通信障害 今。 通信障害が発生する頻度は?困らないための対策法まとめ

【影響大】ソフトバンク光で通信障害が起きた場合の解決策まとめ!

通信障害 今

NTTドコモの通信障害。 通信障害発生エリアは「全国的」との事。 NTTドコモの代理店の方に確認したら、エリア的には全国的に障害が出ているみたいですとの事だった。 復旧のメドは? NTTドコモの代理店の方によると 復旧のめどはたっていないとの事でした。 14時50分現在。 ドコモのホームページには障害情報が出ていない! 通信障害が発生しているのはしょうがない。 通信障害が発生している事実を 早くホームページ上で知らせてほしい。 15時05分現在、まだ障害情報は出ていない。 いまだにスマホはネットにつながらない。 そしてドコモのホームーページを見ても障害情報は掲載されていない。 自宅のPCからドコモのホームページを見ているが障害情報はなし。 代理店には問い合わせの電話がはかかっていて、とっくに障害を把握しているみたいです。 なんで情報を出さないのか? とにかく 通信障害発生中とアナウンスしてくれればいいのに。 16時50分現在、まだつながらない。 15時38分にやっとネットにつながりました。 と思ったらどうやらwi-fiにつながっていたみたいです。 4Gではいまだにネットにつながりません。 17時30分現在、まだつながらない。 ドコモホームページの下の方に障害情報が出ていた。 相変わらず通信できず。 やっとドコモのホームーページに障害情報が出ているのが確認できた。 なんでもっと目立つところに載せないのだろう。 今回は通信障害は5時間以上と長時間に及んでいる。 通信障害のエリアは関西から九州までの西日本エリアらしい 4Gの表示は出ている!アンテナも4本立っている!でもネットにつながらない! アンテナも立っているし、4Gの表示もある。 なのにネットにつながらないのです。 コールセンター「151」。 問い合わせをしたらひどい仕打ちが・・・。 コールセンター151に電話したら、ありえない仕打ち。 ドコモのユーザーは局番なしの「151」にかけるとコールセンターにインフォメーションセンターにつながります。 でもつながるとは名ばかり。 ひたすら自動音声応答であーだこーだ聞かされるだけでどんどん時間が過ぎていきます。 やっとオペレーターの呼び出しが行われたと思いきや、その後も自動音声応答。 そして13分経過したとき・・・・その時はやってきました。 「ありがとうございました」 といって むこうから切断されたのです。 いったいこの無駄な時間は何だったの? 整理券もらって並んだのに・・・・「今日はお引き取りください」だと・・・。 待たされて怒っているユーザーとは話をしたくないからなのか? これが生身の人間に対する応対なのか? こちらはリアルに生活をしている生身の人間。 あちらは録音音声。 なんて滑稽なさまでしょう。 この悔しさをドコモの社員は気づきすらしない。 これでいいのか? 高い金を払っているドコモユーザーに対するサービスがこれか? ユーザーの時間をたくさん奪っておきながら、なんと失礼なあしらい方をするのだろう。 とにかくガッカリしました。 ドコモの「おたすけロボット」に助けを求めたら?・・・もう気力が萎えた。 ドコモのホームページにある「おたすけロボット」というチャット?システム。 「ここでやり取りすれば何かわかるかもしれない。 」 そうおもってお助けロボットに状況を入力しました。 私:「ネットにつながらない」 ロボ:「電話はつながりますか?」 私:「つながる」 ロボ:「特定のアプリだけですか?」 