土踏まず 突っ張る。 土踏まずの役割とは?偏平足の改善トレーニング法を教えます

かかとが痛いなら注意!「足底筋膜炎」の原因・症状・治癒法

土踏まず 突っ張る

足は健康状態を映す鏡! 《足をチェックすると意外なことが分かる》ということで、埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長でフットケア学会の理事でもある高山かおる先生が、梅沢富美男さん、森口博子さん、堀田茜さん、村上佳菜子さん、博多華丸さんの足をチェック。 そこに隠されている将来の病気のリスクを診断していきます。 「足はウソをつきません。 足を見ればその人の生活習慣から未来まで分かってしまいます」とおっしゃる高山先生。 見逃されがちな足から送られる健康のサインについて教えてくれました。 【下半身太りリスクのチェック】 足の指を握ってじゃんけんの「グー」の形をしてみてください。 その時、足の付け根の骨が出ない人は将来「下半身太り」になる可能性があるのだとか。 骨が出ない人は指先の筋肉が弱っていて、指を曲げる腱が固くなっていることが考えられます。 足の指がうまく使えないと、後ろ重心になって姿勢が悪くなる分、下半身に余計な脂肪がつく可能性があるのです。 弱った筋肉を鍛えるには、足の指でゴルフボールを握ったり転がしたりして、自由自在に操れるようにすると効果があるそう。 ちなみに、「下半身太り予備軍」と指摘されたのは、村上佳菜子さんでした。 【尿漏れリスクのチェック】 かかとの側面が固くなっていると、将来「尿漏れ」になる恐れがあるそうです。 かかとの側面が固い人は、かかとの外側に重心がかかっている証拠。 逆に足の内側の筋肉は使わなくなるので弱まってしまう。 すると膀胱を支える骨盤底筋群が弱まり、尿漏れを招きかねないというのです。 ここでは、舞台で鍛えられて固くなったという"名誉のかかと"を披露した梅沢富美男さんが「尿漏れ予備軍」と診断されました。 「そんな、テレビで尿漏れになると言われても、イメージがあるから困ります!」と、メンタルをやられた様子の梅沢さんでした(笑)。 【隠れ水虫チェック】 さらに高山先生が梅沢さんのガサガサかかとを見て、「この"ガサガサかかと"の原因、実は水虫かもしれません!」。 梅沢さんは「えっ、これ水虫なんですか? 全然かゆくないんですけど。 かゆかったら掻いているでしょう... 」とまたまたショック。 高山先生によると、水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が足で繁殖して起こる病気で、ガサガサにひび割れたかかとの奥に白癬菌が入り込むことで水虫になってしまうコトがあるのだとか。 水虫はかゆくなったり皮がむけたりするイメージがありますが、指先に比べて皮膚が厚いかかとはかゆみを感じにくいのです。 つまり、かかとの水虫は、かゆみを感じない「隠れ水虫」なのです! 自覚症状のない「隠れ水虫」は病院で検査してもらわないと判明しないのですが、自宅で簡単にチェックする方法があります。 1.足の皮膚が丸くむけている 2.2週間から1か月ほどクリームを塗ってもガサガサが改善しない。 このどちらかに心当たりのある人は「隠れ水虫」の恐れがあります。 そんな「隠れ水虫」にならないためには...。 