ポケモン リーグ周回。 【3DS VC版】ポケモン銀プレイ日記71:対レッド戦に備えたレベル上げ!ポケモンリーグ周回地獄!

Arduinoを用いたポケモン剣盾のリーグ周回自動化

ポケモン リーグ周回

手持ちポケモンに変更はないので、単純にレベルを上げるだけでも良いが、下記に紹介するおすすめポケモンなどで周回する方が効率が良い。 挑戦者として登場するトレーナーは毎回ランダムになているので、バランス良いパーティで臨むか、特定の周回用のポケモンを用意する必要がある。 さらに、Z技の長い演出も大幅にカットできるため、周回時間を短縮できる。 もっとも効率が良いのは、強力な1体を連れて行き、四天王~防衛戦までできるだけ、1体で戦う戦い方だ。 四天王周回におすすめのポケモン• 特性「かたやぶり」のポケモン 相手が使用してくるポケモンの中には特性が「がんじょう」のポケモンが何体か出現する。 特性「がんじょう」は通常1発で落とす事が出来ないが、「かたやぶり」であれば相手の特性を無視できるので、「がんじょう」であっても1発で落とすことができる。 「りゅうのまい」などのステータスアップ技が使えるポケモン 「りゅうのまい」「つるぎのまい」「ちょうのまい」などの強力なステータスアップ技が使えるポケモンであれば、戦闘の最初に使うことで一気に相手のポケモンを倒すことができるだろう。 ただし、Lv100など高レベルのポケモンであれば、ステータスアップ技より多彩なタイプの攻撃技を使えるようになっておく方が便利。 メガギャラドス ギャラドスはメガ進化することで特性が「かたやぶり」となるので、特性「がんじょう」でも余裕で突破できる。 「たきのぼり」「りゅうのまい」「かみくだく」「じしん」などを覚えさせておくとよいだろう。 メガシンカにより悪タイプが追加されるため、「いたずらごころ」で先制されない。 そのため、マーレインのクレッフィが使用する「でんじは」に悩まされることもない。 オノノクス 土曜日にウラウラ島で島スキャンをすることでホクラニ岳に進化前のが出現する。 こちらも特性が「かたやぶり」のポケモン。 こうげき種族値が非常に高く、「りゅうのまい」でさらに強化できるので、かなり高い火力を出すことができる。 「げきりんorダブルチョップ」「じしんorかわらわり」「どくづき」「りゅうのまい」などを覚えさせておくとよいだろう。 ドリュウズ は本作では捕まえることができないため、過去作から持ってくる必要がある ポケバンクが必要 ・ 夢特性のドリュウズは特性「かたやぶり」で、本作の四天王や挑戦者たちの多くに対して有利になる。 さらに、地面タイプなのでマーレインの「クレッフィ」による先制「でんじは」も無効。 「じしん」「アイアンヘッド」「つるぎのまい」「いわなだれorシャドークロー」などを覚えさせておくとよい。 フェローチェ ウルトラムーン限定で入手可能なUB。 特性が「かたやぶり」ではないものの、攻撃性能と素早さが高く、多彩なタイプの攻撃技を覚える。 特性「ビーストブースト」で火力が上がるように調整することで後ろに控えているポケモンを倒しやすくなる。

次の

トーナメント周回を自動でする方法 かえんだま難民から脱却しよう!

