ひまわり コンディショナー。 ディアボーテHIMAWARI(ひまわり)のシャンプー・コンディショナー・トリートメントを徹底解説

男がリンスやコンディショナーを使うとハゲる原因になる?予防になる?ハゲないか

ひまわり コンディショナー

髪内部の髪の外側それぞれの脂質と水分バランスに着目。 健康的な状態に整え、うねり・くせ・パサつきをおさえます。 乳化安定・保湿・保護・柔軟効果による感触改善 乳化・可溶化。 頭皮・毛髪の保湿 シリコーン。 これが配合されているからリンス・コンディショナーと言われる所以になる成分 防腐剤 防腐剤 香り成分。 人によりアレルギーリスク有 天然の着色料 評価・解析・おすすめ度 市販の中ではおすすめのコンディショナーです。 や等のキューティクルの補修成分や、毛髪に被膜を張る、各種シリコン ・・・ やその他の皮膜成分により毛髪表面の手触りを向上させたり、外的刺激から守ってくれます。 ですので、 この ひまわりコンディショナーは、毛髪表面 キューティクル の補修・質感向上としては市販品の中では優れた作りです。 ボリューム&リペア コンディショナーとの違い ほとんど違いはありません。 わずかながら違うのは、ディアボーテ オイルインコンディショナーにはという毛髪表面をツルっと仕上げてくれるカチオン界面活性剤が配合されています。 その分だけ、こちらの方がおさまりが良い。 が配合していない分だけは少しだけボリュームが出る。 と言う違いなのではないでしょうか? いすれにせよ、作りとしてはほとんど同じですので、 少しでもボリュームがほしければ。 なるべく収まりよくしたければディアボーテ オイルインコンディショナーを選択すればいいと思います。 悩んだらまずこちらで間違いなし!! に tencho より• に 牛タン野郎 より• に tencho より• に 匿名 より• に tencho より カテゴリー•

次の

シャンプーひまわり!青との違い・成分・口コミなどを徹底分析!

ひまわり コンディショナー

そもそも私の髪は細いので、髪がゴワゴワすることもあまりなく、リンスを使う必要がないからです。 リンスを使うと禿げる理由は・・・ ・リンスが頭皮に残留しているため ・余計な化学物質が頭皮に付着してしまうため やはりこの2つの理由が大きいと考えます。 これは、シャンプーに含まれる化学物質が、頭皮に残留すると、超高確率でハゲの原因になってしまうと思うからです。 同じようにリンスも、頭皮に残留してしまうと、ハゲの原因になると思われます。 しかもリンスの場合は、シャンプーと違って、髪をサラサラにするためのものですから、あまり洗い流さない人が多いわけです。 そうすると、リンスの成分が頭皮に付着してしまい、それが日々、蓄積されていって薄毛の原因になると考えられます。 ただ、髪質的に、くしが引っかかりやすく、それが原因で抜け毛につながってしまうようなタイプの人は、少しだけリンスを使った方が良いですね。 なので、 「 頭皮にとっては、リンスやコンディショナーは、害となる可能性が高い」 と、これは私の独断と偏見ですが、そう思います。 シャンプーが頭皮に残留すれば、頭皮環境が悪化して、ハゲるリスクが増す。 リンスも同じように、頭皮に残留することで、頭皮環境が悪くなり、ハゲるリスクが増すのではないか。 つまり育毛とは、「ハゲるリスク」を、一つ一つ消していく作業。 その結果として、いつまでもフサフサな髪の毛を維持できると、私は思うわけです。 髪の長い女性が、その優位性を最大限に発揮するために、リンスやコンディショナーを使うのはわかる。 しかし、男性の場合は、ロン毛でもない限りは、リンスやコンディショナーを使うメリットより、デメリットの方が大きくなってしまう気がするわけです。 いい香りを振りまくこと。 髪の毛にツヤを出すこと。 しかし、これらは、 「抜け毛とは、何の関係もない」 つまり、髪の毛のキューティクルを守って、つやつやの髪の毛にしたところで、若ハゲ予防にはならないわけです。 むしろ、若ハゲの原因になると、私は思うわけです。 という事は、リンスやコンディショナーが頭皮につくと・・? 「頭皮環境を悪化させる原因になる」のではないか?・・と。 私なりにまとめると、 「男性は、リンスやコンディショナーを使う必要はない気がする」 「髪の毛が長い男性や、よほど剛毛な男性は、毛先にだけリンスやコンディショナーをつけること。 頭皮にリンスをつけないこと」 「シャンプーと同じく、リンスも過剰なまでに洗い流すこと」 私はこのように考えています。 シャンプーを使う時もリンスを使う時も、必ず、「すすぎ」をしっかりと行うことが最重要だと思う。 そして育毛というのは、「 頭皮」を、ケアするものです。 ですから男性の場合は、あまり、リンスで髪の毛をケアすることを考えるよりも、「 頭皮を大切にする」ことが、薄毛防止につながっていくと思いますね。 ご参考まで。