公共施設などで裸足になったら、家に帰った後、24時間以内に流水で洗うことが大切だそう。 ただし、お風呂で軽石などを使ってゴシゴシこするのは間違い。 かかとの皮膚はウロコのように一定方向のため、ゴシゴシこすると皮膚が荒れて水虫に感染しやすい状態になって逆効果なのです。 ケアするときは、足が乾いた状態で外側から内側へ、一定方向に軽くこするのがベスト! 足裏の「タコ」は身体からのSOS!? 引き続き、「足のクリニック表参道」院長・桑原靖先生が、足に「タコ」が出来ている人に潜んでいる病気のリスクについて教えてくれました。 舞台で"すり足"をすることの多い梅沢さんは、親指の下の方に「タコ」が! 森口さんも同じ位置が固くなっていました。 そして、村上さんの「タコ」は外反母趾特有の親指の脇と、親指のまわりに発見。 堀田さんも親指のまわりに「タコ」がありました。 それに対して華丸さんの足は、つるっつる!「何もなさすぎて、番組との間に確執(角質)ができちゃいますよ〜」 さて、ここからが本題! 桑原先生によると、「足裏に「タコ」がある人は、将来寝たきりになるかもしれません。 」 足の裏が固くなるのは、実は骨の病気。 足の骨(構造)の形が崩れることで「タコ」ができてしまうのです。 足は片足だけでなんと28もの骨が組み合わさってできています。 正面から見るとアーチ型の構造になっていて、このおかげで歩くとき足にかかる負担を足の裏全体に分散させているのだとか。 しかし、ヒールを履くことが多かったり、年齢を重ねることで徐々に足の形が歪んでアーチが崩れてしまいます。 すると、足にかかる負担を分散できなくなって特定の部分に負担が集中する結果、角質が厚くなり「タコ」ができてしまうというわけ。 さらに足のアーチの崩れは、土踏まずがない「扁平足」を招きます。 その結果、左右の脚の長さが大きく変わってしまうという現象が起きてしまうそうです。 すると、身体はバランスを取ろうとして無理に別の部分の筋肉を使うので、膝、腰、肩、首と全身に負担が広がっていくのです。 症状は年々悪化して、ついには家の階段などでつまずいて転倒することも。 その怪我がきっかけで、寝たきりの生活になってしまうケースもよくあるんだそうです。 足裏に「タコ」が出来たら、足の骨のアーチが崩れてきた可能性を疑ってみましょう。 ちなみに、ゲストの中で一番危険度が高かったのは、村上さん。 桑原先生は「身体の中心が右側に偏っていますね。 そして、指が使えていなくてバランスが崩れ、左右不均一で浮いているような状態です」と診断しました。 続いて、「魚の目」を手術で切除した経験があるという梅沢さんを診断。 すると、皮膚の問題ではなく骨の問題、つまり足の構造が問題ということが判明。 その問題を解決しないと、手術してもまた固くなってしまうと桑原先生はいいます。 この結果に「骨って言われてもなー」と腑に落ちない様子の梅沢さんに朗報! 骨のアーチ崩れを補う秘密兵器がありました。 それは足の骨をサポートするインソール。 靴の中に敷く特殊なインソールを入れるだけで、足のバランスが安定。 崩れた足のアーチを持ち上げて本来の正しいアーチに近づけて矯正する役割があるそうです。 これが、将来寝たきり予備軍と診断された人たちを守ってくれるかもしれません。 専門知識を備えた医療機関や店舗にご相談を! 関連記事.

