内容とは少々異なるが、一部の店舗において「わんぱくメイト」という幼少者や小学生を対象にした企画があった。 店舗により会員を対象にした月報のような広報紙を発行したり日帰りバスツアーやクリスマスパーティーなども行なわれて集客に一定の効果を収めていたようである。 後に「キッズメイト」と名を変え、サティブランドが消滅するまで続いた。 なおモーリーとマーリーはマイカルがスポンサーとなった演劇のキャラクターとして登場したものである。 何れもぬいぐるみ として各店舗のイベントに登場することもあった。 CM出演者 [ ] ニチイ [ ]• - 原作の。 マイカル子会社により1989年にされる。 主演は。 当時社長だった小林敏峯が製作総指揮をとっている。 - かつて存在したレコード会社。 のちにに事実上吸収された。 - かつてマイカルスキー部に所属していた。 - 旧社名はマイカルカードで、マイカルのハウスカードとして「マイカルカード」を発行していた。 マイカル倒産直前に大手のが買収(三洋信販はプロミスへ合併されており、現在はである)。 現在は・・がそれぞれ株式を保有しており、各会社の持分法適応関連会社となっている。 マイカルカードでは、全国のサティとビブレにて特定日の割引特典が受けられたが、マイカルとは、マイカル九州とはを以て提携を解消し、同カードは順次P-oneカードへ切替となった。 マイカル北海道は、ポスフールとして独立後にイオンの傘下となったものの、マイカルやマイカル九州とは別のアプローチであったためにイオンクレジットサービスとは提携せず、引き続き「ポスフールカード」としてポケットカードとの提携を継続していたが、イオン北海道への社名変更を機にを以って提携を終了することとなった。 (旧社名ダックビブレ、現在はの傘下)・も、引き続き「さくら野カード」として、ポケットカードとの提携を継続していたが、現在はとの提携カードに切り換えたため、新規の募集は取りやめている。 プリップカード マイカルカード会員(ニチイ・サティ・ビブレの各店舗)に発行されていたプリペイドカード。 1万円・3万円・5万円・10万円の4種類のカードがあり、5%のプレミアが付いていた。 1998年途中から1万円カードの新規発券中止。 代わりに2万円カードが誕生。 1999年10月にはすべてのカードが発券中止。 発券中止後も使用できたが、2004年に未使用残額分をマイカル商品券と交換する措置がされた。 新規発券中止後に開店した店舗ではサービスコーナーでのみ使用できた。 ビブレのパラダイスカード会員は5千円分のプリップカードを購入することができた。 当時発行されていたポイントカードとの併用は不可。 - 系列、ニチイグループの。 - ニチイ(初代ロゴ)時代に「 ニチイチェーン よいこシリーズ」という名前のプラレールセット(セットなど)を販売していた。 - ニチイからの社名変更後に、読売ジャイアンツの応援活動を行い、球団との契約で応援セールや優勝セールを行っていたが、の青森県の店舗は、前身企業の一つが青森ヤクルト販売の設立に関与した歴史的経緯からの応援に回っていた他、破綻直前の時期には広島県内の店舗がの応援に回っていた。 脚注 [ ]• 毎日新聞 2011年3月1日(2011年3月3日時点の)• イオンリテールは「イオン」を全国に展開する(千葉市)を2010年12月1日に吸収している。 朝日新聞. 2010年8月27日. の2010年8月28日時点におけるアーカイブ。 2010年8月28日閲覧。 208、1994年• 加藤 鉱「再生したる!ドキュメント「マイカル復活」1500日」ビジネス社 pp. 93-94、2006年• - 公式ウェブサイト、2014年5月27日閲覧。 読売新聞. 2010年8月27日. の2010年8月28日時点におけるアーカイブ。 2010年8月28日閲覧。 - イオン株式会社 ニュースリリース 2010年10月6日• 東洋経済新報. 3 2020年1月4日. 2020年6月19日閲覧。 日本食糧新聞 2001年11月28日. 2020年6月19日閲覧。 傘下の企業であったが、同日付での完全子会社となった。 とは立地上の関係上などからマイカル本体が運営していた。 現在も、の届出上のSC名(ビル名)に同じものが採用されている場合がある(例:)。 、2014年1月3日閲覧 外部リンク [ ]• (2010年8月19日時点の)• - 旧マイカルカード• - マイカルとの提携終了を受けた、カードの自動切換の案内。 イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