私:「いや全部ダメ」 ロボ:「アンテナや4G表示はありますか?」 私:「アンテナも立っているし、4Gと表示もされている」 このやり取りの後、ロボットが出した答えは・・・。 ロボ:「 端末の故障と思われます」 はぁ? どういうこと? いきなりの 決めつけです。 ロボットの受け答え、それは最初から 「通信障害が起きることは想定されていない」 というものでした。 言い換えれば、 「あんたのスマホが壊れてるんじゃないの?」 「ちゃんとSIMカード入ってる?」 「スマホの使い方知らないの?ITリテラシー足りないんじゃない?」 こんな感じで言われているのとおんなじです。 だって 「ドコモは悪くありません」 「 あなたの端末が原因です」 とはっきり言っているんですから。 でも実際どうだったか。 実際は通信障害です。 もしできることなら、「おたすけロボ」に謙虚さを教えてあげたい。 「おたすけロボット」・・・。 それは客の時間を奪った上に、問い合わせを続ける気力も奪う恐ろしい「問い合わせ撃退ロボット」でした。 今回の被害のまとめ 今回私が受けた被害は以下の通り。 ・通信障害でネットに繋ぐことができなかった ・つながりもしないコールセンターに13分待たされた。 ・コールセンターにぶっきらぼうに電話を切られた。 ・イライラした挙句に「あなたの端末が故障している」と言われた。 何が悔しいかって・・・? こちらは「通信障害だろう」と思っているから確認したいだけなのに、ドコモ相手にその手段がなかった事。 そして私は結局、「 生身の人間には1秒も対応してもらえなかった」という事です。 ちなみに最終的にはドコモの代理店に直接電話をしてみました。 最後に代理店に電話しました。 代理店に電話したら、電話がつながった10秒後には「全国的な通信障害らしいです」と教えてもらえました。 そして「今のところ復旧めどはわかっていない」との事でした。 だったらこちらも端末の故障を疑うこともありません。 余計なことを考えることもありません。 データのバックアップの実施中だったのですが、作業をやめ復旧を待つことにしました。 新型コロナウイルス対策で代理店の負荷を減らしているはずが・・・逆効果! ドコモのホームページでは新型コロナ対策として、代理店の営業時間を短縮しているとか。 でも結局コールセンターもおたすけロボも使い物になりませんでした。 代理店に電話が殺到したことでしょう。 理由は簡単。 ホームページで「障害発生中」と周知しなかったからです。 それだけでメチャクチャ代理店の負荷を減らすことができるのに。 まとめ 「 通信障害が発生している」 そんなにアナウンスは最後までありませんでした。 理由がわからなくて右往左往するユーザー。 全国のユーザーの右往左往した時間を合計したらいったい何時間になるのでしょうか? 数十万時間~数百万時間は無駄になったと思います。 ドコモにはこれだけは言いたい。 高い基本料金払わせるのなら、障害対応はきちんとやってくれ! せめて 「障害発生中」とホームページに表示する だけでいいから。 それさえわかれば、ユーザーは無駄な事をしなくて済むのだから。 大切なのは 「復旧を急ぐこと」 ではありません! 「通信障害発生中」だと すぐにわかるように周知すること! これが大事なんです。 ホームページにメッセージを出すなんて、簡単な事なのに・・・。 システムの機能ではなく、「運用の仕方」です。 ユーザーの満足度ってそういうところで決まります。 ちなみに、最近「ドコモから別のキャリアに変えようか?と考えています。 今回の件でさらにそう思いました。 「もう格安SIMでいいんじゃないか?」と思うのは私だけでしょうか?。