次の

土踏まず(足の裏)がよくつる!原因は?病気の可能性がある?対処法は?!

土踏まず 突っ張る

足は健康状態を映す鏡! 《足をチェックすると意外なことが分かる》ということで、埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長でフットケア学会の理事でもある高山かおる先生が、梅沢富美男さん、森口博子さん、堀田茜さん、村上佳菜子さん、博多華丸さんの足をチェック。 そこに隠されている将来の病気のリスクを診断していきます。 「足はウソをつきません。 足を見ればその人の生活習慣から未来まで分かってしまいます」とおっしゃる高山先生。 見逃されがちな足から送られる健康のサインについて教えてくれました。 【下半身太りリスクのチェック】 足の指を握ってじゃんけんの「グー」の形をしてみてください。 その時、足の付け根の骨が出ない人は将来「下半身太り」になる可能性があるのだとか。 骨が出ない人は指先の筋肉が弱っていて、指を曲げる腱が固くなっていることが考えられます。 足の指がうまく使えないと、後ろ重心になって姿勢が悪くなる分、下半身に余計な脂肪がつく可能性があるのです。 弱った筋肉を鍛えるには、足の指でゴルフボールを握ったり転がしたりして、自由自在に操れるようにすると効果があるそう。 ちなみに、「下半身太り予備軍」と指摘されたのは、村上佳菜子さんでした。 【尿漏れリスクのチェック】 かかとの側面が固くなっていると、将来「尿漏れ」になる恐れがあるそうです。 かかとの側面が固い人は、かかとの外側に重心がかかっている証拠。 逆に足の内側の筋肉は使わなくなるので弱まってしまう。 すると膀胱を支える骨盤底筋群が弱まり、尿漏れを招きかねないというのです。 ここでは、舞台で鍛えられて固くなったという"名誉のかかと"を披露した梅沢富美男さんが「尿漏れ予備軍」と診断されました。 「そんな、テレビで尿漏れになると言われても、イメージがあるから困ります!」と、メンタルをやられた様子の梅沢さんでした(笑)。 【隠れ水虫チェック】 さらに高山先生が梅沢さんのガサガサかかとを見て、「この"ガサガサかかと"の原因、実は水虫かもしれません!」。 梅沢さんは「えっ、これ水虫なんですか? 全然かゆくないんですけど。 かゆかったら掻いているでしょう... 」とまたまたショック。 高山先生によると、水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が足で繁殖して起こる病気で、ガサガサにひび割れたかかとの奥に白癬菌が入り込むことで水虫になってしまうコトがあるのだとか。 水虫はかゆくなったり皮がむけたりするイメージがありますが、指先に比べて皮膚が厚いかかとはかゆみを感じにくいのです。 つまり、かかとの水虫は、かゆみを感じない「隠れ水虫」なのです! 自覚症状のない「隠れ水虫」は病院で検査してもらわないと判明しないのですが、自宅で簡単にチェックする方法があります。 1.足の皮膚が丸くむけている 2.2週間から1か月ほどクリームを塗ってもガサガサが改善しない。 このどちらかに心当たりのある人は「隠れ水虫」の恐れがあります。 そんな「隠れ水虫」にならないためには...。 公共施設などで裸足になったら、家に帰った後、24時間以内に流水で洗うことが大切だそう。 ただし、お風呂で軽石などを使ってゴシゴシこするのは間違い。 かかとの皮膚はウロコのように一定方向のため、ゴシゴシこすると皮膚が荒れて水虫に感染しやすい状態になって逆効果なのです。 ケアするときは、足が乾いた状態で外側から内側へ、一定方向に軽くこするのがベスト! 足裏の「タコ」は身体からのSOS!? 引き続き、「足のクリニック表参道」院長・桑原靖先生が、足に「タコ」が出来ている人に潜んでいる病気のリスクについて教えてくれました。 舞台で"すり足"をすることの多い梅沢さんは、親指の下の方に「タコ」が! 森口さんも同じ位置が固くなっていました。 そして、村上さんの「タコ」は外反母趾特有の親指の脇と、親指のまわりに発見。 堀田さんも親指のまわりに「タコ」がありました。 それに対して華丸さんの足は、つるっつる!「何もなさすぎて、番組との間に確執(角質)ができちゃいますよ〜」 さて、ここからが本題! 桑原先生によると、「足裏に「タコ」がある人は、将来寝たきりになるかもしれません。 」 足の裏が固くなるのは、実は骨の病気。 足の骨(構造)の形が崩れることで「タコ」ができてしまうのです。 足は片足だけでなんと28もの骨が組み合わさってできています。 正面から見るとアーチ型の構造になっていて、このおかげで歩くとき足にかかる負担を足の裏全体に分散させているのだとか。 しかし、ヒールを履くことが多かったり、年齢を重ねることで徐々に足の形が歪んでアーチが崩れてしまいます。 すると、足にかかる負担を分散できなくなって特定の部分に負担が集中する結果、角質が厚くなり「タコ」ができてしまうというわけ。 さらに足のアーチの崩れは、土踏まずがない「扁平足」を招きます。 その結果、左右の脚の長さが大きく変わってしまうという現象が起きてしまうそうです。 すると、身体はバランスを取ろうとして無理に別の部分の筋肉を使うので、膝、腰、肩、首と全身に負担が広がっていくのです。 症状は年々悪化して、ついには家の階段などでつまずいて転倒することも。 その怪我がきっかけで、寝たきりの生活になってしまうケースもよくあるんだそうです。 足裏に「タコ」が出来たら、足の骨のアーチが崩れてきた可能性を疑ってみましょう。 ちなみに、ゲストの中で一番危険度が高かったのは、村上さん。 桑原先生は「身体の中心が右側に偏っていますね。 そして、指が使えていなくてバランスが崩れ、左右不均一で浮いているような状態です」と診断しました。 続いて、「魚の目」を手術で切除した経験があるという梅沢さんを診断。 すると、皮膚の問題ではなく骨の問題、つまり足の構造が問題ということが判明。 その問題を解決しないと、手術してもまた固くなってしまうと桑原先生はいいます。 この結果に「骨って言われてもなー」と腑に落ちない様子の梅沢さんに朗報! 骨のアーチ崩れを補う秘密兵器がありました。 それは足の骨をサポートするインソール。 靴の中に敷く特殊なインソールを入れるだけで、足のバランスが安定。 崩れた足のアーチを持ち上げて本来の正しいアーチに近づけて矯正する役割があるそうです。 これが、将来寝たきり予備軍と診断された人たちを守ってくれるかもしれません。 専門知識を備えた医療機関や店舗にご相談を! 関連記事.