ポケモン リーグ周回

レアリーグカードを手に入れた場合 、周回の効率が落ち、また連射コントローラーでは全自動で進めることが不可能になる場合があるので注意してください。 「連射コントローラーさえあれば、トーナメントを全自動で周回できるよ」という情報を手に入れたので、周回に向いているについて考えてみました。 連射コントローラーを持ってない方でもジムチャレンジャーの手持ちについてもまとめているので参考になると思います。 以上です。 オートセーブはオンにしていた方が良いでしょう。 トーナメントのストッパー トーナメントではストッパーとなりうるが何体かいます。 ・ウェイのの「」 連射機能を使用する必要性から技は1つしか選択できないため、かなしばり状態になっては機能停止してしまいます。 ウェイは特性が「」のを3体持っているため、対策は不可欠でしょう。 ちなみに、ウェイの手持ちで最も高い物理耐久を持つをわるあがきで突破するために必要な攻撃実数値は585です。 ・の「ほうし」 直接攻撃を使用する場合、「まひ」や「ねむり」で機能停止になる場合があります。 ・の「ゆきふらし」との「」 天候があられの時は、は攻撃をかわす可能性があります。 じヘビーボンバーで容易に落とされるは控えた方が良いでしょう。 ・「いかく」の達 特性 「いかく」によりこうげきがダウンしてしまうので、物理アタッカーで挑む場合はそれなりの火力か工夫が必要になります。 トーナメントに参加するトレーナーの手持ちは下記に記してあるので参考にしてください。 ・ このはストッパーではありませんが、トーナメントで相対するの中で一部を除き最も高い素早さを持っています。 が31だと仮定すれば実数値は無補正で161、補正有で177なので、すばやさはそれを上回る値にしておいた方が良いでしょう。 自身は大した技は覚えていませんが、近い素早さを持つはを持っているので時短も兼ねて抜かせる値にした方が良いと思います。 ちなみに、一番早いはジョーですが、たいていはすいすい発動状態で対応することになりますし、しかしないので気にする必要はないと思います。 追記:現在わかっているトーナメント参加者のSラインを一覧にしてみました。 先制攻撃はテキストの短縮や事故防止に繋がるので、先制できるのであればSにを割いた方が良いと思います。 あくまで予想なので、参考程度にとどめてください。 周回おすすめ 以上を考慮したうえで、以下にリーグ周回に向いているような・戦法をまとめておきました。 ・「ふくろだたき」 (推奨) 私は当初で周回を試みたのですが、のじしんで戦闘になったり、を倒せなかったりで安定しませんでした。 手持ちの攻撃の高さによって威力の変わる非物理技である「ふくろだたき」を使用します。 おすすめはです。 特性「」により、いかくの影響を軽くすることができる他、イザルののじしんを乱数4発で受けることができるため、戦闘になる確率は非常に稀です。 ちなみに、は「かたやぶり」によりを無効にできますが、いかんせん火力不足です。 この戦法では手持ち1体で周回しないといった特徴があるため、万が一が戦闘になった場合はそこで作業が中断されるというデメリットがあります。 また、手持ち全員をにする必要はおそらくありません。 、G、を倒せるラインにさえすれば問題ないと思われます。 ・「アロマベール」(マホイップ推奨) 特性「アロマベール」により、「」の効果を受けずマホイップの場合は、の場合はを使用することができます。 特殊技を使うので「ほうし」や「いかく」などの影響を受けません。 ただし、もマホイップもを用意する必要があります。 ちなみに両者ともにカフのは高乱数1発、ジュバのは低乱数1発なので2回攻撃する必要がある場合があります。 といっても大して痛手を受けるわけではないので問題はありません。 ・「かがくへんかガス」(G) 特性「かがくへんかガス」により、の効果を受けず、またマホイップとことなり、「がんじょう」や「すなおこし」の効果を受けずにで周回することができます。 しかし、火力が低い点や技レコードの消費が必要なことから私は採用を見送りました。 ただ、相手の特性を無効化できる点は非常に優秀だと思います。 火力に関してもの確定数くらいしかマホイップとの違いはないでしょうし、ガラルの方が効率がよいかもしれません。 ・ザシアン 特性「ふとうのけん」による攻撃力上昇と、高威力技「きょじゅうざん」で相手を一掃することができます。 しかし、のPPを増やさなくてはならないこと、特性の表記、入手難度の高さ、「ほうし」・「」の影響を受けることなどから、あまり評価は高くありません。 詳しくは持っていないのでわかりません。 誰かください、ザマゼンタ出します。 もちろん、マクロコントローラーが必要にはなりますが。 他のを使用する場合、攻撃技のタイプとしておすすめは以下の4つです。 こおりタイプ、 ひこうタイプ、 あくタイプ、 フェアリータイプ 他に候補となりうる技のタイプ。 ・ノーマルタイプ:「きもったま」を使うことで通すことはできるが、一致で扱えるがいない。 ・ほのおタイプ:が「もらいび」かもしれない、未確認。 耐性持ちはケンギュウの、オリヒメの()他、の。 ・:特性「きもったま」のとネギガナイトのみ可能、耐性持ちはメンケントの、ジュバのG、ボラリスのとイオルブ。 ・むしタイプ:耐性持ちはの、ジュバのG。 ・いわタイプ:耐性持ちはテーミンの。 ・はがねタイプ:耐性持ちはギェナーの。 トーナメント参加トレーナー一覧 トーナメントに出場するトレーナーを一部掲載します。 、あくタイプ、フェアリータイプの使い手は対戦したことがないので、多分いないのだと思います。 全員手持ちのレベルは56から58です。 選出順は初手以外はこちらのによって変わります。 実は彼らは一緒にジムチャレンジを潜り抜けたライバルでもあります。 ストーリー中にたびたび登場しているので確認してみるのも面白いかもしれません。 主な負け筋は、の2連回避です。 ニャイキングの&のジャイロボールも両方急所にあたったら少し怪しかったりするのかなという感じですね。 私は控えめCS個体を使用しています が、無駄をなくすなら以下のような調整になると思います。 性格:ひかえめ もしくは うっかりや :HBCSがV :C252 S 60 4でもいいかも 252推奨 残りB 技:、-、-、- Sは抜きです、おそらく60振っておけば抜かされることはないと思います。 のの詳しい値はしらないので、もし興味のある方がいれば調べてください、わかったら教えてね。 追記:S「すいすい」発動時のオリヒメのを抜くギリギリのラインを攻めるのであれば204振りがいいでしょうが、Bに50程度振ったところでのヘビーボンバーの確定数などが変わるわけではないので、Sは極振りを推奨します。 楽だし。 (Bに252振ってとに先制される代わりに、のヘビーボンバーを2発耐えやすくするという選択肢もあります。 ) 特殊攻撃は受けないので特防に振る必要はありません。 HPに関しても無振りで269なので、あられやすなあらしの定数ダメージを考えれば9以上振る必要性は低いでしょう。 もし、より効率よく全自動で周回できる方法があったら教えてください。