次の

【影響大】ソフトバンク光で通信障害が起きた場合の解決策まとめ!

通信障害 今

株式会社グッド・ラックがするモバイルWi-Fiサービス「どんなときもWiFi」が、「ようやく」新規申し込みを停止すると発表。 それまでの予約受付も停止となりました。 「サービスの安定供給の観点から停止を判断した」とのことです。 どんなときもWiFiの大規模通信障害 2020年2月下旬から「どんなときもWiFの通信速度が遅い」という報告が相継ぎました。 どんなときもWIFI、今朝は異様に遅い。 1Mbpsにも満たないという深刻なもので、2月の21日から29日まで、一週間以上通信障害が続きました。 この障害に対し、どんなときもWiFiでは• 契約解除希望者の違約金免除• 継続利用者に次月の月額料金1ヶ月分減額 という補填を行いました。 この障害は、3月になり一時復旧したかにみえたのも束の間、3月中旬に再度発生します。 どんなときもWiFi 2月は通信不具合が確認出来て、今回のは確認出来ないってこの矛盾。 1ヶ月減額選択した事後悔してます。 いったいなせ、このようなことになってしまったのでしょうか? 障害の原因は新型コロナ?ソフトバンク? 今回の障害は、新型コロナウイルスの影響が大きいとされていますが、はたしてどうなのでしょうか。 通信障害の原因として「どんなときもWiFi」は次のようなコメントを発表しています。 一部キャリアからのSIMカード提供ストップ• 新型コロナの影響による通信設備の製造・発送遅れ コロナウイルスの影響による外出制限、テレワークといった社会環境の変化によって、モバイルWiFiへの需要は急速に高まりました。 急激なトラフィックの上昇に対応するため、「一部のキャリア(今回の場合はソフトバンク)」が、提携する外部サービスに対するSIMの提供を制限している。 そしてもうひとつ、急激なアクセス増加に対応するために必要な設備の増強が、新型コロナウイルスの影響による工場の停止が原因で、できなくなってしまっている。 このふたつの「不測の事態」に対応しきれなかったのが、今回の障害が長期化してしまった理由です。 しかしそれより気になるのが、その前にある 「弊社が回線提供を受けているパートナー会社より下記のような回答がございました」と言うコメントです。 これだけの事態を発生させておきながら、 原因を環境や他社のせいにして、さらにパートナー会社から受けた報告をそのまま掲載している。 この 「当事者意識の欠落」こそが、通信障害を大きくさせ、長期化させてしまった本当の原因ではないでしょうか? 事態を軽視しすぎた企業の責任 新型コロナウイルスによる設備やSIMカードの供給不足は「どんなときもWiFi」だけでなく、多くのWiFiサービス会社に影響を及ぼしたはずです。 事実、FUJI WiFiやNEXTmobileといったWiFiサービスが、相次いで無制限プランを中心としたサービスの新規受付を停止しています。 キャリアからSIMカードが供給されなければ、サービス提供することはできませんので、当然と言えば当然です。 しかし「どんなときもWiFi」は、2月の通信障害時以降も、新規受付を継続しています。 テレビCMの継続• Web広告・アフィリエイト出稿の継続• 新規受付の継続(現在は予約のみ) 通信障害については、ネットで話題になっていたとしてもその範囲は限定的。 多くの人が通信障害について何も知らず、CMや広告を見て申し込みを続けます。 それがまた新たなトラフィックを生み、回線を圧迫していきます。 どんなときもwifi、完全に死んだわ 昨日からまったく繋がらない… この状態で解約させず違約金取るのほんとにどうなんだろ 繋がらなくなるの頻繁になってるときでも、CM流し新規客取ってるし、既存の客のことぜんぜん考えてないし、更新とか絶対あり得ないでしょ 違約金なしで早く解約させてくれ — けんちゃん kenken39733 回線障害を起こしまくってる 今も どんなときもWiFiが地上波でCM流してるのクソムカつく。 2月の障害時に行った対策はおそらく 「対処療法」。 その場はしのげたとしても、すぐに瓦解するのは目に見えていたはずです。 「ニーズの高まり」と「供給力の低下」が同時に起こっているということに気づいていれば、 おそらく最初にやるべきことは 「新規受付の停止」。 新型コロナウイルスによってもたらされた「特需」に目が眩んで、目先の利益を追ってしまったのだとしたら、 あまりにお粗末な対応と言わざるをえませんね。 通信インフラを提供する企業としての責任は重いですよ… 以前から不安だった「どんなときもWiFi」 当サイトもアフィリエイトをやっていますので、「どんなときもWiFi」をご案内することも可能でした。 しかし以前から口コミを見ていて気になることがあって、積極的に推してはこなかったのですね。 通常のスマホやWiFiルーターに差すような「物理的なSIMカード」が不要で、クラウドサーバ上で常に最適なネットワークが選択されるというしくみです。 従来のwifiルーターの場合、端末に挿しているSIMカードの対応エリアのみが利用可能範囲となるため、そのSIMカードが圏外の地域では利用できません。 クラウドwifiであれば端末のご利用場所における電波の受信強度・通信速度の安定性などあらゆる条件を踏まえた上でクラウドサーバーに用意している複数のSIMカード(ソフトバンク・ドコモ・au)の中から最適なものを自動割当することが可能。 ご利用いただくエリアや建物の環境によって最適な通信キャリアの回線を自動で掴みます。 お客様でのキャリア選択不可 ただしエリア内であっても電波の届きにくい場所や本製品の対応帯域外のご地域など一部ご利用いただけない場合が御座いますので予めご了承ください。 今回の通信障害が 「ソフトバンク1社の SIM供給が停止しただけ」で起こってしまったというのは、 クラウドWiFiの強みであったはずの「3キャリア接続」が、ユーザーの期待とは大きく異なっていたことになります。 これは技術的な部分と契約上の問題の両面があると考えられますが、こういった回線品質に関する大事な部分を公開してこなかったことに 残念ですけどね 今回の事故をきっかけに、一層のサービス品質向上に努めてほしいと思います。 コロナ影響下の今、選ぶべきモバイルWiFiとは? 新型コロナウイルスはモバイルWiFiにも大きな影響を与えました。 今回の「どんなときもWiFi」の通信障害は、新しいWiFiのカタチとして注目されていた「クラウドSIM」の将来に、水を差すことになってしまいました。 いまのところ、他のクラウドSIMサービスに通信障害は起こっていませんが、同じ仕組みを使っている以上「安全」とは言えない状況です。 また、トラブル発生後もテレビCMを流し続け、新規顧客獲得を続けた「どんなときもWiFi」の姿勢は、ユーザー軽視ととられても仕方のないものです。 コロナの影響が今後も続きそうな今、本当に選ぶべきWiFiサービスとはなんなのか? この続きは別の記事でご紹介させていただきます。

次の

【どんなときもWiFi】通信障害の原因はコロナ?ソフトバンク?障害に強いはずのクラウドSIMの弱点とは?