次の

土踏まずに足の裏が痛い突っ張るのは足底筋膜炎?原因や治療対策!

土踏まず 突っ張る

私が ランニングというスポーツに出合ったのは、ずいぶんと大人になってからでした。 2人の子どもが相次いで生まれたことで、 心身の健康を損なったからです。 地元の5km走るプログラムに参加した後、心身の健康を維持するのに、走ることに熱中する気持ちを共有できるママ友がすぐにできました。 大会に向けたトレーニングをする中で、長年にわたって様々なスポーツ関連の怪我に悩まされましたが、特に苦しんだ怪我によって、私のランニング人生は大きく変わりました。 足底筋膜炎の原因と症状 2年前、夫といつものように走った後で、左足の土踏まずに、なかなか収まらない鈍い痛みがあることに気づきました。 最初は、足を休ませ、走る距離を減らし、走った後は毎回アイシングをするようにしました。 しかし、数週間後、痛みは徐々に悪化し、ある日ベッドから降りた時、ガラスの破片が溶岩の熱で弾けたような感覚を足に感じました。 医者の診断と治療が必要だとわかりました。 足の土踏まずを支える 足底筋膜が炎症を起こしている、でした。 かかとは、毎日人間の足にかかる圧力に耐えられるようになっていますが、と、足底筋膜の炎症を引き起こすのです。 その結果、 土踏まずに深刻な痛みが出ます。 足底筋膜炎に苦しんだことのある人に会ったら、本当に地獄のように辛いと言われると思います。 「」によると、足底筋膜炎にかかるランナーは多いようです。 証拠は限られていますが、以下は足底筋膜炎になる危険性が高い要因です。 トレーニングのやり過ぎ(特に走行距離を急激に増やす)• ランニングシューズが合っていない• 硬い路面を走る• 地面の硬いところで長時間立ったり歩いたりする• 扁平足• 足の甲が高い 私の場合、足底筋膜炎の痛みが完全になくなるまでに約1年は十分かかりました。 足底筋膜炎にかかった人がいたら、心より同情します。 今回は、 私が自分の治療過程から学んだ、痛みを軽減し、回復に向かうための最善の方法についてご紹介しましょう。 598円 ランニングシューズや矯正用のインソールをケチらない 足底筋膜炎の痛みを軽減するのに一番手っ取り早い方法のひとつが、 自分の足にぴったりのランニングシューズを履くことです。 大きな量販店などのセールでシューズを買うのもいいアイデアだと思うかもしれませんが、地元の小さなランニングショップを探してみましょう。 小さなお店の従業員の方が、地元の地形に詳しかったり、シューズに関する造詣が深かったりすることが多いです。 あなたの足のサイズ、体重、足のニーズにぴったりのシューズを選ぶ手伝いをしてくれるでしょう。 また、 いいランニングシューズは1万円くらいすると思っておきましょう。 ぴったりのシューズを履くのは、 治療だけでなく症状の予防のためにも欠かせません。 特徴としては、ものがいいようです。 また、 矯正用のインソールで土踏まずのサポートをするのも、足底筋膜炎を早く治癒させるのに大きな効果があるようです。 矯正用のインソールは、スポーツ用品店だけでなく、足の治療院などでも購入可能です。 価格は、ランニング専門ショップで売っている50ドルくらいのものから、オーダーメイドのは400ドルくらいするものまであります。 自分の 主治医やランニングの専門家に相談して、どの矯正用インソールを選ぶか決めるのが一番いいと思います。 398円 ステロイド注射で痛みは消えても問題の解決にはならない 約2カ月ほど足の痛みが続いた後、結局痛みに耐えきれず、きちんと診てもらうために専門医のところに行きました。 