次の

ポケモンリーグ (ぽけもんりーぐ)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン リーグ周回

レアリーグカードを手に入れた場合 、周回の効率が落ち、また連射コントローラーでは全自動で進めることが不可能になる場合があるので注意してください。 「連射コントローラーさえあれば、トーナメントを全自動で周回できるよ」という情報を手に入れたので、周回に向いているについて考えてみました。 連射コントローラーを持ってない方でもジムチャレンジャーの手持ちについてもまとめているので参考になると思います。 以上です。 オートセーブはオンにしていた方が良いでしょう。 トーナメントのストッパー トーナメントではストッパーとなりうるが何体かいます。 ・ウェイのの「」 連射機能を使用する必要性から技は1つしか選択できないため、かなしばり状態になっては機能停止してしまいます。 ウェイは特性が「」のを3体持っているため、対策は不可欠でしょう。 ちなみに、ウェイの手持ちで最も高い物理耐久を持つをわるあがきで突破するために必要な攻撃実数値は585です。 ・の「ほうし」 直接攻撃を使用する場合、「まひ」や「ねむり」で機能停止になる場合があります。 ・の「ゆきふらし」との「」 天候があられの時は、は攻撃をかわす可能性があります。 じヘビーボンバーで容易に落とされるは控えた方が良いでしょう。 ・「いかく」の達 特性 「いかく」によりこうげきがダウンしてしまうので、物理アタッカーで挑む場合はそれなりの火力か工夫が必要になります。 トーナメントに参加するトレーナーの手持ちは下記に記してあるので参考にしてください。 ・ このはストッパーではありませんが、トーナメントで相対するの中で一部を除き最も高い素早さを持っています。 が31だと仮定すれば実数値は無補正で161、補正有で177なので、すばやさはそれを上回る値にしておいた方が良いでしょう。 自身は大した技は覚えていませんが、近い素早さを持つはを持っているので時短も兼ねて抜かせる値にした方が良いと思います。 ちなみに、一番早いはジョーですが、たいていはすいすい発動状態で対応することになりますし、しかしないので気にする必要はないと思います。 追記:現在わかっているトーナメント参加者のSラインを一覧にしてみました。 先制攻撃はテキストの短縮や事故防止に繋がるので、先制できるのであればSにを割いた方が良いと思います。 あくまで予想なので、参考程度にとどめてください。 周回おすすめ 以上を考慮したうえで、以下にリーグ周回に向いているような・戦法をまとめておきました。 ・「ふくろだたき」 (推奨) 私は当初で周回を試みたのですが、のじしんで戦闘になったり、を倒せなかったりで安定しませんでした。 手持ちの攻撃の高さによって威力の変わる非物理技である「ふくろだたき」を使用します。 おすすめはです。 特性「」により、いかくの影響を軽くすることができる他、イザルののじしんを乱数4発で受けることができるため、戦闘になる確率は非常に稀です。 ちなみに、は「かたやぶり」によりを無効にできますが、いかんせん火力不足です。 この戦法では手持ち1体で周回しないといった特徴があるため、万が一が戦闘になった場合はそこで作業が中断されるというデメリットがあります。 また、手持ち全員をにする必要はおそらくありません。 、G、を倒せるラインにさえすれば問題ないと思われます。 ・「アロマベール」(マホイップ推奨) 特性「アロマベール」により、「」の効果を受けずマホイップの場合は、の場合はを使用することができます。 特殊技を使うので「ほうし」や「いかく」などの影響を受けません。 