次の

ディアボーテHIMAWARI(ひまわり)のシャンプー・コンディショナー・トリートメントを徹底解説

ひまわり コンディショナー

元美容師Mです。 最近は昔に比べると、市販シャンプーのレベルも少しずつではあるが上がって来ているようですね。 市販のシャンプーの中でも『ひまわりシャンプー』はTwitterなんかでも評判が良いので、成分を見てみたのですが 「うんっ!確かにこれは市販としては良い感じだな。 」と言うのが私の本音です。 ただ、どんなシャンプーにもメリット、デメリットがあるようにひまわりシャンプーについても、「こんな人は使わない方が良いだろうな~」という私の意見もあるので、今回は成分の解析結果から使うべき人と使わない方が良い人について書き綴ってみたいと思います。 特に私が驚いたのが、基本的にこの価格帯のアミノ酸系シャンプーって強い洗浄成分の中に、ほんの少しアミノ酸系成分を配合して「アミノ酸系シャンプーです!」と販売している物が殆どなんです。 ただ、このひまわりシャンプーに関しては 『ココイルメチルタウリン』と言われる、かなりマイルドなアミノ酸系洗浄成分が2番目に表記されている点からして、アミノ酸系の洗浄成分の配合量が多いことが予測されますね。 更に中でも注目したいアミノ酸系洗浄成分で 『ココイルグルタミン酸TEA』という表記があるのですが、この洗浄成分はかなりアツい! と言うのも、 超マイルドな洗浄力でありながら、毛髪にしっとり感を与える効果もあるかなり高価な洗浄成分なのです。 私がいつも推奨している、haruシャンプーにもこの洗浄成分がタップリ含まれているんですよね。 この市販価格、700円程度で手に入るシャンプーにもかかわらず、ここまでマイルドな洗浄成分で構成されているシャンプーは開発者さんの愛が感じられるレベル。 ただ、このシャンプーの代名詞とも言える、『ヒマワリ種子油、ひまわりエキス』の補修効果については正直言うと「微妙~」という感じ。 と言うのも、植物のエキスやオイルは確かに、髪の毛の保湿作用をもたらす効果があるものは多いですが、基本的に人間の髪の毛を補修するために生まれてきた成分ではないです。 ほーんの少し保湿効果の期待は出来るかもしれませんけど、「ひまわりオイル!」と堂々と謳うほどの効果が見込めるかと言えば、微妙。 ですので、ダメージが気になる人、カラーやパーマを施術している人、髪の毛が乾燥気味の人は使うのを避けるべきだと思います。 逆に健康毛で髪の毛が太めの人なんかは、このくらいマイルドな洗浄成分で設計されているシャンプーを使えば安心だと言えますね。 【結論】ダメージが気にならない人なら使ってOK! さて、今回のひまわりシャンプーの結論ですが・・・ダメージやカラー、パーマの持ち、乾燥毛質では無い人であれば、ひまわりを選択するのはアリ!だと思います。 ただ、洗浄成分がアミノ酸系でかなりマイルドとはいえ、やっぱり補修成分が『ひまわり成分』だけというのはあまりにも貧弱すぎますので、ダメージなどが気になる人は間違い無く、haruシャンプーなどの補修成分がタップリ入ったシャンプーを使う事を断固としてオススメします。 美容院では、積極的にトリートメントを薦めてきますけどね・・・ ぶっちゃけた話、毎日使うシャンプーを変えてしまった方が、100倍髪の毛のダメージを抑えられますので。 当ブログで一人でも多くの人をビューティーヘアーに導ければ幸いです。 ひまわりシャンプーに関連する記事もぜひぜひ、御覧くださいね。 トリートメントを変えるよりも、シャンプーを変えるべき!と言うのが私の考えです。 というのもトリートメントって結局のところシリコンで手触り感をアップさせているものが殆どなので、短期的には手触り感アップやツヤ感アップは期待できます。 ただ、長期的にダメージの補修を考えるなら、より優しい洗浄成分が配合されたシャンプーで洗うほうが重要かと思います。

次の