足底筋膜炎になった他の人から、痛みのある箇所に 直接コルチコステロイド剤を注射すると、症状が軽くなり、治癒の助けになると聞きました。 私も主治医に足に注射をしてもらいましたが、理学療法を取り入れ、定期的にストレッチを欠かさず、ぴったりのシューズを履くようになった後だけでした。 通常、注射が一番早く炎症を抑え、周期的な痛みを取り除くことができますが、「Allentown Family Foot Care」の足の専門医Ann Andersonはこのように言っています。 注射は大抵、ストレッチ、アイシング、足のサポートをするギア、オーダーメイドの矯正具、足底筋膜炎の場合はナイトスプリント(矯正器具)などと一緒に使われます。 手術は、治療が難しい場合の最終手段です。 Andersonは、最善の結果を求めるには、痛みと炎症の両方の治療だけでなく、 足の専門家に診てもらうことも重要だと付け加えています。 理学療法は痛いけど効果がある 私の主治医は、治療のためにステロイド注射とストレッチと併せて、理学療法もするようにと言いました。 Andersonは「筋膜関連の痛みや、 足底筋膜が固くなっている患者には、理学療法が一番効果があるとわかりました」と言っています。 3カ月間、週2回、足底筋膜をゆるめる一連のエクササイズをしただけでなく、理学療法士は「」というツールで私の足をマッサージしてくれました。 基本的には、大きなバターナイフのようなこのツールで、私の足をなでているようにみえます。 地獄のように痛いのですが、 徐々に私の足は治癒していきました。 理学療法は長く退屈な道のりですが、理学療法の治療を通して、長い目で見て自分の体をどのようにケアするのが適切なのかを学ぶことができました。 ニュージャージー州の理学療法士Bryan Bartzは「理学療法の主な目的は、長期的な効果と作用がある状態で、患者がそれまで楽しんでいたアクティビティにできるだけ早く戻ることです。 また、理学療法は、長期的な効果を得るために、どのように自分の体を取り扱うかを患者に教えます」と言っています。 治療がしにくい足底筋膜炎の場合もある 休息を取り、アイシングをして、ストレッチをして、理学療法をしても、足底筋膜炎の症状が十分によくならない人もいます。 怪我の重症度に応じで、足の固定、患部の医療テーピング、手術、衝撃療法など、に取り組ませようとする医師もいます。 焦らず、根気よくやる 残念ながら、足底筋膜炎は一晩でよくなるものではありません。 「」の記事では、ウィスコンシン医科大学の整形外科助教授Craig C. Youngが「残念ながら、 治癒するのに6カ月〜1年半ほどかかることが多く、患者にも医師にもフラストレーションが溜まります」と言っています。 しかし、早めに発見していれば、治癒するまでの期間が短くなり、侵襲的治療が必要な可能性も低いかもしれないと指摘しています。 私が足底筋膜炎にかかっている間、あまりにも痛くて定期的にランニングをすることができなかったので、痛みの少ない別のエクササイズを見つけなければなりませんでした。 バーレッスンを受けたり、体型を保つのに地元のプールで何往復も泳いだりしました。 足底筋膜炎はもどかしく、苦痛でもありますが、その経験によって、私はストレッチするなど自分の体をよりいたわること、足に合っていないランニングシューズで長距離を走らないことを学びました。 あわせて読みたい.

次の