ただし、もマホイップもを用意する必要があります。 ちなみに両者ともにカフのは高乱数1発、ジュバのは低乱数1発なので2回攻撃する必要がある場合があります。 といっても大して痛手を受けるわけではないので問題はありません。 ・「かがくへんかガス」(G) 特性「かがくへんかガス」により、の効果を受けず、またマホイップとことなり、「がんじょう」や「すなおこし」の効果を受けずにで周回することができます。 しかし、火力が低い点や技レコードの消費が必要なことから私は採用を見送りました。 ただ、相手の特性を無効化できる点は非常に優秀だと思います。 火力に関してもの確定数くらいしかマホイップとの違いはないでしょうし、ガラルの方が効率がよいかもしれません。 ・ザシアン 特性「ふとうのけん」による攻撃力上昇と、高威力技「きょじゅうざん」で相手を一掃することができます。 しかし、のPPを増やさなくてはならないこと、特性の表記、入手難度の高さ、「ほうし」・「」の影響を受けることなどから、あまり評価は高くありません。 詳しくは持っていないのでわかりません。 誰かください、ザマゼンタ出します。 もちろん、マクロコントローラーが必要にはなりますが。 他のを使用する場合、攻撃技のタイプとしておすすめは以下の4つです。 こおりタイプ、 ひこうタイプ、 あくタイプ、 フェアリータイプ 他に候補となりうる技のタイプ。 ・ノーマルタイプ:「きもったま」を使うことで通すことはできるが、一致で扱えるがいない。 ・ほのおタイプ:が「もらいび」かもしれない、未確認。 耐性持ちはケンギュウの、オリヒメの()他、の。 ・:特性「きもったま」のとネギガナイトのみ可能、耐性持ちはメンケントの、ジュバのG、ボラリスのとイオルブ。 ・むしタイプ:耐性持ちはの、ジュバのG。 ・いわタイプ:耐性持ちはテーミンの。 ・はがねタイプ:耐性持ちはギェナーの。 トーナメント参加トレーナー一覧 トーナメントに出場するトレーナーを一部掲載します。 、あくタイプ、フェアリータイプの使い手は対戦したことがないので、多分いないのだと思います。 全員手持ちのレベルは56から58です。 選出順は初手以外はこちらのによって変わります。 実は彼らは一緒にジムチャレンジを潜り抜けたライバルでもあります。 ストーリー中にたびたび登場しているので確認してみるのも面白いかもしれません。 主な負け筋は、の2連回避です。 ニャイキングの&のジャイロボールも両方急所にあたったら少し怪しかったりするのかなという感じですね。 私は控えめCS個体を使用しています が、無駄をなくすなら以下のような調整になると思います。 性格:ひかえめ もしくは うっかりや :HBCSがV :C252 S 60 4でもいいかも 252推奨 残りB 技:、-、-、- Sは抜きです、おそらく60振っておけば抜かされることはないと思います。 のの詳しい値はしらないので、もし興味のある方がいれば調べてください、わかったら教えてね。 追記:S「すいすい」発動時のオリヒメのを抜くギリギリのラインを攻めるのであれば204振りがいいでしょうが、Bに50程度振ったところでのヘビーボンバーの確定数などが変わるわけではないので、Sは極振りを推奨します。 楽だし。 (Bに252振ってとに先制される代わりに、のヘビーボンバーを2発耐えやすくするという選択肢もあります。 ) 特殊攻撃は受けないので特防に振る必要はありません。 HPに関しても無振りで269なので、あられやすなあらしの定数ダメージを考えれば9以上振る必要性は低いでしょう。 もし、より効率よく全自動で周回できる方法があったら教えてください。

次の