通信障害 今

みなさんこんにちは!ごく普通の会社員です! 12月6日の昼頃から発生しているソフトバンクキャリアの通信障害ですが、18時時点でも今だ解消されていない人が多くツイッターでは60万件を超えるツイートがあり、トレンドTOP5がソフトバンクの通信・電波障害のワードで埋め尽くされました。 ソフトバンク自体も通信・電波障害の原因を18時になってようやくつかめたそうで、その発表の遅さにツイッターではソフトバンクに批判の声が相次いでいます。 そうなってくるとソフトバンクユーザーからしたら、半日ほど携帯電話を使う事が出来なかったのですから何か補償はあるのか!!と叫びたくなってしまうと思います。 そこで今回は、ソフトバンク通信・電波障害の補償や今後の対応と問い合わせ先は?と題し、今回ソフトバンクが通信・電波障害を起こした件について、どのように補償するのかや、今後の対応はどうなるのか?と言ったてんについて書いていきたいと思います。 ソフトバンク通信・電波障害で補償や今後の対応は? 現在ソフトバンクは12月6日に起こった通信・電波障害の原因を交換設備の不具合としてプレスリリースを発表しています。 しかしソフトバンクユーザからしてみれば、今回の通信・電波障害で数時間携帯電話を使う事が出来ず不利益がありました。 となればもちろん補償をしてほしいと思うのが、普通でしょう。 では実際ソフトバンクの通信・電波障害で補償される額はいくらほどになるのでしょうか。 仮にソフトバンクの通信に8000円払っている人がいたとしたら、日割の260円ほどが請求料金から差し引きされるというのが関の山ではないでしょうか。 一部GLAYのライブ等でソフトバンクの通信・電波障害により不利益を被った場合は、法人と法人という事で補償されると思います。 しかし個人がこのようなライブ等で不利益をこうむっていたとしても、ソフトバンクはその補償はしないと思われます。 多くて500円ほどを請求額から差し引きするといった形に落ち着くのではないでしょうか。 そのような方はソフトバンクに直接問い合わせる事をお勧めします。 問い合わせ先は以下のリンクとなっており、私がみたところweb問い合わせしかありませんでした。 直接電話して見たい場合は、以下の番号からカスタマーサポートに電話をすることが出来ます。 ソフトバンク携帯から:157(無料) 一般電話から:0800-919-0157(無料) 問い合わせ時間はオペレーター対応の場合9:00から20:00迄となっていますが、正直ソフトバンクカスタマーセンターは相当待たされます。 私もソフトバンク光を使っているのですが、カスタマーセンターへの電話に10分から20分は待たされました。 それでも良い!とにかくオペレーターと話したい!という方は上記番号からどうぞ! ソフトバンクの通信・電波障害にネットの声は? SoftBank同士の通話が不可…. 壊れたかと焦りました。 19日も不安しかないぞ、と。 映画でも飛行機でもライブでもQRコードはまずスクショ保存してます。 — sen-ri 2日目LV確定 senri666 ソフトバンクが繋がらない問題。 たくさんツイッターに上がってるけど… 水道の民営化の話の方が重要だと考えてる私はおかしいのだろうか? ニュース…埋もれてしまったね。 — ぺりーさん。 またそれと同時に、これまでのあれば便利というものではなくなったわけですから、ソフトバンクを始め3大キャリアには今後このような事が一切起こらないようにしてほしいものですね。 まとめ 今回ソフトバンク通信・電波障害の補償や今後の対応と問い合わせ先は?と題し書いてきましたがいかがでしたでしょうか! 13時過ぎに通信・電波障害が始まって18時に解消するまで実に5時間ほどかかっています。 その間にソフトバンク側からのプレスリリースは、今調査中です。 ソフトバンクユーザーとしては、通信事業者が通信・電波障害で原因を調査するのは当たり前。 いつ復旧するのか!という点が知りたかったのだと思います。 電車が人身事故で遅延した際でも、復旧の目安は言いますし、ソフトバンク側も復旧目安時間を言っておくべきだったのではないでしょうか。 人は何時間待たされるのかわからないというのが一番ストレスがかかるようですから、今回はソフトバンクの初動に問題があったとしか言えないと思います。 今回の反省を生かし、今後は二度とこのような事がないようにしてほしいものですね 以上。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の