イオンシネマ茨木 上映スケジュール

マイカル茨木 映画

ワーナーマイカル・シネマズ 茨木は、大阪府茨木松ヶ本町の2001年にオープンしたワーナーマイカル茨木内4階にあります。 駐車場が2,500代完備されています。 アクセス方法は幾つかあり、車で吹田IC・摂津北ICより約15分。 JR茨木駅・大阪モノレール宇野辺駅より徒歩5分になっています。 ワーナーマイカル茨木の位置する周辺には、万博記念公園などもありますので、始めての方がアクセスするにも分かり易いと思います。 他にも、前売り券や割引券などの情報がホームページ内で見れますので、チェックしてお出かけになった方がいいと思います。 大阪府茨木松ヶ本町の ワーナーマイカル 茨木内4階にある、ワーナーマイカル・シネマズ茨木には、10スクリーンが完備されており、総席数2,100席で構成され本格的マルチプレックスシネマになっています。 どのスクリーンにも車椅子用スペースが2〜4箇所用意されていますので、車椅子の方にも安心して映画を鑑賞できるようになっています。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木の通常営業時間はAM10:00〜になりますが、毎週水曜日と土・日曜日は全館同様AM9:00〜からの営業開始時間になります。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木では、ファーストデイやレディースデイなどの割引チケットも随時販売していますので、是非活用されて下さい。 全部で10スクリーンが完備され、2,100もの席を用意している「 ワーナーマイカル・シネマズ・ 茨木」。 ワーナーマイカル・シネマズ・茨木は、大阪府茨木松ヶ本町にあるマイカル茨木の中にあります。 マイカル茨木の4階に上がると、ワーナーマイカル・シネマズ・茨木の入り口があり、その雰囲気造りがやはり凝っていて、ロビー内には常に特殊効果重低音が鳴り響き、映画の世界に浸ることができます。 下階のショッピングモールとはまるで別世界になっているので、ロビー内にあるシネマショップで、つい関連グッズを買いたくなる不思議な空間なんですよね。 ワーナーマイカル・シネマズ・茨木の同じフロアーには、レストランなどもあるので、待ち時間や見終った後のお話タイムには欠かせません。 JR 茨木駅・大阪モノレール宇野辺駅より徒歩5分のところにあるマイカル茨木。 その4階には ワーナーマイカル・シネマズ茨木があり、ショッピングの他に映画を楽しむことができるので、デートスポットとしても有名です。 道路を挟んだ別の建物には「コナミスポーツ茨木」もあり、おじ様やおば様達の汗を流す姿も多く見られます。 「ダイナレックス」というゲームセンターもマイカル茨木内にあり、中高生がゲームを楽しむ姿や、キッズ用アスレチックで子供たちがはしゃぐ側で、お母さん達の休む姿もすでに当たり前になっており、家族みんなでそれぞれに楽しむ事ができます。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木では、たくさんの割引券やTSUTAYAカードなどのポイントを貯めてクーポン券に交換できるようになっていて、通えば通うほどにお得なシステムになっています。 大阪府 茨木にあるマイカル茨木4階に、 ワーナーマイカル・シネマズ茨木があります。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木には、10スクリーンが完備されており、THXが認定されています。 THXとは、(ルーカスフィルム社の一部門)THX社が開発した劇場用映像・音響の品質規格のことです。 (開発者のトム・ホールマンからTHXの由来がきているそうです) THX社によって、音響のみならず、映像や外部からの雑音などに対しても厳しいチェックがなされ、全ての項目をクリアした劇場のみにTHXが始めて認定されるようです。 ワーナーマイカル・シネマズ茨木でももちろん厳しいチェックが行われ認定されたのですから、かなり名誉なことなんですね。 世界品質を誇るTHXををワーナーマイカル・シネマズ茨木で、是非体感してみて下さい。

次の